カマクラ 俺ガイル。 俺ガイル カマクラ

【俺ガイル】八幡「鶴の恩返しモドキ?」

カマクラ 俺ガイル

こんにちは!コノです! 一日一日が過ぎていきます。 夏休みもあと少し。 なんか、ずっと休んでると行くだけで疲れそうですね。 まあしかし、きちんと行かないと本当にぐーたら人間になってしまうので、始まったら なんだかんだ行っていると思います。 なんだかんだちゃんとやるべきことをきちんとやるということが、大事なのかもしれません。 さて、今回は俺ガイルの話です。 俺ガイル5巻の5話「ふとは兄離れする日を思う。 」に関してです。 この5巻でこんな場面があります。 ようやく小町から解放されたカマクラはサブレがいたとき同様、疲れた様子でとろとろと俺のほうに歩いてくる。 お前もお疲れ様。 携帯を充電しようと充電器を探していると、カマクラがみーと鳴いた。 立ち上げたままのネコリンガルが反応してぱっと文字が表示される。 それを見てつい笑ってしまった。 「ああ、まったくだ」 俺の声に、もう一度カマクラが鳴いて返事をしてくれたが、携帯の画面は既に消えていた。 やはり俺の青春ラは間違っている。 5巻 ここでカマクラがなんと言ったのか、それについて考えてみたいと思います。 ちなみにカマクラといのは、八幡の家族が飼っている猫の名前、ネコリンガルとは猫の鳴き声を人語に変換してくれるアプリです。 カマクラはこのとき、サブレ ガハマさんの飼っている犬 がいたことであまりリラックスできずに気を張っている状態でした。 やっとのことでサブレが帰ったと思ったら、次は小町のじゃれつきに付き合わされています。 これらのことから、カマクラはかなり疲れていたことが分かります。 なので、単純に考えれば「お疲れさま」とか「疲れた」なのかなと思ったんですけど、八幡はカマクラのセリフを見て「つい笑って」います。 そして、八幡の心理描写で「お前もお疲れさま」とあるので、カマクラが同じようなことを言ったとしても、八幡は恐らく笑うことはないでしょう。 また、カマクラは八幡の方に近づいて、鳴いています。 ということは何か八幡に言いたいことがあったのではないでしょうか。 自分の感情をただなんとなくつぶやいただけか、もしくは八幡に対しての呼びかけだったのでは。 しかし、前者は考えにくいかなと。 というのも、普段カマクラは八幡にあまり懐いておりません。 八幡に懐いていないというより、小町の方によく懐いていると言った方が正確かもしれません。 出迎えも小町の時はするけど、八幡の時はしないといったことが多いそうです。 なので、わざわざ八幡の方に近寄って何か言うのは考えにくいかなと。 ということは、八幡に対して何か呼びかけている。 八幡の「ああ、まったくだ」というセリフから、八幡とカマクラの共通点に関することなのでは。 僕個人の意見としては次のセリフを言ったんじゃないかなと思います。 「お互いたいへんだな」 でも、やっぱり作品のこういうちょっとした謎って、考えるのが楽しいですよね。 公式に明言されてないからこそ、それぞれの人がそれぞれの意見を生み出せる。 そして、それら全てが正解でもなければ、間違いでもない。 正解も間違いもない、それがいいことなのかよくないことなのか、僕には分かりませんが、僕はそんな世界もいいと思います。 それでは今回はこの辺で終わりにさせていただきたいと思います。 今回の名言は俺ガイルから選びました。 眠いぜ......。 「振り向かずにいられるだろうか。 俺はもう一度問い直すことができるだろうか。 人生はいつだって取り返しがつかない。 まちがえてしまった答えはきっとそのまま。 それを覆すなら、新たな答えを導き出すほかない。 だから、もう一度、問い直そう。 正しい答えを知るために。 」 やはり俺の青春ラは間違っている。 6巻 それではまた! konogamikono.

次の

俺ガイル小説版5巻の感想と考察。カマクラが鳴いて表示された言葉は?|「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」解説・感想・考察サイト

カマクラ 俺ガイル

最近の投稿• カテゴリー• 633• 631• 619• 446• 408• 108• 144• 147• 174• 155• 189• 189• 2 アーカイブ• 128• 118• 242 メタ情報•

次の

俺ガイル小説版5巻の感想と考察。カマクラが鳴いて表示された言葉は?|「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)」解説・感想・考察サイト

カマクラ 俺ガイル

リムジンに連れられ俺はようやく遠月リゾートホテルに着いた。 着いた途端、四宮先輩の姿が消えたのは驚いた。 ドナート先輩に行方を聞いたのだが「ハチにはまだ早いデス」と言われ、教えてもらえなかった。 その時ドナートさんが遠い目してたなぁ……。 そして現在俺は役目を全うしている。 八幡「次は?」 業者「次は野菜と卵です」 八幡「わかりました、それではB23冷凍室に運んでください」 業者「うっす」 俺は合宿に使われるであろう、大量の食材の保管場所の指示をしている。 今俺の頬を突いているのは、ドナート先輩の同期で俺のことを1番甘やかしてくれた人……。 八幡「何してんすか乾先輩」 乾「八くんの仕事が終わるのが遅いので見に来ました」 いやいやこの人仕事あるでしょうに。 八幡「……自分の仕事は?」 乾「もうとっくのとうに終わらせましたよ?」 八幡「こ、これが経験の差……」 乾「へへーん凄いでしょう、これが八くんのお姉さんです」フンス 八幡「はいはい、自分のこと終わったんなら部屋戻ってくださいよ」 乾「は、八くんが……冷たい!?!?」 八幡「はぁ……、俺まだ合宿の時に使われる器具の確認が残ってるんすよ……。 だから、ここで変に体力使うと後が持たないんです。 なので、自分の仕事が終わったんならとっとと戻ってください」 乾「ガガーーン……しくしく……八くんが……」 そう言うと乾先輩は俺に背を向け一歩一歩、私はショックを受けてますよーっと思わせる歩き方で部屋に向かった。 あと周りのピンクのオーラ鬱陶しいんでやめてください。 八幡「やめっ……やめろ!」 乾「あ、ごめんなさい。 それでどうかしたの?」 やべぇ……そんなにあからさまにシュンってしないで……あ、でもピンクのオーラは残るのね。 八幡「あの四宮先輩はどこに」 俺がそう言った途端、先程までピンク色のオーラを纏わせていた乾先輩の周りがドス黒くなった。 そしていつものように笑っていた。 乾「八くん、知ってはならないことというのは世の中には沢山あるんですよ」ニコニコ この時の乾先輩の目が笑ってなかった事は嘘であってほしい……。 現在俺は仕事を終え部屋で横になっている。 八幡「はぁ……疲れた……。 そういや、夜も仕事あるんだっけ。 アリスに今日は連絡出来ないって入れとかないとな」 そして俺はカバンに手を突っ込み携帯を探していた。 モコモコモコモコモコ ん?何だこのモコモコした感触……俺鞄の中にこんなのいれたか? 俺は恐る恐る鞄の中を覗いてみた……そこには、 八幡「何やってんだよ……カマクラ」 カマクラ「にゃー」 八幡「ついて……きたんだな」 カマクラはやっと出れたと言わんばかりに飛び出てきて、俺の寝ていた布団に登ってこようとした。 が、俺は登る前に抱き上げた。 八幡「はぁ……布団に毛ついたらダメだろ……」 カマクラ「なーお」 八幡「なんだその文句ありそうな声は」 カマクラ「ふんす」つーん 八幡「そういや鞄2時間くらい放置してたからずっと中にいたんだな……」 カマクラ「ぎゃーす」 八幡「ごめんなぁ気づいてやらなくて」わしゃわしゃ カマクラ「な、なー……お」 八幡「許してくれー」わしゃわしゃ カマクラ「なーお」ゴロゴロ 八幡「よしよし、んじゃフロントにかけるからちょっとおとなしくしててくれよ?」 カマクラ「なーお」トロントロン そして俺はカマクラを椅子の上にゆっくりと置きフロントに電話した。 プルプルプルプルガチャ 八幡「もしもし比企谷です」 スタッフ『比企谷様どうなさいましたか?』 八幡「あのですね……、うちの寮で飼ってる猫がなんかついてきちゃったみたいなんですよ。 *** 夜の分の仕事をやり終えクタクタになり部屋に戻り倒れこもうとしたところ、目の前が暗転した。 そう拉致られた。 そして目に当てられていた目隠しが外れると、目の前にある人達が立っていた。 四宮「手荒な真似をしてすまん……」 八幡「何してんすか四宮先輩……」ジト 四宮「そんな目で見ないでくれ……」 八幡「んで、何で俺は縛られてるんですか?」 乾「ふっふっふー私が説明しましょう!」 八幡「?」 乾「まどろっこしいのは苦手なので本題だけいいます。 今回八くんを拉致したのは……」 八幡「ごくり」 これで、今まで姉ずらしてたけどお前のことうざかったから今からしめるとか言われたら俺もう遠月から去るからな?割とガチで……。 水原「ハチ、私達はそんなことはしない」 八幡「心読まないでくださいよ。 それで理由は」 乾「久しぶりにこのメンバーで集まったんです。 なので八くんを交えて今日は夜通しで騒ぎ明かしましょう!もう明日、明後日は仕事ないですし」 八幡「え?じゃなあなんで3日前に俺呼ばれなんすか?」 ドナート「それはハチとご飯食べたかったからデスよ」 八幡「う……うす」照れ 四宮「お、照れてる照れてる。 これぐらいで照れるなんてまだまだガキなんだな」へへ 八幡「ガ、ガキ!?!……いや俺、むしろ遠月ではクールキャラなんですよ。 成績もえりな抜いて一位ですし。 今1年の中でも俺ってトップクラス……って、何撫でてるんですか!」 ドナート「イヤー久しぶりに頑張ってるハチを見ると撫でくりまわしたくなりますねぇ、日向子さん」なでなで 乾「はいドナートシェフ」なでなで 八幡「って撫でてんじゃないですか!やめてください!」 水原「にゃー」 カマクラ「なーお」 あれ?カマクラさん何和んでるの?ていうか水原先輩と意気投合したのね……。

次の