小説 家 に な ろう 悪役 令嬢。 ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん [Disc 2] (カドカワBOOKS)

起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~

小説 家 に な ろう 悪役 令嬢

ごく普通のOL、山本百合はオンライン乙女ゲー『ミリオンプリンセス』に転移してしまう。 しかもラスボス的な悪役令嬢である、アクヤ・クレイ嬢に。 さらに置かれたシチュエーションも最悪。 すべての令息から婚約破棄されて落ちぶれきって、ヤケになっ て邪神復活させようとしたけど阻止されて殺されるという、アクヤにとっての最終イベントであった。 それでもなんとか破滅フラグを逃れたアクヤは、せっかくだから、と『ミリプリ』の世界で暮らし始める。 しかしすべての令息と令嬢に嫌われた後なので、味方ゼロ。 廊下を歩けば他の令嬢からアツアツの紅茶をぶっかけられ、しかも令息も味方してくれないという孤立無援の状況であった。 それでもアクヤはめげなかった。 少年執事に料理を教え、トマトは食べ物だと庶民に説き、『ミリプリ』ライフを楽んでいく。 しかしそれでもチョッカイをかけてくるような令嬢には、破滅フラグのお返しをする。 すると、いままで冷たかった令息たちから、急にモテモテになって…。 逆萩亮二はただのチンピラに過ぎなかった。 しかしある日、神を自称する存在によって「誓約と召喚のチート」を付与され、異世界を旅し続ける呪いを課されてしまう。 それから数千年。 不老不死のまま異世界召喚を繰り返した結果、いつしかサカハギは百戦 錬磨の異世界トリッパーとなっていた。 チートと名のつくあらゆる力を手に入れたサカハギは、魔王を、ドラゴンを、チート転生者を、VRMMOのゲームマスターを、鬱展開フラグを指先一つで打ち砕いていく。 召喚した勇者を奴隷か何かと勘違いした異世界人には、どちらが上かを思い知らせ、魔王として喚びだされればモンスターどもを支配し、暴政の限りを尽くす災厄となった。 お約束や法則を知り尽くし、圧倒的高みから異世界を蹂躙するサカハギに、もはや恐れるものはない。 ハーレムメンバーをアイテムボックスに入れて持ち運ぶことすら厭わない彼が目指す最終目標は、もちろん神への復讐! これは自分の運命を力ずくでねじ伏せようと足掻く、最強の男の物語だ。 清廉潔白に生きてきたはずの彼女であったが、ある日、聖女の力を失ってしまった。 力を失くしたマリアンヌは家族からも婚約者からも見放されてし まい、おまけに辺境に追放される途中で暗殺されそうになってしまう。 辛くも凶刃を逃れて森に逃げ込んだマリアンヌを救ったのは、森に住んでいる魔女と召喚された悪魔だった。 貴族の名家であるシュヴァルツ家の長男デュラン・シュヴァルツは己の名誉と家名のため、その戦争へ参加することになった。 しかし運が悪いことにデュランは戦場で味方からの銃弾を胸に受けてしまい奇跡的にも生き残るのだが、今度はそのまま敵側である東の捕虜として捕まり、西側では彼のことは死んだものと扱われてしまっていた。 また父親が残してくれた財産そのほとんどをケインの父親である伯父ハイルに奪われてしまい、デュランに残された遺産は『廃鉱山』と『小さなレストラン』だけであった。 住む家に財産、そして大切にしていた幼馴染の婚約者までをも親友と伯父に奪われてしまい、大切なものすべてを失ってしまったデュラン。 たった一発の弾丸が、幸せになるはずだった彼の運命を大きく狂わせてしまう。 この物語は婚約者から婚約破棄され、貴族としても没落してしまい、すべてを失ってしまった彼が苦労の末に貴族最高の位である『公爵』になるまでの半生を描いた悲恋のお話。 しかし、傷心しているアメリアに更なる悲劇が襲った。 彼女の両親が不正の冤罪を掛けられて処刑されてしまったのだ。 そして、アメリア自身も悪魔と契約した『魔女』であるとの 疑惑を掛けられ、教会によって異端審問によって処刑されそうになる。 運よく異端審問の前に逃れることが出来たアメリアだったが、頼った隣国の親類にも裏切られ、彼女は一人、逃避行を始める。 最終的に行きついたのは、伝説の魔術師が最後に拠点としたと言われる森。 そこで、アメリアは失われた禁断の魔術、古代魔術を習得する事になった。 古代魔術を手に入れたアメリアはその力を使い、自分を貶めた者、裏切った者、その全てに復讐を始めるのだった。 最近、知り合いに勧められた為、カクヨムにも転載を始めました。 その日、公爵令嬢ティアーナは無実の罪を着せられ、断頭台にて処刑された。 人々の中に映る『ティアーナ』は、これ以上ない大悪女だった。 戦争を引き起こし、たった一人の令嬢を苛め抜き、ただ一人の男を手に入れるため帝国中を混乱に陥らせた主犯だった。 だが、最後まで抵抗し続け無念の死を遂げたティアーナの本当の姿を、優しさを知る者は、大いに憤慨した。 何故、ティアーナを殺されねばならないのか。 例え無残な最期となろうとも。 誰に恨まれようとも。 ティアーナを嗤い、ティアーナに責任を擦り付け、そしてティアーナの存在を抹消しようとする民よ、帝国よ。 潰してやる。 殺してやる。 壊してやる。 ティアーナの無念を、刻み付けてやる。 体が弱かった『詩織』は、十七歳にして命を落とした。 彼女の唯一の趣味である『本を読む』ことで、彼女はあらゆる本の内容を記憶していた。 ふいに命を落とした彼女は、自身の膨大な本の記憶と謎の頭痛をもとに、彼女がとある悪役令嬢復讐物のライトノベルの 中に転生したことを知る。 自身は悪役令嬢とヒロインに挟まれ、ヒロインに手のひらを返され処刑される彼女の姉。 『ヒロイン大更生計画』を、完遂させるのだと!!!!!! これは健康な体であることを望んだだけの、ただの少女が頑張る話である。 「お姉さまおねえさまおねえさまおねえさま……」 「あれっ、どうしてこうなった?」 【9月5日、BKブックス様より第2巻が発売予定です! 詳しくは活動報告をどうぞ】 【コミカライズ化が決定しました! 詳しくは活動報告をどうぞ!】 厳しくも温かく見守ってくれた両親。 慕ってくれる従者たち。 尊敬できる兄に、可愛い弟。 そして何よ りも、一人の女のとして誰よりも愛している婚約者である王太子。 心優しい公爵令嬢、シャーロット・ハイベルは、故国であるグランディア王国で最も輝かしい未来が約束されている少女だったが、父である公爵が叔父夫婦の忘れ形見である従姉妹のリリィを引き取ってからというもの、その人生の全てが狂わされていった。 リリィの気を惹く時間を作るために質実剛健だった学友たちは義務や職務を放棄し、家族や従者もシャーロットに冷たい視線を浴びせ、代わりにリリィを過剰なまでに可愛がる。 そして誰よりも愛する王太子すらもリリィに心変わりしてしまい、シャーロットは館の片隅にある狭く薄暗い部屋へと追いやられて虐げられ始めてしまう。 悲観に暮れるシャーロット。 そんな彼女の前に、一匹の傷ついた魔物が現れて……。 「命の恩の代わりに、俺がアンタを虐げる奴を皆ざまぁしてやるよ」 これは異世界で魔物に転生した日本男子高校生がレベルを上げて物理でざまぁし、やがて異世界中でもざまぁする物語。 この作品は、僕の短編である「好きの反対は無関心とはよく言ったもの」をベースにしております 皆様の応援のおかげで、日間総合ランキング7位になりました。 物語の進行に伴い、「冤罪を被せられた令嬢の為なら、俺は最強の魔物になれる」からタイトルを変更しました。 【2019年、8月29日からニコニコ静画で、後にpixivコミックでコミカライズ連載開始! 詳しくは活動報告をチェック!】 【2019年、9月27日。 TOブックス様より第3巻発売が決定しました! 詳しくはイラストが記載された活動報告をどう ぞ!】 【コミカライズ第一巻、4月15日発売予定! 詳しくは活動報告をチェック!】 第二章、帝国ざまぁ編始めました! 白髪とオッドアイを蛇蝎の如く嫌う帝国貴族、その最高位である公爵家に生まれたシャーリィは、見事な白髪と、紅色と蒼色のオッドアイを持って生まれてきた。 血の繋がった家族からも疎まれ、巡り会った自分を愛してくれる婚約者も実の妹に奪われ、冤罪を着せられた上に投獄されてしまう。 激しい拷問の末、自分を貶めた全てに復讐を誓い、運良く脱獄に成功したのだが、彼女のお腹には既に元婚約者との間に出来た子供が宿っていた。 例え憎い男の血を引いていたとしても、生まれてくる子供に罪はない。 復讐よりも子育てを選び、帝国を飛び出して隣の王国の辺境の街に移り住んだ彼女は養育費や生活費を稼ぐために冒険者ギルドの扉を開く。 今日は娘たちの学校の宿題を手伝う約束をしていますので」 十年後、何時の間にか世界トップレベルの冒険者、《白の剣鬼》と呼ばれるようになってしまった。 主人公復讐を止めてますが、後に盛大なざまあが有ります。 日間ランキング、早くも1位達成! 皆さまの評価、本当にありがとうございます! とある世界で、魔物を統率し、人間との関係を正しく保つという役割をもっていた魔王がいた。 そんなある日、彼は彼に反する勢力からの総攻撃を受け死んでしまい、気がつけば現代の日本に住むJKに転生していたのだ。 しかし、そのJKは学校でご令嬢に虐 められ、家では両親と兄弟から虐待を受けている始末。 その上、学校にはかつて彼の命を奪った魔物達が現れ、再び命を狙ってくる。 だが、彼はただのJKではない。 かつての魔王の絶対的な力を全て持って転生した、最強のJKなのだ。 そこで彼は決意する。 「よし、とりあえず全員に復讐しよう!」 果たして、可哀想なJKに転生した最強の魔王は、上手く生きていくことができるのか……。 その日、一人の英雄が討ち取られた。 そしてその英雄を討ち取った復讐の王女は、英雄に滅ぼされた祖国を復興させた。 クリームヒルト皇女は大国ロマリオン帝国の皇女として権勢を誇り、英雄シグルドとも婚約し、人生の絶頂にあった。 しかし取るに足らな い存在であったはずの亡国の王女カサンドラによって婚約者を殺され、自らも新生エレシエル王国の虜囚となってしまった。 かつてカサンドラを剣闘士の身分に貶め虐待してきたクリームヒルトは、今度は自らがカサンドラの意趣返しによって最底辺の剣闘士として戦わされる羽目になる。 この作品単体でもお読み頂けますが、前作からお読み頂けるとよりストーリやキャラの相関関係が理解しやすくなります。 「クラリスよ。 貴様のような嘘吐き聖女と結婚することはできない。 婚約は破棄させてもらうぞ!」 男爵令嬢マリアの嘘により、第二王子ハラルドとの婚約を破棄された私! 正直者の聖女として生きてきたのに、こんな目に遭うなんて……嘘の恐ろしさを私は知 るのでした。 絶望して涙を流す私の前に姿を現したのは第一王子ケインでした。 彼は嘘吐き王子として悪名高い男でしたが、なぜだか私のことを溺愛していました。 そんな彼が私の婚約破棄を許せるはずもなく、ハラルドへの復讐を提案します。 「僕はいつだって君の味方だ。 さぁ、嘘の力で復讐しよう!」 正直者は救われない。 現実を知った聖女の進むべき道とは…… 本作は前編・中編・後編の三部構成の小説になります。 サクッと読み終わりたい方は是非読んでみてください!! アルファポリスでも連載しています 日の沈まぬ巨大にして偉大なる超大国アルヴィオン連合帝国。 その連合帝都ロンディニオンの小高いカムラン丘の大半を敷地とする、アルヴィオンが誇る名門私立学校カムラン校に通う軍人一族、ブラッドレイ家の養女にして令嬢カーラ・ブラッドレイは転生者 だった。 彼女はかつてジェイン・メイヤーと言う名前の少女だったが実家から勘当され、婚約も破棄された挙句に双子の姉によって自殺に見せかけて、駅のホームから突き落とされ汽車に撥ねられる。 意識は途絶え先で大きな力の本流に触れ、自分の前世と邂逅する。 自分の前世はこの世界を【転生令嬢の成り上がり】というゲームとして認識する異世界の、ジェイン・メイヤーを序盤のチュートリアルで最初に陥れるキャラクターと捉える青山時雄で、似たような人生を送り最後は、自分を欺いて来た者達を庇った末の死だった。 二人は大きな力の本流の中で邂逅し、一つに溶け合い。 一人の少女へと転生する。 これは彼と彼女の、一人の少女の復讐の物語。 元婚約者のルナード王太子殿下と、その浮気相手のリアネ・ルーハッド男爵令嬢に嵌められ、冤罪で処刑された侯爵令嬢、アリーネット・グロスウェル。 だが、この世界はある者の手によって1000回ループさせられていた。 アリーネットに記憶はなかったが 、 毒殺223回、刺殺128回、処刑375回、溺死122回、獣に喰われて死ぬこと152回。 そんな凄惨な死を繰り返すこと1000回、変化が訪れる。 1000回目に処刑で死んだあと、この世界の神と名乗る男がアリーネットに接触してきた。 「やっと干渉することができた」とそう言って、謝ってきた彼は頼みがあるという。 アリーネットは復讐するために、その頼みを聞くことにした。 そして、またループした。 今度は1000回すべての記憶を持って。 もう二度とループさせない、そして私を嵌めたものは絶対に許さない。 復讐してやる、ついでに世界もぶっ壊す。 そんなハチャメチャなアリーネットの復讐が始まる。 元婚約者のルナード王太子殿下と、その浮気相手のリアネ・ルーハッド男爵令嬢に嵌められ、冤罪で処刑された侯爵令嬢、アリーネット・グロスウェル。 だが、この世界はある者の手によって1000回ループさせられていた。 アリーネットに記憶はなかったが 、 毒殺223回、刺殺128回、処刑375回、溺死122回、獣に喰われて死ぬこと152回。 そんな凄惨な死を繰り返すこと1000回、変化が訪れる。 1000回目に処刑で死んだあと、この世界の神と名乗る男がアリーネットに接触してきた。 「やっと干渉することができた」とそう言って、謝ってきた彼は頼みがあるという。 アリーネットは復讐するために、その頼みを聞くことにした。 そして、またループした。 今度は1000回すべての記憶を持って。 もう二度とループさせない、そして私を嵌めたものは絶対に許さない。 復讐してやる、ついでに世界もぶっ壊す。 そんなハチャメチャなアリーネットの復讐が始まる。 作者がそういうのが苦手なので。 初めて書いた作品ですが、良ければ読んでください。 更新は遅くなります。

次の

悪役令嬢は悪役プレイがしたい〜令嬢に転生して冒険生活〜

小説 家 に な ろう 悪役 令嬢

ネタバレありのレビューです コミカライズ版を読んで続きが気になったので原作を購入しました。 キャラクターも乙女ゲームのお約束のようでありながら魅力的で、現実世界とゲームの世界が実況という形で繋がりながら進行していくのが斬新で上下巻 という認識でいいのかわかりませんが とも一気に読みました。 ただ、気になったところが2点あります。 1つ目は登場人物の口調です。 あるキャラクターに対して尊い、可愛いがすぎる、天使、女神という言い方はSNSの感想ではよく見かけますしニュアンスはよく伝わります。 小林さんは乙女ゲームを普段からプレイしてそういう言語文化にも慣れているから日常使いでも仕方ないかな…と思いましたが遠藤君はどうでしょう。 乙女ゲームも未プレイな元野球少年が使うにしては相当な違和感があります。 このレーベルの小説を読むのは初めてなので、レーベル自体が全体的にこういうノリなら感想としては的外れかもしれませんが。 せっかく実況というシチュエーションを使っているのに単なるファンのSNS感想叫びにしかなっていないのが上巻以上に下巻で気になりました。 彼らだけならまだしも、ゲーム内の王侯貴族も揃って同じようなテンションなのはあまりにもメリハリがなさすぎます。 キャラクターの可愛さを強調するのにセリフに頼りすぎているのも安直です。 キャラクターが可愛すぎて語彙力がなくなるのは読者だけで十分です。 登場人物の魅力が外見ばかりにかなり依存していたのもちょっと…。 次に気になったのは古の魔女の扱いです。 散々強敵扱いして相当な決戦準備を整えておきながら戦闘は一切なくコメディに落としたのがなんとも拍子抜けでした。 何のために将軍を説得したり攻略キャラを引き摺り出したりしたんでしょうか。 単にキャラクターの能力の高さを賛美したりカップルとして成立させるフラグを立てたりするためだけのお手軽な逃げに感じてしまいました。 そうじゃなくとも、風呂敷を広げすぎて畳めず無理やり丸めてしまうくらいならもっとキャラクターを絞るなりやり方はあった気がします。 裏ボスも唐突すぎて…。 伏線が電車のシーンだけしかないにも関わらず、選択肢がなさすぎて簡単に予想はできていました。 そのためあの展開はむしろ必要だったのかな?と思ってしまうくらい浮いているように感じました。 ですが、現実パートの不自然さや山場のあっけなさなど色々気になるところはありつつ、単行本上下巻を飽きずに読んだので、今後に期待します 悪役令嬢もの、というと少し特殊な物語。 神として異世界の人物に実況と解説でもって働きかけていく変わった語り口に興味が湧いたのがきっかけです。 最初は漫画版をネットで少し読み、先が気になり小説版に手を出し、気が付けば最終巻である二巻まで読み切ってしまいました。 基本的に娯楽作品は「はー萌えた」とひとしきり満足したら自分の中で終わりなのですが、このリーゼロッテという人物は違いました。 自分の貧弱な語彙では的確に言い表せませんが、とにかく尊いんです。 そんな彼女の結末を見届けたくて寝食忘れて読み進め、結末にたどり着くまでに二回涙が出ました。 最後も泣いたので、この巻だけで三回泣かされました。 基本的にはハラハラするような場面も胃が痛くなるようなこともなく、軽快なコメディタッチで進むのですが、油断していたところを尊さと暖かさで刺された形です。 漫画版はコミックウォーカーにて初めの数話を含めて無料で読めますので、そこで少しでも面白さを感じた様でしたら小説版も読んで頂ければと思います。 読後の勢いで書き連ねてしまったので内容も稚拙ですが、とにかく言いたいのは読めて良かった!ということです。

次の

ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん [Disc 2] (カドカワBOOKS)

小説 家 に な ろう 悪役 令嬢

学校の階段から転落した女子高生の愛美は、気付けば乙女ゲームの世界で三歳の幼女になっていた。 しかもこの幼女は、ゲームに登場するライバルキャラの一人で、将来はぶりっ子悪役令嬢となる人物だ。 シナリオ通りならば、最後には社会的に抹殺される未来が待っている。 このままではマズイ気もするけれど……愛美は、諸々の事情を気にしないことにした! どうせ夢だし、そのうち元の世界へ戻れるだろう。 とりあえず、大好きな魔法を極めるぞ。 本編は完結済みです。 引き下げた内容は、別人物視点で投稿し直す予定です。 「改」とついているものが投稿し直した内容になっております。 以前は「小説家になろう」へのリンクを貼っていたのですが、あちらで新しくダイジェスト化禁止の規約ができたのに伴いまして、アルファポリス様サイト形式でこちらに移転しました。 以前の形式をお気に入りに追加してくださった方、お手数をおかけしまして申し訳ありません。

次の