中森 明菜 メドレー。 中森明菜の歌詞一覧リスト

ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集

中森 明菜 メドレー

中森明菜をスーパースターへと押し上げた伝説的音楽番組 フジテレビ 「中森明菜 in 夜のヒットスタジオ」 DVD化! 出演の度に話題になる衣装、シングルB面曲やアルバム収録曲、恒例のオープニング・メドレーの歌唱シーンも収録! 数々の賞に輝いた1984~1988年のFNS歌謡祭の貴重な映像をダイジェストで収録。 1982年「少女A」での初出演から1995年「'95夜のヒットスタジオ超X'masスペシャル」までの出演シーンから貴重な映像を収録。 フジテレビの伝説的音楽番組 『夜のヒットスタジオ』 は、1968年11月4日から1990年10月3日まで全1131回、22年の長きに渡って放送された長寿番組。 (『夜のヒットスタジオDELUX』、『夜のヒットスタジオSUPER』を含む) この後、特別番組として放送される。 生放送と生演奏にこだわった当時の革新的な放送は、現在の音楽番組の礎を築いた。 緊張したまだあどけなさが残るMC、歌唱シーンは必見。 「飾りじゃないのよ涙は」 1984年11月19日、初披露。 井上陽水の作詞・作曲の楽曲で大きくアーティストとして飛躍を遂げることになる。 作詞をした康珍化氏から楽曲を歌う上でのイメージ写真とメッセージが送られた。 「DESIRE-情熱-」 1986年2月5日、初披露。 ボブのウィッグに、着物を洋風にアレンジした独特の衣裳・振りも話題となった。 「難破船」 1988年1月6日は作家である加藤登紀子の前で 「難破船」 を歌唱。 着物姿で凛として歌う中森の目からは大粒の涙が・・・ 「TATTOO」 1988年5月18日 「TATTOO」を初披露。 全面にスパンコールを散りばめたミニワンピースの衣裳に、挑発的な振り付けが話題となり大ヒットする。 彼女の世界観に引き込まれてしまう最高のパフォーマンスのうちの1曲。 マンスリー 1987年2月4日の『夜のヒットスタジオDELUXE』のマンスリー1週目に、1986年に発売したアルバム 「不思議」 から「BACK DOOR NIGHT」「マリオネット」 を初披露。 アルバムの世界観を再現したパフォーマンスは話題となる。 圧巻のパフォーマンス!! クリスマス 1994年12月24日、クリスマス・イヴの放送ではオープニング・メドレーで 「ママがサンタにキッスした」そして本編では「TERMINALまでのEVE」 を披露。 海外中継 1988年2月3日、放送999回記念 『夜のヒットスタジオDELUXE LONDON』 はロンドン郊外の古城から衛星生中継で「AL-MAUJ」 を披露。 1989年3月29日 『夜のヒットスタジオDELUXE in PARIS』 はパリからの中継でエッフェル塔の前でアルバム「Cross My Palm」に収録されている 「SOFT TOUCH」 を歌唱。 「Dear Friend」 1990年8月1日 『夜のヒットスタジオSUPER』 に約1年振りに登場。 長期休業からの復帰後、初パフォーマンスとなる。 シングル曲 「Dear Friend」 とカップリング曲 「CARIBBEAN」の2曲をニースからの生中継で歌唱。 彼女の世界観に引き込まれてしまう最高のパフォーマンスのうちの1曲。

次の

ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集

中森 明菜 メドレー

『 ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』 の リリース 2009年6月24日 2017年5月3日(再発・) 録音 SOUND INN STUDIOS, CRESCENT Studio, Sony Music Studios Tokyo, 時間 39分10秒 CD 約4分 DVD チャート最高順位• 30位() アルバム 年表 『』 (2008年) 『 ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』 (2009年) 『』 (2009年) 『 ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』(ムードかよう うたひめしょうわめいきょくしゅう)は、日本の歌手の。 背景 [ ] 『ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』は、企画、『』、2008年12月発売の『』に続く新企画で、本作では1960年代から1970年代の昭和のをカバーした。 初回限定盤のDVDにはこのアルバムでカバーした、「」、「」、「」のレコーディング映像が収録された。 本作のレコーディングは、SOUND INN STUDIOS、CRESCENT Studio、Sony Music Studios Tokyo、で行われた。 このアルバムの収録楽曲全曲のサウンド・プロデューサーとアレンジャーには、・『』で編曲を務めたを迎えた。 アレンジは「」を基調としている。 本作のでは、中央区立京橋図書館及び提供による表ジャケットのをはじめ、いずれも昭和の光景を映したスナップを採用し、CD・初回限定盤DVDでは、レコード盤をモチーフとしたレーベル・デザインとなった。 告知用ポスターでは中森を被写体に、上下逆さまの構図で映し出されている。 本作リリース前にあたる前年2008年開催ので本作収録楽曲を初披露後、『ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集』リリース後の2009年12月より行われたでも同アルバムから披露された。 批評 [ ] 『CDジャーナル』は本作について「自身のデビュー時の持ち歌かと錯覚する『絹の靴下』、ジャジィな『非情のライセンス』の解釈は新鮮で痛快。 」と批評。 『』のは「作品全体で演奏と溶け込んだ歌唱には、先人に対する敬意もにじんでいる。 」と総評し、さらに「全13曲で39分。 なのに、並々ならぬ満腹感。 これこそが3分ドラマの神髄だと再認識させられるはず。 」と付け加えている。 チャート成績 [ ] 本作は、の2009年7月6日付で初登場し、最高順位30位を記録した。 同チャートには、計3週に渡ってランクインしている。 収録曲 [ ] CD、デジタル・ダウンロード 全編曲:。 タイトル 作詞 作曲 時間 1. 「氣氛歌謡 Openning Instrumental 」 村田陽一 1:51 2. 「」 のカバー曲 2:18 3. 「」 のカバー曲 3:05 4. 「」 のカバー曲 曾根幸明 4:29 5. 「」 のカバー曲 4:00 6. 「」 のカバー曲 4:28 7. 「」 のカバー曲 (日本語詞) B. Bogle, M. Taylor, D. Wilson, J. McGee, J. Durrill 2:42 8. 「」 のカバー曲 上原尚 中川博之 2:31 9. 「絹の靴下」 のカバー曲 川口真 2:08 10. 「コモエスタ赤坂」 のカバー曲 西山隆史 浅野和典 2:50 11. 「」 のカバー曲 佐藤純弥 菊池俊輔 3:39 12. 「」 のカバー曲 3:31 13. 「氣氛歌謡 Ending Instrumental 」 村田陽一 1:38• 「氣氛歌謡 Openning Instrumental 」• トランペット: 西村浩二・菅坡雅彦・奥村晶・横山均• トロンボーン: ・広原正典・箱山芳樹• バス・トロンボーン: 池城勉• アルト・サックス: 近藤和彦・吉田治• テナー・サックス: 小池修・竹野昌邦• バリトン・サックス:• ハモンド・オルガン:• ドラムス:• エレクトリック・ベース:• エレクトリック・ギター: 石成正人• 「経験」• ハモンド・オルガン: 中西康晴• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 伊丹雅博• トランペット: 西村浩二• トロンボーン: 村田陽一• アルト・サックス: 竹野昌邦• テナー・サックス: 小池修• バリトン・サックス: 山本拓夫• 「恋の季節」• トランペット: 西村浩二・菅坡雅彦・奥村晶・横山均• トロンボーン: 村田陽一・広原正典・箱山芳樹• バス・トロンボーン: 池城勉• アルト・サックス: 近藤和彦・吉田治• テナー・サックス: 小池修・竹野昌邦• バリトン・サックス: 山本拓夫• ハモンド・オルガン: 中西康晴• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 納浩一• エレクトリック・ギター: 石成正人• 「夢は夜ひらく」• ピアノ:• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 伊丹雅博• クラリネット: 山根公男・十亀正司• 「他人の関係」• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 石成正人• トロンボーン: 村田陽一• アルト・サックス: 竹野昌邦• テナー・サックス: 小池修• バリトン・サックス: 山本拓夫• 「面影」• ピアノ: 佐山雅弘• ウッド・ベース: 加瀬達• ガット・ギター: 伊丹雅博• トロンボーン: 村田陽一・古賀慎治・池上亘 4 Bone Lines• バス・トロンボーン: 黒金寛行 4 Bone Lines• 「雨の御堂筋」• ピアノ: 笹路正徳• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 石成正人• 「ラブユー東京」• ハモンド・オルガン: 中西康晴• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 伊丹雅博• トランペット: 西村浩二• トロンボーン: 村田陽一• アルト・サックス: 竹野昌邦• テナー・サックス: 小池修• バリトン・サックス: 山本拓夫• 「絹の靴下」• トランペット: 西村浩二・菅坡雅彦・奥村晶・横山均• トロンボーン: 村田陽一・広原正典・箱山芳樹• バス・トロンボーン: 池城勉• アルト・サックス: 近藤和彦・吉田治• テナー・サックス: 小池修・竹野昌邦• バリトン・サックス: 山本拓夫• ハモンド・オルガン: 中西康晴• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 納浩一• エレクトリック・ギター: 石成正人• 「コモエスタ赤坂」• ピアノ: 市川秀男• ドラムス: 渡嘉敷祐一• ウッド・ベース: 高水健司• エレクトリック・ギター: 三好"3吉"功郎• ストリングス: ストリングス• 「非情のライセンス」• ローズ: 笹路正徳• ドラムス: 佐野康夫• エレクトリック・ベース: 小松秀行• エレクトリック・ギター: 石成正人• ストリングス: 篠崎正嗣ストリングス• 「伊勢佐木町ブルース」• ピアノ: 市川秀男• ドラムス: 渡嘉敷祐一• ウッド・ベース: 高水健司• エレクトリック・ギター: 三好"3吉"功郎• ビブラフォン: 浜田均• 「氣氛歌謡 Ending Instrumental 」• トランペット: 西村浩二・菅坡雅彦・奥村晶・横山均• トロンボーン: 村田陽一・広原正典・箱山芳樹• バス・トロンボーン: 池城勉• アルト・サックス: 近藤和彦・吉田治• テナー・サックス: 小池修・竹野昌邦• バリトン・サックス: 山本拓夫• ピアノ: 中西康晴• ドラムス: 佐野康夫• ウッド・ベース: 納浩一• エレクトリック・ギター: 石成正人 スタッフ [ ]• アシスタント・エンジニア: Kayoko Umeda SOUND INN STUDIOS 、Kunihiro Imazeki CRESCENT Studio 、Nobuyuki Murakami Sony Music Studios Tokyo 、Ryan Wiese 、石光孝 MIXER'S LAB• ミキシング・スタジオ: ウエストサイド• レコーディング・スタジオ: SOUND INN STUDIOS、CRESCENT Studio、Sony Music Studios Tokyo、Studio at the Palms• ミュージシャン・コーディネーター: Noriko Sekiya Face Music• レコーディング・コーディネーター LV : Norio Yamamoto• シューティング・コーディネーター: Kaz Ogiso• Faithway: Yumiko Kawabata• アートワーク・コーディネーション: 宮本仁美 UNIVERSAL MUSIC LLC• セールス・プロモーション: Naoko Iwasaki(ユニバーサルシグマ)• Heads of Media Promotion: Daisuke Fujikawa and Chie Itoh(ユニバーサルシグマ)• スーパーヴァイザーズ: 佐々友成、• エグゼクティヴ・プロデューサーズ: 寺林晁 UNIVERSAL MUSIC LLC 、藤倉尚(ユニバーサルシグマ)• スペシャル・サンクス: Zoe Thrall Studio at the Palms 、京橋図書館・ 参照 [ ] []• UMCK-9283. 2011年5月26日閲覧。 2012年7月6日閲覧。 2012年4月15日閲覧。 音楽出版社. 2012年7月6日閲覧。 ユニバーサルミュージック合同会社. 2009年6月29日時点のよりアーカイブ。 2011年7月30日閲覧。 2009年5月15日. 2009年5月18日時点のよりアーカイブ。 2012年7月6日閲覧。 ユニバーサルミュージック合同会社. 2012年7月6日閲覧。 2012年7月6日閲覧。 2002年12月4日 中森明菜『』のアルバム・ノーツ [12cmCD]. UMCK-1139. 音楽出版社. 2011年5月26日閲覧。 中森明菜オフィシャル・ファンクラブ「FAITHWAY」会報、vol. 27(2009年4月)、vol. 30(2010年4月)• 2009年7月22日. 2012年7月6日時点のよりアーカイブ。 2011年5月26日閲覧。 2009年06月22日〜2009年06月28日のCDアルバム週間ランキング(2009年07月06日付). オリコン. 2012年4月15日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

ムード歌謡 〜歌姫昭和名曲集

中森 明菜 メドレー

スポンサーリンク 経歴は? 中森明穂さんは今でこそテレビなどには出演していませんが、元女優なのです! 6人兄弟姉妹(二男四女)の6人目で末っ子だった明穂さんは、初めての芸能界での仕事はラジオパーソナリティーでした。 1987年頃にはテレビドラマにも出演しています。 ・「月曜ドラマランド・スケバン保母さん ツッパリ風雲児」 ・「赤ちゃんに乾杯」 姉である中森明菜さんとは姉妹でありライバルでもあったようで、姉の明菜に負けないくらいに芸能界で頑張ると言っていましたが、あることがきっかけで姉の明菜さんと犬猿の仲になり芸能界を引退していました・・・ 詳しい内容は後ほど説明いたします。 死因がヤバい!? 中森明穂さんの死因は 「肝硬変」と公表されていました。 肝硬変はその名の通り、肝臓が硬く変異してしまい肝機能が著しく低下してしまう病気です。 肝硬変になると完治することはまず不可能とされており、最終的には死に至る恐ろしい病気です。 肝臓は沈黙の臓器と言われるほど症状が出ないことで知られており、症状が出た頃にはすでに手遅れといったケースがほとんどです・・・ ウィルスやB型肝炎などでも発症しますが、ほとんどはアルコールの過剰摂取により引き起こされると言われています。 中森明穂さんも、芸能界の引退や姉との不仲でストレスが溜まり、お酒でストレスを発散していた可能性が高いですね。 現在の顔画像は? 引退後テレビではほとんど姿を現さなかった中森明穂さんですが、現在の顔画像に注目が集まっています。 早速、調べてみましたが現在の顔画像はありませんでした。 その代わりに子供の頃の画像を発見しました。 — ねたろう cQxPGoKcnpEOn4Y 続いて女優デビュー後の顔画像がこちら。 【日本タレント名鑑HISTORY】元女優の中森明穂さんが 2019年5月27日に死去されました。 日本タレント名鑑には1988年度版から掲載されていました。 ご冥福をお祈りいたします。 スポンサーリンク 姉の中村明菜とは不仲!? デビュー後間もなくして、明穂さんはセミヌードの仕事を受けイメージビデオを発売したところ姉の明菜さんに猛反対されます。 その時の明穂さんは、デビューしたのは「姉の明菜さんのおかげ」だとか「姉の七光り」など周囲の人々の噂で躍起になっており、姉の明菜さんの忠告を反対しセミヌードを敢行します。 それが原因で2人の仲は完全に疎遠になりました・・・ 表舞台で活躍する姉を負かしたいという強い思いがこの悲劇を招いたんですね。 さらに、悲劇が続きこのセミヌードで売れることなく事実上芸能活動もなくなっていきました。 しかし、最近は明穂さんも姉に対し会いたいという強い思いが出ていたと言います。 そんな思いを残しながらこの世を去ったとはなんとも辛かったことでしょう・・・ 明菜さんは葬式にも参列せず! すでに明穂さんの葬儀は執り行われ親族も相当数参加したそうなのですが、その中に明菜さんの姿はありませんでした。 理由は家族とも疎遠になっており、連絡がつかなかったとのこと。 最後まで姉との再開を望んでいた明穂さん。 姉の明菜さんの心の整理がついた是非、お墓参りに行っていただきたいと感じます。 中森明穂さんのご冥福をお祈りいたします。

次の