スパーク ライン と は。 Excel 2013|数値とグラフをひとつのセルで確認できる“スパークライン”を作成

【Excel】スパークラインって知ってる?表を見やすくする超便利な機能

スパーク ライン と は

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらにがあります。 スパークラインは、シート内の個々のセル内に収まる小さなグラフです。 サイズを小さくしたことで、大きなデータ セットのパターンを簡潔にわかりやすく示すことができます。 スパークラインを使って、季節ごとの増減、景気循環など値の系列に見られる傾向を示したり、最大値や最小値を強調表示したりします。 スパークラインは、グラフで表すデータの近くに配置すると、最大の効果を発揮します。 スパークラインを作成するには、分析するデータ範囲を選んでから、スパークラインを配置する場所を選ぶ必要があります。 スパークラインのデータ範囲 スパークラインの場所 縦棒スパークライン ポートランド、サンフランシスコ、およびニューヨークの年初から今日までの売上高 ヒント: シート上のデータを変更すると、スパークラインは自動的に更新されます。 スパークライン上のデータ ポイントにマークを付ける マーカーを使用して、高い値や低い値などの特定のデータ ポイントを目立たせることができます。 スパークラインをクリックします。 [ スパークラインデザイン] タブの [ 表示] グループで、[高値] や [低] など、目的のマーカーを選びます。 マーカーの色をカスタマイズするには、[ マーカーの色] ボタンをクリックします。 スパークラインのスタイルを変更する• スパークラインをクリックします。 [ スパークラインデザイン] タブで、目的のスタイルをクリックします。 スタイルの詳細を表示するには、スタイルをポイントして、 をクリックします。

次の

スパークラインについて:エクセル2010基本講座

スパーク ライン と は

スパークライン「データ編集」でできること グループの位置とデータの編集 一度挿入したスパークラインの表示セルやデータ範囲を変更したい場合に使用します。 スパークラインのセルを選択• スパークラインツール「デザイン」タブをクリック• 「データの編集」をクリック• 「グループの位置とデータの編集」をクリック 「スパークラインの編集」ダイアログが表示されます。 任意の配置場所、データ範囲を選択 6. 「OK」をクリック 単一スパークラインのデータを編集 個別のスパークラインを配置しているセルのデータ範囲を変更したい場合に使用します。 該当のスパークラインのセルを選択• スパークラインツール「デザイン」タブをクリック• 「データの編集」をクリック• 「単一スパークラインのデータを編集」をクリック 「スパークラインデータの編集」ダイアログが表示されます。 任意のデータ範囲を選択 6. 「OK」をクリック 非表示および空白のセル スパークラインのデータ範囲の中で非表示や空白セルがあった場合、スパークラインのグラフをどう表示するかの設定変更が可能です。 スパークラインのセルを選択• スパークラインツール「デザイン」タブをクリック• 「データの編集」をクリック• 「非表示および空白のセル」をクリック 「非表示および空白のセルの設定」ダイアログが表示されます。 デフォルトでは空白セルの表示方法が「空白」に設定されているため、スパークライン上は空白セル部分はグラフの線が消えています。 空白セルを「ゼロ」で表示 5. [空白セルの表示方法]の「ゼロ」を選択 6. 「OK」をクリック 上図の通り空白セル部分の値が0としてスパークライン上で表示されます。 空白セルを「データ要素を線で結ぶ」で表示 データ範囲の途中で空白セルがあるとスパークラインのグラフの線が途切れてしまいます。 この部分を空白セルの前後で線をつなげたい場合に使用します。 [空白セルの表示方法]の「データ要素を線で結ぶ」を選択 6. 「OK」をクリック 上図の通り途切れていたスパークラインがつながりました。 非表示セルの行と列のデータを表示する スパークラインは通常のグラフと同様にデータ範囲の行・列を非表示にすると、スパークライン上のグラフから非表示部分も非表示になってしまいます。 データは非表示にしたとしてもスパークライン上は表示したい場合は以下の設定を行います。 「非表示セルの行と列のデータを表示する」にチェック 6. 「OK」をクリック 上図の通り非表示のデータもスパークライン上は表示されるようになります。 スパークラインのセルを選択• スパークラインツール「デザイン」タブをクリック• 「データの編集」をクリック• 今回の図の中で具体例を出すと、M4セルはD4:L4がスパークラインのグラフを形成されていたのがD4:D12に変更されました。 まとめ 「データの編集」でスパークラインの表示する大元の根拠・前提を自分の思い通りに設定ができます。 あとはここで設定した内容をどう表示するのか、という部分は次回以降記事にまとめていきますね。

次の

Excel スパークラインの幅の調整方法

スパーク ライン と は

データ項目が多いときは「グラフ」よりも「スパークライン」で データをかんたんにグラフ化できるのは、Exceの便利機能のひとつです。 けれども。 いつもいつも「グラフ化」が正解とは限りません。 これは、ひとつのグラフのなかに、データ項目を詰め込み過ぎたことが原因です。 このように、 扱うデータ項目が多いときには。 「グラフ」をあきらめて 「スパークライン」をつかうのがオススメ。 というわけで。 このあと、スパークラインの 作成方法とその 見方を見ていきましょう。 Excelで「スパークライン」を作成する方法 難しいことはほとんどありません。 サササッとつくってしまいましょう。 元データの準備 まずは元データを準備します。 このデータの右側に、スパークラインを作成していきます。 スパークラインの挿入場所を範囲選択(J3からJ12)• 「挿入」タブを選択• 「データの範囲」で、スパークラインに対応させる「元データの範囲」を設定します(D3からI12まで)• パッとしない。 前年同月比のスパークラインを、「Ctrl+マウスの左クリック」ですべて選択(J4、J6、J8、J10、J12)• 「グループ化」を選択 これで、スパークラインを「売上高のスパークライン」と「前年同月比のスパークライン」とにグループ分けできました。 「縦棒」を選択• 「負のポイント」にチェックを入れる• 「前年同月比のスパークライン」が、「折れ線」から「縦棒」に変わる。 「軸」を選択• 「縦軸の最小値のオプション」「縦軸の最大値のオプション」をともに、「すべてのスパークラインで同じ値」を選択 これが何の操作かというと。 そもそも、スパークラインを作成する際、 縦軸の最小値と最大値は個々の項目データに対して自動的に決められます。 つまり、この操作をしない場合。 複数のスパークライン間で比較をしようとしても、単位が合わないので比較しづらい、ということになります。 通常のグラフづくりでもそうですが、「データから何を知りたいか、何を魅せたいか」によって、選ぶグラフの種類は変わります。 難しいのは、 データやグラフの見方なのではなく、データやグラフの選び方のほうだ、ということです。 また、「折れ線」については、「棒」のほうで操作したような、「軸」を揃えることをあえてしませんでした。 これは、売上高の「推移と傾向」の強弱をハッキリと捉えるためです。 ここで「軸」を揃えてしまうと、強弱が分かりづらくなるのは試してみるとわかります。 ぜひやってみてください。 そんなわけで、「売上高」のスパークラインからわかることは。 横浜支店は顕著な右肩上がり、福岡支店は逆に右肩下がり。 あとの支店は一進一退かな、ということです。 前年同月比のスパークラインをどう見るか 「前年同月比」のスパークラインは、各支店間で前年同月比の大小を比較したかったので「棒」を選択しました。 負の数値は「赤色」にすることで、前年に対して負けている月がよりハッキリとわかります。 このように、スパークラインではいろいろ細かい設定もできるので、試行錯誤でいじってみると意外な発見もあることでしょう。 「前年同月比」のスパークラインからわかることは。 横浜支店は売上高推移が右肩上がりで、かつ、前年比でも微増が続いていること。 京都支店は、売上高推移だと上がったり下がったりだけど、前年同月比ではずっとマイナス・・・ 福岡支店は、売上高が右肩下がり、かつ、前年同月比でのマイナス幅も増加。 そのマイナス幅は、京都支店よりも深刻だ。 神戸支店は、売上高推移は上がったり下がったりだけど、前年同月比では基本的にプラス傾向で順調そう。 札幌支店は、売上高推移も前年同月比も一進一退。 余談を許さないぞ、みたいな。 スポンサードサーチ.

次の