プリウス 欠陥。 プリウスの事故が多い理由は?高齢者泣かせのシフトレバーが原因!?|ミドルエイジの自分探し

2016年から2019年の間で発生したプリウスのリコールをまとめてみました

プリウス 欠陥

福岡市の原三信病院に「プリウス」のタクシーが突っ込んで十人が死傷した事故から、まもなく一年を迎える。 報道では警察発表による「タクシー運転手によるアクセルとブレーキの踏み間違い」と結論づけられているが、プリウス自体の不具合が原因ではないかとの疑念は晴れるどころか、ますます深まっている。 二〇一六年一月以降にプリウスとみられる暴走事故は少なくとも十二件報道されている。 うち三分の一の四件はタクシーによる事故。 トヨタ関係者は「環境に優しいプリウスを導入するタクシー会社が増えている。 台数が増えれば事故件数も多くなるのは当然で、安全性とは関係ない。 原三信病院事故でもEDR(イベント・データ・レコーダー)を解析した結果、警察はアクセルとブレーキの踏み間違いと断定した」と主張する。 が、この事故で検察は容疑者の鑑定留置を実施したうえで起訴していることから、被告のタクシー運転手はEDRデータを提示されたにも拘わらず、踏み間違いを強く否定していたとみられる。 「大きく報道されているものだけで、この一年間に三件ものタクシー暴走事故があった。 原三信病院事故以降はプリウスを運転するタクシードライバーも注意していたはずで、そのすべてが運転ミスとは考えにくい。 車両の不具合を疑うべきだ」と、自動車の安全対策に詳しい専門紙記者は指摘する。 業界関係者の信用はガタ落ち 国土交通省の自動車リコール・不具合情報サイトによると、一七年一〜八月までの暴走トラブル報告はプリウスが十件。 同期間の販売台数がプリウス(十一万三千七百二十台)に近い日産自動車の「ノート」(十万六千三百二十七台)が二件だから突出している。 報告件数を販売台数で割ったトラブル報告率ではプリウスがノートの四・七倍と圧倒的に高い。 同サイトに寄せられた暴走事故情報には「アクセル操作は一切していないのにも拘わらず、車の(EDR)データにアクセルペダルが踏まれている履歴が記録されていた」と、原三信病院事故と一致する具体的な証言もある。 「急加速」や「ブレーキが効かない」との新たな報告も続々と寄せられている。 さらに新たな問題も浮上している。 十月二十日、東京・吉祥寺駅前で八十五歳の男性が運転するプリウスが突然暴走し、男女七人が負傷した。 その場で現行犯逮捕されたドライバーは「アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれないが、よく覚えていない」と供述しているという。 「高齢ドライバーの運転ミスはよくあること」では簡単に片付けられない事情が、この事故にはあった。 事故を起こしたプリウスは自動ブレーキなどの衝突回避支援パッケージを装備した車種だったのだ。 「事故車に衝突回避支援パッケージがついていたとする報道はないし、この事実に気づくユーザーもほとんどいない」と胸をなでおろしているトヨタ系ディーラー幹部もいる。 が、インターネット上では事故車の映像から安全装置搭載モデルであることが判明し、大きな話題になっている。 トヨタ関係者は「他社も含めて衝突回避自動ブレーキを含む安全ブレーキは、必ずしも完璧ではないとユーザーに告知している」というが「告知済みだから責任はない」と受け取られかねない姿勢だ。 トヨタは最近まで、衝突回避支援パッケージについては積極的にPRしてこなかった。 衝突回避装置で先行するスバルなどでは、ディーラーが商談者に自動停止ブレーキの体験試乗を勧めている。 一方、トヨタは「ディーラーに対して店頭などでの自動ブレーキ体験試乗をしないよう求めていた。 衝突回避支援パッケージを体感試乗できる機会は、メーカー主導の大型イベントなどに限定していた」と業界関係者は明かす。 その理由は試乗中の事故を恐れたことに加えて、「自動操作がスバル車などに比べて急作動する」(前出業界関係者)ため、体験試乗によって安全装置の技術を他社と比較されるのを嫌っていたとみられる。 ところがそのトヨタが今年六月に、いきなり体験試乗に積極的になったという。 販売店スタッフを対象にした説明会や、体験イベントの進行を担うインストラクターの認定制度を新設した。 それでも「複数の自動車メーカーが共同開催する自動ブレーキの体験会では、トヨタが確保するスペースだけが異様に広い」(同前)などの不可解な点は残っている。 関係者の間では「安全性を確保するための装置でここまで気をつかうとは、技術面での危惧を拭いきれていないのではないか」との声も上がっていた。 そこに吉祥寺での事故である。 トヨタの衝突回避支援パッケージへの信頼性は、少なくとも業界関係者の間ではガタ落ちという。 不具合を隠蔽する「弥縫策」 問題はトヨタがあえて不得意な衝突回避支援パッケージを、なぜここに来て積極的にPRし始めたのかということだ。 試乗で使われた衝突回避支援パッケージは主にプリウスなどに搭載する「Toyota Safety Sense P」だが、登場は一五年八月で二年前のシステム。 いまだ公式のバージョンアップはされていないため、システム更新による機能向上が試乗解禁の理由ではない。 八月に、その「答え」ともいえる発表があった。 運転支援システム「Toyota Safety Sense」を搭載したプリウスは非搭載車と比較して追突事故が半減したというのだ。 アクセルの踏み間違いや踏み過ぎによる衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」を併用した場合は、非搭載車と比べて追突事故が九割も減少したという。 しかし、この調査にも不可解な点がある。 衝突回避支援パッケージ装備車種は多いにも拘わらず調査対象はプリウスのみで、調査期間も一六年十二月まで。 一六年十二月といえば、原三信病院でプリウス暴走による死亡事故が起きた月だ。 この事故を受け、トヨタが慌てて調査を始めたことが見て取れる。 車の安全性に詳しい自動車ジャーナリストは「トヨタがプリウスの不具合を隠蔽するために、自動ブレーキなどの安全装備の搭載を推奨するという『力技』で暴走事故の発生を封じ込めようとしているのではないか」と指摘する。 つまりプリウス暴走の原因と取り沙汰されるハイブリッドの電子制御にはメスを入れず、それによる暴走が発生したら衝突回避支援パッケージで食い止めようという「弥縫策」である。 だが、それでは根本的な問題解決にならないばかりか、吉祥寺の暴走事故のように衝突回避支援パッケージが作動しないという「二重ミス」で事故を防ぎきれない可能性すらある。 トヨタ自身、あるいは行政、大メディアが「プリウス暴走多発」の真相を解明する日は来るのだろうか。

次の

プリウスの事故・シフトレバー・アクセル戻らないが話題

プリウス 欠陥

みなさん、こんにちは。 最近の老人の自動車事故が後を絶たないが、どうやらその一番の原因にトヨタのプリウスがあるらしい。 池袋の大事故も元官僚の工学博士のドライバーが、不自由な上になおさらプリウスを運転していたために起こった事故であった可能性も浮上している。 そこでプリウスの何が原因かを調べると、おおよそその原因がわかった。 これを忘れないうちにメモしておこう。 (あ)「プリウス」は欠陥車なのか? 大分前からプリウスができた頃からすでに、 「プリウス」は欠陥車なのか? という問題が出ていたらしい。 実際、2011年311の東日本大震災で東北地方で水没した車の中で、ハイブリッド車のプリウスだけが、爆発炎上し、大火事の原因なったという。 それは、水素車特有の水素爆発のせいだったという。 それ以外に、アクセルのコントロール系統のソフトに問題があるとか、あるいは、ペダルの位置や足回りの暗さや作りの問題がある。 そのような「傲慢(ごうまん)な高齢者」が操るプリウスがちまたに溢れれば当然、アクセルとブレーキを踏み間違える「暴走プリウス」も増えていくということだ。 (中略) 加齢で認知力や判断力が衰えているにもかかわらず、自信満々で周囲の意見に耳を貸さない。 そんな「傲慢な高齢者」がプリウスを操っているのでは、と思わせるような情報もSNS上には溢れている。 それが「 今日のプリウス」だ。 (中略) 個人的には、そのような技術革新を進めながらも、17年の記事『アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由』の中で詳しく紹介した「左足ブレーキ」を1日も早く導入すべきだと思っている。 (中略) 極めて合理的な解決方法だったが、「マニュアル車の運転との整合性」という、いかにも役所らしい理由で却下されてきた。 「左足ブレーキ」と聞くたびに、役人や専門家は「現実的ではない」「先端技術で暴走を未然に防ぐのが現実的」と渋い顔をして言うが、これだけ技術が進んでも、「踏み間違い」というヒューマンエラーで膨大な数の人間が殺されている「現実」についてはどう考えているのか。 ついに新型プリウスが発売されましたね。 早速ディーラーに見に行ってきましたが、乗り込んでペダルを見た瞬間にガックリしてしまいました。 まずは新型プリウスのペダルレイアウトを見てください。 ブレーキペダルが体の中心線より左に来ています。 右足で踏もうとすると足首をかなり左に捻るか、右足全体を左に向けなければなりません。 これでは左足で踏んだ方が明らかに楽です。 そもそもアクセルペダルの位置が左に寄りすぎです。 ブレーキペダルはもう少し右に設置することも出来ますが、そうするとブレーキペダルを踏んだ時にアクセルペダルまで一緒に踏んでしまう可能性が出てきます。 それを避けるためブレーキペダルがここまで左に追い出された形になったと推測できます。 でもこれが理想のペダルレイアウトと言うことが出来るでしょうか? プリウスのペダル配置は、以下のようになっている。 (プリウスのサイトより) プリウスの運転席 元画像が暗いので、ペダルが見やすいように明るくした。 車内空間を広くとるために、前輪のタイヤハウスが干渉して、アクセルペダルが内側に寄せられているらしい。 その分、ブレーキペダルも内側に寄っているとのこと。 なるほど、これではブレーキを左足で踏んだ方が楽そう。 右足で踏むのは、かなり苦になるだろうね。 なぜ、アクセルは右足、ブレーキは左足としないのか、根本的に疑問だ。 マニュアル車のクラッチがあるのと違って、左にスペースは空いてるわけだからね。 行政指導的な問題らしいが、これは構造的な欠陥ともいえる。 ブレーキを左足で踏むための、改造を請け負う業者もいるとのことで、安全性を高めるのにはいいかもしれない。 (い)ペダルの位置取りの違いが命取りになる!? この文章の意味は、かなり自動車に詳しくないとわからないはずなので、一応、他の自動車、特に、我が家で乗っているマツダのデミオの場合はどうかで比較しておこう。 良いペダルレイアウトは、自然で楽なドライビングポジションを支えます。 新型デミオはドライバーの中心を基準に、自然に足を伸ばした位置にペダルをレイアウトしています。 当たり前のようですが、室内スペースが限られるコンパクトカーにとって、これはとても難しいこと。 ホイールハウスの出っ張りによって、どうしてもペダルは中心より左側に寄りがちなのです。 そこで、新型デミオではフロントタイヤを前モデルから約80mm前方へ移動させ、足元スペースを確保しました。 違和感なく自然に操作できる気持ちよさを是非感じてみてください。 ますます長距離ドライブが楽しくなっちゃうかもしれませんね。 左がマツダのデミオ、 右がトヨタのプリウス つまり、アクセルのペダルが重心方向の左へ寄っていると、アクセルの右にある外側の壁があたかもアクセルペダルと勘違いし、実際のアクセルペダルをブレーキだと錯覚するのである。 だから、急ブレーキという時に、ついアクセルを踏んでしまう。 だから、足を左右に動かす力のない、あるいは、動きの鈍い高齢者の場合、ブレーキを踏んだつもりでアクセル全開でしかもすぐに加速するハイブリッド車の場合に、人や子供やコンビニや駐車場の壁などに激突するのである。 (う)高齢者はマツダ・デミオに乗れ! というわけで、 高齢者は高級車のトヨタのプリウスよりファミリーカーのマツダ・デミオに乗ろう! ということになる。 人様の命を奪いたくなければ、晩年で人生転落したくなければ、 トヨタよりはマツダだ! マツダ・デミオバンザイ! ということになる。 我が家はこの20年以上マツダ・デミオである。 安全運転にはデミオが一番だ。 最近は、GPSで360度方位がモニターで見ることができるスグレモノ。 後ろも前も横もすべて上から見えるし前後も見える。 後ろからの左右の追い越し車も警告でわかるし、本当にいい車だと思う。 がんばれ、マツダ!トヨタなんかに負けるヨ。 ついでに空飛ぶ円盤も開発しろ。 いやはや、世の始まりですナ。

次の

なぜ池袋暴走はプリウスの欠陥だと疑わないのか?|令和|note

プリウス 欠陥

8%と 過去最高との事です。 しかも、事故原因を分析したところ、 ブレーキやアクセルの踏み間違いなど「操作不適」が136人と30%にも上っているんですね。 その高齢ドライバーの事故ですが、実は、 トヨタ「プリウス」での事故が多いと言われていることをご存知でしょうか? ニュースに映し出される最近の大きな事故では、確かにそのように感じられます。 今回の東京・池袋で87歳が起こした死亡事故。 2017年10月、東京・吉祥寺の駅前で、85歳歩行者を次々と跳ねた事故。 2016年、福岡市の病院に64歳の運転するタクシーが突っ込んで、10人が死傷した事故。 どれも、記憶に蘇る事故でしたよね。 これは、単なる偶然なんでしょうか?それとも、プリウスに何らかの原因があるのでしょうか? プリウスのオーナーだけでなく、 もし、親がプリウスに乗っているとしたら、とても気になる話題ですよね。 それで、この記事では、 「プリウスの事故が多い」と言われている理由を調査してみましたので、ご覧ください! 目次• プリウスの事故が多い理由は「オーナーの年齢層」? 「プリウスの事故が多い」と思われている、そもそもの原因は、下記の2つがあります。 【1】プリウスの販売台数自体が多い! プリウスは2017年1月時点で 累計400万台も売れた超人気車種なんですね。 運転していると、数分に1回はプリウスを見るような気もします。 当然ながら、 絶対数が多いという事は、不具合や事故も多くなりますよね。 ですから、 「流通台数が多い車がマイナスイメージも多い」という事は仕方ない事なんですね。 実際、事故率調査では、プリウスが他の車種に比べて突出しているなどというようなことはないようですね。 【2】プリウスのオーナーは高齢者世代が多い! 実際、トヨタでも、 「これまでのプリウスの購入層は、50~60歳代以上が多かった」事を認めています。 これまでのクラウンを下取りに出し、老夫婦2人になった生活に合う、プリウスを購入する、という流れがあるようですね。 このため、 「プリウスはシニアカー」と感じている方も少なくないようですね。 このように、 「販売台数自体が多く、さらにそのドライバーの多くがシニア世代」 という現象が、 「プリウスの事故が多い」と感じてしまう、そもそもの原因のようなんです。 この点では、トヨタ側には全く罪はないですよね。 また、私の知人にも20代のプリウスオーナーがいますが、当然ながら全く問題なくプリウスに乗っています。 これには、 プリウスオーナーの声も含まれているため、単なる噂では無いと言えそうですね。 主に指摘されている点は2点ありますので、ご紹介します。 【1】【プリウス事故】シフトレバーが操作しにくい!? この点が一番指摘されていますね。 下記がプリウスの代表的なシフトレバー画像です。 「P」がレバーではなく「ボタン」操作。 「P(パーキング)」レンジがレバーの途中にはなく、 右上のボタンでの操作なんですね。 「B」レンジがある。 「B」は 「エンジンブレーキ」レンジなんです。 確かに、このシフトレバー構造は、 「ん?」となりますよね。 私もレンタカーでプリウスを1日借りましたが、 最後までシフトレバー操作に慣れませんでした。 せめて、 「P」をレバーに加えて、「B」をボタンにすれば、まだ操作しやすいと感じましたね。 もちろん、このシフトレバーの誤操作だけが事故の要因ではありませんが。 このような配置のレバーは、他にもトヨタのSAI、ホンダのフィット(ハイブリッド)、三菱アウトランダー(PHEV)、マツダアクセラ(ハイブリッド)、日産リーフなどにも採用されているようです。 でも、それらの車種はプリウス程に流通していないこともありますが、ここまでの「事故多発車」としてはとりあげられませんね。 なので、ドライバー次第だとは思いますが、ただ、 特に高齢者ドライバーにとって、「シフトレバー操作が分かりにくい」のは致命的ですよね。 その通常のAT操作時にも、 「クリープ現象による事故」が多発した時代もありましたね。 そして、近年、 さらに分かりにくいシフトレバー操作が事故を誘発する要因となっています。 ネット上では、 「プリウスが高齢者ドライバーに人気であれば、スマホのらくらくホンのような、高齢者専用の分かりやすいシフトレバーを作ればいいのに」 という声もあります。 確かに、それができれば、少なくても誤操作事故の一部は減り、さらにプリウスのイメージも良くなりますよね。 【2】【プリウス事故】ペダルの位置がミスを誘発!? プリウスの事故が多い理由として考えられるもう一点が、 「ブレーキペダル位置が少し左寄り」 という造りです。 itmedia. 最初の頃、ブレーキを踏もうとして、それが少し左寄りだったためか、踏みそこなってしまい、そこで慌てて右に足を戻して踏んだらそれがアクセルだった。 珍しい状況だったのかもしれませんが、 「ほんの少し」の違いが高齢者ドライバーにとっては、踏み間違い事故に繋がりかねない事は予想できますよね。 では、どのように予防できるんでしょうか? 「踏み間違い加速抑制システム」後付可能は「3代目」プリウスのみ! この点、トヨタ側では、 後付け出来る「踏み間違い加速抑制システム」で対応しています。 これは、トヨタの純正部品として全国のトヨタ販売店で取り扱われる商品なんですね。 車両の前方と後方の約3m以内にある壁などの障害物を検知し、 ブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んでしまった際には、加速を抑制させる機能のようです。 価格は 55,080円 消費税込・取付工賃などは含まず となっていますが、一連の事故を考えると、 装着できるなら迷わすしておきたいですね。 まだまだ 2代目プリウスは中古でも販売される人気車種です。 トヨタの発表によれば、 対象車種は拡大していきたい意向とのことなので、早めに2代目にも後付けできるようにしてほしいですね。 いかがだったでしょうか? プリウスの事故が多い理由を幾つか考えてきました。 決して、 車自体の欠陥があるわけではない点も理解でしましたが、 シニア世代には分かりづらい操作面もありました。 それで、 親世代がプリウスに乗っているのであれば、下記を勧めましょう!• シフトレバー操作に特に注意させる• 3代目であれば、「踏み間違い加速抑制システム」装着を勧める• 2代目であれば、再度の注意喚起か買い替えを勧める まとめ プリウスの事故が多い理由は?高齢者泣かせのシフトレバーとペダルが原因!?• プリウスの流通台数と高齢者オーナーの多さが原因!• プリウス自体の欠陥はない!• プリウスのシフトレバーとペダル操作に特に注意!.

次の