年末 年始 渋滞 予測 2020。 年末年始の渋滞予測2019~2020。東名高速で約3倍の所要時間【NEXCO中日本】

帰省ラッシュのピークを回避! Yahoo!カーナビの「年末年始の渋滞予測 2019

年末 年始 渋滞 予測 2020

2020~2021年の年末年始の休みはいつからいつまでなのか、それと、渋滞の避け方と渋滞した場合の準備について説明しています。 また、2020年の年末の帰省ラッシュのピークと2021年の年始のUターンラッシュのピークも紹介しています。 そして、 年末年始の渋滞の避け方と注意点についても紹介しています。 スポンサーリンク 2020~2021年の年末年始の休み 2020~2021年の年末年始のカレンダーを見ると、年末年始の休みは 12月29(火)から1月3日(日)までの6連休になるのが一般的なようです。 2019年の年末の帰省ラッシュのピーク 2017年の年末の帰省ラッシュは 12月28日(月)に仕事収めの会社がほとんどだと思いますので、 28の日の夜から30日ごろにかけてが帰省ラッシュのピークになりそうです。 2020年の年始のUターンラッシュのピーク 2020年は、 1月4日(月)の仕事初めに合わせてUターンラッシュがピークをむかえそうです。 スポンサーリンク 年末年始の渋滞の避け方 年末年始の渋滞の避け方は、 早朝や深夜に運転する計画を立てるといいそうです。 しかし、早朝や深夜に運転し、しかも長時間のドライブになるので、出来れば 2人以上で交代しながら運転した方がいいでしょう。 渋滞に巻き込まれた場合の準備• ガソリンは満タンにしておく• 食べ物と飲み物を多めに用意するく• 寒さ対策をする• ウエットティシュは必需品 ガソリンは満タンにしておく 高速道路では ガソリンスタンドも混み合っていて、ガソリンを入れる時間も長時間待たなければいけませんので、ガソリンは満タンにして出発しましょう。 食べ物と飲み物を用意しておく 高速道路で渋滞になると、 サービスエリアでも混雑していて食べ物を買うのも大変です。 出発する前に多めに食料や飲み物を用意しておきましょう。 寒さ対策をする ブランケットや毛布などを用意して足元の冷え対策をしましょう。 仮眠を取るときにも便利です。 暖房で暖めすぎると 車内が乾燥し、飲み物を摂りすぎて トイレが近くなるので、注意が必要です。 ウエットティシュは必需品 車内では食事をしたり、 手が汚れることが多々あります。 そんな時にウエットティシュがあると便利です。 普段のドライブでも使用することがあると思いますが、 十分に残りや替えがあるかを確認しておきましょう。 まとめ 2020~2021年の年末年始の休みは12月29日(火)から1月3日(日)までの6日間が一般的なようですね。 年末の帰省ラッシュのピークと年始のUターンラッシュのピークは早朝や深夜の時間帯に運転する計画を立てて渋滞を避けたいですね。 それでもなお、渋滞に巻き込まれた場合のことを考えて、しっかり準備をすることが大切なようです。 ガソリンを満タンにしておき、食べ物や飲み物、寒さ対策をしっかり準備して出発しましょう。 そして、安全運転に気をつけて、年末年始の帰省ラッシュやUターンラッシュを乗り切りたいですね。 スポンサーリンク.

次の

高速道路各社、年末年始(2019年~2020年)の渋滞予測 1月2日~4日に渋滞多発、30km以上の渋滞も増加の見通し

年末 年始 渋滞 予測 2020

2020~2021年の年末年始の休みはいつからいつまでなのか、それと、渋滞の避け方と渋滞した場合の準備について説明しています。 また、2020年の年末の帰省ラッシュのピークと2021年の年始のUターンラッシュのピークも紹介しています。 そして、 年末年始の渋滞の避け方と注意点についても紹介しています。 スポンサーリンク 2020~2021年の年末年始の休み 2020~2021年の年末年始のカレンダーを見ると、年末年始の休みは 12月29(火)から1月3日(日)までの6連休になるのが一般的なようです。 2019年の年末の帰省ラッシュのピーク 2017年の年末の帰省ラッシュは 12月28日(月)に仕事収めの会社がほとんどだと思いますので、 28の日の夜から30日ごろにかけてが帰省ラッシュのピークになりそうです。 2020年の年始のUターンラッシュのピーク 2020年は、 1月4日(月)の仕事初めに合わせてUターンラッシュがピークをむかえそうです。 スポンサーリンク 年末年始の渋滞の避け方 年末年始の渋滞の避け方は、 早朝や深夜に運転する計画を立てるといいそうです。 しかし、早朝や深夜に運転し、しかも長時間のドライブになるので、出来れば 2人以上で交代しながら運転した方がいいでしょう。 渋滞に巻き込まれた場合の準備• ガソリンは満タンにしておく• 食べ物と飲み物を多めに用意するく• 寒さ対策をする• ウエットティシュは必需品 ガソリンは満タンにしておく 高速道路では ガソリンスタンドも混み合っていて、ガソリンを入れる時間も長時間待たなければいけませんので、ガソリンは満タンにして出発しましょう。 食べ物と飲み物を用意しておく 高速道路で渋滞になると、 サービスエリアでも混雑していて食べ物を買うのも大変です。 出発する前に多めに食料や飲み物を用意しておきましょう。 寒さ対策をする ブランケットや毛布などを用意して足元の冷え対策をしましょう。 仮眠を取るときにも便利です。 暖房で暖めすぎると 車内が乾燥し、飲み物を摂りすぎて トイレが近くなるので、注意が必要です。 ウエットティシュは必需品 車内では食事をしたり、 手が汚れることが多々あります。 そんな時にウエットティシュがあると便利です。 普段のドライブでも使用することがあると思いますが、 十分に残りや替えがあるかを確認しておきましょう。 まとめ 2020~2021年の年末年始の休みは12月29日(火)から1月3日(日)までの6日間が一般的なようですね。 年末の帰省ラッシュのピークと年始のUターンラッシュのピークは早朝や深夜の時間帯に運転する計画を立てて渋滞を避けたいですね。 それでもなお、渋滞に巻き込まれた場合のことを考えて、しっかり準備をすることが大切なようです。 ガソリンを満タンにしておき、食べ物や飲み物、寒さ対策をしっかり準備して出発しましょう。 そして、安全運転に気をつけて、年末年始の帰省ラッシュやUターンラッシュを乗り切りたいですね。 スポンサーリンク.

次の

2019年度最新版!年末年始の渋滞予測&回避術

年末 年始 渋滞 予測 2020

各社はそれぞれ、担当する地域ごとに渋滞予測を掲載しており、例えば全国区になると下図のように紹介されます。 この図は、年末年始の高速道路で10km以上の渋滞が発生する回数を予測しています。 下り線は2019年12月28日~30日に増加傾向であり、渋滞のピークは2020年1月2日~4日になります。 上り線は、2020年1月2日~4日に渋滞ラッシュが発生するため、なるべくなら避けたいところです! 下り線、または上り線の渋滞は帰省ラッシュや帰宅ラッシュの時期と考えられるため、渋滞する日にちを避けて帰省や帰宅を行いましょう。 中央自動車道の年末年始の渋滞情報は?帰省や帰宅はどの日がおすすめ? 年末年始は全国で渋滞が多発する中、中央自動車道はどのぐらい発生するのか?一緒に見ていきましょう。 初めに、下り方面は2019年12月28日~30日、2020年1月2日~3日に10km以上の渋滞が予測されます。 そして上り線では、2019年12月27日、2020年1月2日~3日に渋滞が発生しやすいため、渋滞する日にちを避けるのが得策です。 もし知らずに、混雑する年末年始の高速道路に入ると10km以上の渋滞に巻き込まれるため注意しましょう。 どちらも時間帯によって「最大10km」の渋滞が予測されますので、事前に情報を入手して巻き込まれないよう気を付けましょう。 2019年度は、12月27日の「高井戸出口付近」に10km以上の渋滞が予測されています。 中でも6時~13時は15kmの渋滞です! 2020年に入ると1月1日~4日まで中央自動車道の「府中BS付近」「小松TN付近」が最も混雑するスポットです。 特に1月2日、3日は最大20kmの渋滞が発生するため、できるなら混雑する日にちを避けて上り線を利用しましょう。 年末やお正月に休日割引&深夜割引は使える?その他の割引は? もし、中央自動車道で休日割引や深夜割引等の「ETC割引」を使いたい時、下記を確認して使える日にちを覚えましょう。 休日割引 2019年12月28日・29日、2020年1月2日~5日まで対応。 対象高速道路の料金が30%割引。 深夜割引 年末年始、お正月問わず「毎日0時~4時」に利用すれば、対象高速道路の料金が30%割引 平日朝夕割引 ETCマイレージへ事前に登録している方限定。 平日の「朝:6時~9時」「夕:17時~20時」に利用すれば、対象高速道路の利用回数に応じて30%・50%還元。 割引によっては日にち、時間帯に制限はあるものの帰省や帰宅時に割引されるのは嬉しいポイントです。 ただし、ETCカード&セットアップ済みのETC車載器が無い方はETC割引を受けられませんので注意しましょう。 渋滞予測&渋滞情報におすすめのサイト一挙紹介! 【ドライブトラフィック】渋滞情報をスマホやタブレット端末で手軽に検索!通行止め情報&天候による速度制限も掲載 渋滞情報を手軽に検索するなら、無料で使える「」がおすすめです。 このサービスを利用することで、渋滞情報をパソコンやスマートフォン、タブレット端末等で手軽に入手できますし、なおかつ1時間ごとに更新される渋滞予測もチェックできます。 あなたが利用する高速道路状況の他にも、工事や点検等で通行止めになっている区間や、雨や風、降雪等の天候による速度制限までも細かく記載。 そのため、出発前に渋滞情報を確認したり、休憩中に確認するのも良いでしょう。 【ドラぷらアプリ】スマホ&タブレットでいつでも渋滞情報を確認|ライブカメラ機能で天候&道路情報もチェック可能 ドライブトラフィックを更に手軽に利用できるスマートフォン&タブレット端末向けアプリ「」も渋滞情報&予測に大いに役立ちます。 このアプリをダウンロードすれば、インターネット環境下であればいつでも、どこでも渋滞情報を収集できると共にこれから予想される渋滞や、工事や点検による通行止めや速度制限と言った情報も確保できます。 極めつけは、冬季限定で使える「ライブカメラ機能」です。 ライブカメラを利用することで、これらから向かう高速道路をリアルタイムで確認できますので、もし降雪地帯に踏み込むなら事前にチェーンの用意。 事故が発生しているなら、事前に場所を確認できているため安全運転で走行できます。 そして、危険個所や合流地点等の事故が多い場所に突入すると警告する「ヒヤリ箇所通知機能」も搭載されていますので、無料ながら非常に役立つアプリです。 ドラぷらサイト・アプリ内のに表示されている規制情報はシステムの都合上、 当面の間「冬タイヤ装着」の区間の規制内容が「チェーン装着」と表示されます。 今回導入された 「タイヤチェーン規制」に基づく「チェーン規制」を表すものではないので、ご注意ください。 【渋滞予測カレンダー】中央道以外も利用する方におすすめ!他の高速道路の渋滞情報も入手できます 最後に紹介するのは「渋滞予測カレンダー」です。 渋滞予測カレンダーは、中央道と合わせて別の高速道路、例えば圏央道や上信越道等の渋滞予測を見たい時に役立つサービスです。 例えば2020年1月3日の中央道を見ると、上りは「高井戸出口付近」「小仏TN付近」で10km以上の渋滞、下りは「小牧JCT付近」で5kmの小規模な渋滞が発生します。 また、このサービスを活用すると、時間帯ごとに発生する渋滞距離を公表していますので更に渋滞情報を細かく調べられます。 そして、2020年1月3日に中央道だけでなく圏央道も利用する場合も、上図のように一緒に検索できますので1つ1つ調べる必要がありません。 手間も手数料も一切かかりませんので、もっと細かく渋滞情報を入手したいなら渋滞予測カレンダーを利用しましょう。 まとめ 毎年発生する年末年始&お正月の渋滞は、渋滞が発生する時間帯や場所を事前にチェックしておけば、渋滞に巻き込まれないストレスフリーな運転ができます。 また、中央自動車道でトラブルや天候による渋滞、通行止めもこれまでに紹介したアプリ&サービスを活用することで、リアルタイムの情報を収集できますね! あなたが中央自動車道を、年末年始に利用するなら事前に渋滞情報をキャッチし、大渋滞に巻き込まれないよう気を付けましょう。

次の