デパス アルコール。 デパス依存症プラスアルコール依存症

デパス服薬中の酒・アルコールは良いのか【医師が教える抗不安薬の全て】

デパス アルコール

1.デパスの依存のなりやすさ デパスをはじめとしたベンゾジアゼピン系には、全て依存性があることが知られていますが、依存形成のしやすさはお薬によってそれぞれ違います。 デパスにも依存性は認めます。 そしてその程度はベンゾジアゼピン系の中でも 「多め」だと考えられています。 そのため、デパス服用中の方は依存にならないよう、注意しながら服薬をする必要があります。 依存というのは、その物質(ここではデパスのこと)が無いと落ち着かなくなってしまい、常にその物質を求めてしまう状態です。 アルコール依存であれば、アルコールが無いと落ち着かず常に飲酒してしまう状態、ゲーム依存だったら、ゲームをしていないと落ち着かずにゲームが手放せなくなってしまう状態のことです。 デパスの依存とは、デパスに頼り切ってしまい、手放せず、いつまでたっても服薬を止められない状態のことです。 ベンゾジアゼピン系依存の生じやすさは、• 効果が強いほど生じやすい• 服薬期間が長いほど生じやすい• 服薬している量が多いほど生じやすい と言われています。 効果が強いと、「効いている!」という感覚が得やすいので、つい頼ってしまいやすくなり、依存しやすくもなります。 半減期が短いとお薬がすぐに身体から抜けてしまうので服薬する回数が多くなり、これもまた依存しやすい原因となります。 また、飲んでいる期間・量が多ければ多いほど、身体がどんどんお薬に慣れきっていくため、依存に至りやすいのです。 デパスは、抗不安作用が強く、また半減期も約6時間前後と短めです。 また他の抗不安薬は1回の診察で30日以上の処方が出来ないという処方制限がかかっていますが、デパスは1回の診察で90日まで処方できるため、長期間の服用になりやすい傾向があります。 これらの特徴から、デパスの依存性は高めであると考えられます。 そのため、服薬期間や服薬量を適宜見直しながら、 漫然と飲み続けないように気を付けて使っていく必要があります。 2.依存にならないために気を付ける事 アルコール依存の方が、アルコールをやめるのはかなり大変です。 何とかやめれたとしても、多くの方はしばらく経つとまたアルコールを飲んでしまいます。 一度依存になってしまうと、そこから抜け出すのはかなりの労力を要するのです。 そのため、依存になってから焦るのではなく、「依存にならないように注意する」という予防が何よりも大切になります。 依存にならないためには、どんなことに気を付ければいいでしょうか。 先ほど、依存になりやすい特徴をお話ししましたね。 復習すると、• 効果が強いほど生じやすい• 服薬期間が長いほど生じやすい• 服薬している量が多いほど生じやすい でした。 これと反対のことを意識すれば、依存は生じにくくなると言えます。 つまり、• 効果が弱い抗不安薬を選択する• 半減期が長い抗不安薬を選択する• 服薬期間はなるべく短くなるようにする• 服薬量をなるべく少なくなるようにする ということです。 ひとつずつ、詳しく説明しましょう。 仮に、あなたの不安感が数値で「5」であったとして、「10」の強さがある抗不安薬を服薬していたとしたら、それは強すぎです。 「5」の強さの抗不安薬で充分ですよね。 もちろん、弱めすぎる必要はありません。 「5」の強さの不安があるのに、「2」の強さしかない抗不安薬を使っていたら症状が取れません。 これでは苦しいですし症状が取れないから病気もいつまでも治りません。 この場合はもちろん強めて構いませんが、必要以上に強いお薬を使うのはよくない、ということです。 一般的にデパスの抗不安作用は強力です。 強い不安感がある時に、デパスでしっかりと不安を取ってあげるのは良いのですが、不安が軽くなってきているのに、いつまでも強めのデパスを漫然と続けるのは良くありません。 主治医と相談しながら定期的に「より弱い抗不安薬に切り替えられないか」と検討することは依存を生じさせないために大切です。 半減期というのは、そのお薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間のことで、そのお薬のおおよその作用時間の目安として用いられています。 一般的に半減期が短いお薬というのは、すぐに効き、すぐに効果がなくなります。 すぐ効くため「効いてきた!」という実感を得やすいので、つい頼ってしまいやすくもあります。 また、すぐに効果が消えてしまうため、何度も服薬をしてしまいがちです。 反対に半減期の長いお薬は、ゆっくり効いてきて、ゆっくり身体から抜けます。 じわじわ効いてくるため「効きがよく分からない」というのがデメリットですが、依存にはなりにくいというメリットがあるのです。 デパスの半減期は約6時間と、抗不安薬の中でも短い部類になります。 可能であれば、徐々に半減期の長い抗不安薬に切り替えていけると、依存にはなりにくくなるでしょう。 ベンゾジアゼピン系は1か月で依存性が形成される、と指摘する専門家もいます。 もちろん種類や量によるので一概には言えませんが、長期間飲めば依存形成が生じやすくなるのは間違いありません。 病気の症状がつらく、抗不安薬が必要だと判断される期間に服薬をするのは問題ありません。 この期間は、病気の症状を取ってあげるメリットと依存形成のデメリットを天秤にかけて メリットの方が大きいと判断されれば、服薬はすべきです。 しかし、良くなっているのにいつまでも「なんとなく」「やめるのも不安だから」という理由で服薬を続けるのは注意です。 基本的に抗不安薬は、ずっと飲むものではありません。 症状が特につらい期間だけ服薬する「一時的な補助薬」だという認識を持ちましょう。 症状や病気が改善してきたら定期的に主治医と「量を減らせないだろうか?」と検討してください。 しかし、服薬量が多ければそれだけ依存になりやすくなります。 服薬量は、必ず主治医が指定した量を守ってください。 医師は依存性のリスクも常に念頭に置きながら服薬量を決めています。 それを勝手に2倍飲んだり3倍飲んだりすれば、急速に依存が形成されてしまいます。 また、症状や病気が改善してきたら定期的に「抗不安薬の量を減らせないだろうか?」と検討してみてください。 3.依存を過剰に怖がるのも問題 抗不安薬や睡眠薬の依存は社会問題にもなっており、しばしば新聞などのメディアでも取り上げられています。 そのためか、最近は依存性を過剰に怖がって、「依存が怖いから精神科のお薬は一切飲みたくありません!」と言う方もいらっしゃいます。 もちろんお薬を飲まないで治るのであれば、飲まないに越したことはありません。 しかし、診察した医師が「お薬を使った方が良い」と判断する状態なのであれば服薬は前向きに検討してみてください。 服薬した方が総合的なメリットは高い、と判断したから主治医はそのように言っているのです。 精神科のお薬を飲むと絶対に依存になると怖がる人がいますが、そんなことはありません。 むしろ、医師の指示通りの量を、決められた期間だけ服薬していただけであれば、依存にならない人の方が圧倒的に多いのです。 依存になるのは、医師の指示を守らずに• 勝手に量を調節してしまう• 医師が減薬を勧めても、「薬をやめるのが不安」と現状維持を希望する• 定期的に来院せず、服薬も飲んだり飲まなかったりバラバラ などの方がほとんどです。 依存形成を起こす身近な物質にアルコールがありますが、「アルコール依存になるのが怖いから、飲み会は欠席します!」という人はいないと思います。 アルコールに依存性があることは多くの方が知っているはずですが、なぜアルコールは怖がらないのでしょうか? それは、アルコールは依存にはなる可能性がある物質だけど、 適度な飲酒を心掛けていれば、依存になることなどないからです。 そしてほとんどの人は節度を持った飲酒が出来ており、依存になりません。 アルコール依存になるのは、• 度を越した飲酒をし続ける人• 周囲や医師が「飲酒を控えて」とアドバイスしても聞かない人 ですよね。 アルコールだって、抗不安薬だってその点は同じです。 アルコールは依存なんて気にせず飲むのに、抗不安薬になると「依存になる!」と過剰に怖がるのは、私たち専門家から見るとなんだか不思議に感じます。 アルコールとベンゾジアゼピン系抗不安薬のどちらが依存性が強いか、というのは研究によって様々な結果が出ていますが、おおむねの印象としては 「ほぼ同等か、アルコールの方が若干強い」と思われます。 もちろんお薬を飲まないに越したことはないのですが、必要がある期間はしっかりと内服することも大切です。 そして専門家である医師の指示をも守って、必要な期間・必要な量だけ服薬するのであれば、依存は過剰に怖がるものではありません。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

デパスとアルコール(お酒)は大丈夫?

デパス アルコール

分類および外部参照情報 - , - アルコール離脱症候群(アルコールりだつしょうこうぐん、Alcohol withdrawal syndrome)は過剰な摂取期間後、アルコールの摂取を止めたり量を減らすことにより発症する。 一般的な症状は主に、、発汗、嘔吐、 、微熱である。 さらに重い症状には 、、 DTs がある。 通常、最後のアルコール摂取から6時間後位より症状が出始め、24〜72時間後に症状が一番重くなり、7日後には症状は向上する。 アルコール離脱はアルコールにしている人に起こる。 計画的または非計画的な禁酒や減酒によって起こる。 その根本的なメカニズムは脳のの反応が減少することによるものである。 通常、離脱の過程には CIWA-Ar が用いられる。 一般的なアルコール離脱の治療はなどのまたはが用いられる。 症状に基づいて服用量が決まっていることが多い。 通常はが勧められる。 電解質不均衡との治療もするべきである。 早期の治療ほど効果がある。 アルコール離脱症の症状は、古くは紀元前400年ににより記録されている。 1800年代までは深刻な問題ではないと考えられていた。 徴候と症状 [ ] アルコール離脱の兆候・症状は、主に中枢神経系で発生する。 離脱の重症度は、や不安といった軽度のものから、、、といった命にかかわる重症まででさまざまである。 離脱症状は、最後の飲酒から6-24時間後に発生する。 これは1週間ほど続くことがある。 アルコール離脱症候群と診断されるには、患者は以下の症状を最低2つ満たす必要がある。 それは、手の震え、、吐き気や、一過性(聴覚、視覚、触覚)、精神運動性激越、不安、 強直間代発作、である。 症状の重症度は多くの要因によるが、多くを占めるのは飲酒量、本人のこれまでの飲酒歴、および以前のアルコール離脱歴である。 症状らは以下に分類されている。 アルコール性:視覚的、聴覚的、触覚的な一過性の幻覚を認めるが、それ以外ははっきりとしている。 離脱発作:は飲酒後の48時間以内に発生し、一度の全身性強直間代発作、または数回の短い発作エピソードである。 :高アドレナリン作動状態、、、発声障害、注意力・意識障害、視覚および聴覚の幻覚。 飲酒後24-72時間後に起こるのが一般。 遷延性離脱症候群 [ ] 詳細は「」を参照 多くのアルコール依存者は、離脱症状が急性期を過ぎても亜急性のものとして続き、これは遷延性アルコール離脱症候群として知られている。 症状は時を経て軽減しておき、ともされる。 いくつかの症状は、断酒後も少なくとも1年は続きえる。 症状にはアルコールへの渇望、一般的な快楽から喜びを感じることができない()、感覚の曇り、見当識障害、悪心、嘔吐または頭痛などがある。 はアルコール離脱急性期後の、遷延性離脱症候群として一般的である。 不眠症はアルコール再飲酒に影響があることが分かっている。 研究においてはまたはが、アルコール依存からの回復において遷延性離脱症候群として発生した、不眠症の治療に役立つことが見いだされれている。 アルコール依存症による不眠症は、治療が困難かもしれない。 それは多くの伝統的な睡眠導入剤(たとえばベンゾジアゼピン受容体作動薬やバルビツレート受容体作動薬)は、GABA A受容体メカニズムを介して作用しており、これはアルコールと交差耐性があるためである。 しかしトラゾドンは交差訂正がないとされている。 アルコール離脱症候群の急性期は、ときおり長期化しうる。 遷移性の振戦せん妄は、アルコール離脱による可能性はあるが不確定要素だと医学文献では報告されている。 出典 [ ]• Alcohol Use Disorders: Diagnosis and Clinical Management of Alcohol-Related Physical Complications No. 100 ed. London: Royal College of Physicians UK. 2016年10月21日閲覧。 The Journal of emergency medicine 51 3 : 269-73. The New England Journal of Medicine 371 22 : 2109—13. Martin, Scott C. 2014 英語. SAGE Publications. Alcohol Withdrawal Scale. の2016-10-22時点におけるアーカイブ。 192. の2016-10-22時点におけるアーカイブ。 Muncie HL, Jr; Yasinian, Y; Oge', L Nov 1, 2013. American Family Physician 88 9 : 589—95. McKeon, A; Frye, MA; Delanty, N August 2008. Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry 79 8 : 854—62. Am Fam Physician 69 6 : 1443—50. の2010-11-15時点におけるアーカイブ。 Southern Medical Journal 105 11 : 607—12. 2008. Subst Use Misuse 43 3—4 : 271—84. Hornyak M; Haas P; Veit J; Gann H; Riemann D November 2004. Alcohol Clin Exp Res 28 11 : 1702—9. Le Bon O; Murphy JR; Staner L; Hoffmann G; Kormoss N; Kentos M; Dupont P; Lion K et al. August 2003. J Clin Psychopharmacol 23 4 : 377—83. Borras L; de Timary P; Constant EL; Huguelet P; Eytan A November 2006. Pharmacopsychiatry 39 6 : 232. Miller FT March—April 1994. J Subst Abuse Treat 11 2 : 127—30. 関連項目 [ ]•

次の

デパスの副作用と効果:依存性・効果時間・アルコールとの飲み合わせ

デパス アルコール

Contents• デパスと酒・アルコールの併用 デパスと酒・アルコールの併用については添付文書にしっかりと記載があります。 【アルコール(飲酒)】 臨床症状・措置方法 : 精神機能,知覚・運動機能の低下を起こすおそれがある。 機序・危険因子 :エタノールと本剤 デパス は相加的な中枢抑制作用を示すことが考えられる。 デパスとアルコール「併用注意」という扱いで「絶対にだめ」ではありません。 その理由は、デパスもお酒も中枢神経(脳)の働きを抑える働きがあり、眠気や注意力低下、判断力低下に拍車がかかるからです。 どちらも、似たような作用を持っているのです。 デパスは、不安を和らげ、眠気をもたらし、筋弛緩作用(筋肉の緊張を緩める作用)を持ちますし、アルコールも眠気を引き起こしたり、ふらつき・歩行困難などを生じさせますよね。 デパスとアルコールを併用すると、これらの作用が強く出てしまい、脳を過剰に抑制させ、集中力低下・注意力低下から日常生活に支障をきたしやすくなるのです。 デパスとお酒への耐性は相関し合う! デパスとアルコールの併用で生じる問題は効果増強だけではなく、「 耐性 たいせい形成」「依存性形成」からも問題があります。 デパスもアルコールも、どちらも耐性や依存性を持つ物質です(デパスの依存性に関しては以下をご参照ください)。 耐性とはデパスを飲み続けると次第に身体が慣れてきて、効きにくくなってくる事をいいます。 アルコールもご存知の通り耐性をつくります。 飲酒を続けているとだんだん少しの量では酔えなくなり、飲酒量がどんどん増えていきますよね。 さらにデパスとアルコールは 交叉耐性 こうさたいせいがあり、デパスに耐性ができるとお酒にも耐性が出てくるのです。 もちろん逆もしかりです。 一方、依存性とはある物質を摂取し続けていると次第にその物質なしではいられなくなる現象です。 アルコールを一定量、一定期間摂取していると、次第に身体的にも精神的にもアルコールを常に求めるようになってしまいます。 これはデパスにもこの傾向があり、つまりアルコールと同様に依存性があるのです。 ただデパスは、医師の指示のもとで正しい用法を守っていれば、そこまで依存が問題にはなりません。 同様にアルコールも節度を持った飲酒をしていれば、依存症になることは少ないでしょう。 しかし、デパスとお酒を併用してしまうと、お互いの作用が強まり合い、より急速に耐性や依存性が形成されてしまう危険があるのです。 デパスとお酒は互いに血中濃度を不安定にしてしまう デパスとアルコールがお互いの血中濃度を不安定にしてしまうという事は、薬の効果を予測しにくくなってしまうことになります。 ときに効果が得られないこともあり、またときに脳を過剰に鎮静させ、強い眠気・注意力低下につながることもある。 このように効果がまちまちになってしまうことになるのです。 耐性・依存性がより急速に形成され、アルコール依存・薬物依存になりやすい• 効きが不安定になるため治療にも日常生活にも支障をきたしやすい デパスと酒・アルコールの併用による実際の症状とは それでもこっそりアルコールを摂取してしまう患者さんは後を絶ちません。 どうしても我慢できない人、仕事の接待でどうしても飲まざるを得なかったなど理由は様々ですが、デパスを処方されている方も多いですから、その中にアルコールを常時併用しているケースは少なくないのが現状です。 では抗不安薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、実際どうなってしまうのでしょうか。 そんなにお酒を飲んでいないはずなのに二日酔いになったり、寝坊・遅刻してしまったり、普通量の抗不安薬の内服で、強い眠気や集中力低下が生じたりします。 中には「トリップした」「記憶が飛ぶ」なんていう方もいますが、完全に合法な薬物中毒です。 耐性が形成されると、効きが悪くなるためデパスもアルコールの量も増え、悪循環に入りますし、脳はどんどん破壊されていきます(多量のアルコールによる認知障害が発生する)。 デパス服用中にお酒・アルコールを控えるために デパス服用中にお酒を飲むのはよくないことは分かっている。 それでも我慢できないのがお酒です。 ・ あるいは、職場で飲まなきゃいけない状況になることもあるでしょう。 しかし、デパスを飲みながらお酒を飲まないように医師から言われて、それでも我慢できないならもう立派なアルコール依存です。 アルコール依存に「我慢」という治療はありません(抗酒薬について後述します)。 もちろん一定の依存症への治療が落ち着いている段階では重要ですが・・・。 これは、「お酒を飲めなくするお薬」です。 アルコール依存症の治療に使われるお薬ですが、どうしても飲酒したくなってしまう方はお薬を併用してみるが良いでしょう。 ジスルフィラム(ノックビン)、シアナミド(シアナマイド) ノックビンやシアナマイドを飲んでからお酒を飲むと、少量の飲酒で顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心、嘔吐、めまいなどの不快症状が生じるようになります。 これらのお薬はアルコールを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素を阻害することで、アルコールを分解しにくくし、少量のアルコールで体がまいってしまうようにするのです。 懲罰的な方法ですが、飲酒する自分を自制したいんだけど、つい欲求に負けてしまう、という人には効果があります。 これらの薬を服用してしまえば、お酒を少し飲んだだけで不快症状が出現しますから、お酒を飲みたくなくなります。 アカンプロサート(レグテクト) 中枢神経のNMDA受容体を阻害したり、GABA-A受容体を刺激することで「飲酒欲求を抑える」と言われているお薬です。 先のノックビンやシアナマイドのように懲罰的に飲めなくするのではなく、「飲酒したい気持ちが少なくなる」というものです。 周囲にお酒を飲めないこと(Drストップ)を意思表示する 職場の飲み会で飲酒を勧められた時は、「医師から飲酒を止められている」ことを表明することです。 お酒を飲まないというだけで「付き合いが悪いやつだ」と悪く評価する人はいますが、自分は飲みたいのだが医者のせいで飲めないんだと責任転嫁すると楽かと思います。 どうしてもデパスを飲みながら飲酒しなくてはいけない場合 どうしてもやむを得ない事情があってお酒を飲まなくてはいけない事もあるでしょう。 事前にわかっていればアルコールを摂取する前後(できれば6時間前、飲酒後酔いが抜けるまで)、デパスを内服しないでください。 その分、不安感が強くなるかもしれませんが、翌朝の倦怠感や過鎮静などのリスクは低くすることができます。 その場の不安症状もつらいのですが、それ以上に耐性や依存性形成の方がつらいことを忘れてはいけません。

次の