星野源ツイッター。 (画像)星野源インスタで安倍晋三Twitterにブチ切れ!「連絡一切なし」総理を「さん」呼ばわり 拡散歓迎

安倍晋三(安倍首相)のツイッターの星野源とのコラボ動画(うちで踊ろう)とアカウント。

星野源ツイッター

安倍晋三首相が自身のSNSアカウント上で公開した星野源の楽曲「うちで踊ろう」との"コラボ"動画が多くの批判を浴びている。 批判の詳細はすでに多くの場所で論じられているのでそちらに譲るとして、本稿は少し違った観点からこの事件について考えてみたい。 安倍首相と言えばリオ五輪閉会式でのマリオのコスプレや桜を見る会でのインスタのストーリー機能の利用などで、一般的にはSNS戦略に長けていると理解されていた。 だとしたら、なぜ今回に限って失敗してしまったのだろうか? この点を映画の画面分割という点から考えてみよう。 安倍晋三首相ツイッターより 新型コロナ下でメジャーになった「画面分割」 安倍首相が公開した動画は、画面の左側に弾き語りをする星野源が配置され、右側には安倍首相本人が自宅でくつろぐ様子が映し出されている。 こういった画面を分割してそれぞれ別のものを映す手法を画面分割という。 この技法は、ソーシャル・ディスタンシングが叫ばれるここ最近、必要に迫られてかよく見るようになったが、映画史の中ではかならずしもメジャーな手法ではない。 その理由のひとつは、分割された二つの画面から作り出される意味が、手がかりなしでは伝わりにくいからだ。 映画史上で画面分割が使われた最初期の事例である『アメリカ消防夫の生活』(1903年)の冒頭場面を例に説明しよう。 画面の右上丸枠の中に配置された女性が火事に見舞われ、後に画面の左側に配置された消防夫によって救出されることになる。 だが、この二つの時空間の関係は不明瞭だ。 女性は消防夫の関係者なのかそれともただの他人なのか? この女性は昼寝をしている消防夫の夢に出てきているのか? それともこの二つの時空間の間にはまったくなんの関係もないのか? このように文脈が欠落していると、二つの並置された画面から導き出せる意味は非常に多義的なのである。 画面分割は現代の日本のテレビの中では「ワイプ」という形で頻繁に現れる。 現代の視聴者はその意味を曖昧だと感じることはないが、それはスタジオと現場、再現映像とそれを見ているタレントというような形で、画面間の主従関係が提示され、解釈が枠づけられるからだ。 このように、分割された画面構成それ自体の意味の曖昧さを、われわれは文脈に基づいて特定の解釈に引き寄せていくのだ。 では安倍首相が投稿した動画にはどのような意味の広がりの可能性があり、なぜその中から特定の解釈が選ばれたのだろうか? 私たちは安倍首相の動画をどう解釈したのか 最も標準的な解釈は画面の左右--つまり星野源と安倍首相--を対立構造で捉えるものだ。 このような解釈はソ連の映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインの「衝突のモンタージュ」という発想に遡ることができる。 「衝突のモンタージュ」とは簡単に言えば、異なる二つの要素の衝突によって新たな意味や概念が生まれるというものである。 例えば、以下の『戦艦ポチョムキン』(1925年)という映画のシーンでは、画面の上部に兵士たちが、画面の下部に彼らによって虐げられる市民が配置される。 この二つの要素の衝突によって、映画全体のテーマである圧政に対する革命の正当性という観念が作り出されていくのである。 このような枠組みで安倍首相が公開した動画を解釈すると、為政者である安倍晋三が若く民衆に人気がある音楽家の星野源を利用していると見ることができる。 実際に動画の中で、星野源が(彼にとっての)労働をしているのに対して安倍晋三が余暇を過ごしていること、安倍晋三がリモコンを星野源の側にむけていることなどがこのような解釈を強化する文脈となっている。 この動画に対して、「自宅で待機することができない人もいるのに無神経である」という批判は、このような解釈に依拠している。 星野源との「協力関係」としての解釈は可能か しかし、この映像の中の二つの要素を対立としてではなく、融和的に解釈することも潜在的には可能である。 例えば、ラブコメ映画の中で、別々の場所にいる親密なカップルが電話で会話をしているときに、二人の顔を分割画面で同時に表示することでこの二人の間の親密さを強調することもできる。 安倍首相が公開した動画をコロナという危機に際した中での星野源と安倍首相の協力関係の表現として解釈することも原理的には可能であるし、実際に安倍晋三の支持者はそのように解釈したと考えられる。 だが、この動画をそのように解釈するための文脈は非常に薄い。 その理由は、小池百合子東京都知事とヒカキンのビデオ会談と比較すると分かりやすい。 小池都知事はYouTube上で、有名ユーチューバーのヒカキンからのコロナ対策についての質問に答えた。 画面の構成という点では、左側にヒカキンが、右側に小池都知事が配され、安倍首相の動画と同じ画面構成である。 だが、小池都知事とヒカキンの対談映像には安倍首相が投稿した動画のような大きな批判は起こっていない。 なぜだろうか? 安倍首相の動画の中では、星野源だけが一人歌い安倍首相は部屋でくつろいでいるため、あたかも星野源が安倍首相に奉仕させられているように見える。 このことが手がかりとして機能し、動画への批判を引き起こした。 一方で、ヒカキンと小池都知事の質疑応答の様子は、両者が対等な立場で対話をしているように見える。 もちろん、この動画の中の対等性という感覚はヒカキンと小池都知事の暗黙のうちの協力の結果である。 だが、動画を見た人々がどのように受け止めるかという点では、実のところ実際の質疑応答の内容よりも、タレントからの質問に対等な立場で誠実に応答しているというパフォーマンスをして見せたことがポジティブに働いた。 その意味で、小池都知事のメディア戦略は安倍首相のはるかに上を行っている。 安倍首相のSNS戦略の特徴って? こうして見ると、安倍首相が星野源との一方的な「コラボ」で演じて見せた失敗は、彼のソーシャル・メディア戦略の特徴と深く関わっていることがわかる。 安倍晋三はメディア上で人と「衝突」できないのだ。 リオデジャネイロ・オリンピックの閉会式でマリオのコスプレをすることに顕著に現れているが、ここで安倍首相は彼自身のキャラクターや彼自身の言葉で勝負の舞台に立ったわけではなく、マリオというキャラクターを言わば「口寄せ」して自分自身に憑依させることで力を手にしている。 同じことは彼の芸能人との関わり方を見ても分かる。 例えば2019年の桜を見る会のインスタ・ストーリーでは、IKKOの持ちネタである「どんだけー」やカズレーザーの本名「和令」が「令和」と同じ漢字であることなどを利用している。 ここでも、安倍首相は桜を見る会を開く意義を説明するのではなく、芸能人を口寄せしてその魅力を自分自身に取り込む振る舞いをしている。 この点で安倍首相のソーシャル・メディアにおける存在感は例えばドナルド・トランプなどとも大きく異なる。 トランプ自身が『アプレンティス』というリアリティー番組で知名度を得たタレントであり、ツイッター上での発言を見ても、その発言の政治的あるいは事実としての正しさはともかくとして、彼自身のキャラクターによって人気あるいは拒絶を得ている。 一方で安倍首相の場合は、彼自身の個性やキャラクターを強調しているわけではない。 「口寄せ」したキャラクターの魅力を借りて政治力に利用するのだ。 (そのこと自体が必ずしも悪いわけではない。 ) したがって、安倍晋三の「うちで踊ろう」動画が反発を生んだのは、動画が真の意味で「コラボ」ではなかったことも大きな理由だが、同時に安倍晋三のソーシャル・メディア戦略の強みが「口寄せ」であることを見落としていたことにある。 首相の強みを見落としていたのは誰か リオ・オリンピックの閉会式イベントは当然専門のチームがついていたであろうし、桜を見る会のインスタは安倍晋三の個人アカウントではなく、首相官邸のアカウントで発信されている。 その点で、安倍首相周辺のメディア対策チームはこの点をよく理解していると考えられる。 しかし、星野源を利用した動画は安倍晋三の個人アカウントから発信された。 つまり安倍晋三の本当にごく近くにいる人々は、彼には星野源と対等に「衝突」するだけのコンテンツとしての力を持たないことを認識せず、小池都知事の対談動画のように相手と対等であると解釈させる文脈を用意する必要性に思い至らず、ただ彼がくつろいでいる姿を映しておけばそれでよいと考えたのである。 そのような心理的状態は一般的に個人崇拝と呼ばれるものである。 (渡部 宏樹) 外部サイト.

次の

星野源との”コラボ”動画炎上 安倍首相のコンテンツ力を過信したのは誰?

星野源ツイッター

この発言があったのは、同日深夜放送のラジオ番組『星野源の』(ニッポン放送)でのこと。 放送開始から40分ほど過ぎた頃、同ドラマが2週連続でツイッターのトレンド世界1位になったことを、星野は「スゴくないすか!」とリスナーに問いかけた。 今回、放送された『逃げ恥』再放送第2回は「たかが匂い、されど匂い…」と題し、主人公の森山みくり(新垣結衣)が専業主婦として就職したものの、津崎平匡(星野源)との契約結婚が互いの両親にバレないよう、両家の顔合わせの席を設けて……という展開だった。 星野はリスナーから大量の感想メールが届いていると言うと、「リモート恋ダンスに驚き、興奮しまくりました」「未公開シーンを探しながら見るのが楽しいです」「さん(54)演じる沼田さんのアドリブ変顔、すてきでしたね」など紹介した。 続いて、星野は中国系の女性ファンからも感想メールが届いているとし、「幸いに、最後に平匡はみくりが愛し合ってます。 そうでなければ、両親をダマしていいですか?」などと代読。 たどたどしい日本語ながらも、ツボを押さえた内容だったため、「いいですね、スゴく純粋な意見をありがとう」と感謝した。 さらに、同ファンのリモート恋ダンスについての感想を「驚きの絶叫で、久しぶりに源さんのダンスを見ない」と代読すると、星野は笑いながら「見たってことかな。 見ましたってことかしら?」とフォロー。 そして、「最後は源さんが平匡ではないでしょう」という、踊る星野が平匡に見えなかったと指摘するツッコミに爆笑した。 そして、星野は「そうでした、そうでした。 髪の毛、どうしてもモジャモジャなんでね」と、現在、俳優の(38)とW主演しているドラマ『』(TBS系・放送開始日未定)で、機動捜査隊所属の隊員・志摩一未を演じるため、『逃げ恥』の平匡よりも髪を伸ばしていると説明していた。

次の

(画像)星野源インスタで安倍晋三Twitterにブチ切れ!「連絡一切なし」総理を「さん」呼ばわり 拡散歓迎

星野源ツイッター

緊急事態宣言が7都府県に発令されて初めての日曜日となった12日、安倍晋三首相が歌手の星野源(39)が公開した楽曲「うちで踊ろう」とコラボした動画をSNSに投稿し、改めて外出自粛を呼び掛けた。 首相が言われるがまま行動していることに自民党内からは「総理の判断力は本当に大丈夫なのか?」と心配する声が上がっている。 動画は56秒間。 首相がツイッターに投稿した「かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます」とのメッセージ付きだ。 星野が弾き語りする映像を左半分に配置し、右半分に首相が自宅でくつろぐ様子が流れる。 ソファに座って愛犬を抱いたり、飲み物をすすったり、読書をする姿が紹介され、締めくくりはリモコンを握りしめての高速ザッピング。 見たところ11秒で次の番組に変更していた。 永田町関係者は「このカットを入れたのも理解に苦しむ。 外出自粛でテレビの視聴時間が増えている高齢者を意識したのか」と皮肉った。 ネット上では「くっそシュール」「地獄の安倍政権は使えるものはなんでも使うんだね」など批判の声が相次いだ。 立憲民主党の蓮舫副代表はツイッターで「ご本人のお考えだとすれば、なぜ誰も止めなかったのか。 安直すぎる内閣官房と首相のコラボをあぶり出すような内容だ。 ネットでは他にも「空気読めないコラボでお茶を濁す前に、とっとと休業補償するべき」などと個別補償に応じない政府への反発が広がった。 ネット戦略を巡っては、10日に小池百合子都知事が人気ユーチューバーのHIKAKIN(30)の動画に出演し好意的な評価を獲得。

次の