足 の 指 しびれ。 » 「指先のしびれ」その原因を見分ける方法!!

足のしびれの原因を指・足裏・足の甲それぞれ解説!病院は何科へいく?

足 の 指 しびれ

スポンサーリンク 足の指がしびれる原因は?親指がしびれるのはどんな時? しびれというものは、 血流が悪くなった時、骨の変形等で神経が圧迫された時に起こることが多いとされています。 足の指だけがしびれている、親指だけがしびれている、太ももくらいから指にかかってしびれているなど、状況は様々でしょう。 そこで、いくつかの状況ごとに解説をしていきたいと思います。 腰椎の間にクッションの役割をしている椎間板が脱出してしまい、神経を圧迫している状態をいうようで、圧迫している場所により、小指側がしびれたり、親指側がしびれたりするそです。 病院を受診される場合は 整形外科になります。 これは、 指が圧迫されることにより血流が悪くなっていることが原因で起こるといわれており、特に、先の細い靴を履いている場合が多いそうです。 こういう状況でのしびれが出た場合は、 ご使用の靴を見直すことをオススメします。 高血糖の状態が続くと神経障害が起こる場合があり、それにより血流障害が起こりしびれになるといわれています。 片方の足だけでなく、 ピリピリしたしびれやジンジンするしびれが特徴で、足だけでなく手にも一緒に症状が現れる場合があります。 足全体ではなく、 両足の親指だけがしびれている場合は、糖尿病の初期症状の場合が考えられるようです。 この症状が続くようであれば、 内科を受診することをオススメします。 ストレスでもしびれが出ることがある?! ストレスは自律神経と密接な関係にあるということは、多くの方がご存知かもしれませんよね。 自律神経のバランスが崩れてしまうと、血流障害が起こることがあり、 末端に位置する親指までうまく血液が流れなくなってしまうことがあります。 腰痛もなく、血糖値に問題がないのにしびれを感じるという方は、ストレスが溜まっているのかもしれません。 スポンサーリンク 重大な病気が関係している場合もあるのでご注意を!! しびれの原因として、 脳梗塞や 動脈硬化が原因になっている場合があります。 では、それぞれの症状をご紹介してみたいと思います。 脳の血流が阻害されると、しびれだけではなく、頭痛やめまいも同時に起こることが多いとされています。 このような症状を感じている方は脳梗塞の疑いもありますので、 脳神経外科を受診されることをオススメします。 この状態が続くと血流が悪くなり、四肢の末端までうまく血液が流れにくくなり、しびれとして現れる場合があるとされています。 歩いているとしびれが強くなってくるというのが動脈硬化の特徴といわれているので、この症状を感じる方は 循環器内科を受診されることをオススメします。 症状が続く場合は医療機関への受診を推奨します 通常の親指のしびれ・足のしびれは、 つま先立ちで指に体重をかけたり、しびれの部分を強めにマッサージしたりすることで解消することが可能です。 しかし、日常的にしびれを感じるようになった場合は、病気が潜んでいる可能性もありますので、ご紹介した症状等を是非参考にしていただき、適切な治療を受けられることをオススメします。 唇が痛いなぁと思ったら白い丸いものが出来ていることがありますよね。 場所によっては喋るのも食べ ロタウィルスの存在を皆さんご存知でしょうか? ロタウィルスについてお話します。 大人がか 突然の風邪、とにかく体に良いものを摂らなければ… そんな時でも、薬局やスーパーは閉店時間を迎え 胃が気持ち悪い!何と表現したらよいのか分からない、あのモヤモヤ! とにかく食欲がなくなったり、 過敏性腸症候群を疑った場合は診断は何科に行けばいい? 腸だから消化器?ストレスが原因というくら 風邪を引いていて体のあちこちや節々が痛くなれば、関節痛を疑いインフルエンザかもしれないと特に冬場は感 風邪の初期症状として辛いのがのどの痛みですよね。 喉が痛いと辛い。 それだけで疲れちゃい 子供の頃、あなたはおたふく風邪にかかったでしょうか? もし記憶がない場合は、お母さんに聞いてみ 全身への転移が早く、治療が遅れると死亡率が格段に上昇してしまう皮膚がんであるメラノーマ。 他の 毎年冬になると猛威をふるうインフルエンザ。 通勤や通学に影響が出ないようできる限りの防御をした• 人気記事一覧• 30ビュー• 27ビュー• 16ビュー• 8ビュー• 5ビュー• 5ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 4ビュー• 最近のコメント• に より• に かおり より• アーカイブ• カテゴリー• 161•

次の

足のしびれ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の 指 しびれ

足根管症候群の症状は、足裏にしびれや異物の付着感を感じます。 足根管症候群は、足裏のしびれや、足の裏に物がついた感じ(異物付着感)、冷えなどを引き起こします。 症状が出る場所は、足裏をメインに、踵にはないか弱く、足先に強い傾向があります。 足の甲や、足首よりも上がしびれることはありません。 また、異物付着感として、足の裏に餅がついた、足の皮が厚くなった、更にはじゃりの上を歩いている、などの感覚を多くの方が訴えます。 また約半数で冷えの感覚を伴っており、年齢とともに増え、特に糖尿病の患者さんに多くみられる傾向があります。 足根管症候群の原因足の内くるぶしのところには、足根管という狭いトンネルがあります。 その中を内側足底神経と外側足底神経という足の裏へいく神経が通るのですが、骨と屈筋支帯という硬い膜の隙間を動脈や静脈と一緒に走行するため、神経が障害されやすいことが知られています。 特に、高齢者で 動脈硬化が進んだり、 静脈の怒張が見られたりすると、起こり易くなる印象があります。 時に、同部にガングリオンなどの腫瘤ができて神経を圧迫することもありますが、それ程多いものではありません。 足根管症候群の診断レントゲンやCT、MRIなどを使っても、腫瘤が原因でない場合には 診断できません。 神経の電気の流れをみる特殊な検査をすることで、一部で異常を検知できることもありますが、検知できないことも少なくありません。 そのため診断する側からしても、「足根管症候群です」と確定することが難しく、困った疾患の1つでもあります。 このような背景の下、診断は多くの場合、特徴的な症状からある程度判断する必要があります。 神経の圧迫部分を叩いたり圧迫することで、傷んで過敏になった神経がピリピリしたりする感覚があると、診断に役立ちます。 足根管症候群の治療足根管症候群は 扁平足の方に起こりやすいとも言われています。 疑わしい場合には、足底板などをつかって歩き方を矯正することで治療を行っている施設もあります。 また神経ブロックを行うことで対応することもありますが、足底板であっても、ブロックであっても、症状がぶり返してしまうことも少なくなく、簡単にはいきません。 一方、正確な診断がつかずとも症状から、神経がどこかで障害されておこる神経障害性のものと判断がつけば、薬による治療で対応できます。 薬で対応する場合には、副作用が危惧されるような強い薬を使うこともあるため、一気に症状をとることを求めず、じっくりと腰を据えて調整することが必要です。 時に、薬だけで十分に症状をとることができず、日常生活へ大きな影響を与える場合には、そのまま経過をみるのか、手術を受けるのか、患者さん自身が判断することになります。 足根管症候群の手術 手術は限られた施設のみで行われているのが現状です。 また、全身麻酔で行う施設と、局所麻酔で短期の入院で行う施設とがあり、手術の内容も行っている施設によって一部異なるようです。 一方、手術をしても完全に症状をとることは難しく、 症状を軽くすることが目的であることも多いので、担当医からの説明に納得した上で手術をするかどうかを決める必要があります。 おわりに 足底のしびれや痛みを訴える方は意外と多いのですが、実際には確定診断に至ることは難しいことが多く、症状を和らげることを目的として治療していることも少なくありません。 その際の治療のゴールが、医師と患者さんとで異なると治療がうまくいきません。 そのため、上記のような背景を互いに理解した上で、医師と相談しながら治療を進めていくことが大切だと思います。

次の

つま先のしびれ!(左足・右足・病気・冷え・腰痛)足の親指がしびれる原因とは?

足 の 指 しびれ

・頭を打った場合に出るしびれ、麻痺 ・骨折の疑いがある場合 この2つには気を付けましょう。 基本的に身体の一部を強打するということはどこでにも起こる可能性があります。 これは頭にも言えることで、頭を強打した場合には要注意です。 脳に異常が起こっている可能性もありますので注意しましょう。 また骨折を疑われる場合にも注意してください。 スポンサーリンク 【骨折している可能性あり】 骨折の場合には激しい痛み、腫れ、内出血などの症状が特徴です。 これらの症状は打撲とほとんど同じ症状になりますのでわからないこともあります。 この2つが疑われる場合にはすぐに病院へ行きましょう。 【腫れが原因となることも】 2つのほかに考えられることは 腫れによって神経が圧迫されていると考えられます。 強く打った場合には腫れを伴います。 そのため神経を圧迫してしまうことがあります。 また負傷した際に神経が損傷してしまうことがあります。 この場合にも しびれや麻痺などの症状が起こる可能性があります。 【治し方・治療方法】 基本的に治療方法は変わりません。 痛みが出ている場合には痛み止めや湿布、内服薬を服用することもあります。 過去に大きい怪我をしている場合には後遺症として起こる場合もあります。 【まとめ】 考えられる要因というのはこのようなことがありますので早めに病院を受診しましょう。 しびれが起きているのが指だからと言って簡単に考えることは危険となる場合もあります。 病院で適切な処置を受けることが大切になります。

次の