常滑 競艇 得点 率。 競艇の得点率とは!?競艇選手が優勝するまでの道のりで重要なポイント!

【常滑競艇予想(10/28)】G3

常滑 競艇 得点 率

SGオールスターと日程が重なっていたこともあり、有名どころの選手の参加は無くとも、なかなかのメンバーが集結。 笠原亮選手や 石渡鉄兵選手などのA1ランカーが参加しており、初日から巧みな走りと骨太な走りがぶつかり合う激戦が見られています。 そして、注目の予選経過ですが、3日目を経過して得点率ランキング1位には、9. 19で 黒野元基選手が立っています。 唯一、初日からオール2連対を決めていて、中堅クラスの機力でも若さ溢れる勢いで上位入線する健闘を見せています。 続く2位には8. 80で 中島孝平選手、3位には7. 83で 齊藤仁選手、4位タイには7. 60で 渡邉睦広選手と佐藤博亮選手の二人、6位タイには7. 33で 山崎郡選手と石渡鉄兵選手がランクインしています。 ここまでが7点台の選手達で、4日目の結果次第では 大きな変動もありそうです。 以下、5点台までの得点率ランキングです。 3日目終了時点 順位 ボートレーサー 級別 得点率 1 黒野元基 B1 9. 19 2 中島孝平 A2 8. 80 3 齊藤仁 A1 7. 83 4 渡邉睦広 A2 7. 60 4 佐藤博亮 A2 7. 60 6 山崎郡 A1 7. 33 6 石渡鉄兵 A1 7. 33 8 畔柳俊吾 B1 6. 50 8 笠原亮 A1 6. 50 10 土山卓也 A2 6. 40 11 山田雄太 A1 6. 00 11 照屋厚仁 A2 6. 00 11 前沢丈史 A1 6. 00 14 日笠勝弘 B1 5. 75 15 伊藤将吉 A2 5. 66 16 乃村康友 B1 5. 60 17 宮下元胤 B1 5. 50 17 堀本裕也 B1 5. 50 19 野中一平 A2 5. 20 19 前田篤哉 A2 5. 20 21 伊藤啓三 A1 5. 00 21 太田潮 B1 5. 00 21 金子和之 B1 5. 00 レースの傾向はというと、初日・2日目はやや荒れた決着が多くでた印象でしたが、3日目には調整も進んだ影響か、それもやや落ち着いてきた流れは見受けられます。 常滑水面に、いち早く慣れた選手が勝利に近づくと言われていますが、それが徐々に見えてきたところでしょうか。 そう考えれば、現状の格付け関係なく、 好調さをキープできている選手で狙うのがセオリーとなりそうで… 予選最終日も激戦必至の状況で、どこまで順位変動が巻き起こるでしょうか? G3INAX杯争奪第32回とこなめ大賞・4日目の買い目を見ていきましょう。 16 6. 67 48. 15 68. 52 5. 96 34. 78 47. 83 20 29. 76 46. 43 31 35. 68 50. 27 2 A2佐藤博亮 F0 L0 0. 16 6. 84 56. 00 74. 00 4. 97 30. 56 47. 22 49 34. 82 50. 89 55 33. 33 48. 44 3 A2渡邉睦広 F0 L0 0. 17 6. 35 47. 29 65. 89 5. 44 36. 00 48. 00 18 30. 58 53. 72 73 32. 59 50. 89 4 A1齊藤仁 F0 L0 0. 17 6. 64 43. 93 66. 36 6. 34 41. 38 51. 72 28 28. 70 46. 96 26 35. 21 49. 30 5 B1黒野元基 F0 L0 0. 16 5. 69 37. 04 59. 26 5. 27 34. 55 50. 91 50 36. 61 50. 89 62 40. 00 58. 60 6 B1乃村康友 F0 L0 0. 18 5. 30 32. 99 54. 64 4. 85 26. 92 46. 15 11 47. 50 62. 50 18 31. 28 51. 10 現在6. 今節の勝ち星はインで勝利した一つだけと、腕は格上の存在でもなかなか勝ちきれていない実情が見受けられますが、その原因はやはり機力不足でしょうか。 2日目後半レースで完璧な出遅れスタートを披露するほど悪化していましたが、3日目はしっかり持ちこたえて逆にスタートのタイミングはすこぶる良くなった形。 ただ、順位は伸びてそれなりで、そこまで劇的に良化したとは思えない舟足ではあります。 ただ、行き足が良化したなら、2度目のイン戦で押しきれる可能性はあるでしょうから、とりあえずの軸では推してみます。 初日からオール2連対を決める爽快な走りは、ここでも見られそう。 機力もさらに調整が進み、強化の一途を辿っているとすれば、鋭くまくる展開は容易に想像できます。 内目に入れば勝利している佐藤選手、安定感抜群で巧さが光る渡邉選手、どちらも浮上のチャンスは十分でしょう。 13 6. 74 47. 97 66. 89 7. 00 57. 14 85. 71 44 36. 52 58. 26 46 29. 83 47. 51 2 A2野中一平 F0 L0 0. 13 6. 29 47. 55 64. 34 5. 39 34. 09 47. 73 13 31. 97 53. 28 25 37. 16 51. 83 3 A1前沢丈史 F0 L0 0. 15 7. 09 56. 64 76. 22 6. 79 57. 14 71. 43 29 37. 29 52. 54 13 39. 30 58. 95 4 A2中島孝平 F0 L0 0. 14 7. 21 49. 55 70. 27 7. 88 62. 50 81. 25 37 48. 33 59. 17 72 38. 26 56. 09 5 A1山田雄太 F0 L0 0. 14 5. 66 32. 29 54. 17 6. 45 40. 91 59. 09 17 49. 60 72. 00 11 39. 82 56. 56 6 B1畔柳俊吾 F0 L0 0. 16 4. 79 27. 36 48. 11 5. 53 32. 56 53. 49 25 42. 11 58. 77 52 32. 81 47. 初日のドリーム戦でインに入って勝利していますが、その後は健闘するも勝ちきれていません。 そして、緊張の糸が切れたのか、展開が向かなかったのか、3日目後半で5位に沈んでしまい、やや失速した流れで4日目を迎えています。 ここに入ったメンバーは、それぞれに負けられない戦いを強いられており、簡単には勝たせてくれない流れではありますが… 負けられないのは同じですから、インに入れば押しきれるだけの舟足はありそうです。 そもそもの実力はトップクラスで、出走回数不足で現在A2級。 7月からA1復帰は確実視されているだけに、ここでも勲章を一つ増やしたいと考えていることでしょう。 現在得点率2位、そこでも逆転トップ通過を狙っているでしょうから、ここも確実に全力で握ってきます。 上位クラスの機力も得られており、万事整った形で快心の一撃が見られそうです。 どちらも今のところ、得点率ランキング11位タイの成績で、やや予選通過のボーダーラインに引っかかりそうなところではあります。 前半レースの結果も影響ありますが、良い枠で準優戦を勝ち負けするには、得点加算は必至。 簡単には引き下がらない、食いつくような走りに期待。

次の

【常滑競艇予想(10/28)】G3

常滑 競艇 得点 率

SGオールスターと日程が重なっていたこともあり、有名どころの選手の参加は無くとも、なかなかのメンバーが集結。 笠原亮選手や 石渡鉄兵選手などのA1ランカーが参加しており、初日から巧みな走りと骨太な走りがぶつかり合う激戦が見られています。 そして、注目の予選経過ですが、3日目を経過して得点率ランキング1位には、9. 19で 黒野元基選手が立っています。 唯一、初日からオール2連対を決めていて、中堅クラスの機力でも若さ溢れる勢いで上位入線する健闘を見せています。 続く2位には8. 80で 中島孝平選手、3位には7. 83で 齊藤仁選手、4位タイには7. 60で 渡邉睦広選手と佐藤博亮選手の二人、6位タイには7. 33で 山崎郡選手と石渡鉄兵選手がランクインしています。 ここまでが7点台の選手達で、4日目の結果次第では 大きな変動もありそうです。 以下、5点台までの得点率ランキングです。 3日目終了時点 順位 ボートレーサー 級別 得点率 1 黒野元基 B1 9. 19 2 中島孝平 A2 8. 80 3 齊藤仁 A1 7. 83 4 渡邉睦広 A2 7. 60 4 佐藤博亮 A2 7. 60 6 山崎郡 A1 7. 33 6 石渡鉄兵 A1 7. 33 8 畔柳俊吾 B1 6. 50 8 笠原亮 A1 6. 50 10 土山卓也 A2 6. 40 11 山田雄太 A1 6. 00 11 照屋厚仁 A2 6. 00 11 前沢丈史 A1 6. 00 14 日笠勝弘 B1 5. 75 15 伊藤将吉 A2 5. 66 16 乃村康友 B1 5. 60 17 宮下元胤 B1 5. 50 17 堀本裕也 B1 5. 50 19 野中一平 A2 5. 20 19 前田篤哉 A2 5. 20 21 伊藤啓三 A1 5. 00 21 太田潮 B1 5. 00 21 金子和之 B1 5. 00 レースの傾向はというと、初日・2日目はやや荒れた決着が多くでた印象でしたが、3日目には調整も進んだ影響か、それもやや落ち着いてきた流れは見受けられます。 常滑水面に、いち早く慣れた選手が勝利に近づくと言われていますが、それが徐々に見えてきたところでしょうか。 そう考えれば、現状の格付け関係なく、 好調さをキープできている選手で狙うのがセオリーとなりそうで… 予選最終日も激戦必至の状況で、どこまで順位変動が巻き起こるでしょうか? G3INAX杯争奪第32回とこなめ大賞・4日目の買い目を見ていきましょう。 16 6. 67 48. 15 68. 52 5. 96 34. 78 47. 83 20 29. 76 46. 43 31 35. 68 50. 27 2 A2佐藤博亮 F0 L0 0. 16 6. 84 56. 00 74. 00 4. 97 30. 56 47. 22 49 34. 82 50. 89 55 33. 33 48. 44 3 A2渡邉睦広 F0 L0 0. 17 6. 35 47. 29 65. 89 5. 44 36. 00 48. 00 18 30. 58 53. 72 73 32. 59 50. 89 4 A1齊藤仁 F0 L0 0. 17 6. 64 43. 93 66. 36 6. 34 41. 38 51. 72 28 28. 70 46. 96 26 35. 21 49. 30 5 B1黒野元基 F0 L0 0. 16 5. 69 37. 04 59. 26 5. 27 34. 55 50. 91 50 36. 61 50. 89 62 40. 00 58. 60 6 B1乃村康友 F0 L0 0. 18 5. 30 32. 99 54. 64 4. 85 26. 92 46. 15 11 47. 50 62. 50 18 31. 28 51. 10 現在6. 今節の勝ち星はインで勝利した一つだけと、腕は格上の存在でもなかなか勝ちきれていない実情が見受けられますが、その原因はやはり機力不足でしょうか。 2日目後半レースで完璧な出遅れスタートを披露するほど悪化していましたが、3日目はしっかり持ちこたえて逆にスタートのタイミングはすこぶる良くなった形。 ただ、順位は伸びてそれなりで、そこまで劇的に良化したとは思えない舟足ではあります。 ただ、行き足が良化したなら、2度目のイン戦で押しきれる可能性はあるでしょうから、とりあえずの軸では推してみます。 初日からオール2連対を決める爽快な走りは、ここでも見られそう。 機力もさらに調整が進み、強化の一途を辿っているとすれば、鋭くまくる展開は容易に想像できます。 内目に入れば勝利している佐藤選手、安定感抜群で巧さが光る渡邉選手、どちらも浮上のチャンスは十分でしょう。 13 6. 74 47. 97 66. 89 7. 00 57. 14 85. 71 44 36. 52 58. 26 46 29. 83 47. 51 2 A2野中一平 F0 L0 0. 13 6. 29 47. 55 64. 34 5. 39 34. 09 47. 73 13 31. 97 53. 28 25 37. 16 51. 83 3 A1前沢丈史 F0 L0 0. 15 7. 09 56. 64 76. 22 6. 79 57. 14 71. 43 29 37. 29 52. 54 13 39. 30 58. 95 4 A2中島孝平 F0 L0 0. 14 7. 21 49. 55 70. 27 7. 88 62. 50 81. 25 37 48. 33 59. 17 72 38. 26 56. 09 5 A1山田雄太 F0 L0 0. 14 5. 66 32. 29 54. 17 6. 45 40. 91 59. 09 17 49. 60 72. 00 11 39. 82 56. 56 6 B1畔柳俊吾 F0 L0 0. 16 4. 79 27. 36 48. 11 5. 53 32. 56 53. 49 25 42. 11 58. 77 52 32. 81 47. 初日のドリーム戦でインに入って勝利していますが、その後は健闘するも勝ちきれていません。 そして、緊張の糸が切れたのか、展開が向かなかったのか、3日目後半で5位に沈んでしまい、やや失速した流れで4日目を迎えています。 ここに入ったメンバーは、それぞれに負けられない戦いを強いられており、簡単には勝たせてくれない流れではありますが… 負けられないのは同じですから、インに入れば押しきれるだけの舟足はありそうです。 そもそもの実力はトップクラスで、出走回数不足で現在A2級。 7月からA1復帰は確実視されているだけに、ここでも勲章を一つ増やしたいと考えていることでしょう。 現在得点率2位、そこでも逆転トップ通過を狙っているでしょうから、ここも確実に全力で握ってきます。 上位クラスの機力も得られており、万事整った形で快心の一撃が見られそうです。 どちらも今のところ、得点率ランキング11位タイの成績で、やや予選通過のボーダーラインに引っかかりそうなところではあります。 前半レースの結果も影響ありますが、良い枠で準優戦を勝ち負けするには、得点加算は必至。 簡単には引き下がらない、食いつくような走りに期待。

次の

【3日目】SG第30回グランドチャンピオン【本命予想】得点率・順位を大公開!

常滑 競艇 得点 率

競艇 (ボートレース )で勝てる (稼げる )人はいるのかと考えたときに見つけたのが、勝てる (稼げる )情報を配信する 競艇(ボートレース)予想サイト。 中には高額な情報料金を請求し、当たらない買い目を提供する 悪徳・詐欺サイトも存在するようだが… ココでは 競艇(ボートレース)予想サイトの無料予想情報をメインに検証し、本当に勝てる(稼げる) 優良な 競艇(ボートレース)予想サイトを見つけるため、日々日々更新していくよ! つい3日くらい前も 優良サイトでかなり稼がせてもらったんだけど、その時の疑問。 【競艇(ボートレース)の得点・事故点って何?】 もともとド素人だった僕が、今ではほぼ毎日競艇(ボートレース)に関わっているけど、今までなんとなく雰囲気だけで理解してたんだけど競艇(ボートレース)に 得点なんてあったっけ?笑 1着を争う競技だから、あんまり 得点が絡んでくるようなイメージが持てないよね… ほい、じゃあ気になったから調べていきまーす! ということで今回は、 【競艇(ボートレース)の得点・事故点 】について書いていきます! そもそも 得点って何なのか? なんて基本的なことから、どう勝負に影響してくるのか(ペナルティなど)も紹介していくよ~。 競艇(ボートレース)の得点とは? 得点の基本 競艇(ボートレース)の 得点ってのは、ざっくり説明すると 【着順に応じて獲得できるポイント】のことね。 そして、その 得点を、出走した総レース数で割ったものが 【 得点率】。 平均の 得点ってことだね。 基本的には、 この 得点率が高い選手から優勝戦に出場(優出)できる権利が与えられるってことすね。 得点率の計算方法 競艇(ボートレース)は、1節がだいたい4~6日間くらいあって、予選から始まり、予選を勝ち進んだ選手達による準優勝戦、そして優勝戦が最終日に開催されるというのが、基本的な流れだね。 だから、その時々に応じて若干計算の仕方も変わってくるんだよね。 節間内での予選は選手総当たりで行われ、出走数にはある程度の決まりがあるみたい。 3日開催:~4回出場• 4日開催:~6回出場• 6日開催:~8回出場 これに応じて 得点率を計算する時の分母が決まるってことね。 着順別の得点にも予選によって違いがあり、一般競走の場合はこんな感じ。 1着:10点• 2着:8点• 3着:6点• 4着:4点• 5着:2点• 6着:1点 この点数を基準として 得点が追加されいくのねん。 G1や選抜戦などの競走の時は+1点が 得点加算され、SGやドリーム戦の競走の時には+2点の 得点加算があるらしい! 競艇(ボートレース)の減点・事故点とは? 加点があれば減点・事故点もある 得点があるってことは『加点』だけではなく 『 減点・ 事故点』もあるよね。 事故や内規違反では反則点数があり、これが総得点から引かれちゃうのよー。 7点減点・事故点• 待機行動違反• 不良航法• 2回目以降の失速 5点減点・事故点• 7以上になると、その選手はB2級へ降格しちゃう! A1級の選手であろうが関係なく1番下のB2級へ下がっちゃうから油断禁物っす! 覚えときましょね。 事故パンとは? 事故パンっちゅうのは、 事故率により階級が降格したことを言う。 実際、前期にA1級で終了した選手が後期にはB2級となっていて驚くことがあるけど、そういう選手は事故パンが原因で降格した…ってことですな。。。 また、 事故率が0. 7点に近い、もしくは期間内に0. 7点を超えてしまっている状態を、事故パン状態と呼ぶらしいよ~。 可愛い名前だと思って『カトパン』とか『ミトパン』みたいに使わないようにね~。 笑 事故パン状態の選手は事故率を下げないと降格させられるから、フライングしないように一層気を付けて勝負に挑まなきゃいけないってこと。 事故パン状態の選手がいるレースを予想するときはそういった心理状態も加味して予想しなきゃいけないってことね! 減点よりも厳しい賞典除外とは? 先程も戦術した通り、得点率の順位によって準優勝戦、優勝戦へと駒を進めることが出来るわんだけど、減点をされてしまった場合には一部例外もある。 それが 【 賞典除外】! 『賞典』とは主に、下記で行われる選抜戦を指し、これが『除外』ってことは、出られなくなってしまうっちゅーことやね。 優勝戦• 準優勝戦• 特別選抜A戦• 特別選抜B戦• 開催最終日 賞典除外になってしまうのは減点時で、簡単に言えば、「減点で済んだら警察いらんのじゃい!」ってことね。 笑 賞典除外になりえる失格や反則は主にこんな感じ。 フライング返還欠場• 1節で2回の不良航法• 準優勝戦での不良航法(1回目でも最終日は賞典除外)• 妨害失格• 最アウト違反(スタート展示で6コースに入った選手は本番で1コースに入れない。 入った場合は待機行動中に「返還欠場」となる)• 選手責任の出遅れ返還欠場• 予選での出走回数不足者(予選では規定出走数が決められている)• 開催途中で追加斡旋を受けた選手(出走回数不足とほぼ同意)• 準優勝戦での選手責任の失格・欠場(予選では3回目まで減点5点)• 1日1回出走希望者(選手自身が出走制限を申し出た場合)• 1日見学者(開催によってはフライングをした選手は1日出走しない日がある) 中でも頻繁に起きるフライング 中でもよく目にするのが 【フライング】だね。 競艇(ボートレース)ではフライングしちゃうと一発で斡旋停止となってしまうほどの重い罰則(ペナルティ)を課せられるのよね。 過去には 24億円もの大金がフライングによる返還となったこともあって、投票者から大ブーイングと同時に競艇界の大事件として語り継がれているね… 75%が払戻に充てられるとしても、約6億円近くの損失ってことになるね… おーこわ。 汗 こりゃレース後にこっぴどくしかられるんだろうなー… フライングによる歴代最高返還額ランキング 順位 レース 選手 返還額 1位 2002年 グランドチャンピオン 西島義則 熊谷直樹 24億3513万3800円 返還率92. 8% 2位 1989年 笹川賞 西田靖 荘林幸輝 19億3514万3500円 返還率69. 4% 3位 2001年 賞金王決定戦 山崎智也 19億5882万8200円 返還率43. 3% 4位 2007年 総理大臣杯 植木通彦 17億4522万7700円 返還率84. 6% 5位 2000年 新鋭王座決定戦 守田俊介 瓜生正義 大神康司 17億3880万5400円 返還率87. 6% まぁペナルティを受けても、 事故点が帳消しになるわけじゃなくて、 事故点は5月・11月の級別審査期間ごとにカウントされ、期間が変わる時にリセットされるみたいよ。 競艇(ボートレース)ってただ順位を決めるだけの競技じゃないんだね! 得点によってその節の準優勝戦・優勝戦に出場できるかが決まって着たり、 事故点や 事故率によって選手の心理状態まで変化してきて予想も大きく変わってくるってことですな。 やっぱり競艇(ボートレース)は奥が深いね。。。 まぁそんな細かい知識がなくても勝ちたい(稼ぎたい)なんて人には必勝法も書いてまーす! 今日はこのへんで。 競艇初心者でも稼ぐための必勝法 予想 をする上で様々な情報を収集して的中 を狙う 【予想のプロ】 がいる。 「競艇(ボートレース)で稼ぎたいけど知識も経験もゼロ。 」 「もっと楽して稼げるようになりたい。 」 「情報収集して稼ぎたいけど、そんな時間や労力をかけるのはちょっと・・・」 という方には 競艇(ボートレース)予想サイトがオススメだ。 競艇(ボートレース)予想サイトとは、 個人では難しい膨大な情報の収集や、データ解析・分析し、僕たちの代わりにレースを予想し、買い目提供するサービスを行っているサイトだ。 今やたくさんの 競艇(ボートレース)予想サイトが存在しているが、そのほとんどは無料で会員登録ができ、無料で予想を提供してくれるサイトも多い。 とりあえず手っ取り早く稼ぎたい方にはこういう手段を使うもアリだろう。

次の