エクセル 消費 税。 エクセル関数を用いて税込金額を入力したら消費税と税抜金額を計算する方法

【Excel】消費税の計算1円以下の金額はどう処理する?エクセルで端数処理する際のテク

エクセル 消費 税

計算結果が割り切れるため迷いようがありません。 6666・・・となります。 計算結果が割り切れない数字となっています。 08をすると税込金額は9,899. 36円となるので、小数点以下を切捨て(もしくは四捨五入)しているようなイメージ とするのか、どちらを採用するのかを決める必要があります。 端数なのでどうでも良いと思いがちですが、お金のことだからこそ、この点がどちらを前提に算出しているのかを決めて押さえておく必要があります。 この決めによって、 端数分が• 税抜金額のほうに入るのか• 消費税額のほうに入るのか が変わります。 エクセルで計算した結果のイメージ サンプル上の税抜金額について 税込金額と消費税率を元に税抜金額を算出しますが、切り捨て・切り上げ・四捨五入によって数値が変わります。 どれを採用するかは決め次第ですが、どれを選んでもいいようにここでは3種類の計算結果を一覧に表示させています。 税込金額と消費税率から税抜金額(小数点あり)の算出 A列に税込金額、B列に消費税率を入力すると、 C列に計算結果の税抜金額が表示されるような計算式を入れています。 B列は消費税率の切り替わりを考慮してサンプル上は選択できるようにしています。 ROUND 数値, 桁数 数値:四捨五入の対象となる実数値 桁数:数値を四捨五入した結果の桁数 <内容> 指定した数値を、指定した桁数で四捨五入する。 消費税額を算出 切り捨て・切り上げ・四捨五入した税抜金額を元に、消費税額を算出したのがG~I列です。 計算式は単純で、税込金額-税抜金額です。

次の

【Excel】エクセルで税抜き・税込みの計算する方法【税抜き価格・税込価格】

エクセル 消費 税

計算結果が割り切れるため迷いようがありません。 6666・・・となります。 計算結果が割り切れない数字となっています。 08をすると税込金額は9,899. 36円となるので、小数点以下を切捨て(もしくは四捨五入)しているようなイメージ とするのか、どちらを採用するのかを決める必要があります。 端数なのでどうでも良いと思いがちですが、お金のことだからこそ、この点がどちらを前提に算出しているのかを決めて押さえておく必要があります。 この決めによって、 端数分が• 税抜金額のほうに入るのか• 消費税額のほうに入るのか が変わります。 エクセルで計算した結果のイメージ サンプル上の税抜金額について 税込金額と消費税率を元に税抜金額を算出しますが、切り捨て・切り上げ・四捨五入によって数値が変わります。 どれを採用するかは決め次第ですが、どれを選んでもいいようにここでは3種類の計算結果を一覧に表示させています。 税込金額と消費税率から税抜金額(小数点あり)の算出 A列に税込金額、B列に消費税率を入力すると、 C列に計算結果の税抜金額が表示されるような計算式を入れています。 B列は消費税率の切り替わりを考慮してサンプル上は選択できるようにしています。 ROUND 数値, 桁数 数値:四捨五入の対象となる実数値 桁数:数値を四捨五入した結果の桁数 <内容> 指定した数値を、指定した桁数で四捨五入する。 消費税額を算出 切り捨て・切り上げ・四捨五入した税抜金額を元に、消費税額を算出したのがG~I列です。 計算式は単純で、税込金額-税抜金額です。

次の

消費税を計算する関数は?−掛け算:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/税金計算

エクセル 消費 税

対象:Excel2002, Excel2003, Excel2007 消費税計算に関連して、ということ、、それとは逆のをご紹介してきました。 「エクセル 消費税 関数」 といった検索を行っている方の中には、端数処理について知りたいという方も少なくありません。 税抜価格に消費税率を掛け算して消費税額を計算したり、税抜価格に消費税率に1を加算した「1. この端数処理をどう行えばいいのかということを調べたいという方が 「エクセル 消費税 関数」 という検索を行っている方の中には含まれています。 まず、端数処理について、法律上はどう定められているかを確認しておきましょう。 法律上は端数を、四捨五入するのか、切り捨てにするのか、切り上げにするのか、どれが正しいのでしょうか。 平成16年2月19日に出された「」の中に、総額表示に関連した端数処理についての記述があります。 「2(総額表示の具体的な表示方法)」の、なお書きの部分です。 「なお、総額表示の義務付けに伴い税込価格の設定を行う場合において、 1円未満の端数が生じるときは、当該端数を四捨五入、切捨て又は切上げのいずれの方法により処理しても差し支えなく、」 という記述があります。 つまり、総額表示の税込み価格を計算する際の端数処理を、四捨五入するのか、切り捨てにするのか、切り上げにするのかは、総額表示を行う法人・個人が決めればOKということです。 なお、ROUND・ROUNDDOWN・ROUNDUP関数は、消費税の端数処理に限っって使う関数ではなく、数値の丸め処理全般に使える関数です。 05」でもOKです。 サンプルファイルには、「消費税額」「消費税額 税率外出し」「税込価格」「税込価格 税率外出し」というシートを作成してあります。 「消費税額」「消費税額 税率外出し」シートには消費税額を計算する例、「税込価格」「税込価格 税率外出し」シートには税込価格を計算する例を作成してあります。 また、「消費税額」「税込価格」シートには消費税率を数式内に直接記入した数式、「消費税額 税率外出し」「税込価格 税率外出し」シートには、消費税率を外に出してB1セルを参照するような数式を入力してあります。 各シートの、A3:A23セルに「100」から「120」までの整数を入力し、B3:B23セルには端数処理をしていない状態、C2:C23セルには端数を切り捨てる数式、D2:D23セルには端数を四捨五入する数式、E3:E23セルには端数を切り上げする数式を入力して、端数の状態を確認するために小数点以下第2位まで表示させてあります。 どのような値が計算されているのか等をご確認ください。

次の