血便 理由。 血便が出る原因と対処法

なぜ大腸がんになると血便が出るの?

血便 理由

初めて「おしりからの出血」に気付いた際、他に痛みなどの症状がなければ「自分は大腸がんになってしまったのか?」と思われるかもしれません。 若い方は別として40代以上の年齢の方なら少しは頭をよぎるでしょう。 痔から出血しているのと大腸から出血しているのでは大きな違いです。 ちなみに大腸がんはがんの死因別では、「男性第3位、女性第1位」の疾患です。 男性は罹患率では第1位です。 つまり、一番身近な「がん」なわけです。 痔に比べ、大腸からの出血の場合、真っ赤なさらさらした血というよりかは、「少し赤黒い」「どろっとしている」「便に混ざっている」と表現されます。 大腸からの出血が疑われる方は、大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 いぼ痔かどうか? 大腸からの出血ではなさそうなら、いぼ痔(内痔核)から出血しているかどうか?についてはどこで見極めればいいのか?出血と同時に脱出をともなっていればほぼ間違いないでしょう。 ただ出血だけの症状の場合はどうでしょう?一般的にいぼ痔の出血は、「紙に付着<ポタポタ」、「どす黒い血<真っ赤な血」です。 おしりは普段閉まっているので、排便後まで滲んでいれば直腸下部に溜まります。 この血が次の排便時に、息んだとたん赤黒っぽくでることがあるので、注意してください。 また特徴的な出血に「シャーっ」という出方があり、診断の参考になります。 *例外もあります。 潰瘍性大腸炎からの出血だったり、直腸がんでも肛門に近くなればなるほど、いぼ痔からの出血と似てくるので判断が難しくなります。 またいぼ痔から出血している場合でも、同時に大腸がん、直腸がんからの出血が起こっている方もいます。 つまり、いぼ痔から出血している場合、結局大腸からの出血を否定しないといけないのです。 この場合も大腸内視鏡検査によって確認するしかありません。 プロはどう診断しているのか? プロ 肛門科専門医 はどのように診察し出血の原因を判断しているか解説します。 まず診察の手順として、肛門周囲に出血の原因となる病気がないか確認します。 「視診」になります。 ここで皮膚炎や外痔核からの出血、痔ろうがないかなど見ています。 次に肛門内に指をいれます。 「肛門指診」になります。 ここで肛門と肛門縁から約7㎝程度までの直腸内を触れています。 この段階で直腸がんが触れ、確定診断がつく場合もあります。 肛門疾患では、いぼ痔、切れ痔、肛門ポリープを触れたり、おしりの拡がり具合や膿のたまりなどを指からの情報として得ています。 指を抜いた際には、血液の付着を確認します。 最後に「肛門鏡診察」です。 肛門鏡を挿入して、直接目で確認します。 まず血液の溜まりがないか?あればどんな色か?奥からか手前からか?出血の原因がいぼ痔でいいのか?切れ痔なのか?それとも他の病気なのか?などを判断します。 いぼ痔があれば、出血していないか?出血した痕がないか?刺激して出血しないか?など確認しています。 潰瘍性大腸炎の場合、この時点で直腸に特徴的な粘膜が観察されます。 7 ここでは大腸がんと直腸がんを分けて記載しました。 大腸がん 盲腸、上行・横行・下行・S状結腸にできたがんのことです。 盲腸、上行結腸あたりのがんだと、まだ便が固まっていない段階で血が混ざるため、便そのものの色が赤黒くなります。 それより肛門側にできたがんだと、部分的に便の中まで血が混ざっていたり、少し赤黒い色の血液になります。 S状結腸くらいにできた場合では、出血量が多いと鮮血に近い色になります。 便のまわりに付着する場合もあります。 大腸カメラで診断をつけます。 直腸がん 肛門に近いため、鮮血ででることが多いです。 そのため、いぼ痔からの出血との区別が難しい場合があります。 排便のたびにポタポタたれます。 すでに進行がんまで進んでいることも多く、便が細い、下痢と便秘を繰り返すなど、他の症状を併発していることもよくあります。 前述のように、肛門指診を行った際に硬い腫瘤として触れ、診断がつくこともあります。

次の

血便:医師が気にする危ない症状|症状辞典

血便 理由

用語解説喀血と吐血 上部消化管からの出血である吐血と、肺や気道からの出血である喀血を区別するポイントを、下の表に示します。 ただし、性状に関しては、吐血でも、急激に起こる大量の出血で胃酸の作用を受ける時間がないような場合には鮮やかな赤色になることがあるので、注意してください。 吐出あるいは喀出されたものの性状だけでなく、全身状態の観察も併せて総合的に判断することが重要です。 なお、喀血の原因としては、喉頭癌、、、肺化膿症、 気管支拡張症などが考えられます。 表1吐血と喀血の違い 下血って何ですか? 下血とは、消化管の出血が肛門から排泄されることをいいます。 出血している部位や出血の原因により、色調などが異なります。 食道や胃などの上部消化管から出血した場合は、便として排出されるまでに8〜10時間ほどかかります。 そのため、胃酸や消化液の作用を受けてが変色し、黒っぽい便(タール便)になります。 出血が大量であれば、暗赤色になります。 横行結腸より肛門側で出血した場合は、鮮紅(せんこう)色の血液が便に混じることが多いです。 血液に粘液と膿が混じった粘血便は、炎症で消化管の粘膜が傷害されている場合にみられます。 また、肉眼で見ることはできませんが、便に血液が混じっている場合があります。 これを便潜血(べんせんけつ)といいます。 便潜血検査はのとして利用されています。 吐血や下血の原因は何? 吐血も下血も、背後に消化管出血を起こす疾患があります。 図2による出血 吐血の原因になる重要な疾患としては、食道()の破裂や胃潰瘍があげられます。 図3食道静脈瘤の発生 食道の静脈が瘤(こぶ)のように膨らむ食道静脈瘤は、肝硬変に伴うによって起こるケースが大半を占めています。 また、胃潰瘍による出血は、潰瘍に血管が巻き込まれることが原因です。 太いの場合は、大量の吐血が起こります。 下血の原因になる疾患の代表例は、上部消化管では胃や十二指腸の潰瘍、下部消化管では腸管出血性大腸菌などの、など腸管の炎症、ポリープや癌が考えられます。 吐血の観察のポイントは? 吐血は消化管出血を意味していますから、大量の血液を吐いた時はに陥る危険があります。 サインを測定し、顔面蒼白や冷や汗などのショック症状がないかを観察します。 また、吐血量を確認することも大切です。 吐いたもの以外に胃内に血液が残っていたり、下血として後から観察されることもあるので、実際の出血量は吐血量を上まわっている可能性があります。 大量の吐血を起こす原因としては食道静脈瘤の破裂や胃部の動脈の破綻が疑われるので、の確認も行います。 肝硬変があれば食道静脈瘤の破裂が、胃潰瘍の場合は胃部動脈からの出血の可能性が考えられます。 そのほかには、吐血の性状、吐血した時の状況、食事との関係などについても観察、聴取します。 吐血した血液の性状から何が分かるの? 出血してから吐血するまでの経過によって血液の性状は変わってきます。 胃酸の作用を受けると、血液中のが黒褐色の塩酸ヘマチンに変わります。 そのため、食道や胃からの出血がいったん胃に溜まってから吐出された場合は、塩酸へマチンのために吐血はコーヒーの搾(しぼ)りかすのような性状をしています。 胃潰瘍に太い動脈が巻き込まれるなどして急速に大量の血液を吐出する場合は、胃酸の作用を受ける時間がないため、真っ赤な鮮血色の血液を吐出します。 下血の観察ポイントは? 出血部位や出血の原因によって下血の性状が異なります。 そのため、便の性状や、便に付着した血液の状態、既往歴を尋ねます。 タール便であれば、上部消化管から潰瘍などによる慢性的な出血があると考えられます。 ただし、や上行結腸からの出血でも、黒色になることがあります。 暗赤色の下血では、食道静脈瘤の破裂や胃部の動脈からの出血など大量の出血があったと推測されます。 横行結腸以下の出血では、出血部位が肛門に近づくほど鮮紅色の血便になります。 便の表面に鮮血が付着している時は、S状結腸、や肛門からの出血が疑われます。 血液以外に粘液や膿が混じるようなら、潰瘍性大や感染による腸炎を考えます。 また、の有無や、食事との関係、どのくらい続いているのかも尋ねましょう。 長引く下血では、を起こしている場合もあります。 なお、痔からの出血の場合、出血の色は鮮やかで肛門の痛みや肛門の違和感を伴います。 吐血と下血のケアは? 大量の吐血でに陥る可能性がある場合は、ただちに対処しなくてはいけません。 出血が続いているようなら出血部位を確認してを行い、ショックの重症度に応じた輸液、輸血や対症療法が実施されます。 すぐに医師に連絡して患者の状況を伝え、これらの処置の準備をするとともに、バイタルサインをこまめにチェックします。 出血によってが下がると血管に針が入りにくくなるので、静脈路(輸液)の確保は重要です。 吐血した時は、吐物のを防ぐため、顔を横に向けるなどの体位をとり、安静を保ちます。 また、内が汚れていると、不快であるばかりか、不快感から再吐血を引き起こすこともあるので、口腔内の清潔ケアも大切です。 下血では、血便を見て来院する患者が少なくありません。 下血が続き、貧血を起こしている場合は、も必要になります。 また、痔がある患者では、「痔だろう」と決めつけて受診が遅れてしまい、重要な疾患を見逃してしまうこともあるため、便に血が混じっている時にはきちんと検査を受けるように勧めます。 胃潰瘍や潰瘍性大腸炎では、が病気を悪化させます。 消化管は自律神経に支配されているため、緊張、不安、などによる影響を受けやすいからです。 そのため、患者の生活の中にストレスを引き起こすような要因がないかを確認し、これを除くことも重要です。 コラム『便潜血検査』 消化管の出血による目に見えない便の中の血液、つまり便潜血を証明するために、以前は食物中の肉や魚に含まれる血液の影響を除くために何日も食事制限をする必要がありました。 しかし、現在の便潜血検査は免疫学的な方法を用いているため、このような食事制限の必要がなくなって簡単に実施できるようになりました。 この検査では、ヒトのヘモグロビンとだけ結合する抗体を、あらかじめコロイド粒子(青色)の表面に結合させておきます。 そして、このコロイド粒子を含む液を、便のサンプルに加えます。 もし、便潜血が陽性なら、コロイド粒子がヘモグロビンを介して大きな塊を作るので(の右端)、できた塊の量、すなわちヘモグロビンの量に応じて液の色が、濃い赤紫色から、薄い赤紫色または灰色に変化するような試薬をさらに追加します。 この色調変化を測定し、便サンプル中のを求めます。 図4便潜血検査の仕組み 検査はすでに自動化されていて、大量のサンプルを迅速に処理することが可能です。 便潜血検査が、健康診断の一環として行われるようになり、大腸癌の早期発見に役立っている背景には、こんな検査技術の進歩があったのです。 [出典] (監修)岡田忍/2016年3月刊行/.

次の

【まとめ】子供が血便をしたときに考えられる6つの原因!

血便 理由

日本人の大腸がん発症率は上昇傾向にあり、なんと毎年新たに10万人が発症していると言われています。 特に女性のがん死亡原因の第一位は大腸がんであり、原因は動物性脂肪の過剰摂取や食物繊維の摂取不足、ストレスなどによる免疫機能の不具合、細胞の老化などが考えられています。 早期発見であれば、100%近くが完治するようですが、他のがん同様、 初期段階では自覚症状が出にくく、大腸がんが進行してから発覚することが多々あるようです。 そんな大腸がんの自覚症状は血便が有名ですが、なぜ大腸がんになると血便が出るのでしょう? そして血便をもたらす大腸がんの治療法とは、どのようなものがあるのでしょう? <なぜ大腸がんになると血便が出るの?> 大腸がんがある程度進行してくると、がん自体から出血が起き、その出血が血便となって排出される為、『大腸がんになると血便が出る』と言われるようです。 血便の表面が鮮血に近い血が付いている場合は、直腸や肛門付近でのがんが予測出来ますが、 大腸や小腸の場合は、便が液体の為に血液が混ざり、がんが初期の段階では目視で血便が分かりにくいようです。 その為、定期的に便潜血検査をすることによって、目視出来ない血便から大腸がんが発見されることもありますので、是非定期的な検査を受けるようにしましょう。 <大腸がんの血便以外の症状とは?> 大腸がんの血便以外の症状には、主に便通の変化が現れるようです。 今まで便通に問題なかったのに、便秘や下痢が続いたり、血便が出るなどの症状が多いようです。 また、便自体が細くなったり、ウサギの糞のような細かく小さな便が出ることもあるようです。 これは大腸の内側が狭くなったことによる症状のようです。 更に排便後も残便感があったり、便意があったものの便が出ない、などの症状もあるようです。 これらは直腸をがん細胞が刺激したから生じる症状のようです。 更に大腸がんによる血便が続く為、貧血になったり、膨満感や嘔吐感、肛門の痛みなどがあるようです。 これらの大腸がんの症状は、痔に共通する症状もある為、市販の痔の薬で対応する方も多いようです。 しかし、痔の薬で治らないようでしたら、大腸がんの可能性を考え、なるべく早く医師の診断を受けるようにしましょう。 <血便をもたらす大腸がんの治療法とは?> 血便などの症状をもたらす、大腸がんの治療法には、内視鏡的治療、手術療法、化学療法、放射線療法の4つがあるようです。 どの治療法を用いるかは、大腸がんの進行状況や、血便などの症状の出方によって異なるようです。 1.内視鏡的治療 内視鏡的治療は、初期の大腸がんの場合に適用され、がんの形状や大きさによって内視鏡で操作器具を挿入し、がんを切除する方法を言うそうです。 2.手術療法 手術療法は、お腹を10〜20cmほど切って行う開腹手術と、お腹を切らずに腹腔鏡を入れてがんを切除する腹腔鏡手術があるようです。 がんが出来ている部位や、進行の状況により手術方法は異なりますが、現在のがん治療の中心的な治療法として行われているようです。 3.化学療法 化学療法は、手術では取りきれないがんや、手術では難しいがんを、抗がん剤や内服薬で治療する方法を言うそうです。 がんを根治させることは出来ませんが、がん細胞の増殖を抑え、がんを死滅させたり、小さくする効果があるようです。 しかし、抗がん剤は健康な細胞も同時に攻撃する為、吐き気や血便などの便の異常、目まいなど、様々な副作用が出やすいようです。 4.放射線治療 放射線治療は、体の内側からと外側から放射線を当てる方法があり、毎日少しずつがんに放射線を当て、がん細胞を攻撃する治療法を言うそうです。

次の