立川 回転寿司。 回転寿司 沼津 すし之助 ららぽーと立川立飛店

リニューアルした回転寿司『たいせい 立川南口店』はピッカピカ!テーブル席ありで1皿150円と250円になってる

立川 回転寿司

立川には定番の「 スシロー」や「 くら寿司」、比較的高い年齢層に人気の「 たいせい」や「 沼津すし之助」など、6社がチェーン展開する回転寿司が9店舗あるのをご存知ですか。 デパートや個人経営のお寿司屋さんだと子連れだと入りにくい、お一人様ランチには贅沢と感じてしまうかもしれませんが回転寿司ならそんな心配は無用。 気軽に入れるのが嬉しいですよね! 回転寿司は料金が安いので食べ比べをするのもおすすめですよ。 ぜひ立川市内の回転寿司でお気に入りのお店を見つけてくださいね。 立川の回転寿司はどこがおすすめ? 立川にある回転寿司は味と価格で選べるのが魅力。 一通り食べてみると、玉子焼きはココがいいな!マグロならココが鉄板!というようにお店ごとの違いや個性を体感できますよ。 ぜひ食べ比べてお気に入りの店舗を見つけてくださいね。 お子さんと一緒なら… スシローはキッズカードのスタンプを集めるとグッズがもらえます。 くら寿司は5皿食べると1回ガチャが出てくるビッくらポンに当たるとグッズがもらえるので、小学生以下のお子さんが一緒ならスシローやくら寿司は楽しく食事ができる回転寿司といえます。 一皿100円からという価格設定も育ち盛りのお子さんがいる家庭には嬉しいですね。 リーズナブルな回転寿司なら… 回転寿司でもリーズナブルにお寿司を食べたいのであれば、たいせい、魚屋路、すし銚子丸がおすすめ。 立川駅周辺で買い物やお出かけのついでに立ち寄りやすいのはたいせいかSUSHIRO立川南口店になりますが、車での移動なら魚屋路、すし銚子丸は駐車場が広くておすすめです。 鮮度にこだわった回転寿司なら… 沼津すし之助は回転寿司にしては高いなと感じてしまいますが、その分鮮度や味に満足できること請け合いです。 鮮度の良い美味しいを手軽に食べたいときにぴったりですよ。 それでは立川にある回転寿司と特徴を順番にみていきましょう。 ランチタイムや土日の夕方は席が確保できないこともあるほど混雑します。 立川南口店はカウンター席とテーブル席がありランチタイムもそれほど混雑することはありません。 また平日のランチタイムのみ1皿以上の注文でお吸い物が1杯無料になります。 たいせいの玉子焼きはテレビで紹介されるほどの人気メニュー。 他のお寿司屋さんでは注文しないけどたいせいの玉子焼きはついつい注文しちゃうという方もいるんですよ。 リーズナブルな価格なのに職人さんが目の前で握ってくれるたいせいは、立川で安く手軽に食べられるおいしい回転寿司をお探しの方におすすめです。 マグロ解体ショーの日はカマトロやほほ肉など普段はなかなか食べる機会がない部位やマグロ解体ショー限定メニューが超お手ごろ価格で食べられるので見逃せません! ファミリー向けの回転寿司の中でも値段はちょっぴり高めですが十分お手ごろ価格といえます。 その分美味しさも上なので高級ではなくても美味しいお寿司を食べたいという時にぴったりですよ。 平日ランチタイムはお味噌汁つきの握りランチが570円から食べられてお得です。 また、魚屋路はすかいらーくグループというのをご存知ですか?すかいらーくグループといえば、株主優待がとてもお得で人気です。 最低単元の100株の株主でも年間6,000円分の株主優待券がもらえます。 もちろん魚屋路でも使うことができますよ。 参考: 回転寿司 沼津すし之助 所在地:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛1F アクセス:多摩モノレール立飛駅直結 営業時間:11:00~22:00 一皿料金:130円~ 駐車場:あり(ららぽーと立川立飛駐車場平日無料、土日祝1,000円以上購入で1時間無料、2,000円購入で2時間無料、3,000円以上購入で3時間無料) 沼津すし之助は何といっても、ねたが溢れるようにトッピングされている「こぼれしらす」や「こぼれ生うに」などの軍艦がおすすめ!こぼれ寿司は商標登録をしている沼津すし之助のオリジナルメニューなんですよ。 こぼれ寿司は見た目もゴージャスですが、お値段も回転寿司の中では高いです。 例えば「こぼれズワイガニ」は一皿560円、人気の「こぼれ四天王」は1,980円。 一人当たり3,000~5,000円ぐらいを見ておけば良さそうですね。 沼津から直送される新鮮なねたをこの料金で食べられるのは嬉しいですが、育ち盛りのお子さんがいる時はそれなりにお財布にダメージを受けることを覚悟しておきましょう。 店舗ホームページ: すし銚子丸 立川店 所在地:東京都立川市錦町5-19-16 アミティ日野橋 アクセス:くるりんバス柴崎市民体育館南バス停より徒歩4分 営業時間:平日11:30~21:30、土日祝11:00~22:00 一皿料金:130円~ 駐車場:あり(20分まで無料、店舗利用で120分無料) すし銚子丸はサーモンが好きな方に強くおすすめしたい回転寿司です。 ノルウェーから冷凍せずに直送されたサーモンは見た目はツヤツヤで口に入れるとトロっと溶ける食感がくせになりますよ。 メニューには載っていない旬のねたは壁に表示されているのでぜひチェックしてみてください。 平日はおかわり無料のあら汁がついてお得!平日はそれほど混雑しないので、あら汁をおかわりをしながらゆっくり落ち着いてお寿司を食べることができますよ。 立川でコスパの良い回転寿司をお探しなら銚子丸がイチオシです! また銚子丸は株主になると株主優待券がもらえますヨ。 SUSHIROはスシローは品目と価格設定に違いがあります。 スシローはメニューが豊富で一皿100円から食べられますが、SUSHIROはスシローよりもメニューが少なく一皿120円からという違いがあるんですよ。 スシローは駅から離れた郊外に店舗があるイメージですよね。 一方、駅チカや立地の良いところに出店しているSUSHIROは少し値段を上げることでテナント料や人件費を補っているのだそうです。 120円でも激安ですから、育ち盛りのお子さんが一緒でもお腹いっぱい食べることができますね! スシローも株式を上場している会社で株主優待制度もあります。 スシローは株式の最低購入金額がちょっと高いので手を出しづらいかもしれませんが、株主になると優待割引券がもらえますよ。 参考; くら寿司立川店 所在地:東京都立川市砂川町1-50-3 アクセス:立川バス砂川三番バス停より徒歩1分 営業時間:11:00~23:00 一皿料金:100円~ 駐車場:あり くら寿司立川店は待合スペースが狭いためタイミングによっては店外にも人が溢れていることがあります。 そのため、事前にくら寿司予約アプリを利用するかネットで会員登録をして時間指定予約をしておくことをおすすめします。 くら寿司は糖質オフ麺、ハンバーガー、スイーツ、コーヒーなどお寿司以外のメニューが豊富。 平日限定のかけうどんに好みの揚げ物をトッピングして食べている方もいるそうです。 好きなメニューを好きなように楽しめるのがくら寿司の魅力ですね。 株主優待制度もありますよ。 参考:.

次の

こぼれ寿司

立川 回転寿司

少し前に 「月曜から夜ふかし」で、中央線沿線を調査した回を見ました。 番組の中で、立川でインタビューを受けた人が「立川は新宿と同じくらい栄えてる」とコメントしていて、なかなか驚きました。 ただ、確かにずっと東京の東側に住んでいて、あまり外に出ないと立川が日本の首都くらい大きく見えるのも確かです。 僕は地元が八王子なので、子供の頃から立川にはちょこちょこ行ってましたが、昔は本当に何もなかったから。 伊勢丹の裏から昭和記念公園まで草しかなかったんですよ。 それが今じゃあ八王子の100倍は発展してます。 地元民が好んで意見を戦わせる 「八王子と立川はどっちが都会か論争」がナンセンスに思えるくらいには。 それが、伊勢丹の横にある 「回転寿司たいせい」です。 お店に行ってみると、またマツコの番組。 世の中のお店は2つに分けられます。 マツコの番組に出た店か、それ以外です。 お寿司の時計に、壁の木のメニュー、積み上げられたお皿。 いかにも回転寿司っていう店内の雰囲気が気分を上げてくれます。 で、なんでこの店でちょい飲みするのが最高かっていうと、お酒が安いのと、あと魚が130円と安いのに結構ウマいからです。 コスパ良し。 ホッピーなんてセットで350円ですよ。 ナカは150円。 雑誌のホッピー企画で東京周辺の店を調べまくった僕に言わせれば、これは結構安い。 300円台って結構珍しいんですよ。 なかには「(板橋、200円)」「(葛西、200円)」「(錦糸町、290円)」「(池袋、300円)」みたいなところもあるけど、そっちが特異な例です。 だから、たいせい飲みの攻略法としては、定番つまみを食べつつ、その日の良いネタを探す。 見つけたら、それを食べまくるっていう。 つまみはマツコの 玉子焼はマスト。 ふわふわ、ダシもしっかりでやっぱりウマい。 海鮮サラダとかもいいですね。 刺身がたくさんのっていて、ピリ辛ソースがかかっています。 ジャンクなサラダ。 握りは、レーンや壁のメニューでネタの仕入れ状況を見定めつつ、その日の当たりを狙います。 これまでの経験上、近海ものや比較的安価なネタの中に美味しいのがあったりします。 マグロとかエビとか、値段で質がほぼ決まるのは相応の味って感じです。 見送り、見送り、バット振ると見せかけて見送り…映画化もされた 『マネーボール』のアスレチックスにスカウトされるくらいの鋭い選球眼を発揮しています。 ハマチ。 のはずだけど、なんかハマチに見えないな。 前、ハマチがめちゃくちゃ美味しい日がありましたが、今日は並。 写真撮ってないやつも含めて、色々今日のとびきりネタを探していますが、なかなか出会えず。 ホッピーは中を頼んじゃいましょう。 氷のあるなしを選ぶことができます。 寿司屋の湯のみってゴテゴテしてて、すごくうるさいけどなんかいいですよね。 色々食べているうちに、今日イチの寿司見つけました。 それは 「つぶ貝マヨ」でした! 味付けはよくあるマヨ和えですが、なんかわかんないけど、つぶ貝めちゃくちゃ美味しいぞ。 当たりネタを見つけたら、それを連打しながらホッピーも進んじゃいます。 それからもっかいつぶ貝マヨ。 やっぱりウマい。 マヨつながりでサーモンマヨ。 まあまあ美味しい。 どこで食べても同じくらい美味しい。 支払いにはスイカが使えます。 昼飲みで2000円でだいぶほろ酔い、大満足のちょい飲みスポットでした。 1000円でも十分ですけど。

次の

回転寿司 たいせい 立川北口店

立川 回転寿司

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー ジンギスカン 函館ラーメン 塩ラーメン 肉 日本酒 デカ盛り• 立川の特徴と寿司屋を探す際のポイント 東京23区から外れた多摩地区は、ファミリー層を中心に人気のあるエリアだが、中でも立川は多摩地区の中心的存在の地域だ。 一橋大学や国立音楽大学、中央大学など大学も多く、若者が多く生活をしながら日々学ぶエリアでもある。 再開発が進み、駅前は新しい商業施設やマンションなども増え、都心である新宿と最短26分で結ぶこともあり、注目されている。 中央線が主となり南武線や多摩の各地を結ぶモノレールなどターミナル駅としての役割を果たし、ホテルなども多く在る。 多摩地区としては利用者の多い街で、人気のショッピングモールなども在る訪れやすく住みやすいエリアだ。 ファミリー層からビジネス人はもちろん、ちょっと贅沢な味を楽しみたい人々に人気の寿司店が立川にも存在する。 昔から立川で店を構える味の歴史を感じることのできるお店から、リーズナブルにおいしい寿司が食べられるお店、おしゃれな雰囲気の中で視覚的にも楽しむことができる日本の寿司の美しさを味わえる店など、その色はさまざまだ。 この記事では、口コミ評価の高い店を中心に、立川でおすすめのおいしい寿司店をご紹介したい。 店の近くには場外馬券売り場のウインズ立川がある。 店内の雰囲気やテーブルなどは年季が入っていて渋味がある。 座席はカウンターとお座敷。 大将がひとりで握っているので混雑時は多少寿司の提供に時間がかかる。 カウンターに座れば気さくな大将と会話もでき、その場で寿司を握るのを眺めることができる。 にぎりとちらしの1人前の松が1890円、1. 5人前だと松で2720円。 コースは5250円の松から3段階あり最上級の桜は8400円。 それぞれ先付、刺身、煮物、焼物、にぎりが複数貫などの内容になっている。 ネタはどれも新鮮でふっくらと握られたシャリとのバランスが良い。 ランチには1000円弱で同様の寿司を味わえてコスパが良い。 宴会でも一人でも入りやすい寿司屋だ。 最寄駅は立川駅と西立川駅。 街の中にある寿司屋さん。 街に根付いた店でありながら、実は安倍首相がプラーベートで来店したことがある。 それでも特別高価な料理を出すというわけでもなく、気軽に使える店だ。 外観も店内も昔ながらの寿司屋という印象。 座席はテーブルとカウンター、奥にお座敷がある。 襖で仕切れるので個室にもできる。 一見ガンコ親父風の見た目だが実際は感じの良い大将と女将の二人で切り盛りしている。 にぎり寿司は並、上、特上の3種類。 並は1400円で特上は3500円なので特別ハードルが高いわけではない。 ネタはトロやウニ、イクラ、ヒラメ、赤貝など。 ちらし寿司も同じく並から特上がある。 他にもとろ巻、太巻、鉄火巻などの巻寿司や刺身がある。 日本酒にもこだわりがありハイレベルなお酒を飲める。 立川駅南口から徒歩4分、1948年創業の老舗本格寿司。 立派なたたずまいの店の外観。 店頭に掲げられた「寿司勝」の看板が渋い。 店内は年季が入っているが清潔感があり落ち着ける空間。 テーブル、カウンター、お座敷席がある。 メニューは毎日手書きのようで、料理メニューには本日のオススメ料理が書き連ねてある。 季節によって大きく異なるが、例えば焼きハマグリ、アンキモポンズ、くじらベーコンなど寿司以外にも幅広い魚介料理を楽しめる。 にぎり寿司は波で1200円、特上で3000円。 旬にこだわり季節やその日ごとに仕入れる食材がちがうのでネタも日替わりになる。 日本酒にもこだわりがあり、手書きのおすすめ日本酒メニューには純米、純米吟醸、超辛口など幅広い数々の日本酒が載っている。 寿司と魚介系料理、日本酒を楽しめる老舗だ。 立川駅から直結している百貨店のグランデュオ立川。 その7階にある回転寿司屋の「まぐろ人」。 夜のピーク時などは並ぶ必要も出てくる人気店。 店の中心にレーンがあり寿司がぐるぐると回転している。 カウンターと4人掛けのボックス席がある。 回転寿司だが常時回っている寿司は少なめで、主に席にあるタッチパネルで注文するシステムだ。 皿の色や柄で価格が異なっていて、もっとも安いのが2貫95円でまぐろスジやモンゴイカ、タマゴなど。 最も高価なのが550円の皿でウニ、アワビ、赤貝そして白エビ。 その他にオススメつまみメニューとして岩ガキや鮫の心臓があったり、3貫盛りではまぐろ人盛、白身盛、軍艦盛などのセットがある。 どのメニューも提供までが早く、回転寿司としては美味しく価格もリーズナブルなので評判が良い。

次の