エギング やり方。 エギングテクニック「ダート」をマスターしよう!ダートのやり方 [ルアーフィッシング] All About

サーフエギングを楽しむときのやり方、タックル、コツを知っておこう!

エギング やり方

【エギングの仕組み】 ライン(釣り糸)の先に取り付けられたエギを海に投げて、あとはエギを小魚やエビに見立ててエギを泳がせ、イカを誘います。 【エギングはシンプル!】 道具もシンプルで大荷物にならないので、移動もラクラク。 さっと取り出し、さっと始められます。 【餌いらず!】 餌が要らないので、ゴカイやイソメやオキアミといった餌を触るのが苦手な人でもOK。 【エギングは、日中に楽しめる!】 魚を釣る時は朝や夕方が主な狙い目になりますが、イカは日中に十分釣れます。 朝早く家を出発する必要もないため、家族での釣りとしても最適です。 イカが小魚やエビと間違えて抱きつきます。 運が良ければ、イカがエギを追いかけて水面まで上がり、エギに抱きつくシーンが見られることも! エギングの歴史。 日本発!漁師の伝統漁具から進化した疑似餌。 侍も楽しんでいた!? 【目玉】 少しでも小魚やエビに見せかけるためには、目玉は不可欠です。 とりわけ、イカは目が良いので、エギにも目玉はあったほうがだんぜん有利です。 【カンナ(針)】 イカをかけるための針です。 2連になっているものが主流ですが、小さなエギでは針が1段のものもあります。 【シンカー(おもり)】 エギを沈めるためのおもりです。 通常ここに大きさの数値が記載されています。 ボディのサイズ同様、狙うイカによって使い分けます。 【はね】 着水後、沈下速度を遅くするのと同時に、竿を振り上げた際すばやく手前に寄ってこないようなブレーキの役目や、泳ぐ際のバランスをとっています。 【ボディ】 エギの形状は、水中でのアクションを決めるために重要な要素になります。 最近では先が細く扁平なタイプが主流。 【色】 赤や黄色、紫といった蛍光色と、実際の魚のような色をした自然色のものがあります。 釣りをする時間帯や水の色によって、使い分けます。 エギングの道具を知ろう! ここではエギングを始めるに際し、最低限必要な道具(タックル)について見ていきましょう。 基本はロッド(竿)とリール、エギ、これだけあればすぐに楽しめますが、糸の結び方は重要です。 ぜひ覚えておきましょう。 【ライフジャケット】 万が一海に落ちてしまった際の命綱になります。 必ず用意したいアイテムです。 エギングは基本の道具があればできますが、より快適な釣りを楽しむためと安全を守るためのアイテムもぜひ用意しておきましょう。 必ず持ち帰るようにしましょう。 スミが残らないようにバケツで海水をくみ、洗い流しておきましょう。 となりの人にはあいさつをして、皆で釣りを楽しみましょう! イカはどんな場所で釣れるの?イカの釣り場に行ってみよう! 比較的どこにでもある堤防や磯場、海草が密集するところなど、思いの外近くにイカは潜んでいます。 特に障害物など変化のあるエリアを見つけることが最初の目標です。 【海草のある岩礁帯】 海草が生い茂る岩礁帯はアオリイカの絶好のポイント。 くわえて地形に変化があり、流れのある場所は絶対に外せません。 エギがひっかかりやすいので、注意しましょう。 【磯場】 変化の多い磯場もポイントです。 しかも堤防にくらべ行きづらいので、釣り人も少ないですが、足元には注意しましょう。 【海岸】 砂浜や砂利・小石が多い海岸なども岸辺近くから急に深くなっているような場所はイカ釣りのポイント。 逆に、海水浴場など浅い場所は適しません。 【海草帯】 海草帯にいることが多いので、必須ポイントです。 ただしひっかかりやすいので、注意が必要です。 【常夜灯】 港の中にある常に灯りが点いている灯の周りは、夕暮れや夜の暗い時間帯でも海面も明るいため小魚が寄り、それを捕食するイカも集まりやすく狙い目です。 【堤防内(港内)】 イカ釣りが最も手軽に楽しめる代表的な場所です。 足場も良く、家族での釣りにもおすすめ。 水が綺麗な場所では、イカの姿を見ることも出来ます。 防波堤周りはイカの宝庫! 港や防波堤は、絶好のイカポイントです。 その他、岩礁帯、海草帯などを見つけたら、そこにキャストしてみましょう。 イカの釣れる時間帯 イカを取り込む時はスミに注意しましょう イカがかかったら慎重に寄せます。 イカが完全にエギにかかったことが分かっても焦って急にロッドを立てたりリールを巻いてはいけません。 糸のたるみを取り、ロッドを立てながらゆっくりとリールを巻いていきます。 急ぐとイカの身が切れてしまうので注意です。 釣り上げた際に吐くスミにも十分注意が必要です。 どれを選べばいいのかわからない…。 色、大きさ。 状況でエギを選ぶ。 始めてみたけど、まるで釣れない、アタリもない…。 それはエギのセレクトに問題があるのでは? 色や大きさと釣りたいイカをあわせることで、ヒットする確率はグンとアップするはずです! イカの種類によって大きさを選びます。 地域や時期によって釣れるイカの種類は異なります。 ターゲットとなるイカの種類に合わせて大きさを選ぶことが基本です。 イカの種類別エギの推奨サイズ アオリイカ以外の身近なイカ(ヤリイカ、ケンサキイカ、ヒイカ、スルイカなど)を狙うのに適した小型エギです。 アオリイカと比較すると群れで行動し移動も早いイカが多いため、エギが沈む速度も速目に設定。 広い範囲を手早く探ることが可能。 エギのサイズも小さいため、小さめのエサを好むツツイカ類を狙うのに最適なモデル。 ALL Rights Reserved.

次の

エギング初心者のための釣り方講座!アオリイカの釣り方を徹底解説!

エギング やり方

エギングではドリフトというテクニックがあります。 この記事ではドリフトのやり方と使うべきシーンを解説します。 ドリフトってこんなテクニック ドリフトはエギを潮流に乗せて流していくテクニックのことです。 たとえば、防波堤に立っていて、足下から沖に向かって 潮が流れているとき、この潮の流れにエギを乗せて流していく わけですね。 こういう潮の流れを払い出しといいます。 払い出す潮を利用してアオリイカを誘うんですね。 ドリフトを使ったアオリイカの誘い方 たとえば、先に釣り人が入っていた場合、エギをドリフトさせて 本来ならエギが投げられないような遠くまで流し入れ、 警戒心の薄いアオリイカを誘い出す。 沖合にある岩や海藻周りで、 しゃくった後にラインをフリーにしてエギをドリフトさせ、 ポイントの向こうまで流したらもう一度しゃくって誘う。 こうすると、ピンポイントでしつこくアオリイカを誘えます。 ドリフトのやり方 エギを投げて、潮の流れに任せてポイントまで流すだけ。 ワンポイントアドバイスするとすれば、エギを流していくときに 出て行くリールのスプールに人差し指を軽く当ててください。 こうすることでラインの放出を調整できますので、 手元やロッドの穂先でラインが絡まるのを防ぐことができます。 これをサミングするといいます。 ドリフトのデメリットとは エギングにおいてドリフトってかなり有効なテクニックです。 しかし、欠点というかデメリットもあります。 ひとつは根掛かりしやすくなることです。 ドリフトは潮の流れにエギを任せるテクニックです。 エギは海底に向かって沈んでいきますから、そのうち着底して 海底を舐めるように流されていきます。 こうなると海底の岩場や海藻に引っかかりやすくなり、 根掛かりしてエギがオジャンになりやすくなります。 これを防ぐには先述したサミングでラインを必要以上に出さず、 制御すること。 それと、エギが着底したらロッドを3~4回しゃくって、 一度海底から引き離すことです。 PEラインは感度がいいので、エギが着底すると 海底のデコボコが手元に伝わってきます。 手元に海底の起伏を感じたら、しゃくってやることで根掛かりを 回避しやすくなります。 デメリットはもうひとつ。 足下から払い出す潮とか、なかなか遭遇しないことです。 離島や太平洋の外洋に面した釣り場ならともかく、潮流の緩いエリア ではあまり遭遇しないです。 じゃあどうするかって? 釣り場での立ち位置を変えます。 どういうことかというと、 例えば防波堤の真ん中に陣取っていて、 目の前の潮は右から左に流れているとします。 そうしたら、潮上(潮が流れてくる方)に立ち位置を変えます。 この場合は右の方へ移動し、潮下の方を向いて陣取ります。 こうすることで、 足下から払い出す潮を擬似的に作り出すことができます。 まとめ ドリフトの解説、いかがだったでしょうか? エギの飛距離を凌ぐ遠方を探れたり、障害物周りをピンポイントで探れたり、 使い方でエギングの可能性をさらに広げるナイステクニックでしょう? あと、ドリフトはかなり広範囲にエギを流すテクニックなので、 他の釣り人の迷惑にならないようにしましょう。 ドリフトはやり方も簡単で効果的なテクニックですから、 今シーズンのエギングの戦術のひとつとして、 ぜひ取り入れてください。

次の

【初心者必見】エギングの仕掛けについて|選び方・作り方・結び方を解説

エギング やり方

ヤリイカの一生 ヤリイカは北海道から九州までの沖縄以外の日本各地が生息域です。 通常は水深30~200mに生息し、産卵期には沿岸近くにまで寄ってきます。 産卵の時期は南方ほど早く、1月ころから始まり北海道では4~6月ころが盛期です。 卵から生まれた稚イカは夏にかけて深場に移動し、産卵期に沿岸部にやってきて卵を産みます。 ヤリイカはアオリイカと同じで寿命は1年で、産卵を終えると死んでしまうい生き物です。 つまり、焼津の石津浜で釣れていたヤリイカは産卵直前で沿岸部によってきていたヤリイカということです。 沖で釣れるヤリイカよりも浜で釣れたほうがサイズがいいのは、産卵を控えた成熟したヤリイカが釣れるからなんですね! 狙いの季節 ヤリイカは産卵のために沿岸部に寄ってきます。 そのため、岸から狙えるのは1月から春にかけての季節ですが、地域によって多少の誤差があるようです。 情報を集めたところ、2018年に焼津で釣れ始めたのが1月のはじめだったようです。 焼津で釣れた時期はあくまで目安にしかなりませんが、南方ほど産卵が早いとのことなので焼津で釣れた情報を基準にご自分の地域のシーズンを予想してみてください。 どんな道具? 使う道具はアオリイカを狙う道具そのままでOKです。 ぼくが使っているタックルは ・7フィート6インチのエギングロッド or オリジナル8フィートシーバスロッド(マグナムクラフト桜鱒SP) ・2500番のスピニングリール(シマノ ヴァンキッシュC2500HGS) ・PE0. 8号&フロロカーボン3. 5号リーダー ・エギは3. 5号~4. 0号 浜からの釣りなので遠投が必要ですが、特別9フィートなどのロングロッドを準備する必要はありません。 堤防などで使っているエギングタックルそのままで釣りをすることができます。 ただし、浜のエギングは急なカケアガリや石でリーダーが傷つきやすいくエギをなくしてしまうので、普通よりも少し太い3号以上のリーダーを使おことをおすすめします。 釣り方 ヤリイカのエギングはアオリイカ狙いの時とほとんど変わりません。 しゃくり しゃくり方は、軽めに3~5回ほどしゃくればOKです。 ぼくの場合は スラックジャークと呼ばれるしゃくり方で、糸がたるんだ状態からパンッと糸を弾くように瞬間的にしゃくる方法です。 スラックジャークはエギを強く引っ張らないので、移動距離を少なくしつつ幅の広いダートでイカにアピールすることができます。 このスラックジャークを数回入れたあと、抱かせるための 「間」を作るためのフォールを入れます。 また、最初に底を取ってから強く大きなしゃくりを5~10回ほど入れてエギを高く跳ね上げ、底だけでなく中層にいるヤリイカにアピールさせる方法もあります。 その場合、移動距離は大きくなってしまいますが、活性の高いヤリイカを効率よく釣っていくことが出来ます。 フォール フォールは基本的に糸を張った状態で落とすテンションフォールですが、ヤリイカは速い動きにも反応がいいのでフリーフォールも効果的です。 フリーフォールの場合はアタリがわかりずらい上に、浜では糸をうまくコントロールしないと波打ち際でラインが切れてしまうので注意が必要です。 ラインのコントロールに自信のない方はテンションフォールだけで十分釣ることができるのでご安心を! どんなエギを使えばいいの? ぼくの場合は3. 5号のエギを使いましたが、同行したハヤマさんは4. 0号のエギを使って連続ヒットさせていました。 ヤリイカは獰猛で好奇心旺盛なイカなので、あえて小さなエギを使う必要はありません。 アピール力重視で3. 5~4. 0号のエギを使うことをおすすめします。 おすすめエギ また、中でも最も反応が良かったエギが ダイワの 「エメラルダスダート ラトル」 このエギは中にラトルが入っていて、ジャラジャラと音でアピールすることができます。 この音がアオリイカに有効なことは広く知られていますが、なんとヤリイカにも効果抜群です! ぼくとハヤマさんはこのエギを使ってほぼ入れ掛かり状態に! 音のパワー恐るべしです。 どんな色が有効? イカはとても目のいい生き物なので、状況によっては色で反応の違いが出る場合もあります。 ぼくが釣りをしていた日は月がしっかりと出ていて明るく、水も澄んでいたためゴールドを多用しました。 しかし、釣り開始時は月は沈んでいたので赤い下地からスタートし、月が出始めたらゴールドにローテーションしました。 しかし、ヤリイカにもっと強くアピールするならグローカラーを使うのも非常に有効な手段です。 実際に焼津のエギングエキスパートの方はヤリイカ狙いにグローを多用しているとのことでした。 まとめ ヤリイカは好奇心旺盛で高活性なことが多く、アオリイカよりも釣りやすいイカです。 しかも群れで回遊しているので、アタリ始めると連続でヒットします。 釣って楽しい食べておいしいヤリイカエギング、ぜひチャレンジしてみてください!.

次の