きみ いろ おかあさん と いっしょ。 【NHK】きみイロ

【2020年2月こんげつのうた】きみイロ【おかあさんといっしょ】(cover by うたスタ)

きみ いろ おかあさん と いっしょ

こんにちは。 ことちゃんママです。 ことちゃんがお座りできるようになったのが生後7ヶ月くらい。 その頃から見るようになったのが国民的幼児番組 「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」です。 小さい時からテレビを見せるのはどうかなー、 なんて最初の頃はためらいもありました。 しかし1日の中でずっと相手をするわけにもいかないし、 おもちゃに飽きてしまう時間も出てきてしまうので、 少しずつ見せるようになりました。 最初のうちはほとんど見向きもしなかったのですが、 最近では音楽に合わせて手を叩いたり、 バイバイするようになりました。 成長しているっ(嬉) そんなわけで、ほとんど毎日欠かさずチェックするようになった 「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」。 毎日毎日見ていると、やっぱり愛着が湧いてきますね笑。 今日は、「おかあさんといっしょ」で流れている 気になっている歌をご紹介します。 それがこちら。 ありきたりだけど笑。 映像も、面白いです。 最初、あつこお姉さんとゆういちろうお兄さんが 2人で歌い踊りながら歩いてきます。 途中から、まことお兄さんとあづきお姉さんも加わって踊ります。 この時のお兄さんお姉さんたちの衣装が コロコロと色が変わっていくのも見どころです。 CGとかなんだろうけど、子どもから見るとかなり不思議でワクワクする映像だと思うんですよね。 大人でも面白いし、良い歌だなーって思いました。 普段あまりそう思うことがないので、 おすすめします。 NHKののサイトで見れるので、是非聞いてみてね。 ちなみに、この「キミイロ」という歌を調べてみたら、 「キミイロ」は 「こんげつのうた」らしいです。 最近よく流れるなぁとは思っていたけど、 「こんげつのうた」なんて言うのがあるなんて知らなかった笑。 まだまだ勉強不足ですな。 というわけで、今月いっぱいで頻繁には流れなくなってしまうみたいです。 来月の歌も楽しみにしておこう。

次の

おかあさんといっしょ【きみイロ】衣装の色の変化はCG?撮影のロケ地は?

きみ いろ おかあさん と いっしょ

でも、こども向けの楽曲ですが、曲を聴いていると途中で目頭がジーンと熱くなりました。 なんだろう、音楽ってすごい心に響くね。 元気に歌っていた3歳の娘の一言 うちの娘は『おかあさんといっしょ』が大好きです。 車に乗せていても、よく歌を歌います。 妻も一緒に歌うので賑やかでいいんですが、普段番組を観ることのない私はおいてけぼりです・・・ これは、妻から夜に聞いた話。 歌好きな娘が今日はこの『キミといっしょに』を元気に歌っていたようです。 最初はね。 でも、途中で静かになったから「寝たのかな?」と思ったら、妻にボソっと 「悲しいね」って言ったんだって。 ハッ!としました。 子供の心の成長を少し垣間見た気がしたのです。 sponsored link 【おかあさんといっしょ】は子供だけじゃなく、大人も心を豊かにしてくれる番組 人の感情は成長という言葉で表してよいのかどうかわかりませんが、『キミといっしょに』を聴いて歌って【悲しい】という言葉が娘の口から出たことは、心に変化が起きていることは確かです。 無邪気な感情も大人になると、自分で自分の感情を抑えてしまう環境に入ることがありますよね。 そんな時に歌・曲を通じて心の中をかきまぜてホッコリさせてくれる、音楽の力を感じました。 子供が人を思いやる気持ち、みんなと仲良くなる心、そして歌の楽しさを【おかあさんといっしょ】という番組は提供してくれているんですね。 いつも一緒に暮らしていると、どうしても子供の成長の変化に鈍感になりがちですが、ふとした時に感じる些細なことが親の心をくすぐるんです。 私は娘に望むことは特にない。 こう書くと冷徹なイメージが付いてしまいそうなので弁明させてもらいたい。 自分の中に娘の将来像はないんです。 どんな仕事をしたいのか。 どんな人と結婚したいのか。 どんな趣味をもちたいのか。 将来何をしたいのか。 私にとっては関係あるけど、関係ないんです。 娘の人生は娘のもの。 だから、応援できることだけ応援するけど、余計なお節介はしたくない。 求められた時だけ、できることはしてあげようと思う。 強いて言うならば、おかあさんといっしょの番組が与えてくれる【温かさ】を心にもってほしい。 キレイな言葉を並べていますが、結局は幸せになってほしいんです。 それが、私の幸せでもある。 家族のために、娘のために働くという意識は普段あまり持っていない愚かな私だが、ここではキレイごとを許してほしい。 子供の心がどのように変化するかは親次第なのか? 悲しいという感情を言葉に出せるようになった子供を見て思った。 これから先、小学生、中学生、高校生と成長する中で思春期も迎えるであろう。 その時々に起こる心の変化は親の影響が大きいのだろうか。 自分の親、特に母親を「クソババア」と罵った経験はありますか? 懺悔をするなら今の内ですよ。 私は思った経験あります。 口には出せませんでしたけど。 (小心者なので) でも、私の母親はこう言っていました。 その時には「クソババア」と思ってもらって結構だと。 やがて、いつか子供が大人になった時にその時の母親の言葉・行動の意味を理解してくれる日が来ることを信じているからと。 肝が据わっとる。 今になって同じことを思う自分に年齢を感じた今日この頃。 まだ30代とはいえ、私も1人の娘の親でもある。 病院で子供が生まれた日の感情は表立って伝えることはないが、心の中で何にも例えがたい感情が溢れたのだ。 子供が生まれ、子供が成長し、どんな心を持ってくれるのかは一緒に暮らす親の影響が大きいことは間違いないだろう。 でも、自分のどんな行動がどのように映っているのか、まだ私は解り切っていない。 未熟だな。。。。 また、娘と『おかあさんといっしょ』を観ないといけないかな。

次の

おかあさんといっしょ「きみイロ」の歌詞は?作詞作曲のえだまめンズは誰?

きみ いろ おかあさん と いっしょ

こんにちは。 ことちゃんママです。 ことちゃんがお座りできるようになったのが生後7ヶ月くらい。 その頃から見るようになったのが国民的幼児番組 「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」です。 小さい時からテレビを見せるのはどうかなー、 なんて最初の頃はためらいもありました。 しかし1日の中でずっと相手をするわけにもいかないし、 おもちゃに飽きてしまう時間も出てきてしまうので、 少しずつ見せるようになりました。 最初のうちはほとんど見向きもしなかったのですが、 最近では音楽に合わせて手を叩いたり、 バイバイするようになりました。 成長しているっ(嬉) そんなわけで、ほとんど毎日欠かさずチェックするようになった 「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」。 毎日毎日見ていると、やっぱり愛着が湧いてきますね笑。 今日は、「おかあさんといっしょ」で流れている 気になっている歌をご紹介します。 それがこちら。 ありきたりだけど笑。 映像も、面白いです。 最初、あつこお姉さんとゆういちろうお兄さんが 2人で歌い踊りながら歩いてきます。 途中から、まことお兄さんとあづきお姉さんも加わって踊ります。 この時のお兄さんお姉さんたちの衣装が コロコロと色が変わっていくのも見どころです。 CGとかなんだろうけど、子どもから見るとかなり不思議でワクワクする映像だと思うんですよね。 大人でも面白いし、良い歌だなーって思いました。 普段あまりそう思うことがないので、 おすすめします。 NHKののサイトで見れるので、是非聞いてみてね。 ちなみに、この「キミイロ」という歌を調べてみたら、 「キミイロ」は 「こんげつのうた」らしいです。 最近よく流れるなぁとは思っていたけど、 「こんげつのうた」なんて言うのがあるなんて知らなかった笑。 まだまだ勉強不足ですな。 というわけで、今月いっぱいで頻繁には流れなくなってしまうみたいです。 来月の歌も楽しみにしておこう。

次の