文部 科学 省 コロナ ウイルス。 子が“飛び級”?勉強詰め込み?9月入学議論、当事者抱える不安|【西日本新聞ニュース】

文科省、新型コロナの学校再開ガイドライン公表

文部 科学 省 コロナ ウイルス

日本小児科学会より休校中の児童の健康で注意すべき点をまとめた文書を公表しました。 今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、休校・休園となる地域も増えております。 このため、普段とは異なり、長時間家で過ごされる子どもも増えていると類推されます。 このような状況下で、子どもの安心・安全を高めるためにどうしたらよいか、どのように過ごさせるべきか、迷われることがあるのではないかと思います。 また、突然の休校やイベントの自粛など、社会情勢の大きな変化に不安な思いを抱えている子どもにどう向き合うかも大切な課題です。 インターネットの普及により、多くの情報が発信されておりますが、一部で誤った情報も確認されております。 新型コロナウイルス感染症に限らず、子どもの心のケア、インフルエンザや他の感染症対策など、子どもの健やかなる成育のためにご参考となれば幸甚です。 ・(日本臨床心理士会、日本公認心理士協会、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン) 感染予防の観点からの子どものための安全な環境づくりなど、参考情報がご確認いただけます。 ・(日本小児科学会) 家庭内で起こりやすい事故と対応・予防策などについてご確認いただけます。 ・(文部科学省) ・(NHK) いずれも、休校中などにおける学習支援コンテンツについて、紹介されています。 ・(厚生労働省) ・(文部科学省) いずれも、子どものSOSサインなどについて紹介されています。 コロナウイルス関連情報 ・ (厚生労働省) 電話相談窓口、新型コロナウイルス関連報道発表資料等がご確認いただけます。 ・(厚生労働省) ・(日本小児科学会) 新型コロナウイルス感染症に限らず、こどもの救急疾患やその他感染症、家でのメディアとの付き合い方についても、以下をご参考ください ・(日本小児科学会) 病院を受診するかどうかの自己判断の目安としてご利用いただけます。 ・(日本小児科医会) 家に閉じこもりがちとなると、メディアとの付き合う時間が自然と長くなりがちです。 これを機に、子どもと家族との付き合い方も再考してみましょう。 以上、普段と異なる状況下における子どもの安心・安全につながる情報をまとめました。 ご活用いただければ幸いです。 jpeds. php? それに伴って危惧されることは子供たちの心身の健康。 特に、遊びたい盛りの児童を家でじっとさせることはなかなか至難の技。 そんな折に日本小児科学会よりコロナウイルスに伴う特殊な状況下での留意点をまとめた文書を公表してくださりました。 小さなお子さんがいる家庭の保護者の皆様は是非ご一読ください。 また、少しでも多くの人に内容を確認していただくためにTwitterなどで拡散していただければ幸いです。 いつまでこの状況が続くか分かりませんが、がんばって乗り越えましょう! 合わせて読みたい記事.

次の

文科省、新型コロナの学校再開ガイドライン公表

文部 科学 省 コロナ ウイルス

文部科学省 コロナウイルス 通知の概要は?文科省は? 文部科学省 コロナウイルス 通知のニュースが次のように報道されています。 文科省は13日午後6時ごろ、全国の教育委員会などに通知しました。 小学校や中学校の入試でも同様の工夫をするよう求めています。 文部科学省が来年の高校入試で新型コロナウイルスの影響を考慮するよう求める通知を全国の教育委員会などに出したことが分かりました。 文科省が出した通知では、来年の高校入試では今年度に学ぶ内容からの出題を減らしたり、学力検査以外にも面接や作文で選考を行うことなど具体的な例を示して工夫を求めています。 地域ごとに休校期間が違うなど学習の進み具合にばらつきが出ると予想されるためです。 文科省は13日午後6時ごろ、全国の教育委員会などに通知しました。 小学校や中学校の入試でも同様の工夫をするよう求めています。 yahoo. それでは関連動画をどうぞ。 文科省が教育委員会に通知 入試での影響考慮求める 文部科学省 コロナウイルス 通知のネットの反応は? 特に反応が大きかったのは大きく分けて3つ。 「入試の前に、どこまで履修させるのか。 積み残し部分があった場合、それで義務教育終了としてよいのか。 仮に高校に進学する場合、その部分は高校で保証するのか。 順番が逆だと思います。 高校生は自分の時代には1月以降はほぼ休んでたけど。 」という意見と 「入試に対する内容があまりにざっくりし過ぎだね。 それと今回の遅れた分をどう取り戻していくか、国としてのある程度の一定ガイドラインを示した方が格差が大きくならないと思う。 あまりにも色々ばらつきがあり過ぎる。 そのガイドラインから、各都道府県、各自治体が地域性、独自性を考慮してカリキュラムを作成する指標になると思うけど。 」という意見 どれもなるほどと思います。 次に反応が大きかったのが 「範囲を明確に示せ。 指導要領の各教科の履修内容の範囲を修正したものを文科省が提示しなければ各都道府県の教育委員会が判断できるか。 ということは曖昧な指示が現場に丸投げされる。 そこで塾や家庭教師を利用できる家庭とそうでない家庭との格差が生まれる。 どこまで自分達の手を汚さないつもりなんだ。 実際に各教科の履修数の変更がなければできないだろう。 道徳とか普通に授業でやってる場合か。 」という意見と 「現場に丸投げですか。 これが文科省の出した結論なのですか? 結局は何の手も打たないのか。 圧倒的な低学力の層がどれだけ増えようともどうでも良く、めんどくさい事はやりたくないのでしょう。 就職氷河期世代と同様にコロナ世代まさに生まれる瞬間です。 文科省は役に立たない、政府全体で子供達を救う方向で考えてもらいたい。 」という意見と 「こんなはっきりしない事言われたら、受験生可哀想すぎる 第二波が秋冬にやってきたら、それでも受験は強行突破で決行するのか? ワンチャンスしかない受験生、体調不良でも受験会場に行ってしまいますよね? このまま3月に進級卒業として突き進む場合、秋冬のコロナパニックが起きた場合の受験をどうするのか、きちんと考えを発表してあげてください 受験ももちろん、国家試験も同じく。 何があっても中止せず、試験決行する覚悟でしょうか?」という意見 特に反応が大きかったものと比べても なるほどと思います。 最後に 「年間の学習内容をどういう順番で行うかは学校や先生によって違う。 例えば歴史なら過去からやるか、現代からさかのぼるとか。 どの部分を減らすかなんて一概にはできない。 」という意見と 「休校だから子供は学校で勉強できてないんだよ。 オンラインあったでしょ!と言うのかな? 自分で学習してる子もいるよ!と言うのかな? それはそれ、学校では勉強してないの! 9月始業で、コロナやインフルエンザもあるから、入試時期もずらしましょうね。 と国は言えないのかしら?」という意見 人それぞれいろいろな意見があるなと 思いました。 文部科学省 コロナウイルス 通知おわりに 今回は文部科学省 コロナウイルス 通知に関して取り上げました。 ネットの声が2つに分けられるくらい 今回の文部科学省 コロナウイルス 通知は話題沸騰です。 また、最後にこんなネットの声もありました。 「なんで文科省は、こう言った方針しか出さないの? 具体的な内容に関しては安定の自治体に丸投げ。 来年の入試が心配。 範囲減らしたって、勉強する時間が明らかに少ない。 範囲にならなかった、学習部分はどこで補うの? 夏休み削るはまだしも、土曜授業や7時間授業なんて精神的にも肉体的にも地獄です。 これからの方針を具体的に決定お願いします。 」 「今年度は3月に高校入試で決まりと言うことですね。 9月入学について自民党がワーキングチーム立ち上げてるけど、それとの整合性はついてるんですよね。 思いつきで現場を振り回さないでくださいね。 」 あくまでも個人的意見ですが。 今回文部科学省 コロナウイルス 通知について取り上げました。 本当に沸騰中です。 これからも皆様よろしくお願いいたします。

次の

[日本小児科学会] コロナウイルスに伴う普段と異なる状況下における子どもの安心・安全のために

文部 科学 省 コロナ ウイルス

日本小児科学会より休校中の児童の健康で注意すべき点をまとめた文書を公表しました。 今般の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、休校・休園となる地域も増えております。 このため、普段とは異なり、長時間家で過ごされる子どもも増えていると類推されます。 このような状況下で、子どもの安心・安全を高めるためにどうしたらよいか、どのように過ごさせるべきか、迷われることがあるのではないかと思います。 また、突然の休校やイベントの自粛など、社会情勢の大きな変化に不安な思いを抱えている子どもにどう向き合うかも大切な課題です。 インターネットの普及により、多くの情報が発信されておりますが、一部で誤った情報も確認されております。 新型コロナウイルス感染症に限らず、子どもの心のケア、インフルエンザや他の感染症対策など、子どもの健やかなる成育のためにご参考となれば幸甚です。 ・(日本臨床心理士会、日本公認心理士協会、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン) 感染予防の観点からの子どものための安全な環境づくりなど、参考情報がご確認いただけます。 ・(日本小児科学会) 家庭内で起こりやすい事故と対応・予防策などについてご確認いただけます。 ・(文部科学省) ・(NHK) いずれも、休校中などにおける学習支援コンテンツについて、紹介されています。 ・(厚生労働省) ・(文部科学省) いずれも、子どものSOSサインなどについて紹介されています。 コロナウイルス関連情報 ・ (厚生労働省) 電話相談窓口、新型コロナウイルス関連報道発表資料等がご確認いただけます。 ・(厚生労働省) ・(日本小児科学会) 新型コロナウイルス感染症に限らず、こどもの救急疾患やその他感染症、家でのメディアとの付き合い方についても、以下をご参考ください ・(日本小児科学会) 病院を受診するかどうかの自己判断の目安としてご利用いただけます。 ・(日本小児科医会) 家に閉じこもりがちとなると、メディアとの付き合う時間が自然と長くなりがちです。 これを機に、子どもと家族との付き合い方も再考してみましょう。 以上、普段と異なる状況下における子どもの安心・安全につながる情報をまとめました。 ご活用いただければ幸いです。 jpeds. php? それに伴って危惧されることは子供たちの心身の健康。 特に、遊びたい盛りの児童を家でじっとさせることはなかなか至難の技。 そんな折に日本小児科学会よりコロナウイルスに伴う特殊な状況下での留意点をまとめた文書を公表してくださりました。 小さなお子さんがいる家庭の保護者の皆様は是非ご一読ください。 また、少しでも多くの人に内容を確認していただくためにTwitterなどで拡散していただければ幸いです。 いつまでこの状況が続くか分かりませんが、がんばって乗り越えましょう! 合わせて読みたい記事.

次の