ゴルフ 体験 主義。 テーラーメイド「M5」ドライバー

ゴルフ体験主義

ゴルフ 体験 主義

どーもです。 テーラーメイド「SLDR S」ドライバーを試打できました。 このSLDR Sですが、試打クラブ手配にかなりの時間がかかっちゃいましたが、それだけ業界も注目ということだったのでしょうか? ということで、今回SLDR Sの試打レポいっていましょう。 といえば、「ロフトアップ」キャンペーン実施中ですよね。 裏を返せば、「ロフトアップを訴えなきゃいけないほど、球が上がらなかった」な~んて思っちゃうのは、仕事柄の邪推かな。 でも以前ボクがSLDRの10. 5度を試打した際、正直それほどキツイ印象はなかったのです。 むしろ、「R1」のほうがきつかったなぁ。 でも、SLDR FWを試打した際には、全く球が上がりませんでしたわ。 何はともあれ、SLDRとSLDR Sの違いがなんなのか? それは、ボクレベルにもわかることなのか? まさか、「クラウンが白になりました!! 」だけじゃないでしょうからね。 早速見た目からいってみましょう。 パッと見では「色意外変わってないんじゃない?」なんて思いましたが、よ~く見ると、ネック周りが全く別物に変更されていました。 それもそのはず、カチャカチャがなくなっていました! フェースの形状的にはSLDR同様のディープフェースですが、辺縁部の処理の仕方が違うので、若干シャローになったような印象も受けます。 なんか、若干コンパクトになったように感じるのは気のせい? 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 見た目では、SLDR Sのほうが好印象かな。 ホワイトクラウンにブラックフェースなので、フェースに集中できるというか、打点を意識しやすい印象でした。 また、SLDR Sのほうがネックが短くなっていました。 これは、確実により低重心化を意識しているってことですよね!! 今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「TM1-414」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角11度、ライ角58度、長さ45. 5インチ、総重量305g、バランスD3. ヘッド体積460cm3。 シャフトスペックは、重量52g、トルク4. 2、中調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピース使用です。 SLDRに比較するとだいぶ軽くなっていましたが、そのわりにはグリップがやや太めだったかな。 ウエートはデフォルトポジションで実際に打ってみると、「えっ!? 」って。 だって、これならロフトアップキャンペーン不要なくらいの超高弾道なんだもん!!!! って、スペック上の問題かな? ロフト角11度モデルでしたが、これなら9~9. 5度でもいいかなって。 もっとも、SLDR Sはロフト10度からの設定ですけどね。 ボク的には、このSLDR Sですが、これはもうSLDRとは全くの別モノの印象でした。 GST-3Bの5球平均データはHS46. 42で、ベストは写真の通りでした。 打感はマイルド系で、かなりブ厚めな打感ですね。 音も落ち着いた中音系ですが、この辺はSLDRと同じような印象でした。 弾道はこんな感じ。 SLDR試打時には、まだ動画をアップしていなかったので、比較できなくてすみません。 動画を見てもらえばわかると思いますが、SLDR Sは普通に高弾道。 「これだけ上がれば、ロフトアップする必要ないじゃん・・・」なんて思っちゃいましたが、普通にロフト11度だったら、吹け上がっちゃうんだろうな」って。 そう考えると、浅重心モデルにはロフトアップが必要なのかもしれませんね。 出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。 浅重心モデルはつかまりずらい印象が強かったのですが、少なくとこのSLDR Sはしっかりつかまります。 まぁ、この辺はウエートで調整もできそうですしね。 シャフトですが、ぶっちゃけSLDRに採用されていたTM1-114の印象は記憶からかなり薄れています。 自分のブログを読み返してみると、「中間から若干手元にかけてしなる感じ。 Sにしては柔らかめ」とありました。 そういう意味では、確かにSにしては柔らかめな印象です。 しなりポイントは、どちらかといえば中間から先にかけての印象でした。 また、スペック上でも確認できますが、かなりトルクが多め。 この辺が柔らかさにもつながっているのかもしれませんね。 SLDRはややパワーのあるアスリート~セミアスリートモデルの印象ですが、このSLDR Sは確実に我々アマチュアにとって間口が広いモデルだと思います。 球の上がり方、つかまり、ミスヒットの寛容性は、確実にこのSLDR Sに軍配。 つまり、ボクら向けの味付けに変更されていて、これなら普通に使えそうな印象でした! それにしても、重心位置って実際にはどれだけ変わっているんでしょうね? 想像するに、大幅変更は無いとにらんでいるのですが、だとすると、わずかな重心位置の違いでこれだけ大きく変わるもんなんですね。 改めて、痛感したのだ。 (試打 - テーラーメイド) KAZさん こんにちは!私には実にタイムリーな試打レポ、ありがとうございます!このSLDRsを狙ってます。 つかまって上がる浅重心なら私にも打てそうで。。 私は浅重心が苦手でFWには苦い思い出が 笑 私はもともと球が低めなので、ディアマナBのカスタムシャフトなら12度で良いかなと考えてます。 ドライバーが12度なら、やはりフェアウェイウッドもSLDRsの3HLかなと。 17度ですもんね。 ならば、その下は21度のUTで良いので、ウッドが1本減らせて、ウェッジ3本入れられます!まぁロフト差でのクラブセッティングより、飛距離や高さの違いで考えるべきなんでしょうけれど 汗 是非、SLDRsのフェアウェイウッドの試打レポをお願いします!.

次の

ピン PING i210 アイアン の試打&評価/打感が進化して心地いい!│楽しい GOLF LIFE

ゴルフ 体験 主義

その中でも、 鈴木愛プロ、 宮里優作プロの2017年の賞金王に貢献した前作の「i200 アイアン」は、アマチュアゴルファーから、トッププロまで、幅広いゾーンに最高の評価を受け、大人気商品になりました。 i210 アイアン を構えてみると 構えてみると、ストレートネックのスッキリした顔は継承され、ターゲットにまっすぐに構えやすい。 トゥの先の下部が出っ張って、上部が引っ込んだ感じ。 低重心化したように見え、安心感が増した顔になった。 構えやすさの評価は最高です。 前モデルや「」にはフェース面のトゥ寄りに 番手表示が刻まれていますが、それが 消えている。。。 ハイバウンス 7番アイアンのバウンス角は前モデルと同じ9度、5番アイアンは7度。 これは一般的なAW アプローチ・ウェッジ 並みのハイバウンスです。 ニューモデルは、8番と9番のバウンス角が0. 5度ずつ増えた。 ショートアイアンで更にダフリに寛容になったのでしょう。 このハイバウンスが、アマチュアゴルファーの味方になってくれます。 ピンのアイアンをコースで使うと、アイアンが上手になったような気がしますよ。 試打の評価は i210アイアンを打ってみると、 【飛距離】 飛距離性能は前モデルと変わらない。 ぶっ飛ぶクラブではないが、芯でとらえやすいから最大のパフォーマンスが出しやすい。 コスリ球が出ないので飛距離の安定感があって、 狙った通りの距離が打てる。 【弾道】 高い球筋で、スピン量は多め。 固いグリーンでもよく止まります。 【つかまり】 上から打ち込まなくても、レベルブローに振り抜けばよくつかまってくれる。 ちょっと振り遅れてもしっかりとボールをキャッチして右に行かずに我慢してくれます。 【打感】 前モデルと一番違うのは打感。 フェースが弾く感触が、かなりソフトに手に伝わります。 オフセンターでヒットしても、邪魔な振動はほとんど感じない。 これが効果的に反映されている。 【操作性】 操作性は前モデル以上にいい。 ドローもフェードも打ちやすいし、距離感も出しやすい。 打感がいいので、距離が合わせやすい。 軟鉄鍛造アイアンと同等の操作性があります。 【やさしさ】 5番アイアンを打つと優しさがより鮮明になった。 スイートエリアが前モデルよりも一回り大きくなった印象で、ミスヒットにも強く、方向性が素晴らしい。 そして、飛びすぎに注意しなくていいので、安心できます。 よく拾って打ちやすい!! アスリートモデルとは思えぬやさしさで、大きなミスが出ません。 買い換える理由はあるのか 打感は確実に進化しています。 スイートエリアも広くなった。 「i200 アイアン」から買い換える理由は? と聞かれると、、 「お金に余裕があれば」 とお答えします。 でも全ての面で正常進化していますよ。 ロングアイアンのみを「」で組み合わせてセッティングする方法がかなり魅力的です。 この「i210 アイアン」は、いつも以上に積極的にピンを狙って行けます。 購入してからずっと満足です。 シャフトは 4種類のスチールシャフトが標準で用意されています。 Dynamic Gold S200 MODUS3 TOUR 120 X S MODUS3 TOUR 105 X S R NS PRO 950 GH S R ピンのアイアンは、シャフトのバリエーションが豊富なので選択肢の幅が広い。 MODUS3 の120と105の2種類に X が用意されているのは注目です。 これはアスリートには有難い。 オススメしたいゴルファーは ・イメージ通りの距離を打ちたい。 ・アイアンの安定感が欲しい。 ・やさしくピンを攻めたいアスリート。 ・柔らかい打感が好き。 まとめ PING i210 アイアン は素晴らしかった打感が進化して、やさしさも進化した。 安定感抜群のアスリートアイアンです。 ・安定した飛距離 ・柔らかい打感 ・ミスに強い ・操作性がいい ・よく拾う ・よくつかまる.

次の

ぶっ飛びアイアン飛距離ランキングBEST5

ゴルフ 体験 主義

どーもです。 キャロウェイのニューモデル「ビッグバーサ アルファ815」シリーズのドライバーを試打できました。 今回同シリーズには2本のドライバーがラインアップされています。 グラビティコアによって重心高をコントロールできるの後継モデルですが、どんな感じになったのかをレポしたいと思います。 重心高をコントロールできる画期的なドライバーとして登場した「ビッグバーサ アルファ」ですが、デフォルト状態の高重心では、ぶっちゃけボクには難しい感じでした。 グラビティコアをひっくり返して低重心にすれば使える感じでした。 でも、ひっくり返すなら「ビッグバーサ」でいいじゃん・・・ってな感じも!? そんなわけで、印象的には本物ハードヒッター向けかなってな感じでした。 その後継モデルということですが、まずは見た目からいっていましょう。 ブラックボディにレッドの差し色は、個人的にはかなり好きな組み合わせ。 フェースはセミディープ。 ビッグバーサらしい形状ですよね。 ボディも丸みを帯びたディープ系のボディになっていました。 後ろ姿です。 構えてみるとこんな感じ。 丸みを帯びたクラウン形状が特徴的ですね。 結構しっかり振っていかないと・・・ってな印象を受けますね。 今回試打したのは、オリジナルシャフト「ビッグバーサ」Sフレックス装着モデル。 スペックは、ロフト角9度、ライ角58度、長さ45インチ、総重量313g、バランスD2。 ヘッド体積460cm3。 シャフトスペックは、重量53g、トルク5. 5、中調子。 カチャカチャはロフト角「N」、ライ角「S」です。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用です。 まずは、グラビティコアはデフォルト状態(高重心)で試打。 ワッグルしてみた感じでは、シャフトがSにしては柔らかめで結構しなりそうなイメージ。 実際に打ってみると、かなりスピン量が少なめというか、ボクのパワーでは若干お辞儀しているような感じ。 スペック的にはそれほどハードに感じませんが、ボクの打ち方の問題か、クラブのスピン量が少なめなのか、少なくともボクにとっては「アレレっ!? 」でした。 でも、手応え的にはかなり分厚いいい感じで、データ的にもまずまずだったりします。 GST-3Bの5球平均データでは、HS44. 48で、ベストは写真の通り。 54は驚異のミート率ですが、なんかデータと弾道のイメージが一致しなかったりして・・・ 打感ですが、これは柔らかめで分厚いインパクトが特徴的でしたね。 音は中音系でした! 弾道はこんな感じ。 結構しっかり振っていて手応えアリでしたが、それでも中弾道。 スピン量少なめですが、その分もあってかこのセッティングでは結構ガッツリパワーも必要かも!? ちなみに、グラビティコアをひっくり返して低重心にしてみたのがこちら。 ちょっと右に抜けていますが、弾道が全くの別モノ。 ボクにとっては、こっちのほうが全然いいですね!! 出球傾向ですが、デフォルト状態では意外にもドロー系、ひっくり返して低重心にしたらほぼストレートですがやや右に抜ける感じだったりします。 若干重心距離も長めになっていそうな雰囲気かな。 シャフトですが、これはやはりSにしてやや柔らかめ。 いつもの感じで振っていくと、ちょっとブレる感じで、若干ゆっくりめに振った方が結果は良かったですね。 挙動的にはニュートラルな中調子っぽいイメージでしたね。 ビッグバーサ アルファに比較すると、ミスヒットの寛容性が高くなっているように感じましたね。 特にフェース下目のミスヒットの寛容性が高くなっていると思います。 ボクは良くトップめのミスをするので、フェース下部でインパクトすることがありますが、この下目のミスヒットでもかなり前に行ってくれる印象でした。 ツアーモデルと銘打っているだけあって、さすがに簡単なモデルじゃ~ないですね。 プロのようにドライバーでもダウンで打ち込めるタイプ向けでしょうね。 少なくともボクにとっては難しいですわ! ボクが使うなら、おそらく永遠にグラビティコアは逆さまの状態でしょうね。 それなら、使えそうな気がします!! 海外男子[3日08:51]• 海外男子 [2日10:41]• 海外男子[2日10:18]• 海外女子 [1日22:23]• 海外女子 [1日21:42]• 海外女子 [1日21:25]• ゴルフ[1日12:06]• 海外男子[1日10:04]• 国内男子[1日08:54]• ゴルフ [1日00:23]• ゴルフ [1日00:11]• ゴルフ [1日00:11]• ゴルフ[1日00:11]• 海外女子 [28日23:39]• 海外男子 [28日10:50]• 海外女子 [27日20:58]• ゴルフ[27日19:21]• 海外男子 [27日10:08]• 海外男子[27日09:39]• 国内女子[27日08:55].

次の