さつまいも 天ぷら 簡単。 意外に簡単! 「天ぷら」をサクサクに揚げる作り方&温めなおしのコツ&美味しいレシピ

サクサク!ホクホク!さつまいもの天ぷらレシピ

さつまいも 天ぷら 簡単

このライフレシピのもくじ 【】• さつまいもの天ぷらを例に、天ぷらの作り方をご紹介します。 天ぷらの中では簡単な部類に入ると思います。 天ぷらについて 天ぷらとは 肉、魚、野菜(山菜も含む)等に、小麦粉を水、卵で溶いた衣を付けて、油で揚げた料理です。 衣は全体につける事が多いですが、大葉、海苔など具材によっては片面に付ける場合もあります。 食材によって揚げ方に変化をつける 魚、野菜(山菜も含む)は素材の味を生かして揚げる事が多く、肉類は予め下味を付けたり、衣に味を付けて揚げたりします。 油やタレも細かく選べる 揚げ油は、天ぷら油、サラダ油のみや、それらにごま油を少し足して、香りをつけた油を使ったりします。 天つゆ、塩、醤油、まれにソース等を付けて頂きます。 材料(3人分)• さつまいも・・・1本• 卵・・・1個• 小麦粉・・・1カップ• 水・・・2カップ• サラダ油(揚げる為に使用)・・・適量 作り方(調理時間:15分) STEP1:さつまいもを洗う さつまいもを洗って、端の部分を切り落とします。 皮付きのまま揚げますので、よく洗います。 STEP2:1cmの厚さに切る お好みですが、著者宅は1cm位の厚みに切ります。 大きいさつまいもなら、さつまいもに対してまっすぐに包丁を入れ輪切りに切りますが、細いさつまいもなら、大きく見せる為、斜めに包丁を入れます。 STEP3:水にさらす 切ったさつまいもは、粉の用意が出来るまでの数分の間、水にさらしておきます。 変色防止とアク抜きの為です。 STEP4:小麦粉と水を混ぜる 小麦粉と水を用意します。 STEP5:小麦粉と水を混ぜる 小麦粉に水を入れ、切るように混ぜます。 混ぜ過ぎないで、少しくらい粉が残ってる感じでOKです。 STEP6:卵を加える 卵を加えて、切るようにさっと混ぜます。 STEP7:水気をとる キッチンペーパーの上にSTEP3のさつまいもを置き、水気を拭き取ります。 STEP8:衣をつける さつまいもに衣を付けます。 STEP9:油の温度を確かめる 油に衣を落としてみて、衣が下に沈み、ゆっくり浮き上がってくるようになったら、揚げ始めます。 火加減は中火から始めて、油の温度が上がってきて色が付くのが早くなったら弱くします。 揚げている最中は火加減を絶えず気にしましょう。 火、油の取り扱いに注意しましょう。 STEP10:揚げる さつまいもを入れます。 周りの衣が固まってきたら、ひっくり返します。 さつまいもの大きさにもよりますが、5分位です。 STEP11:油から取り出す ひっくり返すのを2度ほど繰り返し、両面にほんのり色が付いてカリッとしてきたら、鍋から取り出します。 STEP12:揚がり具合を確認する キッチンペーパーを敷いたお皿に上げ、爪楊枝がすっと刺さるようなら、出来上がっています。 STEP13:盛り付け お皿に盛って出来上がりです。 おわりに さつまいもの天ぷらは、多少、衣が薄くても、厚くても美味しいので、天ぷらの中では比較的簡単です。 それに、熱々より冷めた時の方が甘みがでる感じがしますので、食事の際、次から次へと慌てて揚げなくても大丈夫です。 天ぷらは難しい料理のように思われがちですが、さつまいもなら簡単にチャレンジできますよ。 ぜひ、お試し下さい。 image by 著者.

次の

意外に簡単!さつまいもで説明する天ぷらの作り方のポイント

さつまいも 天ぷら 簡単

揚げないさつまいもの簡単調理法 揚げない大学芋• 揚げない大学芋は乱切りの場合はいつもよりやや小さめに、手早く作る場合は拍子切りにします。 保存袋に入れて油をスプーン2杯、お砂糖スプーン2杯入れてよく混ぜます。 そのままフライパンの弱火で蓋をして、2分経ったら一度底から返してまた蓋をして中がホクホク外がカリカリになれば完成です。 お好みにより、黒ゴマ、ハチミツをプラスしても美味しいです。 揚げないコロッケ• さつまいもは皮をむき、適当に刻み、濡れキッチンペーパーに包んでさらにラップをかけて、レンジで3分から4分チンします。 そのままラップの上から潰しておきます。 玉ねぎ、人参をバターで炒めて塩湖、ボールでつぶしたさつまいもとらまぜたらボール型や俵型に丸めて、小麦、卵、パン粉をつけて油大さじ3で焼きます。 さらに時短なら油をを薄く敷いたフライパンにパン粉カップ1を投入、パン粉に焼き色がついたら丸めたさつまいもを転がしてパン粉を張り付ければ完成です。 スポンサードリンク 揚げないさつまいもの天ぷら• さつまいもは5ミリの輪切りにして、ラップに包み、レンジで1分。 マヨネーズと薄力粉をサクッと混ぜます。 マヨネーズは大さじ1、薄力粉は約50g、水は80ccほど。 少し緩いくらいの衣につけて、フライパンにぐるりと一周油を入れて、熱したらさつまいも投入。 両面揚げ焼きにすれば完成です。 まとめ レンジでチンする場合、乾燥しますから水にくぐらせてからラップをすると、蒸されます。 さつまいもは5㎜くらいの厚さがうまくいきます。 レンジでチンした状態で、さいの目に切ってサラダに入れても簡単、美味しいです。 また、レンチンしてさいの目に切ったさつまいもを炊きたてのご飯の上に並べてて五分蒸らしてサクッと混ぜれば芋ご飯になります。 軽く塩を振って召し上がれ。

次の

意外に簡単!さつまいもで説明する天ぷらの作り方のポイント

さつまいも 天ぷら 簡単

冷水を使い、軽く混ぜるカラッと揚がらず、衣が重い感じになってしまう原因の1つが衣の作り方です。 衣が重たくベタっと原因は小麦粉のタンパク質が作り出すグルテン。 小麦粉と水を混ぜるとできる粘り気のある物質で、グルテンが多いと衣はベタっとしてしまうのです。 グルテンが多くならないようにするためには、低温で混ぜすぎないことです。 クレープ生地のような「サラサラ」としたゆるい状態が理想です。 そのため、使う小麦粉はタンパク質の少ない薄力粉を使い、混ぜる水は冷水を使うのもポイントです。 夏場は粉も冷蔵庫で冷やしておくとよいでしょう。 そして、粘り気がでないように、揚げる直前にかき混ぜすぎないように、さっくりと混ぜます。 衣は卵をいれる? いれない? /天ぷら粉を使う? 薄力粉を使う? 油の温度の見極め方天ぷらの衣を油の中に少量落とします。 〇低温・・・イモ類・レンコンなどでんぷんを多く含む野菜は、火を通すのに時間がかかるので低温でじっくりと揚げます。 シソなどの葉物、ピーマンやししとうなどの彩り野菜など、色味を大切にしたい素材も低温で。 〇中温・・・かき揚げや野菜の素揚げなどは中温で。 〇高温・・・魚介や肉は長時間揚げると硬くなるので、高温で短くがコツです。 食材の種類や切った厚さによって変わります。 食材を入れると油の温度が下がるので、火加減をこまめに調節して油の温度を【維持】することが大切です。 天ぷらや揚げ物は「ガスコンロ」におまかせ! 「温度調節」機能は、センサーが自動で火力調節して、設定した温度に調整・キープしてくれるから、温度調節が難しい天ぷらなどの<揚げ物>も、簡単にカラッとおいしく! また、焦げつきや生焼けが心配なハンバーグや卵料理などの<焼き物>にも便利です。 専用容器対応のグリルでは、手軽にオーブン料理も楽しめます。 機種によって機能名は異なります。 専用容器の対応有無、種類は機種ごとに異なります。 専用容器は別売の場合もございます。 /各画像はイメージです。

次の