スマイル ゼミ 最悪。 スマイルゼミの口コミ/評判|口コミ・料金をチェック【塾ナビ】

最悪って本当?スマイルゼミのメリット・デメリットと評判を紹介

スマイル ゼミ 最悪

「 スマイルゼミはいまいちってほんと?」 「 どうして最悪という口コミがあるの?」 などと疑問をお持ちの方もいるでしょう。 スマイルゼミとは タブレットで学ぶ通信教育のサービスです。 「最悪」や「いまいち」という口コミがあるようですが、決して悪い通信講座ではありません。 むしろ利用するメリットの豊富なサービスです。 しかし「最悪・いまいち」という口コミがあることは事実なので、利用するのは不安だという方もいるでしょう。 今回はスマイルゼミが最悪だと言われる理由について、評判や口コミを参考にその実態を検証します。 これを読めば、スマイルゼミはとても良いサービスだということが分かるはずです。 スマイルゼミが最悪と言われているのはなぜ? スマイルゼミは 一般的には人気の高い通信講座です。 講座の品質も高いため十分おすすめできる資格と言えます。 しかし以下のような悪い口コミが一定数見られるのも事実です。 これらが原因でスマイルゼミに関する悪い評判が立っているようですが、 「スマイルゼミは最悪」というのは真実ではありません。 問題文の読み上げ機能 スマイルゼミの教材であるタブレットには問題文の読み上げ機能がついています。 この機能は 低学年が問題内容を理解するのには非常に有用です。 しかし学年が進むにつれて読解スピードが上がってくると、 端末の読み上げスピードが遅く感じる生徒が一定数いるようです。 講座では毎回読み上げを待つ必要があるため、読解力のある一部の生徒にとっては煩わしく感じることもあるでしょう。 復習ができない? スマイルゼミではさかのぼり学習ができないという口コミがあります。 しかし この問題に関してはすでに解消されています。 現在では受講済みの講座に関しても 再学習することが可能です。 ただし講座の復習方法に関しては、子供に任せきりではなく、保護者の具体的な指導が必要になるでしょう。 通信障害が起こる可能性がある スマイルゼミでは専用のタブレットを用いて学習を行うため、 利用にはオンライン環境が必要です。 そのため通信障害が起きた場合は学習に支障が出る恐れもあります。 スマイルゼミ側に原因のある通信障害に関しては 改善の措置が取られているようです。 しかし、 月末・月初の新講座配信のタイミングでは通信障害が発生する可能性があります。 一方で通信障害には利用者の通信環境が原因の場合もあるでしょう。 その場合の対処に関しては、 公式HPに改善方法がいくつか掲載されています。 通信障害で学習が中断されることがあるのは事実ですが、 スマイルゼミにのみ原因があるとは言えません。 そもそも利用者のWifiが悪いということも考えられます。 そのため通信障害を理由に、スマイルゼミが最悪だと結論づけることはできません。 電話のみの解約手段 スマイルゼミを解約するには 電話による申請が必要です。 そのため手間を感じる利用者もいるでしょう。 特に月末などは解約窓口が混雑する可能性もあるため、 場合によっては手続きが遅滞することも考えられます。 そのため、解約に関するサポートを手厚くすれば全体の評価も上がるだろうという意見もあります。 ただしスマイルゼミ側の負担を考えれば、それが実現するかどうかは不明です。 解約の際のタブレット代金の負担 スマイルゼミを解約した場合、専用タブレット代金を請求されます。 6ヶ月未満の場合は29,820円(税抜)、6ヶ月以上の場合は6,980円(税抜)です。 このように契約からの経過月数によって、タブレット代金には大きな差が生まれます。 特に 契約から半年以内で解約した場合は、高額な解約金が発生することは事実です。 タブレットの代金を比較 進研ゼミにおいても「チャレンジタッチ」という専用タブレットを使用する講座が存在します。 チャレンジタッチにおけるタブレット代金は19,800円である一方、スマイルゼミは39,800円と2倍程度の水準です。 スマイルゼミで使用されるタブレットは、ジャストシステムという ソフトウェア開発の会社の製品であるため、高度な機能を有しています。 チャレンジタッチのタブレットよりも性能が高いため、その分料金が高くなるのは当然と言えるでしょう。 ちなみにスマイルゼミのタブレットは、解約後も Androidタブレットとして使用できるため、タブレット代金が無駄になるわけではありません。 スマイルゼミのタブレットは割引特典あり スマイルゼミのタブレット代金は39,800円ですが、 入会時に支払うのは10,978円のみです。 さらに1年間継続してスマイルゼミを受講すれば、 残りの代金は支払う必要がありません。 ただし、 6ヶ月未満で退会してしまうと32,802円を支払う必要があります。 タブレットのタッチペンの評判 タブレットのタッチペンの使用感がいまいちという評判も一定数存在します。 しかしスマイルゼミのタブレットは、 最新技術を使用したハイスペックな機器のため、それはあくまで一部の意見でしかないと言えるでしょう。 特に2016年からは最新のタブレットが導入されているため、全体としては 品質が良く快適に使用できるという声が多いです。 具体的な改善点 2016年から使用されているタブレットでは、 文字の書きやすさや起動の速さ、音声機能などが改善されたという意見があります。 特にペンの機能の評判は良好です。 スマイルゼミの デジタイザーペンは、チャレンジゼミなどの静電容量式のペンに比べて感度が優れています。 ちなみに静電容量式は人体に流れるわずかな静電気にも反応するため、子供が使用する場合には誤作動を起こすケースも多いです。 一方でスマイルゼミが採用するデジタイザー式では、 ペン先のみで反応が起こるため誤作動のリスクが軽減されます。 問題難易度は低め? スマイルゼミでは、 学校の教科書に合わせて学習教材が作られています。 毎日の学習をサポートするのがスマイルゼミの目的です。 そのため、ある程度学校の学習を理解できる子供にとっては、 標準クラスの問題は物足りなく感じる可能性があります。 そうした生徒に合わせて、 スマイルゼミでは発展クラスも用意されているため、希望する場合は翌月配信から変更することが可能です。 発展クラスでは標準クラスに比べ、 講座数が約1. 2倍、学習時間が1. 5倍程度の設定になっています。 しかし、発展クラスの内容でも 中学受験を念頭に置いている小学生にとってはやや不十分という声もあるようです。 発展クラスへは追加料金がかかる スマイルゼミでは標準クラスから発展クラスに移行した場合、 500円程度月額料金が高くなります。 ちなみにチャレンジタッチにも基礎クラスと発展クラスが存在しますが、こちらの場合は追加料金なしで移行することが可能です。 親の管理は必要 これはタブレット学習全般に共通することですが、親が介入する余地が少ないため、 子供の学習状況を把握しにくいという特徴があります。 しかしスマイルゼミのタブレットには 子供の学習状況が分かる機能も存在するため、この機能を活用すれば上記の難点は改善できるでしょう。 ちなみに学習状況が把握しにくいという状況は塾に通わせる場合でも起こり得るため、タブレット学習が一概に良くないとは言えません。 塾に通わせる場合は送り迎えなどの必要もあるので、親の負担という点でいうと タブレットで学習管理ができるならば、むしろ負担は少ないと言えるでしょう。 スマイルゼミのデメリット スマイルゼミには以下のようなデメリットがあることは事実です。 選択問題ゆえのデメリット スマイルゼミの問題演習は全て選択問題で行われます。 そのため、 当てずっぽうでも次に進めるという点がデメリットです。 特に勉強を始めたばかりの低学年の子供であれば、間違えた問題も気にせず進めてしまう可能性があります。 よって 親が注意して学習の様子を見ておかなくてはなりません。 正解の選択肢だけではなく、間違えた選択肢に関してもきちんと確認する習慣をつけさせれば、選択問題でも十分学力を向上させることが可能です。 ただし記述問題はないため、 作文能力を鍛えることはできません。 作文に関しては他の教材を用いて練習する必要があります。 このように選択問題ゆえのデメリットは存在しますが、親の気配り次第では 子供の学力を上手に伸ばすこともできるでしょう。 学習状況の把握 先述した通り、タブレット学習には子供の学習状況の把握が難しいというデメリットがあります。 ただし、スマイルゼミには「 みまもるネット」という保護者用のWebサイトがあるため、学習状況を管理することは可能です。 みまもるネットでは、 その日の学習科目及び点数、所要時間などを保護者のスマホやパソコンで確認することができます。 また「みまもるトーク」という家族専用のタイムラインで、 学習状況に関するチャット機能が使えます。 一日の終わりなど時間を決めてその日の勉強内容を子供に報告させるようにすれば、家族全員で学習状況を共有することが可能です。 視力の低下に注意 スマイルゼミではタブレットを用いて勉強を進めるため、 親は子供の視力が低下しないような策を講じる必要があります。 具体的にはブルーライトによるダメージを軽減する方法を考えなければなりません。 ブルーライト軽減には ブルーライトカット機能を持つメガネをかけさせることが有効です。 また長時間近くのものに集中し過ぎると視力の低下を招くので、 定期的に遠くのものを見るように指導するのも良いでしょう。 さらに眼精疲労は子供の心身に悪い影響を与える恐れもあるため、親は子供の体調により気を配る必要があります。 先取り学習ができない スマイルゼミでは 契約学年をまたいでの先取り学習はできません。 そのため今の学年の学習が終わったからといってどんどん上の学年に進んでいくことは不可能です。 特に 得意科目に関しては先取りして学習させたいという親も多いですが、スマイルゼミではそのような学習環境が整っていないというのが現状です。 そのため勉強が得意な子供に関しては、 モチベーションの維持が難しくなる可能性があるでしょう。 スマイルゼミを絶賛する口コミも いくつかのデメリットが存在し、時には最悪と評されることもあるスマイルゼミですが、実際は 魅力の多い通信講座です。 以下ではスマイルゼミの豊富なメリットについて紹介します。 学習のしやすさにこだわったタブレット ソフトウェア開発を行う会社が製造した ハイスペックなタブレットを使えることは大きなメリットです。 2016年に導入されたタブレットは タッチペンの書きやすさに定評があり、ストレスなく学習が進められます。 また タブレットの画面が大きいことも魅力的です。 ノートと同じくらいのサイズのため、子供の目の負担を軽減できます。 ペンはさらさらと書きやすいため、 紙に近い感覚で勉強することが可能です。 自動丸つけ機能 タブレットで問題を解くと コンピュータが自動で丸つけを行なってくれます。 間違った問題に関しては解き方や考え方を詳しく提示してくれるため、復習にも最適です。 自動丸つけ機能に興味を持つ子供も多いため、勉強の学習をつけさせるのにも役立ちます。 定着度向上のための解き直しシステム 間違えた問題は後日優先的に出題されるようになるため、タブレットに従って勉強していれば自然と弱点克服が可能です。 解けた問題も忘れないうちに再度出題されるため、知識を効率よく定着させることができます。 子供それぞれに適したカリキュラム スマイルゼミには、 学校の教科書・進度をベースに学習を行う標準クラスと 中学受験も視野に入れて応用問題にも取り組む発展クラスの2つがあります。 苦手撲滅自動学習プログラム スマイルゼミのタブレットでは、全国の受講者における学習パターンと各子供の学習状況の膨大なデータを解析し、 それぞれに合った学習プログラムが自動生成されます。 進度の遅い科目や間違えた問題を優先的に出題するなど、 苦手を作らないバランスの取れた学習が可能です。 外出先でも学習可能! スマイルゼミでは通信環境があればどこでも学習できるので、家族で外出する場合でも スキマ時間を有効活用できます。 事前に取り組む内容を親子で決めておけば、 移動中なども学習を進めることが可能です。 場所を選ばず効率の良い勉強ができるので、休日に勉強する習慣をつけさせるのにも良いでしょう。 ちなみに受講を行うには実行速度で 2Mbps以上の回線速度が必要です。 楽しみながら学習できる「スターアプリ」 スマイルゼミでは、 各講座やドリルを終えるごとに0〜3つのスターをもらうことができます。 スターは タブレット内のゲームに使用でき、マイキャラの装飾品などと交換したり、イベントに参加することが可能です。 ゲームの使用時間などは親が設定できる仕様のため、子供の学習報告や勉強量を元にゲームの時間を決めるのも良いでしょう。 勉強に適度な遊びを加えることで、子供のモチベーションを維持しながら勉強させることができます。 全額返金制度でお試し! スマイルゼミのタブレット学習に興味はあるものの、 1年契約は不安という声も多いです。 その場合は 約2週間のお試しができる「全額返金保証」のキャンペーンを利用すると良いでしょう。 キャンペーン利用の流れとしては、まずスマホから入会手続き及び料金の支払いを行います。 それらが済んだらタブレットが郵送されるので、 約2週間5教科とドリル全てを見定めることが可能です。 お試し期間内にタブレットを返却すれば、 最初に支払った金額が全て返金されます。 ちなみに、タブレットは申し込みされた後、最短で2日後に自宅に届くので興味を持ったらすぐに始めることが可能です。 また、 全国学力診断テストも利用できるため、お試し期間の最後に利用すれば成績の伸びを確かめられます。 もちろんこの期間で内容が気に入れば、そのまま継続利用することも可能です。 反対に自分の子供に合わないと感じたら、電話にて解約及び返金の申請を行いましょう。 スマイルゼミは実績のある評判講座 実際、スマイルゼミを高評価する利用者も多いです。 その証拠に顧客満足度を対象にしたイードアワードにおいては、 2018年「通信教育」・2019年「子ども英語教材」の各部門で最優秀賞を受賞しています。 スマイルゼミは20年近く教育現場と向き合っているため、そこで得た学習ノウハウを活かした効率の良いタブレット通信教育を受けることが可能です。 スマイルゼミを実際に体験した利用者からは、満足の声が多く上がっています。 その一つが 子供に勉強の習慣をつけさせやすいというものです。 スマイルゼミのタブレットは、 家族とのチャット機能において写真をデコレーションできるなど、子供が楽しめる工夫が多数なされてます。 そのため子供が自ら進んで勉強をしやすい環境と言えるでしょう。 また 全ての教科がタブレット一台で学習できるため、何冊も教材を用意する必要がないことも魅力です。 スマイルゼミの学び スマイルゼミでは 小学1年生〜小学6年生のそれぞれに合わせた講座があります。 スマイルゼミの学びの内容は以下の通りです。 プログラミング• 学力診断テスト• 発展クラス なお、小学2年生までは理科・社会はありません。 自宅で学力診断テストが受けられる スマイルゼミでは全学年で学力診断テストを受けることが可能です。 試験科目は国語と算数で、年3回実施されます。 実施時期は 春休み、夏休み、冬休みで、次の学期・学年に入る前に学力到達度を測ることが可能です。 テストの結果に応じて それぞれに必要な講座が即時配信されるため、得意科目を伸ばしつつ苦手克服も行えます。 ちなみに試験時間は1教科あたり30〜40分です。 スマイルゼミの英語学習 スマイルゼミの 英語は特に保護者からの評価が高い教科です。 リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングの4技能の全てを伸ばすことができます。 リスニング・スピーキングに関してはキャラクターとの会話形式のレッスンが楽しいという評判です。 発話をタブレットが自動で判定してくれるため、正しい発音やアクセントを身に付けることができます。 また なぞり書き判定のシステムもあるため、英単語の綴りまで正確に習得することが可能です。 コンピューターを活用した学習は増加傾向 ICTの普及に伴い、今後は コンピュータを活用した教育が盛んになると予想されます。 実際に政府でも小中学生にIT端末を配布する政策が検討・実施されており、学校のICT化は今後も加速するでしょう。 そのため、スマイルゼミのようにタブレットを使った学習によって、 ICT機器に慣れておくことは重要です。 またスマイルゼミではプログラミングも学べるため、タブレットだけでなく コンピュータにも慣れることができます。 これからの時代は、コンピュータやタブレットなどのICT端末を活用するスキルは、あらゆる社会人に必須の素養となるでしょう。 そのため、 子供のうちからICT機器を用いたリテラシーを高めておく必要があります。 スマイルゼミのタブレット学習は、膨大な情報から必要な情報だけを取り出せる 情報活用能力を身に付けるきっかけになるでしょう。 スマイルゼミには中学生講座も 小学校向け通信教育がメインのスマイルゼミですが、中学生向けのコースも存在します。 小学生向けのスマイルゼミが「学校の勉強のサポート」を主眼としていたように、中学生コースでも主に「 定期テスト対策」が中心となるようです。 そのため、 中学での成績が不安という生徒には特におすすめできる講座になります。 中学生向けスマイルゼミのメリット スマイルゼミの中学生コースは以下のようなメリットがあります。 定期テスト対策が充実 スマイルゼミでは診断チェックで利用者の理解度を測定し、それぞれに合った オーダーメードの定期テスト対策が提供されます。 チェックは教科ごとではなく単元ごとに行われるため、細やかな対策が可能です。 チェック前には 学校で使用している教科書の情報を入力するため、各人に最適の定期テスト対策が実現されます。 また5教科だけでなく 実技4教科の対策もできるため、高校受験に向けて内申点を高めることも可能です。 暗記カードが便利 スマイルゼミの「暗記カード」では、 英単語や漢字、各科目の重要語句などを一問一答形式で学習できます。 用語は 間違えた問題から優先的に出題されるようになるため、効果的に知識を定着させることが可能です。 また英単語のスペルや漢字の部首などを正確に覚えられるよう、 記述式の問題もあります。 スキマ時間に暗記ができるため、学力アップに効果的です。 部活と勉強の両立ができる スマイルゼミは 効率的な学習に定評があります。 2019年にスマイルゼミが実施したアンケートによると、 利用者の83. 6%が「(やや)効率的な学習ができた」と回答しました。 帰宅後の1〜2時間で効率的に学習することにより、部活動をしながらでも効果的に実力をつけることができます。 またスキマ時間を活用しやすいこともあり、 「学習習慣が変わった」や「自主的に学習できた」と感じる利用者が多いようです。 忙しい中でモチベーションを維持しながら勉強できることは魅力的だと言えます。 中学生向けスマイルゼミのコース・学べる教科 中学生向けのスマイルゼミには、「1年生コース」、「2年生コース」、「3年生コース」の3つがあります。 3年生コースでは定期テスト対策に加え、 高校入試対策を行うことも可能です。 なお、中学生コースには基礎クラス・発展クラスの区別はありません。 中学生コースでは以下の9教科が学べます。 技術・家庭科• 保健体育.

次の

早まるなっ!スマイルゼミ申込み前に絶対注意しなきゃイケない事とは?

スマイル ゼミ 最悪

学習専用タブレットで学ぶ通信教育(幼児・小学生・中学生) 夢中になる、だから続く! タブレットで学ぶ通信教育スマイルゼミ 「スマイルゼミ」の教材は、書いて学ぶことはもちろん、 自ら触って動かし たり、音声や映像に触れたり、といった五感に訴えかけることで、紙の教材では難しかった部分にて高い学習効果を実現。 すべての教材をタブレット1台に配信するので、紙の通信教育のように教材が目に見えて溜まっていくこともありません。 細かな文字までしっかり書ける学習専用タブレットで学ぶので安心してお使いいただけます。 従来の4教科に加え、「英語」 「プログラミング講座」も配信。 実技 教科含めた「9教科+リスニング」対策までできる。 やる気を引き出すさまざまな仕組みをご用意しており、毎日タブレットを 立ち上げ、学習する習慣が自然と身につきます。 また、保護者の方が、スマートフォンからお子さまの学習状況を把握で きる専用サイトをご用意していますので、 お子さまが毎日どのくらい勉強したのか、どこでつまずいているのか、などを把握することができます。 「タブレット学習って大丈夫?」という方のために、「全額返金保証」もご用意していますので安心してお試しいただけます。 詳しくは塾までお問合せください。 12ヶ月未満の場合は所定のタブレット代金をご請求させていただきます。 また学習進度や理解度の詳細は、専用Webサイトでチェック! 3.たのしむ:教科の学習やドリルに取り組むと「スター」が貯まり、3つ集めると「スターアプリ」で楽しめます。 だから、教材も人それぞれ違うべき。 」 問題の解答内容からお子様の理解度を単元ごとに判定し、お子様にあった教材を配信します。 単元ごとの理解度を判定し、自分のレベルにあった問題を配信します。 スマイルゼミの安全対策 スマイルゼミはタブレットを使用する通信教育サービスです。 通信教育のため、いつでも・どこでも・好きな時間に・自分のペースで学習することができますので、受験対策・学校授業の予習復習で、塾に通いたいけど習い事との調整がうまくできない、人と話すのが苦手だから塾に通うのは難しい等それぞれのお子様の悩みを解決します。 タブレットでの学習は、問題を解いたらすぐに自動で丸付けを行えるため、間違えた問題やその原因、解答方法の解説等も同時に学習します。 また、同じ問題を繰り返し行うことで、知識の定着・成績の向上に繋がります。 スマイルゼミはタブレット学習のため、参考書で場所をとることもなく様々な演習を行うことができます。 学習コースもたくさん用意されており、定期テスト対策や英検対策等もあるため、目的に応じて学習内容を選択し、効率よく学習していきます。 また、スマイルゼミのみで学習したり学習塾と併用したりと使い方も多種多様です。 (2019年4月25日時点).

次の

スマイルゼミ メリット デメリット

スマイル ゼミ 最悪

この記事の概要• スマイルゼミ中学生とは? スマイルゼミ中学生というのは「株式会社ジャストシステム」が運営している通信教育で、通称ネット塾と呼ばれている学習塾に当たります。 資料請求はこちらから出来ます。 ですのでこういった通信関係には、とても詳しい会社ということがわかります。 東証一部上場企業なので、まず安心のできる信頼性の高い会社であることは間違いないです。 「2013年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞」 「第10回日本e-Learning大賞・初等教育クラウド部門賞」 などを受賞していることでも評判です。 また全国の公立小学校の約8割で活用されている、 小学生向け学習・授業支援ソフト「ジャストスマイル」 を10年以上にわたって手掛けていることでも実績があります。 スマイルゼミ中学生の特長は? このスマイルゼミ中学生というのは、全国のあちこちで 体験会が行われているようです。 私の住んでいる地域ではいまだにスマイルゼミ中学生の体験会に出会ったことがないのですが、よくイオンなどで開催されているという噂を聞きます。 私もぜひ体験してみたいので、近くで開催されれば行ってみたいと思います。 このスマイルゼミ中学生をホームページやいろいろな情報の中からまとめてみると、 つぎのような 3つの特長があることがわかります。 これによって志望校の偏差値により合った勉強の仕方ができますので、そういう意味では歓迎できるものです。 特進クラスは学校の通常授業よりもやや早い先取り学習になっていますので、迷ったときには標準クラスを選べばいいかと思います。 スマイルゼミ中学生はこのクラス分けによって内容が変わるわけではなく、先取り授業になるかどうかという違いがあるだけです。 途中で変更もできますので、はじめはあまり難しく考えずにスタートすればいいと思います。 テキスト内容が気になるので情報を集めてみましたが、 標準クラスで上位校あたりまで通用します。 もし 特進クラスにすれば上位校~難関校というところで、映像授業やテスト対策などもありますがさすがにトップ校や超難関校までをカバーするのは難しそうです。 これは直感で操作できるので、紙に書くような感覚で勉強を進めることができるはずです。 この機能は文字認識という技術が必要になってきますが、 ジャストシステムという会社がATOKなどそういうのが得意なので実現できている機能です。 スマイルゼミ中学生 以外のネット塾では基本的にパソコンでキーボードを使って解答していくので、これは素直にいいシステムだなと感じます。 このタッチペンを使った操作動画がホームページで見れますので、どんな感じになるものかご覧になってみてください。 私はこのようなネット塾では 「いかに苦手を減らせるか」というのが学力向上につながると思っているのですが、ちゃんとこうして「苦手対策」が行われているのは歓迎です。 それがきちんとできているスマイルゼミ中学生のこの機能は、かならず身になるものになります。 スマイルゼミ中学生は英検に強い!? スマイルゼミ中学生は英検にも強いよ!ということを耳にすることがあるのですが、 いったいどんな対策ができるのだろうかと調べてみました。 するとこのような「先取り英検」という機能があることがわかって、 中3の中頃をめどに英検準2級を合格できる力をつけるというものです。 内容は 英検のスタディギアとほぼ同じ感覚で、英検に特化した勉強ができそうです。 私はこのスマイルゼミ中学生の英語プレミアム「先取り英検」でもいいとは思いますが、 英検を取るのなら個人的におすすめなのが「 」だと思います。 もし私の子供がこのスマイルゼミ中学生を使うのであれば、英検の部分だけはそっちを選びます。 スマイルゼミ中学生の金額 スマイルゼミ中学生の金額について、つっこんで調べましたのでお伝えします。 このスマイルゼミ中学生にかかる費用をまとめると、次のようになります。 また始めてみてヤッパリやめるというときは 「全額返金保証」があるので、期間内ならこの制度が適用されます。 この期間というのは「申し込み手続き完了時にメールで連絡がある」となっています。 スマイルゼミ中学生におためしはある? スマイルゼミ中学生の無料体験がないものか調べましたが、 ぶっちゃけありません。 このような通信教育はほとんどのものが無料体験でおためしができるのですが、 このスマイルゼミ中学生に関しては全国各地で開催されている「体験会」に行くしかありません。 そこで私は無料体験ができないものか考えてみました。 いちど契約して一通り使ってみてから、 「全額返金保証」期間に退会するというやり方であれば可能になります。 しかし一旦は料金を支払わなければいけませんし、何かとややこしい手続きも必要です。 とりあえず資料請求をして詳しいことを見てみる。 というのが、いちばん手っ取り早いです。 この資料にも、全国で開催される無料体験などのことが詳しく書いてあります。 9教科を勉強できて一通りの要素は揃っている教材なので、イチガイにスマイルゼミは最悪という言葉をうのみにし過ぎるのはどうかという気はします。 スマイルゼミが最悪なポイントを考えてみると、料金の高さが挙げられるかもしれません。 途中解約をしたときのタブレット代違約金がけっこう割高になっていて、ほかの通信教育と比較すると確かに費用面では不利かもしれませんね。 再度こちらでお確かめになってみてはいかがでしょうか。 スマイルゼミ中学生のまとめ スマイルゼミ中学生についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 このような通信教育(ネット塾)としては、スマイルゼミ中学生の料金は適当だと思います。 ただ 専用タブレット代がかかってきますので、そこをどう考えるかということになりそうです。 文中でもお伝えしましたが、私はこのような通信教育では 「苦手の克服」がいかに出来るかがポイントだと思っています。 私の子供もそうでしたが、 「苦手の克服=成績アップ」につながることは間違いありません。 「わからないところが、わかる」ようになるのですから、当然といえば当然のことです。 とくに通信教育というのは塾に通わなくて便利な反面、 子供がひとりで勉強に取り組んでいくことになります。 その状況を考えると、こういう 「わかりやすい苦手対策」というのはかなり大きな意味を持ちます。 その点を考えるとこのスマイルゼミ中学生は、 「解答を分析しておすすめの講座がわかる」 といった 「苦手対策」がしっかりと組まれたシステムなので、私はおすすめできる通信教育だと思います。 さらにほかのネット塾にはない 「ペンタブレット入力」があるので、勉強がしやすいはずです。 もしこのスマイルゼミ中学生に無料体験があればおススメするのですが、 設定がありませんので資料請求で詳しい内容をご覧になってみてはいかがでしょうか。 だいたいの知識を持っておいて、イオンなどでスマイルゼミ中学生の体験会が開催されたときに、 実際に触って体験してみるのもいいかと思います。 私も詳しく知りたいので資料請求をしてみました。 スマイルゼミ中学生の詳しい料金などについてはもちろんですが、 その中でも 「内申点のしくみ」はとくに役に立つ内容で、 「公立高校入試情報」という別紙も住んでいる地域の内申点など詳しいことがわかって便利でした。 ほかに「全力キッズ」という冊子では、全国の中学生の子育てについての情報が載っています。 けっこう厚くて読み応えのあるもので、 あ~みんな頑張っているんだな~ と感じる読み物としてなかなか出来のいい内容のものです。 なかなかいいですよ。 資料を詳しく見てみると料金に関してどれだけ「安い!」ということではないのですが、 いくらタブレット代がかかったとしても、学習塾に通うことに比べるとお得な金額です。 「苦手対策」はしっかりと取り入れてあってオススメできるシステムですので、 あとは価格との兼ね合いかな?というふうに感じます。 なぜならスマイルゼミは「学年制」で、いまの学年を選んで勉強する通信教材だから。 こういったタブレット学習には2つのタイプがあります。 さかのぼり・先取りのできる「無学年制」 このうちスマイルゼミは「学年制」のタブレット学習なので、発達障害の特性といえる学力低下を考えるとおすすめではありません。 もし発達障害(学習障害)があってもいまの学年の勉強について行けている、ということであればスマイルゼミをなさってもいいかと思います。 しかし学力が追い付かない状況でタブレット学習を考えるのであれば、スマイルゼミよりも「無学年制」の教材をお考えになったほうが間違いなくおすすめです。 映像授業の分かりやすさは、実際の講師が授業を行うスタイルなので子供によりけりです。 これがキャラクターであれば万人に分かりやすい授業と言えますが、どうしても実際の講師に授業は固い雰囲気になりがちなので子供による部分が大きいです。 なのでわかりやすいかどうか?という点で考えると、今一つかなと思います。 そのほかの項目については良すぎず悪すぎず、といった所のような気がします。 全体的にバランスがとれているネット塾ですが、専用タブレットが必要だったりする分、どうしても費用がかさみがちになってしまうのが少し気になるところです。 ただしタブレットに直接入力できる機能はさすがで、これだけ直感でわかりやすく勉強できるネット塾はほかにないと思います。

次の