スカーレットツイッター。 「スカーレット」、突如のスピンオフ放送に飛び交う不満声とあの“憶測”

【スカーレット】「信作と13人の女」がTwitterトレンド入り その意味は?

スカーレットツイッター

『スカーレット』第10週ネタバレ いよいよ、 喜美子(戸田恵梨香さん)は 丸熊陶業で一人前の絵付師として 再出発します。 そこで、 初めて自分が絵付した火鉢を 八郎(松下洸平さん)へ見せるために 「商品開発室」へと向かいます。 すると 八郎は、仕事が終了した後も 熱心に作品作りに励んでいました。 それを 部屋の隅でみつめる喜美子。 八郎は陶芸家になりたいんですね。 そういう夢を喜美子に話します。 八郎には3つの夢があるそうですが、 他の夢は内緒だといってます。 そのころ 川原家では、 東京に就職した直子から 「モウアカン」と意味深な内容の電報が届きます。 心配になった喜美子は 草間(佐藤隆太さん)と連絡を取り、 直子の様子を見に行って欲しいと頼みます。 再び、会社にて、 陶芸に興味を持ち始めた喜美子は 早朝から八郎のもとを訪ね、 見学したいといいますが、 八郎は戸惑います。 喜美子に対して好意を持っていることと 周りの目が気になりますよね~ まじめな八郎なんですが、 喜美子は、 「ほな、付き合ったらええやん。 」 と言い、 またまたまじめな八郎さんを困らせてしまいます。 電報騒ぎから 直子はどうやら 失恋した様子。 草間が直子を連れて信楽に戻ってきます。 全てを母に話した直子は 気持ちがすっきりしたんでしょう、 東京へと戻っていくんですよね、 ここからまた、 幼馴染みの信作が持ってきた 信楽のイベントである集団お見合いの話へと移り、 八郎も参加しなければならないと 帰っていこうとします。 母が、 喜美子の八郎に対する気持ちに気づいていて 今しかないと背中を押してあげます。 そこで喜 美子は八郎に想いを告げようとします。 その告白を遮るように 八郎は喜美子を抱き寄せるのです。 そんな感じで第11週へとつづきます。 official がシェアした投稿 — 2019年11月月29日午後7時09分PST NHKの連続テレビ小説では 「まんぷく」とか、 幾度と登場されますよね。 なんだか寂しいですね。 これからは 喜美子が独り立ちして絵付師として 成長していく姿へと 話は変わっていくのでしょう。 第9週に入り、 八郎(松下洸平さん)の登場で 恐らく この人が喜美子の夫になる人なんだろうとは 分かっていましたが、 第10週では ますます急接近。 優しい父親ではありますが、 勝手に就職を大阪で探してきたり、 借金増やして呼び戻したり 勝手なオヤジで 酒のみでろくでもないおやじ。 上手に演じられてる北村一輝さんに正直イラっとします 笑 戸田恵梨香さんと松下洸平さんも プライベートで 急接近、現場で仲良し報道があり、 私生活の方でも 月曜日(12月2日)放送の 「見ててもええですか?」の二人のやり取り 松下洸平さんの思い出し笑い のシーンを見てると アドリブ??と 思わせるようなところがかなり気になります。 妹の直子もどうなることか 心配だし、 草間さんの定期的な登場・・・ 川原家の問題に 喜美子と八郎の関係。 戸田恵梨香さんと松下洸平さんの関係。

次の

『スカーレット』戸田恵梨香と松下洸平の演技はアドリブ?第10週のネタバレ|旅大好きアラフォー主婦Happy lifeの道

スカーレットツイッター

戸田は喜美子の思いについて「喜美子は、ハチさんや家族みんなが、やりたいことをやってみたいという喜美子の気持ちを後押ししてくれることにありがたさを感じたと思います。 それと同時に、失敗してなるものかという責任感もむくむくっと湧き上がってきたんです」と語る。 「それなのに、何度も失敗が続きました。 穴窯を作る前は、ちゃんと売れるものを作らなきゃいけないと話していた喜美子が、『売れなくてもいい、自分の作りたいものを作る』と言いだして……考え方も発言もまったく変わってしまいます。 今まではお金を大事に、家族のために一生懸命やってきた人が、家族がだめになってもやり続けるっていう狂気に似た熱意を持ちはじめるんです。 本当に自分がやりたいことと出会ったときって、今まで自分が積み上げてきたものもなかったことになるくらい、そっちに突き進んでしまうんだなと。 天才になる人の片鱗を見た気がしました」 提供:NHK そして、何としても自然釉(ゆう)を完成させたいという気持ちを強めていく喜美子。 戸田は「窯だきに使うお金について、ハチさんが『武志のためのお金やろ』というのも正論なのですが、喜美子には武志のお金を使って申し訳ないという気持ちは一つもないんです。 ハチさんと離れてからは、ハチさんと離れたことに対して、武志に申し訳ないという気持ちを持つけれど、お金に対してはないんです。 恐怖と責任を負っているし、絶対に成功させてやる、成功するまではやめたらいけない、それこそすべてが水の泡になる、と考えているのだと思いました」と分析する。 [PR] そんな喜美子を演じるなかで、戸田の心に深く迫ったセリフがあるという。 「第17週100回(1月30日)の放送で、照子(大島優子)が喜美子のもとにきて、『目え、覚ませ』と言ったとき、喜美子は『ひとりもええなぁ』と返しました。 このセリフが、17週まで演じてきた中で一番印象に残ったセリフです。 一番衝撃的で、台本を読んだときに涙が止まりませんでした。 『ひとりもええなぁ』というのは、今までの自分の人生を全部否定するような言葉じゃないですか。 今まで、ずっと誰かのために生きてきて、それが喜美子の幸せでもあって、心の支えでもあったのに……。 こんな重い言葉があるのだと、鳥肌が立ちました」 提供:NHK 現在は第18週に突入し、挑戦を続ける喜美子の姿が視聴者の熱い視線を集めている。 果たして喜美子は理想の色の焼き物を手にすることができるのか? 八郎との関係とともに今後も目が離せない。 (編集部・大内啓輔).

次の

「スカーレット」番組公式、出演俳優・女優のSNS(インスタ・Twitter)アカウントまとめ

スカーレットツイッター

戸田は喜美子の思いについて「喜美子は、ハチさんや家族みんなが、やりたいことをやってみたいという喜美子の気持ちを後押ししてくれることにありがたさを感じたと思います。 それと同時に、失敗してなるものかという責任感もむくむくっと湧き上がってきたんです」と語る。 「それなのに、何度も失敗が続きました。 穴窯を作る前は、ちゃんと売れるものを作らなきゃいけないと話していた喜美子が、『売れなくてもいい、自分の作りたいものを作る』と言いだして……考え方も発言もまったく変わってしまいます。 今まではお金を大事に、家族のために一生懸命やってきた人が、家族がだめになってもやり続けるっていう狂気に似た熱意を持ちはじめるんです。 本当に自分がやりたいことと出会ったときって、今まで自分が積み上げてきたものもなかったことになるくらい、そっちに突き進んでしまうんだなと。 天才になる人の片鱗を見た気がしました」 提供:NHK そして、何としても自然釉(ゆう)を完成させたいという気持ちを強めていく喜美子。 戸田は「窯だきに使うお金について、ハチさんが『武志のためのお金やろ』というのも正論なのですが、喜美子には武志のお金を使って申し訳ないという気持ちは一つもないんです。 ハチさんと離れてからは、ハチさんと離れたことに対して、武志に申し訳ないという気持ちを持つけれど、お金に対してはないんです。 恐怖と責任を負っているし、絶対に成功させてやる、成功するまではやめたらいけない、それこそすべてが水の泡になる、と考えているのだと思いました」と分析する。 [PR] そんな喜美子を演じるなかで、戸田の心に深く迫ったセリフがあるという。 「第17週100回(1月30日)の放送で、照子(大島優子)が喜美子のもとにきて、『目え、覚ませ』と言ったとき、喜美子は『ひとりもええなぁ』と返しました。 このセリフが、17週まで演じてきた中で一番印象に残ったセリフです。 一番衝撃的で、台本を読んだときに涙が止まりませんでした。 『ひとりもええなぁ』というのは、今までの自分の人生を全部否定するような言葉じゃないですか。 今まで、ずっと誰かのために生きてきて、それが喜美子の幸せでもあって、心の支えでもあったのに……。 こんな重い言葉があるのだと、鳥肌が立ちました」 提供:NHK 現在は第18週に突入し、挑戦を続ける喜美子の姿が視聴者の熱い視線を集めている。 果たして喜美子は理想の色の焼き物を手にすることができるのか? 八郎との関係とともに今後も目が離せない。 (編集部・大内啓輔).

次の