あつ森 住民 らんく。 Full text of Rynosuke

YouTube Live:どうぶつの森

あつ森 住民 らんく

archive. 1 海の ほとり 九 七 :. c; かう ゐん きんじょ かれ きおく G こ う, つ, く, ひち 道〉 寺 信輒の 生まれた の は 木 所の 囘向院 の 近所だった。 彼の 記憶に 殘 つて ゐる ものに 樊 しい 叫 クと うつく い: ひと こと かれ いへ あなぐら だいく だ ぐ. それ 等の 家々 に 面した 道 も 泥濘の 絶えた こと は 一 度 もなかった。 つ たけ ぐら お ほどぶ なんきん も う お ほどぶ あくし う な おまけに 又 その 道の 突き 當り はお 竹 倉の 大 溝だった。 南京 藻の 浮かんだ 大溝 はいつ も惡臭 を 放つ か もちろん 1. IH ちく ,つうつ かん また ほんじよ いぐ わい t ちノ、 てゐ た。 後 は 勿論 かう 言 ふ 町々 に 憂 感ぜす に は ゐられ なかった。 下町 も 何 か 彼 を壓迎 した。 それ は 或は 愛よりも 憐 みに 近い も し あ. ': れ さんじ ふねん 一 こんにち As. が、 憐 みだった にもせ よ、 三十 年後の 今日 さへ 時々 彼の 夢に 入る もの は 生 半の輔 信 寺導大 未だに それ 等の 場所ば かりで ある ……. しんす け ごころ お ぼ た ほんじよ まちく あい な き ほ じ 十な 信輔 は. 並み木 もない 木 所の 町々 はいつ も 砂 ほこ を さな しんす は し ぜん うつく をし ほんじよ i もく かれ 埃り に まみれて ゐた。 が、 幼い 信 軸に 自然の 美し さを敎 へたの はや はり, 本 所の 町々 だった。 - かれ す 二 きょうみ あた し ぜん うつ,、 11 いた 田舍 はかう 言 ふ 育ち かた をした 彼に は 少しも 興味 を與 へなかった。 それ は 自然の 美し さよ り も 寧ろ 自然の 醜 さ を 目の あたりに 見せる ばかりだった。 彼 は それ 等の 美し さの 爲 にいつ か 自然 を 愛し 屮 U した。 い なんど ねっしん よ かへ を 11 かせた もの は 本 所の 町々 に は 限らなかった。 本 も、. 彼の 小學 時代に 何度も 熱心に 請み:. じつ いかれ し ぜん み め もっと えい ふ-やう あた み ほんじよ まちく かれ 二う れん ほんしう 實際彼 の 自然 を 見 る nil に:! 取 も 影 IS を與 へ. た の は 見すぼらし い 本 所 の 町々 だった. j、 つ す こ m 父; i と 波;: と は い つ も の や つ ? f ひ ム や 本' 一よ へ ひ 步ぼ に 行い つ た 百 さ 不ほ 杭う: は ひ の へ i」TK かい 仏 をした。 が、 ?ね あらしい が の自ぎ は 常に 彼 を 不安に した。 乂 優しい 瀬戶. iikした。 I は それ 等の 自然よりも 遙 かに 見すぼらしい 自然 を 愛した。 殊 t う XJ,? それ は 《s 時の 信! i に は 確かに 大きい 幸福だった。 お ほ. : 岸で も 特に 釣り師の 多い 場所だった。 0 の. 間に 舟蟲の 動いて ゐる ばかりだった。 彼 は 父に ゲ 朝に 限って 釣り師の がえぬ 1 を i ねようと した。 が、 まだ 口 を 開かぬ うちに 忽ち その 答を發 見した。 : なみ ぼ,? ア. - 追憶 的 風景 畫を殘 した。 けれども この 朝の 百 本 杭 は —— この 一枚の 風景 畫. は 同時に 乂本 所の 町々 な サぃ しんてき いんえい ぜんぶ の 投げた 精, m 的 陰影の 全部だった。 二 牛乳• 彼 は その 爲に 生まれ落ちた 時から 牛乳 を 飲んで 育って 來た。 それ は當 時の しんす け にく うんめい かれ まいあさ だいどころ く ぎう にゅう ブん けいべつ i たたに し 信 輔には 憎ます に は ゐられ ぬ 運命だった。 現に 小 學へは ひった• ST 年の おい かれ を ば ねんし なに き もち は て. 彼 はー體 何歳 か まこ , if ちち に• 彼 は その 爲 にどう 一 5! ふ 時で も 彼の 友 だ 生 半の 制 ns 寺 導; c てう せん おう てう せん もちろん ひと あろと き たけ ぐら お ほど ふ V を つか と ちの 挑 戰に應 じた。 挑戰は 勿論 一 つではなかった。 或 時 はお 竹 倉の 大溝を 械も使 はすに 飛ぶ こと あるとき ゑ かう ゐん お ほいて ふ はしご の ほ あるとき 免た かれら ひとり なぐ あ だった。 或 時 は囘向 院の大 銀杏へ 梯子 も かけすに 登る ことだった。 或 時 は 又 彼等の 一 人と 殿り 合 けんく わ しんす け お ほど ふ えへ ひざがしら ふる かん ひの 喧嘩 をす る ことだった。 信 輔は大 溝 を 前にす ると、 もう 膝頭の 震へ るの を 感じた。 けれども め なんきん も う すゐ めん いっしゃ つけん めい を ど こ キ- ようふ し! S ん じゅん しっかり 目をつぶった まま、 南京 藻の 浮かんだ 水面 を 一生懸命に 跳り 越えた。 しかし 彼 は たび ゆうかん ら せいふく めいしん はつ たし しき くんれん その 度に 1- 敢に それ 等 を; 徒 服した。 それ は 迷信に 發 したに もせよ、 確かに スパルタ 式の 訓練 だつ しき くんれん かれ みぎ ひざがしら いっしゃう き きす あと のこ おそ かれ せいかく た" この スパルタ 式の 訓練 は 彼の 右の 膝頭へ 一生 消えない 傷痕 を殘 した。 恐らく は 彼の 性格へ も、 しんす け いま ゐ たけ だか ちち こ ごと お ほ き さま いくお くせ なに 11 信輔は 未だに 威 丈 高に なった 父の 小言 を覺 えて ゐる。 何 を と. -vt がう じ やう する 時で も 剛情で いかん。 」 かれ めいしん V- いは ひ しだいき い かれ せいやう し なか すくな かれ めいしん しかし 彼の 迷信 は 幸に も 次第に 消えて 行った。 いや、 牛 A に 育った こと は むし かれ ほこ しんす け ちう がく はる とし かれ をち いつ. たう じ をぢ Jrr 寧ろ 彼の 誇りに なった。 信 輔は中 學へは ひった 春、 年と つた 彼の 叔父と 一し よに、 常 叔父が 經 えい -ゝ ちゃうい. JC, ぽ 一一 レー V ヌ、 う、 -. -J、. r、 」 、:ね 營 して ゐた 牧場へ 行った こと を覺 えて ゐる。 殊に やっと 柵の 上へ 制服の 胸 をのし かけた まま、 目 まへ あゆ よ しろうし ほ く ざ "c は うし かれ かほ み あ し-つ の 前へ 歩み寄った 白 牛に 千し 苗ャを やった こと を覺 えて ゐる。 彼 は その 顏を 眺めた 時、 ふと この 牛の 隨の屮 に 何に か 人間に 近い もの を感 くうさう あるひ くうさう し かれ き おく なか -.. ま お ほ しろうし 1 つとう• ,: な じた。 空想? —— 或は 空想 かも 知れない。 なつか 盛った 杏の 枝の 下に 柵に よった 彼 を 見上げて ゐる。 しみじみと、 懐し さう に。 …… 三 貧困 しんす け か てい ま-つ もっと かれら ひんこん むねわりながや ざっきょ 4- りう, S- いき ふ ひんこん 信輔の 家庭 は 貧しかった。 赦の食困ではなかった。 u- ふ ひんこん しょ,, - くわん リ が、 體裁を 線ふ爲 により 苦痛 を 受けなければ ならぬ 中流 下辭隙 級の 貧困だった。 その 爲には 勿論 節儉の 上に も 節儉を 加へ なければ ならなかった。 彼等 は げんくわん いつま いへ ひ に.. ! もんが ま いへ. 母 もや zM'. の 輔信寺 導 人 は おり した おひ t しんす は しんす は いま くさ かれ つく ゑ はり 羽織の 下に はぎ だらけの 帶を隱 して ゐた。 信輔も 11 信輔は 未だに 二 スの 臭い 彼の 机 を覺ぇ つ,、 ゑ ふる か うへ は みどりいろ ら しゃ ぎんいろ ひか ひキ」 だし かなぐ いっけん てゐ る。 机 は 古いの を 買った ものの、 上へ 張った 綠 色の 羅紗 も、 銀色に 光った 抽斗の 金具 も 一見 こ ぎ xiA で き あが じつ ら しゃ うす ひきだし す なほ 小 綺麗に 出來 上って ゐた。 が、 實は 羅紗 も 薄い し、 柚 斗 も 素直に あいた ことはなかった。 これ は かれ つく ゑ かれ いへ しゃう 4 つよう ていさい つ 二ろ かれ いへ せいく わつ しゃう ちょう 彼の 机よりも 彼の 家の 象徵 だった。 體裁 だけ はいつ も 轄 はなければ ならぬ 彼の 家の 生活の 象微だ つた。 …… しんす け ひんこん に,、 いま たう じ ぞう を かれ こころ おくそこ け がた はんき やう C こ 信輔 はこの 貧困 を. 憎んだ。 いや、 今 もな ほ當 時の 憎惡は 彼の 心の奥底に r がし 難い 反響 を ft べして かれ ほん か かき がく かう ゆ あた ぐ わいた う き ゐる。 彼 は 本 を 買 はれなかった。 夏期 學 校へ も 行かれなかった。 彼 は 彼等 を 羨んだ。 時には 彼等 を 妬み さへ し しっと せんば う じにん が へん かれら さいのう けい ペリ ため た。 しかし その 嫉妬 や 羨望 を 自認す る こと は肯 じなかった。 それ は 彼等の 才能 を輕 蔑して ゐる爲 ひんこん たい ぞう を す こ ため か は かれ ふるだた み 5 すぐら だった。 けれども 貧困に 對 する 憎惡は 少しも その 爲に 變ら なかった、 彼 は古疊 を、 簿ー附 い ランプ を、 蔦の 畫の剝 げかかった 唐紙 を、 11 あらゆる 家庭の 見すぼらし さ を 憎んだ。 が、 それ はま だ よ かれ ただみ ため かれ う り や 5 しん にく 二と かれ せ ひく は• 好かった" 彼 は 只 見すぼらし さの 爲に彼 を 生んだ 兩親を 憎んだり 殊に 彼よりも 一! さ しゅっせき しんす ば かれ とも まへ い ちち げた 父 を 憎んだ。 父 は 度た び學 校の 保證人 會議に 出席した。 モ- だ ど っぽ を昆 る;. 」 と を恥ぢ た。 同時に また 肉 身の 父 を 恥 ぢる彼 自身の 心の 卑し さ を恥ぢ た。 P 木 W 獨ルを も う-う. かれ み-つか あざむ き き けいし いちまい い いっせつ G こ 模— 倣した 彼の 「自ら 欺かざる の 記」 は その 黄ばんだ 紙の 一 枚に かう 言 ふ 一 節を殘 して ゐる。 11 よ S あ,. あた いな あい あた あら ふぼ ひと あい. ふ-ぼ: ぐ わ, いにん 「予は 父, を 愛する 能 はす。 否、 愛する 能 はざる に 非す。 父母 その 人 は 愛すれ ども、 父 I?: の 外 兄 ち 1 あた たち もつ ひと と 二ん し は ところな り いはん ふ ぽ かたち うんぬん しへ. " , を 愛する 能 はす。 貌を 以て 人 を 取る は 君子の 恥 づる所 也 C 況ゃ父 a: の貌を 云々 する を や e ダ. 」 け ,el ども か う 言 ふ 見す ぼ らし さよりも 更に 彼の 憎んだ の は 貧困 に 發 した 似,, り だ つた。 母 は 一 厕 干つ くわし ゃリ しんせき しんもつ なかみ, ふうげつ ど. 父 も、 11 如何に 父は眞 事し やかに 「勤儉 尙武」 を敎 へたで あらう。 父の 敎へ ところ ふる いっさつ ぎょく へん ほか かんわ じ て. ! 錢 でも 餘 まに 焚った 上、 何よりも 彼の 娥 ゑて ゐた本 や 雜誌を 買ふ爲 だった。 彼 はつり 錢 を 慰した ことにしたり、 ノオト. ブック を 買 ふこと にしたり、 學友會 の 會费を 出す ことにしたり- つ.. 勿論 彼に は 彼 自身の 嘘も兩 親の 嘘の やうに 不快だった。 f うく わつ うそ. かれ なに さき ひつえう 4f が-. 大膽に 狡 猜に噓 をつ いた。 彼の 「自ら 欺かざる の 記」 は その 最後の 一 牧 にかう 一 H ヌ數 ぎ. S うのこ I:;: を殘 して ゐ る。 I - どつ こ ひ こ ひ い よ ぞう を ;. てろ を ひんこん たい きょぎ 、 r 獨歩は 戀を戀 すと 首へ り。 予 は憎惡 を憎惡 せん 「こす。 貧困に 對 する, 虚偽に 對 する あらゆる ぞう を ぞ う を. 憎惡を 憎惡 せんとす。 彼 はい つか 貧困に 對 する 憎 惡 そのもの を も 憎んで ゐた。 かう 言 ふ 一 一 ちゅう わ ろ;が ぞう を はたち まへ. 尤も 多少の 幸福 は 彼に も 全然ない 跃 ではな かれ し ナし だ, S V- ん ばん よ まん せいせき し A 一た あるか きふ ぴ せう ねん もと かれ あい かった。 彼 は 試 i4 の 度 ごとに 三番 か m 番の 成績 を. 又 或 下級の 美少年 は 求めす とも 彼に 愛 しめ ら しんす け どんてん も ひ ひかり ぞう を い かん ひやう かネ を 示した。 ュ 心を塑 して ゐた。 のみなら すいつか 彼の 心へ 消し 難い 痕跡 を殘 して ゐた。 豪奢 を も、. 彼 は 今日 も 彼 自身の 中に この 憎惡を 感じて ゐる この ひんこん たた 1 ハ だう とくて きき よ う ふ• 贫 困と 鬪 はなければ ならぬ Petty Bourgeois の 道德的 恐怖 を。 fr やう ど だ V かく そつ 》b ふ あき しんす は はふく わ ざいがくち う あると も. 1 丁度 大學を 卒業した 秋、 信輔は 法科に 在學 中の 或 友 だち を 訪問した。 V せんつ 1 らう じん しんす け ら,。 その後へ 顏を 出した の は 六十 前後の 老人だった。 A く に、 I! アル コ オル 中毒の 老人の 顔に 退職 官吏 を直覺 した。 ぼく 千, ナ. ' 「僕の 父。 」 かれ とも かんたん ら, T じん せう かい らう じん むし がう ぜん しんす け あい V. き なが, -, 彼の 友 だち は簡單 にかう その 老人 を 紹介した。 老人 は 寧ろ 傲然と 信輔の 挨拨を 聞き流した そ ぉノ、 まへ -ご いす い たる ほどに- V やく れ から 奥へ は ひる 前に T どうぞ 御 ゆっくり。 あすこに 椅子 もあります から」 と 言った。 が、 それ 等 は 腰の 高い 赤い クッションの 色の 褪め. 信輔 はこの 二 脚の 椅子に 全 中流 下層階級 を 感じた 同時に 乂 彼の. 思想 は 今後 も 彼の 心に 雜 多の 陰影 を與 へる かも 知れない。 しかし 彼は佝 よりも 先 た-しょくく わんり. 4- す こ か そうかい きふ ひんこん きょぎ あま ちう り うか そう. A い々 ふ に 退職 官吏の- 子だった。 しゅつ が、 中學 から 高等 學校、 高等 學 校から 大學と 幾つかの 學校を 通り 拔 ける こと は 僅かに 貧困 を脫 ひと きうめ いたい もっと しんす け ちう がくじ だい い じ- i. 尤も 信輔 は屮學 時代に はかう 言 ふ 事實を 認めなかった 少 くと 1ゾ と うがく そつげ ふ ころ ひんこん けふゐ どんてん し. 自尊心の 强 い: lai は 意地に も 彼 自身 を 守る 爲に、 いつも かう 一 Ik ふ 屈辱 を 反撥し なければ ならなかった。 さもなければ あらゆる 不良少年の や カオ じ L ん 力ろ を は かれ じき やう:: つ おうぐ たう ぜん みづか ぁャ」 む 々- うに 彼 自身 を輕ん する のに 了る だけだった。 彼 は その 自彊 術の 道具 を當然 Rni ら 欺かざる の 記」 に ちと 求めた。 1 - よ うむ あくめ. い お ほ わか さん な 5 r 予の 蒙れる 惡名は 多 けれども、 分って 三と 爲す こと を 3: べし。 いつ ぷん じゃくな り ぶんじゃく にくたい ちから せいしん ちから おも. 「その 一 は 文弱 也。 文弱と は 肉體の 力よりも 精神の 力 を 重ん する を 一一 一: 2 ふ。 に けいて う ふ はくな り けいて う ふ よく 二う り まか ぴ あ. - 「その 二 は輕佻 浮薄 也。 輕佻 浮薄と は 功利の 外に 美なる もの を する をず ふ。 傲慢と は妄に 他の 前に 自己の 所信 を 屈せざる を 一一 一一 :! ふ。 」 , , , ポ, "M- こと. 彼等の 或 もの は 家族 を 加へ た 茶話 會に彼 を 招 ' : 3 i たかれら- ある かれ えいご せう せつ か かれ し, ん,、 ねん そ. -げふ とき い か 待した。 又 彼等の 或 もの は 彼に 英語の 小說 など を 貸した。 が、 「敎育 上. I へ?: ると、 どうしても 自由に 振舞 はれなかった。 るの も f? ない のに 違 ひなかった。 しかも この il! - やう t じっさい 4 へたに うし さ。 g は 6 とず ふ アラビア 數 字に 敎員窒 中の 冷笑 を 感じた。. g の 成績 はこの 六 點の爲 にいつ も 三潘を 越えなかった。 惡を 忘れて ゐる。 屮學は 彼に は惡 夢だった。 f は g の I みつみて ゐ たやう に かのお のち 1 都に なった。 r 彼に 與 へられた もの は畢 竞落寞 とした 孤獨 だった。 'す あ. - -. …… 五 本 ほん たい しんす け じ やう:; 5 つ きうが くじ だ. - よじ ノ I. 本に 對 する 信 輔の 情熱 は小學 時代 t から 3? つて ゐた。 - 實際彼 は 人生 を 知る 爲に 街頭の 行人 を 眺めなかった。 それ は 或は 人生 を 知る に は 迂遠の 策だった のか も 知れなかった。 が、 がいとう かう じん かれ ただ かう じん かれ かれら し ため かれら あい ん, れら iv- つ を いれ 街頭の 行人 は 彼に は 只 行人だった。 彼 は 彼等 を 知る 爲に は、. I 彼等の 愛 を、 彼等の 15 惡を、 彼 ら きょえいしん し ため ほん よ ほか ほん こと せいき まつ ョ ロッぺ う ン 等の 虛榮心 を 知る 爲には 本を讀 むより 外はなかった。 いや、 或は -V ん あく わか かれ じ しん た t しひ I: つけん じんせい き. それ は 人生に は 限らなかった。 彼 は 本 所の 町々 に 自然 3 うつつ、 はっけん かれ し ぜん み め た 4- う するど く は な,? さつ あいどくしょ 美し さを發 見した。 しかし 彼の 自然 を 見る目に 多少の 鋭 さ を 加 へたの はや はり 何册 かの 愛讀 書、 な ふふづ くげんろ く はいか-い かれ らょ ため みわこ ちか やま なリ うこん たけ あき かぜ. I 就中 元祿の 俳諧だった。 彼 は 彼の 半生の に 何人 かの をん な れんあい かん かれら たれ ひとり をん な うつく をし すくな モし キ な "ぐ わ、 女に 戀愛を 感じた。 けれども 彼等 は 誰 一人 女の 美し さを敎 へなかった。 彼 は H の 光 を 透かした. 女 は 今 も 信 輔には その 爲に 美し さを傳 へて ゐる。 :!:. に めす はっけん し ノ 學 ばなかった とすれば、 彼 は 或は 女の 代りに 牝 ばかり 發 見して ゐた かも 知れない。 …… もっと まづ しんす け たうて いかれ よ ほんじい うか. 第二に 货 本屋のお かげだった。 T 撃へ t ひ M つ む じゃき しん つ i ほん さ ふう よそ ほ ; 一き ほん う い 5 A ぉ. T う りぬ 時 はやむ を す 本を資 りに 行った。 つたこと はなかった。 彼 は 或 薄雪の 夜、 祌保 通りの 古本屋 を 一軒一軒 观 いて 行った。 それ も 只の 「ツァラ トス トラ」 ではなかった。 ?ー :!:: ほどぎ に 狼の 信 資 つた 手 だらけの 「ツァラ トス トラ」 だった。 , 、. 田お し じ、 も に ひ し Hi だ た し。 ミ も 、 何き I か I 微'' 一 V: m 【fi ほ 六 友 だち , しんす ナ v;-0 う た せう と とも つく で き L. それ は 操行 點六點 の 彼に は 當然の 態度に 違 ひなかった。 彼 は中學 力ら 2. 11' うとうが く かう -f うとう-; A く かう だ、. 勿論 彼等 じっぷん た のち. かれ ふるほんや をん な しゅじん - 丄 め,, ,-,. しかし 又 同時に 口の 中には 何度も 彼. R 身 を 1- 笑して ゐ た。 こった。 ュぉま なま」 と I ばれる ことに は 常に 多少の 偸 快 を 感じた。 -ヒ すうよ、 しゃ おな きしゅくしゃ しんす け あるとき. しゃ ある ャ リスト はう くわい きくわん ざっし あ ひか:;、 ん、 す た。 が ハイ P ンさ へ、 リヴ イング ス トンの を酽ん で淚を 流した と 言 ふこと は 何 を 我々 に敎 へ るで あらう か?」! 大 g 輒 はお HQVS を ik はすに? i だち をお る こと は 出 奢なかった。 頭腦 を、 n がっしり 24 と w 來 上った: m 腦を。 ともこ. ホイ ッ卜 マン、 じ いう 丄. この 蒙 は f よりも ii の の!! に a! れ たものに 違 ひなかった。 しかしお のづ から その 11 に, い sfe らしい ぎき. ! ビ たこと も t だった。 び もえ しい 灯 取蟲の 生死 を 思 ひ 出す 度に, なぜか 彼の 心の底に 多少の 寂し さを感 する ので ある。 しんす け V,- い C う た やう と とも つく で き へう じゅん 入-だ 信輔は 才能の 多少 を 問 はすに 友 だち を 作る こと は出來 なかった。 標準 は 只 それだけだった。 し へう じゅん ぜんぜん れいぐ わい わけ かれ とも. れ あ ひだ せつだん かしゃ はりこの 標準に も 全然 例外の ない 訣 ではなかった。 それ は 彼の 友 だち と 彼との 問 を 截斷す しゃ, 、わいて きかいき ふ さべつ しんす け かれ そだ に よ ナノつ りう かいき ふ せいねん なん かん る 社會的 階級 の 差別だった。 信輔は 彼と 育ち の 似寄 つ た 中流 階級 の 靑 年に は 何 の こ だはり も 感じ ゎづ かれ し じ やうり うかいき ふ せいねん とき ち-つり-つ ヒ やうそう,;;、,. きふ せ、, ねノ〉 もう なかった。 彼等の 或 もの は 怠惰だった。 彼等の 或 もの は だった。 又 彼等の. けれども 彼の 憎んだ のは必 しも それ 等の 爲 ばかりではなかった。 むし ら なに ばくぜん ため もっと かれら ある かやり じ しんい しき いや、 寧ろ それ 等よりも 何 か 漠然とした ものの 爲 だった。 その 爲に又 下流 階級に、 11 彼等の 社 會的對 跡 Si に 病的な 悄 怳を感 かれ かれら どうじ やう かれ どうじ やう ひっき やう やく た なに あ,、 しめ じて ゐた。 彼 は 彼等に 同情した。 しかし 彼の 同情 も 畢竟 役に は 立たなかった。 と 外れ する 前にい つも 針の やうに 彼の 手 を 刺した。 或 風の 塞い ra 月の 午後、 高等 學 校の 生徒だった 彼 は ,. か れら ひとり ある だんしゃく ちゃうなん え しま がげ うへ だた す め した. tc らい そ ノ, i 彼等の 一 人、 11 或 博の 長男と 江の 島の 嵐の 上に 佇んで ゐた。 nl の 下 はすぐ に 荒 碗だった。 彼 ら もぐ せう ねん ため なんまい どうく わ な せう ねん どうく わ お た; -S 等 は 「港り」 の 少年た ちの 爲 に何妆 かの 銅貨 を 投げて やった。 少年た ち は 銅貨の 落ちる 度に ぼん ぼ 26 うみ なか を ど ひとり あ ま がけ した た あくた び まへ わら なが ん 海の 中へ 跳り こんだ。 しかし 一 人 海女 だけ は 崖の 下に 焚いた 芥 火の 前に 笑って 眺めて ゐる ばか りだつた。 「今度 は あい つも 飛び こませて やる ピ. それから 體を 反らせた と 思 ふと、 精一 どうく わな と どうく わ ひか かぜ たか なみ か お ばい 銅貨 を 投げ飛ばした。 銅貨 はきら きら 光りながら、 風の 高い 浪の 向う へ 落ちた。 するともう あ ま とき さき うみ と しん. h いま くち ざんこく び 斗-う 海女 は その 時には まつ 先に 海へ 飛び こんで ゐた。 信輔は 未だに ありあり と 口 もとに 殘 酷な 微笑 を うか かれ とも お ぼ かれ とも ひとな いじ やう ご がく さいのう そな , A た 浮べた 彼の 友 だち を覺 えて ゐる。 彼の 友 だち は 人並み 以上に 語學の 才能 を 具へ てゐた C しかし 义 たし ひとな いじ やう するど けんし そな 確かに 人並み 以上に 鋭い 犬 齒をも 具へ てゐ た。 …… 附記。 この 小說 はもう こ の 三 四 倍續け るつ もりで ある。 今度 揭げ る だ け に 「大導 寺信輔 の 牛 生」 と n ふ 题 は 相赏 しない の に 違 ひない が、 他に る 題 もない 爲 にやむ を 得ず 用 ひる ことにした。 大正 十三 年 十二月 九: :!、 作者 記。 大正 十三 年 十二月. j,- はる した かれ じしん たい をん かん ほのぐら いし. A , だん 大學 生の 中: 5: は 薄い 春の ォヴ ァ. コ オトの 下に 彼 自身の 體溫を 感じながら、 仄 い 石の 階段 を :;1 ベ" つべ わん に• 'い 、の. ぼ かいだん ひだり は ちうる ゐ へう ほんしつ た. A むら そ 博物館の 二階へ 登って いった。 階段 を 登りつ めた 左に あるの は爬蟲 類の 標本 室で ある。 中 杓 は 共 こ i へ 今一ん うでどけい なが うで どけ" まり さ 、よ b 處へは ひる 前に、 ちょっと 金の 腕時計 を 眺めた。 腕時計の 針 は 幸 ひに もま だ 二 時に なって ゐ ない 9 IV んぐ、 わい おく ノ なか むら おも い そん. き 有 外遲れ すに すんだ もの だ、 —— 屮村 はかう ふうちに も、 ほっとす ると 言 ふより は损 をした ハ浙 もちに 近い もの を 感じた。 は うる ゐ へう ほんしつ かんしゅ け ふ ある なか ,: だう す V リ f うちつ 爬蟲 類の 標本 室 は ひっそりして ゐる。 看守 さへ 今日は 步 いて ゐ ない。 その 中に 唯 簿ら. これ は 何も 彼等の 好みの 病的 だ 00 ため ただ ひとめ. さ ため え こ こ えら こうる! ん 2 つた 爲 ではない。 只 メ目を 避ける 爲 にやむ を 得す 此處を 選んだ ので ある。 公, 險、 カフェ、 ステェ ら き よわ かれら たう わ,、 あた こと かた あ. 9 シ ョ ン I— それ 等 は いづれ も氣の 弱い 彼等に 當 惑を與 へる ばかりだった。 殊に 一;! いや、 最初に 彼と 一 しょに 井の頭の 公園へ 出かけた 三直 子 もま だ何處 かもの 15 しい 寂. 春 しさ を帶 びて ゐた ものである。 ' 中 村 はもう 一度 腕時計 を 眺めた。 腕時計 は 二 時 五分 過ぎで ある。 彼 はちよ つと ためらった 後、 と あ てうる ゐ へう ほんしつ きんけい てう はちす すめ う-つく だいせ う はくせい とリ ガ-ソ 隣り合った 鳥類の 標本 室へ は ひった。 i しひ うつく しな 子 越しに 彼 を 眺めて ゐる。 三重 子 も かう 言 ふ 鳥の やうに 形骸 だけ を殘 した まま、 魂の 樊 しさ を 火 かれ お ぼ みへ こ へ あ とき つ てし まった。 彼 はは つ きり 覺 えて ゐる。 三重 子 はこ の前會 つた 時には チ ウイ ン• ガム ばかりし 7H た 免へ あ とき うた うた こと かれ おどろ ひと やぶって ゐた。 その 又 前に 會 つた 時に も オペラの 噴ば かり 歌って ゐた。 殊に 彼 を 驚かせた の は 一 つき まへ あ みへ こ みへ こ あげく し う 月 ほど 前に 會 つた 三重 子で ある。 - うで ど づぃ にじ じふ ご ふん なか むら いき も は ちうる ゐ へう ほんしつ ひき かへ 腕 時 ぼ は 二 時 十五 分で ある。 永久に 11 しかし 彼 は 永久にで はない。 腕時計の 二 時 V. 樱 はま ださいて ゐ ない。 かう い ふ 公園 を散步 する の は 三重 子 と问處 かへ 出かける よりも 數等 幸福と いはなければ ならぬ。 いっか 情熱 を 失った 彼の 戀 愛の 象 微か も 知れない。 三ず; f は 或 ひ は ひと 足 違 ひに この 部屋 へ は ひって 來る かも 知れない。 そ i メ へ こ 々J どメ、 き どく き どノ、 ンカ才 み - こ- ひ 7. J -、 れ では 三重 子に 氣の 毒で ある。 r 二,、 IT ノズ」 も 彼 自身の 義務感に 惱 まされて ゐる。 この 義務感 を 安ん する 爲に はもう 十ハ 刀. なに、 三重 子 は 必す來 ない。 そのぎ ぶ IE 卜 - 春 料ら 魏 い 窘の臭 ひば かり 漂 づてゐ る。 が、 彼の 戀愛は 全然 冷え切って ゐな いの かも 知れない。 さもな け かれ むかし はくぶつ くわん そと ある もっと じ やうね つ うしな よ,、 ばう C こ れば彼 はとうの 昔に 博物館の 外を步 いて ゐ たので あらう。 慾 望.. しかし 愁望 ではない。 彼 は 今にな つて 見る と、 確に 三重 子 を 愛し みへ こ i くら け あ あし いろ しろ ゆび そ てゐ る。 三重 子 は 枕 を 蹴上げた りした。 けれども その 足 は 色の. G いば かり か、 しなやかに 指 を 反 こと とき わら ゑ かれ こ くび かたむ み へ こ わら が ほ おも だ ら せて ゐる。 殊に あの 時の 笑 ひ聲は i 彼 は 小首 を 傾けた 三重 子の 笑 ひ 顔 を 思 ひ 出した" に じ し じっぷん 二 時 四十 分。 にじし じふ ご ふん 一 一時 四十 五分。 さんじ 三時。 三時 五分。 さんじ じつ ぶん とき なかむ ら はる した さむ 力ん 三時 十分に なった 時で ある。 屮村は 春の ォヴァ• X X X X X X ひ でんとう だ じぶん なか ら ある すみ かれ とも はな かれ とも その 日 も電燈 のと もり 出した 時分、 屮村は 或 カフ H の 隅に 彼の 友 だち と 話して ゐた。 彼の 友 だ 1 りか i せう iJ つか し ばう だいがくせい かれら いつば い こうちゃ まへ じ どうしゃ び てきか ち ろん ち は 城 川と いふ 小說家 志望の 大學 生で ある。 彼等 は 一 杯の 紅茶 を 前に 自動車の 美的 惯,: g を 論じた けい ざ いてき か ち ろん らっか のち なか むら きんぐち ひ り、 セザン ヌの經 濟的惯 値 を 論じたり した。 が、 それ 等に も 疲れた 後、 中 村 は 金口に 火 をつ けな ほ とん たにんみ うへ できごと けな だ がら、 殆ど 他人の 身の上の やうに け ふの 出 來事を 話し 出した。 「莫遍 だね、 俺 は。 」 はな を は なか むら く は 話し を 終った 中 村 はつ まらな さう にかう つけ 加へ た。 」 ほり か は む ざう さ れいせ う またたち ま. CT うどく だ 堀川 は 無造作に 冷笑した。 それから 又 忽ち 朗讀 する やうに こんな こと を しゃべり 屮:: した。 きみ かへ は ちうる ゐ へう ほんしつ そこ じ かん 「君 はもう 歸 つてし まふ。 爬蟲 類の 標本 窒は がらんと して ゐる。 其處 へ、 11 時 問 はいくら もた さんじ じさ ふんぐ、,: ゐ そ こ かほ あ を じろ ぢ よがく せい ひとり く もちろんかん しゅ たれ たない。 やっと 三時 十五 分 位 だね、 其處へ 顏の靑 白い 女學 生が 一人 は ひって 來る。 ひかり うす く へ いくわん じ こく く ぢ よがく. 411 ,, おな そのうちに 光 は 薄れて 來る。 閉館の 時刻 もせ まって 來る。 けれども 女 學生は 同じ やうに いつまで たた ナ かんが せう せつ もっと き き せう せつ みへ こ もぢ つと 佇んで ゐる。 ,11 と考 へれば 小說 だが ね。 尤も 氣の 利いた 小說ぢ やない。 三軍: 子なる も い きみ しゅじんこう ひ. 「三重 子 も 生憎 肥って ゐ るの だよ。 」 「君よりも か?」 ばか い おれ に じふさん ぐわん ご ひゃくめ みへ こ たし じふし ちくわん ぐら ゐ 「莫遍 を 言へ。 俺 は 二 i" 三 貫 五 百 目 さ。 三重 子 は 確か 十七 貫 位 だら う。 」 じふ ねん なが さ なか むら い i みつ ゐ なに つ と みへ こ ナ つ-一し 十 年 はいつ か 流れ 去った。 中 村 は 今 ベルリンの 三 井 か 何 かに 勤めて ゐる。 三重 子 もとう に 姙 せう せっか モリ かけやす きち ある ふ じん ざっし しんねん,. 小説家 堀川 保 吉は或 婦人 雜 誌の 新年 號の ロ繪に 偶然 三重 子を發 見した。 抑 , ,、 J ぶで f じふ ねん まへ たい UV は み め 4- すきち 笑んで ゐる。 容色 はま だ 十 年 前と 大した 變 りも昆 えない ので あらう。 …… 4 人• 化 十四 年 一月 はなし しゅじんこう をし の はん ざ ふ. , I う い をと こ あいにくたい をと こ ぺ キ ン みつびし つ. V この 話の 主人公 は 忍 野 半 三 郞と言 ふ 男で ある。 生憎 大した si- ではない。 北京の 三菱に 勤めて ゐ さんじ ふぜん ご くわいし ゃゐん はん ざぶ らう しゃう くわ だいがく そつげ ふ のち ふたつきめ ぺ 千 ン く る 三十 前後の 會 社員で ある。 半 三郞は 商科 大學を 卒業した 後、 二月 目に 北京へ 來る ことにな つた。 しかし 又惡 いと 言 ふ ほどで もない。 " 、 はん ざ ふらう に ねん まへ あるれ いぢ やう けっこん れいち や. 令嬢の 名前 は 常 子で ある。 これ も 生 I? 戀愛 結婚で はない。 ある しんせき らう じん ふラふ なかう ど だつ ばいしゃく はつ こん つねこ ぴ じん い もっと たしう ふ 或 親戚の 老人 夫婦に 仲人 を 頼んだ 媒約 結婚で ある。 常 子 は 美人と 言 ふ ほどで はない。 尤も 又醜婦 、 」• ービ ふと モょ び せう う ほうてん ぺ キ ン く 七 と 言 ふ ほどで もない。 只 まるまる 肥った 顿 にいつ も 微笑を浮かべて ゐる。 奉; 太から 北京へ 來る途 ちう しんだいしゃ なんきんむし さ とき ほか ぴ せう う いま なんきんむし に 中、 寢臺 車の 南京 蟲に螫 された 時の 外 はいつ も 微笑を浮かべて ゐる。 それ は X X 胡 同の 社宅の 居 問に 蝙幅 印の 除蟲 菊が ニ議、 ちゃんと 具へ 37 つけて あるから である。 が かれ わたし は 半 三郞の 家庭生活 は 平々 凡々 を 極めて ゐ ると 言った。 赏際 その 通りに 遠 ひない。 あらゆる 北 キン ぢぅ くわいし ゃゐん かに せいく わつ いとな かれら せいく わつ うんめい しはい も わけ は 京 中の 會 社員と 變り のない 生活 を營 んでゐ る。 運命 は 或 眞畫の 午後、 この 平 々只々 たる 炭 庭 生活の 單調を 一撃の もとにう ち碎 いた" 三 びし くわいし ゃゐん をし のに ス ざぶ らう なう いっけつ ため とんし 菱會 社員 忍 野 半 三 郞は腦 溢血の 爲に 頓死した ので ある。 t んざぷ D. 「 き if 外の 馬市の 馬です。 今し がた 死んだ ばかりで すから」 「ぢ やその 馬の 脚 をつ けよう。 馬の 脚で もない より は 好い。 ちょっと 脚 だけ 持って 來 給へ。 半 ョ郞は 三 ぎび つくりした。 H:l の 脚な どに なった U に はガ i グビ ある" は 夙 もち をつ いたま ま、 年と つた 支那 人に 歎-做した。 - さい。 わたし は 馬 は大嫌 ひなので す。 へ ン リイ 何とかの 脚で も かま ひません。 」 とった 支那 人 は 氣の毒 さう に 半 三 郞を見 F しながら、 何度も 點頭を 繰り返した。 しかし 人 問の 脚 はない のです から。 — まあ、 災難と ふ諦 うま あし ぢぉ うぶ とき- て いて つ う やまみ ち へ いに- めなさい。 しかし 馬の 脚 は 丈夫です よ。 時々 蹄鐵を 打ち か へれば、 どんな 山 近で も 平ぐ 湫で すよ. わか したやく う iH あし に ほん さ. そのうちに 下役 は 彼の 側へ 來 ると、 ぐつ くっし i, こ 于: づ だ 靴 や 靴下 をが し 出した。 馬の 脚 だけ はよ して くれ 給へ C 第一 僕の 承諾 を經 すに I 僕の 脚を修 緒す る 法 は ない C …… 」 はんや J ふらう わめ したやく みぎ あな 51 あし いつほん うま あし 半三郞 のかう 喚いて. 本 さしこんだ。 馬 の 脚は齒 みぎ もも く こんど ひだり あな いつ 1。 ヌ あ- ん丄ぢ や-う そば せんたくや こん-. これ だけ は 今後 も實 行し なければ ならぬ。 猿股 や ズボン 下 ゃ靴ド うま け に はいつ も 馬の 毛が くっついて ゐ るから。 實は常 子に 知られぬ やうに 靴 I.. '化 をに. その上 常 子に 見られぬ や おし さき まう-。. 常 子 は 昨夜 寢る 前に 「あな たは ほんとうに 寒がりね。 腰 へ も 毛皮 を卷ぃ て いらっしゃ るの?」 と. 一; U つ た。 …… 」 んざ ぶら う ほか い ,、た き けん さつぐ う いちいち i ぃキょ. うてい た ところ 半三郞 はこの 外に も 幾多の 危險に 遭遇した。 が、 半 三郞の 日記の 屮 でも:: 取 も わたし を 驚かせた の は 下に 报げ る出來 事で ある。 ちま, ふと, もっと せいやう ぼ しゃ ぁゐ いろ ほろ は しな 1;- しゃ ぎょしゃ もちろん がー 臺 止まって ゐる。 尤も 西洋の 馬車で はない。 藍色の 幌を 張った 支那 馬車で ある。 と たん ぎょしゃ むち な こ ゑ う t あと すると その 途端で ある。 敷 者 は 鞭 を 鳴らせながら、 「ス ォ、 スォ」 と聲を かけた。 r スォ」 は 馬 を 後 とき しな じん つか ことば ば しゃ こと" を は あと さが だ にやる 時に 支那 人の 使 ふ 言葉で ある。 馬車 はこの 言葉の 終らぬ うちにが たがた 後へ 下り 出した。 が だ とキ- おれ と 同時に 驚くまい ことか! 俺 も 古本屋 を 前に 見た まま、 一足 づっ 後へ 下り 出した。 この 時の 怖 こころ きょうふ い き やうが く い たうて いひつ でつ つく• で き おれ 、」: つ クと し の 心 もち は 恐怖と 言 ふか、 驚愕と 言 ふか、 到底 筆舌に 盡す こと は出來 ない。 俺 は 銜らに 一 足で も まへ で どりょく おそろ ふ かかう りょく あと が 、 前へ 出ようと 努力しながら、 しかも 恐し い 不可抗力の もとに やはり 後へ 下って 行った。 そのうち ぎ はしゃ い れ ため かう ふく おれ ばしゃ と ひやう し に默 者の r ス ォ ォ」 と 言った の はま だし も 俺の 爲には 幸福で ある。 俺 は- 車の 止まる 拍子に やっと あと でき ふし ; おれ ひと、 き 後す さり を やめる ことが 出來 た。 しかし 不思議 は それだけ ではない。 佈は ほっと 一 息しながら、 おも ばしゃ はう め てん うま ばしゃ ひ あしげ ,つ, H t ん , -な i 思 はす 馬車の 方へ 目を轉 じた。 すると 馬 は. 何とも 言 はれぬ? いや、 何とも 言 はれぬ ではない。 俺 は その. ! g 走った 聲の 中に たし うま わら かん うま "つ- れ つど 、なな こ あ 、メ: 確かに 馬の 笑った の を 感じた。 この 聲を屮 I して は大變 である。 俺 は兩环 へ 手 を やる が 早い か、 一散に 其處を 逃げ出し てし 8 4, まった。 …… 」 I の m 49 うんめい はん ざぶ. :: う ため さいご だ げき ようい い ほか んぐ わつ す fci けれども 運命 は 半 三 郞の爲 に 最後の 打 ど 用意して ゐた。 と 言 ふの は 外で もない。 三 の 末の あるひる ごろ かれ とつぜん かれ もし を ど 1; はっけん かれ あし 或 午 頃、 彼 は 突然 彼の 脚の 躍ったり 跳ねたり する のを發 見した ので ある。 なぜ 彼の. おの 脚 はこの A-t きふ i. - わ だ ぎもん こた ため はん ざぶ らう にっき しら ふ かう 時 急に 騷ぎ屮 Z した か? その 疑問に 答へ ろ 爲には 半 三郞の in 記 を 調べなければ ならぬ。 が、 不幸 かれ にっき やう ど さい-ご だ げき う いちにち まへ を は ただ ぜんご じじ やう だいたい すん そ,、 にも 彼の E 記 は 丁度:: 取 後の 打擊を 受ける 一 R 前に 終って ゐる。 わたし は- iil? たう じつ ナ-デ くわ うぢん ,、わ うぢん もうこ しゅんぷう ぺ キ ン はこ く すなほ こ じゅん てんじ はう 當日は 列 i, しい 黄塵だった。 : 化 陽 鬥 を 仰ぐ も、 旣 に 門樓を 見る 可から す」 と 言 ふので あるから、 餘程 烈しかった のに 遠 ひない。 然るに 卞:: :郞の Hil. l,c し とくしょう もんぐ わい う i いち へいば ムし またへ い あき t "'やう かこう. t- ん しう とほ の 脚 は德勝 門外の Hi! ん」 と て來た 蒙古 產の 倫 iiiil である。 すると 彼の 馬の 脚の 蒙古の 氣を感 する が n 十い か、 忽ち 躍ったり i だ むし たう どん かつえた たう じ いぐ わい うま ひっし か, T び もと 跳ねたり し 出した の は 寧 ろ 當 然 ではないで あ ら う か ? は 义當時 は. 1 外 の Hilt の 必 死 に 交 を 水め ながら、 ま 横に 駆け ま はる 時期で ある。 して 見れば 彼の STS 脚が ちっとして ゐ るのに 忍びな かつ どう ひやう あた ひ い たの も 同情に 價 すると 言 はなければ ならぬ。 Ti- やう あ ひだ じんりきしゃ しち だいふ はって ゐ たさう である。 又 社宅へ 歸る 途中 も、 たった 三 町ば かりの 間 に 人力車 を 七 蹇路 みつぶ し さいご しゃたく かへ のち なん つねこ けなし かれ いぬ あへ たさう である。 最後に 社宅へ 歸 つた 後 も、 —— 何でも 常 子の 話に よれば、 彼 は 犬の やうに IW ぎな -vi- や i き ながい す さい がら、 よろよろ 茶の 問へ は ひって 來た。 それから やっと 長椅子に かける と、 あっけに とられた 細 くん ま そ、 びき も こ めいれい つねこ もちろん をつ と ようす だいじ けん おこ ャ うてう だいいち 君に: a 引 を 持って 來 いと 命令した。 常 子 は 勿論 夫の 容 子に 大事 件の 起った こと を 想像した。 第一 か i 一ろ ひじ やう わる い だ た ながぐつ あし うご か C ちょ 録色も 非常に 惡ぃ。 のみなら す苟 立た しさに 堪 へない やうに 長靴の 脚 を 動かして ゐる。 彼女 は そ た び せう わす いったい ほそびき なん 々- の爲 めに い つもの やうに 微笑す る こと も 忘れた なり、 一 體 細引 を 何に する つもり か、 聞かして く 一ん ぐわん をつ と くる ひた ひ. しかし 夫 は 苦し さう に 額の 汗 を 拭 ひながら、 かう 繰り返す ばかりで ある。 け や け や はや たいへん , 「早くして くれ。 11 早く しないと、 大變 だから。 」 つねこ え に - つく つか ほそ プき ひとた. すると 彼 は その 細引に 長靴の:. 1 つき やう い きょうふ 七き つねこ をつ と み り はじめた。 彼女の 心に 發 狂と 言 ふ 恐怖の きざした の はこの 時で ある。 常 子 は 夫 を a つめた まま、 ふる こ. しかし 彼 は 熱心に 糾引を 脚へ からげ ながら、 どうしても その 勸 めに 從 はない。 J だ お. V,- て 俺の 體を 抑へ てゐて くれ。 」 かれら たが ひ だ あ ながいす すわ ぺ キ ン お ほ くわう. ぢん いよいよ けげ く は 彼等 は 互に 抱き合つ たなり、 ぢ つと 長椅子に 坐って ゐた。 北京 を蔽 つた 黄 は 愈 烈し さ を 加 いま い ひ t て ど そと ぜん ぜな ひかり い かん に-ご しゅ いろ ただよ へる ので あらう。 今 は 入り日 さへ 窓の 外に 全然 光と 言 ふ 感じの しない、 濁った 朱の 色 を 漂 はせ て はん ざぶ らう あし あ ひだ もちろん しづ わけ ほそびき くく め ゐる。 半 三 郞の脚 は その 問 も 勿論 靜 かにして ゐる訣 ではない。 細引に ぐるぐ る 括られた まま、 目 み ふ た う 一, つねこ をつ と いた また をつ と はげ に 見えぬ ペダル を 踏む やうに やはり 絶えす 動いて ゐる。 常 子 は 夫を劬 はる やうに、 又 夫を勵 ます まな やうに いろいろ のこ と を 話しかけた。 ふる 「あなた、 あなた、 どうして そんなに 露へ てい らっしゃ るんで す?」 「例で もない。 何でもない よ。 」 「だって こんなに 汗をかいて、 1 1 この 夏 は. 2: 地へ 歸り ませうよ。 ねえ、 あなた、 久しぶりに. 2: 地へ 歸り ませうよ。 「うん、 內 地へ 歸る ことにしよう。 ft 地へ 歸 つて 暮らす ことにしよう。 が、 彼 これさん. :: J つぶん のち つ ひ くさり た とき き もっと つねこ いは ゆるく さり た とき けん 是三 十分の 後、 畢に 鎖の 斷 たれる 時は來 た。 や さんじゃく も 爆ら れた のか、 突然 がたがたと 鳴り渡った。 と 同時に 半 三郞は 何か大 を屮 いすが 早い か、 三尺 ちう と あが つねこ とき ほそびき き み はん T ふ う ばかり 宙へ 飛び 上った。 常 子 は その 時 細引の ばらり と 切れる の を 見た さう である。 卞:: 一郎 は、 I つねこ はなし かのちよ をつ と と あが み ながい す うへ しっしん —これ は 常 子の 話で はない。 彼女 は 夫の 飛び 上る の を 見た ぎり、 長椅子の 上に 失祌 してし まった" しゃたく し な じん おな き しゃ i, な t. ん r ぶら う なに お しかし 社宅の 支那 人の ボ オイ はかう 同じ 記者に 話して ゐる。 11 半 三 郞は何 かに 追 はれる やうに しゃ. それから ほんの 一 瞬 問、 玄關の 先に 佇んで ゐた。 が、 身. おひ を 一 つす ちゃう どう ま いなな に き み わる こ ゑ のこ わう らい こ くわ うぢん なか ると、 丁度 馬の 嘶きに 似た、 氣 味の 惡ぃ餘 を殘 しながら、 往 來を罩 めた 黄 簾の. 巾へ まっしぐらに 走って 行って しまった。 …… n -. 尤も 「順 天 時報」 の- 7. J n はち じ ぜん-. 1 くわ うぢん けむ つきあ か なか ギ i うし をと 二 ひ. つ てつ ど- r せんろ はし 3, ;! " う き I 力な f す 力く むつ - ノ 高 い ル達衝 下 の 鐵道 線路 を 走つ て 行った こと を 報じて ゐ る。 1 はち じ ぜんご ; ス わう 3 ん る ほ Z - I なか -ぺ うし. はなかった らしい。 麼に又 同じ 新聞の 記者 はや はり 午後 八 時 前後 黄. 灣 1 の も i の 露い」 g じ やうに 議 i なった の は Ms である。 「si」 あ 攀は いづれ あの 靈 を讀 i:」M いた。 もお 觀 の II と 解 ffi- るの は i の 脚の 爲と 解釋 する のよりも 容易だった のに 遠 ひない. A こうだう こうだう だいへ う じゅん てん t. う しゅひつむ. だ ぐちし" L. k P の 公 道 で ある。 みつびし しゃ ゐん をし の. んざ ぶら うし さくゆ ふご じ じふ ご ふん A ぶぜん は。 ん しん しつ!? つ どう じんぴ やう ゐん ちゃう やま ゐ に. 乂 常; ナ 夫人の 見 をし し にっき ちょう し つお きく わい きょうはくく ォん ねん いう 一と しか ご じん したる 忍 野 氏の 日記に 徵 する も、 氏 は 常に 奇怪なる 恐 迫 觀念を 有した るが 如し。 常 子 夫人の 夫た る 忍 野 氏の贵 任 如何に あり。 そ きんおう む けつ こくたい か ぞくしゅぎ. う へた か ぞくしゅぎ うへ た いつ 「夫れ わが 金 甌無缺 の 國體は 家族 主義の 上に 立つ ものな り。 家族 主義の 上に 立つ ものと せば、 一 か しゅじん せ. 語に 曰、 其 罪 を惡ん で 其 人を惡 ますと。 吾人 は 素より 忍 氏に 酷 しか けいこつ はつ キ- やう つみこ な せ ならん とする ものに あらざる なり。 然れ ども 輕忽 に發 狂した る" は 鼓 を 鳴らして 黄め ざるべ から な をし し つみ はっき やう きんしれ い とうかん ふ れきだいせ いふ しっせい てん か は せ す。 つねこ ふ じん だん ふ• じん すくな いつ ねんかん こ とう しゃたく とど をし Q し か: 「常 子 夫人の 談 によれば、 夫人 は少 くと も 一 ケ年 間、 XX 胡 同の 社宅に 止まり、 忍 野 氏の る を 4 ま ご じん て、. しゅく ふ じん ため まん かう どうじ やう へう 七 も けんめい みつびした うじ ,しゃ 5 待たん とする よし。 それ は 北京の 柳 ゃ槐も 黄ばんだ 葉 を 落とし はじめる 十月の 或 薄暮で ある。 常 子 は 茶の キぃ なが, す っゐ おく し-つ か C ぢょ くちびる いま えい ゑん び せう う 間の 長椅子に ぼんやり 追憶に 沈んで ゐた。 彼女 は 失踪した 夫の こと だの、 一- S り拂 つてし なス きん, P し 力 ズ 力 たれ が まった ダブル• ベッドの こと だの、 南京 蟲 のこと だの を考 べつ づけた。 すると 淮 かためら ひ 勝ち しゃたく げんくわん お か C ぢょ き とつ.. h お に 社宅の 玄關の ベル を 押した。 彼女 は それでも ハ湫 にもせ すに ボ オイの 取り次ぎに 任 かせて 措いた" い ようい すがた あらに うち いちど な つねこ が、 ボ オイ は どこへ 行った か、 容易に 姿 を 現さない。 常 子 はや ながい す 「な しづ げんくわん ある い つ と 長椅子 を 離れ、 靜か に玄關 へ 歩 いてれ つた。 お ば ち げんくわん ばう し をと 二 ひとり うす あか なか たたす ?ク つし 落ち葉の 散らばった 玄關に は 帽子 を かぶらぬ 男が 一 人、 薄明り の 中に んでゐ る。 m 子 を、 — 了う し をと こ たし すなほ こ うは. ; W す, やくよう 1 いや、 帽子 を かぶらぬ ばかりで はない。 sf- は 破 かに 砂埃り に まみれた ぼろぼろの 上衣 を: 川し つねこ をと こ すがた ほ とん きょうふ ちか かん て ゐ る。 常 子 はこの 男の 姿に 殆ど 恐怖に 近い もの を 感じ た。 「何 か 御用で ございます か?」 56 をと こ なん へんじ かみ なが あたま た つねこ すがた す み いち 男 は 何とも 返事 をせ すに 髮の 長い 頭 を 垂れて ゐる。 常 子 は その 姿 を 透かして 見ながら、 もう 一 ど おそ おそ く かへ 度 恐る恐る 繰り返した。 なに なに ご よう 「何 か、 …… 何 か 御用で ございま すか?」 をと こ あたま もた 男 はやつ と 頭を擴 げた。 「常 子、 …… 」 ひと ちゃう どげ つく わう をと こ を A- こ しゃうたい み み それ はたった 一 ことだった。 しかし 丁度 月光の やうに この 男 を、 —— - この 男の 正體を る: ij- る あき ひと つねこ いき C しばに く 二 ゑ うしな をと こ かほ み 明らかにする 一 ことだった。 常 子 は 息 を吞ん だま ま、 少時 は聲を 失った やうに iR の 顔 を 見つめつ をと こ ひげ うへ べつじん やつ か C ぢょ み ひとみ たし ま づけた。 男 は 髭 を 仲ば した 上、 別人の やうに 妻れ てゐ る。 が、 彼女 を 見て ゐる隨 は 確かに 待ちに i ひ と み 待った 瞳だった" 「あなた!」 つねこ さけ をつ と むね すが ひとあし だ はや ねって つ なに 二 常 子 はかう 叫びながら、 夫の 胸へ 槌 らうと した。 ふ した け うま あし あに んだ やうに 忽ち 又 後ろへ 飛びす さった。 夫 は 破れた ズボン の 下に 毛 だらけの 馬の 腳を! r はして ゐ うす あか なか け いろ み くりげ うま あし あらけ る。 薄明り の 中に も 毛色の 見える. 架 毛の 馬の 脚 を. it して ゐる G lorn 57 「あなた!」 つねこ, - つま あし めいじ やう で き けんお かん いつ さ 1 ご こ ど を. つと あ i お 子 はこの 馬の 脚に 名狀の 出來ぬ 嫌惡を 感じた。 ; と をつ と むね 1,. -c ちょ ぬ こと を 感じた。 夫 はや はり 悲し さう に 彼女の; f を 眺めて ゐる。 が、 嫌惡 はもう 一度 彼女の Sfj 氣を壓 倒した。 が、 まだ 一. M 止 も 出さぬ うちに ま 女の. zt -• それから、 11 玄關の 落ち葉の 屮に せ々 と ;止氣 を, ク て し ま つた。 ひと いま をし Q はん ざぶ,」 う う i ちし しし ,,ュ 二 ネ多 W 氏 等 の 人び と は 未だに 忍 野 半 三郞の 馬 の 脚に なった こ と を 信じ て ゐ ない。 の みならす I 子 ク; T, お.. わたし は 北京, 在屮、 山 井 博. が、 いつも 反對の 嘲笑 を 受ける ばかりだった。 その後 も- さいきん せう せっか を かお さぶ らうし だれ けなし き み ぶし. I いや、 最近に は 小 說家岡 EH 三 郞氏も 誰かから この 話 を 聞いた と 兄え、 どうも 馬の 脚に なった しん いて がみ を か だ しも じじつ た ぶんう え i へ あし こと は 信ぜられ ぬと 言 ふ 乎 紙 をよ こした。 わたし も 勿論 その 點には 多少の 疑惑 を 抱か え りい う ため はん ざぶ らう にっき つれこ はなし ひ てい ざる を 得ない。 けれども それだけの 理由の 爲に半 三郞の 日記ば かり か、 常 子の 話 を も 否定す るの いさ さ さう けい す げん しら ところ かれ ふくく わつ はう じゅん てん は 聊か 早計に 過ぎない であらう か? 現に わたしの 調べた 所に よれば、 彼の 復活 を 報じた 「順: K じ はう おな めん に さんだんした いきじ かか 時報」 は 同じ 面の 一 一三 投下に かう 言 ふ 記事 を も 掲げて ゐる。 —— び くわ. ' やう し けいかん てつだう き しゃちう とんし どうし くすり プん て し 「美 華 禁酒 會 長 へ ン リイ• バ レット 氏 は 京漢鐵 道の 汽車 中に 頓死したり。 同氏 は藥 を 手に 死 じ さつ うたが しゃう びんち う すゐ やく ぶんせき 1: つく わ るゐ ほんめい しゐ たるより、 自殺の 疑 ひ を 生ぜし が、 罎 中の 水藥は 分析の t 柘果、 アル コ オル 類と 判明した るよ し。 廣子は 京都の 停車場から 東京 一. 彼女 は 丁度 この 機會 に、 妹の 辰 子の 戀愛 問-超に かいけつ おも いもうと き ばう あるひ IK た と t も 解決 をつ けたいと 思って ゐた。 妹の 5 望 を かなへ るに しろ、 或は 又 かなへ ない にしろ、 见に あるかい けつ おも 或 解決 だけ は つけなければ なら ぬ と 思 つ て ゐた。 けれども その 戀愛の 相手に 篤 介 を 選んだ と 一 H ふこと だけ は いぐ わい おも ひろこ キー しゃ ゆ いま あっす!:; かんが 意外に 思 はすに は ゐられ なかった。 あっすけ ひろこ かほな じ ある やうぐ わけん きう じょ せいと しょちよ じ だい かの ぢょ いもうと 、つ 旗 介は廣 子に もォ 1 馴染みの ある 或洋畫 研究所の 生徒だった。 處女 時代の 彼女 は 妹と 一 しょに、 ゑ ぐ せいねん さる あだな かれ じつ V いかほ あか めう め かが ぞ この 畫の具 だらけの 靑年を ひそかに 「猿」 と, 評 名して ゐた C 彼 は實際 額の 赤い、 妙に EI ばかり 赫か せた、 ——— つまり 猿 じみた 靑 年だった。 のみなら す. : i? - なり も贫 しかった。 彼 は 冬 も 金釦の 制服に ふる ひろこ もちろん あっすけ なん きょうみ かん つ こ 古い レ H ン. コ オト を ひっかけて ゐた。 廣子は 勿論 篤 介に 何の M ハ味も 感じなかった。 iiK 子 も 11 たつこ あね くら いっそう かれ この あるひ. むし せきき よくて き にく い 子は姊 に比べる と、 一 曆彼を 好まぬ らしかった。 或は 寧ろ 積極的に 憎んで ゐた とも 云 はれる ほ いちど たつこ でんしゃ あっすけ とな すわ. 一度な ども 辰 子 は 電車に 乘 ると、 篤 介の 隣り に 坐る ことにな つた。 それだけ でも 彼女 ゆく わい そ こ もた かれ ひ rj うへ しん ふんし - つつ ひろ. A だ に は 愉快ではなかった。 % 車の 中の 人々 の 目 は 云 ひ 合せた やうに 篤 介へ 向 つた。 彼女 は 彼女 自身の 上に も殘 酷に そ め そそ かん かれ ま い-つく く の ni の 注がれる の を 感じた。 しかし 彼 は 目 じろ ぎ もせす に悠々 とパ ンを食 ひつ づける のだった。 や ?. ' ん じん ひと 「野 蟹 人よ、 あの人 は。 」 廣子 はこの ことのあって 後、 かう-政 子-の つたの を 今更の やうに m 心 ひ 出した。 なぜ その パぉ介 を あい ひろこ ふかかい いもうと きしつ おも いったんめ つ 愛する やうに なった か? —— それ は廣 子に は 不可解だった。 けれども 妹の 氣質を 忍へば、 一 且篤 すけ あい だ さいご くら ゐじ やうね つ も たいてい さう ざう で き き たつこ ぶつ 介 を 愛し 出した が 最後、 どの位 情熱に 燃えて ゐ るか は 大抵 想像 出来る やうな 氣 がした。 辰 子 は 物 こ ちち なに い ちづ きしつ あぶら ゑ はじ とき かのちよ 故した 父の やうに、 何 ごとに もー圖 になる 氣 質だった。 たと へば 油畫を 始めた 時に も、 彼女の 夢 ちう か げん か ぞく ぢぅ よ さう てう ゑつ かの ぢょ キ やしゃ ゑ ぐ ば こ こ わき あっすけ おな けん 中に なり さ 加減 は 家族 中の 豫想を 超越して ゐた。 彼女 は 華奢な 叢の 具 箱 を 小脇に、 依 1 介と 同じ 硏 きう じょ まいにち かよ だ どうじ i たかの ぢょ ゐ ま かべ いっしう かなら いちまい あたら あぶら ゑ 究 所へ 毎日 せっせと 通 ひ 出した。 同時に 又 彼女の 居 問の 壁に は 一 週に 必す 一 牧づっ 新しい 油賓が だ あぶら ゑ ろくがう はちが う じんたい かほ ふうけい せいやう ふう たて かかり 出した。 : ゑ なら へや なんじ かん いもうと はな たつこ おつ しん ふ 油畫の 並んだ 部屋に 何時 問 も 妹と 話し こんだ。 當 時何處 かに 上演 中だった 武者 小路 氏の 戯曲の 話 もした。 廣子も 美術 だの 文藝 だのに ぜズ ぜんきよう 人 わげ かの ぢょ くうさう げいじゅつ ほ とん えん み い せいく わつ うへ おす 全然 興味の ない 訣 ではなかった。 想は藝 術と は 殆ど 緣 のない 未来の 生活の 上に 休 が, め あ ひだ が,、 ふち い っノ、 ゑう へ たまねぎ ほうたい や うぢよ かほ いもばた け み 勝ちだった。 目 は その 問 も 額緣に 入れた 机の 上の 玉葱 だの、 繃帶 をした 少女の 額 だの、 芋 inE の 向う に 連った 監獄の 壁 だの を 眺めながら。 …… 「何と 一ず ふの、 あなたの 畫の 流儀 は?」 りろ こ たづ ため たつこ お-一 おも だ もっと 、もうと おこ - た. ' 廣子 はそんな こと を 尋ねた 爲に辰 子 を 怒らせた の を 思 ひ 出した。 , と かれら げいじゅつ み もちろん せ.. , くわつ. ; U やう もん SJ い 、 す,;. お しも 珍ら しい 出來 事ではなかった。 彼等 は藝 術の nj- かたは 勿論、 生活 上の 問題な どに も の 遠 たび げん あるとき むしゃ こ うぢ し ; ききょ: ノ あ に-ね ぎ, にく レっ こと は 度た びあった。 現に 或 時 は 武者 小路 氏の 戲. S さへ 言 ひ 合 ひの 種に なった。 ro ぶつ 明した 兄の 爲に 犧牲 的の 結婚 を敢 てす る 妹の こと を 書いた ものだった。 廣子 はこの 上 彼 をお 物し -i. だお: た 時から、 彼女 は よくよく 退!:: しない 限り、 小 說ゃ戲 曲 を 讀んだ ことはなかった。 藝術 家ぎ の: S 二の しつめい あん.. たと ひ 失明して ゐ たにしろ、 按摩に でも 佝に でも なれば 好い のに、,. 廣子は 其處に 彼女 自身の 優越 を 感ぜす に は ゐられ なかった。 それ はお 子より もん, げレ こ、 ころ かんば、 い いう ゑつ あるひ たつこ くうそ り V. う レ I ら , つ 問の、. 或は 辰 子 ほど i め " 勺 乞 「姊 さん。 聰明ない つもの 姊 さんで はなし 64 こ パー さんど め ひろこ おも だ い-ちう と て がみ いちぎ やう て がみ あ ひか はらす しろ かみ こ.. H 三度 目に 廣 子の 思ひ屮 Z したの は 妹の 手紙の 一 行だった。 しかし 篤 介との 關 係になる と、 殆ど 何 ごと も 書いて なかった。 唯 念入りに 繰 かへ かれ たが ひ あい あ い かんたん じ じつ ひろこ もれ ろんぎ やう り 返して あるの は 被 等 は 互に 愛し 合って ゐ ると 云 ふ、 簡單 な事赏 ばかりだった。 廣子は 勿論:;;: の あ ひだ かれら くわん けい よ じっさい また おも よ ゆ うたが か しょ 問に 彼等の 關 係を讀 まう とした。 實際又 さう 思って 護んで 行けば、 疑 はしい 個所 もないで はな か さ いおう かんが み みな かの ぢょ じ やす ゐ ひろこ いま つた。 けれども 将應考 へて 見る と、 それ も 皆 彼女の 邪推ら しかった。 廣子は 今 もとりと めの ない. -らだ かん いちど なに いうう つ あっすけ すがた おも うか きふ あっすけ に ほひ. 背 立た しさ を 感じながら、 もう 一度 何 か 憂 11 な 篤 介の 姿 を 思 ひ 浮べた。 すると - か うへ よ おり も 電燈が 二 年 前の 光り を 放って ゐた。 m n にこん な こ と を 言 つ た。 - や い 「いえ、 もう どうぞ。 ほんた うにお t 八 水なん ぞ 入らたい ことよ。 」 こうちゃ 、 r ぢ や 紅茶 でも 人れ ませう か?」 た. Y さん. はなし き や-つ. たい 「紅茶 も!: 山. I それよりも あの 話 を 聞かせて 顶 戴」」 ひろこ いもうと かほ み で さ き がる い い. ぶ ,ハ つじ や-つ か たり 廣子は 妹の 額 を 見ながら、 出來る だけ 氣輕 にかう 言った。 しかし 成 子 は 思 ひの 外、 闲 つたら しいけ み とき かのちよ す こ へんく わ t; ふ は ひも 見せなかった。 「ええ、 是非 わたし も姊 さんに 聞いて 頂きたい の。 」 ひろ-一 ないしん かんたん まんぞく たつこ い し. : にく 廣子は 內心プ n 口 オダの 簡單に すんだ ことに 滿 足した。 けれどもお 子 はさう 言った ぎり、 少時 くち ひら ひろこ いもうと. - ん もく if な にく ため. A いしゃく いもうと うなが や- ん 口 を 問かなかった。 廣子は 妹の 沈默を 話し 惡ぃ爲 と解釋 した。 ' こ もんら く 酷な 心 もちが した。 同時に 又 さう 云 ふ 妹の 一 恥 を享樂 したい 心 もち もした。 かたがた 廣子は 安樂 い す せ せいやう がみ あたま もた ザん ぜんた うめん もんだい えん えいたん ことば おと 椅子の 背に 西洋 髮の 頭を靠 せた まま、 全然 當 面の 問題と は緣 のない 詠嘆の 言葉 を 力 めした。 なん むかし かへ き いす すわ 「何だか 昔に 返った やうな 氣 がする わね、 この 椅子に かう やって 坐って ゐ ると。 」 ひろこ. 廣 子 は 彼女 自身の 言葉に 少女 じみた 感動 を 催しながら、 うっとり 部屋の 屮を 眺め ま はした。 成 ほどい す でんとう ゑんた r、 -A ベ おぶ に ゑ むかし き• 何 か-. まだつ た。 しかし 其 處には どの 畫 よりも しっとり した g る さが!! ザ 一」 ゐ, JG ゑ I あなたの 畫、 あすこに あるの も?」. - つし ふ む あ ね ゆび V. ; え. 「あの 畫? あれ は大 村の。 」 大村は 篤 介の 苗字だった。 廣子は 「? つ キ. - V. JS- 一 ふ れ をゲ 彼等 の 問答 は 無造作に 片づ けて しまった のだった" ふと そ の 貧に 氣 のつ いた 銜子は C あに JL. - ま 「ぢゃ 立派な 若旦那 様な のね。 」 f しゅく めう ら しゃ や V,- うこ にかい か 「ええ、 只 そり ゃボ H H ム なの。 ;ト宿 も 妙な ところに ゐる のよ。 尤も これ は 東京 驛へ 出迎 へた 妹 を昆た 時から、 時々 意識へ 上る ことだった。 けれども まだ いま せう てん あ ひろこ い しき 上 も たす. ' ま つす け ,、わんい い 今の やうに、 はっきり 焦點 3 合った ことはなかった。 廣子は その 意識と 共に 忽 ち 艳 一介との 關 係に た せう ぎ わく いだ だ も 多少の 疑惑 を 抱き 出した。 「あなた も 其處 へがった こ と が あ る の ? 」. 「ええ、 度た び 行 つた ことがある わ。 」 ひろこ れん V う けつ-一ん へ あるよ き お,、 よ おこ はは よ ふ ろ かの 卜,ょ ひ 廣 子の 聯想 は 結婚 前の.. 嫂 夜の 記憶 を 呼び 起した。 - それから 常談 とも 眞. しかし-お 子 は 不相變 落ち着いた 微笑 を 浮べながら、 眩し さう に 黄色い. - 「そんな こと をしても かま はない の?」 お ほむら 「犬 村が?」 「いいえ、 あなたが よ。 「どうせ 誤解 はされ 通しよ。 何しろ 研究所の 連中と 來 たら、 そり や 口が うるさ いんです もの。 」 廣 7 はちよ つと 苛立たし さ を 感じた。 のみなら す 取り澄ました 妹の!! 度 もせな ではない かと; ず; 1 ふ 猜疑 さへ 生じた。 するとお 子 は 弄んで ゐた 羽織の 紐 を 投げる やうに するな り、 ifi かう 1" ふ i を發 した。 - - 1. ,: だ 廣 子 はもう 一 度 苛立たし さ を 感じた。 U え はな いただ r 姊 さんから 話して 頂けない?」. た 一〕 こ あま ひろこ し せん とら お 子 はや ゃ廿 える やうに 廣 子の 視線 を捉 へようと した。 それ を ちっとも 姊 さん は 聞く 氣 になって くれないんで す もの。 のみなら す 第二の 問題 もや はり 判然と はわから なかった。 UK 子 は 他 72 にん み, う. しかも それ は 抒情詩よりも 寧ろ 練に おい ものだった。 - お ほ. V ら でんわ きう こん を. …… 」 , さき いもうと はなし けいく わい じ けん. :c 、 Jrl, し 、つ 一- Z リん, :• X それ 力ら?. I それから 先 も 妹の 話は輕 快に 事件 を 追って 行った。 X 子の 言葉 を 信用 すれば、 友 だち 以上に 出ない ものだった。 い しまつ ね, A も 一 まあ、 ざっと かう ーョふ 始末な の。 —— ああ、 それから 姊 さんに わたしから 乎 紙 を 上げた ことね、 お ほむら はな お あ の こ と は大村 にも 話し て 置いた の。 」 ひろこ いもうと じな をに とき もち-ろん:;: が ゆ ュ: t ひとと i う あ 3 廣子は 妹の 話し 終った 時、 勿論 齒. 拝い もの 足らな さ を 感じた。 けられて 見 る と、 こ れ 以上 第 i 一 の 問题 に は 深入り 出來な い の に 遠 ひなか つ た。 彼女 は そ のばに やむ を! : す だいいち もス だい すが 第 一 の 問題に 鍵り ついた。 ひと だいきち ,, 「だって あなた は あの人 は大嫌 ひだって 言つ て ゐたぢ やない の?」 ひろこ 二 ゑ なか 一, -ぅ せん C- つし , し. --っ こ と.. 、よ t 廣子 はいつ か聲の 中には ひった 挑戰の 調子 を 意識して ゐた。 が、 M 子 はこの 問に さへ 笑 i を せた ばかりだった。 ヂ ン. コ クテル 位は飮 みさうな 1 湫 がしたん です つ て。 」 「そんな もの を飮む 人が ゐ るの?」 1 をと こ あぐら はな ひ ひと 1 そり ゃゐる わ。 男の やうに 胡 坐 を かい て 花 を 引く 人もゐ るんで す もの。 」 「それが あなたがたの 新時代?」 し おも - 「力 も 知れな. いと 田, - つて ゐ るの。 …… 」 f 一〕 こ 1 : は , よ. 、さ V. と 思 ふと 忽ち 微笑と 一 しょに もう 一 度 ケに わとう ひ もど ザ 話頭 を 引き戻した。 「それよりも わたしの 問題 ひた わね、 姊 さんから 話して 頂けない?」 「そり や 話して 上げない こと もない わ。 上げない こと もない けれども、 —— 」 ひろこ あ. W ち うこく ことば く は たつ 二 V. を截斷 した。 レー か,.. —— ぢゃ姊 さん、 一 一三 日中に 大 村に 會 つち や 下さらない? 人 も 喜んでお 目に かかる と 思 ふの。 ひち こ わ とう へんく わ おも お ほむら あ. 藤の 花 は 苔ばん だ 木木の 問に なせ か" 1 よ ノのぢ よ いっしゅんかん こころ なか わ かし タる はう ふつ ュぃ まで L - り も ほのぼのとして ゐた。 が、 辰 子 は 「さう ねえ」 位に 滿足 する 氣色も 見せなかった。 大 村の 下 iiS へれって 下さる?」 げしゅく い 「だって 下宿へ も 行かれな いぢ やない の?」 「ぢゃ 此處へ 來て貰 ひませ うか? それ も 何だか 可笑しい わね。 「いいえ、 まだ 一度 もない の。 それ だから 何だか 可笑しい のよ。 ぢゃ あと、 1! ぢ やかう して f. : お ほむら 4 め V. - つ てへ うけいく わん ゑみ ゆ じこく ねえ へ,. - さらない? 大村は 明後日 表慶 館へ 畫を 見に 行く ことにな つ てゐ るの。 その 時刻に 姊 さん も 表 劇 くわん い お ほむら あ くだ 館へ 行って 大 村に 會っ ち や 下さらない?」 あ V,- つ て ち やう-と は. , ハ ゐ つ、 c 「さう ねえ、 わたし も i- 後日なら ば、 丁度お 墓參り をす る 次 乎 も あるし。 …… 」 つろ こ い のち た ま けいそつ こ, くわい たつこ とき ぺ つじん 廣子 はう つかり かう 言った 後、 忽ち 輕率を 後悔した。 やう だい お ほ,;. A こ 見 は 彼女の 義務 、七よりも 彼女の 自尊心に こたへ る ものだった。 彼女 は 最後. にもう,! 度,. 妹 の 客び 丄,. が、 辰 子 は その 途端に、 11 姊 の-行の 動かう と ,. V たにん とつぜんから だ の はや おしろい は ひろ-一 ほほ おと たか おく ひろこ -も. つと した 途端に 突然 體を 仲べ るが 早い か、 ね 粉 を 刷いた 廣 子の 顿へ 音の 高い キス を 贈った。 廣子 妹 う き おく ほ とん も あは も いちど --3 の キス を 受けた 記憶 を 殆ど 持ち合せて ゐ なかった。 r にどろ - し. よ なか ぺ ゃメ さ を 感じた。 この ショック は 勿論 浪の やうに 彼女の 落ち着き を 打ち 崩した。 なに 「いやよ。 何 をす るの?」 「だって ほんた うに 嬉し いんです もの。 姊 さん はきつ とわたし たちの 爲には 何でもして F さる ちが じつ き ふ お ほむ. いちん ちね え はなし のに 違 ひない つて。 —— 實は 昨日 も大 村と 一 tn 姊 さんの 話 をした の。 「それでもう おしま ひだ わ。 - を 歩いて it つた。 彼女の 心 は 彼女 31 身の 豫 期して ゐ たより. も靜か だつ. ; r のみなら す へつ-. " よ お つ そこ た せう いうぎ しん い しき すうねん ぜん ぢょ 彼女 は その 落ち着きの 底に 多少の 遊 戲心を 意識して ゐた。 が、 今 は 後め たいより も 寧ろ 誇らしい 位だった。 室だった。 その 乂 長い 部 の 兩側を 硝子 越しに 埋めて ゐ るの は 藤 原と か 鎌 倉と かず ふらしい、 もの 寂び た佛畫 ばかりだった" 亇リ も IT 版の. に 狐色に なった ク レヴァ ァ• に 敵意の 起る の を 感じた。 彼 はもう その 時には まともに こちら を 眺めて ゐた。 同時に 又氣 安い 輕蔑を 感じた。 …… 」 ひろ 二 t な 、しつ なが か なんき わ, - 廣子 はかう is しかけた まま、 靜か にあたり を 眺め ま はした。 リノリウムの」 に は 何 脚 かの ベン チ なか あ. ぶ め 力れ ら ダ』 んご くわん らん にん さんよ にん いま ふ げん もんじゅ まへ ヒ ど ,. : お 目 は? —— 彼等の-前後に は觀覽 人が 三 四 人、 今 も 並 H 贤ゃ 文珠の 前に そっと 立ち. i; まったり 歩いた りして ゐた。 「いろ レろ恨 ひたい こと も あるんで ございます けれども、 ぢ やぶら ぶら 歩きながら、 お ー卞し する ことに 致し ませう か?」 「ええ、 どうで も。 」 7JN- 二 ,レ! "らく. 彼 は その 反響に 恐れた のか、 やはり. V- ス びん.. 廣子 はかう 言 ふ 彼の 苦痛に 多少の 憐澗を 感じて ゐた。 -- 享樂を も 感じて ゐた。 彼女 は その 氣安 さの 上から 不安ら しい 篤 介 I を 見下して ゐた。 汶は 或は に 80 てき し てき よ な いも-つと つ じつぼ ひやつ は 广-き は 敵. であるか も 知れなかった。 が、 敵で あるに もしろ、 惯れぬ 妹と 五十歩百歩の 敵で ある こと は 確かだった。 まよお ひと リ また ごり やう しん 「あれに も 母親が 一人 ございま すし、 あなた も 亦、 —— あなた は御兩 親と もお ありなん で ござい ます 力?」 おやち 「いいえ、 親父 だけです。 」 と う ふ- ま 一- J やう だ い 人 一- し 「お 父樣 だけ。 御兄弟 は 確か ございませんで したね?」 「ええ、 僕 だけです。 ん けい らう か はば しう ゐ あま しろ だいり 一せ も 勿論 圓形 をして ゐた。 その 又 圓形は Ig 下 ほどの 幅 をぐ るりと 園へ 餘 した まま、.. H い 大理石の らんかん ご した げん,、 わん c. iv で き まが へ しぜい いり. tLi か, ん そ, と 憫千 越しに すつ と 下の 玄關 を舰 かれる やうに 屮: 來上 つ てゐ た. 5-,、 ね惡ぃ 局所に も 巧に 話 を 進めて 行った。 しかし その 割に 彼女 や. お 子の ん豕 庭の 事情な どに は沈默 し てゐ た。 ま づ设に は ひったり、 講談 本. 作者 註。 きわう ついで せう- i,J つ じ じつだん ひと はう- 7、 もっと しろ,;' と 記せる 十數行 あり。 それから 次 乎に 小說 じみた 事 實談を 一 つ 報 しませう。 唯 この 話を閱 いた 時に 厂度小 說か何 か 請んだ やう こころ い よ くだ な 心 もちに なった と 言 ふだけ のこと です。 どうか その つもりで 讀んで 下さい," なん め いぢ さんじ ふねんだ い はぎ ひ はんの I よう い だいく ひとり i 4 まよ す ひ ザつ 何でも 明治 三十 年代に い 秋 野 半 之 丞と言 ふ 大工が 一 人、 この 町の 山お りに 住んで ゐ ました。 野 , 二ん C じょう い なまへ き い か やさ をと こ おも し み たけろ くしゃて ,ー すん 卞. キ し ほ Z すち まへ いんれい あ り 、おねと 言 ふ 趣が あつたの かも 知れません。 v, ご し フー や せう。 ' やう どい 十, り はな じ t ら にめ る t へ た 一- -i. すると. : とわ 、- おも う. へ あ かへ 行って しま ひました。 かう 言 ふ 災難に 遇った のです から、 勿論 火事な どに は 問に 合 ひません リ. のみなら す 半 之 丞は傷 だらけに なり、 這 ふやう にこの 町へ 歸 つて 來 ました。 何でも 後で 聞いて 见 たれ て めくらう i い れば、 それ は 誰も 手の つけられぬ 盲 馬だった と 言 ふ ことです。 ャ- やう ど たいく わ とゥ- に さんねん-ご じ t ち. ひび やうん ん はんの じょう か.. : だ r. - 度 この 大火の あった 時から 一 一三 年後になる でせ う、 「お」 の 字 町の 「た」 の 字 病院へ 半之丞 の體 ry か. ! だ う い なに むかしふう いっしゃう ぼうこう やくそく わに を寶 つたの は。 唯 何年 かたって 死んだ 後、 死體の 解剖 を 許す 代りに 五 百 圓の金 を 蔑った のです。 いや、 五 ゑん. れ もら にひゃく ゑん し ご う さ あた けいやくしょ ひ か 圓の金 を 貰った ので はない、 二百 圓は 死後に 受けと る ことにし、 差し 常り は 契約書と 引き 換 へに さんびゃく ゑん も,! し ,,ー う にひゃく ゑん いったい たれ てわた い 一二 百圓 だけ 貰った のです。 では その 死後に 受けと る 一 一 ki: 圓は 一 體 誰の 乎へ 渡る のかと 言 ふと、 1 なん けい やて しょ ぶんめん ゐ ぞく また ほんにんし てい しはら —3: でも 契約書の 文面に よれば、 「遣 族 又は 本人の 指定した る もの」 に支拂 ふこと になって ゐ まし ヒっヒ い.. v--「l v. r 靑ぺ ン」 と; 一一 一 II ふの は: C に 鉛尾极 に靑ぺ ンキを ぬ だるえ V 'やや たう じ い 土 At うきわう-すつ つき へち i さが 塗った 達磨 茶 尾です。 くら ゐ び じん 4- だすし や つなぎ や ず. 就屮 妙に 氣の 毒だった の はいつ も ん ノ、 て がみい っぽん か い み かんちう どく キ やく はなし また f. v 蜜 相 を 食 つて ゐ なければ 手紙 一 本書け ぬ と 言 ふ蜜批 中毒の 客の 話です。 まつ なん さんた い か すね こか あるひ ざん や a へて おかなければ なりません。 お 松 は 何でも 「三 太」 と 云 ふ,: li? 猫 を 飼って ゐ ました。 ところが 「靑ぺ ン」 のお 上と 言 ふの は. まつ なに い く- んた とこ. C- い お 松に さへ、 さんざん 惡態 をつ いたさう です。 J は ふ ま 、「か」 の 字 川の 「き」 の 字 橋 へ 行き、 靑ぁ をと 澱んだ 淵の 中へ 烏 猫を拋 りこんで しま ひました。 さき こちゃう し とか くば あ r. な し ほ. とうにん それから、 11 それから 先 は 誇張 かも 知れません。 何しろ 背廣は 着て 歩いて ゐて も、 靴 で き あが き とき だい はら しも.. になし. 下の 話 もほんた うか どう 力 それ しょうで キ- r グ ,. ; で じ けん しゅじん はなし はわた しに は保證 出來 ません。 が、 禁、 お前さんの 靴 は 仁 王様の わらち おな あたま VJ た C い もちろん にん Q じょう もとね 草鞋 も 同じなん だから」 と 頭 を 下げて 賴ん だと 言 ふ ことです。 けれども 勿論 半 之 水 は- 兀惯 にも 1バ で き まも ひとびと たれ キ- み にん Q じょう '-. の 靴 を はいて ゐ るの は,. 一 度 も 見かけなかった と; ず つて ゐ ますから。 i-r じょう くつ よら ふ じ いう ひとつき けれども 半之丞 は 靴屋の 拂 ひに 不自由した ばかりではありません。 それから 一 H とたたない う 9 よ だ寇. i 89 こんど せ つ かく 5 で どけい せ ろ う き か; 1 い ち に 今度 は 折角の 腕時計 ゃ背廣 まで も賫 る やうに なって 來 ました。 が、 お 松 も 中 之 水. に 使 はせ て じ かみ は なし ぐわん らい ち だるま V. やや やん な ゐ たばかりで はあり-ません。 やはり 「お」 の 字のお 上の 話に よれば、 元來 この 町の 逹磨 茶屋の 女 は 年々. 夷 講の晚 になる と、 客 を とらす に 内輪ば かりで 三味線 を it いたり 踊ったり する、 その 别 りん 1 の 算段 さへ 一時 はお 松に は 苦しかった さう です。 何しろお 松 は 癎瘤を 起す と、 中 之 丞の胸 ぐら をと つて 引きす り 倒し、 麥:. 1 ぶに- 鄕り など もした ものです。 けれども? これ も 或は 幾分 か 誇張が あるか も 知れません。 で せ う。 「な」 の 字さん の 話 は 本筋に は いづれ も關 係はありません。 唯 ちょっと 而 白かった じ とうき やう かへ のち さしだ にん はぎの -ん のじよ, つ こ づっ ひと う ことに は 「な」 の 字さん は柬 京へ 歸 つた 後、 差 出し 人 萩 野 半 之丞の 小包み を 一 つ 受けと りました。 かご- "にんし ひと ぐら ゐ め ばか かる なに おも み あさひ に じふい. 嵩 は 半紙の 一 しめ 位 ある、 が、 目 かたは 莫 遍に輕 い、 何かと 思って あけて 見る と 、「朝: nj の ニト入 ぶ ば: み-つ う あ をく さ く ぴすぢ あか ほたる なん ぴき い りの 穴 1 き 箱に 水 を 打ったら しい 靑 草が つまり、 それへ 首筋の 赤い 埜が何 匹 もす がって ゐ たと 言 ふ もっと. t も その 又 「朝日」 の 空き箱に は 空 氣を通 はせ るつ もりだった と 見え、 ベた 一面に 錐の あな い はん じょう ちが 穴 を あけて あった と 云 ふ の で すから、 や は り 半之丞 らしい の に は 遠 ひない のです が。 が、 それ は 不幸に もす あて え-つ い あき ひ がん ちう にち けぎ は ん のしよう あ を まつ つかり 當が 外れて しま ひました。 ベ ン」 のお 松 いつつ-つ ん しょ C- 一 とつぜん ふうが は じ さつ また ヒ さつ い に 「通の 遺書 を殘 した まま、 突然 風變 りの 自殺 をした のです。 では 乂 なぜ 自殺 をした かと 言へば- -iii 「めい 于: ラ 二く i つ あて ゐ しょ ゅづ もっと うつ 11— こ の說明 はわた しの 報吿 よりもお 松 宛の 遣 書に 讓る ことにし ませう。 しかし わたしの 宿の 主人が 拔帖に 貼つ ておいた 常時の 新聞に 載 つて ゐ たもので すから、 大體問 違 ひ は あるまい と m 心 ひます。 り よ だ' 7 おん "S. 91 かお まへ V- ま ふう- まへ さま はら こ し まつ でき X 「わたくし 儀、 金がなければ お前 樣 とも 夫婦に なれす、 お As 樣の 腹の 子の 始末 も出來 す、 うき 世 ふら ふ あ ひだ し し じび や, f ゐん おく わか がいやに なり. 候 問、 死んで しま ひます。 わたくしの 死が いは 「た」 の 字 病院へ 送り、 向う からと き ご ざ V. - ふ. :: ふ やて しょ にひゃく ゑん くだ たく りに 來て もらっても よろしく 御座 候。 f 、、、つぐ つ 金で 「あ」 の 字の H: 那 〔こ れ は わたしの 宿の 主人です。 〕 のお 金を使 ひこんだ だけ はま ど ふ 〔惯 ふ?〕 やつ い ぶふ- 1: ふ L だんな め乂 ぼく かね やうに 頼み入り 候。 「あ」 の 字の 曰; 那に はまこと に、 まことに 面 目 ありません。 のこりの 金 はみ な As へ.. 一 人 旅う き 世 を あとに 半 之丞。 〔これ は辭 f でせ う。 〕 おまつ どの。 この 町の 人々 も そんな ゆめ か ス が い もす こ まへ ぜんて-つ ダ 1 と は 夢にも 考へ なか つ た と 言 ふこと です。 其處へ ふと 通りかか つたの は r 靑ぺ ン」 の 女の 一 人です。 その 女 -ズ- り かほ み いま じけん やね ,T 'へ ひた まと い い は- ; 人の 額 を 見るな り、 ヶ しがた 「ふ」 の 字 軒の 屋根の 上 を 火の玉が 飛んで 行った と! H ひました。 しかし 勿論 r 靑 ベ ン 」 の 女 は 笑つ て 通 り 過ぎた と in ふ こ と で す。 r ふ」 Q 字軒 の 人 も、 11 いや T ふ」 の 字 軒 の 主人 は 笑 ふ うち に も 「終 ぎ おも い 起で もね え」 と 思った と 言 つて ゐ まし た。 それから 幾日もた たない うちに 半 之丞は 急に 自殺した のです。 Q どつ い じが は iJ なか いたが-一 とつ-一 ゆ い 喉 を 突いた とか 言 ふので はありません。 に じ 一 ごろ. 屋の 上さん がー 人、 當农 彼是 卜 二 時 顷に共 どう. ぶ ろ ゆ たばこ や かみ V みち なに - ビン 同 風呂へ は ひりに 行きました。 この 煙草屋の 上さん は 血の道 か: 1: かだった ものです から、 のう ,ご 二 今 はんの じょう とき をス ん なか お ほ からだ しづ い, ちに も 其處へ 來てゐ たのです。 半 之丞は その 時も溫 泉の 中に 大きい 體を 沈めて ゐ ました。 が、 今 びる ま ゆ まき ひと か」 な だ い しづた ん もま だは ひって ゐる、 これに はふ だん まつ 晝 でも ni! - : 9 ひありません。 上さん は その 爲 に. 良 nil も出來 す、 匆々 風呂 を 出て しまった さう です キ、. 二つ ど-? ; -ろ なか とつ 二 ゆ な まへ し t 二 つ つ. はこの 9 ヒ:' 二 まへ き もつ そで ゐ しょ そば げ H: ャ なを てく , 獨站の 前に ちゃんと 着物 を 袖 だた みに し、 遣 書 は 側の 下駄の I 緒に 括りつ けて あつたと; H ふこと なに し たい r だへ. ' をん せん なか う も ", つ しょ です。 何しろ 死體は 裸の まま、 溫 泉の 屮に ぼいて ゐた のです から、 若し その 遣 書で もなかつ たと おそ じャっ やど しゅじん けなし すれば、 恐らく は 自殺 かどう かさへ わからす にし まった ことで せう。 尤も これが こ の 町 の定說 と?. 口の 悪い 「ふ」 の 字 軒の 主人な ど は 「何、 すむ やすまね えお やねえ。 あれ は 體に傷 をつ けて は T 一 百兩 になら ねえと 思つ たん で す。 」 と 大いに 異 說を唱 へて ゐ ました。 はんの じょう はなし き ふ ご わ ど し: S ヒん じ 半 之, の 話 は それだけです。 しかし わたし は 昨日の 午後、 わたしの 宿の 主人 や 「な」 の卞 さんと せ. ; くる i ち V. 「な」 の 字さん は カメ ラ ? ノ VJ に- リがス き やう やど し じん ねっしん た-つ だ を ぶら下げた まま、 老眼鏡 を かけた 宿の 主人に. り つい ズ v んな 「ぢ やその お 松と 言 ふ 4;」. すると 誰か 戶を 叩いて 「もし、 もし」 と 僕に 聲を かけた。 僕 は その 雨戶の 向う に 池の ある こと しょうち ぼく 二 ゑ し- れ す こ を 承知して ゐた。 しかし 僕に 聲を かけた の は 誰 だか 少しも わからなかった。 ねが 「もし、 もし、 お 願 ひが あるので すが、 …… 」 100 あまど f てと こ も 雨戶の 外の 聲 はかう 言った。 僕 は その 言葉 を 聞いた 時、 「はは あ、 K の やつ だな」 と E 心った。 K 、 ぽ くら いちねん ご てつがく くわ はし ぼう をと 二 ぼ. あよ こる 5 だ だめ i たきみ. しかし どこか 若木に 似た 水々 しさ を 具へ た 少年だった。 み あが からだ あっすな うへ な だ. 4 れ し i ね ぼかり 以前の 或 午後、 僕 等 は 海から 上った 體を 熱い 砂の 上へ 投げ出して ゐた。 そこへ 彼 も满に ii 1. た-ご ひ き かれ あし なくら ころ み れ たなり すたすた 板子 を 引きす つて 來た。 が、 ふと 彼の 足 もとに 僕 等の 轉 がって ゐ るの を 見る あざ や は み いっせう かれ とほ す ち ぱく ぴ く う おく と 鮮 かに 齒を 見せて 一笑した。 M は 彼の 通り過ぎた 後、 ちょっと 僕に 微苦笑 を. 送り、 「あいつ、 嫣 然として 笑った な。 」 と 言った。 それ 以來彼 は 僕 等の 間に ri 然」 と 言 ふ 名 を 得て ゐた 海 のだった。 ほ 「どうしても は ひらない か?」 「どうしても は ひらない。 」 104 「ィゴ ィ ストめ!」 か. 僕 は M に は 頓着せ す、 着 もの 脫ぎ i? から す 二 i な 二 だか ダ なやま うへ い かしげ た しり した し しキ- しま いっぽんす 少し 離れた、 小高い 砂山の 上へ 行った。 それから 貸 下駄 を臀の 下に 敷き、 敷 島で も 一本 吸 はう と f ひ ; てんぐ わい つよ かぜ ため ようい きたば こ うつ した。 しかし 僕の マ ツチの 火 は 存外 强ぃ 風の 爲に 容易に 卷 煙草に 移らなかった。 「おうい。 」 M はいつ 引つ, したの か、 if うの 淺瀨に 佇んだ まま、 何, か 僕に 聲を かけて ゐた。 けれども あ 45 こも 一 た ま なみ お レー ため ぼく みみ その 聲も 絶え間の ない 浪の 音の 爲に はっきり 僕の 耳 へ は ひらなかった。 「どうしたんだ?」. ぼく たづ とき ゆかた ひ ぱく となり こし お 僕の かう 尋ねた 時には M はもう 湯 帷子 を 引っかけ、 僕の 隣に 腰 を F ろして ゐた。 「何、 水母に やられ たんだ c」 -「,: げて步 いて 來た。 彼等 は 二人とも 赤 樺 をし めた、 筋骨の 逞しい sf- だった が、 观に 濡れ 光った. N さん は 彼等と すれ違 ふ 時、 ちょっと M 等の 挨 桜に 答へ T 風呂に お, で」 と I 弦 を かけたり した。 「あ あ ーず ふ商賫 もやり 切れないな c」 り と ほの 海 111 僕 は 何 か 僕 自身 もながら み 取りに なり 兼、 ねない 氣 がした。 何しろ 沖へ: 冰 いで 行つ ちゃ、 何度も 海の 底へ 潜 るんで す 力ら ね。 ん 5. 大きい- 淳は 渚から 一 里 牛 も:?: へ つつ レ はなし てゐ る、 —— そんな. こと も 話に まじって ゐた 「そら、 H さん、 あり やい つでした かね、 ながらみ 取りの 幽靈が 出る つて 言 つたの は?」 キ- よねん あき 「去年 —— いや、 をと としの 秋 だ。 ひ 「ii ぢゃ なかつ たんです。 そのうちに 海軍の 兵 112 v. - う あが をと-一 よ ひ らんた ふば は い-つお い み 曹 上りの 男が 宵のう ちから 卵塔場に 張り こんで ゐて、 とうとう ま靈を 見と どけたん です がね。 と み なん ただ ゝ、 ゝ、 と ふうふ やくそく チち だる i r' r つつか まへ て 見り や 何の こと はない。 - す わた ひぐ らし こ ゑ ぼくら みみ つ.. -- r すく,!、 : "-. P- ; fc る浪の 昔 の 外に 時々 澄み渡った 蜩の 聲も伎 等 の 耳 へ e, は つて た。 それ は ダ, ひと も 一. 「おい、 M !」 僕 はいつ か M よりも 五六 歩 あとに 歩い てゐ た。 」 それから M は 叙. g さう にテ イツ ぺ ラリイの ロ简を 吹き はじめた。 ぉ5-ぃぎ! くはなぃ。 i ザて, S あ く はない。 しかし この 便 i おの 中 の!! S もどう にか 始が をつ けなければ ならぬ。 その 始末 をつ ける のが 除魏 人と 呼ばれる.. -,: , V- よんん にん ひとり しれ. も! いじ やう な. もう 紫の 黃ば みかけた 尼提 はかう 言 ふ 除 驚 人の 一 人で ある。 すると, M うから 歩いて 來 たの u ま 1 を? 寸 つた TV の, IS である。 沙門 はちよ つと 見た所で は當り 前の 人と 鍵り はない。 si や 主れ の? n たし ぎ をん しゃう じ や しゃか によら, V ちが を. やう どう 、ん 1 こう つうげ. け なに に だい し ところ 」- だかれ し に? ゑ? 一く :: れ ども その 何も のた るか は 尼提の 知って ゐる 所ではない。 王 さへ 如來 の. 前に は臣 卜の やうに 禮拜 するとず ふこと だけで ある。 或は 乂名ー n 问ぃ 給-孤 お 者 ぶ. にょらい まへ に だい すがた み かれ まか :. へち キパ. どうき し 力し 如來は その 前に 尼 提の姿 を 見つけて ゐた。 その 動機が 思 はす 如 來の頻 に 微笑 を 漂 はさせ たの は 勿論で ある。 無智 愚昧の 衆生に 對 する、 海よりも 深い 憐 飼の 情 は その:; if 紕 しはくめ なか いってき なみだ うか い だ、 じひ し,〉 うご --ょ t: - 'r. 色の 目の 中に も 一 滴の 淚さ へ 浮べ させた ので ある。 Jfij. にだい こんど が まへ せまみ ち かれ r. 彼 は 後 を 振り返って 如 來の來 ない の を たしか うへ はじ ひといき にょらい まか だ こく わう じ にょらい で し たいてい み ぶん 確め た 上、 始めて ほっと 一息した。 如 來は摩 迦陀國 の 王子で あり、 如 來の笫 子た ち も 大抵 は 身分 たか ひと,?,.

次の

YouTube Live:どうぶつの森

あつ森 住民 らんく

概要 [ ] 財団法人が、その年をイメージする漢字一字の公募を日本全国より行い、その中で最も応募数の多かった漢字一字を、その年の世相を表すとして、原則としてはの「」の午後にので発表することになっているが、必ずしもその日に発表されるとは限らない。 選ばれたを「今年の漢字」と呼ぶ。 各メディアでも、「今年の漢字」の呼称が用いられる。 (7年)に始まった。 発表時には、清水寺の奥の院舞台にて、日本漢字能力検定協会の理事も務めていたのにより巨大なに漢字一字がされる。 その後12月いっぱいまで本堂で一般公開されたのち、本尊のに奉納される。 の、の、のと並んで、現代のの世相を反映する一つの指標として使われることが多い。 (平成21年)は、いわゆる「」が発生し、同協会の理事長とその息子の副理事長が同役職を辞任、その後される不祥事が起こったことから、森は協会理事を辞任し「今年の漢字」企画への協力も拒否する可能性を示唆したが、新体制の発足に伴って姿勢を軟化させ、同年も前例通りに、清水寺で森による揮毫が行われた。 発表の瞬間は民間放送の情報ワイドショー番組(『』〈制作/系〉や『』〈制作・系〉)などで中継することが多い。 また、近年では発表直前の12月上旬に、一部のやなどのにおいて、当年のニュース回顧を兼ねて「今年の漢字」の予想を行ったり、当年話題になった芸能人や著名人に対し、その人にとっての「今年の漢字」がインタビューされることが恒例になりつつある。 なお「今年の漢字」は、日本漢字能力検定協会によって商標登録されている(第5247080号)。 国際的影響 [ ] この節には、一部のコンピュータやで表示できない文字(や)が含まれています ()。 日本以外のにおいても、漢字の特性に基づく興味深い行事として広がりつつある。 (平成18年)から、国家言語資源観測研究センター付属のメディア言語分析センターなどが、注目を浴びた「今年の漢字」(、 )を発表。 同年の「今年の漢字」は、国内部門では「 炒」、国際部門では「 乱」となった。 (平成20年)に文化局が主催となり「 」をスタート。 最初の漢字は「 亂」(乱)。 (平成23年)から、最大の華僑系新聞社が主催し、同年を代表する漢字1文字を「 」として発表。 (平成23年)から、マレーシアの華僑系住民の団体である、マレーシア漢文化センター、マレーシア中国語新聞編集者協会等が共催し、同年を代表する漢字1文字を「 」として発表。 補足 [ ]• 「今年の漢字」の発表にともなう揮毫は、森がぶっつけ本番で書いている。 発表日の朝、漢検の理事長が「今年の漢字」を書いた紙を入れた茶封筒を清水寺の森のもとへ持参してくる。 封筒には「親展」と書かれている。 二重封筒を使用しているため、外からは見えない。 舞台に立って開封するまで、森自身も「今年の漢字」を目にすることは出来ない。 森が揮毫に使用する筆はで、穂があまり長いと墨が垂れるため書けず、逆に短いと墨持ちが悪いので、墨持ちを適度に保つために芯の部分に牛耳毛を用いている。 25回目の節目となった2019年は、揮毫に用いられる紙にの学生による手漉きの(縦1. 3メートル)が用いられた。 「その年の世相を表す漢字」を決める試みは、他にも行われている。 その例として教授と学生らによる研究がある。 の1年間の新聞3紙の朝刊社会面において、短期間に集中的に使われた漢字を抽出したランキングで、1位から順に「油」「少」「海」「殺」「総」「重」という結果になった。 「油」「海」「重」は発生後に、「少」はで少年の逮捕後に、「殺」は神戸連続児童殺傷事件やその他の関連で、「総」は・関連で目立った。 同年の日本漢字能力検定協会による「今年の漢字」とは対照的に、金融破綻に関する漢字は上位には登場しなかった。 2000年に選出された「金」はその後2012年と2016年にも選出された。 また2004年に選出された「災」はその後2018年にも選出されている。 一般公募による選出のため、難解な漢字は選出されにくい。 しかし、過去にの表外字が選出された事例として、2003年の「虎 」、2011年の「絆」がある。 また、2・3位の漢字を見ると「拉 」「韓 」「嘘」も候補に挙がったことがある。 一覧 [ ] 年 漢字 読み 選考理由 票数 総数 2位 3位 震 シン ふる-う ふる-える ()発生。 東京都心で化学兵器による無差別テロ攻撃 が発生し、世界に震撼と衝撃を与えたこと。 のなどによる社会不安の拡大。 01337 12866 乱 災 食 ショク ジキ く-う く-らう た-べる などで発生したによるの多発、それによる学校給食などへの影響。 やを「食いもの」にした汚職事件の多発。 (狂牛病)の発生。 01046 12376 菌 汚 倒 トウ たお-れる たお-す 、をはじめ、相次ぐ大型企業のやの破綻。 がので強豪を倒してW杯初出場。 01379 13526 破 金 毒 ドク の余波で毒物混入事件が多発。 など有毒物質に対する不安の高まり。 当時となった。 02693 13100 不 乱 末 マツ バツ すえ 、、の最後。 翌年への「末広がり」の期待を込めて。 01077 20430 乱 核 金 キン コン かね かな で、女子フルマラソンの、女子柔道のが。 とによる初の。 長寿姉妹ののが逝去。 01366 23323 乱 新 戦 セン いくさ たたか-う 発生。 当時の政権が首謀者引き渡しに応じなかったことをきっかけにアメリカの が始まる。 02285 36097 狂 乱 帰 キ かえ-す かえ-る 初のにより、にされたが日本に帰国。 日本経済がより以前の水準に戻る。 レトロソングのリバイバルヒット。 03518 60144 北 拉 虎 コ とら が18年ぶりにリーグ優勝。 の勃発、「の尾を踏む」ような。 17709 87410 戦 乱 災 サイ わざわ-い 、、、をはじめとする、の噴火など、国内で自然災害が多かったこと。 の事故や。 20936 91630 韓 震 愛 アイ いと-しい で 万博 の開催。 内親王とが結婚。 ののでの活躍をはじめ、「あいちゃん」という愛称の女性の活躍が目立ったこと。 親が子を、子が親を殺すなど「の無い事件」が目立ったこと。 04019 85322 改 郵 命 メイ ミョウ いのち みこと 誕生。 小中学生の多発。 北朝鮮の。 事件、などによる命の不安。 08363 92509 悠 生 偽 ギ いつわ-る にせ をはじめ、「」や「」など、が次々と表面化。 の発覚。 のの発覚。 『』による問題。 やドル安などの経済の変化。 食の安全性に対する意識の変化。 世界的規模の気象異変による問題の深刻化。 やの分野での日本人の活躍に表れた時代の変化。 アメリカの新大統領就任。 やなど、様々な新制度の施行。 の流行。 の高速水着による競泳の世界新記録ラッシュ。 の9年連続200本安打の新記録。 014093 161305 薬 政 暑 ショ あつ-い や非常に厳しかった残暑により熱中症にかかる人が多発。 これに伴い野菜価格が高騰し、なども人里に出没。 地中の「暑い」中から作業員全員が生還した。 014537 285406 中 不 絆 ハン バン きずな ほだ-す ()をはじめ、台風などによる大雨被害(、)、、など国内外における大規模自然災害の発生や、に優勝した「」の活躍を見た多くの日本人が、「絆」の大切さを改めて感じた1年だったこと。 061453 496997 災 震 金 キン コン かね かな 自立式として世界一の高さとなったの開業、での過去最多のメダルラッシュ、(教授)の受賞など数々の「」が打ち立てられたこと。 932年ぶりに全国的に観測されたや、21世紀最後のの太陽面通過といった「金」に関係する天文現象があったこと。 やなど「カネ」に関わる問題の多発。 「金」は2000年にも選出されており、初めて複数回選出された漢字になった。 009156 258912 輪 島 輪 リン わ の成功。 が球団創設以来初となる日本一達成、に歓喜の輪が作られたこと。 による災害やによる()災害に対する日本各地並びに世界各国からの支援の輪が広がったこと。 009518 170290 楽 倍 税 ゼイ セイ みつぎ 17年ぶりのとそれに伴い生活環境が大きく変化したこと。 森貫主は「国民の多くがに厳しい目を持っているということではないか」と話している。 008679 167613 熱 嘘 安 アン やす さだ いずく-んぞ によるの成立が注目を集めたこと。 による爆発テロ事件やによるなど住環境や暮らしに対する不安。 によるやに対するテロ不安と、世界の平和 平安 を願う思い。 に伴う食の安全への関心の高まり。 ・の「して下さい、穿いてますよ」の流行。 005632 129647 爆 戦 金 キン コン かね かな こがね でののラッシュ、・の通算3000安打達成や・の五輪4連覇など数々のが打ち立てられたこと。 前の政治資金私的流用、移転延期や会場見直しなどの東京都の財政や税金運用に関する問題、を始めとする地方議会議員のの不正運用の発覚やそれに伴う議員の辞職など「政治とカネ」にまつわる問題が顕著になったこと。 によるなどのが注目を集めたこと。 でお金持ちの王・がに当選。 で「」のが世界的に大ヒットしたの衣装が全身であること。 「金」は2012年以来4年ぶり3回目の選出となった。 006655 153562 選 変 北 ホク ハイ きた そむ-く に-げる による、度重なるや強行による、情勢の緊迫化。 による甚大災害の発生。 前年の北海道産不作による供給遅滞の影響での販売が一時停止となったこと。 ・への移籍が決定したと、1位で入団が決定したなど、の動向に関心が高まったこと。 が所有する競走馬の活躍。 展覧会が日本国内で盛況であったこと。 007104 153594 政 不 災 サイ わざわ-い 、(西日本豪雨)、、、など自然災害の脅威を痛感した年であったこと。 、などのスポーツ界に於ける問題やの公文書改竄(書き換え)問題などといった人為的災害が顕著であったこと。 7月・8月の時期に酷暑となり、「」という表現がによって用いられたこと。 、「」の活躍など、災害に対する意識に影響する出来事があったこと。 「災」は2004年以来、14年ぶり2度目の選出である。 020858 193214 平 終 令 レイ リョウ いいつけ おさ よ-い 初めて()を出典とする新「」への。 これにより日本国民の多くが新しい時代の幕開けを実感したこと。 また「令和」が日本の古典から出典を得た元号であったために日本の伝統文化を再認識する縁となったことや、「令」の意味に素晴らしい、良い、立派な、敬うなどの意が表され、漢字が持つ意味の奥深さについて人々が知る機会が生じたこと。 また本年は法令()改正に伴うの増税、に於ける各種の法令違反事案(闇営業問題、薬物事件、脱税問題など)が世間の耳目を集めたこと、更に(台風15号)・(台風19号)及びによってやを始めとする各地で災害が相次ぎ、発令やが発令されるなど、「令」が命じる、又は決まりや掟などの意味があることも認識させられる出来事があったこと。 030427 216325 新 和 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 「昨年新聞にぎわせた漢字 武庫川女子大言語文化研が分析 暗い世相を反映」『』1998年3月2日付朝刊、阪神版23面。 J-Cast News 2009年12月12日閲覧• 共同通信47News 2010年12月10日閲覧• 烏丸経済新聞 2011年12月12日閲覧• 読売新聞 2012年12月12日閲覧• 烏丸経済新聞 2013年12月12日閲覧• 毎日新聞 2014年12月12日閲覧• ORICON STYLE. 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 Asahi. com. 2016年12月12日. 2016年12月12日閲覧。 日本語 PDF プレスリリース , 公益財団法人 日本漢字能力検定協会, 2017年12月12日 , 2017年12月12日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年12月12日. 2018年11月28日閲覧。 ITmedia ビジネスオンライン 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 関連項目 [ ]• (中国の今年の漢字、新語・流行語)• () 外部リンク [ ] ウィキニュースに関連記事があります。

次の

【あつまれどうぶつの森】登場する住民一覧|リストラや新住民はいる?【あつ森】

あつ森 住民 らんく

archive. 1 海の ほとり 九 七 :. c; かう ゐん きんじょ かれ きおく G こ う, つ, く, ひち 道〉 寺 信輒の 生まれた の は 木 所の 囘向院 の 近所だった。 彼の 記憶に 殘 つて ゐる ものに 樊 しい 叫 クと うつく い: ひと こと かれ いへ あなぐら だいく だ ぐ. それ 等の 家々 に 面した 道 も 泥濘の 絶えた こと は 一 度 もなかった。 つ たけ ぐら お ほどぶ なんきん も う お ほどぶ あくし う な おまけに 又 その 道の 突き 當り はお 竹 倉の 大 溝だった。 南京 藻の 浮かんだ 大溝 はいつ も惡臭 を 放つ か もちろん 1. IH ちく ,つうつ かん また ほんじよ いぐ わい t ちノ、 てゐ た。 後 は 勿論 かう 言 ふ 町々 に 憂 感ぜす に は ゐられ なかった。 下町 も 何 か 彼 を壓迎 した。 それ は 或は 愛よりも 憐 みに 近い も し あ. ': れ さんじ ふねん 一 こんにち As. が、 憐 みだった にもせ よ、 三十 年後の 今日 さへ 時々 彼の 夢に 入る もの は 生 半の輔 信 寺導大 未だに それ 等の 場所ば かりで ある ……. しんす け ごころ お ぼ た ほんじよ まちく あい な き ほ じ 十な 信輔 は. 並み木 もない 木 所の 町々 はいつ も 砂 ほこ を さな しんす は し ぜん うつく をし ほんじよ i もく かれ 埃り に まみれて ゐた。 が、 幼い 信 軸に 自然の 美し さを敎 へたの はや はり, 本 所の 町々 だった。 - かれ す 二 きょうみ あた し ぜん うつ,、 11 いた 田舍 はかう 言 ふ 育ち かた をした 彼に は 少しも 興味 を與 へなかった。 それ は 自然の 美し さよ り も 寧ろ 自然の 醜 さ を 目の あたりに 見せる ばかりだった。 彼 は それ 等の 美し さの 爲 にいつ か 自然 を 愛し 屮 U した。 い なんど ねっしん よ かへ を 11 かせた もの は 本 所の 町々 に は 限らなかった。 本 も、. 彼の 小學 時代に 何度も 熱心に 請み:. じつ いかれ し ぜん み め もっと えい ふ-やう あた み ほんじよ まちく かれ 二う れん ほんしう 實際彼 の 自然 を 見 る nil に:! 取 も 影 IS を與 へ. た の は 見すぼらし い 本 所 の 町々 だった. j、 つ す こ m 父; i と 波;: と は い つ も の や つ ? f ひ ム や 本' 一よ へ ひ 步ぼ に 行い つ た 百 さ 不ほ 杭う: は ひ の へ i」TK かい 仏 をした。 が、 ?ね あらしい が の自ぎ は 常に 彼 を 不安に した。 乂 優しい 瀬戶. iikした。 I は それ 等の 自然よりも 遙 かに 見すぼらしい 自然 を 愛した。 殊 t う XJ,? それ は 《s 時の 信! i に は 確かに 大きい 幸福だった。 お ほ. : 岸で も 特に 釣り師の 多い 場所だった。 0 の. 間に 舟蟲の 動いて ゐる ばかりだった。 彼 は 父に ゲ 朝に 限って 釣り師の がえぬ 1 を i ねようと した。 が、 まだ 口 を 開かぬ うちに 忽ち その 答を發 見した。 : なみ ぼ,? ア. - 追憶 的 風景 畫を殘 した。 けれども この 朝の 百 本 杭 は —— この 一枚の 風景 畫. は 同時に 乂本 所の 町々 な サぃ しんてき いんえい ぜんぶ の 投げた 精, m 的 陰影の 全部だった。 二 牛乳• 彼 は その 爲に 生まれ落ちた 時から 牛乳 を 飲んで 育って 來た。 それ は當 時の しんす け にく うんめい かれ まいあさ だいどころ く ぎう にゅう ブん けいべつ i たたに し 信 輔には 憎ます に は ゐられ ぬ 運命だった。 現に 小 學へは ひった• ST 年の おい かれ を ば ねんし なに き もち は て. 彼 はー體 何歳 か まこ , if ちち に• 彼 は その 爲 にどう 一 5! ふ 時で も 彼の 友 だ 生 半の 制 ns 寺 導; c てう せん おう てう せん もちろん ひと あろと き たけ ぐら お ほど ふ V を つか と ちの 挑 戰に應 じた。 挑戰は 勿論 一 つではなかった。 或 時 はお 竹 倉の 大溝を 械も使 はすに 飛ぶ こと あるとき ゑ かう ゐん お ほいて ふ はしご の ほ あるとき 免た かれら ひとり なぐ あ だった。 或 時 は囘向 院の大 銀杏へ 梯子 も かけすに 登る ことだった。 或 時 は 又 彼等の 一 人と 殿り 合 けんく わ しんす け お ほど ふ えへ ひざがしら ふる かん ひの 喧嘩 をす る ことだった。 信 輔は大 溝 を 前にす ると、 もう 膝頭の 震へ るの を 感じた。 けれども め なんきん も う すゐ めん いっしゃ つけん めい を ど こ キ- ようふ し! S ん じゅん しっかり 目をつぶった まま、 南京 藻の 浮かんだ 水面 を 一生懸命に 跳り 越えた。 しかし 彼 は たび ゆうかん ら せいふく めいしん はつ たし しき くんれん その 度に 1- 敢に それ 等 を; 徒 服した。 それ は 迷信に 發 したに もせよ、 確かに スパルタ 式の 訓練 だつ しき くんれん かれ みぎ ひざがしら いっしゃう き きす あと のこ おそ かれ せいかく た" この スパルタ 式の 訓練 は 彼の 右の 膝頭へ 一生 消えない 傷痕 を殘 した。 恐らく は 彼の 性格へ も、 しんす け いま ゐ たけ だか ちち こ ごと お ほ き さま いくお くせ なに 11 信輔は 未だに 威 丈 高に なった 父の 小言 を覺 えて ゐる。 何 を と. -vt がう じ やう する 時で も 剛情で いかん。 」 かれ めいしん V- いは ひ しだいき い かれ せいやう し なか すくな かれ めいしん しかし 彼の 迷信 は 幸に も 次第に 消えて 行った。 いや、 牛 A に 育った こと は むし かれ ほこ しんす け ちう がく はる とし かれ をち いつ. たう じ をぢ Jrr 寧ろ 彼の 誇りに なった。 信 輔は中 學へは ひった 春、 年と つた 彼の 叔父と 一し よに、 常 叔父が 經 えい -ゝ ちゃうい. JC, ぽ 一一 レー V ヌ、 う、 -. -J、. r、 」 、:ね 營 して ゐた 牧場へ 行った こと を覺 えて ゐる。 殊に やっと 柵の 上へ 制服の 胸 をのし かけた まま、 目 まへ あゆ よ しろうし ほ く ざ "c は うし かれ かほ み あ し-つ の 前へ 歩み寄った 白 牛に 千し 苗ャを やった こと を覺 えて ゐる。 彼 は その 顏を 眺めた 時、 ふと この 牛の 隨の屮 に 何に か 人間に 近い もの を感 くうさう あるひ くうさう し かれ き おく なか -.. ま お ほ しろうし 1 つとう• ,: な じた。 空想? —— 或は 空想 かも 知れない。 なつか 盛った 杏の 枝の 下に 柵に よった 彼 を 見上げて ゐる。 しみじみと、 懐し さう に。 …… 三 貧困 しんす け か てい ま-つ もっと かれら ひんこん むねわりながや ざっきょ 4- りう, S- いき ふ ひんこん 信輔の 家庭 は 貧しかった。 赦の食困ではなかった。 u- ふ ひんこん しょ,, - くわん リ が、 體裁を 線ふ爲 により 苦痛 を 受けなければ ならぬ 中流 下辭隙 級の 貧困だった。 その 爲には 勿論 節儉の 上に も 節儉を 加へ なければ ならなかった。 彼等 は げんくわん いつま いへ ひ に.. ! もんが ま いへ. 母 もや zM'. の 輔信寺 導 人 は おり した おひ t しんす は しんす は いま くさ かれ つく ゑ はり 羽織の 下に はぎ だらけの 帶を隱 して ゐた。 信輔も 11 信輔は 未だに 二 スの 臭い 彼の 机 を覺ぇ つ,、 ゑ ふる か うへ は みどりいろ ら しゃ ぎんいろ ひか ひキ」 だし かなぐ いっけん てゐ る。 机 は 古いの を 買った ものの、 上へ 張った 綠 色の 羅紗 も、 銀色に 光った 抽斗の 金具 も 一見 こ ぎ xiA で き あが じつ ら しゃ うす ひきだし す なほ 小 綺麗に 出來 上って ゐた。 が、 實は 羅紗 も 薄い し、 柚 斗 も 素直に あいた ことはなかった。 これ は かれ つく ゑ かれ いへ しゃう 4 つよう ていさい つ 二ろ かれ いへ せいく わつ しゃう ちょう 彼の 机よりも 彼の 家の 象徵 だった。 體裁 だけ はいつ も 轄 はなければ ならぬ 彼の 家の 生活の 象微だ つた。 …… しんす け ひんこん に,、 いま たう じ ぞう を かれ こころ おくそこ け がた はんき やう C こ 信輔 はこの 貧困 を. 憎んだ。 いや、 今 もな ほ當 時の 憎惡は 彼の 心の奥底に r がし 難い 反響 を ft べして かれ ほん か かき がく かう ゆ あた ぐ わいた う き ゐる。 彼 は 本 を 買 はれなかった。 夏期 學 校へ も 行かれなかった。 彼 は 彼等 を 羨んだ。 時には 彼等 を 妬み さへ し しっと せんば う じにん が へん かれら さいのう けい ペリ ため た。 しかし その 嫉妬 や 羨望 を 自認す る こと は肯 じなかった。 それ は 彼等の 才能 を輕 蔑して ゐる爲 ひんこん たい ぞう を す こ ため か は かれ ふるだた み 5 すぐら だった。 けれども 貧困に 對 する 憎惡は 少しも その 爲に 變ら なかった、 彼 は古疊 を、 簿ー附 い ランプ を、 蔦の 畫の剝 げかかった 唐紙 を、 11 あらゆる 家庭の 見すぼらし さ を 憎んだ。 が、 それ はま だ よ かれ ただみ ため かれ う り や 5 しん にく 二と かれ せ ひく は• 好かった" 彼 は 只 見すぼらし さの 爲に彼 を 生んだ 兩親を 憎んだり 殊に 彼よりも 一! さ しゅっせき しんす ば かれ とも まへ い ちち げた 父 を 憎んだ。 父 は 度た び學 校の 保證人 會議に 出席した。 モ- だ ど っぽ を昆 る;. 」 と を恥ぢ た。 同時に また 肉 身の 父 を 恥 ぢる彼 自身の 心の 卑し さ を恥ぢ た。 P 木 W 獨ルを も う-う. かれ み-つか あざむ き き けいし いちまい い いっせつ G こ 模— 倣した 彼の 「自ら 欺かざる の 記」 は その 黄ばんだ 紙の 一 枚に かう 言 ふ 一 節を殘 して ゐる。 11 よ S あ,. あた いな あい あた あら ふぼ ひと あい. ふ-ぼ: ぐ わ, いにん 「予は 父, を 愛する 能 はす。 否、 愛する 能 はざる に 非す。 父母 その 人 は 愛すれ ども、 父 I?: の 外 兄 ち 1 あた たち もつ ひと と 二ん し は ところな り いはん ふ ぽ かたち うんぬん しへ. " , を 愛する 能 はす。 貌を 以て 人 を 取る は 君子の 恥 づる所 也 C 況ゃ父 a: の貌を 云々 する を や e ダ. 」 け ,el ども か う 言 ふ 見す ぼ らし さよりも 更に 彼の 憎んだ の は 貧困 に 發 した 似,, り だ つた。 母 は 一 厕 干つ くわし ゃリ しんせき しんもつ なかみ, ふうげつ ど. 父 も、 11 如何に 父は眞 事し やかに 「勤儉 尙武」 を敎 へたで あらう。 父の 敎へ ところ ふる いっさつ ぎょく へん ほか かんわ じ て. ! 錢 でも 餘 まに 焚った 上、 何よりも 彼の 娥 ゑて ゐた本 や 雜誌を 買ふ爲 だった。 彼 はつり 錢 を 慰した ことにしたり、 ノオト. ブック を 買 ふこと にしたり、 學友會 の 會费を 出す ことにしたり- つ.. 勿論 彼に は 彼 自身の 嘘も兩 親の 嘘の やうに 不快だった。 f うく わつ うそ. かれ なに さき ひつえう 4f が-. 大膽に 狡 猜に噓 をつ いた。 彼の 「自ら 欺かざる の 記」 は その 最後の 一 牧 にかう 一 H ヌ數 ぎ. S うのこ I:;: を殘 して ゐ る。 I - どつ こ ひ こ ひ い よ ぞう を ;. てろ を ひんこん たい きょぎ 、 r 獨歩は 戀を戀 すと 首へ り。 予 は憎惡 を憎惡 せん 「こす。 貧困に 對 する, 虚偽に 對 する あらゆる ぞう を ぞ う を. 憎惡を 憎惡 せんとす。 彼 はい つか 貧困に 對 する 憎 惡 そのもの を も 憎んで ゐた。 かう 言 ふ 一 一 ちゅう わ ろ;が ぞう を はたち まへ. 尤も 多少の 幸福 は 彼に も 全然ない 跃 ではな かれ し ナし だ, S V- ん ばん よ まん せいせき し A 一た あるか きふ ぴ せう ねん もと かれ あい かった。 彼 は 試 i4 の 度 ごとに 三番 か m 番の 成績 を. 又 或 下級の 美少年 は 求めす とも 彼に 愛 しめ ら しんす け どんてん も ひ ひかり ぞう を い かん ひやう かネ を 示した。 ュ 心を塑 して ゐた。 のみなら すいつか 彼の 心へ 消し 難い 痕跡 を殘 して ゐた。 豪奢 を も、. 彼 は 今日 も 彼 自身の 中に この 憎惡を 感じて ゐる この ひんこん たた 1 ハ だう とくて きき よ う ふ• 贫 困と 鬪 はなければ ならぬ Petty Bourgeois の 道德的 恐怖 を。 fr やう ど だ V かく そつ 》b ふ あき しんす は はふく わ ざいがくち う あると も. 1 丁度 大學を 卒業した 秋、 信輔は 法科に 在學 中の 或 友 だち を 訪問した。 V せんつ 1 らう じん しんす け ら,。 その後へ 顏を 出した の は 六十 前後の 老人だった。 A く に、 I! アル コ オル 中毒の 老人の 顔に 退職 官吏 を直覺 した。 ぼく 千, ナ. ' 「僕の 父。 」 かれ とも かんたん ら, T じん せう かい らう じん むし がう ぜん しんす け あい V. き なが, -, 彼の 友 だち は簡單 にかう その 老人 を 紹介した。 老人 は 寧ろ 傲然と 信輔の 挨拨を 聞き流した そ ぉノ、 まへ -ご いす い たる ほどに- V やく れ から 奥へ は ひる 前に T どうぞ 御 ゆっくり。 あすこに 椅子 もあります から」 と 言った。 が、 それ 等 は 腰の 高い 赤い クッションの 色の 褪め. 信輔 はこの 二 脚の 椅子に 全 中流 下層階級 を 感じた 同時に 乂 彼の. 思想 は 今後 も 彼の 心に 雜 多の 陰影 を與 へる かも 知れない。 しかし 彼は佝 よりも 先 た-しょくく わんり. 4- す こ か そうかい きふ ひんこん きょぎ あま ちう り うか そう. A い々 ふ に 退職 官吏の- 子だった。 しゅつ が、 中學 から 高等 學校、 高等 學 校から 大學と 幾つかの 學校を 通り 拔 ける こと は 僅かに 貧困 を脫 ひと きうめ いたい もっと しんす け ちう がくじ だい い じ- i. 尤も 信輔 は屮學 時代に はかう 言 ふ 事實を 認めなかった 少 くと 1ゾ と うがく そつげ ふ ころ ひんこん けふゐ どんてん し. 自尊心の 强 い: lai は 意地に も 彼 自身 を 守る 爲に、 いつも かう 一 Ik ふ 屈辱 を 反撥し なければ ならなかった。 さもなければ あらゆる 不良少年の や カオ じ L ん 力ろ を は かれ じき やう:: つ おうぐ たう ぜん みづか ぁャ」 む 々- うに 彼 自身 を輕ん する のに 了る だけだった。 彼 は その 自彊 術の 道具 を當然 Rni ら 欺かざる の 記」 に ちと 求めた。 1 - よ うむ あくめ. い お ほ わか さん な 5 r 予の 蒙れる 惡名は 多 けれども、 分って 三と 爲す こと を 3: べし。 いつ ぷん じゃくな り ぶんじゃく にくたい ちから せいしん ちから おも. 「その 一 は 文弱 也。 文弱と は 肉體の 力よりも 精神の 力 を 重ん する を 一一 一: 2 ふ。 に けいて う ふ はくな り けいて う ふ よく 二う り まか ぴ あ. - 「その 二 は輕佻 浮薄 也。 輕佻 浮薄と は 功利の 外に 美なる もの を する をず ふ。 傲慢と は妄に 他の 前に 自己の 所信 を 屈せざる を 一一 一一 :! ふ。 」 , , , ポ, "M- こと. 彼等の 或 もの は 家族 を 加へ た 茶話 會に彼 を 招 ' : 3 i たかれら- ある かれ えいご せう せつ か かれ し, ん,、 ねん そ. -げふ とき い か 待した。 又 彼等の 或 もの は 彼に 英語の 小說 など を 貸した。 が、 「敎育 上. I へ?: ると、 どうしても 自由に 振舞 はれなかった。 るの も f? ない のに 違 ひなかった。 しかも この il! - やう t じっさい 4 へたに うし さ。 g は 6 とず ふ アラビア 數 字に 敎員窒 中の 冷笑 を 感じた。. g の 成績 はこの 六 點の爲 にいつ も 三潘を 越えなかった。 惡を 忘れて ゐる。 屮學は 彼に は惡 夢だった。 f は g の I みつみて ゐ たやう に かのお のち 1 都に なった。 r 彼に 與 へられた もの は畢 竞落寞 とした 孤獨 だった。 'す あ. - -. …… 五 本 ほん たい しんす け じ やう:; 5 つ きうが くじ だ. - よじ ノ I. 本に 對 する 信 輔の 情熱 は小學 時代 t から 3? つて ゐた。 - 實際彼 は 人生 を 知る 爲に 街頭の 行人 を 眺めなかった。 それ は 或は 人生 を 知る に は 迂遠の 策だった のか も 知れなかった。 が、 がいとう かう じん かれ ただ かう じん かれ かれら し ため かれら あい ん, れら iv- つ を いれ 街頭の 行人 は 彼に は 只 行人だった。 彼 は 彼等 を 知る 爲に は、. I 彼等の 愛 を、 彼等の 15 惡を、 彼 ら きょえいしん し ため ほん よ ほか ほん こと せいき まつ ョ ロッぺ う ン 等の 虛榮心 を 知る 爲には 本を讀 むより 外はなかった。 いや、 或は -V ん あく わか かれ じ しん た t しひ I: つけん じんせい き. それ は 人生に は 限らなかった。 彼 は 本 所の 町々 に 自然 3 うつつ、 はっけん かれ し ぜん み め た 4- う するど く は な,? さつ あいどくしょ 美し さを發 見した。 しかし 彼の 自然 を 見る目に 多少の 鋭 さ を 加 へたの はや はり 何册 かの 愛讀 書、 な ふふづ くげんろ く はいか-い かれ らょ ため みわこ ちか やま なリ うこん たけ あき かぜ. I 就中 元祿の 俳諧だった。 彼 は 彼の 半生の に 何人 かの をん な れんあい かん かれら たれ ひとり をん な うつく をし すくな モし キ な "ぐ わ、 女に 戀愛を 感じた。 けれども 彼等 は 誰 一人 女の 美し さを敎 へなかった。 彼 は H の 光 を 透かした. 女 は 今 も 信 輔には その 爲に 美し さを傳 へて ゐる。 :!:. に めす はっけん し ノ 學 ばなかった とすれば、 彼 は 或は 女の 代りに 牝 ばかり 發 見して ゐた かも 知れない。 …… もっと まづ しんす け たうて いかれ よ ほんじい うか. 第二に 货 本屋のお かげだった。 T 撃へ t ひ M つ む じゃき しん つ i ほん さ ふう よそ ほ ; 一き ほん う い 5 A ぉ. T う りぬ 時 はやむ を す 本を資 りに 行った。 つたこと はなかった。 彼 は 或 薄雪の 夜、 祌保 通りの 古本屋 を 一軒一軒 观 いて 行った。 それ も 只の 「ツァラ トス トラ」 ではなかった。 ?ー :!:: ほどぎ に 狼の 信 資 つた 手 だらけの 「ツァラ トス トラ」 だった。 , 、. 田お し じ、 も に ひ し Hi だ た し。 ミ も 、 何き I か I 微'' 一 V: m 【fi ほ 六 友 だち , しんす ナ v;-0 う た せう と とも つく で き L. それ は 操行 點六點 の 彼に は 當然の 態度に 違 ひなかった。 彼 は中學 力ら 2. 11' うとうが く かう -f うとう-; A く かう だ、. 勿論 彼等 じっぷん た のち. かれ ふるほんや をん な しゅじん - 丄 め,, ,-,. しかし 又 同時に 口の 中には 何度も 彼. R 身 を 1- 笑して ゐ た。 こった。 ュぉま なま」 と I ばれる ことに は 常に 多少の 偸 快 を 感じた。 -ヒ すうよ、 しゃ おな きしゅくしゃ しんす け あるとき. しゃ ある ャ リスト はう くわい きくわん ざっし あ ひか:;、 ん、 す た。 が ハイ P ンさ へ、 リヴ イング ス トンの を酽ん で淚を 流した と 言 ふこと は 何 を 我々 に敎 へ るで あらう か?」! 大 g 輒 はお HQVS を ik はすに? i だち をお る こと は 出 奢なかった。 頭腦 を、 n がっしり 24 と w 來 上った: m 腦を。 ともこ. ホイ ッ卜 マン、 じ いう 丄. この 蒙 は f よりも ii の の!! に a! れ たものに 違 ひなかった。 しかしお のづ から その 11 に, い sfe らしい ぎき. ! ビ たこと も t だった。 び もえ しい 灯 取蟲の 生死 を 思 ひ 出す 度に, なぜか 彼の 心の底に 多少の 寂し さを感 する ので ある。 しんす け V,- い C う た やう と とも つく で き へう じゅん 入-だ 信輔は 才能の 多少 を 問 はすに 友 だち を 作る こと は出來 なかった。 標準 は 只 それだけだった。 し へう じゅん ぜんぜん れいぐ わい わけ かれ とも. れ あ ひだ せつだん かしゃ はりこの 標準に も 全然 例外の ない 訣 ではなかった。 それ は 彼の 友 だち と 彼との 問 を 截斷す しゃ, 、わいて きかいき ふ さべつ しんす け かれ そだ に よ ナノつ りう かいき ふ せいねん なん かん る 社會的 階級 の 差別だった。 信輔は 彼と 育ち の 似寄 つ た 中流 階級 の 靑 年に は 何 の こ だはり も 感じ ゎづ かれ し じ やうり うかいき ふ せいねん とき ち-つり-つ ヒ やうそう,;;、,. きふ せ、, ねノ〉 もう なかった。 彼等の 或 もの は 怠惰だった。 彼等の 或 もの は だった。 又 彼等の. けれども 彼の 憎んだ のは必 しも それ 等の 爲 ばかりではなかった。 むし ら なに ばくぜん ため もっと かれら ある かやり じ しんい しき いや、 寧ろ それ 等よりも 何 か 漠然とした ものの 爲 だった。 その 爲に又 下流 階級に、 11 彼等の 社 會的對 跡 Si に 病的な 悄 怳を感 かれ かれら どうじ やう かれ どうじ やう ひっき やう やく た なに あ,、 しめ じて ゐた。 彼 は 彼等に 同情した。 しかし 彼の 同情 も 畢竟 役に は 立たなかった。 と 外れ する 前にい つも 針の やうに 彼の 手 を 刺した。 或 風の 塞い ra 月の 午後、 高等 學 校の 生徒だった 彼 は ,. か れら ひとり ある だんしゃく ちゃうなん え しま がげ うへ だた す め した. tc らい そ ノ, i 彼等の 一 人、 11 或 博の 長男と 江の 島の 嵐の 上に 佇んで ゐた。 nl の 下 はすぐ に 荒 碗だった。 彼 ら もぐ せう ねん ため なんまい どうく わ な せう ねん どうく わ お た; -S 等 は 「港り」 の 少年た ちの 爲 に何妆 かの 銅貨 を 投げて やった。 少年た ち は 銅貨の 落ちる 度に ぼん ぼ 26 うみ なか を ど ひとり あ ま がけ した た あくた び まへ わら なが ん 海の 中へ 跳り こんだ。 しかし 一 人 海女 だけ は 崖の 下に 焚いた 芥 火の 前に 笑って 眺めて ゐる ばか りだつた。 「今度 は あい つも 飛び こませて やる ピ. それから 體を 反らせた と 思 ふと、 精一 どうく わな と どうく わ ひか かぜ たか なみ か お ばい 銅貨 を 投げ飛ばした。 銅貨 はきら きら 光りながら、 風の 高い 浪の 向う へ 落ちた。 するともう あ ま とき さき うみ と しん. h いま くち ざんこく び 斗-う 海女 は その 時には まつ 先に 海へ 飛び こんで ゐた。 信輔は 未だに ありあり と 口 もとに 殘 酷な 微笑 を うか かれ とも お ぼ かれ とも ひとな いじ やう ご がく さいのう そな , A た 浮べた 彼の 友 だち を覺 えて ゐる。 彼の 友 だち は 人並み 以上に 語學の 才能 を 具へ てゐた C しかし 义 たし ひとな いじ やう するど けんし そな 確かに 人並み 以上に 鋭い 犬 齒をも 具へ てゐ た。 …… 附記。 この 小說 はもう こ の 三 四 倍續け るつ もりで ある。 今度 揭げ る だ け に 「大導 寺信輔 の 牛 生」 と n ふ 题 は 相赏 しない の に 違 ひない が、 他に る 題 もない 爲 にやむ を 得ず 用 ひる ことにした。 大正 十三 年 十二月 九: :!、 作者 記。 大正 十三 年 十二月. j,- はる した かれ じしん たい をん かん ほのぐら いし. A , だん 大學 生の 中: 5: は 薄い 春の ォヴ ァ. コ オトの 下に 彼 自身の 體溫を 感じながら、 仄 い 石の 階段 を :;1 ベ" つべ わん に• 'い 、の. ぼ かいだん ひだり は ちうる ゐ へう ほんしつ た. A むら そ 博物館の 二階へ 登って いった。 階段 を 登りつ めた 左に あるの は爬蟲 類の 標本 室で ある。 中 杓 は 共 こ i へ 今一ん うでどけい なが うで どけ" まり さ 、よ b 處へは ひる 前に、 ちょっと 金の 腕時計 を 眺めた。 腕時計の 針 は 幸 ひに もま だ 二 時に なって ゐ ない 9 IV んぐ、 わい おく ノ なか むら おも い そん. き 有 外遲れ すに すんだ もの だ、 —— 屮村 はかう ふうちに も、 ほっとす ると 言 ふより は损 をした ハ浙 もちに 近い もの を 感じた。 は うる ゐ へう ほんしつ かんしゅ け ふ ある なか ,: だう す V リ f うちつ 爬蟲 類の 標本 室 は ひっそりして ゐる。 看守 さへ 今日は 步 いて ゐ ない。 その 中に 唯 簿ら. これ は 何も 彼等の 好みの 病的 だ 00 ため ただ ひとめ. さ ため え こ こ えら こうる! ん 2 つた 爲 ではない。 只 メ目を 避ける 爲 にやむ を 得す 此處を 選んだ ので ある。 公, 險、 カフェ、 ステェ ら き よわ かれら たう わ,、 あた こと かた あ. 9 シ ョ ン I— それ 等 は いづれ も氣の 弱い 彼等に 當 惑を與 へる ばかりだった。 殊に 一;! いや、 最初に 彼と 一 しょに 井の頭の 公園へ 出かけた 三直 子 もま だ何處 かもの 15 しい 寂. 春 しさ を帶 びて ゐた ものである。 ' 中 村 はもう 一度 腕時計 を 眺めた。 腕時計 は 二 時 五分 過ぎで ある。 彼 はちよ つと ためらった 後、 と あ てうる ゐ へう ほんしつ きんけい てう はちす すめ う-つく だいせ う はくせい とリ ガ-ソ 隣り合った 鳥類の 標本 室へ は ひった。 i しひ うつく しな 子 越しに 彼 を 眺めて ゐる。 三重 子 も かう 言 ふ 鳥の やうに 形骸 だけ を殘 した まま、 魂の 樊 しさ を 火 かれ お ぼ みへ こ へ あ とき つ てし まった。 彼 はは つ きり 覺 えて ゐる。 三重 子 はこ の前會 つた 時には チ ウイ ン• ガム ばかりし 7H た 免へ あ とき うた うた こと かれ おどろ ひと やぶって ゐた。 その 又 前に 會 つた 時に も オペラの 噴ば かり 歌って ゐた。 殊に 彼 を 驚かせた の は 一 つき まへ あ みへ こ みへ こ あげく し う 月 ほど 前に 會 つた 三重 子で ある。 - うで ど づぃ にじ じふ ご ふん なか むら いき も は ちうる ゐ へう ほんしつ ひき かへ 腕 時 ぼ は 二 時 十五 分で ある。 永久に 11 しかし 彼 は 永久にで はない。 腕時計の 二 時 V. 樱 はま ださいて ゐ ない。 かう い ふ 公園 を散步 する の は 三重 子 と问處 かへ 出かける よりも 數等 幸福と いはなければ ならぬ。 いっか 情熱 を 失った 彼の 戀 愛の 象 微か も 知れない。 三ず; f は 或 ひ は ひと 足 違 ひに この 部屋 へ は ひって 來る かも 知れない。 そ i メ へ こ 々J どメ、 き どく き どノ、 ンカ才 み - こ- ひ 7. J -、 れ では 三重 子に 氣の 毒で ある。 r 二,、 IT ノズ」 も 彼 自身の 義務感に 惱 まされて ゐる。 この 義務感 を 安ん する 爲に はもう 十ハ 刀. なに、 三重 子 は 必す來 ない。 そのぎ ぶ IE 卜 - 春 料ら 魏 い 窘の臭 ひば かり 漂 づてゐ る。 が、 彼の 戀愛は 全然 冷え切って ゐな いの かも 知れない。 さもな け かれ むかし はくぶつ くわん そと ある もっと じ やうね つ うしな よ,、 ばう C こ れば彼 はとうの 昔に 博物館の 外を步 いて ゐ たので あらう。 慾 望.. しかし 愁望 ではない。 彼 は 今にな つて 見る と、 確に 三重 子 を 愛し みへ こ i くら け あ あし いろ しろ ゆび そ てゐ る。 三重 子 は 枕 を 蹴上げた りした。 けれども その 足 は 色の. G いば かり か、 しなやかに 指 を 反 こと とき わら ゑ かれ こ くび かたむ み へ こ わら が ほ おも だ ら せて ゐる。 殊に あの 時の 笑 ひ聲は i 彼 は 小首 を 傾けた 三重 子の 笑 ひ 顔 を 思 ひ 出した" に じ し じっぷん 二 時 四十 分。 にじし じふ ご ふん 一 一時 四十 五分。 さんじ 三時。 三時 五分。 さんじ じつ ぶん とき なかむ ら はる した さむ 力ん 三時 十分に なった 時で ある。 屮村は 春の ォヴァ• X X X X X X ひ でんとう だ じぶん なか ら ある すみ かれ とも はな かれ とも その 日 も電燈 のと もり 出した 時分、 屮村は 或 カフ H の 隅に 彼の 友 だち と 話して ゐた。 彼の 友 だ 1 りか i せう iJ つか し ばう だいがくせい かれら いつば い こうちゃ まへ じ どうしゃ び てきか ち ろん ち は 城 川と いふ 小說家 志望の 大學 生で ある。 彼等 は 一 杯の 紅茶 を 前に 自動車の 美的 惯,: g を 論じた けい ざ いてき か ち ろん らっか のち なか むら きんぐち ひ り、 セザン ヌの經 濟的惯 値 を 論じたり した。 が、 それ 等に も 疲れた 後、 中 村 は 金口に 火 をつ けな ほ とん たにんみ うへ できごと けな だ がら、 殆ど 他人の 身の上の やうに け ふの 出 來事を 話し 出した。 「莫遍 だね、 俺 は。 」 はな を は なか むら く は 話し を 終った 中 村 はつ まらな さう にかう つけ 加へ た。 」 ほり か は む ざう さ れいせ う またたち ま. CT うどく だ 堀川 は 無造作に 冷笑した。 それから 又 忽ち 朗讀 する やうに こんな こと を しゃべり 屮:: した。 きみ かへ は ちうる ゐ へう ほんしつ そこ じ かん 「君 はもう 歸 つてし まふ。 爬蟲 類の 標本 窒は がらんと して ゐる。 其處 へ、 11 時 問 はいくら もた さんじ じさ ふんぐ、,: ゐ そ こ かほ あ を じろ ぢ よがく せい ひとり く もちろんかん しゅ たれ たない。 やっと 三時 十五 分 位 だね、 其處へ 顏の靑 白い 女學 生が 一人 は ひって 來る。 ひかり うす く へ いくわん じ こく く ぢ よがく. 411 ,, おな そのうちに 光 は 薄れて 來る。 閉館の 時刻 もせ まって 來る。 けれども 女 學生は 同じ やうに いつまで たた ナ かんが せう せつ もっと き き せう せつ みへ こ もぢ つと 佇んで ゐる。 ,11 と考 へれば 小說 だが ね。 尤も 氣の 利いた 小說ぢ やない。 三軍: 子なる も い きみ しゅじんこう ひ. 「三重 子 も 生憎 肥って ゐ るの だよ。 」 「君よりも か?」 ばか い おれ に じふさん ぐわん ご ひゃくめ みへ こ たし じふし ちくわん ぐら ゐ 「莫遍 を 言へ。 俺 は 二 i" 三 貫 五 百 目 さ。 三重 子 は 確か 十七 貫 位 だら う。 」 じふ ねん なが さ なか むら い i みつ ゐ なに つ と みへ こ ナ つ-一し 十 年 はいつ か 流れ 去った。 中 村 は 今 ベルリンの 三 井 か 何 かに 勤めて ゐる。 三重 子 もとう に 姙 せう せっか モリ かけやす きち ある ふ じん ざっし しんねん,. 小説家 堀川 保 吉は或 婦人 雜 誌の 新年 號の ロ繪に 偶然 三重 子を發 見した。 抑 , ,、 J ぶで f じふ ねん まへ たい UV は み め 4- すきち 笑んで ゐる。 容色 はま だ 十 年 前と 大した 變 りも昆 えない ので あらう。 …… 4 人• 化 十四 年 一月 はなし しゅじんこう をし の はん ざ ふ. , I う い をと こ あいにくたい をと こ ぺ キ ン みつびし つ. V この 話の 主人公 は 忍 野 半 三 郞と言 ふ 男で ある。 生憎 大した si- ではない。 北京の 三菱に 勤めて ゐ さんじ ふぜん ご くわいし ゃゐん はん ざぶ らう しゃう くわ だいがく そつげ ふ のち ふたつきめ ぺ 千 ン く る 三十 前後の 會 社員で ある。 半 三郞は 商科 大學を 卒業した 後、 二月 目に 北京へ 來る ことにな つた。 しかし 又惡 いと 言 ふ ほどで もない。 " 、 はん ざ ふらう に ねん まへ あるれ いぢ やう けっこん れいち や. 令嬢の 名前 は 常 子で ある。 これ も 生 I? 戀愛 結婚で はない。 ある しんせき らう じん ふラふ なかう ど だつ ばいしゃく はつ こん つねこ ぴ じん い もっと たしう ふ 或 親戚の 老人 夫婦に 仲人 を 頼んだ 媒約 結婚で ある。 常 子 は 美人と 言 ふ ほどで はない。 尤も 又醜婦 、 」• ービ ふと モょ び せう う ほうてん ぺ キ ン く 七 と 言 ふ ほどで もない。 只 まるまる 肥った 顿 にいつ も 微笑を浮かべて ゐる。 奉; 太から 北京へ 來る途 ちう しんだいしゃ なんきんむし さ とき ほか ぴ せう う いま なんきんむし に 中、 寢臺 車の 南京 蟲に螫 された 時の 外 はいつ も 微笑を浮かべて ゐる。 それ は X X 胡 同の 社宅の 居 問に 蝙幅 印の 除蟲 菊が ニ議、 ちゃんと 具へ 37 つけて あるから である。 が かれ わたし は 半 三郞の 家庭生活 は 平々 凡々 を 極めて ゐ ると 言った。 赏際 その 通りに 遠 ひない。 あらゆる 北 キン ぢぅ くわいし ゃゐん かに せいく わつ いとな かれら せいく わつ うんめい しはい も わけ は 京 中の 會 社員と 變り のない 生活 を營 んでゐ る。 運命 は 或 眞畫の 午後、 この 平 々只々 たる 炭 庭 生活の 單調を 一撃の もとにう ち碎 いた" 三 びし くわいし ゃゐん をし のに ス ざぶ らう なう いっけつ ため とんし 菱會 社員 忍 野 半 三 郞は腦 溢血の 爲に 頓死した ので ある。 t んざぷ D. 「 き if 外の 馬市の 馬です。 今し がた 死んだ ばかりで すから」 「ぢ やその 馬の 脚 をつ けよう。 馬の 脚で もない より は 好い。 ちょっと 脚 だけ 持って 來 給へ。 半 ョ郞は 三 ぎび つくりした。 H:l の 脚な どに なった U に はガ i グビ ある" は 夙 もち をつ いたま ま、 年と つた 支那 人に 歎-做した。 - さい。 わたし は 馬 は大嫌 ひなので す。 へ ン リイ 何とかの 脚で も かま ひません。 」 とった 支那 人 は 氣の毒 さう に 半 三 郞を見 F しながら、 何度も 點頭を 繰り返した。 しかし 人 問の 脚 はない のです から。 — まあ、 災難と ふ諦 うま あし ぢぉ うぶ とき- て いて つ う やまみ ち へ いに- めなさい。 しかし 馬の 脚 は 丈夫です よ。 時々 蹄鐵を 打ち か へれば、 どんな 山 近で も 平ぐ 湫で すよ. わか したやく う iH あし に ほん さ. そのうちに 下役 は 彼の 側へ 來 ると、 ぐつ くっし i, こ 于: づ だ 靴 や 靴下 をが し 出した。 馬の 脚 だけ はよ して くれ 給へ C 第一 僕の 承諾 を經 すに I 僕の 脚を修 緒す る 法 は ない C …… 」 はんや J ふらう わめ したやく みぎ あな 51 あし いつほん うま あし 半三郞 のかう 喚いて. 本 さしこんだ。 馬 の 脚は齒 みぎ もも く こんど ひだり あな いつ 1。 ヌ あ- ん丄ぢ や-う そば せんたくや こん-. これ だけ は 今後 も實 行し なければ ならぬ。 猿股 や ズボン 下 ゃ靴ド うま け に はいつ も 馬の 毛が くっついて ゐ るから。 實は常 子に 知られぬ やうに 靴 I.. '化 をに. その上 常 子に 見られぬ や おし さき まう-。. 常 子 は 昨夜 寢る 前に 「あな たは ほんとうに 寒がりね。 腰 へ も 毛皮 を卷ぃ て いらっしゃ るの?」 と. 一; U つ た。 …… 」 んざ ぶら う ほか い ,、た き けん さつぐ う いちいち i ぃキょ. うてい た ところ 半三郞 はこの 外に も 幾多の 危險に 遭遇した。 が、 半 三郞の 日記の 屮 でも:: 取 も わたし を 驚かせた の は 下に 报げ る出來 事で ある。 ちま, ふと, もっと せいやう ぼ しゃ ぁゐ いろ ほろ は しな 1;- しゃ ぎょしゃ もちろん がー 臺 止まって ゐる。 尤も 西洋の 馬車で はない。 藍色の 幌を 張った 支那 馬車で ある。 と たん ぎょしゃ むち な こ ゑ う t あと すると その 途端で ある。 敷 者 は 鞭 を 鳴らせながら、 「ス ォ、 スォ」 と聲を かけた。 r スォ」 は 馬 を 後 とき しな じん つか ことば ば しゃ こと" を は あと さが だ にやる 時に 支那 人の 使 ふ 言葉で ある。 馬車 はこの 言葉の 終らぬ うちにが たがた 後へ 下り 出した。 が だ とキ- おれ と 同時に 驚くまい ことか! 俺 も 古本屋 を 前に 見た まま、 一足 づっ 後へ 下り 出した。 この 時の 怖 こころ きょうふ い き やうが く い たうて いひつ でつ つく• で き おれ 、」: つ クと し の 心 もち は 恐怖と 言 ふか、 驚愕と 言 ふか、 到底 筆舌に 盡す こと は出來 ない。 俺 は 銜らに 一 足で も まへ で どりょく おそろ ふ かかう りょく あと が 、 前へ 出ようと 努力しながら、 しかも 恐し い 不可抗力の もとに やはり 後へ 下って 行った。 そのうち ぎ はしゃ い れ ため かう ふく おれ ばしゃ と ひやう し に默 者の r ス ォ ォ」 と 言った の はま だし も 俺の 爲には 幸福で ある。 俺 は- 車の 止まる 拍子に やっと あと でき ふし ; おれ ひと、 き 後す さり を やめる ことが 出來 た。 しかし 不思議 は それだけ ではない。 佈は ほっと 一 息しながら、 おも ばしゃ はう め てん うま ばしゃ ひ あしげ ,つ, H t ん , -な i 思 はす 馬車の 方へ 目を轉 じた。 すると 馬 は. 何とも 言 はれぬ? いや、 何とも 言 はれぬ ではない。 俺 は その. ! g 走った 聲の 中に たし うま わら かん うま "つ- れ つど 、なな こ あ 、メ: 確かに 馬の 笑った の を 感じた。 この 聲を屮 I して は大變 である。 俺 は兩环 へ 手 を やる が 早い か、 一散に 其處を 逃げ出し てし 8 4, まった。 …… 」 I の m 49 うんめい はん ざぶ. :: う ため さいご だ げき ようい い ほか んぐ わつ す fci けれども 運命 は 半 三 郞の爲 に 最後の 打 ど 用意して ゐた。 と 言 ふの は 外で もない。 三 の 末の あるひる ごろ かれ とつぜん かれ もし を ど 1; はっけん かれ あし 或 午 頃、 彼 は 突然 彼の 脚の 躍ったり 跳ねたり する のを發 見した ので ある。 なぜ 彼の. おの 脚 はこの A-t きふ i. - わ だ ぎもん こた ため はん ざぶ らう にっき しら ふ かう 時 急に 騷ぎ屮 Z した か? その 疑問に 答へ ろ 爲には 半 三郞の in 記 を 調べなければ ならぬ。 が、 不幸 かれ にっき やう ど さい-ご だ げき う いちにち まへ を は ただ ぜんご じじ やう だいたい すん そ,、 にも 彼の E 記 は 丁度:: 取 後の 打擊を 受ける 一 R 前に 終って ゐる。 わたし は- iil? たう じつ ナ-デ くわ うぢん ,、わ うぢん もうこ しゅんぷう ぺ キ ン はこ く すなほ こ じゅん てんじ はう 當日は 列 i, しい 黄塵だった。 : 化 陽 鬥 を 仰ぐ も、 旣 に 門樓を 見る 可から す」 と 言 ふので あるから、 餘程 烈しかった のに 遠 ひない。 然るに 卞:: :郞の Hil. l,c し とくしょう もんぐ わい う i いち へいば ムし またへ い あき t "'やう かこう. t- ん しう とほ の 脚 は德勝 門外の Hi! ん」 と て來た 蒙古 產の 倫 iiiil である。 すると 彼の 馬の 脚の 蒙古の 氣を感 する が n 十い か、 忽ち 躍ったり i だ むし たう どん かつえた たう じ いぐ わい うま ひっし か, T び もと 跳ねたり し 出した の は 寧 ろ 當 然 ではないで あ ら う か ? は 义當時 は. 1 外 の Hilt の 必 死 に 交 を 水め ながら、 ま 横に 駆け ま はる 時期で ある。 して 見れば 彼の STS 脚が ちっとして ゐ るのに 忍びな かつ どう ひやう あた ひ い たの も 同情に 價 すると 言 はなければ ならぬ。 Ti- やう あ ひだ じんりきしゃ しち だいふ はって ゐ たさう である。 又 社宅へ 歸る 途中 も、 たった 三 町ば かりの 間 に 人力車 を 七 蹇路 みつぶ し さいご しゃたく かへ のち なん つねこ けなし かれ いぬ あへ たさう である。 最後に 社宅へ 歸 つた 後 も、 —— 何でも 常 子の 話に よれば、 彼 は 犬の やうに IW ぎな -vi- や i き ながい す さい がら、 よろよろ 茶の 問へ は ひって 來た。 それから やっと 長椅子に かける と、 あっけに とられた 細 くん ま そ、 びき も こ めいれい つねこ もちろん をつ と ようす だいじ けん おこ ャ うてう だいいち 君に: a 引 を 持って 來 いと 命令した。 常 子 は 勿論 夫の 容 子に 大事 件の 起った こと を 想像した。 第一 か i 一ろ ひじ やう わる い だ た ながぐつ あし うご か C ちょ 録色も 非常に 惡ぃ。 のみなら す苟 立た しさに 堪 へない やうに 長靴の 脚 を 動かして ゐる。 彼女 は そ た び せう わす いったい ほそびき なん 々- の爲 めに い つもの やうに 微笑す る こと も 忘れた なり、 一 體 細引 を 何に する つもり か、 聞かして く 一ん ぐわん をつ と くる ひた ひ. しかし 夫 は 苦し さう に 額の 汗 を 拭 ひながら、 かう 繰り返す ばかりで ある。 け や け や はや たいへん , 「早くして くれ。 11 早く しないと、 大變 だから。 」 つねこ え に - つく つか ほそ プき ひとた. すると 彼 は その 細引に 長靴の:. 1 つき やう い きょうふ 七き つねこ をつ と み り はじめた。 彼女の 心に 發 狂と 言 ふ 恐怖の きざした の はこの 時で ある。 常 子 は 夫 を a つめた まま、 ふる こ. しかし 彼 は 熱心に 糾引を 脚へ からげ ながら、 どうしても その 勸 めに 從 はない。 J だ お. V,- て 俺の 體を 抑へ てゐて くれ。 」 かれら たが ひ だ あ ながいす すわ ぺ キ ン お ほ くわう. ぢん いよいよ けげ く は 彼等 は 互に 抱き合つ たなり、 ぢ つと 長椅子に 坐って ゐた。 北京 を蔽 つた 黄 は 愈 烈し さ を 加 いま い ひ t て ど そと ぜん ぜな ひかり い かん に-ご しゅ いろ ただよ へる ので あらう。 今 は 入り日 さへ 窓の 外に 全然 光と 言 ふ 感じの しない、 濁った 朱の 色 を 漂 はせ て はん ざぶ らう あし あ ひだ もちろん しづ わけ ほそびき くく め ゐる。 半 三 郞の脚 は その 問 も 勿論 靜 かにして ゐる訣 ではない。 細引に ぐるぐ る 括られた まま、 目 み ふ た う 一, つねこ をつ と いた また をつ と はげ に 見えぬ ペダル を 踏む やうに やはり 絶えす 動いて ゐる。 常 子 は 夫を劬 はる やうに、 又 夫を勵 ます まな やうに いろいろ のこ と を 話しかけた。 ふる 「あなた、 あなた、 どうして そんなに 露へ てい らっしゃ るんで す?」 「例で もない。 何でもない よ。 」 「だって こんなに 汗をかいて、 1 1 この 夏 は. 2: 地へ 歸り ませうよ。 ねえ、 あなた、 久しぶりに. 2: 地へ 歸り ませうよ。 「うん、 內 地へ 歸る ことにしよう。 ft 地へ 歸 つて 暮らす ことにしよう。 が、 彼 これさん. :: J つぶん のち つ ひ くさり た とき き もっと つねこ いは ゆるく さり た とき けん 是三 十分の 後、 畢に 鎖の 斷 たれる 時は來 た。 や さんじゃく も 爆ら れた のか、 突然 がたがたと 鳴り渡った。 と 同時に 半 三郞は 何か大 を屮 いすが 早い か、 三尺 ちう と あが つねこ とき ほそびき き み はん T ふ う ばかり 宙へ 飛び 上った。 常 子 は その 時 細引の ばらり と 切れる の を 見た さう である。 卞:: 一郎 は、 I つねこ はなし かのちよ をつ と と あが み ながい す うへ しっしん —これ は 常 子の 話で はない。 彼女 は 夫の 飛び 上る の を 見た ぎり、 長椅子の 上に 失祌 してし まった" しゃたく し な じん おな き しゃ i, な t. ん r ぶら う なに お しかし 社宅の 支那 人の ボ オイ はかう 同じ 記者に 話して ゐる。 11 半 三 郞は何 かに 追 はれる やうに しゃ. それから ほんの 一 瞬 問、 玄關の 先に 佇んで ゐた。 が、 身. おひ を 一 つす ちゃう どう ま いなな に き み わる こ ゑ のこ わう らい こ くわ うぢん なか ると、 丁度 馬の 嘶きに 似た、 氣 味の 惡ぃ餘 を殘 しながら、 往 來を罩 めた 黄 簾の. 巾へ まっしぐらに 走って 行って しまった。 …… n -. 尤も 「順 天 時報」 の- 7. J n はち じ ぜん-. 1 くわ うぢん けむ つきあ か なか ギ i うし をと 二 ひ. つ てつ ど- r せんろ はし 3, ;! " う き I 力な f す 力く むつ - ノ 高 い ル達衝 下 の 鐵道 線路 を 走つ て 行った こと を 報じて ゐ る。 1 はち じ ぜんご ; ス わう 3 ん る ほ Z - I なか -ぺ うし. はなかった らしい。 麼に又 同じ 新聞の 記者 はや はり 午後 八 時 前後 黄. 灣 1 の も i の 露い」 g じ やうに 議 i なった の は Ms である。 「si」 あ 攀は いづれ あの 靈 を讀 i:」M いた。 もお 觀 の II と 解 ffi- るの は i の 脚の 爲と 解釋 する のよりも 容易だった のに 遠 ひない. A こうだう こうだう だいへ う じゅん てん t. う しゅひつむ. だ ぐちし" L. k P の 公 道 で ある。 みつびし しゃ ゐん をし の. んざ ぶら うし さくゆ ふご じ じふ ご ふん A ぶぜん は。 ん しん しつ!? つ どう じんぴ やう ゐん ちゃう やま ゐ に. 乂 常; ナ 夫人の 見 をし し にっき ちょう し つお きく わい きょうはくく ォん ねん いう 一と しか ご じん したる 忍 野 氏の 日記に 徵 する も、 氏 は 常に 奇怪なる 恐 迫 觀念を 有した るが 如し。 常 子 夫人の 夫た る 忍 野 氏の贵 任 如何に あり。 そ きんおう む けつ こくたい か ぞくしゅぎ. う へた か ぞくしゅぎ うへ た いつ 「夫れ わが 金 甌無缺 の 國體は 家族 主義の 上に 立つ ものな り。 家族 主義の 上に 立つ ものと せば、 一 か しゅじん せ. 語に 曰、 其 罪 を惡ん で 其 人を惡 ますと。 吾人 は 素より 忍 氏に 酷 しか けいこつ はつ キ- やう つみこ な せ ならん とする ものに あらざる なり。 然れ ども 輕忽 に發 狂した る" は 鼓 を 鳴らして 黄め ざるべ から な をし し つみ はっき やう きんしれ い とうかん ふ れきだいせ いふ しっせい てん か は せ す。 つねこ ふ じん だん ふ• じん すくな いつ ねんかん こ とう しゃたく とど をし Q し か: 「常 子 夫人の 談 によれば、 夫人 は少 くと も 一 ケ年 間、 XX 胡 同の 社宅に 止まり、 忍 野 氏の る を 4 ま ご じん て、. しゅく ふ じん ため まん かう どうじ やう へう 七 も けんめい みつびした うじ ,しゃ 5 待たん とする よし。 それ は 北京の 柳 ゃ槐も 黄ばんだ 葉 を 落とし はじめる 十月の 或 薄暮で ある。 常 子 は 茶の キぃ なが, す っゐ おく し-つ か C ぢょ くちびる いま えい ゑん び せう う 間の 長椅子に ぼんやり 追憶に 沈んで ゐた。 彼女 は 失踪した 夫の こと だの、 一- S り拂 つてし なス きん, P し 力 ズ 力 たれ が まった ダブル• ベッドの こと だの、 南京 蟲 のこと だの を考 べつ づけた。 すると 淮 かためら ひ 勝ち しゃたく げんくわん お か C ぢょ き とつ.. h お に 社宅の 玄關の ベル を 押した。 彼女 は それでも ハ湫 にもせ すに ボ オイの 取り次ぎに 任 かせて 措いた" い ようい すがた あらに うち いちど な つねこ が、 ボ オイ は どこへ 行った か、 容易に 姿 を 現さない。 常 子 はや ながい す 「な しづ げんくわん ある い つ と 長椅子 を 離れ、 靜か に玄關 へ 歩 いてれ つた。 お ば ち げんくわん ばう し をと 二 ひとり うす あか なか たたす ?ク つし 落ち葉の 散らばった 玄關に は 帽子 を かぶらぬ 男が 一 人、 薄明り の 中に んでゐ る。 m 子 を、 — 了う し をと こ たし すなほ こ うは. ; W す, やくよう 1 いや、 帽子 を かぶらぬ ばかりで はない。 sf- は 破 かに 砂埃り に まみれた ぼろぼろの 上衣 を: 川し つねこ をと こ すがた ほ とん きょうふ ちか かん て ゐ る。 常 子 はこの 男の 姿に 殆ど 恐怖に 近い もの を 感じ た。 「何 か 御用で ございます か?」 56 をと こ なん へんじ かみ なが あたま た つねこ すがた す み いち 男 は 何とも 返事 をせ すに 髮の 長い 頭 を 垂れて ゐる。 常 子 は その 姿 を 透かして 見ながら、 もう 一 ど おそ おそ く かへ 度 恐る恐る 繰り返した。 なに なに ご よう 「何 か、 …… 何 か 御用で ございま すか?」 をと こ あたま もた 男 はやつ と 頭を擴 げた。 「常 子、 …… 」 ひと ちゃう どげ つく わう をと こ を A- こ しゃうたい み み それ はたった 一 ことだった。 しかし 丁度 月光の やうに この 男 を、 —— - この 男の 正體を る: ij- る あき ひと つねこ いき C しばに く 二 ゑ うしな をと こ かほ み 明らかにする 一 ことだった。 常 子 は 息 を吞ん だま ま、 少時 は聲を 失った やうに iR の 顔 を 見つめつ をと こ ひげ うへ べつじん やつ か C ぢょ み ひとみ たし ま づけた。 男 は 髭 を 仲ば した 上、 別人の やうに 妻れ てゐ る。 が、 彼女 を 見て ゐる隨 は 確かに 待ちに i ひ と み 待った 瞳だった" 「あなた!」 つねこ さけ をつ と むね すが ひとあし だ はや ねって つ なに 二 常 子 はかう 叫びながら、 夫の 胸へ 槌 らうと した。 ふ した け うま あし あに んだ やうに 忽ち 又 後ろへ 飛びす さった。 夫 は 破れた ズボン の 下に 毛 だらけの 馬の 腳を! r はして ゐ うす あか なか け いろ み くりげ うま あし あらけ る。 薄明り の 中に も 毛色の 見える. 架 毛の 馬の 脚 を. it して ゐる G lorn 57 「あなた!」 つねこ, - つま あし めいじ やう で き けんお かん いつ さ 1 ご こ ど を. つと あ i お 子 はこの 馬の 脚に 名狀の 出來ぬ 嫌惡を 感じた。 ; と をつ と むね 1,. -c ちょ ぬ こと を 感じた。 夫 はや はり 悲し さう に 彼女の; f を 眺めて ゐる。 が、 嫌惡 はもう 一度 彼女の Sfj 氣を壓 倒した。 が、 まだ 一. M 止 も 出さぬ うちに ま 女の. zt -• それから、 11 玄關の 落ち葉の 屮に せ々 と ;止氣 を, ク て し ま つた。 ひと いま をし Q はん ざぶ,」 う う i ちし しし ,,ュ 二 ネ多 W 氏 等 の 人び と は 未だに 忍 野 半 三郞の 馬 の 脚に なった こ と を 信じ て ゐ ない。 の みならす I 子 ク; T, お.. わたし は 北京, 在屮、 山 井 博. が、 いつも 反對の 嘲笑 を 受ける ばかりだった。 その後 も- さいきん せう せっか を かお さぶ らうし だれ けなし き み ぶし. I いや、 最近に は 小 說家岡 EH 三 郞氏も 誰かから この 話 を 聞いた と 兄え、 どうも 馬の 脚に なった しん いて がみ を か だ しも じじつ た ぶんう え i へ あし こと は 信ぜられ ぬと 言 ふ 乎 紙 をよ こした。 わたし も 勿論 その 點には 多少の 疑惑 を 抱か え りい う ため はん ざぶ らう にっき つれこ はなし ひ てい ざる を 得ない。 けれども それだけの 理由の 爲に半 三郞の 日記ば かり か、 常 子の 話 を も 否定す るの いさ さ さう けい す げん しら ところ かれ ふくく わつ はう じゅん てん は 聊か 早計に 過ぎない であらう か? 現に わたしの 調べた 所に よれば、 彼の 復活 を 報じた 「順: K じ はう おな めん に さんだんした いきじ かか 時報」 は 同じ 面の 一 一三 投下に かう 言 ふ 記事 を も 掲げて ゐる。 —— び くわ. ' やう し けいかん てつだう き しゃちう とんし どうし くすり プん て し 「美 華 禁酒 會 長 へ ン リイ• バ レット 氏 は 京漢鐵 道の 汽車 中に 頓死したり。 同氏 は藥 を 手に 死 じ さつ うたが しゃう びんち う すゐ やく ぶんせき 1: つく わ るゐ ほんめい しゐ たるより、 自殺の 疑 ひ を 生ぜし が、 罎 中の 水藥は 分析の t 柘果、 アル コ オル 類と 判明した るよ し。 廣子は 京都の 停車場から 東京 一. 彼女 は 丁度 この 機會 に、 妹の 辰 子の 戀愛 問-超に かいけつ おも いもうと き ばう あるひ IK た と t も 解決 をつ けたいと 思って ゐた。 妹の 5 望 を かなへ るに しろ、 或は 又 かなへ ない にしろ、 见に あるかい けつ おも 或 解決 だけ は つけなければ なら ぬ と 思 つ て ゐた。 けれども その 戀愛の 相手に 篤 介 を 選んだ と 一 H ふこと だけ は いぐ わい おも ひろこ キー しゃ ゆ いま あっす!:; かんが 意外に 思 はすに は ゐられ なかった。 あっすけ ひろこ かほな じ ある やうぐ わけん きう じょ せいと しょちよ じ だい かの ぢょ いもうと 、つ 旗 介は廣 子に もォ 1 馴染みの ある 或洋畫 研究所の 生徒だった。 處女 時代の 彼女 は 妹と 一 しょに、 ゑ ぐ せいねん さる あだな かれ じつ V いかほ あか めう め かが ぞ この 畫の具 だらけの 靑年を ひそかに 「猿」 と, 評 名して ゐた C 彼 は實際 額の 赤い、 妙に EI ばかり 赫か せた、 ——— つまり 猿 じみた 靑 年だった。 のみなら す. : i? - なり も贫 しかった。 彼 は 冬 も 金釦の 制服に ふる ひろこ もちろん あっすけ なん きょうみ かん つ こ 古い レ H ン. コ オト を ひっかけて ゐた。 廣子は 勿論 篤 介に 何の M ハ味も 感じなかった。 iiK 子 も 11 たつこ あね くら いっそう かれ この あるひ. むし せきき よくて き にく い 子は姊 に比べる と、 一 曆彼を 好まぬ らしかった。 或は 寧ろ 積極的に 憎んで ゐた とも 云 はれる ほ いちど たつこ でんしゃ あっすけ とな すわ. 一度な ども 辰 子 は 電車に 乘 ると、 篤 介の 隣り に 坐る ことにな つた。 それだけ でも 彼女 ゆく わい そ こ もた かれ ひ rj うへ しん ふんし - つつ ひろ. A だ に は 愉快ではなかった。 % 車の 中の 人々 の 目 は 云 ひ 合せた やうに 篤 介へ 向 つた。 彼女 は 彼女 自身の 上に も殘 酷に そ め そそ かん かれ ま い-つく く の ni の 注がれる の を 感じた。 しかし 彼 は 目 じろ ぎ もせす に悠々 とパ ンを食 ひつ づける のだった。 や ?. ' ん じん ひと 「野 蟹 人よ、 あの人 は。 」 廣子 はこの ことのあって 後、 かう-政 子-の つたの を 今更の やうに m 心 ひ 出した。 なぜ その パぉ介 を あい ひろこ ふかかい いもうと きしつ おも いったんめ つ 愛する やうに なった か? —— それ は廣 子に は 不可解だった。 けれども 妹の 氣質を 忍へば、 一 且篤 すけ あい だ さいご くら ゐじ やうね つ も たいてい さう ざう で き き たつこ ぶつ 介 を 愛し 出した が 最後、 どの位 情熱に 燃えて ゐ るか は 大抵 想像 出来る やうな 氣 がした。 辰 子 は 物 こ ちち なに い ちづ きしつ あぶら ゑ はじ とき かのちよ 故した 父の やうに、 何 ごとに もー圖 になる 氣 質だった。 たと へば 油畫を 始めた 時に も、 彼女の 夢 ちう か げん か ぞく ぢぅ よ さう てう ゑつ かの ぢょ キ やしゃ ゑ ぐ ば こ こ わき あっすけ おな けん 中に なり さ 加減 は 家族 中の 豫想を 超越して ゐた。 彼女 は 華奢な 叢の 具 箱 を 小脇に、 依 1 介と 同じ 硏 きう じょ まいにち かよ だ どうじ i たかの ぢょ ゐ ま かべ いっしう かなら いちまい あたら あぶら ゑ 究 所へ 毎日 せっせと 通 ひ 出した。 同時に 又 彼女の 居 問の 壁に は 一 週に 必す 一 牧づっ 新しい 油賓が だ あぶら ゑ ろくがう はちが う じんたい かほ ふうけい せいやう ふう たて かかり 出した。 : ゑ なら へや なんじ かん いもうと はな たつこ おつ しん ふ 油畫の 並んだ 部屋に 何時 問 も 妹と 話し こんだ。 當 時何處 かに 上演 中だった 武者 小路 氏の 戯曲の 話 もした。 廣子も 美術 だの 文藝 だのに ぜズ ぜんきよう 人 わげ かの ぢょ くうさう げいじゅつ ほ とん えん み い せいく わつ うへ おす 全然 興味の ない 訣 ではなかった。 想は藝 術と は 殆ど 緣 のない 未来の 生活の 上に 休 が, め あ ひだ が,、 ふち い っノ、 ゑう へ たまねぎ ほうたい や うぢよ かほ いもばた け み 勝ちだった。 目 は その 問 も 額緣に 入れた 机の 上の 玉葱 だの、 繃帶 をした 少女の 額 だの、 芋 inE の 向う に 連った 監獄の 壁 だの を 眺めながら。 …… 「何と 一ず ふの、 あなたの 畫の 流儀 は?」 りろ こ たづ ため たつこ お-一 おも だ もっと 、もうと おこ - た. ' 廣子 はそんな こと を 尋ねた 爲に辰 子 を 怒らせた の を 思 ひ 出した。 , と かれら げいじゅつ み もちろん せ.. , くわつ. ; U やう もん SJ い 、 す,;. お しも 珍ら しい 出來 事ではなかった。 彼等 は藝 術の nj- かたは 勿論、 生活 上の 問題な どに も の 遠 たび げん あるとき むしゃ こ うぢ し ; ききょ: ノ あ に-ね ぎ, にく レっ こと は 度た びあった。 現に 或 時 は 武者 小路 氏の 戲. S さへ 言 ひ 合 ひの 種に なった。 ro ぶつ 明した 兄の 爲に 犧牲 的の 結婚 を敢 てす る 妹の こと を 書いた ものだった。 廣子 はこの 上 彼 をお 物し -i. だお: た 時から、 彼女 は よくよく 退!:: しない 限り、 小 說ゃ戲 曲 を 讀んだ ことはなかった。 藝術 家ぎ の: S 二の しつめい あん.. たと ひ 失明して ゐ たにしろ、 按摩に でも 佝に でも なれば 好い のに、,. 廣子は 其處に 彼女 自身の 優越 を 感ぜす に は ゐられ なかった。 それ はお 子より もん, げレ こ、 ころ かんば、 い いう ゑつ あるひ たつこ くうそ り V. う レ I ら , つ 問の、. 或は 辰 子 ほど i め " 勺 乞 「姊 さん。 聰明ない つもの 姊 さんで はなし 64 こ パー さんど め ひろこ おも だ い-ちう と て がみ いちぎ やう て がみ あ ひか はらす しろ かみ こ.. H 三度 目に 廣 子の 思ひ屮 Z したの は 妹の 手紙の 一 行だった。 しかし 篤 介との 關 係になる と、 殆ど 何 ごと も 書いて なかった。 唯 念入りに 繰 かへ かれ たが ひ あい あ い かんたん じ じつ ひろこ もれ ろんぎ やう り 返して あるの は 被 等 は 互に 愛し 合って ゐ ると 云 ふ、 簡單 な事赏 ばかりだった。 廣子は 勿論:;;: の あ ひだ かれら くわん けい よ じっさい また おも よ ゆ うたが か しょ 問に 彼等の 關 係を讀 まう とした。 實際又 さう 思って 護んで 行けば、 疑 はしい 個所 もないで はな か さ いおう かんが み みな かの ぢょ じ やす ゐ ひろこ いま つた。 けれども 将應考 へて 見る と、 それ も 皆 彼女の 邪推ら しかった。 廣子は 今 もとりと めの ない. -らだ かん いちど なに いうう つ あっすけ すがた おも うか きふ あっすけ に ほひ. 背 立た しさ を 感じながら、 もう 一度 何 か 憂 11 な 篤 介の 姿 を 思 ひ 浮べた。 すると - か うへ よ おり も 電燈が 二 年 前の 光り を 放って ゐた。 m n にこん な こ と を 言 つ た。 - や い 「いえ、 もう どうぞ。 ほんた うにお t 八 水なん ぞ 入らたい ことよ。 」 こうちゃ 、 r ぢ や 紅茶 でも 人れ ませう か?」 た. Y さん. はなし き や-つ. たい 「紅茶 も!: 山. I それよりも あの 話 を 聞かせて 顶 戴」」 ひろこ いもうと かほ み で さ き がる い い. ぶ ,ハ つじ や-つ か たり 廣子は 妹の 額 を 見ながら、 出來る だけ 氣輕 にかう 言った。 しかし 成 子 は 思 ひの 外、 闲 つたら しいけ み とき かのちよ す こ へんく わ t; ふ は ひも 見せなかった。 「ええ、 是非 わたし も姊 さんに 聞いて 頂きたい の。 」 ひろ-一 ないしん かんたん まんぞく たつこ い し. : にく 廣子は 內心プ n 口 オダの 簡單に すんだ ことに 滿 足した。 けれどもお 子 はさう 言った ぎり、 少時 くち ひら ひろこ いもうと. - ん もく if な にく ため. A いしゃく いもうと うなが や- ん 口 を 問かなかった。 廣子は 妹の 沈默を 話し 惡ぃ爲 と解釋 した。 ' こ もんら く 酷な 心 もちが した。 同時に 又 さう 云 ふ 妹の 一 恥 を享樂 したい 心 もち もした。 かたがた 廣子は 安樂 い す せ せいやう がみ あたま もた ザん ぜんた うめん もんだい えん えいたん ことば おと 椅子の 背に 西洋 髮の 頭を靠 せた まま、 全然 當 面の 問題と は緣 のない 詠嘆の 言葉 を 力 めした。 なん むかし かへ き いす すわ 「何だか 昔に 返った やうな 氣 がする わね、 この 椅子に かう やって 坐って ゐ ると。 」 ひろこ. 廣 子 は 彼女 自身の 言葉に 少女 じみた 感動 を 催しながら、 うっとり 部屋の 屮を 眺め ま はした。 成 ほどい す でんとう ゑんた r、 -A ベ おぶ に ゑ むかし き• 何 か-. まだつ た。 しかし 其 處には どの 畫 よりも しっとり した g る さが!! ザ 一」 ゐ, JG ゑ I あなたの 畫、 あすこに あるの も?」. - つし ふ む あ ね ゆび V. ; え. 「あの 畫? あれ は大 村の。 」 大村は 篤 介の 苗字だった。 廣子は 「? つ キ. - V. JS- 一 ふ れ をゲ 彼等 の 問答 は 無造作に 片づ けて しまった のだった" ふと そ の 貧に 氣 のつ いた 銜子は C あに JL. - ま 「ぢゃ 立派な 若旦那 様な のね。 」 f しゅく めう ら しゃ や V,- うこ にかい か 「ええ、 只 そり ゃボ H H ム なの。 ;ト宿 も 妙な ところに ゐる のよ。 尤も これ は 東京 驛へ 出迎 へた 妹 を昆た 時から、 時々 意識へ 上る ことだった。 けれども まだ いま せう てん あ ひろこ い しき 上 も たす. ' ま つす け ,、わんい い 今の やうに、 はっきり 焦點 3 合った ことはなかった。 廣子は その 意識と 共に 忽 ち 艳 一介との 關 係に た せう ぎ わく いだ だ も 多少の 疑惑 を 抱き 出した。 「あなた も 其處 へがった こ と が あ る の ? 」. 「ええ、 度た び 行 つた ことがある わ。 」 ひろこ れん V う けつ-一ん へ あるよ き お,、 よ おこ はは よ ふ ろ かの 卜,ょ ひ 廣 子の 聯想 は 結婚 前の.. 嫂 夜の 記憶 を 呼び 起した。 - それから 常談 とも 眞. しかし-お 子 は 不相變 落ち着いた 微笑 を 浮べながら、 眩し さう に 黄色い. - 「そんな こと をしても かま はない の?」 お ほむら 「犬 村が?」 「いいえ、 あなたが よ。 「どうせ 誤解 はされ 通しよ。 何しろ 研究所の 連中と 來 たら、 そり や 口が うるさ いんです もの。 」 廣 7 はちよ つと 苛立たし さ を 感じた。 のみなら す 取り澄ました 妹の!! 度 もせな ではない かと; ず; 1 ふ 猜疑 さへ 生じた。 するとお 子 は 弄んで ゐた 羽織の 紐 を 投げる やうに するな り、 ifi かう 1" ふ i を發 した。 - - 1. ,: だ 廣 子 はもう 一 度 苛立たし さ を 感じた。 U え はな いただ r 姊 さんから 話して 頂けない?」. た 一〕 こ あま ひろこ し せん とら お 子 はや ゃ廿 える やうに 廣 子の 視線 を捉 へようと した。 それ を ちっとも 姊 さん は 聞く 氣 になって くれないんで す もの。 のみなら す 第二の 問題 もや はり 判然と はわから なかった。 UK 子 は 他 72 にん み, う. しかも それ は 抒情詩よりも 寧ろ 練に おい ものだった。 - お ほ. V ら でんわ きう こん を. …… 」 , さき いもうと はなし けいく わい じ けん. :c 、 Jrl, し 、つ 一- Z リん, :• X それ 力ら?. I それから 先 も 妹の 話は輕 快に 事件 を 追って 行った。 X 子の 言葉 を 信用 すれば、 友 だち 以上に 出ない ものだった。 い しまつ ね, A も 一 まあ、 ざっと かう ーョふ 始末な の。 —— ああ、 それから 姊 さんに わたしから 乎 紙 を 上げた ことね、 お ほむら はな お あ の こ と は大村 にも 話し て 置いた の。 」 ひろこ いもうと じな をに とき もち-ろん:;: が ゆ ュ: t ひとと i う あ 3 廣子は 妹の 話し 終った 時、 勿論 齒. 拝い もの 足らな さ を 感じた。 けられて 見 る と、 こ れ 以上 第 i 一 の 問题 に は 深入り 出來な い の に 遠 ひなか つ た。 彼女 は そ のばに やむ を! : す だいいち もス だい すが 第 一 の 問題に 鍵り ついた。 ひと だいきち ,, 「だって あなた は あの人 は大嫌 ひだって 言つ て ゐたぢ やない の?」 ひろこ 二 ゑ なか 一, -ぅ せん C- つし , し. --っ こ と.. 、よ t 廣子 はいつ か聲の 中には ひった 挑戰の 調子 を 意識して ゐた。 が、 M 子 はこの 問に さへ 笑 i を せた ばかりだった。 ヂ ン. コ クテル 位は飮 みさうな 1 湫 がしたん です つ て。 」 「そんな もの を飮む 人が ゐ るの?」 1 をと こ あぐら はな ひ ひと 1 そり ゃゐる わ。 男の やうに 胡 坐 を かい て 花 を 引く 人もゐ るんで す もの。 」 「それが あなたがたの 新時代?」 し おも - 「力 も 知れな. いと 田, - つて ゐ るの。 …… 」 f 一〕 こ 1 : は , よ. 、さ V. と 思 ふと 忽ち 微笑と 一 しょに もう 一 度 ケに わとう ひ もど ザ 話頭 を 引き戻した。 「それよりも わたしの 問題 ひた わね、 姊 さんから 話して 頂けない?」 「そり や 話して 上げない こと もない わ。 上げない こと もない けれども、 —— 」 ひろこ あ. W ち うこく ことば く は たつ 二 V. を截斷 した。 レー か,.. —— ぢゃ姊 さん、 一 一三 日中に 大 村に 會 つち や 下さらない? 人 も 喜んでお 目に かかる と 思 ふの。 ひち こ わ とう へんく わ おも お ほむら あ. 藤の 花 は 苔ばん だ 木木の 問に なせ か" 1 よ ノのぢ よ いっしゅんかん こころ なか わ かし タる はう ふつ ュぃ まで L - り も ほのぼのとして ゐた。 が、 辰 子 は 「さう ねえ」 位に 滿足 する 氣色も 見せなかった。 大 村の 下 iiS へれって 下さる?」 げしゅく い 「だって 下宿へ も 行かれな いぢ やない の?」 「ぢゃ 此處へ 來て貰 ひませ うか? それ も 何だか 可笑しい わね。 「いいえ、 まだ 一度 もない の。 それ だから 何だか 可笑しい のよ。 ぢゃ あと、 1! ぢ やかう して f. : お ほむら 4 め V. - つ てへ うけいく わん ゑみ ゆ じこく ねえ へ,. - さらない? 大村は 明後日 表慶 館へ 畫を 見に 行く ことにな つ てゐ るの。 その 時刻に 姊 さん も 表 劇 くわん い お ほむら あ くだ 館へ 行って 大 村に 會っ ち や 下さらない?」 あ V,- つ て ち やう-と は. , ハ ゐ つ、 c 「さう ねえ、 わたし も i- 後日なら ば、 丁度お 墓參り をす る 次 乎 も あるし。 …… 」 つろ こ い のち た ま けいそつ こ, くわい たつこ とき ぺ つじん 廣子 はう つかり かう 言った 後、 忽ち 輕率を 後悔した。 やう だい お ほ,;. A こ 見 は 彼女の 義務 、七よりも 彼女の 自尊心に こたへ る ものだった。 彼女 は 最後. にもう,! 度,. 妹 の 客び 丄,. が、 辰 子 は その 途端に、 11 姊 の-行の 動かう と ,. V たにん とつぜんから だ の はや おしろい は ひろ-一 ほほ おと たか おく ひろこ -も. つと した 途端に 突然 體を 仲べ るが 早い か、 ね 粉 を 刷いた 廣 子の 顿へ 音の 高い キス を 贈った。 廣子 妹 う き おく ほ とん も あは も いちど --3 の キス を 受けた 記憶 を 殆ど 持ち合せて ゐ なかった。 r にどろ - し. よ なか ぺ ゃメ さ を 感じた。 この ショック は 勿論 浪の やうに 彼女の 落ち着き を 打ち 崩した。 なに 「いやよ。 何 をす るの?」 「だって ほんた うに 嬉し いんです もの。 姊 さん はきつ とわたし たちの 爲には 何でもして F さる ちが じつ き ふ お ほむ. いちん ちね え はなし のに 違 ひない つて。 —— 實は 昨日 も大 村と 一 tn 姊 さんの 話 をした の。 「それでもう おしま ひだ わ。 - を 歩いて it つた。 彼女の 心 は 彼女 31 身の 豫 期して ゐ たより. も靜か だつ. ; r のみなら す へつ-. " よ お つ そこ た せう いうぎ しん い しき すうねん ぜん ぢょ 彼女 は その 落ち着きの 底に 多少の 遊 戲心を 意識して ゐた。 が、 今 は 後め たいより も 寧ろ 誇らしい 位だった。 室だった。 その 乂 長い 部 の 兩側を 硝子 越しに 埋めて ゐ るの は 藤 原と か 鎌 倉と かず ふらしい、 もの 寂び た佛畫 ばかりだった" 亇リ も IT 版の. に 狐色に なった ク レヴァ ァ• に 敵意の 起る の を 感じた。 彼 はもう その 時には まともに こちら を 眺めて ゐた。 同時に 又氣 安い 輕蔑を 感じた。 …… 」 ひろ 二 t な 、しつ なが か なんき わ, - 廣子 はかう is しかけた まま、 靜か にあたり を 眺め ま はした。 リノリウムの」 に は 何 脚 かの ベン チ なか あ. ぶ め 力れ ら ダ』 んご くわん らん にん さんよ にん いま ふ げん もんじゅ まへ ヒ ど ,. : お 目 は? —— 彼等の-前後に は觀覽 人が 三 四 人、 今 も 並 H 贤ゃ 文珠の 前に そっと 立ち. i; まったり 歩いた りして ゐた。 「いろ レろ恨 ひたい こと も あるんで ございます けれども、 ぢ やぶら ぶら 歩きながら、 お ー卞し する ことに 致し ませう か?」 「ええ、 どうで も。 」 7JN- 二 ,レ! "らく. 彼 は その 反響に 恐れた のか、 やはり. V- ス びん.. 廣子 はかう 言 ふ 彼の 苦痛に 多少の 憐澗を 感じて ゐた。 -- 享樂を も 感じて ゐた。 彼女 は その 氣安 さの 上から 不安ら しい 篤 介 I を 見下して ゐた。 汶は 或は に 80 てき し てき よ な いも-つと つ じつぼ ひやつ は 广-き は 敵. であるか も 知れなかった。 が、 敵で あるに もしろ、 惯れぬ 妹と 五十歩百歩の 敵で ある こと は 確かだった。 まよお ひと リ また ごり やう しん 「あれに も 母親が 一人 ございま すし、 あなた も 亦、 —— あなた は御兩 親と もお ありなん で ござい ます 力?」 おやち 「いいえ、 親父 だけです。 」 と う ふ- ま 一- J やう だ い 人 一- し 「お 父樣 だけ。 御兄弟 は 確か ございませんで したね?」 「ええ、 僕 だけです。 ん けい らう か はば しう ゐ あま しろ だいり 一せ も 勿論 圓形 をして ゐた。 その 又 圓形は Ig 下 ほどの 幅 をぐ るりと 園へ 餘 した まま、.. H い 大理石の らんかん ご した げん,、 わん c. iv で き まが へ しぜい いり. tLi か, ん そ, と 憫千 越しに すつ と 下の 玄關 を舰 かれる やうに 屮: 來上 つ てゐ た. 5-,、 ね惡ぃ 局所に も 巧に 話 を 進めて 行った。 しかし その 割に 彼女 や. お 子の ん豕 庭の 事情な どに は沈默 し てゐ た。 ま づ设に は ひったり、 講談 本. 作者 註。 きわう ついで せう- i,J つ じ じつだん ひと はう- 7、 もっと しろ,;' と 記せる 十數行 あり。 それから 次 乎に 小說 じみた 事 實談を 一 つ 報 しませう。 唯 この 話を閱 いた 時に 厂度小 說か何 か 請んだ やう こころ い よ くだ な 心 もちに なった と 言 ふだけ のこと です。 どうか その つもりで 讀んで 下さい," なん め いぢ さんじ ふねんだ い はぎ ひ はんの I よう い だいく ひとり i 4 まよ す ひ ザつ 何でも 明治 三十 年代に い 秋 野 半 之 丞と言 ふ 大工が 一 人、 この 町の 山お りに 住んで ゐ ました。 野 , 二ん C じょう い なまへ き い か やさ をと こ おも し み たけろ くしゃて ,ー すん 卞. キ し ほ Z すち まへ いんれい あ り 、おねと 言 ふ 趣が あつたの かも 知れません。 v, ご し フー や せう。 ' やう どい 十, り はな じ t ら にめ る t へ た 一- -i. すると. : とわ 、- おも う. へ あ かへ 行って しま ひました。 かう 言 ふ 災難に 遇った のです から、 勿論 火事な どに は 問に 合 ひません リ. のみなら す 半 之 丞は傷 だらけに なり、 這 ふやう にこの 町へ 歸 つて 來 ました。 何でも 後で 聞いて 见 たれ て めくらう i い れば、 それ は 誰も 手の つけられぬ 盲 馬だった と 言 ふ ことです。 ャ- やう ど たいく わ とゥ- に さんねん-ご じ t ち. ひび やうん ん はんの じょう か.. : だ r. - 度 この 大火の あった 時から 一 一三 年後になる でせ う、 「お」 の 字 町の 「た」 の 字 病院へ 半之丞 の體 ry か. ! だ う い なに むかしふう いっしゃう ぼうこう やくそく わに を寶 つたの は。 唯 何年 かたって 死んだ 後、 死體の 解剖 を 許す 代りに 五 百 圓の金 を 蔑った のです。 いや、 五 ゑん. れ もら にひゃく ゑん し ご う さ あた けいやくしょ ひ か 圓の金 を 貰った ので はない、 二百 圓は 死後に 受けと る ことにし、 差し 常り は 契約書と 引き 換 へに さんびゃく ゑん も,! し ,,ー う にひゃく ゑん いったい たれ てわた い 一二 百圓 だけ 貰った のです。 では その 死後に 受けと る 一 一 ki: 圓は 一 體 誰の 乎へ 渡る のかと 言 ふと、 1 なん けい やて しょ ぶんめん ゐ ぞく また ほんにんし てい しはら —3: でも 契約書の 文面に よれば、 「遣 族 又は 本人の 指定した る もの」 に支拂 ふこと になって ゐ まし ヒっヒ い.. v--「l v. r 靑ぺ ン」 と; 一一 一 II ふの は: C に 鉛尾极 に靑ぺ ンキを ぬ だるえ V 'やや たう じ い 土 At うきわう-すつ つき へち i さが 塗った 達磨 茶 尾です。 くら ゐ び じん 4- だすし や つなぎ や ず. 就屮 妙に 氣の 毒だった の はいつ も ん ノ、 て がみい っぽん か い み かんちう どく キ やく はなし また f. v 蜜 相 を 食 つて ゐ なければ 手紙 一 本書け ぬ と 言 ふ蜜批 中毒の 客の 話です。 まつ なん さんた い か すね こか あるひ ざん や a へて おかなければ なりません。 お 松 は 何でも 「三 太」 と 云 ふ,: li? 猫 を 飼って ゐ ました。 ところが 「靑ぺ ン」 のお 上と 言 ふの は. まつ なに い く- んた とこ. C- い お 松に さへ、 さんざん 惡態 をつ いたさう です。 J は ふ ま 、「か」 の 字 川の 「き」 の 字 橋 へ 行き、 靑ぁ をと 澱んだ 淵の 中へ 烏 猫を拋 りこんで しま ひました。 さき こちゃう し とか くば あ r. な し ほ. とうにん それから、 11 それから 先 は 誇張 かも 知れません。 何しろ 背廣は 着て 歩いて ゐて も、 靴 で き あが き とき だい はら しも.. になし. 下の 話 もほんた うか どう 力 それ しょうで キ- r グ ,. ; で じ けん しゅじん はなし はわた しに は保證 出來 ません。 が、 禁、 お前さんの 靴 は 仁 王様の わらち おな あたま VJ た C い もちろん にん Q じょう もとね 草鞋 も 同じなん だから」 と 頭 を 下げて 賴ん だと 言 ふ ことです。 けれども 勿論 半 之 水 は- 兀惯 にも 1バ で き まも ひとびと たれ キ- み にん Q じょう '-. の 靴 を はいて ゐ るの は,. 一 度 も 見かけなかった と; ず つて ゐ ますから。 i-r じょう くつ よら ふ じ いう ひとつき けれども 半之丞 は 靴屋の 拂 ひに 不自由した ばかりではありません。 それから 一 H とたたない う 9 よ だ寇. i 89 こんど せ つ かく 5 で どけい せ ろ う き か; 1 い ち に 今度 は 折角の 腕時計 ゃ背廣 まで も賫 る やうに なって 來 ました。 が、 お 松 も 中 之 水. に 使 はせ て じ かみ は なし ぐわん らい ち だるま V. やや やん な ゐ たばかりで はあり-ません。 やはり 「お」 の 字のお 上の 話に よれば、 元來 この 町の 逹磨 茶屋の 女 は 年々. 夷 講の晚 になる と、 客 を とらす に 内輪ば かりで 三味線 を it いたり 踊ったり する、 その 别 りん 1 の 算段 さへ 一時 はお 松に は 苦しかった さう です。 何しろお 松 は 癎瘤を 起す と、 中 之 丞の胸 ぐら をと つて 引きす り 倒し、 麥:. 1 ぶに- 鄕り など もした ものです。 けれども? これ も 或は 幾分 か 誇張が あるか も 知れません。 で せ う。 「な」 の 字さん の 話 は 本筋に は いづれ も關 係はありません。 唯 ちょっと 而 白かった じ とうき やう かへ のち さしだ にん はぎの -ん のじよ, つ こ づっ ひと う ことに は 「な」 の 字さん は柬 京へ 歸 つた 後、 差 出し 人 萩 野 半 之丞の 小包み を 一 つ 受けと りました。 かご- "にんし ひと ぐら ゐ め ばか かる なに おも み あさひ に じふい. 嵩 は 半紙の 一 しめ 位 ある、 が、 目 かたは 莫 遍に輕 い、 何かと 思って あけて 見る と 、「朝: nj の ニト入 ぶ ば: み-つ う あ をく さ く ぴすぢ あか ほたる なん ぴき い りの 穴 1 き 箱に 水 を 打ったら しい 靑 草が つまり、 それへ 首筋の 赤い 埜が何 匹 もす がって ゐ たと 言 ふ もっと. t も その 又 「朝日」 の 空き箱に は 空 氣を通 はせ るつ もりだった と 見え、 ベた 一面に 錐の あな い はん じょう ちが 穴 を あけて あった と 云 ふ の で すから、 や は り 半之丞 らしい の に は 遠 ひない のです が。 が、 それ は 不幸に もす あて え-つ い あき ひ がん ちう にち けぎ は ん のしよう あ を まつ つかり 當が 外れて しま ひました。 ベ ン」 のお 松 いつつ-つ ん しょ C- 一 とつぜん ふうが は じ さつ また ヒ さつ い に 「通の 遺書 を殘 した まま、 突然 風變 りの 自殺 をした のです。 では 乂 なぜ 自殺 をした かと 言へば- -iii 「めい 于: ラ 二く i つ あて ゐ しょ ゅづ もっと うつ 11— こ の說明 はわた しの 報吿 よりもお 松 宛の 遣 書に 讓る ことにし ませう。 しかし わたしの 宿の 主人が 拔帖に 貼つ ておいた 常時の 新聞に 載 つて ゐ たもので すから、 大體問 違 ひ は あるまい と m 心 ひます。 り よ だ' 7 おん "S. 91 かお まへ V- ま ふう- まへ さま はら こ し まつ でき X 「わたくし 儀、 金がなければ お前 樣 とも 夫婦に なれす、 お As 樣の 腹の 子の 始末 も出來 す、 うき 世 ふら ふ あ ひだ し し じび や, f ゐん おく わか がいやに なり. 候 問、 死んで しま ひます。 わたくしの 死が いは 「た」 の 字 病院へ 送り、 向う からと き ご ざ V. - ふ. :: ふ やて しょ にひゃく ゑん くだ たく りに 來て もらっても よろしく 御座 候。 f 、、、つぐ つ 金で 「あ」 の 字の H: 那 〔こ れ は わたしの 宿の 主人です。 〕 のお 金を使 ひこんだ だけ はま ど ふ 〔惯 ふ?〕 やつ い ぶふ- 1: ふ L だんな め乂 ぼく かね やうに 頼み入り 候。 「あ」 の 字の 曰; 那に はまこと に、 まことに 面 目 ありません。 のこりの 金 はみ な As へ.. 一 人 旅う き 世 を あとに 半 之丞。 〔これ は辭 f でせ う。 〕 おまつ どの。 この 町の 人々 も そんな ゆめ か ス が い もす こ まへ ぜんて-つ ダ 1 と は 夢にも 考へ なか つ た と 言 ふこと です。 其處へ ふと 通りかか つたの は r 靑ぺ ン」 の 女の 一 人です。 その 女 -ズ- り かほ み いま じけん やね ,T 'へ ひた まと い い は- ; 人の 額 を 見るな り、 ヶ しがた 「ふ」 の 字 軒の 屋根の 上 を 火の玉が 飛んで 行った と! H ひました。 しかし 勿論 r 靑 ベ ン 」 の 女 は 笑つ て 通 り 過ぎた と in ふ こ と で す。 r ふ」 Q 字軒 の 人 も、 11 いや T ふ」 の 字 軒 の 主人 は 笑 ふ うち に も 「終 ぎ おも い 起で もね え」 と 思った と 言 つて ゐ まし た。 それから 幾日もた たない うちに 半 之丞は 急に 自殺した のです。 Q どつ い じが は iJ なか いたが-一 とつ-一 ゆ い 喉 を 突いた とか 言 ふので はありません。 に じ 一 ごろ. 屋の 上さん がー 人、 當农 彼是 卜 二 時 顷に共 どう. ぶ ろ ゆ たばこ や かみ V みち なに - ビン 同 風呂へ は ひりに 行きました。 この 煙草屋の 上さん は 血の道 か: 1: かだった ものです から、 のう ,ご 二 今 はんの じょう とき をス ん なか お ほ からだ しづ い, ちに も 其處へ 來てゐ たのです。 半 之丞は その 時も溫 泉の 中に 大きい 體を 沈めて ゐ ました。 が、 今 びる ま ゆ まき ひと か」 な だ い しづた ん もま だは ひって ゐる、 これに はふ だん まつ 晝 でも ni! - : 9 ひありません。 上さん は その 爲 に. 良 nil も出來 す、 匆々 風呂 を 出て しまった さう です キ、. 二つ ど-? ; -ろ なか とつ 二 ゆ な まへ し t 二 つ つ. はこの 9 ヒ:' 二 まへ き もつ そで ゐ しょ そば げ H: ャ なを てく , 獨站の 前に ちゃんと 着物 を 袖 だた みに し、 遣 書 は 側の 下駄の I 緒に 括りつ けて あつたと; H ふこと なに し たい r だへ. ' をん せん なか う も ", つ しょ です。 何しろ 死體は 裸の まま、 溫 泉の 屮に ぼいて ゐた のです から、 若し その 遣 書で もなかつ たと おそ じャっ やど しゅじん けなし すれば、 恐らく は 自殺 かどう かさへ わからす にし まった ことで せう。 尤も これが こ の 町 の定說 と?. 口の 悪い 「ふ」 の 字 軒の 主人な ど は 「何、 すむ やすまね えお やねえ。 あれ は 體に傷 をつ けて は T 一 百兩 になら ねえと 思つ たん で す。 」 と 大いに 異 說を唱 へて ゐ ました。 はんの じょう はなし き ふ ご わ ど し: S ヒん じ 半 之, の 話 は それだけです。 しかし わたし は 昨日の 午後、 わたしの 宿の 主人 や 「な」 の卞 さんと せ. ; くる i ち V. 「な」 の 字さん は カメ ラ ? ノ VJ に- リがス き やう やど し じん ねっしん た-つ だ を ぶら下げた まま、 老眼鏡 を かけた 宿の 主人に. り つい ズ v んな 「ぢ やその お 松と 言 ふ 4;」. すると 誰か 戶を 叩いて 「もし、 もし」 と 僕に 聲を かけた。 僕 は その 雨戶の 向う に 池の ある こと しょうち ぼく 二 ゑ し- れ す こ を 承知して ゐた。 しかし 僕に 聲を かけた の は 誰 だか 少しも わからなかった。 ねが 「もし、 もし、 お 願 ひが あるので すが、 …… 」 100 あまど f てと こ も 雨戶の 外の 聲 はかう 言った。 僕 は その 言葉 を 聞いた 時、 「はは あ、 K の やつ だな」 と E 心った。 K 、 ぽ くら いちねん ご てつがく くわ はし ぼう をと 二 ぼ. あよ こる 5 だ だめ i たきみ. しかし どこか 若木に 似た 水々 しさ を 具へ た 少年だった。 み あが からだ あっすな うへ な だ. 4 れ し i ね ぼかり 以前の 或 午後、 僕 等 は 海から 上った 體を 熱い 砂の 上へ 投げ出して ゐた。 そこへ 彼 も满に ii 1. た-ご ひ き かれ あし なくら ころ み れ たなり すたすた 板子 を 引きす つて 來た。 が、 ふと 彼の 足 もとに 僕 等の 轉 がって ゐ るの を 見る あざ や は み いっせう かれ とほ す ち ぱく ぴ く う おく と 鮮 かに 齒を 見せて 一笑した。 M は 彼の 通り過ぎた 後、 ちょっと 僕に 微苦笑 を. 送り、 「あいつ、 嫣 然として 笑った な。 」 と 言った。 それ 以來彼 は 僕 等の 間に ri 然」 と 言 ふ 名 を 得て ゐた 海 のだった。 ほ 「どうしても は ひらない か?」 「どうしても は ひらない。 」 104 「ィゴ ィ ストめ!」 か. 僕 は M に は 頓着せ す、 着 もの 脫ぎ i? から す 二 i な 二 だか ダ なやま うへ い かしげ た しり した し しキ- しま いっぽんす 少し 離れた、 小高い 砂山の 上へ 行った。 それから 貸 下駄 を臀の 下に 敷き、 敷 島で も 一本 吸 はう と f ひ ; てんぐ わい つよ かぜ ため ようい きたば こ うつ した。 しかし 僕の マ ツチの 火 は 存外 强ぃ 風の 爲に 容易に 卷 煙草に 移らなかった。 「おうい。 」 M はいつ 引つ, したの か、 if うの 淺瀨に 佇んだ まま、 何, か 僕に 聲を かけて ゐた。 けれども あ 45 こも 一 た ま なみ お レー ため ぼく みみ その 聲も 絶え間の ない 浪の 音の 爲に はっきり 僕の 耳 へ は ひらなかった。 「どうしたんだ?」. ぼく たづ とき ゆかた ひ ぱく となり こし お 僕の かう 尋ねた 時には M はもう 湯 帷子 を 引っかけ、 僕の 隣に 腰 を F ろして ゐた。 「何、 水母に やられ たんだ c」 -「,: げて步 いて 來た。 彼等 は 二人とも 赤 樺 をし めた、 筋骨の 逞しい sf- だった が、 观に 濡れ 光った. N さん は 彼等と すれ違 ふ 時、 ちょっと M 等の 挨 桜に 答へ T 風呂に お, で」 と I 弦 を かけたり した。 「あ あ ーず ふ商賫 もやり 切れないな c」 り と ほの 海 111 僕 は 何 か 僕 自身 もながら み 取りに なり 兼、 ねない 氣 がした。 何しろ 沖へ: 冰 いで 行つ ちゃ、 何度も 海の 底へ 潜 るんで す 力ら ね。 ん 5. 大きい- 淳は 渚から 一 里 牛 も:?: へ つつ レ はなし てゐ る、 —— そんな. こと も 話に まじって ゐた 「そら、 H さん、 あり やい つでした かね、 ながらみ 取りの 幽靈が 出る つて 言 つたの は?」 キ- よねん あき 「去年 —— いや、 をと としの 秋 だ。 ひ 「ii ぢゃ なかつ たんです。 そのうちに 海軍の 兵 112 v. - う あが をと-一 よ ひ らんた ふば は い-つお い み 曹 上りの 男が 宵のう ちから 卵塔場に 張り こんで ゐて、 とうとう ま靈を 見と どけたん です がね。 と み なん ただ ゝ、 ゝ、 と ふうふ やくそく チち だる i r' r つつか まへ て 見り や 何の こと はない。 - す わた ひぐ らし こ ゑ ぼくら みみ つ.. -- r すく,!、 : "-. P- ; fc る浪の 昔 の 外に 時々 澄み渡った 蜩の 聲も伎 等 の 耳 へ e, は つて た。 それ は ダ, ひと も 一. 「おい、 M !」 僕 はいつ か M よりも 五六 歩 あとに 歩い てゐ た。 」 それから M は 叙. g さう にテ イツ ぺ ラリイの ロ简を 吹き はじめた。 ぉ5-ぃぎ! くはなぃ。 i ザて, S あ く はない。 しかし この 便 i おの 中 の!! S もどう にか 始が をつ けなければ ならぬ。 その 始末 をつ ける のが 除魏 人と 呼ばれる.. -,: , V- よんん にん ひとり しれ. も! いじ やう な. もう 紫の 黃ば みかけた 尼提 はかう 言 ふ 除 驚 人の 一 人で ある。 すると, M うから 歩いて 來 たの u ま 1 を? 寸 つた TV の, IS である。 沙門 はちよ つと 見た所で は當り 前の 人と 鍵り はない。 si や 主れ の? n たし ぎ をん しゃう じ や しゃか によら, V ちが を. やう どう 、ん 1 こう つうげ. け なに に だい し ところ 」- だかれ し に? ゑ? 一く :: れ ども その 何も のた るか は 尼提の 知って ゐる 所ではない。 王 さへ 如來 の. 前に は臣 卜の やうに 禮拜 するとず ふこと だけで ある。 或は 乂名ー n 问ぃ 給-孤 お 者 ぶ. にょらい まへ に だい すがた み かれ まか :. へち キパ. どうき し 力し 如來は その 前に 尼 提の姿 を 見つけて ゐた。 その 動機が 思 はす 如 來の頻 に 微笑 を 漂 はさせ たの は 勿論で ある。 無智 愚昧の 衆生に 對 する、 海よりも 深い 憐 飼の 情 は その:; if 紕 しはくめ なか いってき なみだ うか い だ、 じひ し,〉 うご --ょ t: - 'r. 色の 目の 中に も 一 滴の 淚さ へ 浮べ させた ので ある。 Jfij. にだい こんど が まへ せまみ ち かれ r. 彼 は 後 を 振り返って 如 來の來 ない の を たしか うへ はじ ひといき にょらい まか だ こく わう じ にょらい で し たいてい み ぶん 確め た 上、 始めて ほっと 一息した。 如 來は摩 迦陀國 の 王子で あり、 如 來の笫 子た ち も 大抵 は 身分 たか ひと,?,.

次の