ある日お姫様になってしまった件について最新話ネタバレ。 ある日お姫様になってしまった件について

『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ!

ある日お姫様になってしまった件について最新話ネタバレ

『 ある日、お姫様になってしまった件について』は作画:Spoon先生、原作:Plutus先生による漫画です。 いわゆる「なろう系」ではなく、韓国で人気の作品を日本語に翻訳したもので、日本でも人気が出てきました。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ記事です。 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! ある日、起きたらなんと赤ちゃんに生まれ変わっていた アタナシア。 しかも周りの話を聞いているとどうやらお姫様に生まれ変わったらしいのです。 話を聞く限りでは、前世で読んだ小説の不幸な身の上のお姫様に…… 小説ではそのお姫様は皇帝の父と踊り子の母間に生まれたものの出産で母は命を落とし、父からは疎まれてしまいます。 似たような境遇の異母姉妹は父である皇帝から溺愛されるのに、アタナシアは疎まれるどころか最期はたった18歳で皇帝の不興を買い殺されてしまうのです。 そんな小説と同じ未来にならないように赤ちゃんの頃から必死にあれこれ画策し、皇帝にわざとニコニコ懐いてみると皇帝も表情こそ余り変わらないけれど、どうやら満更でもなさそう。 でも殺されないために振りまいていたアタナシアの笑顔は徐々に本物になってきて、皇帝がアタナシアを見つめる瞳も徐々に優しくなってきて… 親子の情愛がゆっくり育つハートフルなストーリーです。 『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻の感想 いわゆる転生物でタイトルもわかりやすく、シンプルに生まれ変わったらお姫様になっていました、という最近流行りの作品かと思いきや、今一番お気に入りの漫画になりました。 まず絵柄のきれいさが素晴らしいです。 特に姫様のドレスのデザインのかわいさには感動すら覚えました。 漫画家さんもドレスのセンスまでお持ちの方は少ないように思います。 姫様が成長するにつれて年齢相応の普段着のドレスからデビュタントのドレスまで毎回ドレスのデザインが違ってとにかく全てがかわいいのです。 もちろん皇帝の衣装も素敵。 それから前世の記憶にある小説の通りに殺されてしまわないように、姫様が皇帝に必死にまとわりつく様子に皇帝が徐々にほだされて行くのがもう楽しみすぎてたまりません。 ほだされても皇帝はべたべたに甘くなるわけではなくちょっとしたことに動揺したり、自ら姫様を抱き上げたりといった程度なのですが、そのささやかな仕草から姫様を大切な存在だとしつつある不器用な皇帝がもう可愛すぎて可愛すぎて。 ただの男女のやりとりでなく親子としての情愛を育んでいくのも珍しいかなと思います。 単純な恋愛ものではないのもまたお勧めです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

ある日、お姫様になってしまった件について◆第32話ネタバレ◆怒れるパパと慌てる姫 │ BOOK REPORT

ある日お姫様になってしまった件について最新話ネタバレ

ある日、お姫様になってしまった件について29話ネタバレ 「俺がそんなヒマなやつだと思うか?」 面倒くさそうにそう言うルーカスに、呆れ半分のアタナシア。 (またこれね。 そうは言っても、6年間毎回来てくれてる) 「クロに会いに行こうよ」 「お前俺の話信じてないだろ?マジで食ってやるからな」 「わかったから会いに行こう」 「……」 イラッとするルーカス。 * 庭先に横たわっていたクロは、アタナシアの姿を見つけると、アタナシアの胸へ飛び込んでいきました。 「クロ!」 「キャン!」 「もうクロったら。 お姉ちゃんに会いたかった?よしよし」 クロに押し倒されたアタナシアは、地面に横たわります。 「こんなに寒いのに何してんだよ」 「保温の魔法かければいいじゃない」 「早く寝ろよ。 お前またそいつと遊んでたら気失うぞ」 言いながら魔法をかけるルーカス。 「クロが最近ご飯たくさん食べたのかな。 ちょっと太った気がするんだけど」 「キャン!」 温かさに包まれるアタナシアとクロ。 「私もうすぐデビュタントだよ」 「知ってる」 「失敗しないよね?」 「お前のパパが失敗したらダメとか言った?」 「ううん」 「じゃあ何が問題だ?」 「……」 「お前いつも足の裏が擦り切れるくらい練習してたじゃん。 バカじゃない限りそれなりにできるだろ」 その場に座り込むルーカス。 「お喋りはこれくらいにして早く寝ろよ」 「そんな言うほどお喋りしてないでしょ」 「お前が寝ないと俺も寝れないだろ」 「チェッ…」 目を閉じたアタナシアを静かに見守るルーカス。 「お休み、ルーカス」 * (ついにデビュタントの日がやってきた) 早朝 「姫様お急ぎを。 時間がありませんよ」 「うん…?」 「大切な日ですから、いくら早く準備しても足りませんよ!」 メイドに起こされて、寝ぼけまなこのアタナシア。 「目を瞑ってください!」 「方の力は抜いて!」 リリーを含めて3人のメイドたちに、浴槽に入れられます。 頭からお湯をかけられたりと、慌ただしい周囲に唖然とするアタナシア。 「香油はどこ?香油!」 「頭に塗るやつ!」 「薬草も入れよう」 「はい」 「花びらも!」 「お風呂の後はむくみをとるマッサージもしましょう」 「お腹空いたよ」 「我慢してくださいね」 「今から一時間お休みください」 顔にパックをさせられたまま寝かされるアタナシア。 「リリー様が用意できたかって!」 「えっ、まだなのに」 「バラ水はどこ?」 「小さいくし持って来て!」 「ブラシはこれで全部?」 「ドレスの準備は?」 「ティアラは?」 「ちょっと花持って来て」 周囲の喧騒に、グルグルと目が回るアタナシア。 (これまで私…) 「急いで!!」 (姫のデビュタントを甘く見すぎてたみたい…!) * 「いかがですか?」 「本当にお美しいですよ、姫様」 メイド一同、陶酔するような視線でアタナシアを見つめます。 「今日のデビュタントで姫様が最もお美しいに違いありません」 ピンク色をベースとしたドレスは、まるで花束のようにアタナシアを着飾ります。 「ティアラはしっかり固定したので、形が崩れることはないでしょう」 (うわ。 アタナシアは元々美人ではあるけど、本当にすごくキレイ…) 姿見で自身を見て驚くアタナシア。 「姫様、そろそろ行きましょう。 今日は絶対に姫様にとって素敵なデビュタントになりますよ」 微笑むリリーに、アタナシアも笑みが浮かびます。 「うん。 きっとそうだね」 * 「姫様!」 フィリックスはアタナシアを見て思わず声をあげます。 「今日は本当に眩しいくらいお美しいですね。 陛下がお待ちです。 行きましょう」 差し出された手を取るアタナシア。 その光景に、周囲はうわぁぁと頬を赤らめます。 フィリックスにエスコートされながら出た宮殿の外で、そこにいた人物にアタナシアはハッとします。 普段とは違い、正装したクロードの姿がありました。 クロードはアタナシアの存在に気付くと、大きく目を見開きます。 階段を降りてくるアタナシアの姿が、クロードの目に輝いて映ります。 (クロードがしっかり正装着てるのはじめて見た。 ときおり外国の使臣が来る時でさえここまでじゃなかったし…。 あなたホントに子持ちのパパなの?) クロードの神々しさに眩しい!と目を瞑るアタナシア。 (私のデビュタントだから正装したの?) 「寒そうだな」 「パパは今日とっても素敵!」 「……」 向かい合ったまま、何も言わないクロード。 二人の様子を、フィリックスが心配そうに見つめます。 (実は今日が誕生日の後初めて会う日なのだ。 まぁ私がわかってあげなきゃね) 「今日パパと一緒にいられて嬉しいよ」 おもむろに右手を差し出すクロード。 「今日、とてもキレイだな」 思わず笑みがこぼれるアタナシア。 差し出された手を、そっと取ります。 「ありがとうパパ」 29話はここで終了です。

次の

【漫画】ある日、お姫様になってしまった件について3巻の続き29話以降を今すぐ読む方法

ある日お姫様になってしまった件について最新話ネタバレ

弁護士カレシ第16話「告白」 もう辰巳のパラリーガルを辞めると事務所を飛び出した次の日。 時間になっても出社しない葵に、辰巳は8年前のことを思い出します。 あの時も、突然来なくなって会えなくなった。 実は葵に対するいじめがあり、それが辰巳を好きな女の子のせいではと噂まであったことを辰巳は後になって知ったことをずっと後悔していました。 図書室でキスをしていなくなったあの時と同じ。 辰巳はまた葵が突然いなくなるのではと、慌てて葵のアパートに向かいます。 アパートの扉が開くと、葵を抱きしめる辰巳。 その時に、辰巳が抱えていた思いをすべて聞かされるのです。 なんでも言ってくれないと、葵がいなくなった後に聞かされても何もできないと。 葵は人に頼らないし話したがらないのも辰巳を不安にしてたのですね。 事情はわかったけどそれと嘘をついていたことは別だという葵。 しかしそれは沢渡に葵を奪われたくなかったから。 ついに、辰巳は葵に好きだと告白するのでした。 やっとですねー。 しかもやっぱり葵は何も気付いていませんでしたよ。 弁護士カレシ第17話「信じられない気持ち」 しかし残念なことに、辰巳の告白は信じてもらえませんでした。 これまでの素行が悪すぎましたね。 信じられないけど、辰巳のパラリーガルはまだしばらく続けることに。 どうしたら信じてくれる?と辰巳は言いますが、葵がどうしても辰巳の嘘が許せないのは、再会してからもう一度辰巳のことを信じたかったから。 8年前は傷つけられたけど今は・・・という思いがあったからなのですね。 これには辰巳も謝るしかないのですけど。 その夜、仕事帰りにカフェで勉強をしていた葵は、外に辰巳の姿を見つけます。 しかし辰巳は女性と一緒で、女性がタクシーに乗る間際、辰巳にキスをする瞬間を目撃してしまうのでした。 他にいるのに自分に好きだなんて言った辰巳をやっぱり信じられないと思う葵なのでした。 そりゃそうです。 でもその女性を見送る辰巳の顔が暗いんですよね。 絶対何か事情があることはわかるのですが。 弁護士カレシ第18話「キスの証明」 次の日、何か疲れている様子の辰巳とギクシャクして、事務所でつい大声を上げてしまう葵。 所長には葵も辰巳も自分が悪いと言ったようですが、2人のことは詮索しないけど仕事に支障のないようにと釘を刺されてしまいます。 川田や沢渡も葵を心配して声をかけてくれることに感謝する葵は、辰巳に素直に謝ります。 すると辰巳もなんでも言いたいことを言えと受け止める姿勢を見せてくれます。 そこで葵は辰巳の路上キスを目撃したことを話し、他に女の子がいるなら自分に好きとか言わないで欲しいと言うのです。 辰巳は油断している葵に軽くキス。 そしておまえが見たキスはこんなだったか?とさらに深くキスをしてきます。 これは無実の証明だと。 実は辰巳にキスをしていたのは、辰巳の情報屋のキャバ嬢だったとのこと。 葵が機嫌悪かったのは嫉妬したから?と嬉しそうに言う辰巳。 葵が反論するも、すっげーうれしいと笑顔を見せます。 先に事務所を出た葵は、帰る道すがら辰巳の笑顔を思い出しています。 そしてボソっと、笑った辰巳くんの方が好きだな・・・と呟いた自分に驚いていました。 ひとり残った辰巳が戸締りをして帰ろうとすると、知らない男が辰巳を訪ねてやってきます。 辰巳が担当しているDV離婚を希望している女性の夫でした。 彼は妻と連絡が取れなくなったことに逆上し、刃物を持ってやってきていました。 揉み合ううちに、ナイフは辰巳の腹部に刺さり・・・ 弁護士カレシ第19話「刺された弁護士」 自宅にいた葵に所長から電話が入り、辰巳が刺されたことを知ります。 辰巳が倒れていたところをビルの管理人が見つけて救急車を呼んでくれたそう。 手術も終わり無事だったことがわかり、その日は夜通し所長と辰巳が持っている案件の整理をすることに。 その日の夜、面会に行き、自分が辰巳と一緒に帰っていればよかったと言う葵ですが、辰巳は一緒にいなくてよかった、おまえが無事でよかったと言うのです。 次の日、事務所にある女性がやってきます。 辰巳とキスしていた女性でした。 葵が自己紹介すると、いきなり辰巳の何がダメなのか聞いてきます。 実はあの時、辰巳は女性のお店に行って、葵をイジメすぎたと落ち込んでいたとのこと。 とりあえず付き合ってダメなら別れればいーじゃんと軽く言う女性にたじたじな葵。 でもこの人、葵のいい相談相手になってくれそうだけどな。 辰巳の案件はなんとか落ち着いたものの、沢渡の業務量がかなり増えている様子。 そこで所長が提案したのは、しばらく沢渡のパラリーガルをやるというものでした。 まとめ 前巻までの辰巳の暴走はなくなりましたが、今後は優しく口説くようになりましたね。 辰巳が葵を大切に思ってくれていることもわかり徐々に打ち解けてくるふたりですが、沢渡のパラリーガルをやることになりまた一波乱ありそう。 気になる5巻はこちらから.

次の