損益 計算 書 書き方。 損益計算書とは?図解でわかる損益計算書と貸借対照表の書き方と読み方

損益計算書(P/L)の見方は?各用語の意味とチェックすべきポイント|スモビバ!

損益 計算 書 書き方

損益計算書の目的は事業年度(1年または四半期)の事業活動における利益額を算出することです。 「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」を表すもので、 儲ける力を読み取ることができます。 損益計算書は簿記のルールに基づいて作られますので、ある程度の専門的知識が必要になります。 ただし、その構造と作成ステップを理解することで簡単につくることができます。 損益計算書は大きく5つのステップからなります。 取引の認識• 勘定への転記• 試算表への集計• 損益計算書の作成 「取引の認識」と「仕訳」までは人による判断が伴いますが、「勘定へ転記」以降は決まったルールで処理が進んでいきます。 「仕訳」まで確実にできれば後は自動的に作れてしまいます。 キャンペーン Contents• 損益計算書の目的と構造を理解する 何のためにつくるのか、何がわかるのか 損益計算書は決算時(1年または四半期)に利益額を確定させるために作成されます。 収益から費用を差し引いた金額を利益として表示する報告書であり、事業活動の結果を数字で明らかにするものです。 この書類を活用する対象者毎に提供する情報は以下のようになります。 ( ):関連する利益• 経営者、従業員、対象事業の関係者に対して、業績結果を利益額として算出する (売上総利益、営業利益他)• 取引先、金融機関に対して、通常の活動で得た利益額を算出する (経常利益)• 税務署(その他税金徴収者)に対して、納税額を計算する基礎となる課税所得を算出する (税引前利益)• 株主に対して、配当額を計算する基礎となる利益を算出する (純利益) 損益計算書及び貸借対照表では、資金調達の源泉(どこから調達したか)と資金運用の使途(何に使ったか)を区分して捉えます。 以下は両報告書の構造を概念的に図式化にしたものです。 損益計算書と貸借対照表を見れば、「どこから資金を調達して、何に使って、どんな成果をあげたのか」がわかります。 その内、損益計算書では、「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」 を表すもので、儲ける力を読み取ることができます。 「3つの収益」と「5つの費用」から「5つの利益」を算出する 損益計算書は、商品・サービスの売上高から性質の異なる費用を段階的に差し引いて利益額を算出します。 その要素は、• 「3つの収益」• 「5つの費用」• 「5つの利益」 に分解できます。 売上高から費用を差し引いて利益を算出する手順で作成します。 取引の認識• 勘定への転記• 試算表への集計• 損益計算書の作成 以降は各段階毎の概要を説明していきます。 関係する取引を認識する 損益計算書をはじめ計算書類に記帳する取引とは、先の概念図で分類した「資産、負債、純資産(資本)、収益、費用」の増減があるかどうかで区別します。 取引の項目を性質毎に分解・分類したものを勘定科目といい、その増減をを記録するT字型の表のことを勘定と言います。 借方とは取引があったときに記帳する位置のことで左側になり、貸方は右側になります。 また、認識するタイミングは発生時点としています。 たとえば、実際の現金のやりとりがなくても、契約が成立したなどの事実が発生した時点で計上(記帳)します。 以下は損益計算書及び貸借対照表で扱う主要な勘定科目です。 このような科目に増減があった取引を認識することが第1ステップです。 【損益計算書に属する勘定科目一覧表】 【貸借対照表に属する勘定科目一覧表】 仕訳をする 関係する取引を認識したら「仕訳」を行います。 仕訳とは、1つの取引を先に説明した勘定科目毎に借方と貸方に分けて区分することです。 以下、仕分けの基本的なルールを図式化します。 (仕訳帳のサンプル) 以下は、売掛金を回収して現金が増えた取引の例 引用 勘定に転記する このステップ以降はルールに基づき自動的に処理できます。 仕訳を行ったら、それを勘定に転記します。 仕訳で借方(左側)に書いたものは、同じく勘定の借方(左側 に、貸方(右側)に書いたものは、同じく勘定の貸方(右側)に移します。 (勘定のサンプル) 引用 すべての勘定を集めて総勘定元帳に記入します。 総勘定元帳とは、全ての取引を勘定科目毎に記録した帳簿です。 (総勘定元帳のサンプル) 引用 決算になったら勘定を試算表に集計する 試算表とは決算の際に作成する勘定を集計した表のことで、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表の3つがあります。 試算表を作成する目的は、これまでの作業に間違いがなかったかを確認すること、そして、以降の貸借対照表と損益計算書の 作成をし易くすることです。 合計試算表は、各勘定の借方、貸方のそれぞれの合計を出して集計したものです。 残高試算表は、各勘定の残高だけを集計したもので、大きい方の金額から小さい方の金額を差し引いて求めます。 各勘定の残高のみを集計するので、同じ勘定で借方と貸方の両方に金額が記入されることはありません。 合計残高試算表は合計試算表と残高試算表を1つにまとめたものです。 これら3つの試算表は、各勘定の借方と貸方を集計したものなので、必ずそれぞれの合計金額が等しくなります。 (合計残高試算表のサンプル) 引用 損益計算書を作成する 上記でサンプルとして提示した試算表を使って、損益計算書を作成してみます。 表中の収益と費用に関係する勘定科目を抜き出して損益計算書に転記します。 対象となる科目は黄色の範囲で、収益に分類される勘定科目の「売上」と費用に分類される勘定科目の「仕入、給料、支払地代、支払利息」が対象になります。 その他は貸借対照表に関わるもので、同様に作成することができます。 当期純利益は収益の合計から費用の合計を引くことで算出します。 (損益計算書) 引用 まとめ 損益計算書の目的は事業年度(1年または四半期)の事業活動における利益額を算出することです。 「何に使って(費用)、どれほど売上・収入が入って(収益)、結果的にどれくらい儲かったのか(利益)」を表するもので、儲ける力を読み取ることができます。 そして、その結果である利益(損失)は、貸借対照表の純資産(負債)に反映されます。 「3つの収益」-「5つの費用」=「5つの利益」で計算します。 収益と費用を明らかにし、算出した5つ利益は、それぞれの活用対象者へ提供します。 損益計算書は大きく5つのステップからなります。 取引の認識• 勘定への転記• 試算表への集計• 損益計算書の作成 「取引の認識」と「仕訳」までは人が判断しますが、「勘定へ転記」以降は決まったルールで処理が進んでいきます。 キャンペーン 「社長の仕事って何?」 「ビジネスで成功するには何が必要?」 なんて考えたことはありませんか? そんなあなたの悩みを解決して、すぐに成功へ向けた行動が取れるようになる方法を鈴木しゅんが3本の動画にまとめました。 既に鈴木しゅんの講座を学んだ方から、成功の声が届いています。 元手をかけず3カ月で1,000万弱の売上を作ることに成功• 年収が倍になっただけでなく年に2ヶ月のまとまった休みを取ることに成功• 赤字だった会社を翌年には黒字化たった3年で売上25億円の会社に変革させることに成功• 自身の事業を立ち上げ初回のセミナーでバックエンドを15名に販売することに成功• 自分の会社をより高いステージから俯瞰してみられることに成功。 動画は、通常有料で提供している特別な内容です。 今すぐご確認ください。

次の

青色申告決算書とは【書き方・見本・ダウンロードリンク】

損益 計算 書 書き方

損益計算書を徹底解説 損益計算書とは? 損益計算書とは読んで字のごとく、一定期間にわたり事業を行った結果が損失だったのか、又は利益が出ていたのかを計算する書類です。 また、損失、利益の計算は、「収益から費用を差し引く」ことで行います。 損益計算書では、費用を借方(左側)に記載し、収益を貸方(右側)に記載します。 そして差額で利益又は損失を算出するため、黒字の場合には借方に利益、赤字の場合には貸方に損失が示されます。 【借方】 【貸方】 費用 利益(差引きで算出) 収益 損益計算書では、損が左側(借方)で、益が右側(貸方)になるため、貸借対照表と違い字の並びのままになります。 また、借方に利益が書かれるのは黒字になった時のみです。 赤字もしくは利益が0だった場合には下記の様に利益の項目がなくなりますので注意してください。 それでは次に、費用にはどのような勘定科目が利用されるのかを具体的に見ていきましょう。 費用を具体例とともに解説 費用には、例えば以下のようなものが該当します。 売上原価の項目:商品仕入高、材料費、外注加工費など 販売費・一般管理費の項目:給料、旅費交通費、接待交際費、地代家賃、水道光熱費、消耗品費、減価償却費など 旅費交通費や接待交際費、地代家賃や水道光熱費などが何を指しているかは簡単に想像できます。 一方、初心者にとって混乱しやすいのが減価償却費です。 そこで次に、減価償却費とは何かを解説します。 なお、減価償却費は「原価」償却費ではありませんので字にも注意しましょう。 減価償却費とは 事業活動を行う際には、例えば設備や営業用車両などを利用することも多いと思います。 このような、事業活動を行うにあたり一年を超えて使用する資産は「固定資産」と言われ、複数年に亘って費用にしていくことが求められます。 つまり、損益計算書は、1年間(場合によって1年ではないケースもあります)の事業活動の儲けや損失を算定する書類であるため、複数年に亘って事業活動に貢献する固定資産については、その間に亘って費用処理しなければ、適切な儲けや損失が算定できないため、購入した際の金額を複数年に亘って費用にしていく減価償却が行われるのです。 具体的に、法人が社用車として自動車を購入した場合の減価償却について見ていきましょう。 社用車は貸借対照表上では資産に分類されるため、購入価格が事業用の資産として計上します。 【借方】 【貸方】 車両 900,000 現金 900,000 社用車を取得した後は、長期間に亘り事業活動に利用されることで、事業の収益獲得(売上高の獲得)に貢献することになります。 直接法という記帳方法で、仕訳を切ると以下のようになります。 なお、間接法という方法もありますが、それは後で解説します。 【借方】 【貸方】 車両減価償却費 150,000 車両 150,000 減価償却費という費用を計上するため、借方に「車両減価償却費」という勘定科目を記載し、貸方には「車両」という資産の勘定科目を使用するのが直接法による仕訳となります。 「車両」は貸借対照表の借方に記載される資産の勘定科目であるため、上記の仕訳により、資産である「車両」の金額が150,000円減額されることになります(900,000円-150,000円=750,000円で記載されることになります)。 また、損益計算書では、減価償却費を計上した分だけ費用が増加し、利益が減少することになります。 事業を長期的に継続していくためには、この減価償却費部分も収益で回収していかなければならないということを認識しておきましょう。 貸方(右側)に書くもの 収益には、例えば以下のようなものが該当します。 収益を具体例と一緒に開設 最初に、現金で10,000円の商品を3個、合計30,000円を売上げた場合を例にして解説します。 現金で売上げたという文章からも読み取れるよう、売上高と現金という勘定科目を用います。 売上高は収益項目なので貸方に記載し、借方には現金を用いて仕訳を切ると、以下のようになります。 【借方】 【貸方】 現金 30,000 売上 30,000 次に、後日になって、販売した商品が1個返品された場合を解説します。 返品された場合には、先ほどの売上高を計上した時と逆の仕訳を切ります。 1個10,000円の商品が1個返品されたので、金額は10,000円となります。 【借方】 【貸方】 現金 10,000 売上 10,000 上記の商品販売取引と返品取引の例を見た場合、取引によっては、売上高や現金などの同じ勘定科目であっても、借方にも貸方にも用いられます。 最初は戸惑う部分もあると思いますが、慣れれば簡単にできるようになりますので頑張りましょう。 減価償却費を間接法で計上する場合 さきほど減価償却費の解説のところでは直接法を適用しました。 続いて間接法を用いた場合の解説をします。 【減価償却の仕訳における直接法と間接法の特徴】 直接法:仕訳は初心者にも理解しやすいが、購入当初の価格がいくらだったのかわからない 間接法:購入時の価格がわかるが、減価償却類型額という慣れない勘定科目を用いる 【デメリット】 直接法:購入当初の価格がいくらだったのかわからない 間接法:減価償却累計額という科目を使うので少し面倒 先ほどの直接法で減価償却の仕訳を切ったものを再掲します。 【借方】 【貸方】 車両減価償却費 150,000 車両 150,000 直接法で仕訳を切った場合には、貸方に「車両」の勘定科目を用いて、「車両」の帳簿上の金額から、減価償却を行った金額を差し引くため、帳簿上の車両の金額は小さくなっていきます。 一方、間接法の仕訳では貸方の勘定科目が「減価償却累計額」に変わります。 【借方】 【貸方】 車両減価償却費 150,000 車両減価償却累計額 150,000 間接法では、車両という勘定科目を使用しないため、帳簿上の車両の金額は、購入当初の取得価額のままで計上されることになります。 その代わりに「減価償却累計額」という勘定科目を利用して仕訳を切ります。 直接法でも、間接法でも、結果としての利益や損失の額は同じになりますが、貸借対照表の表示方法が下記の通り異なってきます。

次の

損益計算書(P/L)とは?

損益 計算 書 書き方

もくじ 4-1. 売上高(うりあげだか) 4-2. 売上原価(うりあげげんか) 4-3. 売上総利益(うりあげそうりえき) 4-4. 販売費及び一般管理費(はんばいひおよびいっぱんかんりひ) 4-5. 営業利益(えいぎょうりえき) 4-6. 営業外収益(えいぎょうがいしゅうえき) 4-7. 営業外費用(えいぎょうがいひよう) 4-8. 経常利益(けいじょうりえき) 4-9. 特別利益(とくべつりえき) 4-10. 特別損失(とくべつそんしつ) 4-11. 税引前当期純利益(ぜいびきまえとうきじゅんりえき) 4-12. 法人税、住民税および事業税額(ほうじんぜい、じゅうみんぜいおよびじぎょうぜいがく) 4-13. 当期純利益(とうきじゅんりえき) 4. 損益計算書の13の構成 損益計算書は5つの利益を含めて13の項目で構成されています。 4-1. 売上高(うりあげだか) 売上高とは、本業のもうけを表します。 ラーメン1杯800円、月に2000杯売れると、一カ月の売上高は160万円になります。 4-2. 売上原価(うりあげげんか) 売上原価とは、本業のもうけを上げるための材料費、仕入れを表します。 ラーメン1杯作るのに240円の材料費がかかると一カ月の売上原価は48万円になります。 4-3. 粗利とは、売上高から売上原価を引いたもののことです。 一カ月の売上が160万、売上原価が48万円のラーメン店の売上総利益は112万円です。 粗利を増やすには、売上をあげる、仕入費用をさげるなどの方法があります。 もちろん仕入のない業種は粗利率が高く、仕入の多い業界は粗利率が低くなりますので、業界ごとの基準を知っておくことも大切です。 以下に主に黒字企業の粗利率を掲載しますので参考にしてみてください。 (詳しくは、をご覧ください。 ) 粗利益率(TKC経営指標:平成26年12月決算~平成27年2月決算)• ・ラーメン店…69. 販売費及び一般管理費(はんばいひおよびいっぱんかんりひ) 販売費及び一般管理費とは、いわゆる経費のことをさします。 本業のもうけを出すための販売活動費や、店舗を維持するために必要な管理費用(固定費)です。 その他、社員やアルバイト、役員の給与もこの中に含まれます。 (ただし、売上にともなって人件費が変動する場合は、売上原価に入れる場合もあります) 一般的には、以下のような項目があります。 (代表的なもののみ記載しています) 販売費及び一般管理費• 給与手当…社員やアルバイトに支払う給与です• 役員報酬…社長や役員の報酬です• 地代家賃…店舗を借りるための賃貸料です• 旅費交通費…電車・バス・車など通勤などに使う交通費です• 水道光熱費…電気・ガス・水道代です• 通信費…電話代、切手、インターネットプロバイダ代などです• 消耗品費…事務用品やトイレットペーパー・洗剤など消耗品代です• 荷造運賃…ヤマト運輸など発送費です 4-5. 営業利益(えいぎょうりえき) 営業利益とは、粗利益から必要経費を差し引いた残りをさします。 粗利が112万円、販管費が90万円のラーメン店では営業利益が22万円になります。 営業利益は、本業のもうけを表しますので、ここがマイナス(赤字)の場合は、そのビジネスは成り立っていないことになります。 営業利益を増やすには、売上や粗利益を増やすか、売上原価や経費を減らすことを考える必要があります。 4-6. 営業外収益(えいぎょうがいしゅうえき) 営業外収益とは、本業以外で得た収入のことを言います。 具体的には、預貯金の利息や、会社が保有している株の配当金、家賃収入などがあたります。 4-7. 営業外費用(えいぎょうがいひよう) 営業外費用とは、本業以外で支払った費用で、本業を継続していくために必要な費用のことを言います。 具体的には、借入金の利息などがあります。 4-8. 経常利益(けいじょうりえき) 経常利益とは、本業以外の利益のうち、預貯金の利息収入や、借入金の支払利息などを加味したものをいいます。 経常利益を増やすには、営業外収益を増やす方法もありますが、一番は借入金の支払利息を減らすことが有効な手段です。 4-9. 特別利益(とくべつりえき) 特別利益とは、会社の本業とは関係なく、突発的に発生した利益のことをいいます。 具体的には、会社保有の株や不動産の売却益などがあります。 4-10. 特別損失(とくべつそんしつ) 特別損失とは、会社の本業とは関係なく、突発的に発生した損失のことをいいます。 具体的には、会社保有の株や不動産の売却損、地震や火災による被害損失などがあります。 4-11. 税引前当期純利益(ぜいびきまえとうきじゅんりえき) 税引前当期純利益とは、本業以外の利益のうち、会社保有の株や不動産の売買で得た収益や損失を加味したものをいいます。 本業のもうけが赤字であっても、会社保有の株や不動産を売却して得た利益が予想以上に大きければ、税引前当期純利益が黒字になることもあります。 4-12. 法人税、住民税および事業税額(ほうじんぜい、じゅうみんぜいおよびじぎょうぜいがく) 会社が払わなければいけない税金の金額です。 税引前当期純利益に、一定の税率をかけて、法人税、法人住民税、事業税を計算します。 ・法人税…会社が得た所得(もうけ)に対して課税される税金 ・法人住民税…道府県民税と市町村民税を合わせたもの ・事業税…法人や個人の行う事業に対して課税される税金 4-13. 当期純利益(とうきじゅんりえき) 当期純利益は、会社が支払うべき税金を差し引いた最終的な利益になります。 最後に いかがでしたでしょうか。 ここでは社長が最低限おさえるべき損益計算書の見方とそのポイントをお話しました。 最低限おさえるべきポイントは上記ではありますが、損益計算書は読み込むともっともっと活用することもできます。 ぜひ一度、税理士に相談して、損益計算書を経営に活かしましょう。

次の