パニック 障害 原因。 発達障害(自閉症 アスペルガー)パニックになる原因や特徴と対処法

発達障害(自閉症 アスペルガー)パニックになる原因や特徴と対処法

パニック 障害 原因

過呼吸(過換気症候群)の症状 過呼吸(過換気症候群)とは、その名の通り必要以上の呼吸(つまり酸素を取り入れ二酸化炭素を排出するという行為)を行うせいで、血中の酸素濃度が非常に濃くなってしまうことです。 その結果「息苦しさ」を引き起こし、次第に頭がふらつく、手足や唇が冷たくなりじんじんと痺れる、強い耳鳴りなどの症状が起こります。 過呼吸が収まらずに酷くなると死の恐怖を感じたり失神したり、重い症状になることもあります。 過呼吸を頻繁に起こすようになると、風邪やその他の病気で呼吸が荒くなっただけで過呼吸を発症することもあるのでそのようなときには自分の呼吸を意識して調整することが大切です。 パニック障害の症状 の主な症状はパニック発作です。 このパニック発作とは、冷や汗が出る、めまいがする、気が遠くなる、手足がしびれる、激しい動悸、息苦しさ、吐き気、死ぬのではないかという恐怖などが顕著に起こる発作のことをいいます。 このパニック発作は突然起こり、10分以内にはピークに至ります。 たいていの場合は20分から30分でおさまり、長い場合でも1時間程度のことが多いです。 しかし何回も起こるようになると「また起こるのではないか」「気が狂ってしまうのではないか」などの不安な気持ちが沸き起こる(これを予期不安と言う)ことがあり、この気持ちが次第にパニック発作の症状につながっていきます。 まだ症状が軽いうちに自分の不安をコントロールすることを意識するのが大切です。 パニック障害の症状と過呼吸(過換気症候群)の症状は比較的似ていると捉えられます。 過呼吸とパニック障害それぞれの原因 過呼吸・過換気症候群の原因 過呼吸と過換気症候群は症状に関してはほとんど同じといっても良いのですが、原因がそれぞれ違います。 過呼吸は、運動に慣れていない人がマラソンや激しいスポーツなどをしたときに起こりやすい症状です。 過換気症候群は強いストレスや緊張によって無意識に呼吸が上がり、その結果過呼吸の症状を起こす疾患です。 過呼吸になるメカニズムは、 血液中の二酸化炭素の排出が必要量を超えてしまい、血液がアルカリ性になる事で息苦しさを感じる様になるのです。 パニック障害の原因 パニック障害の原因についてはまだはっきりと解明されていません。 精神的な病気という区分ではありますが、今のところ有力なのが「情報を伝える伝達物質に問題がある」というものです。 脳の奥には青斑核という部分があります。 その青斑核がエラーを起こして必要もないのに興奮物質を分泌します。 興奮のせいで予期不安を引き起こし、その興奮が前頭前野に伝わって恐怖を感じるのです。 これがパニック発作を起こすまでの経過といわれています。 この様にパニック障害と過呼吸(過換気症候群)の原因について比較してみると、それぞれの原因は全く違うものであり、根本的には関連性が無いと言えます。 しかしながら、先ほど解説した症状を見る限りでは、過呼吸(過換気症候群)とパニック障害を間違えてもおかしくはないでしょう。 過呼吸とパニック障害それぞれの対処法 それでは、過呼吸(過換気症候群)とパニック障害のそれぞれで出る「息苦しさ」に対してどの様に対処していけば良いのでしょうか? パニック障害の対処法 パニック障害は先述したようにたいていの場合30分以内におさまることが多いので救急車を呼んだり病院に駆け込んだりする必要はありません。 自分の不安をやわらげるための何かしらの手筈(対処法)を確立しておくことが大切です。 たとえば、発作中に周りに誰もいないせいで不安なときは友人や家族に電話をして不安を和らげるための言葉をかけてもらう。 冷たい水を飲む。。 呼吸のしやすい体勢をとる。 このように自分なりの不安解消法を行うことでパニック発作に対しては十分な対処となります。 過呼吸・過換気症候群の対処法 紙袋やビニール袋を口に当てて自分の吐いた空気(二酸化炭素)を再び吸入することによって血中の酸素濃度を下げ、同時に二酸化炭素濃度を上げるという方法をとることが一般的です。 これを「ペーパーバッグ法」といいます。 しかし、 近年はこのペーパーバッグ法による窒息などの危険性が指摘されており、自らで呼吸を調整する方法が勧められています。 息を吸うことより息を吐くことを意識しながらゆっくりと深呼吸をし、二酸化炭素を増やして酸素を減らすという呼吸管理をすることが大切です。 過呼吸とパニック障害の関連性のまとめ このようにパニック障害の症状と過呼吸の症状はとても似ていますが、そもそもの原因がまったく違います。 それぞれ治療法も全く違うので このような症状が頻繁に起こる場合は一度医療機関を受診しましょう。 これによって、パニック障害なのか、過呼吸(過換気症候群)なのか分かるようになります。 の特徴として「息苦しさ」がありますが、息を吸っても酸素が入ってこない様な感覚におちいる為、一生懸命に早く呼吸をしようとします。 この結果、血中の二酸化炭素量が少なくなり、過呼吸を引き起こす場合がありますので、息苦しさを感じた場合はや呼吸を深くゆっくり行うように心がけましょう。 当サイトの人気記事• 97 views• パニック障害の治療は主に薬物療法が中心ですが、合わせて認知行動療法を行えばより効果的と言われています。 認知行動... 47 views• 自立支援医療制度をご存知でしょうか? この制度は障害者自立支援法により心身の障害の状態を軽減するための医... 46 views• 41 views• 暴露療法によるパニック障害の治療 暴露療法(エクスポージャー療法)はパニック障害者がその病気の克服を目的に治... 39 views• 完治とはどの様な状態を指すのか? そもそも、パニック障害の完治の期間とは個人の目標の様なものであると... 33 views• ビタミンを摂取する事が直接パニック障害の症状改善に関係がないように感じてしまいますが、実は... 32 views• パニック障害を短期間で克服する人の共通点とは? パニック障害を治療してきた沢山の方との出会いがありましたが、... 29 views• パニック障害における回避行動とは? パニック障害における「回避」とは自分が苦手とする場所やパニック発作を連想... 28 views• 効果的なマッサージ・ツボ押しでパニック障害を克服! ツボ押しやマッサージは血流や自律神経の改善にとても大きな... 26 views.

次の

パニック障害になる子供が増えている!その原因と子供特有の症状

パニック 障害 原因

パニック障害の原因は性格? ひとみしり、内気、はにかみ、引っ込み思案、臆病といった要素を心理学用語で「行動抑制」といい、これがパニック障害になりやすい性格になっていると言われています。 これは、パニック障害になった人の性格の統計データで明らかになったようなので、信ぴょう性はそこそこあります。 具体的には、 ・社会に対して不安がある ・周りの評価を過剰に気にする ・嫌われることを恐れ、他人に依存する ・自己主張が弱い といった内向的な性格ということです。 性格というのは、生まれつきのものである要素もありますが、幼少期の体験や教育にも影響されます。 例えば、 ・両親が離婚をしてしまった ・両親が交通事故で死んでしまった ・虐待を受けていた ・厳格な親で厳しかった といった要因です。 このような家庭環境で子供の頃を過ごすと、 ・人に嫌われたりするのを極端に恐れる ・いい子になろうとして、自分の本当の感情を押さえ込む ・ほめてもらいたくて、期待に答えようと頑張りすぎる など無意識のうちに性格が形成されていきます。 これは最初に上げたパニック障害になりやすい性格に近づいていることがわかりますね。 このように常に、不安を抱えたり、プレッシャーを感じている環境にいると、慢性的にセロトニンが不足してきてしまいます。 つまり、パニック障害は厳密には性格ではなく、ネガティブな思考になるとセロトニンが不足することで、自律神経のバランスが崩れることが原因だと考えられます。 安西ひろこさんとは、元ギャル系のカリスマモデルで相当な人気があった人です。 しかし、2001年に芸能活動の休止を発表し、2014年まで実に13年にも渡って闘病生活をされていたということです。 安西ひろこさんのパニック障害の症状とは、幻覚、幻聴、トイレすら行けない状態にもなってしまい壮絶だったことを告白されています。 病気の原因としては、彼女の母親がパニック障害であったこと、そしてそんな母親に迷惑をかけないでいい子になろうとしてた幼少期を送っていたことから、先ほどのなりやすい性格に当てはまっているのです。 母親というのは、子供にとっては特別な存在であり、子供の性格や人間性を決める大きな要素だと思います。 もし何らかの原因で、子供の性格が行動抑制になるようになれば、パニック障害を起こす可能性は高まるのは事実ではないかと思います。 しかし性格はあくまで原因の一部であると私は考えます。 パニック障害になると、あまりの発作の凄まじさから発作そのものがトラウマになることがあります。 それが逆にパニック発作を誘発する原因にもなってしまうのですが、発作を繰り返すうちに性格が変わってしまうという報告もあるようです。 つまり、パニック発作によって不安や恐怖がつきまとうようになるので、必然的に行動抑制してしまうようになるので、パニック障害の人の性格を調査してもそういう結果がでるのは実は当たり前とも言えます。 性格(=考え方)も大切ですが、もう一つ安西ひろこさんのことで気になる事がありました。 腸が原因? 安西ひろこさんは、小さな頃体が弱く、腸の病気になっていたそうです。 腸というのは、第2の脳と言われるほど重要な臓器で、パニック障害にも関係していると私は考えています。 パニック障害の原因はセロトニンが不足することですが、実はセロトニンは腸で作られて脳に神経伝達されます。 そのため腸に異常があると、セロトニンが作れないか、運べないなどで不足してしまう可能性があります。 たとえ腸の病気でなかったとしても、現代食を食べ続けることで腸に炎症が起こる可能性は誰にでもあります。 性格だけでなく、食生活なども含めて全ての要因を取り除くことが大切だと思います。

次の

パニック障害

パニック 障害 原因

原因 メカニズムや原因は完全には明らかにされていないが、パニックは死への危険を察知して警告を発信し、生き延びるための反応で起こる。 災害や敵など命の危機に直面した時、脈が早くなり汗をかいたり、恐怖で血の気がひき手足が震えたり、大声で叫び逃げだしたくなったりといったパニック状態に陥る。 これらの状態は生命の危険から逃れるために有利な反応で、本来人間に備わったプログラムだ。 だが、何もない時に誤作動を起こして反応することをパニック発作という。 心理的な原因のほかに、脳神経機能の異常も関わっているといわれている。 パニック症になる割合は100人のうち1~2人と多く、男性より女性の方が発症しやすい。 過労、睡眠不足、ストレス、風邪など環境や心身の不調がパニック発作の引き金になる要因としてあげられ、家族歴があると発症リスクが高まると知られている。 治療 薬物療法と精神療法的アプローチを併用して治療を行う。 薬物療法では、パニック発作の抑制と予期不安や広場恐怖の軽減を目標に、SSRIをはじめとする抗うつ薬と抗不安薬の一種であるベンゾジアゼピン系薬剤が用いられる。 薬の効果を確認しながら量を増減したり薬を変更しながら治療を進める。 ベンゾジアゼピン系薬剤は短期間の使用に留めることが望ましい。 精神療法的アプローチでは病気について正しく理解するための心理教育や、不安受容の姿勢を培う森田療法、不安のコントロールを目指す認知行動療法などが用いられる。 薬物治療だけに偏らず、本人の不安に対する姿勢を変化させるような精神療法が重要。 周囲の人たちもゆっくり見守る協力があるとよい。 都道府県からクリニック・病院を探す 精神科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 心療内科に対応可能なクリニック・病院を探すことができます。 北海道• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄•

次の