国立 国会 図書館 サーチ。 九州大学の貴重資料等が国立国会図書館サーチで検索できるようになりました

国立国会図書館デジタルコレクション

国立 国会 図書館 サーチ

Powered by NetCommons2 commonCls. commonInit 'セッションのタイムアウトまであと一分です。 menuMainInit ; if! initMain "1" ; if! menuMainInit ; if! time. u-tokai. time. u-tokai. getElementsByTagName 'li' ; if tabs! time. u-tokai. indexOf "bibid"! documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. scrollTop; if document. listcnt. listcnt. listcnt. serialize histlist ; if param. createElement 'input' ; lElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. scrollTop; if document. createElement 'input' ; lElement. onetime. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. scrollTop; if document. replace "http:","https:" ; link. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. elements['bibid[]']; if boxs. listcnt. stpos. stpos. createElement "DIV" ; Element. style. body. body. style. createElement 'div' ; popup. style. body. createElement "table" ; tableElement. createElement "td" ; tdElement0. style. appendChild document. createTextNode "別ウィンドウで画面を開きます。 よろしいですか?" ; tdElement0. appendChild document. createElement "BR" ; trElement0. appendChild tdElement0 ; tableElement. createElement "tr" ; trElement1. displayChange popup ; commonCls. moveVisibleHide popup ; Element. remove popup ; document. body. style. createElement 'input' ; btnElement1. style. style. attachEvent "onclick",btnFunc ; btnElement1. attachEvent "onclick",submitFunc ; if addFunc! addEventListener "click",btnFunc,true ; btnElement1. addEventListener "click",submitFunc,true ; if addFunc! createElement 'input' ; btnElement2. style. style. attachEvent "onclick",btnFunc ; if addFunc! addEventListener "click",btnFunc,true ; if addFunc! appendChild btnElement2 ; trElement1. appendChild tdElement1 ; trElement1. appendChild tdElement2 ; tableElement. appendChild trElement1 ; popup. appendChild document. createElement "BR" ; popup. appendChild tableElement ; popup. style. style. style. style. style. style. style. documentElement. scrollLeft document. body. documentElement. scrollTop document. body. documentElement. documentElement. style. style. style. documentElement. scrollLeft document. body. documentElement. scrollTop document. body. style. style. style. style. style. style. type! type! style. bindAsEventListener el ; Event. observe window,"scroll",commonCls. inModalEvent[el],false ; Event. observe window,"resize",commonCls. inModalEvent[el],false ; if browser. gif"; el. style. style. style. style. documentElement. documentElement; return Math. max document. body. scrollHeight, doc. scrollHeight, document. body. offsetHeight, doc. offsetHeight, doc. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. childNodes[0]; Element. style. style. childNodes[0]; Element. style. style. childNodes[0]; Element. style. style. pkey. pkeyTog. stposTog. chkhol. open "", document. hitcntTog. initFlg. submit ; document. style. body. body. scrollLeft document. documentElement. body. scrollTop document. documentElement. style. style. style. style. style. style. style. style. style. getElementsByTagName 'input' ; if el. getElementsByTagName 'input' ; if el. style. style. innerHTML. replace "minus. png","plus. style. innerHTML. replace "plus. png","minus. getElementsByTagName 'li' ; if tabs! そのままお待ちください。 hash; window. history. childNodes[0]; Element. style. style. time. u-tokai. time. u-tokai. style. style. style. style. display! style. style. dispnum. time. u-tokai. childNodes[0]; Element. style. style. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. documentElement. time. u-tokai. volumeInfo. description; if description! bind this ; commonCls. firstChild. firstChild. firstChild. bind this ; commonCls. firstChild. firstChild. firstChild. time. u-tokai. getElementsByTagName 'input' ; cattp[0]. getElementsByTagName 'input' ; if cattp[1]. getElementsByTagName 'input' ; cattp[0]. getElementsByTagName 'input' ; if cattp[0]. getElementsByTagName 'li' ; if tabs! そのままお待ちください。 hash; window. history. value! value! そのままお待ちください。 event. isbn. event. createElement 'input' ; element. bind this ; commonCls. childNodes[0]; Element. style. style. getElementsByTagName 'li' ; if tabs! そのままお待ちください。 value! reset ; detail["keywd"]. time. u-tokai. time. u-tokai. getElementsByTagName 'li' ; if tabs! そのままお待ちください。 hash; window. history.

次の

国立国会図書館サーチ

国立 国会 図書館 サーチ

九州大学附属図書館では、本学のコレクションや研究成果の可視性を高めるために、さまざまな外部ウェブサービスとの連携を推進しています。 2016年11月17日に、九州大学の貴重資料等のデータ約12万件が、国立国会図書館の統合検索サービス「国立国会図書館サーチ」で検索できるようになりました。 検索可能なデータ 九大コレクションに登録されているデータのうち、以下が検索可能になっています(データ件数は2016年11月17日時点。 毎週月曜日にデータ更新予定)。 貴重資料(108,221件)• 蔵書印画像(809件)• 炭鉱画像(7,307件) 一部のデータはデジタル化した資料を公開しており、九大コレクション上で閲覧が可能です。 検索方法 国立国会図書館サーチの検索結果一覧画面において、左側にある「検索結果の絞り込み」の「データベース」で「九大コレクション」をクリックすることで、九州大学が提供しているデータのみに絞り込むことができます。 検索例: 関連情報• データ連携機関を新しく追加しました(2016年11月17日)(国立国会図書館サーチ)•

次の

全国の図書館や電子書籍サイトなどを横断して蔵書を検索できる「国立国会図書館サーチ」

国立 国会 図書館 サーチ

2010年08月18日 16時25分 全国の図書館や電子書籍サイトなどを横断して蔵書を検索できる「国立国会図書館サーチ」 国立国会図書館が全国の図書館や電子書籍サイト、国立公文書館、国立美術館などのデータベースから収拾した文献情報を検索できる「 国立国会図書館サーチ」の開発版を公開しました。 どの本がどこに所蔵されているかといった情報だけでなく、「どうすればその本が手に入るか」といった入手手段についもナビゲートしてくれるシステムとなっています。 詳細は以下から。 国立国会図書館の発表によると、2012年1月の本格稼働開始を目指して現在開発中の「国立国会図書館サーチ」を、一般ユーザーの意見を反映させながら、より利用しやすいシステムに仕上げていくために、本日8月17日から試行公開したそうです。 本日公開された平成22年8月17日開発版では、国立国会図書館、都道府県立図書館、国立情報学研究所、国立公文書館、国立美術館や、民間電子書籍サイトなどの、蔵書・出版目録、デジタル資料、レファレンス事例等の43個のデータベースから約5500万件の文献情報を検索できるとのこと。 また、「国立国会図書館サーチ」はインターネットで普及しているサービス、実証実験などで実用化が検証された技術を積極的に採用し、順次機能強化を行う予定で、すでに全文テキスト化された資料に関しては、書誌情報だけでなく、本文の全文検索が可能。 さらに紙資料およびデジタル資料の別を問わず、最適な入手手段(図書館やウェブ上のデジタル資料など)を案内できるほか、 がある資料の場合は、Amazonなどのオンライン書店やGoogleブック検索などへのナビゲートや、Google翻訳を組み合わせてタイトルを翻訳して検索することにも対応しています。 これが「国立国会図書館サーチ」です。 本・雑誌検索で、富士見書房の月刊雑誌「 」を検索してみたところ。 いったい何がどこに収録されているのかが分かります。 検索結果をクリックすると、本の詳細をチェックすることができます。 こちらはドラゴンマガジン編集部による「必勝!スレイヤーズ」という本のもの。 オンライン書店で購入することも可能です。 現時点でも完成度が高い上に、なかなか興味深いサービスですが、将来的により多くのデータベースを横断して利用できるようになり、さらに数多くのサービスと連携するようになるのであれば、非常に便利なのではないでしょうか。

次の