大根 の 保存 方法。 大根を冷凍保存する方法とは?おいしく食べきるテクニック

大根の保存方法は畑の土に埋める!?長期保存方法は常温?冬越し

大根 の 保存 方法

下茹でする理由はなぜ? 大根の下茹で、どうして下茹でをするのか理由がわからなければ、そのまま煮てもいいじゃない?と思ってしまいがちです。 大根の下茹では、実は結構 大切だったりするんです。 その 理由は次のようなことがあるからです。 おでんの透き通ってキラキラとした出汁が台無しになってしまうのはちょっと残念ですよね。 それに下茹でをすることで中までしっかりと 味が染み込みやすくなるので、結果的に 煮込み時間も短くてすみます。 また、大根は下茹でをすることで 苦味が落ち、 甘みが増します。 更に美味しい大根になるというわけですね。 こういった理由があるので、面倒でもしっかりと下茹でをすることで ワンランクアップしたお料理になるんです。 ちなみに、下茹でをしたほうが 良いお料理は おでんや ふろふき大根、 ぶり大根などの 煮物。 逆にそんなに気にしないのであれば、省いても大丈夫なのがお味噌汁などの 汁物です。 下茹での方法、時間は? では実際どのように下茹でをすれば良いのでしょうか。 ただお鍋にお湯を沸かして大根を煮るだけ?そうではありません。 大根もしっかりとした準備をし、煮崩れしにくく味がしみやすくしなくてはなりませんし、茹でる際にも ただ茹でるだけではないのです。 ひとつひとつは簡単なことですので、面倒だと思わずトライしてみて下さいね。 下茹でまでの大根の下準備 下茹でをするにはまず大根の準備をしなくてはなりません。 まず皮をむき、料理に適した大きさに切ります。 厚みのある場合には 隠し包丁、 片面に十字の切り込みを入れます。 また 面取りをすると煮崩れしにくくなります。 このとき、大根が崩れないよう注意してくださいね。 ちなみに、どうして 米のとぎ汁を用いるかご存知でしょうか?昔は 米ぬかを使用したのですが、今ではあまり家庭に買い置きが無いため、とぎ汁を使うことが多くなっています。 とぎ汁にも 米ぬかの成分が含まれているのですが、 米ぬかの成分が大根のアクを吸着し、エグみや苦味を取り除いてくれる役割をするのです。 お米のとぎ汁がない場合には、 お米大さじ1杯ほどをお茶パックに入れたものを鍋に一緒に入れるか、 片栗粉や小麦粉小さじ1杯程で代用しても効果がありますよ。 スポンサーリンク 電子レンジでも下茹でできる? お湯を沸かして下茹でをするのは面倒だと思う方には、 電子レンジがおすすめです。 竹串がすっと通ったら、流水で軽く洗い流します。 とっても熱いのでやけどをしないよう気をつけましょう。 圧力鍋だと大幅に時間が短縮できますね。 ただ、圧力鍋では片栗粉や小麦粉を入れて圧を掛けると 不具合が起こることがありますので使用しないようにして下さい。 もっと手軽にするには? 下茹でよりももっと 手軽にできる方法があります。 それは大根の皮をむき3cmくらいの幅に切り分け面取りし、 隠し包丁(十文字に切り目を入れます)を入れた大根を 冷凍するという方法です。 一晩程度冷凍しておけばいいので、明日おでんを作ろうと思ったら、寝る前に大根を下準備して冷凍庫に入れておけばいいですね。 あく抜きの効果はありませんが、冷凍により大根の細胞壁が破壊され、出汁の味が染み込みやすく柔らかくなります。 ガスやレンジを使う方法よりも 光熱費の節約になりますね。 下茹でした大根の保存方法は?冷凍もできる? 大根を下茹でをしたけれど使い切れない、という場合には保存もできるので長持ちさせて活用しましょう。 冷蔵庫での保存方法は? 下茹でをした大根は流水でサッと洗い、タッパーに 水と共に入れます。 毎日水を取り替えながら冷蔵庫で 一週間くらい保存が可能です。 下茹でした大根も冷凍できる? 下茹でをした大根は 冷凍保存も可能です。 その際は、水気を切りフリーザーバッグに入れて空気を抜き、冷凍庫に入れます。 調理の際は 凍ったまま鍋に入れて煮ることができますよ。 保存期間はおおよそ 1ヶ月可能です。 まとめ 今回は大根の下茹でをする理由、その方法や保存方法をご紹介しましたが、面倒だと思ってもしっかりと下茹でをすることで、美味しい大根を食べることができるんですね。 お鍋を使った方法だけでなく、電子レンジや圧力鍋、冷凍庫など様々な方法がありますのでご自身に合った方法を見つけて、ぜひ煮物の時には大根の下茹でを活用してみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の

大根の正しい保存方法・保存期間は?おすすめレシピ10選も

大根 の 保存 方法

そのままの大根の保存方法 保存方法は、葉が付いている場合は 葉の部分を切り落とします。 その際大根本体のギリギリで切り落とすのではなく、 2cm程度上で切ると保存しやすくなります。 葉がついたままにしていると、葉から水分が抜けたり、 大根の栄養をどんどん葉が吸収してしまい、 大根本体がシワシワになっていきます。 次に、新聞紙で包んで、風通しの良い冷暗所にて 立てて保存します。 ただし、大根は低温化での保存に適していますので、 夏場などは、冷蔵庫の野菜室で保存が良いでしょう。 野菜室で保存の場合は、• 泥が付いている場合は、ちゃんと洗い落とします。 葉っぱを切り離す• 軽く湿らせた新聞紙で大根を包んで、ポリ袋に入れる• 立てて保存が好ましいが、入らないと思うので、横にして野菜室で保存 このように保存すると良いでしょう。 常温保存の場合は、 泥は洗い落とさずそのままにしていたほうが、 保存が長持ちします。 切った部分にだけラップをすると、 ラップをしていないところから乾燥していきます。 ですので、ラップで全体を包みましょう。 千切り大根の保存方法は? 大根を千切り(刺身のつま)にした場合、空気の触れる部分が 多くなり、劣化が激しくなりますので賞味期限は、もって1日が限度でしょう。 しかし、1日置くと色が変色し鮮度も落ちるため 作ったその日に食べるのがベストです。 大根おろしの保存方法は? 大根おろしは時間が経つにつれ旨味辛みが消えていきます。 翌日には、もう両方が失われています。 賞味期限として言えば、おろしてから 数十分。 おろしたてが一番良いです! ただし、たくさん作って余ってしまった場合は、 風味がなくなりますが、冷蔵庫で保存しておいて、 翌日に味噌汁に入れたり鍋に入れるなど、 みぞれ風にして食べると良いかと思います。 大根がたくさんあるときは、切干大根にしてみては? 栄養価がグッと増す上に、保存も 何か月ももちます。 冷凍保存方法は? 保存方法は、大根をよく洗ってから 皮を厚めに剥いて、3~4cmほどの厚さの輪切りにします。 そして、一つ一つを空気を外に出すようにしっかりとラップで 包んでから、ジップ付きの冷凍用袋に入れて冷凍します。 使用するときは解凍してしまうとぐしゃぐしゃになってしまいますので、 半解凍にして切って、そのまま 煮物などに使用してください。 冷凍するときの切り方は、使用するときの調理方法に 合わせて切ると便利です。 輪切りや半月切りにして、おでんの具や煮物にするのも良し、 いちょう切りにしてみそ汁の具にするのも良し、 大根おろしにして、味噌汁やお鍋に入れるも良し、 使い方によって切り方を変えてください。 千切りにして冷凍したとき、解凍せずにそのまま炒めると 切干大根のような感じになります。 生のままでも、さっと下茹でしてからでも冷凍は可能です。 解凍するとどちらも中身がスカスカになってしまいますが、 下茹でした方が、味や色の変化を抑えることができます。 冷凍すると、食感も味も落ちる場合が多く、 調理法が限定されてしまいますので、 できることなら冷凍せずに早めに食べた方が大根を美味しく 食べられるかと思います。 ただし、煮物に使う場合に限り、 味がすぐに滲みこむという メリットがあります。 保存期間(賞味期限)の目安は? 冷凍した場合の賞味期限は、およそ 1か月程度.

次の

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

大根 の 保存 方法

スポンサーリンク かいわれ大根の保存方法!冷蔵・冷凍の手順は? スーパーなどで購入したかいわれ大根は未開封・開封済など、保存前の状態により保存方法が変わってきます。 保存前のかいわれ大根の状態別に、最適な保存方法をまとめていきます。 未開封での保存方法 パックのまま冷蔵庫に入れるだけなので簡単ですが、かいわれ大根を未開封の状態で保存すると、すぐ変色したり黒の斑点ができはじめます。 未開封で保存は日持ちしないので、 保存後24時間以内に使う予定がある場合のみにしておきましょう。 開封後の保存方法 購入後すぐにかいわれ大根を使う予定がない場合、パックを開封し、水を足す保存方法がおすすめ。 手順はパック開封後、スポンジの部分を覆う程度の水を足し、ラップをした後に冷蔵庫に入れれば完了。 保存後、腐るのを防ぐため2日に1度は水換えして、清潔な状態を保ってください。 根元を切り離した場合の保存方法 使う予定で根元から切り離したかいわれ大根や、自家栽培で採ったかいわれ大根は、さっと洗った後に濡れたキッチンペーパーでふんわり包み、冷蔵保存します。 保存の際は冷たい風が、かいわれ大根に当たらないよう気をつけてください。 冷凍庫での保存方法 メジャーな保存方法ではないですが、かいわれ大根は冷凍保存も可能で、以下の手順で行います。 未開封(パックのまま)での保存方法 2日• 開封後、水を足す保存方法 1週間• 根元を切り離した場合の保存方法 5日• 冷凍庫での保存方法 1ヶ月 4種類の保存方法を紹介しましたが、 未開封での保存方法はまったく日持ちしないですし、冷凍保存は生食に向かないため、おすすめできません。 未開封のかいわれ大根を日持ちさせるには、あえて開封して水を足してから、冷蔵庫で保存しましょう。 また調理に使ったかいわれ大根の残りは、冷凍保存ではなくキッチンペーパーに包んで冷蔵保存し、5日以内に使い切るようにしてください。 ちなみに保存後のかいわれ大根が以下の状態だと、傷みが進んでいる可能性が高いです。 葉がしおれてくる• 葉が黄色く変色する• 黒い斑点模様がある 変色や斑点がなければ食べられないことはないですが、美味しい時期はすぎており風味も悪くなっています。 かいわれ大根は傷みやすい野菜なので、早く食べ切るように心がけるのはもちろん、食べる前に傷んでいないかチェックするのも忘れないようにしましょう。 まとめ かいわれ大根は冷蔵庫でも冷凍庫でも保存できますが、美味しく頂くには冷蔵保存がおすすめ。 冷蔵保存する際は未開封のまま冷蔵庫に入れず、開封して水を足してからにした方が日持ちします。 かいわれ大根は傷みやすい野菜なので、賞味期限内であっても食べる前に見た目やニオイに異変がないか確認してくださいね。

次の