マイクラ 発射台。 【マイクラ】1.13.2で使えるエリトラ発射台の作り方。意外と簡単だった

【初心者スイッチ版マイクラ】私は今鳥になる…!~エリトラランチャー編~【ブログ】

マイクラ 発射台

TNTトランポリンの作り方 まず最初に、 ディスペンサーを内側に向け、合計12個設置します。 ドッロパーではTNTがアイテム化して吐き出されてしまうだけなので、ディスペンサーを使いましょう。 この中にTNTを出来るだけ多く入れます。 TNTを1ずつ入れるのは非効率です。 なので、クリエイティブモードの場合は Ctrl+ホイールクリックでTNTが入ったディスペンサーを複製できます。 ディスペンサーの4隅にブロック(レッドストーンブロック以外)を置き、レッドストーンをグルッ!と囲います。 レッドストーンの上にブロックを置き、ボタンを設置。 ディスペンサーの中には水とフェンスを置きます。 これで完成です!すごく簡単ですよね。 これが有名で基本的なTNTトランポリンとなります。 このままでも高さ150ブロック分ぐらい飛んでいますが、もっと高く飛びたいですよね? 今回は 改造して、座標1000ぐらいまで飛べるTNTトランポリンを作りたいと思います。 改造してみた! 安全のための下準備 フェンスの上にTNTが乗ってしまったら、TNTトランポリン自体が吹き飛ばされてしまいます。 水源の部分を1マス深く掘り、フェンスの上に水を設置しましょう。 これで絶対に壊れません! ディスペンサーを5段にしてみる ボタンから出力されるレッドストーン信号を上までつなげてきています。 飛んでみると、座標は1000を超えました!これだけでも相当飛べてると思うのですが… 限界に挑戦! 自分が実証したところ、ディスペンサー13段分でTNTが同時に発射されなくなりました。 リピーターを挟んでレッドストーン信号を上までつなげましたが、どうやら誤差ができてしまったようです。 座標は1300半ば台までいくのですが、この後から伸びません。 これがTNTトランポリンの限界ですね。 というわけで、 簡単に飛べて座標1000台を体験できるTNTトランポリンの作り方を解説しました。 サバイバルモードだとディスペンサー13段ではスティーブが耐えられないので、5段ぐらいまでにしておきましょう。 以上『【マイクラ】TNTジャンプで座標1000越え!TNTトランポリンの作り方』でした!.

次の

【マインクラフト Wii U】エリトラを増やす方法|エリトラ獲得までの時間をタイムアタック《PART334》

マイクラ 発射台

1:先ほど設置したブロックから1ブロックあけてブロックを設置。 2:ブロックの上にドロッパーを上向きに設置。 3:ホッパーをドロッパーの上までつなぐ。 4:ブロックをドロッパーの位置までつないでレッドストーンを設置。 5:ドロッパーの前後にレッドストーントーチを設置。 これでレバーをONにしたアイテムが流れていく回路が完成です。 アイテムを追加する場合 解説したのは1つのアイテムについてでしたが、「調合アイテムの設置場所の作成」の手順を繰り返して横に接続していくことで使用できるアイテムを増やすことができます。 今回はよく使う「水中呼吸」「暗視」「耐火」のポーションの作成と、「強化」「延長」「スプラッシュ化」ができるように7つのアイテムを設置しています。 これで自動調合機の完成です。 1:調合するアイテムを選びレバーを下す。 2:調合台したのボタンを押す。 3:調合が完了したらボタンを戻す。 今回は実際に「暗視のポーション(8:00)」を作成してみました。 暗視のポーション(8:00)の調合アイテムである「ネザーウォート・金のにんじん・レッドストーン」のレバーを下ろします。 この後ボタンを押すことで3アイテムが自動で調合され、暗視のポーション(8:00)が完成しました。 アイテムの調合ごとに別のアイテムを入れる手間が省けるので非常に便利ですね。 装飾をして完成 今回は地下倉庫の調合所を改装したため、周囲の雰囲気はそのままで装飾をしてみました。 ドアがついている部分は、ドロッパーにアイテムを補充しに行くための通路部分となっています。 これで地下倉庫がまた一段と便利なものに近づきました。 調合を待っている時間は以外に退屈なものなので、自動で調合してみたいという方は参考に作ってみて下さい。 以上、『自動調合機の作り方と使い方』でした! オススメ オススメ.

次の

【マイクラ】発射装置の使い方【統合版】

マイクラ 発射台

エリトラ発射台の使い道とは エリトラを使用するときにはロケット花火を使用すると思いますが、地面からジャンプキーを連打するのでは飛びづらくないですか?高い建物から飛び降りるのもまた面倒。 ということでエリトラ発射台で勢いをつけて飛び立てば、便利ではないかと考え作ってみました。 本当に便利でした。 だから記事にしよう!…というわけです。 エリトラ発射台の作り方 ちなみに、1. 2以下のバージョンでも作れます。 穴の中には上向きに粘着ピストンとレッドストーンを設置します。 粘着ピストンを設置した方向に飛ぶことになります。 粘着ピストンと掘った場所が平らになるように、深さ1ブロックで後ろ・左右を1ブロックずつ掘ります。 粘着ピストンの上にスライムブロック、掘った場所に黒曜石を置きます。 黒曜石は周りのブロックにスライムブロックが干渉しないように設置するものなので、不動ブロックなら何でもOK。 不動ブロックの種類は…• かまど(BE不可)• ジュークボックス• スイカ(BE不可)• ジャック・オ・ランタン• 黒曜石• チェスト• ビーコン 最初に設置したレッドストーンの上に黒曜石を置き、さらにその上に感圧板を設置します。 感圧板からレッドストーンを1ブロック分設置し、レッドストーンに反応するブロックを置きます。 ガラス以外だったら気にする必要はありません。 ブロックの上に横向きに粘着ピストン、スライムブロックを設置します。 そして、画像のように1ブロック分掘ります。 見えないですけど左右対称です。 掘った場所にブロックを置き、赤枠の位置に黒曜石(不動ブロック)を設置。 だんだん完成が見えてきました。 ハーフブロックを設置します。 さらにハーフブロックを盛ります。 そしたらハーフブロックの壁に穴を開けピストンを設置、ボタンも隣に設置します。 階段などの装飾は自由に行ってください。 反対側も同様に壁を作ります。 これは見た目と左右どちらからでもジャンプできるように作成するので、見た目を気にしないなら必要ありません。 これで完成です!簡単ですよね。 使い方 使い方はとっても簡単で、まずエリトラとロケット花火を持ちながら、ボタンを押します。 空中に浮くと思うので、ジャンプキーを一度押してからロケット花火を使用します。 そうすると、簡単に飛び立つことができます。 というわけでエリトラ発射台の作り方を解説しました。 サバイバルモードで遊ばれている方にはとっても便利だと思うので、ぜひ作ってみてください!.

次の