バイアス 英語。 バイアスとはどんな意味?心理学の用語?言葉の使い方から代表的な種類まで徹底解説!

生存者バイアス

バイアス 英語

単なる思い込みとは違って、自分の意思とは関係ないうちに脳が勝手に間違ってしまうという点が重要です。 [ad co-1] 認知バイアスが起きる理由 このような反応は、脳が物事を判断するときに行っている膨大な情報処理を一部省略するようにできているから起こると言われています。 脳も一から十まで全部のことを考えていたら疲れてしまうので、ある程度は経験と慣れで省いてしまおうということですね。 ですがこれもまだ予想の段階ではっきりとした原因はわかっていません。 これからご紹介する認知バイアスの例は、どれも心理学実験によってきちんと偶然ではなくはっきりとした傾向だと証明されています。 でも心理学者が実験が発見したことを脳科学の人達が原因解明することは、時間と協力が必要な難しい作業というわけですね。 認知バイアスはどう役に立つ? 認知バイアスは裁判などでの証言や、陪審員制度や裁判員制度のような制度を使うときに最も注意深く危険視されます。 認知バイアスによる勘違いが裁判に関わる人の一生を大きく左右してしまいかねないからです。 逆に陪審員や裁判員の同情を誘いたい弁護士や検事はもちろんこの認知バイアスを巧みに利用しようと常に策を巡らせています。 裁判のような重大な場面ですら認知バイアスは時に上手く利用され、大きな影響を及ぼすことがあります。 他人に利用されないために、ときには大切なものを失わないために、自分の認知バイアスにひとつでも多く気付けるように気を付けることが小さな幸せを逃さないようにするための地道な一歩と言えるでしょう。 [ad co-1] 認知バイアスの種類一覧【行動経済学による分類】 認知バイアスの量は100を軽々と越えてしまうほどあって、全てを紹介するととんでもない量になってしまいますので、その一部をご紹介しましょう。 マメ知識から常に心に留めておきたいものまで幅広く紹介しますので、「ああ、確かにこういうことってあるなあ」と自分に当てはまるものを見つけていただけると幸いです。 またこれらは絶対にそうなるというものではなく、そういう傾向が強い、そうなる確率が高いというものですので、その点にはお気を付けください。 ハロー効果 目立つ特徴で物事を判断してしまいがちな傾向のことを言います。 実際に裁判などでもイケメンや美人の方が刑が軽くなる傾向があるというデータもあります。 確証バイアス 先入観を持って物事を見ると、その先入観を補強する情報ばかりを集めてしまう傾向です。 恋は盲目と言いますが、好きな人を見ているときには短所は見えづらく長所ばかりを記憶してしまうものです。 正常性バイアス 地震や台風などが自分の元には来ないと思い込むことで、恒常性バイアスともいいます。 実際自分が雷に撃たれたり殺人事件に巻き込まれたりなんて想像もつきませんよね。 [ad co-1] バンドワゴン効果 多人数の判断は自分の判断よりも信頼できると思ってしまうことです。 選択に迷って家族に相談したら家族が全員自分じゃない方を選んだからそっちにした、とかありませんか? プロスペクト効果 プラスのときは堅実に、マイナスのときは大胆に行動したくなることです。 分が悪い賭けでも当たりが大きいと負けているときは乗ってしまうということですね。 自己奉仕バイアス 失敗したときに「自分ではどうしようもなかった」と思う傾向のことを言います。 認知バイアス的には人間の脳は「他人に厳しく自分に甘い」ので、気を付けないとあっという間に自分勝手な人間になって信頼を失ってしまうでしょう。

次の

「バイアス」とは?意味や使い方を種類を含めてご紹介

バイアス 英語

バイアスとは それではまず、「バイアス」という言葉の意味についてご紹介します。 英語では「偏り」を意味する 「バイアス」は英単語の「bias」から来ているカタカナ語です。 「bias」の意味としては、傾向・先入観・偏見などが挙げられます。 日本でカタカナ語として使われる場合もそのまま「先入観、偏見」を意味することが多いですが、「斜めに切った布地」や「トランジスタなどにあらかじめ電流を流しておくこと」などといった意味もあります。 日常生活では心理的な意味で使われる 前述した意味のうち、多くの場合は「先入観、偏見」の意味合いで使われます。 「彼の意見にはバイアスがかかっている」と言った場合は、偏見や先入観が混じった意見であるということを指しています。 ビジネスでバイアスがかかるとどうなる? 次に、様々なケースにおける「バイアス」のご紹介をしていきます。 ビジネスシーンでは常に客観的な意見が求められることが多いですが、意外とバイアスがかかっているものも存在します。 採用面接での不公平さ 採用面接などでは、できるだけ客観的な評価が必要とされますが、評価対象に性格や意識などの要素が含まれるため、採用担当者のバイアスがかかっていることもあります。 例えば、採用担当者がスポーツを好む性格の場合、スキルは全く同一の応募者を比較し「体育会系の方がコミュニケーション能力に優れている」と判断することがあるかもしれません。 これらは「類似性効果」や「同族嫌悪」といい、心理学でバイアスの一種として扱われるものです。 本来は「体育会系=コミュニケーション能力が高い」とは限らないものの、自分と近しいタイプの人間を好んでしまうバイアスがかかり、不公平な判断をしてしまうことがあります。 都合のいい統計を信じてしまう アンケート結果などの統計情報やデータを見る際に、バイアスがかかってしまうこともあります。 上記でも記載した「類似性効果」などが、統計情報やデータに対して影響を及ぼしていることもあります。 例えば、新商品の企画を考える際にユーザーの意識調査を行った場合、自分と近しい属性のユーザーから得られた意見を過大評価してしまうことなどが挙げられます。 また、「若い女性はピンクなどの可愛い色を好む」という先入観から、十分なリサーチをせずに製品のカラーを決定することなど、様々なバイアスがかかっているケースが存在します。 心理学用語としてのバイアスと種類 上記のように、様々な場面でバイアスがかかっていることがありますが、心理学ではこれらのパターンを分類して定義付けています。 それらをいくつかご紹介していきます。 認知バイアス 代表的なものとして「認知バイアス」が挙げられます。 認知バイアスは、思い込みや先入観によってものごとの受け取り方や判断に差異が発生することを指します。 上記で挙げた例の「採用面接での不公平」「都合の良い統計を信じてしまう」などは認知バイアスの一例です。 認知バイアスの中にも様々な種類のバイアスが存在し、下記で詳しく解説しますが「確証バイアス」「後知恵バイアス」なども認知バイアスの一つです。 他にも、特徴的な一面に影響され他の特徴の評価が歪められる「ハロー効果」や、意見や判断が多数派に流れてしまう「バンドワゴン効果」なども挙げられます。 確証バイアス 上記の通り、確証バイアスは認知バイアスの一種で、自身に都合の良い情報だけを切り取ってしまうことです。 議論で自分の意見に反論された際に、自分の意見を支持するような情報ばかり集めてしまうことが代表例です。 例えば、血液型と性格の関係性においては確証バイアスが働いています。 実際にはA型でも性格は様々ですが、几帳面な部分のみに注目して「やっぱりA型だから几帳面だ」と判断し、「A型=几帳面」という認識を強めてしまうことがあります。 研究者などでもこのようなバイアスが働いてしまうことがあるため、研究者は確証バイアスを避けるために自分の意見とは反対のものを集めることがあります。 後知恵バイアス ある事象が発生したときに、それが事前に予測可能だったと考えてしまうことを「後知恵バイアス」と呼びます。 投資を行う際に、株価が下がった後で「やっぱり下がると思った」のようにバイアスが働いてしまうことがあります。 本来は、その事象が発生する前の段階では今後の展開が予測できていなかったのに、結果が分かると「やっぱりね」と思ってしまう経験は身近にあるかと思います。 結果論でものごとを捉えてしまわないように、後知恵バイアスの概念を理解し「自分はバイアスがかかってしまっているな」と気づけるようになると良いでしょう。 バイアスを使った様々な言葉 これまで「バイアス」の様々な種類について紹介してきました。 次に、「バイアス」の複合語について説明していきます。 メディアバイアス 新聞やテレビなどのマスコミや各種メディアが情報を伝える際に、同じ事柄でもメディアによって論調が異なる場合があります。 得られた情報ソースに対して、どの部分をどのように伝えるかによって偏りが生まれます。 これを「メディアバイアス」と呼びます。 例えば、あるスポーツ選手が引退を発表したことに対して、「もう限界だった」「まだまだ活躍できた」など論調がメディアによって異なることがあります。 情報の発信側でバイアスがかかっていることを理解し、受け手側もそれに引きずられてしまわないよう注意が必要です。 ジェンダーバイアス 男女の性別において、固定観念を元に役割などを定めてしまうことを指します。 「男性は外で働き、女性は家事・育児をやるべき」といったものがジェンダーバイアスの代表例として挙げられます。 また、「力仕事・危険な仕事は男性がやるべき」「女性は常に化粧をすべき」など、いわゆる「男らしさ」「女らしさ」といった概念もジェンダーバイアスに該当します。 無意識(アンコンシャス)バイアス 上記のようなバイアスは、ビジネスシーンにおいて組織の課題として問題視されています。 特にジェンダーバイアスにおいては、日本の文化や風土に根付いていたものなので、現代でも無意識のうちにバイアスが働いているケースがあります。 これを「無意識(アンコンシャス)バイアス」と呼びます。 無意識のうちに働いているバイアスは、本人が良かれと思ってやっている場合もあり、問題視されずに放置してしまうこともあります。 まずは「バイアスがかかっている」ということを認識し、「解決しないといけないものだ」という意識を持つことが重要です。 まとめ 「バイアス」という言葉の意味や様々な種類について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 自分では「当たり前」と思って判断していたことも、実はバイアスが働いていたかもしれません。 常に冷静な判断を下せるように、この記事でバイアスに関する知識を深めてもらえれば幸いです。

次の

認知バイアスとは?種類と身近な例、修正方法を解説

バイアス 英語

トランジスタの電流電圧特性(曲線)。 直線は負荷抵抗の特性であり、その交点が動作点となる。 動作点は歪みを生じることなく信号振幅が最大化するように選ばれる。 における バイアス(: biasing)とは、を適切な条件で動作させるため、の各所に所定のまたはを加えることをいう。 、、のようにの時変をする電子素子も、正しい動作には一定の電圧もしくは電流(すなわちバイアス)を必要とする。 これらの素子への入力は、DCのバイアス電圧もしくは電流にAC信号をさせたものとなる。 (トランジスタや真空管)に入力信号が印加されていないとき、特定の端子に生じるDC電圧もしくは電流を素子の 動作点 ()(バイアス点、静止点、Q点とも)という。 素子につながれた回路のうち、この電圧もしくは電流を安定供給する役割を持つものを バイアス回路という。 概要 [編集 ] 電子工学においてバイアスとは、交流回路に組み込まれたダイオード、トランジスタ、真空管などのを適切な条件で動作させるため、その部品の端子に一定のDC電圧または電流を印加することをいう。 たとえば、に用いられるトランジスタには、曲線の決まった領域で動作させるためにバイアス電圧を加える。 真空管の場合も同じようにグリッド電極にグリッドバイアスを印加することが多い。 への録音音質を向上するため、 記録ヘッド ()に印加される オーディオ信号 ()に高周波信号を重畳することもバイアスと呼ばれる。 この方法はとして知られている。 線形回路における重要性 [編集 ] を含む線形回路が正しく動作するには所定のDC電圧と電流が必要であり、それを与えるためにバイアス回路が用いられる。 綿密なバイアスが必要となる例としてトランジスタ増幅器がある。 が線形であれば、小さな信号が入力されるとを生じることなく大きな信号が出力される。 この場合、動作点を基準とした出力は入力と厳密に比例して変化する。 しかし、トランジスタの入出力特性は動作範囲のすべてにわたって線形ではないため、トランジスタ増幅器は近似的にしか線形動作を行わない。 歪みを抑えるには、バイアスを調整することで、信号の振れ幅が最大のときもトランジスタの出力が線形領域を超えないように動作点を定める必要がある。 増幅器の場合、この要件はトランジスタを活性領域で動作させ、遮断領域や飽和領域に入れないことを意味する。 増幅器にも同じ要件があるが用語は異なり、遮断領域や線形領域を避けてで動作させなければならない。 バイポーラトランジスタ [編集 ] ではトランジスタが活性領域で動作するように動作点が決められ、さまざまな回路技術によってその電圧・電流が作られる。 入力信号はこのバイアスに重畳される。 トランジスタが飽和・遮断領域に達して クリッピング ()歪みが発生することなく最大の信号振幅を得られるように、バイアス点は直流 負荷線 ()の中央付近に取るのが普通である。 特定のDCコレクター電圧において適切なDCコレクター電流が得られるように動作点を定めるプロセスをバイアスと呼ぶ。 真空管(熱電子管) [編集 ] ゼロ入力信号(定常状態)の動作条件を確立するため、真空管のカソードを基準としてコントロール・グリッドに供給されるDC電圧をグリッド電圧という。 一般的なA級や、のA級およびAB 1級の電力増幅段では、カソードに対して負のDCバイアス電圧がグリッドに与えられる。 瞬間的なグリッド電圧(DCバイアスとAC入力信号の和)は、グリッド電流が流れ始める値や、カットオフが起きる値には達しない。 汎用真空管を用いたB級アンプでも負バイアスが行われるが、グリッド電圧はプレート電流のカットオフが起きると予想される値に設定される。 バイアス電圧源はグリッド電流を供給するため抵抗が低くなければならない。 B級動作用に設計された真空管を使用する場合、バイアスはほぼゼロにできる。 C級アンプには、プレート電流のカットオフが始まる点をはるかに超えた負バイアスが与えられる。 入力信号の1サイクルのうち、グリッド電流が流れる時間は半分を大幅に下回る。 真空管にグリッドバイアスを与える方法は多数あり、一つの真空管に複数のバイアス法を同時に用いることもある。 固定バイアス: DC電圧を通過させる適当なインピーダンスを介して適当な電圧源に接続することで、グリッド電位を定める方法。 カソードバイアス ()(自己バイアス): カソードとグラウンドの間に直列抵抗を接続し、その抵抗で起きる電圧降下を利用する方式。 グリッド回路のDCリターンをその抵抗の逆側に接続することで、グリッド電位をカソードに対して負にする。 グリッドリークバイアス:C級動作で見られるように、入力周波数サイクルの一部でグリッドが正に駆動されると、真空管中でグリッドに電子が飛び込む。 入力側とグリッドの結合は容量性であり、結合コンデンサは負に帯電する。 グリッドリーク抵抗を通って流れるグリッド電流によってコンデンサは放電されるが、を入力信号の周期より大きく設定することで一定の帯電量を保つことができる。 バイアス電圧はグリッドリーク抵抗とグリッド電流の積に等しくなる。 ブリーダバイアス: プレート電圧を供給するDC電源に抵抗を接続し、抵抗の中ほどから一定のグリッド電圧を取る。 カソードはその抵抗のタップの一つに接続する。 グリッドはDCパスとなる適当なインピーダンスを介してプレート電源の負側、もしくは抵抗の別のタップに接続される。 初速度バイアス(接触バイアス): グリッド電位がカソードと等しいとき、真空管中でカソードから放出される熱電子の一部はグリッドに入る。 グリッドとカソードの間に通常1〜10 の抵抗を入れておくと、この電子が流れる電圧降下によってグリッドがカソードに対して負の電位を持つ。 グリッド電位と電流はやがて平衡値に達する。 マイクロフォン [編集 ] 動作に48 の ファンタム電源 ()を必要とするは「DCバイアス型」と呼ばれることがある。 自発的なを持つ物質()を用いた エレクトレット型コンデンサマイク ()の場合、マイク本体はバイアス電圧を必要としない。 しかしこの型のマイクは 接合型電界効果トランジスタ () JFET によるインピーダンス変換器を備えているのが一般的で、その動作電流(0. 1〜0. 5 程度)がバイアスと呼ばれることが多い。 関連項目 [編集 ]• 小信号モデル 脚注 [編集 ]• 1994. The Benchtop Electronics Reference Manual 3rd ed. New York: Tab Books. 362—365. 2-27. Landee et al. , 1957,. , ed. 1962. The Radio Handbook 16th ed. New Augusta Indiana: Editors and Engineers, LTD. 266—267. Headquarters, Department of the Army 1952. Washington, D. : United States Government Publishing Office. TM 11-665. Everitt, William Littell 1937. Communication Engineering 2nd ed. New York: McGraw-Hill. 538—539. , 1957,. RCA Manufacturing Co. 1940. Receiving Tube Manual RC-14. Harrison, NJ:. Ghirardi, Alfred A. 1932. Radio Physics Course 2nd ed. New York: Rinehart Books. 505, 770—771. Giacoletto, Lawrence Joseph 1977. Electronics Designers' Handbook. New York: McGraw-Hill. 9-27. Tomer, Robert B. 1960. Indianapolis: Howard W. Archived from on 2009. NOAHBOOK. 2019年9月13日閲覧。 2007-02-05. Archived from on 2009-09-08. Boylestad, Robert L. ; Nashelsky, Louis 2005. Electronic Devices and Circuit Theory. Patil, P. ; Chitnis, M. 2005. Basic Electricity and Semiconductor Devices. Phadke Prakashan. Sedra, Adel; Smith, Kenneth 2004. Microelectronic Circuits. Oxford University Press. 0-19-514251-9.

次の