パソコン 13 インチ 大き さ。 13インチノートパソコン人気おすすめ10選!サイズ感や軽量モデルのパソコンも紹介

13インチノートパソコン人気おすすめ10選!サイズ感や軽量モデルのパソコンも紹介

パソコン 13 インチ 大き さ

By: OSやソフト、画像、動画などを保存しておく場所が「ストレージ」。 低コストで大容量なHDDをはじめ、データ転送速度に優れたSSDや消費電力の少ないeMMCなどが存在します。 現在主流となっているSSDは、パソコンやソフトの起動が早く、HDDのように物理的に動くパーツがないので衝撃に強いのが特徴。 ゲーミングパソコンなど、容量が必要なパソコンにはSSDと合わせてHDDが搭載されているモノもあります。 eMMC採用の13インチノートパソコンは、容量の少ないモデルが多いのが特徴。 Chromebookなどのクラウドストレージや、外部ストレージの利用をメインとするモデルに多く搭載されています。 13インチノートパソコンのおすすめメーカー マイクロソフト Microsoft スタイリッシュで使いやすい13インチノートパソコンです。 高級感ただよう3Dメタル仕上げのボディ。 1つのアルミ板から作られており、高い堅牢性を有しています。 パソコンを開いた際にディスプレイ側が持ち上がる「リフトアップヒンジ」を採用。 キーボードに適度な傾斜がついてタイピングしやすいだけでなく、エアフローも向上できます。 3インチのディスプレイはタッチパネル対応。 本体重量は約1. 26kgなので、携帯時の負担も軽めです。 CPUにはインテルのCore i5を採用しています。 最大10時間30分のバッテリー駆動が可能で、45分ほどの充電で50%まで回復できる急速充電に対応している点もおすすめです。 コンパクトながら軽量な13インチノートパソコンです。 8mm。 軽量性と高い剛性を兼ね備えるカーボン素材を採用しており、重量約1. 29kgで携帯性に優れているにも関わらず、堅牢なボディを実現しています。 電車内での圧迫を想定した面加圧試験や、デスクからの落下を想定した試験にもクリア。 キーボード下の防滴構造によって、水滴がパソコン内部に入り込みにくいのもポイントです。 CPUにはインテルのCore i5を採用。 8GBのメモリと512GBのSSDを搭載しています。 3インチのディスプレイは光の反射や映り込みを抑制するノングレアタイプ。 「Windows Hello」に対応した指紋認証機能を搭載している点もおすすめです。 タブレットとしても使用できる2 in 1タイプの13インチノートパソコンです。 強度の高い「Gorilla Glass NBT」が採用されているのもポイントです。 CPUにはCore i5を採用。 8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しています。 ベゼル幅は横5. 77mm、縦12. 5mmとスリム。 液晶画面に表示される映像に没入しやすい設計です。 5mm。 重量1. 24kgと携帯性にも優れています。 インターフェースには多機能なUSB Type-Cを搭載。 充電やデータ転送、映像出力などマルチに使用できます。 最大14時間のバッテリー駆動が可能なので、屋外で長時間使用したい方にもおすすめです。 コンパクトながらハイパフォーマンスな13インチノートパソコン。 第10世代のインテルCoreモバイルプロセッサーを採用しており、パワフルな処理性能です。 メモリは16GB、ストレージは512GBのSSDを採用。 OSやソフトの起動もスピーディに行えます。 Wi-Fi 6に対応しているので、ワイヤレスでも高速でスムーズなインターネット通信が可能。 パソコンパーツが発する熱を効果的に分散できるデュアルファンも搭載されており、本体内部の温度が上がりすぎないのも魅力です。 精細で美しいグラフィックの表示が可能です。 また、指紋認証や顔認証にも対応しており、セキュリティ性能に優れている点もおすすめ。 インターフェースには、USB Type-Cポート2基に加えて、オーディオジャックやmicroSDカードリーダーも備えています。 高い性能とデザイン性を併せ持つ13インチノートパソコンです。 CPUにはインテルのCore i5を採用。 8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しており、快適な作業が可能です。 キーボード下には大きめのガラス製トラックパッドを搭載。 液晶画面を開くだけで電源がONになる「インスタント オン」仕様なので、スムーズに作業を開始できます。 バッテリーでの最大駆動時間は約11. 5時間。 本体重量は1. 29kgほどなので、携帯性にも優れています。 10点マルチタッチに対応しており、別売りの「Surfaceペン」も使えます。 「Windows Hello」による顔認証にも対応するサインイン用カメラを搭載している点もおすすめです。 コスパに優れた「Mac OS」搭載の13インチノートパソコンです。 本体サイズは約304. 1mm。 重量約1. 29kgなので、カバンに入れても負担になりにくい重さです。 CPUにはインテルのCore i3を採用。 8GBのメモリと256GBのSSDを搭載しています。 動画や写真だけでなく、小さな文字もくっきりと映し出せます。 キーボードには人気の高い「Magic Keyboard」を搭載。 反応がよく静音性にも優れており、バックライトも搭載されています。 「感圧タッチトラックパッド」は、加える圧力の差によって、Macbook Airをコントロール可能。 直感的な操作を好む方におすすめです。 優れたグラフィック性能を搭載した13インチノートパソコンです。 第10世代のインテルプロセッサーを採用。 16GBのメモリと512GBのSSDを搭載しており、処理性能は快適です。 キーボードには人気の「Magic Keyboard」を採用。 「Touch Bar」横には専用のESCキーがあるので、モードやビューの切り替えも簡単です。 すべてのMacBook Proシリーズに搭載されている「Apple T2 Securityチップ」により、セキュリティ性能にも優れています。 インターフェースにはUSB Type-Cポートを4基搭載。 すべてのポートが充電や電力供給にも対応できます。 外出時は本体のディスプレイを使用し、帰宅後はより大きな外部ディスプレイを使用したい場合にもおすすめです。 アメリカ国防総省制定のテストをクリアした13インチノートパソコンです。 26方向からの76cm落下テストなど「MIL規格 MIL-STD-810G 」に準拠したテストにクリア。 バッテリーでの駆動時間は最大約19時間。 出張や旅行に携帯するノートパソコンとしても適しています。 30分の充電でバッテリーが約40%回復する急速充電に対応しているのもポイントです。 CPUはインテルのCore i5。 アルファベットや数字をキートップセンターに配置し、視認性を高めている点もおすすめです。 革新的な「ScreenPad2. 0」を搭載した13インチノートパソコンです。 キーボード下部のタッチパッドをセカンドディスプレイとして使用可能。 手書き入力や数字入力、Officeソフトに対応したDoc Xpert・Slide Xpert・Sheet Xpertに加えて、複雑なショートカットキーをワンタップで自動化できる「Quick Key」など、作業効率のアップが図れるアプリが搭載されています。 本体重量は約1. 27kgと軽量。 A4サイズでカバンにも収まりやすく、携帯性に優れています。 3インチのディスプレイは狭額ベゼルデザインで没入感を高められる設計。 ディスプレイを開くとキーボードが適度な傾斜を持つ「エルゴリフトヒンジ」も採用。 オーディオ性能や冷却性能も向上する仕様です。 CPUにはインテルのCore i7を採用。 16GBのメモリも搭載されており、基本性能が高い点もおすすめです。 高性能CPUとGPUを搭載した13インチノートパソコンです。 第8世代のインテルプロセッサーに加えて、NDIVIA GeForce MX250グラフィックスを搭載。 ビデオ編集やゲームをスムーズに行えるグラフィック性能を有しています。 13インチのディスプレイは10点マルチタッチや3フィンガースクリーンショットに対応。 直感的な操作性を求める方におすすめです。 本体重量は約1. 28kgと軽量。 ボディの厚さは約14. 9mmなので、カバンにも収まりやすい設計です。 15分ほどの充電で約2. 3時間使用可能になる急速充電対応バッテリーも魅力。 65WのコンパクトなUSB Type-C充電器が付属している点もおすすめです。 軽量で携帯性に優れた13インチノートパソコンです。 最大28時間駆動する大容量バッテリーを備えているにも関わらず、本体重量は約965gと軽量。 携帯時の負担が軽いので、頻繁に持ち運ぶ方におすすめです。 マグネシウム合金素材で作られたボディは、アメリカ国防総省制定の「MIL規格 MIL-STD-810G 」に準拠する試験をクリアしており、高い信頼性と耐久性を有しています。 CPUはインテルのCore i5を採用。 16GBのメモリと256GBのSSDを搭載しています。 USB Type-CやHDMI端子を搭載しており、外部ディスプレイへの映像出力も可能。 ヘッドホン出力端子やmicroSDカードスロットなど、インターフェースが充実している点もおすすめです。 高い性能を搭載したChrome OS採用の13インチノートパソコンです。 本製品は、スペックを抑えたモデルが多いChrome OS搭載ノートパソコンのなかでも、高い基本性能を有しています。 CPUにはインテルのCore m5-6Y57を採用。 16GBのメモリを搭載しているので、効率よく作業が行えます。 また、ストレージには32GBのeMMCを採用。 容量は少なめですが、パソコンやソフトがスムーズに起動できます。 インターフェースには、USB Type-Cポートだけでなく、USB Type-Aポートやヘッドホンジャックも搭載。 キーボードにはバックライトが搭載されているので、夜間や暗い場所で使用する方にもおすすめです。 バッテリーでの駆動時間は約11. 5時間。 ノートパソコンとしてだけでなく、タブレットとしても使用可能。 タッチスクリーンに対応しているので、直感的な操作も行えます。 CPUにはインテルのCore i3を採用。 8GBのメモリと64GBのeMMCを搭載しています。 インターフェースには、USB Type-Cポートが2基とUSB Type-Aポートを1基に加え、ヘッドホンジャックも搭載。 最長10時間駆動が可能な大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力です。 本製品は、2025年の6月まで自動更新によって最新機能とウイルス対策が無料で提供されます。 また、Wacom feel対応のスタイラスペンが付属しているので、タッチペンでの操作やイラストを描きたい方にもおすすめです。

次の

13.5型、15.6型ってどのくらい?ノートパソコンの選び方!

パソコン 13 インチ 大き さ

この記事の内容:• Surface Book 2 の 13. 5インチ と 15インチって、どんな感じ? パソコンやテレビの大きさは「~インチ」と表現されますが、これは、画面の角からナナメ反対の角までの対角線の長さを表しています。 (インチは長さの単位で 1インチ = 2. 54 センチメートル。 ) 「13. 5インチ」と「15インチ」ということで、15インチの方が大きいんだなってことは皆さんご承知だと思いますが、実際使ってみてどうなのか、大きさ以外に違いはあるのか、といった点について、このあと、1つずつご案内します。 まず、Surface Book 2 の「13. 5インチ」と「15インチ」は、 基本的な「機能」においては、とくに違いはありません。 両者のもっとも大きな違いは、サイズ と 重さ、です。 Surface Book 2 の 13. 5インチ と 15インチ、大きさと重さはどんな風に違う? 大きさと重さの違い・まとめ 大きさと重さに関連する相違点を、一覧表にまとめました。 5インチ Core i5 13. 5インチ Core i7 15インチ 本体サイズ 31. 2 cm x 23. 2 cm 34. 3 cm x 25. 1 cm 厚み(キーボードを含む) 最厚部 2. 3 cm 最薄部 1. 3 cm 最厚部 2. 3 cm 最薄部 1. 5 cm 最厚部 2. 3 cm 最薄部 1. 5 cm 重さ(キーボードを含む) 約 1. 5 kg 約 1. 6 kg 約 1. 9 kg 解像度 3000 x 2000 267 PPI 3240 x 2160 260 PPI タッチパッドの大きさ 横 10. 5 cm x 縦 7 cm サイズ感の違いを、写真で比べてみた サイズ感の違いを写真で見てみよう! ということで、左に13. 5インチ、右に15インチの写真を並べてみました。 以下の写真は、下から、ビジネスバッグ、Surface Book 2、A4サイズのレポート用紙、の順に重ねたもの。 A4サイズのレポート用紙の下に、はみ出して見えるのが Surface Book 2 です。 5インチはA4用紙に隠れて本体がほんの少ししか見えないのに対し、15インチの方は上下左右しっかり見えて、A4用紙よりがっつり大きいことがわかります。 ビジネスバッグなど、とくに大きいサイズのバッグであればどちらでも入れられますが、A4サイズの書類がちょうど入るくらいのサイズのバッグだと、15インチは入らなそうです。 使っているところ、持ち歩いているところの写真も並べてみました。 ただ、13. 5インチと15インチは別々の時期に借りているので、服装や撮影場所など、統一できなかった要素が多く、大きさの違いはわかりづらいですね。 写真の距離感だと、サイズに大きな差はないようにも見えますが、間近で見るとやはり「15インチ大きい!」と感じます。 キーボードは基本的には同じで、15インチは「余白」が大きい キーボード「全体」としてはもちろん15インチの方が大きいですが、 キーのサイズやキーピッチは共通のようで、タッチパッドの大きさも同じ(10. 5cm x 7cm)でした。 15インチのキーボードは、キーの周囲の「余白」が大きくなっています。 余白…というと、あってもなくても同じのように感じられますが、 この余白は、使ってみると意外に好印象。 キーボードに手を置いたときの安定感というか、落ちつく感じがとてもよく、文字を打つのがふだんより楽に感じられました。 持ち歩いた感想 … 持ち歩きはだんぜん「13. 5インチ」の方が楽 借りている間、あちこち持ち歩いてみました。 15インチも2kg弱(約1. 9kg)なので、持ち運べないほどではないのですが、たくさん歩くとじわじわ重さがきいてきます。 5インチも軽い!といえるほど軽いわけではないですが、15インチほどの重さはないので、 持ち歩きにおいては、13. 5インチがだんぜん楽です。 Surface Book 2 の 13. 5インチ と 15インチ、価格と性能は? サイズ別! Surface Book 2 の「価格」と「性能」の一覧表 価格と性能の選択肢を、一覧表にまとめました。 (価格は、マイクロソフト公式通販の税込み価格です。 ) 13. 5インチ 15インチ 容量 1TB 397,224 円 1TB SSD Core i7 16GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1050 単体 GPU と 2GB GDDR5 グラフィックス メモリ 401,544 円 1TB SSD Core i7 16GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1060 単体 GPU と 6GB GDDR5 グラフィックス メモリ 容量 512GB 336,744 円 512GB SSD Core i7 16GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1050 単体 GPU と 2GB GDDR5 グラフィックス メモリ 354,024 円 512GB SSD Core i7 16GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1060 単体 GPU と 6GB GDDR5 グラフィックス メモリ 容量 256GB 262,224 円 256GB SSD Core i7 8GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1050 単体 GPU と 2GB GDDR5 グラフィックス メモリ 306,504 円 256GB SSD Core i7 16GB RAM NVIDIA GeForce GTX 1060 単体 GPU と 6GB GDDR5 グラフィックス メモリ 200,664 円 256GB SSD Core i5 8GB RAM インテル HD グラフィックス 620 統合型 GPU 【まとめ】 SurfaceBook2 の 13. 5インチ と 15インチ、どっちがいい? どちらがいいか、なんとなく見えてきましたでしょうか。 まだ迷うな…という方へ、こういった使い方ならこちらがおすすめ!をまとめました。 Surface Book 2 の「15インチ」はどんな人におすすめ? まったく持ち運ぶ可能性がないのであれば「15インチ」がいいでしょう。 なにか見たり読んだりするにも、絵や文字を書くにしても、画面は大きい方がいいに決まっています。 持ち運ぶといっても、たとえば、 家のなかでは移動させることもあるかも…といった感じであれば、2kg弱はさほど気になる重さではないと思います。 また、家から持ち出して使う場合でも、 移動手段が「車」であれば、15インチがおすすめ。 2kg弱という重さは、持ち上げるのが苦になる重さではないので、ごく近距離の移動や、車への積み下ろしといった持ち運びであれば、画面が大きいメリットが勝ると思います。 持ったまま長く歩いたり、公共の交通機関などで移動したりする予定が「ない」人は、「15インチ」の Surface Book 2 がオススメです。 Surface Book 2 の「13. 5インチ」はどんな人におすすめ? 15インチの1. 5インチ」の Surface Book 2 がオススメです。 持ち歩きを考えたら、見やすい大きさでありながらバッグにも入れやすく、15インチより軽い 「13. 5インチ」が、だんぜん使いやすいです。 … もし … 「持ち歩くけど、15インチがイイ」と思ったら、15インチのメリットとデメリットを天秤にかけてみましょう。 メリットが勝る!と思うなら、持ち歩くけど15インチという選択もアリ。

次の

ノートパソコンの大きさのおすすめ【サイズの選び方】

パソコン 13 インチ 大き さ

下記がサイズ一覧表だよ! サイズ表記 横幅 cm 縦幅 cm 対角線 cm 10型 インチ 22. 1 12. 5 25. 4 11型 インチ 24. 3 13. 7 27. 9 12型 インチ 26. 5 14. 9 30. 5 13型 インチ 28. 7 16. 2 33 14型 インチ 30. 9 17. 4 35. 6 15型 インチ 33. 2 18. 7 38. 1 16型 インチ 35. 4 19. 9 40. 6 もちろん、パソコンのサイズが大きくなるにつれて基本的に重さも比例して重くなります。 基本的にというのは、最近では15インチなどの大き目なサイズでもかなり軽量なモデルも出てきているということなんです! これからはスタンダードPCの軽量化がぐんぐん進んでいきそうな気がしますね。 スタンダードノートパソコンについて スタンダードノートパソコンの特徴 特徴• サイズは15インチ前後がメジャー• パソコンが大きいので見やすく、使いやすい• 高スペックモデルが豊富• インターフェースが充実している スタンダードノートパソコンは「メイン」で使える基本性能の高さ・拡張性の高さが特徴。 自宅やオフィスの据え置きパソコンとしてプライベートでも仕事の用途でも長くしっかりと使えます。 さらにディスプレイも大きく、キーボードのピッチも広めなので 作業のしやすさは他のサイズと比べても快適性が高いです。 インターフェース(USBやHDMI、SDカードスロット」などパソコンと接続する規格)も充実しているので、使い勝手も良いですよ。 ただやはりデメリットとして、持ち運びには不向きです。 スタンダードノートパソコンがおすすめな人 こんな人におすすめ• 外に持ち運ぶことが多い方• もちろん、価格によって性能もピンキリですが、10万円ほど予算があれば画像・動画編集ができるスペックのパソコンが手に入ります。 私はAdobeソフトの「 DW・PS・AI」をノートパソコンで使っていますが特に問題ありませんし、特段遅いということもないです。 ただ、動画編集に関してはやはりもっとスペックを上げないとサクサクとはいかず、レンダリングも遅くなるので、日常的に動画編集する場合は高スペックPCが必要です。 最低限の性能で良かったら大体3万円から購入することもできます。 モバイルノートパソコンは「」の記事でまとめていますのでご覧ください。 2in1タブレットパソコンという選択肢 2in1タブレットパソコンの特徴 こんな人におすすめ• 外に持ち運ぶことが多い方• 営業マンは特にタブレットとして使えばクライアント訪問した時など画面を見せながらタッチ操作をして説明しながら使えるので便利です。 モバイルノートより気軽に持ち運べるので、出先でちょっとしたOFFICEを使った作業やブログなどの記事作成、動画視聴などに重宝します。 ただ、使いやすさや性能、画像や動画の編集などクリエイターの作業はモバイルノートの方が適しています。

次の