飯田圭織 巨大迷路。 【悲報】飯田圭織バスツアーの巨大迷路が本日をもって閉場。

【悲報】飯田圭織、伝説のバスツアーの巨大迷路が閉場

飯田圭織 巨大迷路

あまりに唐突かもしれないが、僕は「飯田圭織バスツアー伝説」の逸話が大好きだ。 これはもはやレジェンドともいえるレベルでインターネットでも有名なので、多くの人がご存じだろうが、端的にその内容をまとめておく。 ・AKB48よりはるか前に国民的アイドルグループだったモーニング娘。 で2代目リーダーとして人気を博していた飯田圭織さんが7年間の活動を終え、2005年、グループを卒業した。 ・古参ファンにとっては特に待望のツアーであったはずだが、実施の前日となる7月6日、 飯田圭織さんの結婚と妊娠が報じられる。 ファンたちは阿鼻叫喚となったが、バスツアー当日はほとんどキャンセルがなく何事なかったように実施された。 love151cm これ見て伝説の飯田圭織バスツアーでのBBQ 肉1枚+ソーセージ1本+キッコーマンの烏龍茶 を思い出したw卵焼きもいかにも業務用だし — 荻原 はしぞーさん atuage8420 ・なぜかテーブルに置かれていた 「キッコーマンのウーロン茶」がこの事件の代名詞的存在になってしまう。 あさま山荘事件で一気に有名になったカップラーメンのごとく、バスツアーといえばキッコーマンのウーロン茶、と言われるまでにんぼりつめる。 ・バーベキューもそこそこに、謎のイベント 「巨大迷路でクイズ大会」が始まる。 ・季節は7月7日、夏の入口、食後に巨大迷路まで歩かされ、異常な気温と湿度、もちろん結婚報道による心労もあったのか、体調不良となるオタが続出。 ・時間が押していたため、 半数以上のオタを巨大迷路に置き去りにしたまま、ミニライブが始まる。 以下に引用しておく。 (飯田の体を気遣い、飯田と前田と一部のスタッフは園内を自動車で移動していた) 実際の当日の天気は特別快晴というわけではなかったが、湿度が異常に高く非常に蒸し暑かったため、体調を悪くしたヲタもいたと思われ、飲みすぎてしまったヲタの中にはリバースした者もいたといわれている。 「人生の迷路」という名言も生まれた。 なお迷路に閉じ込められたヲタは結局帰りのバスに乗ることもできず自力で東京まで戻ったといわれている。 ミニライブのステージは紅白幕をバックにしたあまりにも質素で粗末なものだった。 笹には飯田が「みんながいつでも笑顔でいますように。 」と書いた短冊が吊るされていた。 最後の握手会も終わってすべてのイベントを終了し、ヲタを乗せたバスは飯田と前田の周りをまわった後、東京への帰路についた。 ここまで何もないがらんどうみたいな気持ちを表現できる文章ってそうそうない。 特に 「本当にもう何もかもどうでも良い」が深い余韻を残していてすさまじい。 たぶん僕が10年文章を書き続けたとしても、この境地に達することはできない。 さて、こうして大きな伝説を残した飯田圭織バスツアーだが、その後も何らかのバスツアーが話題に出るたびにたびたび槍玉にあがる存在となった。 けれども、実はこの話には続きがあって、実はあれから10年以上経過した今でも、七夕となると当時の参加者たちが惨劇の現場となった野田清水公園に集結し、バーベキューオフをしているらしい。 もちろん、飲み物はキッコーマンのウーロン茶だ。 あれだけの戦禍を潜り抜けた者は一生涯の盟友、ということだろうか。 なんともうらやましいものだ。 これを言うと怒る人もいるかもしれないけれども、誤解を恐れずに言ってしまうと、さすがに巨大迷路嘔吐置き去りや、肉1枚バーベキューはひどすぎると思うが、バスツアー前日に結婚報道自体は、そこまで大きな問題ではないと思う。 僕は常々、アイドルとは疑似的な恋愛を提供してくれる存在だと思っている。 好きなアイドルを応援し、喜び、一緒に感動する。 それはやはり恋愛に近いものなのかもしれない。 そうなると、やはり恋愛とはうまくいくことばかりではない。 むしろ、失恋や、別れ、そういった悲しいケースの方が多いんじゃないだろうか。 それを考えると、アイドルを疑似恋愛ととらえた場合、きちんと失恋や別れを経験させてくれるアイドルこそが真っ当だと考えることもできるのだ。 だから、当人にとってはたまったもんじゃないけど、こういった熱愛発覚で阿鼻叫喚となるオタたちを観ていると、ちょっとした羨ましさを感じる。 そこまで熱狂して好きになれることも、傷つくことも、羨ましい。 いい恋をしている友人を羨ましく思うのに似ているのかもしれない。 本人にとったらたまたものじゃないと思うけど。 ただ、こうして「いいじゃん、失恋みたいで」なんて呑気なことを言えるのはやはり距離が遠いからだと思う。 飯田圭織さんのバスツアーの伝説もやはりインターネットの中のお話で、その逸話のいくつかも虚実が入り混じっているのだと思う。 ぜんぜん遠い世界のお話だから呑気なことが言えるのだ。 そう、こういった衝撃のバスツアーは遠い世界のお話であるはずだった。 無関係な別世界のお話であるはずだった。 あの瞬間までは。 ある年の冬の出来事だった。 僕らはバスを借り切って温泉に向かっていた。 これは僕の周りの人々の恒例行事になりつつあるのだけど、30人ぐらいが集まってバスに乗って温泉地に行こうというものだ。 イメージとしては社員旅行に近いのだけど、社員旅行だと上司や同僚とかにかもまれていてあまり楽しくなので、いつもの仲間と社員旅行みたいなことをしたら楽しいんじゃないか、というコンセプトだ。 ちょっと名前を出すわけにはいかないが、そこに今を時めく人気Webライターの〇ッピー氏も友人として参加してくれていた。 〇ッピー氏はバスに乗り込むと、買ってきた弁当を平らげながら、仮想通貨で大損した隣の席の知人をひたすらバカにし始めた。 それからしばらくして、〇ッピー氏はバスの中らこんなツイートをする。 死の予感がするバスツアーで伊東温泉に向かう — ヨッピー yoppymodel いきなりストロングゼロ飲みまくるようなやばいバスツアーだぜ、という揶揄を込めたツイートだ。 現に、僕はストロングゼロを飲みすぎて途中でおしっこが我慢できなくなり、何度かバスを止めている。 死の予感がするバスツアーという表現は正しい。 けれどもこの表現が大きなうねりを生み出した。 しばらくして、なぜか〇ッピー氏が炎上していた。 バスに乗っているだけで炎上するのはこの男くらいである。 しばらく何が起こったのか分からなくてバスの中が騒然とした。 ただみんながスマホを駆使して情報収集をした結果、だいたいの全体像が見えてきた。 どうやら、とある舞台俳優が彼女らしき女性といちゃいちゃしている写真が流出してしまったようなのだ。 最悪なことにその流出のタイミングで、その舞台俳優と「恋人気分で」と題したバスツアーが実施されてしまった。 多くの参加者はその流出を知りながらバスツアーに参加するしかなかった。 どこかで聞いた話である。 悪かったのはその地獄のバスツアーと同じ日、同じタイミングで、影響力のある人気Webライターヨッ〇ー氏が件のツイートをしてしまたことである。 もう一度前述のツイートを、今度は推しの熱愛が発覚してそのバスツアーに参加してピリピリしている気持ちで読んでみて欲しい。 まるで人気Webライターがピリピリしているバスツアーをネタにしたろうと潜入したようにも見える。 っていうか、後から知ったのだけど、向こうのバスツアーは参加者が全員女性だったので、ヨッピーみたいなでかいおっさんが紛れ込んでいたら一発でばれる。 普通はあり得ないのにそれでもそう思ってしまうピリピリさがあったんだと思う。 「いやあすごい偶然ってあるもんだね」 こちらのバスの中はそんな話題で持ちきりだった。 同じ日、同じ時間帯、そしてバスツアー、しかも行き先の温泉地まで同じだった。 「バスに乗るいだけで炎上する男」と煽りつつ、みんなで仮想通貨で大損した友人をバカにしながら、宿泊するホテルに到着した。 そこでここまでの偶然はほんの序章でしかなかったことをしる。 ホテルのロビーに到着すると、そこには若い女性がたくさんいた。 そして、何か書かれたホワイトボードがロビー中央に置かれている。 「〇〇さんとツーショット撮影は何時から。 〇〇さんお部屋訪問は何時から」 そんなことが書いてある。 「これってもしかして、恋人気分バスツアーじゃないの」 「ホテルまで同じやないけー!」 こんな偶然ってあるか。 ガチで俺たち全員が結託してツアーごと潜入したみたいになってるじゃないか。 ただやっぱり、ロビーにいた参加者の皆さんは沈痛な感じでしたよ。 それは「失恋を味わえていいじゃん」なんてのが何も知らないバカのセリフですよ。 そりゃそうだ、決して安くない金を払ってこんな目に遭うんじゃたまったものじゃないですよ。 熱愛写真流出後に、 恋人気分でツーショット、お部屋訪問、そこでどんな地獄が展開されたのか僕らは知る由もありません。 けれども、なぜかヨッピーがホテル前のコンビニのストロングゼロを買い占めて配布するという訳の分からないことをやっていました。 ファンの方たちの何人かがゲハゲハ笑いながらストロングゼロを持っていくので、僕は愚かだったので失恋できていいじゃんとかバカなこと言ってたし、推しのバスツアーに参加する気持ちもわかりません。 でも、あなたが手にしているそのストロングゼロは本当に救いですよ。 しっかりと飲んでくださいと祈ることしかできませんでした。 こうして偶然と偶然が交錯する温泉宿での夜が更け、次の日の朝食では、ウーロン茶のペットボトルが出されたのですが、それが普通のウーロン茶で、これがキッコーマンの謎ウーロン茶だったら偶然として完璧だったのになあ、と思いました。 11 Numeri pato.

次の

飯田圭織の伝説のバスツアー事件!漫画化されるほどの事件!

飯田圭織 巨大迷路

net 飯田圭織バスツアーの巨大迷路が閉場 「悲劇の現場」からファンの聖地に... Jタウンネットの取材に、同園広報が「取り壊して新しい施設を建設予定」と明かした。 閉場を受け、ネット上ではこんな声が相次いでいる。 「飯田ヲタの端くれとしてあの日人生の迷路で儚く散った英霊達に最後のご挨拶をしてきましたorz」 「巨大迷路に取り残された飯田ヲタ、未だに迷路を彷徨ってるって話好きだったけど、ついになくなるんやな... 」 そう、このアクアベンチャーは、あの「飯田圭織バスツアー事件」の現場でもあったのだ。 なかには、閉場を知って改めて現地を訪れたとして、 「楽しい思い出をありがとう」などと感謝の思いをつぶやくファンもいた。 「伝説のバスツアー」とは 2007年7月7日に、元「モーニング娘。 」の飯田圭織さんとファンとの間で行われた「飯田圭織・前田有紀の『大人の七夕祭り』日帰りバス旅行」。 開催前日に飯田さんの結婚、妊娠が報じられたことから、ネット上では「伝説のバスツアー」として知られている。 このツアーで一行が訪れたのが、清水公園だった。 参加者はここでバーベキューをした後、余興としてアクアベンチャーの立体迷路へ。 当時のブログなどによれば、その日の気候や結婚報道による心労もあってか、迷路の中で体調を崩してしまうファンもいたという。 このように、とにかく(色々な意味で)過酷な状況だったことから、 「未だに、取り残された一部の飯田ファンが迷宮を彷徨い続けている」 というネタまで広まるほどだった。 その立体迷路が閉場したのだ。 1987年に立体迷路(ピラビリンス)、90年に噴水迷路が開設されて以来、30年以上にわたり親しまれてきたアクアベンチャー。 巨大立体迷路と、メロディーに合わせて水が出る場所が変化する噴水迷路の2つが組み合わさった施設だ。 黄色と緑色が立体迷路で、手前の緑の芝に噴水迷路がある(画像は清水公園提供) バスツアーについて、公園に聞いてみた 7月7日、Jタウンネットが清水公園の広報担当者に閉場理由を尋ねたところ、詳細は未定だが 「施設の老朽化です。 今後取り壊して新しい施設を建設予定です」と話した。 立体迷路は、黄色の迷路からスタートし「立」「体」のスタンプを集めなければならない。 その後、緑色の迷路に進み「迷」「宮」を探す。 4つのスタンプを手に入れ、ゴールを目指すというゲームだ。 迷路でトイレや体調を崩した場合は2箇所ある「ギブアップドア」から退場することもできるという。 なお2011年に起こった東日本大震災を機に、迷路には避難用のドアを複数設け、退出しやすくなったそう。 様々な歴史がつまった立体迷路(と噴水迷路)。 担当者に飯田圭織さんのバスツアーについて、詳細を聞こうとしたが 「(ファンクラブツアーの)当時、旅行会社から予約を貰っていていましたので詳細は分かりかねます。 そもそもバーベキューが予約制でして...。 ただ、ファンの方たちはバスに乗ってきて、飯田さんはそのバスには乗ってなかったんじゃないかと...。 ずいぶん前の話ですけどね」 と答えた。 もう13年も前の話で詳細は分からないらしい。 閉場に対するファンからの驚きや感謝の声に、広報担当者は 「閉場と知って急遽遊びにお越しいただいた方もいらっしゃって、たくさんの方に親しまれ愛されて来たことを実感しました。 次の新しい施設もみなさまの思い出の1ページに残るような場所にしたいです」 と答えた。 net 1 二 どうみても俺たちがライブで見た泣き顔だよ 2 遊 ダカーポと喘ぎ声が違う。 エロゲは演技だったのか。 こんな素晴らしいAV初めてだよ。 15 ID:Gt57uIFN0. net ちなみに何故キッコーマンの烏龍茶が配られたのかというと キッコーマンの創業者とこの公園がゆかりがあるからなのである。 net.

次の

飯田圭織の伝説のバスツアーとは!?鬼畜すぎな事件が漫画化!?

飯田圭織 巨大迷路

「伝説のバスツアー」とは 2007年7月7日に、元「モーニング娘。 」の飯田圭織さんとファンとの間で行われた「飯田圭織・前田有紀の『大人の七夕祭り』日帰りバス旅行」。 開催前日に飯田さんの結婚、妊娠が報じられたことから、ネット上では「伝説のバスツアー」として知られている。 このツアーで一行が訪れたのが、清水公園だった。 参加者はここでバーベキューをした後、余興としてアクアベンチャーの立体迷路へ。 当時のブログなどによれば、その日の気候や結婚報道による心労もあってか、迷路の中で体調を崩してしまうファンもいたという。 このように、とにかく(色々な意味で)過酷な状況だったことから、 「未だに、取り残された一部の飯田ファンが迷宮を彷徨い続けている」 というネタまで広まるほどだった。 その立体迷路が閉場したのだ。 1987年に立体迷路(ピラビリンス)、90年に噴水迷路が開設されて以来、30年以上にわたり親しまれてきたアクアベンチャー。 巨大立体迷路と、メロディーに合わせて水が出る場所が変化する噴水迷路の2つが組み合わさった施設だ。

次の