お茶漬け レシピ。 だし茶漬け えんの家庭でできる本格だし茶漬けレシピとお店紹介【メレンゲの気持ち】

「冷やし茶漬け」のレシピ|アレンジレシピ|永谷園

お茶漬け レシピ

酒を飲んだ際の締めに欠かせないものといえばお茶漬け。 お茶に浸された米をかきこむ時の爽快感が、締めにぴったりな庶民派メニューである。 あまり酒を飲まない人でも、残ったご飯をお茶漬けにして食べることはあるだろう。 私(中澤)は、お茶漬けが大好きだ。 お茶漬けが食べたいがために自炊するほどに。 そのため、よりウマい食べ方はないかと日々いろんなアプローチを研究している。 そんな私が自信を持っておすすめするレシピが『冷やし焼き茶漬け』だ。 お茶漬けのリーサルウェポンと言っても過言ではないくらいリアルガチでウマいで! ・材料 具は薬味用のカップネギと味付けのり。 調味料は醤油とめんつゆ、味の素と塩を使用する。 ただし、醤油以外の調味料については出汁(だし)を作るだけだ。 出汁の作り方はいろいろあるため、必要な調味料は人によって変わってくる。 なお、今回は参考までに私の作り方をお教えしよう。 ・『冷やし焼き茶漬け』の作り方 1. 水にめんつゆ、醤油、味の素、塩を入れる。 目安として、100mlあたり、めんつゆ小さじ1杯、醤油小さじ1杯、味の素と塩は1~2振りほど。 白ご飯に醤油をかけて醤油ご飯にする。 2を 焦げ目がつくまでフライパンで焼く。 3に細かく切った味付けのりと薬味ネギをかける。 4に1で作った出汁をかける。 ポイントは出汁を薄味で作ること。 「ほんのり味がついているかなあ?」くらいの味付けで大丈夫だ。 出汁が濃いと、若干爽やかさが失われてしまうため注意しよう。 ・究極のケミストリー 米を焼くという工程があるため「お茶漬けの爽やかさが失われるのでは?」と思うかもしれないが、その心配は不要だ。 お焦げのカリカリした食感と味付けのりの塩辛い濃厚なウマみに、冷たい出汁とネギが爽やかさをプラスして 究極のケミストリーが起こるぞ! なお、もう少し濃い味が好きな人は2の工程でバターを投入し、バター醤油ご飯で作ってもおいしい。 晩酌の締めやご飯が余った時に是非試してみてくれ! Report: Photo:Rocketnews24.

次の

鮭茶漬けの基本レシピ!簡単にできるアレンジレシピもあわせて紹介!

お茶漬け レシピ

酒を飲んだ際の締めに欠かせないものといえばお茶漬け。 お茶に浸された米をかきこむ時の爽快感が、締めにぴったりな庶民派メニューである。 あまり酒を飲まない人でも、残ったご飯をお茶漬けにして食べることはあるだろう。 私(中澤)は、お茶漬けが大好きだ。 お茶漬けが食べたいがために自炊するほどに。 そのため、よりウマい食べ方はないかと日々いろんなアプローチを研究している。 そんな私が自信を持っておすすめするレシピが『冷やし焼き茶漬け』だ。 お茶漬けのリーサルウェポンと言っても過言ではないくらいリアルガチでウマいで! ・材料 具は薬味用のカップネギと味付けのり。 調味料は醤油とめんつゆ、味の素と塩を使用する。 ただし、醤油以外の調味料については出汁(だし)を作るだけだ。 出汁の作り方はいろいろあるため、必要な調味料は人によって変わってくる。 なお、今回は参考までに私の作り方をお教えしよう。 ・『冷やし焼き茶漬け』の作り方 1. 水にめんつゆ、醤油、味の素、塩を入れる。 目安として、100mlあたり、めんつゆ小さじ1杯、醤油小さじ1杯、味の素と塩は1~2振りほど。 白ご飯に醤油をかけて醤油ご飯にする。 2を 焦げ目がつくまでフライパンで焼く。 3に細かく切った味付けのりと薬味ネギをかける。 4に1で作った出汁をかける。 ポイントは出汁を薄味で作ること。 「ほんのり味がついているかなあ?」くらいの味付けで大丈夫だ。 出汁が濃いと、若干爽やかさが失われてしまうため注意しよう。 ・究極のケミストリー 米を焼くという工程があるため「お茶漬けの爽やかさが失われるのでは?」と思うかもしれないが、その心配は不要だ。 お焦げのカリカリした食感と味付けのりの塩辛い濃厚なウマみに、冷たい出汁とネギが爽やかさをプラスして 究極のケミストリーが起こるぞ! なお、もう少し濃い味が好きな人は2の工程でバターを投入し、バター醤油ご飯で作ってもおいしい。 晩酌の締めやご飯が余った時に是非試してみてくれ! Report: Photo:Rocketnews24.

次の

美味しい鯛茶漬けのレシピ/作り方:白ごはん.com

お茶漬け レシピ

中途半端に野菜が余ったときや、あともう一品何かおかずが欲しい!というときにピッタリのメニューです。 面倒な味付けもお茶漬けの素1つで完了しあすよ。 時短で簡単にできる活用方法ですので、是非作ってみてください。 豆腐のあんかけの材料• お茶漬けの素:海苔味 2袋• 豆腐 1丁• 水 1カップ• 人参 1本• しめじ 適量• 水溶き片栗粉 適量 豆腐のあんかけのレシピ• 人参を千切りにし、しめじは食べやすい大きさに切ります。 豆腐の水気を切り、鍋に水と野菜、豆腐を入れて煮立たせます。 野菜に火が通ったら、お茶漬けの素を入れて味を整えます。 火を止めて水溶き片栗粉を入れてとろみを付けたら完成です。 分量を調節すれば大量に作ることも可能です。 お好みの方法で料理してみてくださいね。 味付けの調味料を量ったり、炊き込みご飯の素などを購入しなくてもできるのも嬉しいポイントですよ。 炊き込みご飯の材料• 米 2合• だし汁 360cc• 薄口醤油 大さじ1• みりん 大さじ1• 酒 大さじ1• お茶漬けの素 1袋• オリーブオイル 小さじ1 炊き込みご飯のレシピ• 米をとぎ、炊飯器に入れてメモリまで水を入れます。 薄口醤油・酒・みりん・お茶漬けの素を入れてよく混ぜ合わせ、オリーブオイルを垂らします。 炊飯器で炊き上げて完成です。 またこちらに、炊き込みご飯に合うおかずのレシピをまとめた記事を載せておきます。 炊き込みご飯自体に味がついているため、どんなおかずが良いのか迷いますよね。 そんなときは是非この記事を参考にして献立を組み立ててくださいね。 お茶漬けの素とキャベツを混ぜ合わせ、揉み込んでおくだけでできるキャベツの浅漬けは、おつまみやもう一品欲しいときなどにピッタリです。 このメニューではキャベツを使用していますが、きゅうりや白菜、大根などのお好みの野菜で置き換えても美味しいでしょう。 キャベツの浅漬けの材料• キャベツ 3枚• 刻みゆず 適量• お茶漬けの素 梅味 小さじ3 キャベツの浅漬けのレシピ• キャベツは食べやすい大きさにざく切りにしておきます。 切ったキャベツをポリ袋に入れ、お茶漬けの素を混ぜ合わせます。 お茶漬けの素とキャベツをよく揉み込み、冷蔵庫で保管します。 キャベツがしんなりするまで冷やしたら完成です。 しかし、どの素を使用してもさっぱりとした食べごたえになるリメイクレシピです。 大量に作るのもおすすめですし、少量余った素の使い道としてもおすすめです。 塩唐揚げの材料• 鶏もも肉 2枚• お茶漬けの素 1袋• 小麦粉 大さじ2• 片栗粉 大さじ2• 油 適量 塩唐揚げのレシピ• 鶏肉を食べやすい大きさにカットしましょう。 鶏肉とお茶漬けの素を揉み込み、20分ほど下味をつけます。 小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせて衣を作り、鶏肉にまぶします。 170度に熱した油で揚げれば完成です。 またこちらに、唐揚げに合うおかずの献立についての記事を載せておきます。 お茶漬けの素で唐揚げを作ったときは、こちらの参考に副菜やスープなどを考えてみてください。

次の