トイレ すっぽん 名前。 【トイレ詰まり】押しちゃダメ!?ラバーカップの正しい使い方

焦ったらダメ!『トイレつまり』で困ったら試す6つの対処法

トイレ すっぽん 名前

トイレのすっぽんの名前は「ラバーカップ」 トイレつまりの救世主として、家庭や公共施設でみかける先端がゴムでできた、おわん型製品はラバーカップという名前です。 多くのかたが一度はみたことがあるのではないでしょうか。 実は地域によって、呼び方が違うのです。 すっぽんはという呼び方は、つまった異物を取り除くときに発生する音からその呼び名がつきました。 地域ごとによって呼び名が違う 日本全国に方言があるように、トイレのすっぽんは名前が各地域によってさまざまです。 代表的な例としては「ギュッポン」や「ガッポン」、「ボンテン」などです。 また、ラバーカップは正式な英語ではなく和製英語です。 英語での正式な呼び名は「プランジャー」と呼ばれています。 入手経路 ラバーカップの入手経路ですが、ホームセンターなどで購入できるのです。 安い商品でもかまわないというのであれば、100円ショップにもあります。 常備しておくには、まずは安価な製品を手元に用意してみてはいかがでしょうか。 また最近ではインターネット通販の大幅な普及で、デザイン性の高い製品やまたアイデア商品も販売されています。 ラバーカップに関しても、こだわりをもって選んでみたいというかたは一度参考にされてみても面白いかも知れません。 和式と洋式で違う!?ラバーカップの種類 トイレのすっぽんは名前に違いがあるように、製品のかたちにも和式と洋式の違いがあります。 それぞれの違いをしっかりと理解することで、より快適にラバーカップを使って、トイレのつまりの解消をすることができます。 和式用と洋式用の違い 和式用と洋式用のラバーカップの違いです。 まず和式のラバーカップです。 先端のゴムの部分が、丸くなっており、特に目立つような突起物はついていません。 対して洋式のラバーカップは、和式のラバーカップの先端に突起物があり、とがった形状をしています。 トイレ以外のラバーカップ しかし、すべてのラバーカップがトイレ専用かというとそうではありません。 台所の排水口のように、普段からつまりが発生しやすい場所には専用のラバーカップもあります。 台所の排水溝用ラバーカップは、トイレで使用する製品より若干こぶりなサイズの製品が多いです。 また購入を検討するさいには、それぞれの用途に合わせたものを選ぶようにしましょう。 知ってるようで知らない!ラバーカップの正しい使い方 ラバーカップに関しても用途に即した使いかたをしないと、効果が発揮できないばかりでなく、ときには不要なトラブルを誘発する危険性もあります。 ここではトイレにあるすっぽんの名前とともに、使い方もみていきましょう。 効果的な使いかた トイレがつまったからといって、慌ててラバーカップを用意して便器内に挿入し、吸引しようとすればよいというわけではありません。 適切な使い方や手順を理解することが、はやめの解決には欠かせません。 まずは便器内の水分量をきちんと確認します。 ある程度水がないと、ラバーカップが機能しづらいため、おわんが水にかかるぐらいの深さの水位にしておきます。 その後でラバーカップを排水口の部分にゆっくりと挿入しましょう。 そして、ラバーカップを引っ張る力を活用して異物を取り除きます。 このときに力任せにラバーカップを使うと、おす力で異物をさらに奥深くまでいれてしまいます。 注意をして作業をしましょう。 異物の除去が終わったら、次はバケツや洗面器にお湯や水を用意します。 便器内部にお湯や水を流し込んでいきます。 つまりが改善されているようであれば、流し込んだ水は、徐々にですが、なくなっていくはずです。 水がなくなったら、レバーで水を流してきちんと排水されかるどうかを確認します。 問題がないようでしたら、トイレの使用を再開しましょう。 衛生面から考える 作業中にラバーカップによって汚水が飛び跳ねてしまうことがあります。 そのため、ビニール袋などで便座に被せて、作業することをおすすめします。 方法としては、まず用意したビニール袋を広げて、中央部に穴をあけます。 袋を棒の先端からいれ、広げたビニール袋を便座に固定していきましょう。 そうすることで、ラバーカップを使う動きと同時に発生する水しぶきで周りが汚れる心配もなくなります。 ラバーカップを使わないほうがいい場合もある!? ラバーカップというトイレで使うすっぽんの名前を覚えて購入したら、ちょっとしたつまりでも使いたくなるかもしれません。 しかし、トイレがつまったからといって、必ずしもラバーカップを使うというわけではありません。 ラバーカップを使ってつまりを解消する例としてあげられるのは、携帯電話などの大型の固形物がトイレに落下した場合ではないでしょうか。 これらを上手く吸引するには、ラバーカップが有効です。 先にも述べたように引っ張る力を上手く使うことで、つまった異物を取り除きます。 しかし、トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの大量利用が原因で、トイレがつまる場合、お湯を使ってとかしたほうが確実な場合もあります。 トイレにお湯を流しこんで、1時間前後様子をみて、その後で水を流すことでつまりが解消される場合もあるのです。 またラバーカップを使って力加減を間違えてしまった場合、異物を排水口のさらに深くまで押し込んでしまう場合も考えられます。 そのときには、家にあるハンガーを加工して引っ掛けてつり上げることで異物を取り除くこともできるのです。 また急なつまりで、ラバーカップを用意できないときは、家にあるペットボトルでも代用ができます。 500mlのペットボトルを真ん中あたりで切断して、上部だけ残します。 そして蓋の部分を上にして便器内部に挿入します。 そのままラバーカップと同じように上下に動かしていくことで、つまりを解消します。 まとめ ラバーカップと呼ばれるトイレのすっぽんは名前や呼び方が、地域によってさまざまです。 トイレのつまりは、ある日突然想定しないタイミングでやってきます。 普段から家にラバーカップなどを常備していれば、急なトイレのつまりもすぐに応急処置をすることができるのです。 ラバーカップは、和式や洋式などの形状の違い、効果的な使いかたをきちんと理解しなければ、その効果を実感することは難しくなってしまいます。 また、つまりの原因によってはラバーカップではなく、水やお湯でつまりが解消されるような場合もあります。 トイレのつまりが普段から頻繁におこるケースの場合は、便器やタンクの欠陥など別のところに原因が考えられるかも知れません。 原因が分からないときは、まずは業者に連絡をして相談をされてみてはいかがでしょうか。 水漏れ修理・トイレつまり工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方

トイレ すっぽん 名前

と呼ぶようです。 トイレつまりの道具の種類 トイレつまりの道具のラバーカップにも種類があって、洋式トイレ用のものは先っぽが出っ張ったような形になっています。 こういうラバーカップですね。 そしてもう一つ私たちがよくイメージするラバーカップは先が出っ張っていないお椀状になったものです。 これはお風呂とか洗面の排水溝のつまりをとるのにつかわれるタイプなので、洋式トイレには上のようなタイプのものを使いましょう。 スッポン以外のトイレつまりの道具 トイレつまりの道具といえばスッポンですよね。 でも、このトイレつまりの道具にも少しバリエーションが出てきました。 例えばこちらの 「真空パイプクリーナー」 重曹とお酢(クエン酸)を混ぜることで二酸化炭素の泡(炭酸)が発生し、これでトイレットペーパーや便などをバラけさせていくという対処法です。 出来れば先ほどのお湯を流す方法も、この重曹とお酢を入れた後でヤカンでお湯を流すことをおススメします。 その後水位が下がっていたら、少しずつお湯を流して流れるか確認してみましょう。 しっかり流れることが確認できたら、トイレットペーパーをちょっとだけ入れて流してみてください。 これで流れていけば大丈夫だと思います。 お湯や重曹を使ってトイレつまりを直す注意点 このようにお湯や重曹などを使ってトイレのつまりを直そうとする方法ですが、 異物で硬いものを流してしまった場合は逆効果になることがあります。 引っかかって詰まりの原因となっているものが水などで溶けないものなら、奥に追いやってしまうだけになる可能性があるからです。 そうなるとトイレのつまりが解消されないばかりか、配管の奥にまで入り込んで余計な修理を増やすことになる可能性があるからです。 用意するもの 掃除機のパイプ カーテンのポール 靴下 ガムテープ これらを使ってトイレのつまりを解消させている動画です。 理論的にはできますし、本当に軽いトイレのつまりの解消には使えると思います。 ただ、この後で見てもらうラバーカップの使い方では「引っ張るときに力を入れる」という事とは逆に、こちらは 「詰まりの原因を押し込んでいる」方法です。 だから異物を流してしまった場合は止めておきましょう。 こちらはあくまで参考程度で、• 夜中にラバーカップを売ってる店も開いていない。 それまで普通にトイレは使えてたけど、たまたまトイレットペーパーをたくさん流してしまった。 とにかく今夜中にトイレを直しておかないといけない。 本当にこういう時の緊急的な対処法だと考えて、参考にしてください。 あとがき トイレつまりの道具の名前は何なのか。 スッポンやラバーカップという名称の他に言われる名前やその種類。 ラバーカップの基本的な使い方や、家にトイレつまりの道具がない時の対処法についてまとめましたがいかがでしたか。 その地域によっても、スッポンやラバーカップ意外にたくさんの呼び名があって面白いですね。 そんなラバーカップの使い方も難しいものではないですが、何度やっても流れが解消できないこともあります。 そんな時は時間をおいて再度挑戦すると、トイレットペーパーがしっかり溶けて流れが回復する場合もあります。 でも、それでも無理なら業者に連絡した方が確実です。 逆に悪化させると配管まで被害が及ぶこともあるので、異物を流した時は特に気を付けて対応しましょう。

次の

100均のラバーカップ・すっぽん9選!ダイソー・セリア別!使い方も!トイレに

トイレ すっぽん 名前

すぐにでもラバーカップの使い方を知って、トイレつまりを直したいかと思います…ですがちょっとだけお待ちください! 実は、ラバーカップを使う前にチェックすべき 2つのポイントがあるんです。 この2ポイントがクリアされていないと、 つまりを直せなかったり、むしろ 悪化させてしまったりするかもしれませんよ…! しっかりと確認して、 失敗のリスクをできる限り減らしましょう! これからご説明する2つのポイントがこちらです。 ラバーカップの種類はトイレに合っているか?• つまらせたものはラバーカップで直せるか? (1)ラバーカップの種類はトイレに合っているか? 「スッポンに種類なんてあるの?」 と思われる方がいるかもしれませんが、実はラバーカップは 和式トイレ用・洋式トイレ用・節水トイレ用で分かれているんです! さて、ラバーカップの形についてお話してきました。 1つめの注意点をおさらいすると 「トイレの排水口」と「ラバーカップのゴム部分」がピッタリ合うのが重要、ということです! トイレの排水口に合ったラバーカップを使わないと、排水口とゴム部分がうまくはまらず 密閉できません。 結果 つまりが直りづらかったり、そもそも 直らなかったりするんですね。 ですのでラバーカップを買うときは、ご自分の トイレに合ったタイプ・サイズ感のものを選んでくださいね! (2)つまらせたものはラバーカップで直せるか? あなたがトイレをつまらせたとき 「トイレつまり=ラバーカップで直す」と頭に浮かんだかと思います。 まずラバーカップを試してみよう!…こう考えるのは 自然ですよね。 しかし、つまったものによっては ラバーカップでは直せないんですよ! ラバーカップで直せるのは次のものがつまったときだけ。 ラバーカップで直せないつまりの原因• 携帯電話・スマートフォン• オムツ• おもちゃ こういった固形物がつまったときにラバーカップを使っても、つまりを直せる可能性は低いです。 むしろ 失敗したときのリスクがかなり大きいんですよ! ラバーカップはつまったものを吸引して流すものですが、使い方を間違えると もっと奥に流れてしまいます。 もし固形物が奥へ流れれば 自力では修理できないですし、さらに ひどいトラブルになるかも。 そんな状況で業者に頼むと、通常のトイレつまりよりも 修理費用がかなり高くなるんです…。 ですので 固形物をつまらせたときや、 つまったものが何かわからないときは、 さて、ラバーカップを使う前に注意すべき2つのポイントをご説明しました。 作業する前に必ず確認してくださいね! 【イラスト・動画つき】ラバーカップの正しい使い方 ここからは、ラバーカップの正しい使い方をご紹介していきます。 今回はイラストでもわかりやすくご理解いただけるようにしておりますので、ぜひ参考にしてくださいね。 使い方の手順は以下の通りです。 ラバーカップの正しい使い方• トイレの止水栓を閉める• 汚れないように養生する• トイレの水量を調整する• ラバーカップで「引き抜く」• バケツなどで水をゆっくりと流す それでは詳しく見ていきましょう! 1. トイレの止水栓を閉める まずはトイレにある止水栓を閉める作業。 トイレがつまっている状態で間違えて水を流してしまうと、 便器から汚水があふれて大変なことになってしまいます。 できるだけ流してしまう危険を防ぐためにも、トイレにつながっている 止水栓を閉めて水の流れを止めましょう! トイレのすぐ隣や後ろに、 壁や床から伸びた配管があります。 そちらに止水栓がありますので、以下の画像のように調整しましょう! 止水栓を閉めるときは時計回り(右回り)、開けるときは反時計回り(左回り)を意識してくださいね! 2. 汚れないように養生する 次に、ラバーカップを使うときに水が跳ねて汚れないように 養生します。 便器を覆える大きさの透明なビニール袋・養生テープ(ガムテープでもOK)を用意してください! 養生する手順がこちらです。 ビニール袋に、ラバーカップの柄と同じ大きさの穴をひとつ開ける• ラバーカップの柄を穴に通す• 便器の側面にビニール袋をテープで貼りつける 以上です! この方法で養生すれば、ラバーカップを使うときに水が跳ねるのを防げますよ。 一方で跳ねた水がビニール袋を伝って、ポタポタと床に落ちてしまう可能性もあります。 これを防ぐために、床や壁に 新聞紙・雑巾・ビニール袋を置くと安心です! 3. トイレの水量を調整する 続いて 便器にどのくらいの水が溜まっているのかを確認します。 ラバーカップを使うときに最適な水量は、排水口にラバーカップを置いたとき ゴム部分が水に浸るくらい。 そのため、水量によっては調整する必要があります。 もし 水が多いなら、ラバーカップを使ったときに 便器からあふれてしまうかもしれません! あふれてしまうと衛生的にも不安ですよね…。 ですので、 バケツや灯油ポンプを使って水を抜きましょう。 とくに灯油ポンプは、バケツよりも 汚水があふれる可能性が低いためオススメです! 水を抜くときはラバーカップのゴム部分よりも 水位が下がらないように注意してくださいね。 逆に 水が少ないなら、ラバーカップが効果的に使えない恐れがあります。 水が少ないと、ゴム部分と排水口の隙間が開いてしまい ピタッとくっつかないんですね。 そのため、ゴム部分が水につかるまで、バケツで水を足してください! 4. ラバーカップで「引き抜く」 下準備が完了したところで、いよいよトイレつまりを直す作業に取り掛かります。 まずはラバーカップを、 排水口と水平になるように置きます。 このときに大事なのが ゆっくりと置くことです。 慎重にラバーカップを置いて、排水口とゴム部分が 密着した状態にしましょう。 ゴム部分が密着したら次のようにラバーカップでつまりを直しましょう! 直っている・直っていない場合で、それぞれ水が違った動きをします。 直っている場合:水位は変わらない・水がスムーズに流れていく• 直っていない場合:水位が上がっていく・水の流れが悪い なお水を流すときは 少しづつゆっくりと流しましょう! つまりが直っていないのに大量の水を流すと、あふれてしまうかもしれません。 問題なければ止水栓を開けて水を流し、 作業完了です! さて、ラバーカップの正しい使い方をご紹介しました。 トイレがつまって困っている方はぜひ試してみてくださいね。 もし「何度やっても直らない」という方は、 プロにつまりを直してもらいましょう。 トイレは毎日使うものですし、ずっとつまらせていては 安心して生活できません…。 「水の110番救急車」ではトイレつまりのご依頼を毎日いただいております。 長年の経験と知識で、 すぐにトイレつまりを直しますよ! 使ったあとのラバーカップは「天日干し」 無事にトイレのつまりを解決したら、ラバーカップをきれいにしましょう。 もし使ったあともそのままにすると、 悪臭や害虫の発生につながってしまいます! お手入れの方法はとてもカンタン。 水できれいに洗い、天日干しするだけです! ラバーカップのゴム部分は、 洗剤や漂白剤などで洗うと傷んでしまいます。 そのため水できれいに洗うのがベストなんですね。 さらに乾かすときは天日干ししましょう! 天日干しすることで ラバーカップを殺菌・乾燥できます。 正しく使うことで、トイレットペーパーなどのつまりであれば直せるかと思います。 一方で、ラバーカップを正しく使ってもつまりが直らない場合も…。 何度やっても直らないなら 「真空式パイプクリーナー」を使うか 「水道のプロに依頼する」ことをオススメします! それぞれ詳しくご説明しますね。 真空式パイプクリーナーを使う 真空式パイプクリーナーとは、ラバーカップを さらに強化したようなグッズです。 真空式パイプクリーナーの使い方• ゴム部分を排水口にしっかりと押しつける• レバーを数回上下させたあと、パイプクリーナーを排水口から離す• 1〜2を何回か行い、「ボコッ」と水が流れるまで続ける• バケツに入れた水を流し、便器から水が流れたら成功 つまりを直す原理はラバーカップと同じですが、決定的に違うのが「引き抜く動作」をするとき。 ラバーカップは全身を使って引き抜きますが、真空式パイプクリーナーは ハンドルを前後するだけで引き抜く動作ができます! ですので、ラバーカップよりも 手軽かつ強力につまりを直せるというわけです。 気になる方はぜひ試してみてくださいね。 水道のプロに依頼する 次にオススメするのは 「水道のプロに依頼する」こと。 トイレ修理など水道のプロなら、 専門のグッズや知識をもとにトイレつまりを直します。 自分では直せない部分をカバーしてくれるのはありがたいですよね。 しかしこういった業者は 作業費用が高いこともありますし、 すぐに来てくれないなんてことも…。 トイレがつまっているのにすぐに来てくれないのは困りますよね。 そんなときは 「水の110番救急車」にお任せください! 技術力のあるプロならではの作業で、すばやくトイレつまりを直します。 さらに今なら 工事代金から1000円オフのクーポンがございます。 少しでも安くできるのは嬉しいですよね。 加えて、ご相談いただいてから お家に最短30分でお伺いします! 少しでも出費を抑えたい&お急ぎの方は、 まとめ ここまで読んでいただきありがとうございます! ラバーカップ(スッポン)の使い方はおわかりいただけたでしょうか? トイレがつまると直すのに一苦労ですが、ラバーカップを正しく使えばだいたい 直せます。 手順を振り返り、丁寧に作業してくださいね! もし直らなそうであれば、。 あなたのお悩みをしっかりと解決させていただきます。 以上、「水の110番救急車」のカワタでした!.

次の