パソコン画面 録画 フリーソフト。 ApowersoftのPC画面録画フリーソフトレビュー!使い方や危険性は?

誰でも無料に利用できるPC画面録画フリーソフト10選を紹介!人気高い!

パソコン画面 録画 フリーソフト

「PC画面を録画するのにおすすめのフリーソフトを教えてください。 画質が良く、録画時間無制限のものを探しています。 有料なPC録画ソフトだったら、簡単にネットからダウンロードとインストールできるが、無料でありながら、使い勝手の良いものを見つけるには苦戦しなければならないという。 例えば、無料で使えると宣言したが、機能や、使用期限などの制限がある偽物のPC画面録画フリー ソフトはたくさん。 そして、無料で使えても、音質や画質がかなり落ちてしまうケースも多い。 さて、今回の記事では、出力音質と画質、使い勝手の良さ、操作性、多機能などの方面を考えて、無制限・制限のあるPC画面録画フリーソフトをまとめて紹介する。 軽くて、高画質、キャプチャーしたファイルの容量も小さめで、非常に便利なものである。 ただし、Bandicamを使ってPC画面を録画する時、出力ファイルは再生画面が真っ黒になったり、音声が入らなかったりしてしまうという不具合報告がたまに出てきた。 合わせて読みたい: アマレコTVはパソコンでPS3などのTVゲームの映像と音声を視聴・録画できるフリーのPC画面キャプチャソフトです。 高画質な映像に加え、映像中に入る縞模様を消したり特定のウィンドウだけを録画するなど便利な機能が搭載されて、多くの人に愛用されている信頼性の高いものPC画面録画フリーソフトである。 最もいうべきのは、アマレコTV自体は、Bandicamのようなログや記録時間の制限はないので、誰でも無料で勝手に使うことができるのである。 そして、外部のエンコーダーも利用できるためシンプルな画面ながら細かい設定も可能。 ただし、アマレコTVには、「アマレコTV4 Live」「スーパーアマレココ」「アマレコTV Live アマミキ!」など数種あるが、ご使用目的によって最適したものを選んでください。 ライセンスキーを購入・登録することで非表示にできる。 00ドル 【日本語対応】:可能 oCamとは、お使いのデスクトップ画面の録画及びスクリーンショットを取得することができるPC画面録画フリーソフトである。 操作は非常に直感的で、キャプチャー範囲を指定して録画ボタンを押しただけでOK。 音声やマウスカーソルもキャプチャーできるため、PC操作方法の説明という様々な動画を作成に活用されている。 そして、oCamではキャプチャー範囲の指定方法がいくつか用意されている。 さらに、任意のウィンドウからタイトルバーやメニューなどを除いたクライアント領域のみをキャプチャー対象とすることも可能。 ところが、oCamにおいて画質設定で最高画質にすると、キャプチャ動画が重くなってしまう。 例えば、20分ほどの長さでファイルサイズが50GBまでいったのである。 Java不要で、ソフトのセットアップファイルをダウンロードとインストールする手間もかからずに、公式サイトにアクセスして「録画開始」ボタンをクリックしただけで、お使いのPCの画面を録画してくれる。 録画する前に、お好きのように録画モードと録画範囲を指定することもできる。 具体的に言えば、任意の範囲を指定して録画、録画の一時停止・再開にも対応して、四角形、楕円、矢印、直線、ペン、テキストの挿入なども可能。 録画が終了すると、出力ファイルをちゃんとPCに保存、またはクラウドやYouTubeなどにアップロードしてもいいよ。 しかし、残念ながら、PC画面録画フリーソフトは、メリットばかりではなく、それなりにデメリットもあるよう。 例えば、出来上がった録画内容を確認すると、音ズレしている場合がある。 普通にインストールソフトを削除では多少のものを残す。 2018年PC画面録画フリーソフトTOP5:MacX Video Converter Pro 【動作環境】:Mac OS X v10. 快適に綺麗な高画質 フルHD、1080p、4K でMacのスクリーンをキャプチャーして録画動画を作成することができる。 そして、録画の画面サイズを勝手に選択することができる。 それに、MacX Video Converter Proは実用性のある編集機能と変換機能がたくさん盛り込まれている。 録画したファイルを編集するや、デフォルトの. mov形式をほかの拡張子へ変換することもできる。 ただ、MacX Video Converter Proは画面録画機能があったが、音声収録ができない。 画面及び音声などを一括で記録したい場合は、システム・サウンド system sound をインストールする必要がある。 要するに、私がMacで利用できる録画フリーソフトを使うなら、迷わずにMacX Video Converter Proを選択する。 これ1択である。 様々な形式の動画を、汎用性の高いWindows Media Player形式. wmv に変換することができる。 また、「Microsoft Expression Encoder」には、デスクトップの画面をキャプチャーして、パソコンの操作動画などが作成できる「Microsoft Expression Encoder Screen Capture」が同梱されている。 つまり、Microsoft Expression Encoderをダウンロードとインストールすれば、「Microsoft Expression Encoder Screen Capture」も利用出来るよになる。 キャプチャできる対象は、ダイアログボックスなどの静止画像から、アプリケーションのチュートリアルで示される連続操作までさまざまである。 また、画面上の動きだけでなく、Webcamで撮影している映像とマイクからの音声を同時にキャプチャすることもできる。 したがって、画面での操作に加えて、Webcamで捉えた映像のフレームとナレーションを含むビデオを制作できる。 基本的に言えば、PCに接続したWebカメラの映像やネットワーク上のライブカメラの映像、スクリーンキャプチャーなどを録画・撮影できるので、ストレス無くクオリティの高い動画が制作出来る。 ところで、単純に動画が撮れればいいと言う人には、おススメだが、ビジネスで、今後ガンガン動画を撮っていくという場合は、あまりおススメできない。 なぜなら、Debut動画キャプチャソフトは、編集するソフト、音声を乗せるためのソフトを別売で購入しなければいけないからである。 キャプチャソフトの全ての機能を購入するとたぶん2万円ぐらいかかってしまう。 パソコンを録画したいが、動画作成のプロになる気なんて全然ない方にとって、Debut動画キャプチャソフトは高価で贅沢品ではないだろうか。 リアルタイムにエンコードするんじゃなくて、キャプチャした映像を一旦保存しておいて、あとから圧縮(エンコード)する機能、及び「AmuseGraphics Movie AGM形式)」という高画質・低負荷なコーデックも搭載しているのはその大きな特徴である。 ただし、インターフェースは若干玄人っぽい作りをしてるので、PCの超初心者や機械に自信がない人にとって、少し難しいかも知れない。 つまり、何よりソフトの使いやすさを重視しているなら、AGデスクトップレコーダーはベストな選択とあまり言えない。 また、AGデスクトップレコーダーは、録画の後、出力処理を行う際に、途中で急に止まってしまったりというエラーが多いので、あまり評価高くないようである。 本ソフトは、DirectX・OpenGLのゲームを低負荷で録画する事が出来るし、完全に無償で撮影した動画にロゴや透かしが表示されるなどの制限はないので、愛用者がたくさんいるらしい。 それに、インターフェースは直感的にわかりやすく、使いやすいため、小学校の生徒でも気軽く扱える。 ただし、ロイロゲームレコーダーはWindows10への対応が不十分である。 そして、ネットからロイロゲームレコーダーで録画したファイルの画質がちょっと悪いという報告が出てきた。 要するに、ソフトの性能から言えば、2018年PC画面録画フリーソフトTOP1のBandicamの水準と比べて大きな格差がある。 メリットとして、サーフェイスメモリから直接データを取得するため、非常に高速で負荷も少なく動作するのである。 一方、Dxtoryは基本的にフルスクリーンの3Dゲーム用のキャプチャソフトで、ウインドウモードでは録画できない。 それに加えて、ゲームの描画フォーマットがDirect Xを使っていない可能性がある。 また、ゲームの設定を変えても録画できない仕組みである。 公式サイトには体験版と有料版の違いが記載されていないように見えるが、無料版だと、録画の出力ファイルにはでかでかとDxtoryの文字が入るとロゴ。 最後は、Dxtoryの実行には. NET Framework 4. 0以上がインストールされている必要があるとご注意ください。

次の

2020最新パソコン画面録画のフリーソフト&方法

パソコン画面 録画 フリーソフト

勘違いしやすいですが、 「キャプチャーボード」でデジタル機器(PS4など)の映像をキャプチャすることは「 ビデオキャプチャーする」と言います。 デスクトップキャプチャーとは別物なので注意です。 参考: 注意)画質についての勘違い ソフトによって画質は決まらない 「デスクトップキャプチャーソフト」でキャプチャする動画の画質は、キャプチャに使用する、• コーデック• ビットレート などによって決まります。 なので、「どのデスクトップキャプチャソフトでキャプチャしたか」は画質には関係ありません。 どのソフトでも高画質なコーデックを使用すれば高画質にキャプチャ出来ますし、低画質なコーデックを使用すれば低画質になります。 参考: 参考: 「このデスクトップキャプチャソフトは画質が良いよ!」などと言う人がたまに居ますが、それは使用しているコーデックが、• 高圧縮な非可逆圧縮コーデック(など) などの高画質コーデックを使っているだけか、その人がまるで何も理解していないかのどちらかです。 ソフトは画質に影響しません。 コンテナも関係ない 「コンテナ」(aviやmp4やmpegなど)も「画質」と全く関係ありません。 どのコンテナを使っても、コーデックがダメなら画質もダメになりますし、コーデックが良い物なら画質も良くなります。 ソフトによる違いは「使いやすさ」(インターフェース的な意味)と「機能」だけです。 大きな特徴は、• 分かりやすい• 高機能 の2つです。 おそらく、動画初心者な人でも迷うことなくキャプチャできるんじゃないかと思います。 また、動画上級者向けの設定もかなり豊富なので万人にオススメだと思います。 「無料」でも一応使えますが、• 10分以上キャプチャ出来ない• 動画上部に「Bandicam」というロゴが入る などの制限が付きます。 「 これからバンバン動画をキャプチャするぜ!」みたいな人には買う価値はあると思います。 「ロゴが入っても良いからサクッと簡単に高画質な動画を簡単にキャプチャしたい!」という人• 「有料でも良いからロゴが入らない高画質な動画を簡単にキャプチャしたい!」という人• 「無料で、ロゴが入らなくて、キャプチャ時間制限が無いのが良い!」という人• 特徴を挙げると、• DirectXでの録画にも対応している上に(DirectXのフルスクリーンゲームなどを録画する時などに使う)• 操作がとても簡単• ロゴも入らない• 録画の時間制限もない という感じで「無料なのにすごい!」と言いたくなるソフトなのですが、その代わりに、機能が貧弱です。 あとインストールすると、「LoiLo」製の動画編集ソフトが一緒にインストールされてしまいます。 「簡単に無料でデスクトップキャプチャしたい!」という人• 「録画枠を指定して録画したい!」という人(ウィンドウでしか指定できない)• NVIDIA製のグラボの「NVENC」という仕組みを利用して、キャプチャする事ができるため、超低負荷で録画できます。 ただし、 「NVENC」という機能が付いているNVIDIA製のグラボを搭載しているパソコンじゃないと使えないという欠点があります。 あとメニューが英語なので、英語アレルギーな人にはとっつきにくいかもしれません。 「フルスクリーンのDirectXゲームを録画したい!」という人• (というか アマレコTVの前バージョン的なポジションのソフトです) 無料キャプチャソフトの中でもかなり古米で、 デスクトップキャプチャに最低限必要な機能だけ搭載しています。 アマレコTVと違って、元々そこそこ動画知識があって理解力がある人は割りとすぐに使いこなせると思いますが、初心者にはちょっと取っ付きにくいかもしれません。 個人的には、「AG-デスクトップレコーダー」より使いやすいと思います。 最大の特徴は「バッファリングエンコード」という、リアルタイムにキャプチャするのではなく、キャプチャした映像を後からエンコード(圧縮)する事で、 「キャプチャ中の負荷を最大限下げる事ができる機能」が付いている点です。 あと、「AG-デスクトップレコーダー」専用の「AmuseGraphics Movie AGM形式)」という高画質・低負荷なコーデックも付属しています。 (可逆・非可逆のどちらでもいけるようです) 無料のソフトの中では一番取っ付き易いかも?ですが、キャプチャに慣れてくると不自由に感じる部分が多いような気がします。 使用しているパソコンが低スペックな人• (なので これ以前のOSでは使えない) あまり高機能ではないですが、GPGPUという低負荷にキャプチャできる機能があります。 あと、使用するのにもハードウェア的な制限があるので、最新のPCじゃないと対応していません。 Microsoftのアカウントを取得しなくちゃいけなかったりと色々面倒ですが、対応しているなら使ってみても良いかもしれません。 「デスクトップキャプチャー」機能だけではなくて 「ビデオキャプチャー」機能まで付いています。 (というかビデオキャプチャーがメイン) 参考: 機能的にはかなり多機能ですが、おそらく初見では使いこなせません。 PC初心者だと、キャプチャする段階にすら辿り着けないかもしれません。 それくらい多機能です。 あと、デフォルトの「AMV4」や「AMV3」コーデックだと動画にロゴが入ってしまうので、別途他の「」をインストールする必要があります。 (高画質かつロゴを入れずにキャプチャしたいなら) そのへんの初期設定もかなり面倒ですし、UI自体も独特、設定項目も多すぎるので、初心者の人からすると訳が分からないレベルだと思います。 ただ、 使いこなせるようになると、フリーソフトの中では最強だと思います。 「動画キャプチャについて詳しくなりたい!多機能なのを使いこなしたい!無料が良い!」という人• 操作方法は分かりやすいですが、インストール時に変なソフトを入れようとしてきたり、操作中も変に固まる事が多かったりと、正直微妙?なソフトです。 他のデスクトップキャプチャと違って、AVI以外に• MP4• SWF にも対応していたり、他にも優れている面がかなりあります。 (有料ソフトにしかないような機能など) 特徴を確認してみて、自分にほしい機能がありそうなら使ってみるのもアリかもしれません。 昔は「 デスクトップキャプチャと言えばカハマルカの瞳!」なくらい有名でしたが、有能なデスクトップキャプチャソフトが台頭してきて、人気が無くなってしまったソフトです。 でも今でも使用している人は結構多いみたいです。 時代を感じるソフトですね・・。 DirectXやOpenGLといった技術で作られたソフトの録画ができる機能。 使いやすい上に、超多機能なので、他のデスクトップキャプチャの比じゃありません。 無料系のソフトは、基本的に「動画の知識」を付けないと設定項目の意味が理解できずに、きちんとした設定で録画できないことが多いのです。 このページの情報は以上です。 関連: 関連: 関連:.

次の

無料で使えるオススメのPC動画録画ソフト

パソコン画面 録画 フリーソフト

画面録画ソフトの中には、有料ソフト顔負けのフリーPCソフトがいくつか存在します。 しかし、種類が多いため「結局、どのソフトがいいのかさっぱりわからない!」という方も少なくないでしょう。 そこで今回は、 おすすめの画面録画フリーソフト5つを、それぞれの特徴を踏まえつつご紹介します。 PC画面録画フリーソフトでできること パソコン画面の録画ができる録画ソフトは「デスクトップキャプチャーソフト」とも呼ばれ、現在では有料・無料に関わらず数多くの種類がリリースされています。 ソフトによってはフリーでも有料さながらの機能がついたものも存在します。 また、有料ソフトのなかにも無料体験版がある場合が多いので、気になるものがあればまずはそちらを利用してみるとよいでしょう。 画面録画ソフトは、パソコン操作やゲームのプレイ動画などをただ録画するだけではありません。 字幕追加、色の補正・変更、ウェブカメラの映像の同時録画など多くの機能で、映像を調整できます。 これらの機能を上手に用いることで、理想により近い動画作成が可能です。 PC画面録画ソフトおすすめ5選を紹介! PC画面録画におすすめフリーソフト5選を紹介します。 Filmora9(無料体験版): は、簡単にパソコン画面を録画できるだけでなく、高度な動画編集機能も兼ね備えた 画面録画ソフトになります。 録画機能の特徴としては、• ・ソフトをインストールしてから面倒な設定は一切不要ですぐに画面録画を開始できる。 ・デスクトップの任意の範囲を指定して録画ができる。 他のソフトではウィンドウ毎にしか録画できないことが多い• ・最大60fpsで録画できるため、録画中のマウクリックを表示できる。 ・ウェブカメラの映像も同時に録画できる。 ・事前に録画の停止時間の設定ができる。 ・パソコン画面の音だけでなく、マイクの音声も録音可能。 など、 画面録画ソフトとして非常に優秀な機能を持っています。 また、 動画編集機能の特徴には• ・多種形式の動画・写真の入力・編集に対応。 ・ピクチャーインピクチャー機能で映像と映像を簡単に組み合わせることができる。 ・注釈としてテキストや字幕などを簡単に挿入できる。 ・色調補正、動画の逆再生、回転、トリミングなどの基本的な編集ができる。 ・豊富なフィルター、タイトル、トランジション、エレメント素材が搭載されている。 ・作成した動画は、MP4、MOV、GIFなどの形式に保存するか、YouTubeにもアップロードできる。 といったものが挙げられます。 無料体験版では録画した映像にの透かしロゴが入ってしまいますが、録画制限時間が無いし、機能は全て使うことができるため、まずはお試しで使用してみるとその機能の豊富さ・使い易さを実感できます。 動画をもっとかっこよく編集する場合、専用の動画編集ソフトをためしてもいいです。 アマレココ 「アマレココ」はシンプルな利用画面とは裏腹に、録画した動画の画質、音質は有料ソフトにも引けをとりません。 また、他の多機能なソフトには劣るものの、通常利用で困らないだけの最低限の機能が備え付けられています。 このシンプルさが、使いやすい理由のひとつになっているとも言えるでしょう。 デスクトップ画面を、AVI 形式の動画ファイルとして動画キャプチャーしてくれます。 ただ、 フルスクリーン画面の録画には対応していません。 ロイロゲームレコーダー ゲーム実況の動画を録画したいのであれば「ロイロゲームレコーダー」がおすすめです。 DirectXにも対応していることから、ゲーム映像の精細な情報を記録できます。 無料、操作の簡単さ、低負荷であることも大きなポイントです。 ただし、指定枠での録画はウィンドウ単位でしかできません。 動画に多くの情報を取り込みたい場合は、より多機能な録画ソフトが必要になるでしょう。 AG-デスクトップレコーダー 「AG-デスクトップレコーダー」は、簡単に 高画質な動画を録画することができだけでなく、要求されるパソコンのスペックが低いのも魅力です。 インストールするパソコンのスペックや環境が問題となることはありません。 また、UIの設定機能がシンプルで使いやすいのも大きな利点のひとつです。 一方で、音ズレが発生しやすい、録画範囲を自動で設定できないといった欠点もあります。 Game DVR 「Game DVR」はWindows10に標準搭載されている 画面録画ソフトです。 その名の通り、ゲーム録画に特化したソフトですが、他の用途でも使用可能です。 機能はあまり多くありませんが、純正のソフトということでOSにさほどストレスをかけることなく利用できます。 OSがWindows10のパソコンを使っていてPC画面録画に興味を持たれた方は、最初に触れてみるといいかもしれません。 ただ、デスクトップ画面は録画できません。 PC画面録画フリーソフト5選:まとめ 以上、PC画面を簡単に録画できるおすすめフリーソフト• ・Filmora9(無料体験版)• ・アマレココ• ・ロイロゲームレコーダー• ・AG-デスクトップレコーダー• ・Game DVR を紹介してきました。 ソフト選びの際は、利用する環境や場面で、自分に合うものと合わないものをはっきりさせることが大切です。 それぞれのソフトには、一長一短があります。 まずは上述した5つの PC画面録画フリーソフトを試し、自分にとって必要な機能や、使用感のマッチングを見定めましょう。 より多彩な機能が必要なれば、有料版の購入も視野に入れてみてください。

次の