生活 作文 書き方。 生活作文テーマ例と書き方例やコツ!小学生・中学生の部活の場合も

抱負の意味・抱負の作文の書き方と例文5コ・目標との違い

生活 作文 書き方

中学生におすすめのテーマは部活動と職場体験 そもそも生活作文とは何か? 先生によってとらえ方が若干違うのですが、 日常で起きた出来事から学んだことや、 成長したことをまとめた作文だと 考えてください。 例えば、• 飼っている猫に子どもが生まれ、 命の大切さを学んだ• 田舎にあるおばあちゃんの家に行き、 農作業を手伝ったことで食べ物の大切さを学んだ というようなことです。 ただ、上記のような 「他の子と違う出来事」を 経験できる子って少ないと思います。 特に中学生になると夏休みは毎日部活があるので、 どこかに出かける暇もないですからね。 そこで中学生におすすめのテーマが2つあります。 1つは多くの子が行っている部活動です。 運動部の場合、夏に大会があると思います。 そこから得られた教訓などを書くと良いです。 もう一つが職場体験です。 夏休みに職場体験が行われる学校の場合、 職場体験で成長したことなどをまとめると良いです。 小学生は家族の思い出や習い事を題材にする 小学生の場合も、 基本的な考え方は同じです。 ただ職場体験や部活動を行っている 学校は少ないと思います。 その場合、• 家族でどこかに出かけた思い出• 夏休みに行った習い事 を題材にするのがお勧めです。 中学生と違って、小学生は時間に余裕があります。 家族でどこかに出かけることも多いでしょう。 その時に感じたことや学んだことをまとめれば良いです。 何か習い事をしているなら、 そこで成長したことや得られた経験をまとめるのもありです。 家族でどこにも出かけていなかったり、 習い事も何もやっていない場合は、 生き物を飼ってみると良いです。 カブトムシやクワガタを飼ってみると、 命の大切さや生き物を育てる大変さがわかるからです。 2学期最初の実力テストで好スタートを切る方法 夏休みが終わるとやってくるのが、 2学期最初の実力テストです。 ここで良い点数を取れれば、 そのままの勢いで2学期の勉強が、 楽に進んでいくと思います。 しかしここで失敗すると、 そのまま2学期のテスト全てわからなくなり、 気づいたときには成績も右肩下がりになります。 ではどうしたら、 2学期最初の実力テストで、 高得点を取ることができるのでしょうか? 実はある3つのポイントを押さえて勉強を進めると、 楽に成績がグングン上がっていきます。 私は現在この3つのポイントを解説する講座を、 無料で配信しています。 基本的にはお父さんお母さん向けの講座なのですが、 中学生本人が読んでも役立つと思います。 良かったら参考にしてみてください。 動画で解説!! 生活作文の書き方の詳細編.

次の

生活作文 例文を部活で考えるヒント

生活 作文 書き方

「生活作文」といわれてもどんなことをテーマにしたら良いんだろう? と迷ってしまいますよね。 作文というだけで上手に書かなければと身構えてしまう小学生・中学生も多いようです。 「生活作文」はうまく書かなくてもいいのです。 なぜならば、 自分が感じたことを自分なりに表現することで、いま自分の周りで起きたことやこの夏で成長できたということを思いのまま文章にすることで完成するのが生活作文だからです。 生活作文のテーマ例 生活作文のテーマと参考になるような例を紹介していきますね。 生活作文のテーマといえば、自分のことや体験したことを選ぶと書きやすいと言われています。 小学生低学年の生活作文テーマ例 夏休みに入るまでに経験した運動会や 社会科見学のことをテーマに選んだり、 家族とかかわりお手伝いやペットのこと。 毎日の通学時間を使って 考えていること・ 想像していたことをテーマにするという書き方もあります。 新聞や本を読んだりする小学生高学年・中学生であれば 興味のある記事や昆虫好きなどであればその昆虫の成長過程において気になることをテーマにしたり、 国語の教科書で習ったことわざや四文字熟語などからその成り立ちなどをテーマにするという書き方もあります。 色々と考えてもテーマが浮かばない場合は両親がテーマのヒントをいくつか作ってからテーマを選ばせてあげると効率よく生活作文を書くことができそうです。 与えてもらう生活作文のテーマには• 自分の家族の紹介• 飼っている犬の秘密• 友達の良いところ• 月の満ち欠けの観察日記• 理科の勉強で感じたこと• お母さんが掃除をするときにあったらいいな• 母の実家を体験してみた などから選んで書いていくと自分の言葉で書き進めていけそうです。 例えば、1年生であれば入学してからすぐに運動会の練習が始まるのでその時に不安やドキドキ・ワクワク感を書いていくと読みたくなる生活作文を書くことができます 1年生はまだ学校に慣れる前から運動会の練習が始まることで通常よりも早く友人を作ることができたり話をする機会が増えることで学校にすぐに慣れるという利点があり作文も書き進めやすくなります。 今回の運動会で娘は学年ごとの見学の順番を告げる係をしていました。 このように小学高学年になると係が割り当てられるとその時に感じた苦労やこういう風に声掛けをしていれば嫌がらずに動いてくれたのになどの反省を作文に書くことで運動会の係で自分が成長できたことも表現しやすくなります。 中学生の場合生活作文テーマ例書き方例やコツ! 1. 部活に所属して感じたことをテーマにする。 息子は運動部には向いていなかったのもあり最近でこそ注目されるような将棋部にほぼ幽霊部員として所属していました。 将棋部にも大会があり参加したときに遊びで将棋を打っていたのとは違い静かさの中にも独特の緊張があったそうです。 そういう緊張感を作文に書いてみると自分を違う視点をみるという書き方もあります。 将来の職業をテーマにする 息子が中学時代に15年後の職業についての作文を書いていました。 今は違う仕事をしようと思っているのですがその時はSE(システムエンジニア)を夢みていました。 そのSEについて自分なりに調べて将来自分が考えたソフトを使ってもらうためにどうしていけばいいかなどを書いていました。 将来の職業をテーマにするとその仕事について調べることでより興味を深めることもできるので参考に作文を書いてみてはどうでしょう。 生活作文テーマ部活の場合 8月1日、部活動地区予選がありました。 私はここで、努力することの大切さを学びました。 ・・・ 部活動を通して、チームでがんばる大切さをしった。 部活以外にも、受験勉強なども努力しよう思う。 文化祭で演じた役は大人になっても覚えていることもあるので生活作文に書いておくことは学生時代の思い出となることでしょう。 生活作文は読書感想文と違い自分の考えを書くことで自分をアピールすることのできる作文となります。 この夏休みに今考えていることを作文に書いてみてはどうでしょう。

次の

生活作文 書き方

生活 作文 書き方

スポンサーリンク 「夏休みで一番楽しかったことを、作文にしてみましょう。 」 こんな 作文の宿題が 小学生の宿題では、けっこうあったりします。 楽しかったことを話すのは、わりと簡単。 なのにそれを作文にするとなると頭をかかえてしまう。 小学生高学年になったのに、やっぱり作文は苦手。 そんなあなたは、なにか簡単な作文の書き方のコツがあったらいいな。 そんなこと思ったりしませんか? じつは作文を上手に書くそんなコツがあるんです! それは「 起承転結」で文章を書くことなんです。 「起承転結」で文章を書くって、どんな書き方なんでしょうか。 「起承転結」って学校の授業で聞いたことはあるけど、よくわからないな・・・。 そんなことを思ったあなたに。 今回は、まずこの「起承転結」とはどんな 意味なのかを 簡単に紹介しています。 そして、それを使った作文の書き方のコツをまとめてみました。 このコツをおぼえて、作文を楽しく書いちゃってください。 起承転結の配分バランス• 起・・・ 約10%• 承・・・ 約40%• 転・・・ 約40%• 結・・・ 約10% 几帳面にこの配分にこだわることはありませんが、書き方のひとつのコツとしておぼえておくと便利です。 そんなときには、「起承転結」のそれぞれを分解して書いていけばいいんです。 それぞれを書いて、後でプラモデルを組み立てるようにつなぎ合わせていく。 起承転結のそれぞれは全体にくらべれば短文ですから、一気に全文を書くよりも書きやすくなります。 パーツに分けて書く 例として、夏休みに家族で親せきのところに遊びに行った。 その思い出を作文に書くときの書き方を表にしてみました。 どこを書くのか 作文の内容 作文の題名との関係性 起・・・物語の始まり どこに行ったのか 家族で親せきの所に行った 承・・・物語が進んでいく 親せきと何をしたのか みんなで盆踊りに公園に行った 転・・・物語が展開していく 何か別のことも起こったのか 途中で、花火大会が始まった 結・・・物語の終わり 最後はどうなったのか きれいな花火も見れて、みんなで盆踊りも踊れて楽しかった このように「起承転結」をそれぞれ4つのパーツに分けて書くと書きやすくなります。 そのコツを使って作文を書くのは、あなたです。 ですので、あなたの気持ちを書かないといけません。 自分の気持ちを素直に書く たとえば家族で親せきの所に遊びに行ったことを上で例に出しました。 日本での起承転結• 起・・・物語やお話の始まりを説明する• 承・・・始まった物語やお話が、何かが起こり進んでいく• 転・・・物語やお話が全く別のことに急展開する• 結・・・物語やお話の終わり この起承転結を作文の書き方に取り入れることで、作文が上手に書けるようになっていきます。 長い文章を一気に書いてしまうのは大変です。 でも、文章を起承転結の4つに分けてひとつずつ書いていく。 起は起だけ。 承は承だけ。 そんなふうに文章を4つに分けて書く。 そして後からつなぎ合わせて、ひとつの文章にする。 そんな書き方をすれば、作文を書くのがとっても楽になるんです。 あとは、あなたが書く作文はあなただけしか書けません。 ですから、あなたの気持ちをいっぱい作文に書き入れてください。 そうすれば世界にひとつだけ。 そして他の人にはまねできない、あなただけの素敵な作文が完成します。

次の