切り干し 大根 煮物 リメイク。 切り干し大根のアレンジやリメイクレシピ49選!煮物以外も

切り干し大根の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

切り干し 大根 煮物 リメイク

切り干し大根は日持ちする?保存方法! 切り干し大根は、大根を細切りにし、そして天日干ししたものです。 切り干し大根は、煮物や和え物など、様々な料理に使用されていますが、水やぬるま湯を使用して、乾燥させたものを一度戻す必要があります。 そんな切り干し大根は、戻しすぎてしまった場合は、どのように保存しておくのが良いのでしょうか。 戻す前の切り干し大根は長期保存が可能になっています。 通常、切り干し大根は袋に入れられて販売されていると思いますが、袋にいれて開封する前の切り干し大根でしたら、 常温 での保存で 半年~1年間 ほど日持ちします。 冷蔵庫ではなく、常温で高温多湿の環境を避けて保存するようにします。 開封後の切り干し大根 切り干し大根は、一袋で50~100g程度の量で販売されています。 ですが、切り干し大根は戻すと数倍に膨れるので、一気に使いきるのはなかなか難しいといえます。 開封後の切り干し大根は、酸化を避けるために空気にふれないようにして保存します。 ジップつきの袋を用意し、そこに切り干し大根をいれて、空気をしっかり抜き、 冷蔵庫 で保存するようにしましょう。 開封後の賞味期限 保存状態が良ければ、切り干し大根の販売時に記載されている賞味期限まで冷蔵庫での保存で日持ちします。 冷蔵庫での保存で、 半年~1年間 が目安です。 切り干し大根が変色することも夏場など、高温多湿の環境で切り干し大根を保存しておくと、切り干し大根が変色することがあります。 これは切り干し大根の性質によるものなので、安心して食べることができます。 切り干し大根を調理する際は、水に戻してから調理すると思いますが、水に戻して、何度か水を変えていると、茶色い切り干し大根の色がだんだん元の白い色に戻っていきます。 そんな戻した切り干し大根はどのように保存すれば良いでしょうか。 切り干し大根の冷蔵保存 水で戻した切り干し大根は、そこまで日持ちはしません。 次の日に使うのであれば、タッパーにいれて冷蔵保存も可能ですが、一度戻した場合、加熱していない状態ですと、日持ちしないので、早めに消費するようにしましょう。 賞味期限は 1日 程度です。 切り干し大根の冷凍保存 長期保存しておきたい場合は、冷凍保存も可能です。 戻した切り干し大根の水気を軽く搾り、ジップつきの袋にいれて、なるべく平にします。 そしてよく空気を抜いてから冷凍庫で保存するようにします。 冷凍庫で 2週間 程度の保存が可能です。 ただ、冷凍保存したものは、加熱処理をしてから使用するようにしましょう。 切り干し大根の煮物の保存方法 多く戻した場合は、思い切って煮物に作ってしまってから保存した方が、貯蔵性が良くなります。 煮物にしてから保存しても、お弁当のおかずや、おかずが不足しているときに使えるので便利です。 保存するときのポイントとして、水分量が少ない方が、日持ちするので、なるべく煮物を調理する段階で水分をとばしておくと良いです! 切り干し大根の煮物の冷蔵保存 なるべく空気に触れないように、タッパーにいれる、もしくはラップをするなどします。 煮物は濃い味付けにしておくと良いです。 冷蔵保存する場合の賞味期限は、 4~5日 程度になります。 なるべく早めに食べきるようにしましょう。 切り干し大根の煮物の冷凍保存 冷蔵保存に比べて、冷凍保存の方が長持ちするといえます。 煮物の汁気をきり、使いやすく小分けにします。 お弁当用のカップにいれる、もしくはラップで包みます。 それをタッパー、もしくはジップつきの袋にいれるようにします。 あとは、そのまま冷凍庫にいれれば、冷凍保存も可能です。 煮物を冷凍にした場合の賞味期限は、 2週間~1か月 程度になります。 このように、切り干し大根は、状態によって様々な保存方法があります。 日持ちする切り干し大根の保存まとめ 切り干し大根の保存方法をテーマにしてまとめました。 切り干し大根は、大根を天日干しにして乾燥させているものなので、水で戻していない状態だと、結構長持ちします。 また多く戻してしまった場合は、煮物にしてから保存すると、長持ちしますし便利です。

次の

余った切り干し大根を活用できる!おすすめアレンジレシピ5選

切り干し 大根 煮物 リメイク

切り干し大根は日持ちする?保存方法! 切り干し大根は、大根を細切りにし、そして天日干ししたものです。 切り干し大根は、煮物や和え物など、様々な料理に使用されていますが、水やぬるま湯を使用して、乾燥させたものを一度戻す必要があります。 そんな切り干し大根は、戻しすぎてしまった場合は、どのように保存しておくのが良いのでしょうか。 戻す前の切り干し大根は長期保存が可能になっています。 通常、切り干し大根は袋に入れられて販売されていると思いますが、袋にいれて開封する前の切り干し大根でしたら、 常温 での保存で 半年~1年間 ほど日持ちします。 冷蔵庫ではなく、常温で高温多湿の環境を避けて保存するようにします。 開封後の切り干し大根 切り干し大根は、一袋で50~100g程度の量で販売されています。 ですが、切り干し大根は戻すと数倍に膨れるので、一気に使いきるのはなかなか難しいといえます。 開封後の切り干し大根は、酸化を避けるために空気にふれないようにして保存します。 ジップつきの袋を用意し、そこに切り干し大根をいれて、空気をしっかり抜き、 冷蔵庫 で保存するようにしましょう。 開封後の賞味期限 保存状態が良ければ、切り干し大根の販売時に記載されている賞味期限まで冷蔵庫での保存で日持ちします。 冷蔵庫での保存で、 半年~1年間 が目安です。 切り干し大根が変色することも夏場など、高温多湿の環境で切り干し大根を保存しておくと、切り干し大根が変色することがあります。 これは切り干し大根の性質によるものなので、安心して食べることができます。 切り干し大根を調理する際は、水に戻してから調理すると思いますが、水に戻して、何度か水を変えていると、茶色い切り干し大根の色がだんだん元の白い色に戻っていきます。 そんな戻した切り干し大根はどのように保存すれば良いでしょうか。 切り干し大根の冷蔵保存 水で戻した切り干し大根は、そこまで日持ちはしません。 次の日に使うのであれば、タッパーにいれて冷蔵保存も可能ですが、一度戻した場合、加熱していない状態ですと、日持ちしないので、早めに消費するようにしましょう。 賞味期限は 1日 程度です。 切り干し大根の冷凍保存 長期保存しておきたい場合は、冷凍保存も可能です。 戻した切り干し大根の水気を軽く搾り、ジップつきの袋にいれて、なるべく平にします。 そしてよく空気を抜いてから冷凍庫で保存するようにします。 冷凍庫で 2週間 程度の保存が可能です。 ただ、冷凍保存したものは、加熱処理をしてから使用するようにしましょう。 切り干し大根の煮物の保存方法 多く戻した場合は、思い切って煮物に作ってしまってから保存した方が、貯蔵性が良くなります。 煮物にしてから保存しても、お弁当のおかずや、おかずが不足しているときに使えるので便利です。 保存するときのポイントとして、水分量が少ない方が、日持ちするので、なるべく煮物を調理する段階で水分をとばしておくと良いです! 切り干し大根の煮物の冷蔵保存 なるべく空気に触れないように、タッパーにいれる、もしくはラップをするなどします。 煮物は濃い味付けにしておくと良いです。 冷蔵保存する場合の賞味期限は、 4~5日 程度になります。 なるべく早めに食べきるようにしましょう。 切り干し大根の煮物の冷凍保存 冷蔵保存に比べて、冷凍保存の方が長持ちするといえます。 煮物の汁気をきり、使いやすく小分けにします。 お弁当用のカップにいれる、もしくはラップで包みます。 それをタッパー、もしくはジップつきの袋にいれるようにします。 あとは、そのまま冷凍庫にいれれば、冷凍保存も可能です。 煮物を冷凍にした場合の賞味期限は、 2週間~1か月 程度になります。 このように、切り干し大根は、状態によって様々な保存方法があります。 日持ちする切り干し大根の保存まとめ 切り干し大根の保存方法をテーマにしてまとめました。 切り干し大根は、大根を天日干しにして乾燥させているものなので、水で戻していない状態だと、結構長持ちします。 また多く戻してしまった場合は、煮物にしてから保存すると、長持ちしますし便利です。

次の

切り干し大根の煮物もリメイクしちゃう♪

切り干し 大根 煮物 リメイク

材料 切干大根30g 芽ひじき 5g にんじん 5cm程度 揚げ1枚 さつまあげ 2枚 油 小さじ1 水 200㏄ 顆粒だし 小さじ1 砂糖 小さじ2 醤油 大さじ1 オイスターソース 小さじ1 1)切干大根とひじきを水に浸して戻しておきます。 人参はピーラーでスライスし、油揚げとさつま揚げは薄く切っておきます。 2)フライパンに油をひき、調味料以外の全ての具材を炒めます。 そして水と顆粒だしを加え煮立ったら中火にしフタをして3分間煮込みます。 3)弱火にして、砂糖を入れもうす少し煮込みます。 醤油、オイスターソースを入れ味を見調えます。 2)にんにくを薄くスライスします。 豚肉は細かく切っておきます。 3)1)切り干し大根の水気をよくしぼって、食べやすい大きさに切ります。 4)ごま油とにんにくを鍋に入れ、火にかけます。 香りが出てきたら豚肉を入れて炒めます。 いい匂いがしてきたら… 5)豚肉の色が変わったら、切り干し大根を入れてよく炒めます。 6)5)が炒まったら塩、こしょう、味の素で味を調えて完成。 その他簡単なアレンジとして、卵焼きに刻んで入れる・酢飯に混ぜ込んで寿司風にするなどの方法もあります。

次の