しみ そばかす 消 したい。 顔のシミを消す方法 自力で消したい人におすすめのケア法と食べ物

シミ消しに効く塗り薬といえばコレでしょ!皮膚科でも処方されます!

しみ そばかす 消 したい

黒っぽい細胞の中に、メラニン色素の茶色が入って、それが剥がれずに厚く重なっているんですから、肌がくすんだり、シミの色が濃くなったように見えるんです。 角質をアカにする酵素が減っているなら、 古い角質がはがれるよう手助けをしてやれば、角質は薄くなります。 ただし、気をつけなければならないのが、 角質を大量に、早く剥がせばいいというわけではありません。 はがし過ぎると、未熟な細胞が肌の一番外側に出てきてしまいます。 これはこれで、バリア機能が働かず、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまいます。 出来てしまったシミを、肌から早く追い出すためには、 厚くなった角質を適度に取り除き、 ターンオーバーを促して、新しい細胞と古い細胞の入れ替わりがスムーズに行われるようにすることです。 具体的には• お米をボウルか内釜に入れて、水をたっぷり入れる• 数回かき回して、水を捨てる• お米を1〜2分かけてしっかりとぐ• カップ2杯分の水を入れる(米3合の場合)• 数回かき回して、 とぎ汁を別の容器に移しておく(2回目のとぎ汁)• その後は、普段通りに数回といで水は捨てる• クレンジングと洗顔をする• 先ほどとっておいたとぎ汁の、1. 5倍くらいの量のぬるま湯を入れて薄める• 薄めたとぎ汁を顔につけながら、とぎ汁が無くなるまで顔をなでるように軽くマッサージをする• 夜作ったとぎ汁は、冷蔵庫に入れておけば翌朝でも使えます。 ただ、シミを消すためには、新しい角質細胞とどんどん入れ替えなくてはなりません。 ターンオーバーは肌の新陳代謝ですから、血行を促進して代謝を上げていくのです。 そこで、肌の生まれ変わりをサポートするために、肌の代謝を上げる方法をご紹介します。 【おすすめ】和漢植物のパワーで代謝を促進する 古くから 気を補う生薬として漢方薬に使われている、 オタネニンジン(高麗人参)は、 抗ストレス、 血行促進、 新陳代謝促進などの作用があります。 化粧品の成分として配合されている場合も、 オタネニンジンが化粧品に成分として配合されると、新陳代謝促進、血行促進、保湿作用、線維芽細胞増殖促進作用などの複合的な作用が期待できます。 オタネニンジンが成分として入っている化粧品は多くはありませんが、 相乗効果が期待できる成分が一緒に配合されているもの、 浸透性が良いものがオススメです。 オススメはこれ 【ブノワ グレースクリーム】 モデルさんも愛用している 、肌の変化を実感しやすい美容液です。 メラニンの排出をサポートする酵素の産生を促進する• メラニン色素を分解する• メラニン色素の分解を促進する• メラニンの生成を抑制する• メラニンの色素を還元(無色化)する 富士フイルムの化粧品と言えば、美容成分の浸透性を高める、長年の研究で培われてきた 独自のナノ化技術が特徴です。 ナノ化すると、皮膚の細胞と細胞の間の ほんのわずかな隙間に成分が浸透できるので、美容成分の効果が得られやすいと言われています。 従来品から配合されていた、 米ぬかなどから抽出される成分「 オリザノール」には、 メラニンの排出をサポートする酵素の産生を促進する働きや、 メラニン色素を分解する作用があります。 今回のリニューアルでは、この オリザノールを乳化して浸透を高めた、新開発の「 ナノライスクリア」として配合されています。 また、アスタリフトホワイトシリーズ共通して配合されている、ツボクサから抽出したエキスをナノ化した「 ナノAMA+」という成分があります。 ツボクサは、アーユルヴェーダで古くから使われているセリ科のハーブ植物です。 ツボクサエキスに含まれている、AMAには、 メラニンの生成を抑制する効果に加えて、 メラニン色素の分解を促進する作用があります。 これをナノ化したことで、 メラニンの抑制効果が約2倍になったと発表されています。 また、美白有効成分として指定されている、 ビタミンC誘導体も配合されていて、 ナノAMA+と一緒に配合することで、 メラニンの生成を抑制する効果が向上したとされています。 その他、ビタミンC誘導体には、 メラニン色素を還元(無色化)する作用や、コラーゲン生成をサポートする働きもあります。 肌にハリを与える成分、 3種類のコラーゲンや 酵母エキスや、アスタリフトの特徴的な抗酸化作用のある、 アスタキサンチンもナノ化した状態で配合されています。 話題の美白成分配合の美容液 【ホワイトショットSXS】(医薬部外品) 複数の雑誌でベストコスメにも選ばれている人気の美容液。 日本で初めてシワを改善する薬用化粧品「リンクルショット」を作った【POLA】の、最先端の研究で生み出された、 気になる部分にだけ集中して使える美白美容液です。 医薬部外品の認定を受けた、ポーラオリジナルの美白成分、 ルシノール(4—n—ブチルレゾルシン)が配合されています。 メラニンは、 チロシナーゼという酵素にアミノ酸の一種である チロシンが合体して作られますが、ルシノールがチロシンの代わりにチロシナーゼに結合することで、メラニンを作らせないように働きます。 似たような働きをする美白成分ではがありますが、メラニンの生成を阻害する作用は、ルシノールの方が強力と言われています。 ターンオーバーは、眠ってる間に分泌される成長ホルモンで促進されますので、睡眠の質はあなどれません。 食べ物からシミを防ぐ シミを作らせないためには、ビタミンは有効です。 特に、 ビタミンCには出来たメラニン色素の色を無色にする作用があります。 また、強い抗酸作用で 活性酸素を無害にしたり、 メラニンの生成を抑えたりと、シミ対策には是非取り入れたい栄養素です。 この他にも、ビタミンE、Aはアンチエイジングにも効果的です。 さらに、ビタミンC、E、Aは紫外線のダメージを受け難い肌にしてくれます。 また、 肝斑は女性ホルモンの乱れが原因のため、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンも積極的に取り入れましょう。 栄養素 シミへの効果 多く含む主な食品 摂取量目安 ビタミンC• メラニンの生成を抑える• メラニン色素の色を消す• 抗酸化 アセロラ、赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー 100mg パプリカのサラダなら 1食分95gで162mg ビタミンE• 毛細血管を広げて血行を改善• 代謝を上げる• 抗酸化 あんこう、うなぎ、西洋かぼちゃ、モロヘイヤ、赤パプリカ、アーモンド 6. 0mg かぼちゃのサラダなら 1食分で6. 7mg ビタミンA• 肌の新陳代謝に不可欠• シミを排出させる 鶏レバー、豚レバー、うなぎ、牛レバー、モロヘイヤ 650〜700ug うなぎなら、うな重に乗っている量で十分 1人分100gで1,500 ug イソフラボン• 女性ホルモンに似た働き• 更年期症状の緩和 大豆、豆腐、豆乳、油揚げ、納豆 納豆は1日1パック 豆腐は1日半丁 ビタミンC以外は、成人女性1日に必要な摂取量です。 ビタミンCは、体に蓄積しないため紫外線の量が多い季節は1000g以上は摂りたいところ。 喫煙される方は、もっと必要です。 ビタミンは、体にも肌にも良いものですが、サプリからの摂り過ぎは体に害になることもありますので摂取量には注意が必要です。 や野菜から摂った方が吸収は良いと言われています。 良質な睡眠は新陳代謝を促進する 肌の生まれ変わりのためには、十分な睡眠が不可欠です。 いくら、いい化粧品や栄養をとっても、睡眠が不足していると、肌は再生できません。 1日最低でも、6時間以上は眠りましょう。 しかも、眠り始めの3時間は特に深い眠りが必要です。 それは、その時間がもっとも多く成長ホルモンが分泌されるからです。 そして、成長ホルモンが分泌されると、ターンオーバーが始まります。 その3時間の間に、眠りが浅いと成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。 成長ホルモンは、40代になると分泌量自体が減るため、毎日の眠り始めの3時間は特に深い睡眠が取れるようにしましょう。 良質な睡眠を取るための、秘訣はを参考にして下さい。 ハイドロキノン配合• ジオウ根エキスなど保湿成分配合• ドラッグストアで買える• 常温保存出来る 自宅ケアに限界を感じたら・・・ 根気よく、 インナーケアと 外側からのアプローチを続けていくのが、シミのセルフケアです。 ただ、時間を掛けても、 濃く広がってきたシミが、すぐに薄くなったり、消えて無くなることはありません。 もし、 時間を掛けずにシミを改善したい場合は、やっぱり美容皮膚科での治療が近道です。 美容皮膚科での治療というと、以前は高額なイメージがありましたが、最近では手頃な価格の病院もあります。 一度の治療でスパッとシミが消えて無くなるわけではありませんが、数回通って効果があれば、結局お得だったりします。 美容皮膚科は、 症例数が豊富で カウンセリング、 アフターケアが充実している病院を選びましょう。 症例が多く、カウンセリングに力を入れている美容皮膚科は、ドクターの経験値が高く、いろんな治療法の中から、最適のものを提案してもらえます。 また、最近ではシミ以外にも、 毛穴や くすみも一緒に改善されて、顔全体がトーンアップする方法もあるようです。

次の

顔のシミを消す方法|顔のシミを消したい方必見!自宅や皮膚科でできる美白ケア

しみ そばかす 消 したい

顔のシミを消す食べ物で本当にシミが消えるの? 美白ケアと言えば美白美容液や美白クリームなど美白化粧品によるケアが真っ先に思い浮かび、毎日の食事に気を付けるだけで美白効果があるのか半信半疑の方も多いのではないでしょうか。 こちらでは、 そもそも美白って何?という美白の定義と、シミを消す食べ物が肌のシミそばかすに効く理由を解説します。 そもそも美白とは? 美白化粧品などの表記に使われる「美白」は、 メラニンの生成を抑えてシミそばかすの予防や改善をすることと定義されています。 美白コスメなどに期待できる効果には以下があり、 肌を本来の色よりも白くするといった効果ではありません。 美白コスメに期待できる効果• シミそばかすを薄くする• シミそばかすを予防する 体の中からの美白ケアが大切な理由は? 通常のシミそばかすなどの美白ケアは、日焼け止めや化粧品などを肌に使用して外側からのケアを行うことがほとんどかと思います。 しかし、毎日の食事に気を付けると体の中から体全体に働きかけるので、 自分の手の届かない部分まで美白ケアができるメリットがあります。 また食べ物から栄養素を摂取することで、肌本来のバリア機能を高めたり、血行を改善して肌の新陳代謝を促すので、 紫外線ダメージに強くなるなど肌質を根本的に改善する効果が見込めます。 美白効果のある栄養素とは?顔のシミを消す食べ物には何がある? ここからは、 美白効果が高い顔のシミを消す食べ物を栄養素ごとにご紹介します。 すべてをまんべんなく摂取できるのが望ましいですが、特に自分が期待する美容効果のある食べ物を選んで積極的に摂取していくのも良いでしょう。 毎日の食事の食材選びの参考にして、体の中からシミそばかす対策をしていきましょう。 ビタミンCにはシミの元となる メラニン色素の生成を抑制する働きや、 シミを無色化する働きもあります。 肌の老化の原因となる活性酸素を除去する効果もあるので、 肌を新鮮な状態に保つために欠かせない成分です。 ビタミンCを含む食べ物• ピーマン• パプリカ• ブロッコリー• レモン• いちご• キウイなど ビタミンCを効果的に摂取するには ビタミンCは 水に溶けやすく、熱に弱いという特徴があります。 調理する際に茹でて調理すると茹で汁にビタミンCが流れてしまったり、加熱のし過ぎでほとんどビタミンCが残存してない場合が多いです。 ビタミンCを効果的に摂取するには 生のまま摂取するか、茹でる場合は茹で汁も摂取するか、加熱する場合は加熱しすぎないように調理して摂取しましょう。 また保湿効果もあるため、 乾燥肌でお悩みの方にもおすすめの栄養素です。 セラミドを含む食べ物• こんにゃく• ひじき• 牛乳など セラミドを効果的に摂取するには セラミドを効果的に摂取するなら こんにゃくがおすすめです。 こんにゃくはセラミドの配合量が他の食材よりも圧倒的に多く、1日あたり100gほどで十分な量が摂取できます。 セラミドは熱に強いので加熱調理もOK。 酸やアルカリに弱い性質がありますが、通常の調理や味付けでセラミドが壊れる心配はないので、シミそばかす対策に取り入れやすい食べ物です。 肌のターンオーバーを早めることで、シミそばかすの原因となるメラニン色素を早く排出でき、 シミそばかすを予防する効果があります。 L-システインは食品の中には存在せず、メチオニンを摂取すると体内で合成されるので、メチオニンを含む食べ物を意識して摂取することが大切です。 L-システインを含む食べ物• 魚介類• ほうれん草• ナッツ類など L-システインを効果的に摂取するには L-システインの元となるメチオニンは、 過剰摂取をすると肝機能が悪化する可能性があるので適量を摂取しましょう。 普段通り、肉や魚を食事のメインとしていれば適量を摂取できます。 特に寝る前の摂取がおすすめで、 ビタミンCと一緒に摂取するとシミの無色化に効果を発揮するのでシミ消しにおすすめの食べ物です。 リコピンは 抗酸化力が強く、紫外線などの外部刺激によるダメージを軽減する働きがあります。 また肌のコラーゲンを守る大切な役割もあり、コラーゲンを守ることで肌のターンオーバーを正常に保ち、 メラニン色素がシミそばかすになる前に排出する効果が期待できます。 リコピンを含む食べ物• トマト• すいか• グレープフルーツ• さくらんぼ• にんじん リコピンを効果的に摂取するには リコピンは 朝に食べると一番効果を発揮すると言われています。 加熱するとリコピンの吸収も良くなるので、 少し加熱して食べるのもおすすめ。 油と相性も良いので、 オリーブオイルなどと一緒に食べるのも美白や美肌に効果的で良いでしょう。 肌の隅々まで血液や栄養を送ることで 肌の新陳代謝・ターンオーバーが促進され、メラニン色素がシミそばかすとして沈着するのを防ぐ効果があります。 ビタミンEを含む食べ物• アーモンド• 落花生• アボカド• パセリ• 煎茶など ビタミンEを効果的に摂取するには ビタミンEを過剰摂取すると、 骨粗鬆症のリスクを高める可能性があるという研究結果があるので、適量を摂取しましょう。 食べ物では アーモンドにビタミンEが多く含まれているのでおすすめ。 アーモンドは1日20粒を目安として、吸収率を高めるためにオリーブオイルで軽く炒ってから食べるのも良いでしょう。 皮脂の分泌をコントロールする働きもあるので、 肌のテカリを改善するのにも効果的な成分です。 にんじん• ほうれん草• レバー• 脂溶性ビタミンで油との相性がいいので、 ごま油やオリーブオイルをかけたり、加熱調理して摂取するのもおすすめです。 ビタミンAは通常の食生活で過剰摂取になる場合はほぼあり得ませんが、過剰摂取すると健康に害を及ぼすので気を付けましょう。 この働きにより肌の代謝を高めることができるので、 メラニン色素の排出を促してシミそばかすを予防する効果と肌質改善効果が期待できます。 ビタミンB2を含む食べ物• レバー• うなぎ• 乳製品• 葉菜類など ビタミンB2を効果的に摂取するには ビタミンB2は水に溶けやすい性質ため、 過剰に洗いすぎないように注意しましょう。 熱には強いので加熱調理してもOK。 ビタミンB2は水溶性でソースや煮汁などの水分に栄養素が流れてしまうため、ソースや煮汁も一緒に摂取するのがおすすめです。 直接的な美白効果はありませんが、血行が改善されることにより肌の代謝が良くなり、肌のターンオーバーを促進できます。 肌のターンオーバーが促進できるとシミそばかすの元となるメラニン色素の排出も早まるので、 間接的に美白に効果を発揮します。 オメガ3脂肪酸を含む食べ物• えごま油• 亜麻仁油• マグロ• ほうれん草• 大豆など オメガ3脂肪酸を効果的に摂取するには オメガ3脂肪酸は熱に弱いの性質なので、 なるべく加熱せずに摂取しましょう。 魚類だったら刺身やお寿司、油はサラダに使用したりスプーン一杯程度をそのまま摂取するのもおすすめです。 抗酸化作用が認められているカロテノイドですが、アスタキサンチンは特にその力が強く、加熱すると赤くなるのが特徴です。 高い抗酸化作用で肌の老化防止や、シミそばかすを予防する効果が認められており、美白有効成分として美白化粧品にも配合されている栄養素です。 アスタキサンチンを含む食べ物• いくら• 金目鯛など アスタキサンチンを効果的に摂取するには アスタキサンチンは 水に溶けにくく熱に強い性質なので、加熱調理しても問題なく摂取できます。 金目鯛などの皮が赤い魚は、そのまま食べることでアスタキサンチンを摂取できるので、なるべく皮も食べるようにしましょう。 過剰摂取による健康被害もなく、 通常の食事で十分量が摂取できるので、おすすめのシミを消す食べ物です。 さらに抵抗力サポートの働きもあるので、 紫外線やストレスが原因の肌荒れや肌の老化を防いでくれます。 エラグ酸を含む食べ物• イチゴ• ラズベリー• ブルーベリー• アサイー• ザクロ• クルミなど エラグ酸を効果的に摂取するには エラグ酸はたくさん摂取しても問題ないと言われています。 また、 ビタミンCと一緒に摂取するとお互いの効果を高める働きが期待できるのでおすすめです。 健康に良いことが有名ですが、 抗酸化力にも優れているので美容に効果的です。 ポリフェノールは 高い抗酸化作用により肌の老化を防止し、シミやしわなどエイジングケアに効果を発揮します。 ポリフェノールを含む食べ物• 赤ワイン• ブルーベリー• チョコレート• ココア• コーヒー• 通常の食事で過剰摂取になるケースは稀ですが、過剰摂取すると中毒症状を引き起こす可能性があるので気を付けましょう。 直接的に美白に効果を発揮しませんが、 体内の毒素のデトックスを促すのでシミそばかすや肌荒れ対策に役立ちます。 食物繊維を含む食べ物• キノコ類• こんにゃく• おからなど 食物繊維を効果的に摂取するには 生の野菜だとかさが多くて量を摂ることができないので、 煮たりゆでたりしてかさを減らしたほうが効率的に食物繊維を摂取できておすすめです。 また未精製の全粒粉や玄米などには食物繊維が多く含まれているので、 これらを主食として食事にとり入れるのも良いでしょう。 シミを消す食べ物でできる美白に効果的な簡単レシピをご紹介! ここまでは、顔のシミを消す食べ物を栄養素ごとにご紹介してきましたが、実際に食生活に取り入れるのが億劫に感じる方もいるのではないでしょうか。 こちらでは10分もかからずに作れる、 簡単美白レシピを3つご紹介します。 食材を変えることで様々なアレンジができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。 好みの野菜や果物などを入れて作ってみましょう。 美白におすすめの組み合わせをいくつかご紹介するので、参考にしてみてください。 小松菜+バジル+グレープフルーツ 水30ml、グレープフルーツ1/2個、小松菜1/5束、バジル5枚、はちみつ小さじ2• パセリ+バナナ+きな粉 無調整豆乳80ml、バナナ1/2本、パセリ10g、はちみつ小さじ1、きな粉小さじ1• ブロッコリー+リンゴ+アーモンド 水80ml、りんご1/4個、ブロッコリー40g、レモン汁小さじ1、はちみつ小さじ1、アーモンド2粒• ブルーベリー+カリフラワー+グレープフルーツ 水30ml、ルビーグレープフルーツ1/2個、ブルーベリー40g、カリフラワー20g、はちみつ小さじ2• ビタミンCを含むイチゴやキウイ、エラグ酸を含むラズベリーやアサイー、ポリフェノールを含むブルーベリーやブドウをヨーグルトに入れてみたり、食感のアクセントにアーモンドを入れるとビタミンEの摂取もできます。 忙しい朝でもすぐにできるおすすめの食べ方です。 野菜のみのサラダも良いですが、ローストビーフやスモークサーモン、ボイルしたエビをサラダに入れると、L-システインやアスタキサンチンなどより多くの栄養素を摂取できます。 これ1品で肌の材料となるタンパク質も摂取できるので、 美白と美肌に効果的であるのと、満腹感が出て ダイエット効果も期待できるので、おすすめのレシピです。 美白に逆効果の食べ物ってあるの? 美白に効果的な栄養素がある一方で、 美白に逆効果の栄養素もあります。 しかしながら、美白に悪い栄養素の我慢のし過ぎはストレスになり、新たな肌トラブルを招く可能性もあるので、ほどほどに摂取すると良いでしょう。 カフェインは色素沈着やシミを悪化させる カフェインは色素沈着やシミそばかすを悪化させてしまいます。 コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなど、過剰に摂取しないように注意しましょう。 アルコールはシミやシワにつながる アルコール分解時に発生する活性酸素が、 メラニンを増やしてシミそばかすにつながります。 またアルコールはコラーゲンを分解して シワやたるみを招くので、過剰摂取は控えましょう。 ただしアルコールの中でも ワインや日本酒なら問題ないので、お酒の種類を選んで飲むようにしましょう。 砂糖などの糖分はくすみやたるみの原因になる 糖分を過剰摂取すると血がドロドロになり、肌がくすみがちになります。 またコラーゲンを分解して シワやたるみを招くので、なるべく量をセーブしましょう。 ソラレンを含む食べ物は紫外線を吸収しやすくなるので朝は食べない ソラレンを多く含む食べ物は、 身体が紫外線を吸収しやすい状態にしてしまいます。 食後約2時間その状態が続くので、 なるべく朝などの外出前に食べるのは控えましょう。 ソラレンを多く含む食べ物は、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、いちじく、柑橘系の皮、キウイ、ライム、パセリ、きゅうり、セロリ、三つ葉、春菊など様々あるので、気を付けましょう。 シミを消す食べ物以外の方法で美白になるには 顔のシミを消す食べ物で体の中から美白を狙うのも大切ですが、シミを消す食べ物以外でも簡単に美白を叶えられます。 既に実践されている方も多いかもしれませんが、改めて以下の4つのポイントに気を付けましょう。 美白医薬品やサプリメントを服用して美白 最近では飲む日焼け止めと言われている、 美白医薬品や サプリメントもおすすめ。 美白医薬品やサプリメントはシミそばかすを消す食べ物同様に全身に働きかけるので、全身の美白が叶うのもうれしいポイントです。 美白医薬品やサプリメントは美白有効成分が食べ物よりも高濃度なので、 より効率的に美白が叶います。 ピックアップ:大人気の美白医薬品 SIMIホワイトをご紹介! (引用元:) 最近シミ対策や日焼け対策に効果的で人気を集めているのが、こちらの SIMIホワイト。 SIMIホワイトは、美白化粧品で圧倒的支持を集めているビーグレンが開発した美白医薬品です。 SIMIホワイトが気になる方や購入してみたい方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。 美白化粧品を使用して美白 美白ケアの基本と言えば、 美白化粧品。 いつものスキンケアを美白化粧品に変えたり、いま使用している化粧品に美白美容液や美白クリームを追加するだけで 簡単にケアできるのでおすすめです。 顔のシミを消したい人に特におすすめなのが、保湿効果もあるシミ消しクリーム。 当サイトには、顔のシミそばかすに効果的なシミ消しクリームを多数紹介している記事があります。 人気の実力派から市販のプチプラまで幅広くご紹介しているので、美白化粧品でケアしたい方はこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。 正しい紫外線対策で美白 美白ケアの大敵は 紫外線です。 紫外線を予防できれば、シミそばかすの悪化や新たなシミそばかすを防げます。 日焼け止めや日傘、サングラスなど 簡単に取り入れられるものが多いのでおすすめです。 毎日のスキンケアを見直して美白 クレンジングや洗顔時の 肌への刺激がシミそばかすの原因になります。 毎日のスキンケアを見直して肌への刺激をなるべく減らすだけで、シミそばかすを防げるので、取り入れていきましょう。 当サイトには、顔のシミを消す食べ物以外の方法で、シミそばかすを消す方法をまとめた記事があります。 詳細が気になる方は、こちらもあわせてご覧ください。 顔のシミを消す食べ物 まとめ 顔のシミを消す食べ物を中心に、簡単なレシピやシミそばかすに逆効果の食べ物、食べ物以外の美白対策などをご紹介しました。 私たちが普段口にしている食べ物にも、シミそばかすに効く食べ物がたくさんあることがお分かりいただけたかと思います。 ただし栄養素により熱に弱い等の性質があるので、食べ方に気を付けて効率的にシミそばかすのない美白肌を実現しましょう。

次の

そばかすを消したい方必見!自力で薄くする3つの方法とシミとの違い

しみ そばかす 消 したい

スポンサーリンク シミ・そばかすを消す方法• シミ・そばかすについてよく知る• シミ・そばかすの原因は紫外線かも• シミ・そばかすの原因はストレスかも• ビタミンCでシミを消す• クリニックで処方される外用薬を使う• ターンオーバーを促す• メラノサイトの動きを正常にする シミ・そばかすについてよく知る しみは主年配の方、ソバカスは若い人にも年配の方にも見られますが、何か違いはあるのでしょうか。 実はどちらも同じ原因であり、どちらもメラノサイトと呼ばれる色素を作る工場で作られているのです。 メラノサイトとはもともと肌の奥にある細胞の1つで、肌の色となる肌の色素を作っている場所です。 本来なら点在しているメラノサイトが同様に作用するはずなのですが、そのメラノサイトが何らかの理由で一箇所だけ活発になってしまい、色素を作り続けてしまうことがあります。 そして肌表面にもそのメラノサイトが作り出す色素が濃く出てしまう事がシミやソバカスの原因なのです。 一方ソバカスは遺伝性が高いものであり、子供の頃にできているソバカスは遺伝の可能性が高いと言われています。 どちらも一度出来てしまうと根本の原因を探らなければ、様々な原因でメラノサイトを刺激してしまい、シミやソバカスは濃くなってしまうのです。 スポンサーリンク シミ・そばかすの原因は紫外線かも 次にこのメラノサイトが活発になってしまう原因と対策をご紹介します。 まず最も大切で大きな原因となるのは紫外線です。 紫外線を沢山浴びると、ただ肌が焼けてしまうというだけではありません。 日焼けをすると肌が熱く熱を持っている様に感じますが、それは紫外線による肌のやけどなのです。 紫外線の力はとても強く、肌の表面を火傷させるだけでなく、もっと肌の内部まで入り込み、肌の奥にあるメラノサイトを刺激してしまうのです。 まず、しみ・ソバカスを作らない、増やさない為に最も大切なことは紫外線から肌を守ることです。 紫外線は夏だけではなく冬でも、曇り空の日ももちろん発生しています。 室内にいる時の窓ガラスをも通してしまうので、室内にいるからと気を抜かず、もちろん洗濯物を干すときやゴミを出すなど毎日の生活のほんの少しの間外に出る時にもできるだけ日焼けどめを使用しましょう。 シミ・そばかすの原因はストレスかも メラノサイトを刺激するのは紫外線だけではありません。 意外なところで言うと、ストレスが原因になっている場合もあります。 ストレスが発生すると、体内では「活性酸素」と呼ばれる酸素の仲間が発生します。 活性酸素は通常外からの敵と戦う等必要な働きをしてくれますが、これが増えすぎると細胞を傷つけ、メラノサイトを刺激してしまう恐れがあるのです。 寝不足や喫煙なども同様ですし、中止したいのは喫煙やアルコールも分解する際に活性酸素が発生しているのです。 ストレスを全く抱えないという生活は、誰にとっても難しいものですし、前述のとおり活性酸素には本来の役割があるため、全くの邪魔者というわけではありません。 ストレスを貯めないことや、適度な運動、十分な睡眠を心がける事で発生した活性酸素を排出し、メラノサイトを刺激しない事を心がけましょう。 スポンサーリンク ビタミンCでシミを消す ビタミンCには、メラニン色素を抑える効果があり、シミを防ぐとともに、できてしまったシミを薄くしてくれます。 また、コラーゲンの合成を促すので、お肌にハリを与えてくれます。 出典 ビタミンC誘導体(安定型ビタミンC)は、従来のビタミンCに比べて吸収力が数十倍も高く、酸化を防ぐ効果(活性酸素の消去)もあるので、より良いといわれています。 ビタミンC誘導体が配合された化粧品でのケアがよいでしょう。 出典 シミのできにくい肌を作るために、ビタミンCを体内から吸収することも大切です。 ビタミンCは必要量を食事のみで摂取するのは難しいので、良質の栄養補助剤などで補うのもいい方法です。 出典 クリニックで処方される外用薬を使う クリニック処方の外用剤であれば、「お肌の漂白剤」と呼ばれるような「シミを薄くすること、取ること」を目的に作られていますから、美白化粧品を使ってはみたけれど、今一つ効果がないという方は、クリニックで薬を出してもらうのも一案です。 出典 表皮細胞に作用して、肌のターンオーバーを高め、たまったメラニンを押し上げて、排出する治療法です。 このときに強力な美白作用のあるハイドロキノンを併用することで、シミが漂白されます。 また、ピーリング剤が含まれたグリコール酸ローションを使用することで、表皮のターンオーバーを亢進しますし、同時にメラニン形成をブロックするので、外用剤を塗布する前にグリコール酸ローションを使用するとより効果的です。 出典 スポンサーリンク ターンオーバーを促す 肌は一枚の皮に見えますが、実はたくさんの細胞が並んでできています。 そして古い肌は剥がれ落ち、その下にできた新しい肌が上にやってくるという様に、一定周期で生まれ変わっているのです。 これを「ターンオーバー」と呼びます。 このターンオーバーが滞ると、濃い色素を持った肌細胞が長く居座ってしまい、しみが濃くなってしまうのです。 つまり、ターンオーバーを正常にすることがシミ・ソバカスにとってはとても大切であり、血行を良くするビタミン類、特にビタミンCは美白効果を持つビタミンを積極的にとることを心がけましょう。 サプリメントで取ることも重要ですが、適度な運動やビタミンを破壊するタバコを止める、バランスの良い食事が大切なのです。 正常なターンオーバーで、体のリズムを元に戻すことでしみ・ソバカスを薄くする効果が期待できます。 メラノサイトの動きを正常にする ご紹介したとおり、しみ・ソバカスを作っているのはメラノサイトという細胞です。 つまり、メラノサイトの動きを正常にしてくれる効果の化粧品を使うことはとても効果的と言えます。 気をつけたいのは、一般的に「美白化粧品」と言われているものがシミ・ソバカスに効くとは限らないことです。 美白が肌の透明感や白さを意味している場合、肌の保湿や血行促進といったことで美白効果を得ることができます。 しかしそれでは根本的なシミ・ソバカスの原因を止めることはできません。 肌の表面だけでなく、メラノサイトの動きに作用する化粧品を使用しましょう。 シミ・そばかすは消すことが可能 シミ改善にもっとも大切なことは、肌の健康を作ることです。 これがベースになければいけません。 その上で肌の健康を害さない範囲で、紫外線対策やシミ対策に良いと言うことを実行していくことになります。 出典 いかがでしたか。 シミ・ソバカスを消すためには時間がかかりますが、決して無理なことではありません。 まずはシミ・そばかすの原因をしっかり理解して、正しいケアと規則正しい生活を心がけてください。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の