井上 陽水 いっそ セレナーデ。 いっそ セレナーデ

いっそ セレナーデ

井上 陽水 いっそ セレナーデ

【比較動画あり】井上陽水の名曲が、あの洋楽に似てる?楽曲元ネタまとめ|パクリ・オマージュ・インスパイアコレクション 井上陽水の楽曲は文学的な歌詞と、印象的なメロディー、鼻にかかった独特の声など魅力がいっぱいです。 そんな 井上陽水のナンバーの中から、洋楽に インスパイア( パクリ/ オマージュ)された可能性があるナンバーを集めて、元ネタと動画で聴き比べをしてみようという記事です。 井上陽水は、インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男なので、けっこう本人も認めていて面白いです。 この記事では、別に井上陽水を糾弾したい訳ではなく、聴き比べて「わ〜本当だ〜似てる〜」とニヤニヤしたいだけです。 似てる似てないの判断はご自身でくだしてください。 くれぐれも騒ぎだてしない方向でお願いします。 1曲目「井上陽水/いっそセレナーデ」は「イブモンタン枯葉」に似ている 1984年リリースのシングル。 井上陽水本人も出演の、サントリー「角瓶」のCMソングに起用されヒットしました。 私が音楽を好きになったきっかけに、小学生の時に見たお正月特番のトーク番組で、タモリと井上陽水と玉置浩二が即興で曲を作るというやりとりを見たことがあります。 そこで、タモリが井上陽水に対して、 「いっそセレナーデ」は「枯葉」だろ? と元ネタを指摘し、井上陽水はニヤニヤしながらいっそセレナーデの一節を歌いだしたはずが、いつのまにかジャズスタンダードの枯葉で曲が終わるというくだりがあり、子供ながら「コードをそのまま転用して、別のメロディーを乗せる」ということをとても面白く感じたものでした。 元ネタ「ジャズスタンダード/枯葉」 ジャズのスタンダード。 これはシャンソン歌手のイブ・モンタンのバージョン。 いっそセレナーデに一番似てる気がする。 多分元ネタは数多くの枯葉の中でもイブ・モンタンバージョンなのかな〜と思ったりしてます。 最初朗読が長いですが、48秒から歌い出します。 井上陽水のネタバラシトーク部分 34分10秒あたりから、井上陽水本人がネタバラシしてます。 笑 タモリのするどさよ。 笑ってごまかそうとする、玉置浩二。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 2曲目「井上陽水/Tokyo(東京)」は「ビートルズ/Till There Was You(ティル・ゼア・ウォズ・ユー)」に似ている 1991年にリリース。 サントリーローヤルのCMソングに起用され、かなりお茶の間で流れまくってます。 私は2017年に京都から東京に引っ越ししてきて、井上陽水の「Tokyo」に登場するたり在住なので、この2年間脳内で1000回は再生してる、私の東京生活のテーマソング。 元ネタはビートルズ。 これもテレビでタモリに自らネタばらししてました。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 元ネタ「ビートルズ/Till There Was You(ティル・ゼア・ウォズ・ユー)」 初期アルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録曲。 ビートルズの曲だと思ってたのですが、今wikiってみたところ、1957年のブロードウェイ・ミュージカル「ミュージック・マン」の劇中歌らしいです。 日本人はみんなビートルズの曲と思ってそう。 笑 井上陽水のネタバラシトーク部分 ちょい長いですが、タモリと井上陽水のやりとりが楽しいので、最後までお楽しみいただければと思います。 元ネタ軽やかにバラしてます。 笑 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 「あんたさぁ、商売上手いよね、ほんとに(by タモリ)」 3曲目「井上陽水/帰れない2人」は「ニールヤング/The Needle and the Damage Done」に似ている 作詞作曲は、井上陽水と忌野清志郎の共作です。 ドラマチックで切ないラブソングです。 ものがなしさのあるメロディーが好き。 忌野清志郎が何かで「この曲で俺が井上陽水に転調を教えたんだぜぃ」と言ってました。 元ネタ「ニールヤング/The Needle and the Damage Done」 ニールヤングの名盤「ハーベスト」の中の1曲。 ミュージシャンのドラッグ問題についての曲を、こんなに切なくも美しいラブバラードに仕立てる、井上陽水と忌野清志郎のロマンチックさが素敵だなあと思います。 氷の世界-40th Anniversary Special Edition DVD付)で、井上陽水本人が元ネタをバラしています。 何がすごいって、井上陽水はけっこうポロポロっと元ネタをばらしがち。 笑 4曲目「井上陽水/氷の世界」は「スティービー・ワンダー/スーパーステーション」に似ている 1973年にリリースされたアルバム「氷の世界」のリードシングル。 これ、日本初の100万枚セールス、ミリオンセラーを記録した、伝説のアルバムです。 印象的なイントロから、印象的なコーラス、印象的なメロディーにはっとさせるような歌詞。 私はこのアルバムがリリースされて10年以上たってからこの曲を聴きましたが、衝撃を受けたので、リアルタイムで体験した人にとってはさぞ衝撃的だったことでしょう。 元ネタ「スティービー・ワンダー/スーパーステーション」 イントロ部分がインスパイアされてます。 でも氷の世界の方がコーラスとかも入って、印象的でいいなと思う。 ファンの欲目かもだけど。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男だけあって、前述の特典DVDでネタばらししてるらしいです。 5曲目「井上陽水/傘がない」は「グランド・ファンク・レイルロード/ハートブレイカー」に似ている これ、数日前にブログのネタにしたので、当ブログの読者さまならご存知だと思いますが。 元ネタはグランド・ファンク・レイルロードの「ハートブレイカー」です。 私がこれに気づいたのは斉藤和義の「傘がない」のカバーを聴いた時。 斉藤和義が、井上陽水の「傘がない」を、グランド・ファンク・レイルロードの「ハートブレイカー」のアレンジでカバーするという、見事なネタばらしを披露しています。 YouTubeがあると、あっという間に検証できちゃう。 いい時代になったもんです。 井上陽水の良いところは、オマージュ元に敬意をはらってパクってる感じがするところかな。 インスパイアされてコードをそのままなぞっていても、しっかりと井上陽水節の聴いたメロディーが乗っかってるので、腹が立たないですよね。 本日は以上です。 また続編書くかも! アマゾンプライムの会員なら井上陽水のアルバムが聴き放題 井上陽水のアルバムはアマゾンプライム会員なら2018年のリマスターアルバム6枚が聴き放題です。 アマプラ会員さんはせっかくタダなので改めて聴いてみてはいかがかしら? ちなみに私はアマゾンミュージックアンリミテッド会員なので、月額780縁でリマスター版全部聴き放題です〜。

次の

井上陽水 いっそセレナーデ LYRICS

井上 陽水 いっそ セレナーデ

解説 [ ]• 井上陽水も出演したのに起用された。 1988年にはとして再リリースされている。 の『』の中で流されていたことがある。 発表の売上枚数は35. 3万枚。 収録曲 [ ]• 全作詞・作曲:/編曲:• いっそセレナーデ 3分14秒• Speedy Night 4分10秒 カバー [ ]• 2004年 (『』)• 2007年 (カバーアルバム『Standards』)• 2008年 (カバーアルバム『Ballade』)• 2009年 (カバーアルバム『TERRA2』)• 2009年 (ミニアルバム『Birthday』)• 2012年 (カバーアルバム『おんがえし』)• ) 防災行政無線チャイム [ ]• 井上陽水のゆかりの地である福岡県田川郡糸田町では、17:00【12月~2月】に『いっそセレナーデ』が防災行政無線から時報として放送されている。 『いっそセレナーデ』の他にも、井上陽水の名曲が四季に分けて、放送されている。 放送期間と曲名• 【3月~5月】『新しいラプソディー』• 【6月~8月】『夢の中へ』• 【9月~11月】『帰れない二人』• 脚注 [ ] 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

いっそセレナーデ 井上陽水 歌詞情報

井上 陽水 いっそ セレナーデ

【比較動画あり】井上陽水の名曲が、あの洋楽に似てる?楽曲元ネタまとめ|パクリ・オマージュ・インスパイアコレクション 井上陽水の楽曲は文学的な歌詞と、印象的なメロディー、鼻にかかった独特の声など魅力がいっぱいです。 そんな 井上陽水のナンバーの中から、洋楽に インスパイア( パクリ/ オマージュ)された可能性があるナンバーを集めて、元ネタと動画で聴き比べをしてみようという記事です。 井上陽水は、インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男なので、けっこう本人も認めていて面白いです。 この記事では、別に井上陽水を糾弾したい訳ではなく、聴き比べて「わ〜本当だ〜似てる〜」とニヤニヤしたいだけです。 似てる似てないの判断はご自身でくだしてください。 くれぐれも騒ぎだてしない方向でお願いします。 1曲目「井上陽水/いっそセレナーデ」は「イブモンタン枯葉」に似ている 1984年リリースのシングル。 井上陽水本人も出演の、サントリー「角瓶」のCMソングに起用されヒットしました。 私が音楽を好きになったきっかけに、小学生の時に見たお正月特番のトーク番組で、タモリと井上陽水と玉置浩二が即興で曲を作るというやりとりを見たことがあります。 そこで、タモリが井上陽水に対して、 「いっそセレナーデ」は「枯葉」だろ? と元ネタを指摘し、井上陽水はニヤニヤしながらいっそセレナーデの一節を歌いだしたはずが、いつのまにかジャズスタンダードの枯葉で曲が終わるというくだりがあり、子供ながら「コードをそのまま転用して、別のメロディーを乗せる」ということをとても面白く感じたものでした。 元ネタ「ジャズスタンダード/枯葉」 ジャズのスタンダード。 これはシャンソン歌手のイブ・モンタンのバージョン。 いっそセレナーデに一番似てる気がする。 多分元ネタは数多くの枯葉の中でもイブ・モンタンバージョンなのかな〜と思ったりしてます。 最初朗読が長いですが、48秒から歌い出します。 井上陽水のネタバラシトーク部分 34分10秒あたりから、井上陽水本人がネタバラシしてます。 笑 タモリのするどさよ。 笑ってごまかそうとする、玉置浩二。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 2曲目「井上陽水/Tokyo(東京)」は「ビートルズ/Till There Was You(ティル・ゼア・ウォズ・ユー)」に似ている 1991年にリリース。 サントリーローヤルのCMソングに起用され、かなりお茶の間で流れまくってます。 私は2017年に京都から東京に引っ越ししてきて、井上陽水の「Tokyo」に登場するたり在住なので、この2年間脳内で1000回は再生してる、私の東京生活のテーマソング。 元ネタはビートルズ。 これもテレビでタモリに自らネタばらししてました。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 元ネタ「ビートルズ/Till There Was You(ティル・ゼア・ウォズ・ユー)」 初期アルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」収録曲。 ビートルズの曲だと思ってたのですが、今wikiってみたところ、1957年のブロードウェイ・ミュージカル「ミュージック・マン」の劇中歌らしいです。 日本人はみんなビートルズの曲と思ってそう。 笑 井上陽水のネタバラシトーク部分 ちょい長いですが、タモリと井上陽水のやりとりが楽しいので、最後までお楽しみいただければと思います。 元ネタ軽やかにバラしてます。 笑 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男、井上陽水。 「あんたさぁ、商売上手いよね、ほんとに(by タモリ)」 3曲目「井上陽水/帰れない2人」は「ニールヤング/The Needle and the Damage Done」に似ている 作詞作曲は、井上陽水と忌野清志郎の共作です。 ドラマチックで切ないラブソングです。 ものがなしさのあるメロディーが好き。 忌野清志郎が何かで「この曲で俺が井上陽水に転調を教えたんだぜぃ」と言ってました。 元ネタ「ニールヤング/The Needle and the Damage Done」 ニールヤングの名盤「ハーベスト」の中の1曲。 ミュージシャンのドラッグ問題についての曲を、こんなに切なくも美しいラブバラードに仕立てる、井上陽水と忌野清志郎のロマンチックさが素敵だなあと思います。 氷の世界-40th Anniversary Special Edition DVD付)で、井上陽水本人が元ネタをバラしています。 何がすごいって、井上陽水はけっこうポロポロっと元ネタをばらしがち。 笑 4曲目「井上陽水/氷の世界」は「スティービー・ワンダー/スーパーステーション」に似ている 1973年にリリースされたアルバム「氷の世界」のリードシングル。 これ、日本初の100万枚セールス、ミリオンセラーを記録した、伝説のアルバムです。 印象的なイントロから、印象的なコーラス、印象的なメロディーにはっとさせるような歌詞。 私はこのアルバムがリリースされて10年以上たってからこの曲を聴きましたが、衝撃を受けたので、リアルタイムで体験した人にとってはさぞ衝撃的だったことでしょう。 元ネタ「スティービー・ワンダー/スーパーステーション」 イントロ部分がインスパイアされてます。 でも氷の世界の方がコーラスとかも入って、印象的でいいなと思う。 ファンの欲目かもだけど。 インスパイア(パクリ/オマージュ)を隠さぬ男だけあって、前述の特典DVDでネタばらししてるらしいです。 5曲目「井上陽水/傘がない」は「グランド・ファンク・レイルロード/ハートブレイカー」に似ている これ、数日前にブログのネタにしたので、当ブログの読者さまならご存知だと思いますが。 元ネタはグランド・ファンク・レイルロードの「ハートブレイカー」です。 私がこれに気づいたのは斉藤和義の「傘がない」のカバーを聴いた時。 斉藤和義が、井上陽水の「傘がない」を、グランド・ファンク・レイルロードの「ハートブレイカー」のアレンジでカバーするという、見事なネタばらしを披露しています。 YouTubeがあると、あっという間に検証できちゃう。 いい時代になったもんです。 井上陽水の良いところは、オマージュ元に敬意をはらってパクってる感じがするところかな。 インスパイアされてコードをそのままなぞっていても、しっかりと井上陽水節の聴いたメロディーが乗っかってるので、腹が立たないですよね。 本日は以上です。 また続編書くかも! アマゾンプライムの会員なら井上陽水のアルバムが聴き放題 井上陽水のアルバムはアマゾンプライム会員なら2018年のリマスターアルバム6枚が聴き放題です。 アマプラ会員さんはせっかくタダなので改めて聴いてみてはいかがかしら? ちなみに私はアマゾンミュージックアンリミテッド会員なので、月額780縁でリマスター版全部聴き放題です〜。

次の