じゅん ちゃん 麻雀。 麻雀の役一覧

麻雀用語一覧

じゅん ちゃん 麻雀

屈辱の2月、村上の本音 レギュラーシーズンの佳境、2月のMリーグに村上の姿はなかった。 1月31日の起用を最後に、村上は卓に着く機会を与えられなかったからだ。 激しい競争に敗れ、出場機会を失う選手がいるのが、プロスポーツの常だ。 村上「もし情で起用されるようになったなら、俺はチームを去らなければならない。 」 強い口調で村上は語った。 私は村上と長い付き合いというわけではない。 しかし口先だけで器用なことを言える人間ではないことは知っている。 これからの話は、すべてが、村上の本心。 そういう理念を持って運営されている。 だから監督が精神状態や雀風を考慮して、賢()を終盤に起用し続けたのは当然の判断だと思う。 でも、だからと言って悔しくないわけじゃないからね。 」 ドリブンズのとして監督の起用を理解しながらも、麻雀プロの村上淳として悔しさをにじませた。 村上「悔しくなかったらドリブンズ失格だよね。 賢とたろうさん()がめっちゃ強いことは理解しつつも、自分も同じくらいやれると思えないなら出場する権利なんてない。 それがドリブンズの理念だから。 」 怪物2人をチームメイトに持ったなら、自分も怪物でなければならない。 いや、怪物を越えねばならない。 村上「もし2人よりも明らかに弱いと思うようになったらチームを去るべき。 同様に監督が『村上を使いたくないな…』思うようになった時は解雇されるべき。 もしその状態で起用されたら、それは戦略ではなく情でしかないから。 プロスポーツと言い張るなら、そういう世界じゃないとだめだよね。 」 村上の涙の裏に、ドリブンズの強さあり 村上「賢やたろうさんとは15年以上麻雀の話をしてきて、2人とも本当に強いと思う。 だけど俺の方が絶対に弱いなと思ったことはない。 今年のMリーグでの結果は20戦打って-160pt。 確かにチームの中では一番負けてるけど、特別ミスが多かったとは感じていないし。 20戦なんて麻雀店で働いていた時は1日で打ってたような本数だからね。 下振れの可能性の範囲内だと思ってるよ。 」 しかし肯定的な話を続けながらも、徐々に心の不安もポツポツと吐露しだした。 村上「赤坂ドリブンズというチームが出来て、その一員になって。 めっちゃ強いじゃん!って興奮してたのもつかの間。 そのチームの中で、結果が出ないと焦りや不安が大きくなっていって。 チームメイトが強いことは幸せでもあり、危機感でもある。 」 チームの中で唯一のマイナスポイントを背負っている事実は、我々の想像以上に村上を苦しめていた。 最終節のPVにて。 ファイナルステージ進出が決まり、涙する村上。 それは最終節の村上の涙に現れている。 もともと情に厚く涙もろい性格ではあるが、それを差し引いても村上の抱えていた重圧は察するにあまりある。 研究に割く時間が増えて、充実している しかしたった20本とはいえ、世間の反応は辛いものだ。 結果が出ないと、赤アリ麻雀にはアジャストできていないのでは?という声も挙がってくる。 その点に関してはどう考えているのだろうか。 村上「そんなことないよ。 (赤アリルールでは)多い時は年間4,000戦以上、トータルしたら60,000戦近く打ってるし、個人的には苦手意識は全くない。 ただ、新しいステージだから細かいバランスの調整や、読みの修正は必要かなと思う。 」 Mリーグが始まり、1日のスケジュールが大きく変化した村上。 麻雀の研究に充てる時間が増えたという。 村上「とにかく配信を見る時間が増えたね。 特に女流の対局とかも積極的に見るようになった。 各選手が考えていること、見えている景色を想像して、自分の読みに活かせたらなと。 自分とは考え方や文化が違ったりして、新しい価値観の発見に繋がったりする。 村上「俺の目標は、プロ入り以来ずっと日本一の麻雀プロになること。 定義おじさんの賢に言ったら『日本一の麻雀プロの定義って何ですか』とか言われそうだけど(笑)とにかく俺は強いんだぞっていう気持ちになりたい。 そういう自己満足の中二病的な意識が俺を支えてるんだよね。 」 そして今も中二病からは目覚めていない。 村上「もし俺が一生かなわないなって思う人が現れたら、プロは続けられないと思う。 だって1番になれないから。 でも今のところはいない。 だから俺はまだやれる。 まだ戦える。 」 麻雀は選択と抽選のゲームである。 最高の選択が、最高の抽選を引き当てるわけではない。 しかし赤坂ドリブンズはいつだって最高の選択だけを追い求めている。 どうかしっかりと見ていて欲しい。 ファイナルシリーズの赤坂ドリブンズの選択を。 そしてその先にある、村上淳の選択を。

次の

麻雀最強戦2020アシスタントに天木じゅん、最強戦ガールに咲良美緒、藤根梨沙が就任!実況は日吉辰哉が担当!

じゅん ちゃん 麻雀

まだまだ先は長いので、どんどんと行きますヨ。 使ってはいけない牌は数字の1と9、それに字牌です。 中張牌は麻雀牌の中でも6割を越えているので、比較的そろえやすい役でもあります。 とりあえずタンヤオに向かって数字の1,9、字牌を処理していくという考えも間違いではないでしょう。 麻雀の基本「」のタンにあたります。 チー・ポンしての「タンヤオ」は「 クイタン」と呼ばれ、採用しているルールもあれば、採用していない場合もあるので、これは確認をしてください。 ポン チー (ポン・チー・明カンをしてのタンヤオはルールを確認してください。 「クイタン」が可能ですと、ほとんどの状況からチー、ポンを仕掛けて狙うことができるので、スピード重視の現代麻雀では非常に重宝されています。 手っ取り早くあがるには「クイタン」でみたいな。 最近は普通の4人打ち麻雀はクイタンがあります。 関西の3人打ち麻雀では無理なケースがあります。 この件に関してはベストセラー戦術書「科学する麻雀」でちょっとゴタゴタがありました。 ネット麻雀「東風荘」のデータを元に書かれた画期的な戦術本「科学する麻雀」だが、東風荘は「クイタンなし」のルールだったため、著書が発売された当時、一部で物議をかもす結果となった。 この本への数々の批判、賛同意見は次回作「」で読むことができる。 論争が起きるほど画期的な本でした。 雑学ですが、漢字では「断ヤオ」とカキマス。 「ヤオ」は日本語の漢字にはありません。 では、この逆バージョンの数々を見ていきましょう。 順子と刻子が混じってもOKデスから このような形のものを言います。 順子と刻子が混じってもOKです。 あたまの部分も含めてなのでご注意ください。 必然的に 順子で使えるのは「123」か「789」しかありませんね。 ポンやチーをすると点数が2翻から1翻に下がる食い下がりが適用されるのか… じゃあよ、極端な話、これもチャンタなのか? そうです、そうです。 厳密には他の役も混じっていますが <字牌+すべての面子(グループ)に1か9が絡んでいる> という条件を満たしているので「チャンタ」です。 ポンやチーをすると難易度のわりには1翻と点数も低いです。 うまく他の役と複合させることで存在価値があるという感じで、なんか主役にはなりきれないという感じはします。 ここから発展したのが、下の役です。 「チャンタ」の字牌なしだと思えば簡単です。 「ジュンチャン」の「ジュン」は漢字で「純粋の純」ですから、字牌が混じっていないと覚えるのがいいです。 ただ、作るのはこっちのほうが難しいです。 ポンやチーをすると点数が3翻から2翻に下がるわけか… チャンタとジュンチャンの両方にいえることですが、非常に弱点も多い役なので、戦略的な部分も紹介しましょう。 本来は手に残す牌を序盤から捨てますので、捨牌がものすごく偏るのは弱点ですね。 相手にチャンタ、ジュンチャンを狙っているのがまずばれると思ってください。 それにこの手をあがろうと思えば、中盤以降になっても真ん中「4」「5」「6」あたりの危険牌でも捨てなければいけません。 ロンされる確率も高いので注意が必要です。 そういった意味で難しいです。 プラスして、最後のほうに や といった、ピンポイントで引いてこないといけない、両面待ちにできない難しい待ちが残る傾向が高いんで、この意味でも難しく不利な部分も大きいです。 ポンやチーせずに埋めるのは難しいのか…。 けど、ポンやチーすると点数が下がるんだよな。 ポン・チーしてのチャンタとか難しいわりには1翻しかありません…難易度と点数のバランスがちょっと悪いですね。 近年は特に など「5」を持っているだけで1翻のドラになる赤入り麻雀の影響もあって、役の難易度のわりには点数として報われない感じがしますね。 チャンタ・ジュンチャン手では、この赤ドラが使えません…。 ポン・チーしてチャンタ作るのと を1枚持ってるのが同じ点数なんだな。 だったら真ん中の数字使えなくなるリスクを払ってまで無理に狙う必要もなさそうだよな。 そういったイメージもあります。 制限されることが多いわりに点数低いみたいな…。 さらに途中で他の役に変化させようと思っても難しいんですよね。 ポン、チーしてチャンタやジュンチャンを狙うと、もうあがるルートはそこしか残らないみたいな。 あたりがドラだった場合も、わざわざドラを諦めてまで狙うなら、もうドラを持ってるだけでいいんじゃね? みたいな。 危険も多いですしね。 赤ドラなしの麻雀では意外に存在感を発揮します。 そろった手の形は美しく、ビシっと決まればかっこいいので、ファンも多い役ではあるんですけどね。

次の

純全帯ヤオ九

じゅん ちゃん 麻雀

中張牌( チュンチャンパイ)は麻雀のある特定の牌のことを指して呼ぶ名前ですが、どの牌が 中張牌なのかを知っただけではまったく意味をなさないものです。 ただ知っているだけになってしまいます。 タイトルにあるように、 中張牌は使い方や活用法を知ってこそ本領発揮し、いろいろな技を繰り出せるようになります。 「技のデパート」というのは舞の海秀平さんの現役時代のニックネームです。 旭鷲山関が角界に入って活躍しだすと「技のデパートモンゴル支店」と呼ばれ、舞の海関は「技のデパート本店」などと呼ばれるようなりました。 この二人とも関取としては小柄でしたが、その多彩な技の数々で大活躍し大変親しまれた力士です。 まさに、記録より記憶に残る力士でした。 中張牌も内容を知って考え方を身に着けるとこの二人の力士のように多彩な役でアガれたり、 和了率( ホーラ率=アガる確率)と放銃率(ホウジュウ率=振り込む確率)のバランスもとれるようになってきます。 中張牌を制して麻雀のランクアップを目指しましょう!• 中張牌( チュンチャンパイ) 麻雀にはいろいろな牌の呼び名が存在しています。 中張牌はどんなはいでしょうか。 中張牌( チュンチャンパイ)ってどんな牌? これらの牌は麻雀では尖張牌(センチャンパイ)といってとても重要な働きをする牌です。 どのように重要かというと、 順子(シュンツ)を作る場合に多く絡んでくる牌なのです。 1~9でシュンツが作れる数は7組です。 この7組あるシュンツのうち尖張牌は6組に絡んできます。 つまり、ほとんどのシュンツに尖張牌は絡んでくるのです。 このようにシュンツの多くに尖張牌が関わっているので重要な牌となります。 中張牌がどのような牌かお分かりいただけたでしょうか。 数字の2~8の牌です。 ただし、それを覚えただけでは何の意味もありません。 続いて 中張牌の違った働きをみていきます。 中張牌と壁 麻雀にはスジという考え方があります。 シュンツを作ることを前提にした、安全牌や危険牌を読む方法です。 詳しくは『麻雀の筋 スジ 『振り込まないための7つの読みと実践防御方法』』をご参照ください。 そのスジと同様に「壁」というものがあります。 壁とは・・・ 自分からみて同一牌が4枚とも見えている状態で、その牌の前後の牌は安全牌と考える。 壁牌は 中張牌のみ。 中張牌以外は壁にはなりません。 4枚見えている状態をみてみましょう。 もちろん、100%安全ということではありません。 シャボ待ちや単騎待ちで待っている可能性もあります。 ただ、まったくわからないままやみくもに牌を捨てるよりも、少しでも振り込む可能性をなくしていく判断材料となります。 壁についての詳しい説明はをご覧ください。 続いて 中張牌が重要な働きをする役をみていきましょう。 中張牌でこの役を狙ってみる! 中張牌が大きな働きをする役といえば、「断公九( タンヤオ)」です。 麻雀初心者が一番最初に覚えるべき役であるメン・タン・ピンのタンにあたる断公九( タンヤオ)です。 面子は 刻子でも 順子でも良い。 みんなが大好きな タンヤオは 中張牌のみでそろえた役です。 メンツ・ アタマすべて 中張牌で揃えるのです。 中張牌ファン歓喜間違いなしですね。 ただし、翻数が低いため タンヤオを積極的に狙うのはあまりいい方法とはいえません。 食いタンありの場合 上記の タンヤオは翻数が低いため積極的には狙う必要はあまりありません。 しかし、「食いタンあり」の場合は少々違います。 食いタンとは・・・・ 副露(鳴いて) タンヤオを揃えても役が付くこと。 ありの場合となしの場合がある。 上記の例でソーズの2を ポンしたとします。 このようにチャンタ系や国士無双を狙う場合、 中張牌が多く捨てられます。 前述した、シュンツにとって重要な尖張牌も気持ちよいぐらい捨てられています。 これはチャンタ系間違いなし!とみていいでしょう。 あるいは、国士無双かもしれません。 中張牌はその役割や働きを知ると、手作りにも相手の狙いを推測するためにも有効な考え方になっていきます。 中張牌の符計算 点数 中級者以上になると、 メンツを揃えていきつつ同時に点数計算もするようになっていきます。 「あと何点あれば逆転できるか?」「ここで何点以上とれば逆転されないだろう」と。 そのときに必要になってくることは、符計算です。 役の翻数を覚えたあとは符計算もできるようになると、打ち方も変わってきます。 中張牌の点数の扱いはいくつかあるので表でみていきましょう。 各 面子の種類 2 ~ 8 の 中張牌( チュンチャンパイ) 明刻 ミンコ 16符 初心者では計算しながら打っていくことはなかなか難しいことですが、計算しながら打つことに慣れてくればもう中級者以上です。 点数によって狙う役なども変わってきます。 これは数をこなすしかありません。 がんばってたくさん麻雀をうってください。 まとめ 中張牌の内容と符計算まで一通りみてきました。 いかがでしょうか。 中張牌を理解していると、配牌が終わった後なんとなく作れそうな役へ一直線で向かっていくだけでなく、途中で手替わりなどを考慮にいれることが可能となってきます。 手替わりも見れるようになると、アガる確率はぐっと上がっていきます。 麻雀の幅が大きく広がっていきます。 また、麻雀上級者になってくると、その局その局で自分の点数やターチャの点数を計算しながら打てるようになってきます。 無駄なアガりを目指すこともなくなってくるのです。 初心者はまずは 中張牌の働きやさばき方をしっかりと理解して、実際の麻雀で役立ててみてください。

次の