シャボン 玉 童謡。 シャボン玉 歌詞 童謡・唱歌 ※ news.adventure.travel

シャボン玉 歌詞 童謡・唱歌 ※ news.adventure.travel

シャボン 玉 童謡

童謡『シャボン玉』の歌詞 作詞・野口雨情さんと作曲・中山晋平さんの2人によって制作され、発表された1923年からずっと伝わり続けている有名な童謡『シャボン玉』。 幼稚園や小学校で一度は歌ったことがあると思うのでご存知かと思いますが、まずは『シャボン玉』の歌詞から見ていきましょう! 童謡『シャボン玉』の歌詞 シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ 屋根まで飛んで こわれて消えた シャボン玉消えた 飛ばずに消えた 産まれてすぐに こわれて消えた 風、風、吹くな シャボン玉飛ばそ 誰でも一度は、口ずさんだ歌ですよね! この曲を聴くと、まだ幼少期だった子供の頃に『シャボン玉』を吹きながら何気なく歌っていたのを思い出します。 さて、『シャボン玉』の歌詞に隠された悲しい意味とは一体何なのでしょうか? 童謡『シャボン玉』は子供の例えだった?歌詞に隠された悲しい意味は? 童謡『シャボン玉』の作詞を担当した野口雨情さんは、1908年3月に後に離婚協議に至った妻のひろとさんとの間に、長女のみどりちゃんが生まれました。 しかし、長女のみどりちゃんは、生まれてからわずか7日で亡くなってしまいます。 その当時では、2~3割の子供が学齢前に亡くなっており、決して珍しいことではありませんでした。 1924年9月に、野口雨情さんは作曲家の中山晋平さんと歌手の佐藤千夜子さんとともに演奏旅行で徳島県に訪れていたのですが、その演奏旅行中に今度は2歳になる次女の恒子ちゃんまでもが早くに旅立ってしまったのです。 野口雨情さんの目の前で起きた悲しい想いが、童謡『シャボン玉』の歌詞に残し、亡くなった子供の例えになっていると言われています。 子供を失った野口雨情さんの情感が『シャボン玉』の歌詞に強く込められていると思ったのですが、次女の恒子ちゃんが亡くなった時と作詞を手掛けた時期が違ったりと、特に鎮魂の意はないという説があるなど、決定的になるような記述が残っていないんだそうです。 つまり、一種の都市伝説のようなものになっている訳なんですね。 ただ、『シャボン玉』の歌詞をもう一度振り返ってみると、 『飛ばずに消えた』『産まれてすぐにこわれて消えた』というのは、生まれたばかりの子供の幼き命を連想し、命の儚さを訴えているように感じられました。 まとめ 今回は、 『シャボン玉 童謡 は子供の例えだった?歌詞に隠された悲しい意味は?』と題して、有名な童謡『シャボン玉』の歌詞に隠された悲しい意味について調べてまとめてみましたがいかがだったでしょうか? 現状では、『シャボン玉』の鎮魂歌説など、他のいずれの説も決定的な根拠に欠けていると言われているので、実際に歌詞に込められた詳しい想いは分かりませんでした。 ですが、子供の頃に何気なく口ずさんで歌っていた『シャボン玉』は、命に関する大切さや儚さなどを感じさせられる、深く意味のある歌詞だなと個人的に思います。 それでは、今回はこれで以上とさせて頂きます。 最後まで閲覧して頂きましてありがとうございました! Rui。

次の

なっとく童謡・唱歌 中山晋平の童謡(1);シャボン玉,あの町この町,アメフリ,雨降りお月さん・雲の蔭,証城寺の狸囃子 池田小百合

シャボン 玉 童謡

もの悲しい歌詞 楽しいはずのシャボン玉遊びの歌・・・・なのでしょうか。 なんだか、寂しげな、もの悲しいメロディと歌詞だと思いませんか? しゃぼんだま とんだ 屋根までとんだ シャボン玉がとんだ!嬉しいですよね。 どんどん高くまで飛んで行って、屋根に近づいていきます。 あ! 屋根までとんで 壊れて消えた あ〜〜〜あ。 屋根に当たったのでしょう。 消えちゃいました。 もう1回ふいてみよう。 今度は上手くいくかな? しゃぼんだま消えた とばずに消えた 飛びもしないで消えちゃったのね。 強く吹きすぎたのかな? 生まれてすぐに 壊れて消えた 丸くはなったのね。 でもすぐに壊れちゃったようです。 風かぜ ふくな シャボン玉とばそう そうか、風が強い時には、なかなかシャボン玉は大きく膨らまないですよね。 もう〜〜風ふくの止まって。 シャボン玉とばしたいのに〜〜。 ・・・・・・実はそんな意味ではなかったのです。 シャボン玉は子供のはかない命説 長女の死 この曲の作詞者である野口雨情の初めての長女みどりは、生後7日目で亡くなっています。 この時代は、衛生面でも栄養面でもいまよりずっと悪く、産まれてすぐに命が絶えてしまうことはさほど珍しいことではありませんでした。 ある日、野口雨情は、シャボン玉遊びをしている子供たちと遭遇し、亡くなった長女が無事に大きくなったら同じくらいの年頃だろうなと思いながら1番の歌詞を書いたそうです。 生まれてすぐに 壊れて消えた 生まれてすぐに亡くなった長女。 親戚の男の子の死 この歌詞が出来上がる少し前に、野口雨情は、親戚の男の子が生まれたばかりで無くなった知らせを聞いたらしいのです。 長女が成長した時を想像しながら、シャボン玉遊びをする子供たちを眺めて曲を作った説もありますが、「生まれてすぐに壊れて消えた」はこの親戚の男の子の死が関わっているのではないか、という説もあるようです。 でも、どこの誰なのかが記録に残ってないのだとか。 四女の死 シャボン玉の曲が完成した後ですが、野口雨情の四女が2歳で亡くなっています。 七五三では女児は三歳になると神様に感謝を伝えにお参りしますが、三歳まで生きるというのが第一の目標地点だったのです。 まずは三歳まで生き延びるのが目標だった時代ですから、「屋根を超えて飛び立てるギリギリのところで壊れてしまったシャボン玉」に四女への思いを感じるのは私だけでしょうか。 あと少しだったのに・・・・。 亡児への鎮魂歌の説 この時代は、産まれてきた子供が三歳を迎えるのも大変な貧困時代。 医療も乏しく、流行病があればたくさんの子供が亡くなっていました。 この曲は、浮かばれない魂が成仏できるようにという気持ちを込めた歌だという説もあります。 「シャボン玉」を発表したのが、大日本仏教コドモ会が発行していた児童雑誌『金の塔』でした。 仏教の雑誌から出したのも意味がある、そう考えられているのだろうと思います。 産まれてすぐに亡くなってしまうような悪い風は吹かないでほしい。 子供達よ、大きく成長していっておくれ。 そんな願いが込められた歌なのでしょう。 動画をどうぞ こんな悲しい思いが入っている歌詞だと知ってしまうと、明るく楽しくは歌えなくなりますよね。 私も涙をこらえながらレコーディングして動画を作りました。 子供達に見てもらいたいので、明るく可愛く作っております。 参考:Wikipedia、池田小百合なっとく童謡・唱歌.

次の

童謡「シャボン玉」は怖い歌?

シャボン 玉 童謡

さっちゃんはね さちこっていうんだ ほんとはね だけどちっちゃいから じぶんのことさっちゃんってよぶんだよ おかしいな さっちゃん 都市伝説が付きまとっている代表的な歌といえば『 さっちゃん(サッちゃん)』ではないでしょうか。 死んでしまった女の子のことを歌っているとの都市伝説があります。 いったいどんな噂なのか、具体的な3つの説を見ていきましょう。 病死説 さっちゃんが病死してしまったという説です。 2番の「バナナを半分しかたべれない」と3番の「とおくへいっちゃうってほんとかな」の部分ですが、この歌の主人公であるさっちゃんは病弱で体が弱く、バナナを半分しか食べることができず、 もうすぐ天国からお迎えが来る……と解釈できます。 幻の4番説 『さっちゃん』の歌詞は3番までとなっていますが、 実は 4番目の歌詞が存在するという説です。 その歌詞の内容がコチラになります。 さっちゃんがね おべべをおいていった ほんとだよ だけどちっちゃいから きっともらいにこないだろ かなしいな さっちゃん おべべとは着物のことです。 なぜ、さっちゃんは着物を置いていったのでしょうか? さらに謎として残るのが、『さっちゃん』は 4番目の歌詞にとどまらず、なんと その先の歌詞がまだあるという説です! 最終的には 10番まで歌詞があり、さっちゃんは 電車に足を轢かれて亡くなったとか……。 しかも、誰かに押されて電車に轢かれてしまったので、さっちゃんのことを押した人物を恨みながら死んでいった、というものです。 足を轢かれて歩けないためおべべをとりにこれない、ということなのでしょうか。 呪いの歌説 『さっちゃん』には後付けの言い伝えもあります。 4番以降の歌詞の背景には 実際に北海道で起きた電車の事故があるというものです。 寒い真冬の日に、サチコちゃんという女の子が電車に轢かれてしまいました。 あまりに寒かったため即死せず、半分になった体の切断面が凍結し、自分の下半身を探しながら息絶えてしまう……想像しただけでも恐ろしい話ですね。 後日、サチコちゃんのクラスメイトの男子が、この事故について『さっちゃん』の替え歌で、おもしろおかしく4番の歌詞を作ったといわれています。 そして、こ の男子は3日後に足のない死体で発見されたとか……。 さて、呪いの歌説はここからです。 なにも起きないとわかっていても、やはり気味が悪いですよね。 歌詞からあらゆる解釈ができる「かごめかごめ」 かごめ かごめ かごのなかのとりは いついつでやる よあけのばんに つるとかめがすべった うしろのしょうめんだーれ 『かごめかごめ』も子供たちによく歌われた有名な童謡です。 一人の子がしゃがんで顔を伏せ、その周りを手をつないだ子供たちが輪になってくるくる回りながら歌う。 そして、「うしろのしょうめんだーれ」で止まる。 しゃがんだ子は自分の後ろにいる子が誰か当てる、という遊びを幼い頃したことがある人もいるのではないでしょうか。 マイナーコードのメロディで、なんだかもの悲しい雰囲気を持つわらべ唄。 子供の頃は何も考えずに歌っていましたが、大人になった今この歌詞を読むと、なにか悲しい物語が背景にあるような気がします。 流産説 1番有力とされているのが流産説です。 この説では 「かごめ」は 妊婦を、 「かごのなかのとり」は 胎児を指しているといわれています。 「 つるとかめがすべった」の意味は、 妊婦が誰かに突き落とされ、流産してしまった。 最後の「うしろのしょうめんだあれ?」は、「背中を押したのは誰?」と犯人を探している様子を歌っているというのです。 嫁を嫌うあまりに姑が後ろから押したのではないか、ともいわれています。 罪人説 罪人を表す歌という説もあります。 処刑場で斬首されている様子を子供が真似たという話で、下記のような歌詞の解釈がされています。 最後の「うしろの正面だーれ」は、 斬られた首だけが後ろを向いている様子を表しているというのです。 想像しただけでもゾッとしますね。 遊女説 「籠の中の鳥」が 遊女を表しているという説もあります。 昔は、貧しい家に生まれた女性が、遊郭に売りに出されることも珍しくありませんでした。 遊郭という名の籠から助け出してくれる人といつ出会えるのか、という切ない遊女の気持ちを歌っているという説です。 帰りは怖い?「とおりゃんせ」 とおりゃんせとおりゃんせ ここはどこのほそみちじゃ てんじんさまのほそみちじゃ ちっととおしてくだしゃんせ ごようのないものとおしゃせぬ このこのななつのおいわいに おふだをおさめにまいります いきはよいよいかえりはこわい こわいながらも とおりゃんせとおりゃんせ 『とおりゃんせ』も長いあいだ親しまれている歌のひとつですが、歌詞が怖いなと感じたことはありませんか? 意味はわからないのですが、歌詞に「こわい」というフレーズも出てきますよね。 この部分だけでも子供ながらに「どんな意味で怖いんだろう」と疑問に思った人もいるでしょう。 では、この歌にはどんな意味が隠されているのか見ていきましょう。 神様への生贄説 まずは、神様への生贄説です。 神社の門番と、 子供を連れた母親との掛け合いが歌われているといわれています。 簡単に説明すると、母親が門番に「天神様にお参りするのはいいが、帰りは暗くて危険だよ」と止められているのですが、母親は「それでもいいのです」と答えます。 昔は天災などが続くとそれを鎮める為に生贄をささげたとか。 今の時代では考えられませんが、実際に行われていたのでしょう。 切ない話ですね。 これだけでは「なぜ帰りは怖いのか」がわからないので、さらに考察をすすめます。 「帰りは怖い」その理由は…… 昔は、子供が幼くして亡くなってしまうことも少なくありませんでした。 そのため、子供が7歳を迎えると、その成長が祝われたのです。 今でもこのお祝いは、日本でおなじみの行事「七五三」として残っています。 かつては、「 7歳までは神の子」で、それを過ぎたら神の子ではなくなってしまうと信じられていたのです。 また、「こわい」は方言という説もあります。 「疲れた」を「こわい」と言う地方があることをご存知の方もいるのではないでしょうか。 そのままの意味でとると「行くときは元気だけど、たくさん歩くから帰りは疲れる」と解釈できるというものです。 ) 『はないちもんめ』も子供に人気の遊び歌です。 友達が取られるんじゃないか、自分が取られるんじゃないかとハラハラしますよね。 じゃんけんして負けたら相手の組に取られ、また取り返して……最終的に1人になってしまったときなんか、絶対に勝たなければいけない!と逆に燃えますよね。 とてもほのぼのとした子供の遊びだと思いきや、この歌にも悲しい事情が隠されているというのです。 人身売買説 花いちもんめの「もんめ」は漢字で「 匁」と書きます。 「匁」には、 重さを測る単位と 銀の通貨単位という2つの意味があります。 歌の中では後者の意味、つまり 子供の値段を表しているというのが人身売買説です。 「勝った負けた」は値段交渉を表し、あの子がほしい、というのは子供の品定めをしている様子を歌っていると……。 調べれば調べるほど日本の童謡やわらべ唄って怖くないですか!? 3番で急変する「てるてる坊主」 てるてる坊主てる坊主 あした天気にしておくれ いつかの夢の空のよに 晴れたら金の鈴あげよ 遠足の前の日に雨が降っていたら、てるてる坊主を作って窓に吊り下げて晴れを願ったことがある、という人は多いのではないでしょうか。 意外と効果があったように思うのですが、みなさんはどうでしたか? てるてる坊主こそ、子供らしい童謡ですが、この歌にも何か隠されているようですね。 身代わり説 身代わり説のルーツは中国にあります。 その昔、「 晴娘(チンニャン)」という名の少女が住んでいた地域で、何日も豪雨が続いたそうです。 人々が天に祈るも効果はありません。 そんなとき「晴娘」が家の屋根に上がり、雨が一刻も早く上がるように祈りを捧げました。 すると 長雨が嘘のように止んだのです。 しかし、晴娘はこつぜんと姿を消してしまいました…… このように自分を身代りにして地域の平和を守った少女のお話が、てるてる坊主につながったとされています。 殺人説 日本には『てるてる坊主』殺人説があります。 それは、子供の歌にしてはショッキングなフレーズ、歌詞の3番「 そなたの首をチョンと切るぞ」にヒントが隠されています。 3番を簡単に説明すると、「天気にしてくれなくちゃ首を切り落とすぞ」という内容です。 昔、ある村で何日も雨が続き、村人のためにお坊さんは一生懸命祈祷を続けたのですが、全く雨が止む気配はありません。 とうとう城主がしびれをきらしてしまい、お坊さんの首をはねてしまった。 そして、 お坊さんの首をみせしめの為につるしたところ、雨が嘘のようにピタッと止んだ……という言い伝えがあります。 そ れがてるてる坊主のはじまりだという説があるのです。 いちねんせいになったら いちねんせいになったら ともだちひゃくにんできるかな ひゃくにんでたべたいな ふじさんのうえでおにぎりを ぱっくんぱっくんぱっくんと 友達が100人と自分で101人のはず……。 あれ? 1人はどこへいっちゃったの?ということです。 この歌は戦時中に作られたそうなのですが、あまりの食糧難から、 消えた1人はみんなに食べられてしまったのでは?という噂が……。 あくまで、噂なのですが……。 童謡には怖~い都市伝説がたくさんある! 昔から現在まで歌い継がれている童謡やわらべ唄には、こんなに怖い都市伝説があったのです。 これを子供の頃に知ってしまっていたら、かなりのトラウマに陥っていたことでしょう。 恐怖を感じたりゾッとしたりするだけでなく、その歌の悲しい 時代背景も知ると、切なくなりますよね。 「 怖い歌」には、いくつもの伝説や言い伝えが背景にあるものもあります。 興味が湧いた人はぜひ歌詞をみたり調べたりして考察してみてくださいね。

次の