僕 だけ が 17 歳 の 世界 で 最終 話。 佐野勇斗&飯豊まりえ「僕だけが17歳の世界で」最終回、最高視聴者数獲得!続編希望の声も

山崎賢人、佐野勇斗&飯豊まりえ「僕だけが17歳の世界で」に友情出演!

僕 だけ が 17 歳 の 世界 で 最終 話

instagram. 最後に仲間5人で撮った写真を手に航太を探す芽衣だが、見つけることはできなかった。 「会いたいよ……航太に会いたいよ」 航太がいなくなり、この上なく落ち込む芽衣。 それを見た伊織は、葛藤の末ある覚悟を決め、驚きの行動に出る。 風に吹かれている桜の木、残り少ない花びらがハラハラと舞い落ちる。 芽衣の7年越しの願いは叶うのか。 航太が出した答えとは……。 abema. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. instagram. facebook.

次の

本日最終回!!話題のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」。プロデューサー藤野良太氏と挿入歌を歌うMACOによるスペシャル対談が実現!!|株式会社STARBASEのプレスリリース

僕 だけ が 17 歳 の 世界 で 最終 話

見逃した分の最新話だけ見たいという方にはTVerでもいいと思いますが、全話見放題はこの1つしかありません。 CMも表示されないので快適ですよ。 僕だけが17歳の世界で 動画無料視聴の方法 AbemaTVは月額873円 税抜 ですが 月額一ヶ月 間無料です。 そして、無料期間内に解約すれば無料のままで、料金が請求されることはありません。 染谷航太 演 — 佐野勇斗• 今野芽衣 演 — 飯豊まりえ• 石川伊織 演 — 結木滉星• 野田はるか 演 — 大友花恋• 神藤直輝 演 — YOSHI• 吉村亮平 演 — 渡辺佑太朗• 神藤大輝 演 — 浜野謙太• 赤池和茂 演 — 袴田吉• 染谷志乃 演 — 石田ひかり みどころ 高校3年生・17歳の染谷航太と、幼なじみの芽衣。 2人は互いに両想いなことに気付くも、思いを伝えることなく航太が亡くなってしまう。 7年後、24歳になった芽衣は、真冬に季節外れの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに里帰りする。 するとそこには死んだはずの17歳の航太がいた。 奇跡の桜が咲いている期間だけしかこの世にいられない航太。 彼は残された時間で誰に何を伝えるのか。 航太の死に隠されていた秘密とは? wikipedia. まず、高校生の頃のきらめきについてです。 この作品では、主人公の高校生時代の回想シーンが描かれるのですが、幼なじみなどの仲良しグループの楽しそうなやり取りが次々と映し出され、私もこの中に入りたいと思うほどのきらめきがあり、思わず夢中になって見ていました。 次に、主人公と幼なじみとの切ない別れについてです。 この作品では、主人公と幼なじみとの恋模様が描かれるのですが、お互いに気持ちを上手く伝えられないまま、幼なじみが亡くなってしまいます。 その際に、主人公が後悔と悲しみから涙を流す場面は、その感情が痛いほど伝わり、こちらも胸が苦しくなりました。 それから待ちに待っての桜の下での告白の日にまさかのあんなことが起きるとは!泣いた!泣かずにはいられなかった!そして7年後現れた!さぁこれからどうなるの!?いつかまたいなくなっちゃうの?どんな展開が待ってるのかハラハラドキドキのラブストーリーにこれからも期待中! 僕だけが17歳の世界で各話あらすじ 1話 「もしも奇跡が起こるなら、もう一度会いたい。 今度こそ、君に想いを伝えたい。 」 航太と芽衣は、幼馴染の高校二年生。 7年後の2020年。 芽衣は7年ぶりに故郷に戻り、航太との思い出が詰まった桜の木の下を訪れる。 そこに現れたのは、死んだはずの17歳のままの航太だった。 奇跡の桜が咲く間しかこの世にいられない航太は、残された時間で芽衣に想いを伝えることができるのか。 航太と芽衣の幼馴染の恋の行方は?航太の死に隠された衝撃の秘密とは? 最後に二人がとった運命の選択はーー。 あの日、航太の身に起きたこととは。 知られたくなかった芽衣の秘密とは--。 ——————— 満開の桜の丘に現れたのは、7年前にこの世を去ったはずの航太(佐野勇斗)だった。 驚いた芽衣(飯豊まりえ)は思わずその場から逃げ出し、亮平(渡辺佑太朗)に報告する。 「桜の木の下に行ったら、航太がいたの」 その場にはるか(大友花恋)も現れ、航太が走っている姿を見かけたという。 もう一度航太に会いたいと思った芽衣は再び桜の丘を訪れるも、その姿はない。 神社で「もう一度航太に合わせてください」と手を合わせると、そこに見覚えのある姿を発見する--。 直輝(YOSHI)に「お前は17歳のままだけど、あっちは24歳なんだから男のひとりやふたりいて当然」と言われ、7年の歳月に苛立ちを隠せない。 職場で不倫をしていたことをはるか(大友花恋)に打ち明けた芽衣。 「私、航太にがっかりされたくないの。 できれば17歳の自分に戻りたいけど、それは無理だから」と、東京に戻ることを決める。 一方、7年前に航太がいなくなったあとかなり塞ぎ込んだという芽衣の様子を亮平(渡辺佑太朗)から聞いた航太は、「俺、戻ってこない方が良かったのかな」とやりきれない気持ちになる。 そんな中、神主の大輝(浜野謙太)の「この世に偶然なんて存在しないんだ。 取るに足らない出来事にも必ず意味がある。 それが運命というものだ」という言葉を聞き、自分がこの世界に戻ってきた理由を考えた航太は……。 「これからのこと、もう一度ちゃんと考えてみようかなって」 と、しばらく東京に戻らないことを告げる。 一方、はるか(大友花恋)は「俺が航太を殺した」という伊織(結木滉星)の言葉が気になっていたが、誰にもそれを話せずにいた。 「母さん、どうしてるかな」 行方がわからなかった母・志乃(石田ひかり)が気がかりだった航太は、神社に集まった桜の署名帳の中から偶然母の名前と現在の住所を見つける。 ひとり東京に向かった航太。 しかしそこでは……。 「私、また航太に会えたんだよ。 一度、会いに来てみてくれないかな?」 芽衣(飯豊まりえ)は航太(佐野勇斗)との鍋パーティーに伊織(結木滉星)を呼ぶも、結局姿を現さなかった。 はるか(大友花恋)は、7年前の事故の日に伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを芽衣に告げる。 だが芽衣は、伊織が航太を殺すなんて絶対に有り得ないと反論する。 そんな中、伊織は神社で航太の姿を目の当たりにし、唖然とする。 7年ぶりの再会を果たした航太と伊織。 だが航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。 自転車で勝負をしていた途中、突然目の前に現れた車を避けようとして、崖から転落したのだった。 航太はその時、誰かが見下ろしているのに気づいたが、それが誰かはすぐに思い出せなかった。 記憶を辿ろうとした途端、倒れてしまった航太。 心配した芽衣(飯豊まりえ)が神社に駆けつけ、今はとにかく安静にしているようにと釘を刺す。 「桜の花が散るまでに告白されますように」 帰り際、自分が願掛けした絵馬を見つめる芽衣。 「もしも私があんな願い事をしなければ、もっと違う未来が待っていたのだろうか?」 複雑な思いを抱えた芽衣は、伊織の元を訪ね……。 桜について神社の神主・大輝(浜野謙太)に尋ねると、「冬に桜が咲くと奇跡が起きる。 花が散るまでの間だけ、桜に不思議な力が宿る」という。 桜が散れば消えてしまう。 そう感じた航太は、芽衣(飯豊まりえ)のために何かできることはないかと考え、仲間たちをスケートに誘う。 まるで高校時代に戻ったようにはしゃいだ航太たちだったが……。 最後に仲間5人で撮った写真を手に航太を探す芽衣だが、見つけることはできなかった。 「会いたいよ……航太に会いたいよ」 航太がいなくなり、この上なく落ち込む芽衣。 それを見た伊織は、葛藤の末ある覚悟を決め、驚きの行動に出る。 風に吹かれている桜の木、残り少ない花びらがハラハラと舞い落ちる。 芽衣の7年越しの願いは叶うのか。 航太が出した答えとは……。

次の

本日最終回!!話題のAbemaTVオリジナルドラマ「僕だけが17歳の世界で」。プロデューサー藤野良太氏と挿入歌を歌うMACOによるスペシャル対談が実現!!|株式会社STARBASEのプレスリリース

僕 だけ が 17 歳 の 世界 で 最終 話

そこから、どこぞの我儘プロデューサーが…僕のことなんですけど(笑)、何回も何回も「書き直して」とお願いして手直ししてもらって、あげく違う曲にしちゃったという酷い話がありまして。 MACO:一生忘れないプロデューサーさんになりました(笑)。 藤野良太:まあ、ラブストーリーって真逆の印象から入るものじゃないですか(笑)。 そこから時は巡って、MACOさんのライブに行ったんです。 その後にご挨拶したら「何度でも書きますから」というパンチラインを貰って、それがグサっと刺さったんですよ。 そこから数年経って、ドラマ『僕だけが17歳の世界で』(以下、ボクセカ)の名前がないくらいの段階で「もう1回、一緒に交われたら良いな」と思って依頼しました。 ただ「別れ」をテーマに企画を通していたり、AbemaTVでやるからには「恋愛リアリティーショーに勝たなきゃいけない」となったときに、「ファンタジーで勝負しなきゃ」と思うようになり、キーワードを頭の中に足していったらコンセプトが降りてきました。 雰囲気が本当の同級生みたいで。 だから画面を通してもより泣けるし、共感できるし、自分も学生時代に戻った気分になれるんです。 藤野良太:ああいう状態に持ってくるのが必ず大切と思っています。 特に若いキャストって、役柄にどこか1点、本人たちが持っているいいところを持たせて、そこから膨らませた方が役に入りやすい。 自分との接点を見つけてくれて、いい表情をすごく引きだせるんです。 飯豊まりえちゃんとも、最初に「飯豊まりえの武器は何? 良いところって何だと思う?」という質問をして。 MACO:「笑顔」ですよね。 藤野良太:そう。 この話は「17歳の頃は大切な人がいて、その人がいたから笑えていたけど、そんな芽衣ちゃんから笑顔が消えて、その大切な人が戻ってくることによって笑顔を取り戻すまでの話」と伝えたら、スッと入ってくれたんです。 その代わり、17歳の笑顔と24歳の笑顔は違うから、1話目は17歳で、最終話は24歳の笑い方にして、最後の笑顔をちゃんと大切にしていこうね、と。 MACO:そうなんですね。 私、この話を今初めて聞いたんですけど、1番のサビが「あなたの笑顔が私を救ったのです」で始まるのでビックリしました。 藤野良太:だからすごいと思ったの。 それを資料から読み取ったんだと思って。 MACO:めちゃくちゃ分厚い紙資料が送られてきて、夜寝る前にベッドの中で読んで「桜の木の下」というキーワードを大事にしながら、芽衣ちゃんに憑依して書きました。 藤野良太:本当にすごい。 僕がドラマ主題歌をお願いしたなかで、歌詞を修正しなかったことでは今まで1回もないんですけど、今回のMACOちゃんが初めて1回も修正なく進みました。 MACO:そうなんですね。 2番の「桜の木の下」のフレーズなんて、まだまだたくさん言葉があったんです。 2番の歌詞こそ大事だと思って、悩みに悩みましたね。 私、「好き」とか「大好き」とか「愛してる」ってサビでストレートに言っちゃうんです。 だから、それを言わない歌詞を2番にはめてみたいって話し合って、「あなたの記憶で私は生きれるのです」というフレーズになりました。 藤野良太:MACOちゃんの歌詞ってすごくストレートだけど、ディテールに惹かれるんです。 ただ「大好き、愛してる」と言っているだけだと映像が浮かばないんですけど、ディテールがある歌詞って、風景がパーンって浮かぶというか。 学生であることや、そこでじゃれ合うシーン、人は蘇るというコンセプトを踏まえて歌詞を書きました。 藤野良太:そういえば4年前って何曲か候補があったけれど、今回は1曲だけドンと送られてきたんですよ。 MACO:全部が一気に降りてきて「これしかない」と思って。 メロディーもある日、自分の部屋でストンと降ってきたというか。 藤野良太:メロディーと言葉、どっちから降りてきたの? MACO:言葉です。 言葉を書いているときに、メロも書いちゃえというところまで進んだんです。 自分的に切ないメロが降りてきたと思って、歌詞と一緒にほぼ同時進行で書いていました。 藤野良太:フレーズは頭から順番に降りてきたの? MACO:そうです。 藤野良太:「生まれ変わってもまた会いたい」から作ったのかなって思っちゃった。 歌は一発目でとったテイクなんだよね。 MACO:そうなんです。 レコーディングって、ピッチがどうとか、技術面の方に気をとられちゃいがちですけど、降りてきた歌詞って1stテイクを超えられないことが多くて。 今回も一発目に録音したものが使われました。 藤野良太:でも、7話と8話で本領を発揮するんですよ。 今はあえて「桜の木の下で」というフレーズまで流していないんです。 なぜかというと、あの2人は桜の木の下で会ってないから。 だから、そこがバシッとはまる最終話を早く見てほしいです。 藤野良太:今回は企画書や作品ありきでやってくださったと思うんですけど、次はMACOちゃんの曲からドラマを作ってみたい。 ミニドラマとかになるのかもしれないけど。 MACO:いいですね、それやりましょう。 いっぱいストックがありますよ。 いろいろな恋愛が(笑)。 藤野良太:情景が浮かぶ曲がすごくあるからいいと思うんです。 ストーリーと曲が本当に出会ったら、ものすごく素敵になるじゃないですか。 主題歌や挿入歌というより、そうじゃない作り方がもっとあってもいいのかなと思って。 MACO:新しい。 ぜひやりましょう。 私は、そうですね…やっぱり、今後の藤野さんが作る作品に、また曲を書き下ろしたいです。 今回のように登場人物の設定とか企画書からでもいいんですけど、台本が出来上がってから読み込んで、憑依してしっかり歌詞を書いてみたいと思います。

次の