ディズニー ハデス。 【悪役】ディズニーヴィランズのハデスを紹介!プロフィール&意外な秘密まとめ!

【悪役】ディズニーヴィランズのハデスを紹介!プロフィール&意外な秘密まとめ!

ディズニー ハデス

ヴィランズとは? 中には、初めてヴィランズという名前を聞いた方もいるのではないでしょうか。 ヴィランズとは、ディズニー作品に登場する悪役キャラクターたちのこと。 ディズニー映画には必ず心美しいヒロインやヒーローたちが登場しますが、同じくほとんどの作品で悪役たちも登場します。 そんな悪役たちを、ディズニーでは「ヴィランズ」と呼んでいるんですよ。 悪役「ヴィランズ」はヒロインやヒーローたちを消すために、あの手この手で悪さを企みます。 そんな恐ろしいヴィランズですが魅力的なキャラクターが多いため、近年ではハロウィンイベントの主役になり多数の商品展開も行われています。 また、ほとんどのヴィランズは赤や黒、紫のような、恐怖感や威圧感を与える3色カラーのコスチュームに身をまとっていることが多いです。 多数のディズニー作品に登場するヴィランズですが、 ・くまのプーさん ・ラテン・アメリカの旅 ・三人の騎士 などの作品には一切登場しません。 ディズニーの悪役:ディズニー・ヴィランズの中心人物 ディズニー・ヴィランズの中で中心核と言われる悪役たちをご紹介します。 ウィックド・クイーンは、邪悪な老婆(魔女)に変身し毒りんごで白雪姫を殺そうとする恐ろしくも美しい女王。 外見は、黒いマントに金の王冠と青紫色の女王らしいゴージャスな衣装を着ています。 この世で自分が1番美しくないと気がすまない白雪姫の継母であり、裏で黒魔術を操ることも。 公式では「ウィックド・クイーン」と呼ばれていますが、他にも「エヴィル・クイーン」や「クイーン・グリムヒルド」など様々な呼び名がある悪役のようです。 また、ウィックド・クイーンのイメージモデルはハリウッド女優のジョーン・クロフォードだと言われています。 映画のストーリーはそれぞれ違うものの、悪役たちの最期にはちょっと不思議な共通点があることをご存知でしょうか? それは、ヴィランズの最も多い死因は「転落」なのです。 もちろん中には、魔法が跳ね返って消えてしまう人や、船に激突され死んでしまう人など様々な死のパターンもあります。 なぜディズニーの悪役たちは「落下死」が多いのでしょうか? 1つ目の理由は大勢の子供たちの目に触れる映画なので、なるべく残酷な描写を描きたくないというディズニー側の配慮があるそうです。 もう1つは主役たちの手を汚さずに済むのだとか。 いくら悪役だからと言ってプリンセスやプリンスが残酷な殺し方をしてしまったら、後味が悪くなってしまいますし「残虐」な印象がついてしまいますね。 ディズニーの悪役:ヴィランズの子供たちが映画の主役に ヴィランズたちの子供が主役の映画って? ディズニー・チャンネルでは、ヴィランズファン必見の『ディセンダント』という実写映画が放送されています。 どんな内容なのかというと、「もしもディズニー・ヴィランズに10代の子供たちがいたら…」という設定の物語です。 『眠れる森の美女』のマレフィセントをはじめ、『アラジン』のジャファーや『白雪姫』のウィックド・クイーン、『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ヴィルたちの個性溢れる子供たちが登場します。

次の

ヘラクレス・ディズニー版あらすじと登場キャラクター!メグとはどんなヒロイン?

ディズニー ハデス

ヘラクレスは、ディズニー史上初めてギリシャ神話を題材にした作品ですが、原典を改変しまくっているため、設定だけを借りた全くの二次創作の部類に入ると言われています。 そんなアメリカナイズされたギリシャ神話、ヘラクレスのトリビアを紹介しましょう。 まず出自に関しては、原典ではゼウスが人間の女性と浮気して生まれたのに対し、ディズニー版では正妻であるヘラの子・・・つまり純然たる神の子として生まれました。 よってヘラとの関係は大変良好であり、原典のように奥さんを殺されたり、12の功業が発生したりはしていません。 原典では敵だったヘラの役割は、ゼウスの兄であるハデスが担っています。 劇中の序盤の方でモデルをしていた主人公が被っている毛皮は、スカーの毛皮だと言われています。 ディズニー版のヘラクレスでは12の功業の1つであるネメアの獅子退治が発生していませんので、原典へのオマージュとしてこのような場面が加えられたのでしょう。 ですが仮に12の功業が実現していたら、スカーはネメアの獅子としてカメオ出演していたかもしれませんね。 これは、2001年から2003年にかけて放送されたディズニーのクロスオーバーなTVシリーズ内で設定され、劇中では恋愛描写も描かれました。 神様ということもあってか、ハデスは他の媒体でもアニメ以上の強キャラとして度々登場し、中々優遇されています。 そして主人公であるヘラクレスのキャラ自体も、原典での粗暴さに比べて随分と好青年となっているので、版権キャラとして他媒体のゲームに頻繁に登場しています。 特にキングダムハーツシリーズにおいては、一番クロスオーバーしているキャラと言われています。 しかしながらこの作品以降、題材選びが地味なこともあってかディズニー映画は長らく低迷することとなり、アナと雪の女王の大ヒットまで忍従の日々が続くこととなります。

次の

【Disney(ディズニー)/ディセンダント】ハデス/Tシャツ<予約>

ディズニー ハデス

の紹介:1997年ディズニーアニメ映画。 この作品は、ギリシャ神話をモチーフに、ゼウスとハデス、そしてヘラクレスの対立を描いた映画です。 ゴスペル曲で物語が語られて行くため、テンポのいい作品です。 また、ギリシャ神話の神々でありながら、コメディ要素もつよく、楽しく見られる作品です。 神の子でありながら、陰謀に巻き込まれ人間世界で育ったヘラクレスは、「真のヒーロー」になって、神に戻れるのか。 ヘラクレスの恋模様と、ハデスの不憫さも注目です。 ヘラクレス ディズニー のネタバレあらすじ:ヘラクレスの誕生と企み ギリシャ, オリンポスでは、神々がゼウスの子ヘラクレスの誕生を祝いに集まっていました。 冥界の王ハデスも、祝いには訪れますが、神々から歓迎されることなく冥界へと戻っていきます。 ハデスは、自分を冥界へと押しやった兄ゼウスのことが大嫌いで、いつかオリンポスを支配する、野望を持っていました。 ハデスは、過去も現在も未来もすべてを見通すし、人に死を司る運命の女神たちから、ある未来を伝えられます。 それは、「太陽系の惑星全てが一列に並んだ時、封印されたタイタン族を解放することで、ハデスがオリンポスの支配者になる。 ただし、ヘラクレスと戦ってはいけない」というものでした。 そのため、ハデスは、部下のペインとパニックに、人間になる薬をヘラクレスに飲ませるよう命令します。 しかし、ドジなペイン達は、薬を一滴だけ飲ませることができず、神の力を持った人間になってしまいました。 ヘラクレス ディズニー のネタバレあらすじ:ヘラクレスの英雄への道 人間になってしまったヘラクレスは、農夫に育てられていました。 しかし、神の力を持つヘラクレスは、力をコントロールできず、街を破壊してばかりで嫌われ者です。 そこで養父は、ヘラクレスを、自分が何者であるかを知る旅に出します。 ゼウスの神殿にたどり着いたヘラクレスは、自分がゼウスの息子であることを知り、「真のヒーロー」になれば、オリンポスに戻れると告げられます。 そのため、ゼウスがヘラクレス誕生を祝い生み出した、ペガサスと共に、英雄を育てるコーチ,フィルを探し出します。 しかしフィルは、自分の最後の弟子アキレスが、踵が弱くあっけなく死んでしまったことから、コーチを引き受けようとはしません。 ゼウスに脅され、しぶしぶコーチを始めますが、次第にヘラクレスの力を信じ、自分の夢も取り戻します。 ヘラクレス ディズニー のネタバレあらすじ:ヒーロー誕生と恋心 トレーニングを続け、成長したヘラクレスはヒーローになるため、街に向かいます。 その途中怪物に襲われていた女性,メグを助け出し、ヘラクレスはメグに一目惚れをしてしまいます。 街へとむかうヘラクレスを見送ったメグのもとに、ハデスが現れます。 メグは、自分の恋人が死んだ時、助ける代わりに自分が働く契約をハデスとしましたが、その彼氏はあっけなくメグを捨ててしまったのです。 そのため、メグは、ハデスの奴隷としてヘラクレスをヒュドラのもとへ導きますが、ヘラクレスは勝利します。 怪物達を次々に倒して行くヘラクレスは、人々にヒーローとしてたたえられますが、「真の」ヒーロではないとして、オリンポスへ行くことがかないません。 ヒーロー業に疲れたヘラクレスは、メグと抜け出し、デートをします。 その中で、男性不振だったメグも、ヘラクレスに恋心を抱くようになります。 それを見抜いたハデスは、メグを捕まえ、助ける代わりに一日だけ神の力をヘラクレスから取り上げる契約をします。 ただの人間となったヘラクレスの前で、ゼウスは、全て罠であることを告白し、封印されていたタイタン族を解放して、オリンポスへとせめて行きます。 ヘラクレス ディズニー の結末:神の目覚め 人間となったヘラクレスのもとにもタイタン族が現れ、戦いますがこてんぱんにされてしまいます。 責任を感じたメグは、犬猿の仲のペガサスと共にフィルを探し出し、ヘラクレスのもとへと連れて行きます。 ヘラクレスは、頭脳戦で勝利しますが、建物が倒れてきます。 しかし、メグが庇ってしまいます。 メグがけがをしたことでハデスとの契約が不履行となり、ヘラクレスは神の力を取り戻します。 しかし、オリンポスで暴れるタイタン族を倒し戻ってきた時には、メグは死んでいました。 そこで、ヘラクレスはハデスのもとを訪れます。 死んだ魂が漂う沼からメグを連れ出せたら、生き返らせていいと約束を受け、飛び込みます。 生きた者が飛び込めば死んでしまう沼でしたが、ヘラクレスは、神となって復活します。 メグの魂を引き上げ、ハデスを突き落としてから、ヘラクレスはメグを生き返らせ、オリンポスへと訪れます。 神として歓迎されるヘラクレスをみて、メグは身を引こうとしますが、ヘラクレスは人間として、メグと一緒に生きることを選択するのでした。 以上が「ヘラクレス」のあらすじと結末です。

次の