ここ から 近い 飲食 店。 飲食店が新しい行動様式、文化を創る時代に!? これからの酒場やレストランの楽しみ方について

お肉ならここ!! 安くておいしいから、一度買ったらほとんどがリピーターに~神戸食肉 高丸店(㈱上東商店)~千鳥ヶ丘~

ここ から 近い 飲食 店

ひと昔前まで、飲食店探しには口コミサイトが広く使われていましたが、最近ではSNSが中心。 ユーザーが投稿する写真や口コミで、店の雰囲気や料理の見た目がわかりやすいことが理由のひとつ。 また「 ハッシュタグ」により、気軽に最新の情報を得られることも人気の理由です。 その代表的となるのは、テキスト・写真・動画を組み合わせ、拡散力が強みの「Twitter」、「インスタ映え」が料理の人気を左右するキーワードとなった写真が中心の「Instagram」、動画で料理を紹介する「YouTube」などなど。 最近ではショートムービーを投稿する「TikTok」が10代の若い人たちを中心に流行っています。 これらSNSでの重要なポイントは拡散力。 なかでもフォロアーが多い「インフルエンサー」が取り上げることで、瞬く間に情報が「拡散」します。 食を中心に紹介するアカウントのインフルエンサーが取り上げた飲食店や料理のジャンルがトレンドとなることもあるのです。 食のインフルエンサーを紹介 (1)SNS有名人 ・りょうくんグルメさん フォロワー約40万人、ツイッターで活躍しています。 写真がとても美味しそうです。 ・ツレヅレハナコさん 食と酒と旅を愛する編集者。 インスタグラムでは取材先で出会った土地の料理やお店を紹介。 フォロアーは約3万5千人。 料理はもちろん、旅へのあこがれや、旅先の思い出を共有したい人たちにも人気です。 ・arikoさん ファッションやフードの特集を手掛ける編集者ライター。 インスタグラムでは、「そろそろ食べたい」タイミングで季節に合わせた料理をポスト。 自分らしさを大切にするお洒落なライフスタイルがフォロワーの心をぐっとつかみ、フォロワーは12万人を超えています。 (2)食の著名人 ・大崎 裕史さん 自称日本一ラーメンを食べた男。 ラーメン店やラーメン関連のイベントをツイッターで紹介しています。 スープの色やきらめきが映える写真が、世のラーメン好きを魅了します。 ラーメンだけでなく、他ジャンルの料理店を「食べログ」でも紹介。 ツイッターは約3万人、食べログでは4万人を超えるフォロワーがいます。 ・川井 潤さん 食のレジェンド番組「料理の鉄人」を企画したプランナー。 「食べログ」でのフォロワーは約5万5千人。 レビューは「食の幸せをおすそ分け」がテーマです。 料理だけでなく、店主の人柄も含め丁寧に紹介しています。 ・柏原 光太郎さん 日本料理研究会「和の食と心を訪ね歩く会」を主宰する編集者。 「メディアにあまり出ない美味しいお店を発掘する」をテーマに、「食べログ」で飲食店を紹介しています。 本当に美味しいモノを探している人に人気で、フォロワーは約5万人です。 (3)グルメ芸能人 ・高嶋政宏さん 俳優の高嶋さんは、ロケ先などでふらっと立ち寄って発見したお店を「食べログ」で紹介しています。 食べた時の驚きや感動を率直につづり、読者の「行ってみたい」を刺激します。 ・嘉門タツヲさん シンガーソングライターの嘉門さんは、「日刊ゲンダイ」で訪れた料理店を紹介するエッセイ『愛メシ』を連載。 お店の来歴から店主の人柄や料理へのこだわりなどを丁寧に紹介しています。 「食べログ」でも記事を読むことができます。 ・ケンドーコバヤシさん 吉本屈指の美食家、ケンドーコバヤシさん。 「ぴあ関西版web」で美味しさと魂を兼ね備えた料理店を紹介する『ケンドーコバヤシのたまらない店』を16年間にわたり連載しています。 ここで紹介されたお店が、「 たまらん」のハッシュタグつけられSNS上で話題となることもあります。 ・フォーリンデブはっしーさん ブログ、インスタグラム、ツイッター、YouTubeと自在にSNSでグルメ情報を発信するグルメタレントのはっしーさん。 高級店から格安店まで幅広く食べ歩き、インスタグラムだけでもフォロワー数は18万人を超えています。 食のインフルエンサーに取り上げてもらうには 食のインフルエンサーと呼ばれる人たちは、実際に自分が足を運んだ料理店や舌で確かめた料理を投稿します。 同時に、SNS上でも常に食のアンテナを立て、情報収集をしています。 また、食べ歩きなど食について発信するアカウント、いわゆる「食アカ」にも注目しています。 では、飲食店を運営する側は、どのようにしたらインフルエンサーのアンテナにかかりやすくなるのでしょうか。 ここからは、飲食店運営者にSNSを使った集客のヒントをご紹介。 食のインフルエンサーにお店を知ってもらい、拡散してもらうために何をしておくとよいのでしょうか。 (1)小まめに投稿する 投稿数が少なければ、そもそも人目につきません。 「本日のオススメ」や「看板メニュー」などを小まめに投稿します。 食材や調理方法の豆知識などもネタになります。 宣伝だけでなく、面白い情報や役に立つ情報が多ければ多いほど、他の人にフォローされやすくなります。 (2)人目を引きつける 「おいしそうな写真」は人の目を引き寄せます。 写真を撮ることが苦手なら、「上手だな」と思える人の構図や配色などを真似てみましょう。 自然光で撮るとより美味しそうに見えます。 (3)ハッシュタグを工夫する ツイッターやインスタグラムでは「 ハッシュタグ」を付けると、そのキーワードで検索されやすくなります。 ハッシュタグのキーワードは、話題になっているものや、食を中心に情報を発信しているアカウント「食アカ」で利用されているものを選ぶと、検索・注目してもらいやすくなります。 (4)食アカをフォローする インフルエンサーを含む「食アカ」を中心にフォローしてみましょう。 その際、やみくもに食アカをフォローするのではなく、自店のジャンルやそれに近いジャンルのアカウントをフォローするとよいでしょう。 また、料理だけでなく、店内のインテリアや食器など自店のイメージと近い情報を発信しているアカウントをフォローすると、フォローバックされやすくなります。 (5)お客さんを味方につける 実際に来店してくれたお客さんは最大の味方。 実際にインスタグラムやツイッターに投稿してくれた方に割引するサービスが増えています。 次回来店時に使える割引券を渡すと、次の来店に繋がりさらに有効的でしょう。 いかがでしたか。 いまやSNSは飲食店にとって必須で活用すべきプロモーションツールと言えます。 インフルエンサーに取り上げられると拡散力は飛躍的に高まります。 インフルエンサーの目に止まったり、実際に食べてもらうには、ツールを上手く活用し、多くの人にフォローしてもらうこと。 そしてもっとも大切なことは、インフルエンサーが取り上げたくなるような魅力的なお店づくりをすることですね。 今後も食のインフルエンサーに目が離せません。 求人@飲食店. COMでは、飲食店の求人情報を多数掲載しています。 をご覧ください。

次の

焼肉ここから 錦糸町本店

ここ から 近い 飲食 店

個人飲食店はどこから仕入れるのが正解?メリットとデメリットで検証する、最適な仕入先の選び方! 飲食店経営の要とも言える仕入先。 「前の職場のツテで…」、「うちは昔から市場しか使ってないなぁ」など、意外といざ見直し!と思っても、自分が今使っている仕入れ方法・業者以外はよく知らないという方も多いのでは?新規開業の場合はなおさらです。 今回は、一般的な仕入先をメリット・デメリットの両面からタイプ別に検証!原価率・客単価・粗利…小規模個人飲食店の経営のお悩みを解消し、仕入改善に導く最適な仕入先を検証していきます。 買いに行く?配送してもらう?掛け払いはできる?仕入先いろいろ 一口に「仕入先」と言っても、その選択肢は街の八百屋さんから総合食品卸まで多岐にわたります。 以下に挙げたのは一例ですが、これでは仕入先の選定に迷ってしまうのも当然。 ・近隣商店(八百屋・魚屋・肉屋など)• ・業務用専門スーパー• ・一般のスーパーマーケット• ・食品総合卸• ・専門商社(輸入食品など)• ・楽天・アマゾンなどのネットショッピング• ・生産者(生鮮野菜・生鮮鮮魚など)• Etc… しかし、これだけ多くの選択肢が一部の営業形態に淘汰もされずに残っているのには理由があります。 各仕入先に「得意分野」と「不得意分野」があるからです。 各仕入先の得意分野と不得意分野をかしこく見極め、自店に合った仕入先を上手に組み合わせて使用することが飲食店経営成功の秘訣です! では、次は代表的な仕入先のメリットとデメリットをタイプ別に分類・検証していきます。 業務スーパーに卸売業者、近所の八百屋まで。 仕入先としてのメリット・デメリット 先ほどリストアップしたように、仕入先の選択肢は多岐にわたります。 今回はその中でも特に「小規模個人飲食店」の仕入先として一般的な5つの仕入先をピックアップし、6つのポイントから各仕入先のメリット・デメリットを検証していきます。 しかし、一般的には配送は受け付けておらず、常に店舗のメニューを網羅できるような品揃え・競争力のある価格は期待できません。 また、卸売業者では一般的な月末で締めて翌月に支払う「掛け払い」も受け付けてもらえません。 掛け払いの可否は経営者としては、キャッシュフローに直結する大事な要素。 軽視できません。 それに、お店から近いということは常連さんの生活圏とも近いということ。 ばったり仕入れ中にお客さんと出くわして原価がバレてしまう、なんて気まずいことも・・・。 ・店舗の近隣の小売店ならば、開店前・急な欠品時などに買い出しに行きやすい。 ・直接商品を手に取って選ぶことができる。 ・品揃えや価格は小売店任せで、一般的に卸売業者よりも高く、価格競争力がない。 ・掛け払いに応じてもらえない。 (クレジットカードの使用で疑似的に掛け払いの状態を作ることができる場合も)• プロの要求に応えられる豊富な品ぞろえ・低価格を実現しています。 しかし、自店の近くにこのような業務用専門スーパーがあれば便利ですが、一般のスーパーのように都合良くどの町にも必ずあるとは限りません。 また、この業態では「キャッシュアンドキャリー」、つまり「現金払い・商品持ち帰り」が一般的です。 毎日のように車を運転して遠方まで買い出しに赴くのは負担のかかる作業です。 ・豊富な品ぞろえから自分の目で直接商品を選べる。 ・一般の小売店よりも価格競争力がある。 ・近隣にない場合は、買い出しに赴き、商品を持ち帰らなければならない。 ・現金払いが主流で、掛け払いには応じてもらえない。 築地市場や地方の中央市場は飲食店経営者だけでなく、地元の方にも愛される地域の「お台所」です。 何十年も魚一本・野菜一本で勝負してきた目利きの仲卸さんとコミュニケーションを取りながら商品を仕入れることは、とてもエキサイティングで料理人の想像力をかきたててくれることでしょう。 しかし、市場はある種のプロ集団が集う聖域・・・。 独自のルールがあったり、買い付けから支払いまでのシステムがわかりづらかったり・・・と、事業を始めたばかりの経営者には敷居が高い仕入先でもあります。 また、どんなに大きな市場でも、一般的に1週間に2日程度休市日というお休みがあります(日曜日と水曜日が多いです)。 毎日お店を開けている場合は市場の休みに合わせて在庫をやりくりしなければなりません。 ・地元の希少な食材など他には流通していない品も揃っている。 ・小売価格よりも割安に仕入れることができる。 ・馴染みの店を作ることで生産地の状況やトレンドなど幅広い情報が入手できる。 ・週に2日程度定期的な休みがあり、仕入ができない日がある。 ・交渉次第で配送や掛け払いに応じてもらえる場合もあるが、関係性の構築と実績あってこそ。 紹介やコネがないと入りにくい。 担当の営業に欲しい商品を伝えて見積もりを発行してもらい、価格交渉を経て仕入価格が確定。 後日商品がお店に届く。 という流れで取引が進みます。 複数社と付き合いをし、「相見積もり」(見積もり依頼を複数社に同時に出すこと。 どの業者が一番安いか比較するために実施する。 )をして業者同士を競合させる。 なんていう手段もあります。 小売店と違い、店舗への配送や掛け払いも一般的で、まさに飲食店のベストパートナーと言えます。 しかし、前述のとおり、新しい商品を依頼するときは見積もりを依頼しなければならず、急いで欲しいときに間に合わない。 1個でいいのにケース売りしかしてもらえない。 配送はしてもらえるが、週3日だけで在庫のコントロールが難しい・・・など、卸売業者と契約しておけば万事安心!とも言い難い現状があります。 ・小売店よりも安く商品を仕入れることができ、品揃えも豊富。 ・店舗までの配送・掛け売りなど卸ならではの便利な仕組みを利用できる。 ・店舗ごとに担当の営業が付き、価格交渉や大量発注など融通が利く。 ・商品を直接手に取って選べない。 急いで新しい商品が必要なときには不便。 ・ケース販売が主流で1個~などの小ロットには対応してくれないことが多い。 ・営業というキーパーソンとの人間関係が大事。 関係が悪化すると融通も利きづらくなる。 営業を通じて見積もりを発行してもらう手間がない分、注文すればすぐ届く利便性、カタログで思いもよらなかった商品を見つける楽しみなど、ネットショッピングと同様の強みを持ちつつ、「掛け払い」など卸特有の仕組みも利用することができることから、ますます利用者が増えそうな業態です。 また、通信販売形態の卸売業者は、小ロット対応に力を入れている業者が多く、配送料を払えば1パックから発注でき、数千円まとめて注文すれば、送料が無料になるサービスが多く用いられています。 ・楽天などのネットショッピング感覚で小売価格よりも割安に商品を仕入れることができる。 ・掛け売りに対応している場合が多く、月末締め翌月払いができる。 ・商品情報や画像・価格がカタログやネット上でオープンに掲載されており、公平性がある。 ・小ロットでも購入できる仕組みが用意されている。 ・商品を直接手に取って選べない。 ・基本的に担当営業はつかないため、価格交渉などの融通が利きづらい。 ・配送料がかかるケースもある。 あなたのお店に最適なのはどの仕入先?仕入先の選び方 ここまで、代表的な仕入先5タイプをメリット・デメリットの点から検証してきました。 ここまで読んでいただいた方にはお判りでしょうが、「パーフェクトな仕入先」はありません。 どの業者も一長一短があり、とてもではありませんが、1社に絞ることはできません。 大事なことは、お店のコンセプトや経営者として大事にしたいことを前提に「メインの仕入先」を選びつつ、メインの仕入先の弱いところを補える「サブの仕入先」を確保しておくことです。 ・普段の仕入は、卸売業者の営業にお願いするけど、急いで新しい商品が欲しいときや、少しだけ欲しいときは通販の卸売業者にネットで注文する。 ・地元の食材と市場での人間関係を大事にしたいから、市場での仕入をメインにしたい。 でも、市場においていないものは買い出しの帰りに業務用専門スーパーで買って帰る。 など、選択肢を組み合わせることで、仕入環境は改善します。 とはいえ、あまりに多くの業者と取引をすることは効率的とは言えません。 定期的に仕入を見直すことを考慮に入れ、無理なくお付き合いができる範囲でバランスよく各社と取引をし、あなたのお店に最適の仕入先を見つけてください。 まとめ• ・仕入先を選ぶ際には、お店のコンセプトやポリシーに合わせて「メインの仕入先」を選定し、メインの仕入先の弱いところを補える「サブの仕入先」を確保することでバランスをとれる。

次の

周辺の釣具店・コンビニ・その他

ここ から 近い 飲食 店

当店から一番近い釣り具店 「いはら釣具」 旧吉野川周辺には釣り具店も多いのですが、当店から一番近い釣具店となると「いはら釣具」になります。 歩いて行くにはちょっと距離がありますが、ルアー用品はある程度そろいます。 消耗品のフックやシンカー類も豊富です。 もっと近くに「石川つり具店」がありますが、こちらはルアー用品が少ないのでご注意ください。 近隣には他にもルアー用品を置いているショップがいくつかありますのででご確認ください。 「プロショップ ICHIOKA 市岡釣り具 」 当店から一番近いスーパー 「キョーエイ松茂店」 食品・生活雑貨はもちろん、衣料品やドラッグ用品も扱っているので、万が一の時にも安心です。 (食品売場)9:30~22:00 (ドラッグ売場)9:30~20:00 当店から一番近いコンビニ 「セブンイレブン 松茂広島店」 ボートで朝昼の食事を取る場合は、ここのコンビニで食料を調達すると良いでしょう。 またホテルソラエさんに宿泊される場合にも目の前にあるので大変便利です。 当店から一番近い徳島ラーメン 「中華そば ひろっちゃん」 徳島を訪れたら一度は食べたい徳島ラーメン。 当店のすぐそばにある「ひろっちゃん」は旧吉アングラーにはわりと知られお店です。 ランチにいかがでしょうか? 当店から一番近いうどん屋「めん処 陣内」 めん処 陣内 当店から一番近い居酒屋「八剣伝 阿波松茂店」 八剣伝阿波松茂店 当店から一番近いガソリンスタンド「エッソタウンマツシゲ」 車のガソリンを入れるならこのガソリンスタンドが便利です。 当店から一番近い日帰り温泉施設「あいあい温泉」 車でのご案内になりますが、当店から10分ぐらいの場所にある天然温泉施設です。 深夜まで営業されているので釣りで疲れた体を癒すにはもってこいの場所です。 当店から一番近いその他のお店 宿泊施設でご紹介している「HOTEL SOLAE」では洋食をメインとしたレストランと焼肉屋があります。 この他、徒歩10分圏内に「ニトリ」や「ヤマダ電機」などの大型店もございます。 バイバス沿いには多くの大型飲食店がございます。 また徳島市中心街も車で20分ぐらいなので気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

次の