アップル ペンシル 第 一 世代。 アップルペンシルの代用品にサードパーティ製アクティブスタイラスペンを購入する際の基礎知識

【iPad】Apple Pencilの選び方/対応機種まとめ【第1、2世代/Lightning】

アップル ペンシル 第 一 世代

Apple Pencil 第1世代・第2世代の比較まとめ 第1世代 第2世代 表面 ツルツルしている マット加工 形 円柱 円柱+ 平らな面(転がらない) 重さ 20. 7 g 20. 7 g 長さ 175. 7 mm 166 mm 直径 8. 9 mm 8. 9 mm 対応機種• iPad Air(第3世代=2019年モデル)• iPad mini(第5世代=2019年モデル)• iPad(第6世代=2018年モデル・第7世代=2019年モデル)• iPad Pro 12. 9インチ(第1世代と第2世代=2017年以前のモデル)• 5インチiPad Pro• 7インチiPad Pro• iPad Pro 11インチ• iPad Pro 12. 9インチ(第3世代=2018年モデル) ペアリング おしり部分のコネクタを直接iPadにつなぐ iPad Proに直接くっつけるだけ 充電 おしり部分のコネクタを直接コードでつなぐ iPad Proに直接くっつけるだけ その他 -• Aplle Pencil本体をダブルタップするとツールの変更• iPad ProにくっつけるとApple Pencilのバッテリー残量が表示される 価格を抑えて買える第1世代がオススメ まず、なるべく 価格を抑えたいという方には、第1世代をオススメします。 ぶっちゃけですが、は 第1世代も十分すぎるレベルなので。 第1世代は細かな「使いにくさがある」 書くときには問題なくても、充電するときや机の上に置いたときに細かな「使いにくさ」があるんですね。 たとえば、充電するときはこうします。 iPad ProにApple Pencilを直接つなぐ 第2世代だと、 磁石でiPad Proにくっつけて充電できますが、第1世代は、端子に物理的に差し込まないといけません。 あと、ペンシルが丸い円柱なので コロコロ転がること、ペンケースなどを買っていないと 紛失する恐れがあること……そのくらいですね。 第1世代は「価格を抑えられる iPad」にも対応 「じゃあ第2世代がいいね! 」と思ってしまいますが、 第2世代には「価格が高い」というハードルがあります。 とは言っても、Apple Pencil自体の価格ではなく、対応機種の価格です。 ところが、2018年に出た 「iPad 9. 7インチ(第6世代)」が、Apple Pencil 第1世代に対応したのです。 それを皮切りに、2019年に出たiPad Air、iPad mini、iPadと、 新しく出たどのiPadシリーズも第1世代のApple Pencilが使えるようになっています。 ヨス メモや落書きに使いたいというレベルだと、第1世代でもおつりが来まくるほどの性能です。 でも下記で紹介する機能が 第1世代と比較すると、圧倒的に素晴らしいんですよね。 第2世代は充電がラク たとえば、第1世代を充電するとき、おしりのキャップを外して、コードを差し込むという……面倒な動作が必要でした。 でも、第2世代はなんと、 iPad Proの本体にくっつけるだけ! iPad Proの側面にくっつける充電可能 磁石でくっつくので、Apple Pencilの保管場所としても定着します。 しかも、ペンシル自体に平らな面があるため、 机の上でも転がりません。 ペンシル本体へのダブルタップでツール切り替え さらに、第2世代にだけあるすごい機能が、 Apple Pencil本体を指先でダブルタップするとツールが切り替わる機能です。 指先でダブルタップするとツールの切り替えに 指先で Apple Pencilをポンポンとタップすると、 鉛筆と消しゴムを交互に変更できるというわけです! 第2世代は「対応機種が高価である」という問題 というわけで、性能だけで言えばApple Pencil 第2世代なのですが、対応機種が 新機種のiPad Proのみで、値段的に高くなってしまうのが欠点です。 iPad Proは性能が良い代わりに 10万円近くします。 ヨス 高価なので落として壊れたら大変! 2第1世代の表面はテカテカ あと、表面はツルツルでテカテカです。 第2世代は後述しますが、マット加工で高級感があります。 3第1世代のお尻部分にキャップがある Apple Pencilのお尻にはキャップがあり、キャップを外すと充電用のコネクタが出てきます。 Apple Pencilのおしり部分のキャップを外す 個人的にはこのおしりの部分にある シルバーの帯が好きです。 Apple Pencil 第1世代のサイズ では、Apple Pencil 第1世代のサイズを見てみます。 Apple Pencilの大きさはこれぐらい パッと見た感じでも ホンモノの鉛筆と同じぐらいです。 詳しく下の表でサイズを比較してみました。 鉛筆とApple Pencilのサイズ比較 鉛筆(三菱) 第1世代 第2世代 直径 7. 8mm 8. 9mm 8. 9mm 長さ 176mm 175. 7mm 166mm 重さ 6. 6g 20. 7g 20. 7g ほんとに普通の鉛筆と同じぐらいの長さですねー。 ただ、デジタルガジェットなので 重さは木の鉛筆の3倍ほど重いです。 ……って言っても たったの20gですよ!! 個人的には全く違和感のない重さです。 Apple Pencil 第1世代の対応機種 Apple Pencilは、この商品だけでは意味がありません。 Apple Pencilに対応したAppleのタブレット(iPad 第6世代以降、もしくは iPad Pro)が必要です。 iPad Proはこんな大きさ わたしは完全にイラストを描くためだけにとApple Pencilを購入しました。 本格的に絵を描こうと思えば、「 タブレットの大きさは正義」なんですよね。 Apple Pencil第1世代に対応している機種が増えてきたので、ここではオススメのものをピックアップして紹介します。 1iPad 10. 2インチ(第7世代) 2019年秋に出る最新の第7世代( iPad 10. 2インチ)です。 わたしのように本格的にイラストを描く人じゃない場合、 これを買っておけば十分です。 32GBのものならなんと 4万円を切る値段で買えるため、かなりオススメできます。 個人的には大きい=正義だと思っているのですが、こんなに安く買えるんだったら「もう1台買おうかなっ?! 」って気になるレベル。 Apple Pencil 第1世代とペアリングする方法 ではApple Pencil(第1世代)をiPad(Pro)につなぎたいとき、どうするのでしょうか? iPad Proとは Bluetoothでつなぐのですが、初めて使うときはiPad ProにApple Pencilを直接つながなくてはなりません。 これを ペアリングと言います。 直接つなぐってどういうこと?? って方、こちらの写真を見れば一発でわかります。 iPad ProにApple Pencilを直接つなぐ なんじゃこりゃー! (笑) 実は、Apple Pencilのおしりの部分がキャップになっていて外れるんですね。 そしたらなんと おしり部分がLightningコネクタになっていて、iPad Proに差し込める仕様です。 ちなみにこの上の写真のような状態で充電もできます。 2つをつなぐとすぐに、下のようなウィンドウが出ます。 Apple Pencilのペアリング 「Bluetoothペアリングの要求」と書いているので、 「ペアリング」を選びましょう。 これだけで、iPad ProとApple Pencilがつながります。 この動作は最初だけ必要で、今後は何もしなくてもBluetoothでつながってくれます。 Apple Pencil 第1世代の充電方法 このApple Pencilは実はバッテリーで動いています。 なので充電が必要です。 バッテリーの持続時間は、 12時間持つのでそこまで心配はいりませんが、充電方法が面倒です。 1おしりのキャップ部分を外す ではどうやって充電するかというと、まずはこんなふうにApple Pencilのおしり部分のキャップ部分をはずします。 Apple Pencilのおしり部分のキャップを外す ちなみにこのキャップは マグネットになっていて、普段は外れにくい仕様になっています。 2付属の接続部品をつける こんな接続用の部品(下の画像)が箱に入っているので差し込みます。 小さい部品(箱に入っている)をさし込む これで、ライトニングケーブルを差し込めるようになりました。 3ケーブルを差し込む ここで、ふつうのiphoneやiPadなどの充電に使う「ライトニングケーブル」を差し込むだけ! 普通のiPhoneやiPad(iPad Pro)の充電ケーブルで充電できます これをコンセントに差し込むだけで充電可能です。 【重要】iPadに差し込めば15秒で充電可能 上の方法だと「 Apple Pencilの充電ってめんどくさい! 」と思いますよね。 接続する備品も小さいので紛失しそうですし……。 さすがAppleです。 ちゃんと考えてます。 さっきのBluetoothのペアリングをするときにやった、「iPad Pro」と「Apple Pencil」をドッキングさせる技です。 iPad ProにApple Pencilを直接つないで15秒充電すると30分使える!! これでも充電でき、しかも 15秒間差し込むだけで30分間使えるんだそうです! なので、急にバッテリーが切れても15秒待てばとりあえず使えるんですよ! これはすごすぎます! だって、わたしの中で Apple Pencilのデメリットはバッテリーが切れることだけだったから。 それも克服できてしまいました。 すごい。 ヨス これでキャップの紛失という心配が無くなったよー! 第1世代にキャップがあったのは、充電用のケーブルをつなぐためだったのですが、第2世代では不要になりました。 後述しますが、すばらしい進化ですよこれは。 Apple Pencil 第2世代のサイズ では、Apple Pencil 第2世代のサイズを見てみます。 iPad Pro にくっつけたApple Pencil 第2世代 パッと見た感じでも ホンモノの鉛筆と同じぐらいです。 普通の鉛筆と、第1世代のApple Pencilとの比較はこちらです。 鉛筆とApple Pencilのサイズ比較 鉛筆(三菱) 第1世代 第2世代 直径 7. 8mm 8. 9mm 8. 9mm 長さ 176mm 175. 7mm 166mm 重さ 6. 6g 20. 7g 20. 7g サイズ、重さは第1世代とほぼ同じですが、 第2世代は 1センチ弱ほど短くなっています。 充電用の接続部分とキャップがなくなったことが大きな理由です。 重さは第1世代と同じ重さですが、これはデジタルの鉛筆ですからね。 この重さで収まっていることがスゴイです。 Apple Pencil 第2世代の対応機種 Apple Pencil第2世代は2018年に出たiPad Proからが対応しています。 1iPad Pro 11インチ 2018年に出たiPad Pro 11インチです。 Apple Pencil 第2世代とペアリングする方法 Apple Pencil 第2世代とペアリングするには、第1世代のように直接つなぐ必要はありません。 Apple Pencil 第2世代対応のiPad Proにくっつけるだけ! iPad Proの側面にくっつけるとペアリング完了 けっこう強力な磁石でくっついているので、簡単に外れることはありません。 なんて簡単なのでしょうか……。 第2世代Apple Pencilでの充電方法 Apple Pencil 第2世代で最も大きな革命は、充電方法です。 先ほどの「ペアリング」と同じく、なんと、 iPad Proの側面にくっつけるだけの ワイヤレス充電が可能になりました。 iPad Proの側面にくっつけると充電可能 Apple PencilとiPad Proの側面に 強力な磁石が付いているので、 取れて転がることはまずありません。 ちなみに、Apple Pencilのくっつく面は平らになっていますよ。 しかも、Apple PencilをiPad Proにくっつけると バッテリー残量が画面に表示されます。 Apple PencilをiPad Proにくっつけるとバッテリー容量が画面に表示される これで充電されていることもよく分かりますね。 今まではApple Pencil用のケースを持っていないと、紛失してしまいそうでしたが、第2世代ならiPad Pro本体に常にくっついているので、 Apple Pencilを紛失する確率も激減です。 ダブルタップでツール変更 第2世代のApple Pencilからできたスゴイ機能があります。 それが、Apple Pencilをダブルタップすると、ツールを切り替える機能です。 指先でダブルタップするとツールの切り替えに 指先で Apple Pencilをポンポンとタップすると、 鉛筆と消しゴムを交互に変更できるというわけです! いちいち、消しゴムツールの アイコンをタッチパネルでタップする必要がなくなるので超便利ですね!

次の

[比較] Apple Pencil の第1世代・第2世代のどちらを買えばいいの?

アップル ペンシル 第 一 世代

<目次>• Apple Pencil アップル ペンシル に興味はあるけど、自分のiPadに対応しているのかわからないし使い方がわからない。 そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか? いよいよiPadも無印、Air、mini、Pro2種類と現行の5種類にApplePencilが対応しました。 2019年新型iPhoneもApple Pencilに対応するという噂もありましたが、あくまで噂でしたね。 歴代のiPadが第1世代か、第2世代なのかどちらのApple Pencilに対応しているか どんなことができるのか わかりやすく解説します。 Apple Pencil アップル ペンシル の現行は2種類 Apple Pencilは今までで2種類発売されています。 第1世代と第2世代です。 それぞれの特徴は、充電方法とだダブルタップの動作です。 9インチと共に発売されました。 iPadの下部にあるLightning端子に挿して充電するのが特徴です。 形状は円筒形で表面は光沢があります。 長さは17. 5センチで対応機種は多いです。 iPad Pro に直接マグネットで接着すると充電されるのが特徴です。 形状は円柱の一面のみ平面で転がりにくい構造になっています。 長さは16. 6センチと第1世代よりも少し短くなっています。 iPad Pro 11インチ 2018 とiPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 の2機種のみに対応しています。 2019年9月3日現在価格 14,500円 税別 ダブルタップの操作で鉛筆と消しゴムのツールを交互に変更できます。 Apple Pencilの魅力• 紙と見紛うような書き心地• ペアリングなどの設定の簡単さ• 手をあえて認識せずペンのみの操作が可能 誤作動を起こさない• 筆圧を感知してかすれた線や太い線も描写できる• アプリに依存するが水墨画や絵の具のように実際に水をたらしたような水の再現度• 短時間の充電で長時間の使用が可能• 本格的な漫画も表現可能• アプリに依存するが様々なアプリで自分好みの絵が描ける• 傾きを感知して濃淡も表現可能• 描画タイムラグを感じない• 線の強弱、濃淡の表現、 鉛筆のように芯を寝かして描けるなどアナログのような筆圧感知• 2インチ 2019 現行最安iPad。 2010年発売の第1世代より7世代目。 コストパフォーマンスは最高のiPad。 Webブラウジングや動画鑑賞、軽いメモ程度なら第1世代Apple Pencilとの相性も抜群です。 ディスプレイも第6世代の9. 7インチから10. 2インチに拡大。 無印として初のSmartKeyboard対応となりました。 9インチ 2019 現在最小のiPad。 2012年発売の第1世代より5世代目。 4年振りで最新の第5世代のみ第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 iPad最軽の300グラム。 5インチ 2019 純正キーボード対応。 Airシリーズで第1世代Apple Pencilが使用できるようになりました。 同じくらいの大きさでは最軽量です。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 9インチ 第3世代 2018 iPad Pro 発売当初から既に3世代目。 大画面だけではなく動画・画像編集など負荷がかかる作業も楽々こなしてしまうハイスペックiPad Pro。 キーボードも付ければ、ほぼノートパソコンとして使えます。 端子がLightningケーブルからUSB Type-Cへ変更された。 縁にあたるベゼルも細くなり、ホームボタンもなくFace ID対応しました。 歴代iPadとApple Pencil対応表 デバイス名 年代 第1世代 第2世代 iPad Pro 12. 9インチ シリーズ iPad Pro 12. ですので第2世代に対応している機種も第1世代は使用できません。 今持っているiPadがどの機種かわからない?2つの調べ方 モデル番号とシリアル番号を混同されるからもいるかも知れないのですが、シリアル番号は個々に付けられる製造番号なので異なります。 今どのiPadを使用しているのか調べるには、モデル番号のほうがわかりやすいのでその確認方法です。 お手持ちのiPadをご用意ください。 「設定」アプリを開く• 「一般」をタップする• 「情報」をタップする• 9インチ シリーズ iPad Pro 12. 9インチ 第3世代 2018 A1876 A2014、A1895 iPad Pro 12. 9インチ 第2世代 2017 A1670 A1671 iPad Pro 12. 9インチ 2015 A1584 A1652 iPad Pro シリーズ iPad Pro 11インチ 2018 A1980 A2013、A1934 iPad Pro 10. 5インチ 2017 A1701 A1709 iPad Pro 9. 7インチ 2016 A1673 A1674、A1675 iPad Air シリーズ iPad Air 第3世代 2019 A2152 A2123、A2153 iPad Air 2 2014 A1566 A1567 iPad Air 2013 A1474 A1475 iPad mini シリーズ iPad mini 第5世代 2019 A2133 A2124、A2126 iPad mini 4 2015 A1538 A1550 iPad mini 3 2014 A1599 A1600 iPad mini 2 2013 A1489 A1490 iPad mini 2012 A1432 A1454 無印 iPad シリーズ iPad 第7世代 2019 A2 A2 iPad 第6世代 2018 A1893 A1954 iPad 第5世代 2017 A1822 A1823 iPad 第4世代 2012 A1458 A1459 iPad 第3世代 2012 A1416 A1430 iPad 2 2011 A1395 A1397 iPad 2010 A1219 A1337 Apple Pencilと相性の良いおすすめアプリ紹介 メディバンペイント 無料とは思えないほどのイラスト・漫画作成ソフトです。 多彩なブラシに、豊富な素材、有名なフォント、Cloud クラウド 管理もでき、動作が軽くて使いやすいアプリです。 Tayasui Sketches Pro メモやスケッチに特化したアプリです。 簡単に筆圧感知でリアルなブラシ使いが可能になります。 簡易的な扱いならProが有料でもそこまでかからないのでおすすめです。 Procreate 有料にはなりますが、プロのデザイナーも使用しているアプリ。 パソコンと遜色ない操作が可能で一度支払いを済ませばずっと使用できるのでおすすめです。 保護フィルムの違い ペーパーライクフィルムって? まず、iPadを購入されるかたは保護フィルムも一緒にご購入されると思います。 中でもペーパーライクフィルムというものがありますが、どういったものなのでしょうか?それは紙の質感を感じられる保護フィルムになります。 メリットは紙そのもの、普段光沢のある硬いところに書くのと、紙質感のものに書くのとでは大きく変わります。 ただ、デメリットもあるので気にしましょう。 フィルムによってはペン先の摩耗が激しいものや、画面が見づらいものもあります。 ぜひ、ノジマ店舗でもお取り扱いがありますので、自分に合ったフィルムを見つけてください。 まとめ いかがでしたか?ご自身でご利用されているiPadがどれに対応しているか調べられましたか?現行5種類のiPad以外でも対応している機種があります。 ただ、iPadが対応していないとApplePencilは利用できません。 ご自身のiPadがもし対応していなかったら、ノジマへご来店ください。 お使い頂いている古いiPadを下取りして、ApplePencilに対応した新しいiPadをお買い求めいただくこともできます。 ご相談はお気軽にしてください。 お待ちしております。

次の

Apple Pencil(アップルペンシル)もういらない?Abidaのペンシルを使ってみて

アップル ペンシル 第 一 世代

e-zoa PayPayモール店で購入 昨日、商品がゆうパックで無事に届きました。 早速充電。 充電中のランプもないので充電できているのか?さっぱりわかりません。 アップルペンシルに有効そうなアプリをiPadで初めて購入。 ・・・GoodNotes5とMyScript Neboを購入しました。 以前は、WIFI版のiPad mini2を使用していましたが、待ちに待ったiPad mini 第5世代 が出たので購入。 ペンシルが使用可能ということで購入。 実際の使用感は、遅延に対するストレスは全然感じません。 あとは、アプリの仕様・性能によると思います。 アプリの使用感が一長一短なので、まだ、実際に使っての感想はありませんが、とても楽しい。 これだけは言えます。 ちょっと高いけど、買う価値ありです。 バッテリーについて、半日使ってみての感じですが、アップルペンシルを使っているとiPadの電池消耗が激しく感じました。 追記できるような感想があったら、追加レビューしたいと思います。 また、これからiPad OSになると、ペンシルの反応が格段にアップするとのことなので、VerUPを楽しみにしています。 B-O-D-WEBで購入 発送は「1~7日」とありましたが、注文した翌日に届きました。 簡易包装ですが、箱自体にもぴっちりビニールラッピングしてありますので、傷ひとつなく届きました。 スピード、お値段共に信頼できるストアさんだと思います。 また機会がありましたら利用したいです。 アップルペンシル自体のレビューとしましては、本当に鉛筆のような書き心地で購入してよかったです。 傾きによって濃淡をだせるので、出先で気軽に鉛筆スケッチが出来るところが気に入りました。 CLIP STUDIOを使用する目的でipadを購入したので、bamboo sketchと迷ったのですが、結果的にアップルペンシルにしてよかったです。 とはいえアップルペンシルそのものが良いお値段するので、結果的にポイント還元率や送料無料など、価格面が購入の後押しをしてくれました。 B-O-D-WEBで購入 3ヶ月くらいイラストを描くのをメーンに使った感想です。 とってもサクサク描けて感動。 反応、筆圧関知共に基本設定を弄らなくても快適すぎる。 まだ完全にマスター出来たとは言い難い機械音痴な私でも問題なく使え、しかも接続も本体に差し込むだけなので簡単。 バッテリーについては五時間以上作業を続ける事はまだ無いので不明ですが、無くなりかけたらキリのいいところで休憩中に充電すれは30分程でフルになり不自由しません。 1度困ったのは筆圧関知しなくなった時ですが、これはチップが変えられる為先がやや緩んでいたという理由ですぐ解消。 ネット評判だとペーパーライクフィルムを貼るとペン先摩耗が早いようですので、ツルツルなもので描いてますが、慣れれば違和感ないです。 安物を使っていた時のストレスが一切なくなった。 たった数千円の違い以上の快適さ。 初めから買えば良かったと思っています。

次の