タイミー。 短期・単発バイトアプリ「ショットワークス」と「タイミー」の違いを徹底比較!

「タイミー」とは?他のバイトアプリとの違いや使い心地を徹底レビュー

タイミー

バイトで予定を埋めて、直前に誘われる予定を断ることが多くなり、7月末にバイトを辞め、貯金を食いつぶす日々が続いていました。 11月にとうとう残金が尽きバイトを始めなきゃと思ったところで あるアプリを見つけました。 それがタイミーでした。 、、、ということで、1ヶ月間バイトマッチングアプリ、タイミーを使ってみた感想を書いていきたいと思います。 タイミーとは タイミーとは一言で言うと、アルバイトとお店をマッチングするアプリです。 アルバイトは面接なしで、当日かつ直前であってもお店で働くことを希望でき、その場ですぐに決定できます。 お店はお店で、もともと働く予定の人が休んだり、予定が合わずに人が足りなかったりしたときにアルバイターを呼ぶことができるシステムになっています。 新しい店舗を開拓していきたいなと思い、毎回異なる店舗で、できるだけ異なる業種で働いていきました。 多くのお店で働いていく中で多くの経験をすることができました。 豪華クルージングで綺麗な夜景を見ながら働いたり、 賄いで牛タンや焼肉などの美味しいご飯をいただいたり。 そこでの経験はまた今度の投稿で書いていきたいと思います。 タイミーを利用するメリット <一瞬でマッチング> タイミーは一度登録すると、 面接・書類等の審査なしで様々な職場で働くことができます。 そのため、バイトの直前1分前であっても仕事を申し込み、 働くことができます。 遊ぶ約束をしていたのに 「ごめん、やっぱ行けなくなったわ」 と言われて、急に暇になってしまった そんな時にすぐバイトができます。 <時間を自由に使えるようになる> バイトを直前でも申し込めるということは、 直前まで何をするか考えていてよいということになります。 「友達や恋人に誘われたのにバイトのシフトが入っていて遊びにいけなかった。 」という経験、だれもが経験していると思います。 バイトを理由に約束を断るということをなくしていけると思います。 また、理系の方はわかると思うのですが、自分は授業の一つに実験があり、実験の終了時間がばらばらである以上、シフトを組めないというのが悩みの種でした。 これも解消できるようになりました。 <即報酬GET> 働いたお金はすぐにアプリ内に振り込まれ、 アプリ内のお金は手数料250円で銀行に振り込むことができます。 (通常13:00までに申請すると15:00までに振り込まれ、13:00を過ぎると翌日の15:00に振り込まれるそうです。 他にも、 いつも初心者なので求められるハードルが低い たくさんの職場を観れる いろいろな賄いが食べられる(牛タンとか焼肉とかありました!!) 相互評価制度のため良い職場、良いユーザーが評価される といったメリットがありました。 デメリット・改善して欲しいところ <範囲が東京近郊のみ>現在バイト先のほとんどが東京都内なので道府県の方は現時点では利用しずらいと思います。 自分は旅行が好きなので、日本中で利用できるようになれば、旅しながらお金を稼げていいなぁなんて思います笑 <飲食が圧倒的に多い> イベントスタッフやアンケートに答えるものなどもありますがまだ少なく、飲食店でのアルバイトが圧倒的に多いです。 飲食系の案件は条件として「飲食経験があること」が多く、非経験者は働ける案件を探すのが難しいかもしれません。 働く上での注意点 <契約破棄にはペナルティポイント> 契約破棄をする場合、 前日10時までだと2ポイント 当日3時までだと4ポイント 開始直前だと6ポイント 無断契約破棄だと損害賠償として8000円の請求+サービス利用の一時停止 があり、ペナルティ8ポイントで強制退会になるそうです。 株式会社タイミーのQAページ 普通のバイトより自由度が大きい分、契約破棄については厳しいみたいですね。 普通のバイトが面接や上司の指導によって質を担保しているのに対し、タイミーでは周りからの評価によって本人の質を担保しているためそうなるのだと思います。 いずれにしてもタイミーを利用する際は気をつけたいポイントですね。 この制度があることでユーザーは次に働くときも自分がやりたい仕事か否かを選ぶことができるようになっています。 この制度があるため、面倒だからとだらだらと働いたりすると悪い評価がついてしまいます。 現時点では悪い評価がつくことによる弊害があるのかわかりませんが、評価には気をつけておいて間違いはないと思います。 その他思ったこと <お店から直接誘われることが多い> どこの飲食店も人手不足になっているため、タイミーで働いていると個別契約を誘われることが多いです。 自分は好きな時に働けることを重視しているので今のところお断りしていますが、色々なお店で働いて相性がいいなと思ったところで契約して働いてみるのはアリだと思います。 お店としてもある程度経験のある人の方が、未経験の人を雇うよりも良いので安心感があるそうですよ!.

次の

タイミー(Timee)で隙間時間に手軽にバイトが出来ます。

タイミー

タイミーとはどんなアプリ 仕組み なのか どういった仕組みなのかイメージしやすい例をあげます。 アプリ登録者側 ・友達との待ち合わせまでの時間 ・急に予定がなくなったけど特にやることがない ・就活中の空き時間 求人側 店舗 ・急に欠勤がでて人が足りない ・近くでイベントがあり混みそうだけど人手不足 例のような、隙間時間と人手不足をマッチングさせることによって 働く側は ピンポイントで働けお金ももらえる! 求人側は 人手不足が解消され売り上げUP! WIN-WINな関係を生み出すことができます。 筆者が学生の頃、例のような空き 暇な… 時間はたくさんありました。 授業が1,2,5限だったり、友達との約束まで暇してたりと、、、 そんなときこういったアプリがあればとても 時間を有効的に使えたなと思います。 どうせスマホいじって時間潰すならお金が欲しかったです ToT 実際に働いてお金をもらうまではとっても単純で、 タイミーを利用している店舗が求人をし、アプリ登録者がそれに応じて働くいう流れです。 マッチングまでの時間も2~3時間が普通で最短だと8秒らしいです! アプリDLも50万人を超えたようで使い勝手はいいのかと思います。 次は、どんな仕事があるのか見ていきましょう。 どんな仕事があるのか 実際どんな仕事があるのかというと、 飲食店はもちろんオフィスワークからモニター調査まで幅広いジャンルの仕事があります。 飲食店 オフィスワーカー イベントスタッフ モニター調査 アパレル 仕分け etc… 7割近くは飲食店らしいですが、導入 求人 しているならあらゆるジャンルの仕事ができます。 求人側は募集条件を設けることもでき、それにあっていれば採用となります。 「飲食業務歴6か月以上」とかですね。 応募側のプロフィールに嘘を書いても通ってしまうのは、面接がない分仕方のですが 仕事が終わった後、相互で評価をすることができるので、 以降のスキルによる仕事のミスマッチが起こりづらくなるようできています。 相互が良い評価で今後も多く使われると、 アプリの信用、知名度が上がり導入する企業も増えるでしょう。 そうすると色んな仕事のジャンルが増え、普通ではできないような経験ができるかもしれません。 最後に 筆者は社会人になってから思ったのですが、 「 経験したことがある」というのはとても強い武器で価値になります。 昔には無かったこういった新しい発想の面白い仕組みのなにかがどんどん増えていくと、 できることも広がって楽しい生活を送れるんじゃないでしょうか。

次の

タイミー(Timee)で隙間時間に手軽にバイトが出来ます。

タイミー

勤務時間は1日3〜6時間程度なので、空いた時間を使って効率よく働くことができます。 タイミーのユーザー数は2020年1月時点で 50万人を超え、アプリの評判も 5段階中4. 3となかなか好評です。 【評判・口コミ】Timee(タイミー)の使い心地は実際どうなの?安全に使える? それでは、実際にタイミーを利用した人の評判・口コミを見てみましょう(出典:) タイミーの良いレビュー 都合のいいときだけサクッと稼げること、すぐに報酬が手に入るのがいい。 登録制より使い勝手がいいので、案件もっと増えるといいな。 面接なしの1日バイトというシステムにはじめは怖さもありましたが、働く人とお店の需要と供給を満たす、満足度の高いアプリです。 育成系ゲームのような感覚で、リアルにお金と就業時間が増えていくので楽しいです。 わかりやすく、助かっています。 翌日振り込みの対応していただけたりするのはもちろん、勤務先も優良企業様が多いのか優しく働きやすい環境が多いです。 バイトが凄く探しやすかった。 これからバイトの数が増えてくるとなおよし。 空き時間で働くという新しいやり方が凄く良かった。 これからも空いた時間で利用したい。 何回かTimeeを使って働きました。 勤務先の方は親切で丁寧に教えてくださったりと、働いていて嫌な思いをしたことはないです! タイミーの悪いレビュー 通知設定をしてもすぐ埋まります。 CMなどで大々的に宣伝してユーザーが増えてきたためとは思いますが、募集要項を確認したりしてるうちに埋まります。 人気な職場は直ぐに埋まります。 通知欄に表示された仕事は大抵もう定員で締め切られているので、通知に頼らず常にタイミーを見ていないといけないのが大変です。 8割ほど飲食しかなくて、そこだけ少し不満かな…と思いました タイミーの評判・口コミまとめ タイミーのアプリ自体は非常に使いやすいですし、やはり面接なしですぐに働ける仕事はほとんどないので、そういった意味では非常に評価が高いアプリと言えます。 安全性に関してもテレビやCMなどで数多く取り上げられているので問題ないでしょう。 ただし、以下の2点についてはあまり評判が良くありません。 対応エリアが狭い、対応エリア内でも地方は仕事数が少なめ• 条件の良い仕事はすぐに埋まってしまう 2020年2月時点でタイミーに対応しているエリアは 「関東【東京、千葉、神奈川、埼玉】」「東海【名古屋】」「関西【大阪、京都、兵庫】」「九州【福岡、熊本(2020年3月〜)】」です。 さらに仕事数に限って言えば、都会エリアでの募集は多いのですが、 地方での募集はまだまだ少ないのが現状です。 また最近はタイミーのユーザー数が急増しています。 タイミーで募集しているお仕事は早い物勝ちなため、 条件の良い仕事はすぐに埋まってしまいます。 現在のタイミーは「ユーザー数の伸び>>導入店舗数の伸び」となっており、希望の仕事を選べない可能性もありますが、 アプリ自体は無料ですし、面接なしですぐに仕事をしたい人は、とりあえずダウンロードしておいて損はないと思います。 今後、対応店舗数が増えれば仕事数も増えることが予想されます。 Timee(タイミー)ではどんな仕事があるの?仕事内容・職種は? タイミーでは、以下のような職種募集があります。 ・レストラン ・居酒屋 ・アパレル ・仕分け、梱包 ・イベントスタッフ ・クルージングスタッフ ・モニター業務 ・インターン ・ビラ配り ・オフィスワーク この中でも特に多いのが、「 飲食店・レストランの接客スタッフ」「 イベント・キャンペーンのスタッフ」となっています。 仕事内容としては誰でも応募できる仕事もあれば、たとえば「以前に接客経験がある人のみ応募可能」といった仕事もあります。 タイミーで募集している仕事の時給はどれくらい?報酬の受け取り方法は? タイミーで募集している仕事の時給は、ほとんどが 1,000円を超えます(地域差あり)。 なおタイミーを経由して働く場合、雇用形態は「雇用」ではなく、店舗と働く人との間での「 業務委託契約」になるのでお給料ではなく 報酬となります。 【 更新情報】現在は 24時間365日好きなタイミングで振込申請が可能です。 また、2020年3月31日まではキャンペーン期間中につき、 振込手数料0円で振込依頼が可能です。 前払い制度はあるの? いまのところ前払い制度はありません。 しかし先日、タイミーが「働く前に給料が振り込まれる」仕組みの特許を取得したと発表しました。 これはユーザーの評価を表す「信用スコア」が高いユーザーに限り、仕事に応募した時点で給料を前払いする制度です。 現時点でこの制度は未対応ですが、今後は前払いにも対応する可能性があります。 交通費は支給される? タイミーでは、 一律500円の交通費が支給されます。 ただし、 報酬と別に貰える場合もあれば、報酬に含まれている場合もあるので注意しなければいけません。 基本的には 自宅から近い職場の方が交通費分だけ得をするということですね。 面接なしですぐに働ける• 空き時間を活用して働ける(細切れ時間しかない主婦や会社員の副業にも最適!)• 働いた分の報酬は最短当日にもらえる• 過去にその店舗で働いた人のレビューを確認できる 1〜3のメリットはここまでお伝えした内容と同じなので省略、 4の「過去にその店舗で働いた人のレビューを確認できる」について簡単に説明します。 タイミーでは、勤務後に店舗の様子はどうだったか(働きやすかったか等)のレビューをユーザーが書く必要があります。 やはり、短時間の勤務とはいえ事前に店舗情報が全く無いと不安ですよね。 しかし 応募の際は、過去にそのお店で働いた人のレビューを見ることで、どんなお店の雰囲気を確認することができます。 店長が怖すぎた・・・、人間関係が最悪・・・といったお店は最初から候補から外せますね。 こういった制度があるので、ユーザーが一方的に損をする可能性は低くなっています。 デメリット• お仕事の件数が少ない• 対応地域が狭い• 年齢制限がある• ドタキャンをするとサービスの利用が一時停止される 1・2は先ほど紹介したので、3の「年齢制限がある」と4の「ドタキャンをするとサービスの利用が一時停止される」について詳しく紹介します。 「ペナルティポイント」とは、ユーザーが仕事を欠勤したり、数日前になってキャンセルするとペナルティが課せられる制度です。 ポイントが8ptに達するとサービスの利用が1ヶ月停止しますが、利用可能状態に戻ったらペナルティポイントは再度0に戻ります。 また、 無断欠勤をしたユーザーは永久利用停止となるのでご注意ください。 店舗側がユーザーを評価するgood率にも注意! 先ほど、勤務終了後、 ユーザーは店舗レビューを書くとお伝えしましたが、反対に 店舗もユーザーの評価をします。 これは「 Good率」と呼ばれており、ユーザーの働きぶりがどうだったかを評価するものです。 いまのところGood率がどのように影響するかはわかりませんが、 今後Good率が極端に低いユーザーは仕事に応募できなくなる可能性もあるでしょう。 そのため、1回限りの短時間バイトだからといって、手を抜かず、真剣にやる必要があります。 Timee(タイミー)の登録方法・使い方を紹介! では、 タイミーの登録方法とアプリの使い方について簡単に紹介します。 登録は3分ほどでサクッと終わります。 STEP1:アプリをダウンロード まずは、Timee(タイミー)のアプリをダウンロードしましょう。 アプリの料金・登録料ともに無料です。 STEP2:アプリを起動、必要事項を入力 ダウンロードが完了したら、アプリを起動します。 アプリの使い方がわからない方はタイミーのワーカー向け「」も確認してみてください。 よくある質問と回答例が記載されています。 Timee(タイミー)についてよくある質問に回答! タイミーの詳細。 どんな会社が運営しているの? バイトマッチングアプリ「Timee(タイミー)」は、「スマホひとつで、好きな時間好きな場所で働く」をコンセプトに、多様なワークスタイルに対応するワークシェアリングアプリです。 2017年8月にリリース。 運営会社は立教大学の学生・小川代表が起ち上げた「株式会社タイミー」です。 スタートアップながら、サイバーエージェントやエン・ジャパン、オリエントコーポレーションといった上場企業から3億円の資金調達を成功したことでニュースにもなりました。 運営会社 株式会社タイミー 運営会社社長 小川 嶺 オフィス本社所在地 東京都文京区本郷1-33-8 ハウス本郷ビル8階 電話番号 03-3830-0473 タイミーのビジネスモデルの仕組み。 どのようにマネタイズをしているのか タイミーのビジネスモデルは以下の図のとおりです。 つまり、働いてくれた人に1万円の報酬を支払った場合は、加えてタイミーに3,000円のシステム手数料を支払うということです。 タイミーでは様々なキャンペーンを実施中! タイミーはリリースから日が浅いアプリのため、ユーザーを増やすために様々なキャンペーンを実施しています。 シェアフル・ワクラクは、いずれもタイミーと同様に面接なしで1日単位の仕事を探せるアプリです。 確定申告(税金)はどうするの? タイミーは日々雇用であるため、企業は源泉徴収(給与天引き)を行わず、年末調整もありません。 そのため、 年間所得が20万円以上の場合は自分で確定申告を行う必要があります(20万円未満の場合は税金が発生しないので、確定申告の必要はありません。 ただし、住民税の申告は必要になります。 ) 詳細は以下のページを参照ください。

次の