居酒屋 コロナ 影響。 外食チェーン大量閉店 宅配など好む客、戻れぬコロナ前 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナの影響を受ける飲食店がコストをかけずにできる集客/売上アップ施策まとめ【4/3更新】

居酒屋 コロナ 影響

日本の外食産業は新型コロナウイルスの影響を総じて受けているものの、業態や客層、立地などによってその濃淡が異なる。 3月中旬のアフター5。 東京・赤坂駅から徒歩5分の居酒屋には、カウンターに個人客が1人。 いつもと違う風景が広がっていた。 地酒が売りのこの店は、19時過ぎには会社帰りのビジネスパーソンでテーブル・カウンター全25席が埋まることが多かった。 ただ、安倍晋三首相が先月26日、イベントの自粛を要請したところから風向きが変わり、3月2日以降に入っていた予約は個人、宴会を含めてすべてキャンセル。 9日以降も予約の申し込みがまったく無くなったという。 例年、3月は企業の送迎会などがあって忙しい時期だが、新型コロナの影響で自粛ムードが広がり機会損失となっている。 「歓迎会は延期できますが、送迎会は人が別の場所に行ったきりになったりしますからね。 送迎会のやり直しは見込めません」。 居酒屋の店主は話す。 レストラン予約管理システムなどを手掛けるテーブルチェック(東京都中央区)がまとめたデータによると、団体予約のキャンセル率が、26日以降、6名予約が1月初旬に比べて約1.5倍、10名以上が約3.6倍まで急上昇したという。 赤坂や新橋などの飲食店の事情に詳しい、港区内の酒店店員によると、接待や宴会の自粛が飲食店の経営を圧迫。 夜間営業のみの店がランチを始めたり、複数店を経営しているところは営業店舗を減らしたりして「糊口を凌いでいる」という。 中には4月以降の営業の継続を諦め、店舗の賃貸契約を解約したところもあるという。 <郊外は別の光景> 賑わいをみせている店もある。 別の3月後半の平日夜。 東京・板橋区の住宅街の一角にある居酒屋は、ほぼ満席状態だった。 企業や団体ではなく、常連やファミリー層が顧客の中心だったこともあり、新型コロナ流行による自粛の影響を免れた形だ。 「客足はほとんど落ちていない」(店主)といい、男性客の一人は「会社での飲み会はほとんどなくなった。 最近は一人でサッと飲んで帰ることが多くなった」と話す。 その日の深夜。 同じ板橋区の幹線道路沿いにある立ち食い蕎麦屋には、途切れることなく客が舞い込んでいた。 午前0時を過ぎているにもかかわらず、カウンターはほぼ満席。 客は平均10分程度で食べ終え、徒歩や自転車で帰っていく。 客足について、ここもまた「おかげさまで新型コロナの感染が拡大してからもあまり変化はない」と店員は話す。 <夜間帯メインの業態が苦戦> 日本フードサービス協会が25日発表した外食産業データによると、2月の外食全体の売上高は前年同月比4.8%増。 このうちファーストフード業態が同9.8%増、ファミリーレストラン業態が同2.0%増だったのに対し、「パブ・ビアホール」が同9.6%減、「居酒屋」は同4.8%減、ディナーレストラン業態は同2.6%減だった。 同協会は「飲酒業態は立地や客層により新型コロナの影響に差があり、若年層やプライベート需要の多い店では影響が比較的少なかった一方、観光地立地や法人の宴会需要が多い店は月後半を中心に大きな打撃を受けた」と指摘する。 今年の2月は閏年で日数自体が1日多かった。 天皇誕生日で祝日が増えたことや、土曜日が1日多い曜日周りだったことなど特殊要因もあった。 それを差し引いても夜間帯メインの業態での苦戦を示すデータが出てきたことで、市場では「居酒屋系の3月月次は相当厳しい数字が出てきそうだ」(立花証券・国際法人部課長、栗原一朗氏)との見方が多い。 <コロナの影響、長引く可能性も> 4月が近づき、長期にわたる自粛に対する「疲れ」や、危機感や実感の希薄化が出ていた部分もあり、「いつも混雑していて予約が取れない飲食店を友人や同僚などと来店している」といった声も出始めていた。 ただ、東京オリンピックの開催延期が決定。 その後、東京都で新型コロナ感染症の増加ペースが加速し、小池百合子都知事が週末の不要不急の外出を自粛するよう都民に要請する事態となっている。 市場からは「新型コロナが終息すれば短期的に回復するだろうが、長い目で見れば、戻り切れないリスクもある。 これを機に働き方改革を進める方向になるだろう。 テレワークが推進され、同僚との飲食や接待の必要性が見直される可能性がある」(SMBC日興証券の日本担当シニアエコノミスト、宮前耕也氏)との声も出ている。 コロナの影響が長引けば、これまでとは違う外食産業の姿が広がるかもしれない。 (編集:石田仁志) 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

「対処しようがない」“新型コロナ”影響で飲食店の約半数が売上減…その実情を聞いた

居酒屋 コロナ 影響

週末に 御徒町に買い物へ来ました。 休日となると 歩くのも困難なほど 賑わうアメ横ですが コロナの影響からか かなり 空いていました。 買い物を済ませて ブラブラと 飲み処を探します。 いつもは御徒町寄りで探しますが 空いて居るのもあって 上野のほうまで来ました。 もうすぐ上野駅、というガード下のこちらへ入りました。 焼きトンが中心のお店です。 まずは ・白ホッピーセット 490円 ・なか 210円 お通しは 100円で キャベツでした。 お料理は ・たこキムチ 350円 ・ハラミ 90円 ・つくね 90円 ・ナンコツ 90円 串は 90円と安いです。 たこキムチは 茹でタコではなく 生タコタイプでした。 串は 90円ですが ちゃんとしていました。 ナンコツが 叩きナンコツっぽくて コリコリと美味しかったです。 時期が時期なので 静かな店内で ゆっくり飲めて 良かったです。 とはいえ コロナ 早く落ち着いて欲しいですね… このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 やきとん大王 上野店 関連ランキング:居酒屋 京成上野駅、上野御徒町駅、上野駅.

次の

コロナの影響で居酒屋経営が困難!どう対処する?

居酒屋 コロナ 影響

コロナウイルスの影響で、客足が遠のく飲食店。 自宅勤務でリモートワーク推奨・各種イベント中止などにより、宴会の予約もキャンセルになるなど、苦しい状態が続いています。 「」も飲食店をみずから経営しているため(中にはビュッフェ業態も…)、 影響は大です。 飲食店の売上アップに役立つサービスが、無料もしくは格安条件で使えるようなリリースも多数出ています。 この異常事態に、店舗側が手をこまねいているだけではいけません。 店内での飲食は避けられやすい時期かもしれませんが、出前(デリバリー)で売上を上げる店も。 デリバリー以外でも、あるお店は直接来店の客数は減少したものの、フードトラック(キッチンカー)の営業を行っていたことによりテイクアウトが伸びて売上が補填できています。 厳しい局面を乗り切るために、少しでもできることを。 リスクやコストをかけずにできることを中心に、売上補填の施策・飲食店の支援キャンペーンをまとめました。 自店で 今すぐできそうなこと、お金もかからずできるのにやっていないことは機会ロスになってしまうので一通りチェックしてみてください。 「うちの店ではこんな施策が効果あった」などあれば、まで直接連絡いただければありがたいです。 当記事でわたしどものサービスのアピールは一切ありませんので、周りの飲食店関係者にシェアいただけたり、記事を保存いただければ幸いです。 この記事は常に更新していきます! 常連さん・既存のお客様にお声がけ(メール・SNS・LINE) まずは 基本中の基本! あなたのお店には、常連客の方々や来店してきたお客さんの顧客リストや名刺、もしくはインスタやFacebookやツイッターなどのSNSにフォロワーさんがいますよね。 LINE@を使っている店も多いのではないでしょうか。 飲食店の厳しい状況は、周知の事実。 お気に入りの店から正直に、 今コロナの影響で経営がピンチです。 もし良ければ足を運んでいただき、楽しい時間を過ごしてください!精一杯おもてなしさせていただきます! とメッセージが来ても、嫌な気分はしないはずです。 以前わたしどもがコンサルティングしていた某大手焼肉チェーンでは 「お客様を応援団に」という思想の元、満足を超える感動を提供できるような接客サービスを目指していました。 お店のファンであるお客様であれば、緊急時にお店から頼られて悪い気分はしません。 個人店の飲食店のみなさまにおいては、もっとお客様ひとりひとりとの距離が近いはず。 消毒や衛生など感染予防に配慮していることを明記しつつ、ぜひ既存のお客様にメッセージを送ってみてください。 いつも来てくださるお客様の中には、「本当は今この時期も外で食事や飲みを楽しみたい」と思っている方もいます。 お店からのメッセージは、外食をすることへのキッカケや理由付けになるはずです。 jp より 飲食店の辛い現状は誰もが知るところ。 救済プランやキャンペーンを打ち出している会社もあるので、活用して集客に繋げましょう。 観光・おでかけ情報メディア「PLAYLIFE」はプロモーションプランを3月13日まで無償提供しています。 飲食店が使えるクラウドファンディングのキャンペーン また、クラウドファンディングを通じた飲食店の支援プログラムを2社が打ち出しています。 どちらも手数料を大幅に割引し、決済手数料5%で利用が可能です。 クラウドファンディングの弱点はネットが起点になるため、どうしてもネットリテラシーが高い都心の店が有利になること。 来店型の飲食店は地方都市では、店主などのパーソナルな魅力や尖ったメニューや商品の打ち出しを工夫することが必要になってきます。 新たな販売ルートの獲得(既存の商品を違う顧客層に届ける) 冒頭でもご紹介しましたが、店内飲食の来店需要は下落していても、出前や宅配のニーズは伸びています。 店内提供にこだわらず、出前や宅配・テイクアウトといった手法も検討していきましょう。 現在は、配送者やオーダーシステムを自店で用意しなくても、便利なインフラが整ってきています。 この非常事態のタイミングで、バイクや車などの固定資産を抱えてしまうのはリスクです。 近年ではデリバリー代行業者も増えており、バイクなどを自店で購入せずとも、参入が可能。 デリバリー代行業者 ・導入コストが無料(売上に対しての手数料) ・導入コストが有料(数千円〜3万5千円ほど、固定費が別途かかるサービスも) 上記プラットフォームは、成功報酬に近い形で利用できるものがあります。 ただし配達可能エリアの広さは出前館が圧倒的のため、地方都市ではメインの選択肢になるでしょう。 テイクアウト(持ち帰り) 店内飲食をアピールしづらい現在、持ち帰って家で食べられるテイクアウトの需要は増加。 持ち帰りが混んでました。 並商です。 本日の餃子の並商は『並商つけ麺』『痛風そば』あります。 最近はコロナの影響で夜の営業が厳しいですが、テイクアウトのお客様が増えて助かっています。 うちには最狂のごはん。 並商ごはんがテイクアウトできます。 飲食店がテイクアウトを行うための許認可について 飲食店営業許可を取得した飲食店が、 店内で調理した料理をテイクアウト販売するには、別途許可を必要ありません。 つけ麺屋や牛丼チェーンなど、上記ツイートの例ですね。 注意すべきは、 料理の調理場所と販売場所が異なるケース。 それぞれ別途に許認可を取る必要があります。 また、テイクアウトするメニューによって注意すべきものがあります。 具体的には スイーツ(ケーキ・パン・アイスクリームなど)とアルコール飲料です。 ケーキ・パン・アイスクリームなどは店内飲食する分には飲食店営業許可でも問題ありませんが、 テイクアウト販売では菓子製造業やアイスクリーム類製造業許可が必要になるケースがあります。 各地の保健所に確認のうえ、進めてください。 もうひとつはアルコール飲料のテイクアウト。 原則、 飲食店内で飲むお酒の提供には特別な許可はいりません。 食事と一緒に楽しむために開封済みのドリンクを提供する限りは問題ございません。 ただし… うちのスペシャルドリンク(アルコール)をテイクアウトで売れないかな 飲食店で出しているアルコールドリンクや飲みかけボトルのテイクアウト販売は、酒税法で制限されています。 このケースでは、酒類販売業免許が必要。 飲食店内で出すお酒とテイクアウトするお酒は、仕入れ〜販売まで「分けて」管理が必要です。 テイクアウトやデリバリー専用の容器を準備 お店のメニューをテイクアウト・デリバリーする場合には、料理に合わせた使い捨て容器を準備しましょう。 もし持ち帰ったあと、水分が漏れていたら最悪です。 水分が漏れず、持ち運びで崩れにくい、ゴミ分別が容易など、お客様の使いやすさとコストを配慮した容器を用意。 割り箸や使い捨てスプーン、持ち帰り用の袋などすでにお店にあるものはそのまま有効活用しましょう。 顧客体験を上げるために、盛り付けが崩れにくいようなメニューである配慮も忘れずに。 新型コロナウイルスの影響を受けている飲食店の支援として、2020年9月まで完全無償提供が決定。 「Picks」導入に必要なものは、スマホだけ。 スマホひとつで、注文の受付・決済が可能です。 事前に注文いただき、決済まで済んでいるため、店頭でお客様を待たせすることなく商品をお渡しできます。 特に、テイクアウトに取り組んだばかりでオペレーションに慣れていない店舗では、注文・調理で待ち時間が発生しがち。 「待たされる」は不満の一因です。 集客だけでなく、顧客満足度アップの観点から導入を検討してみてもいいでしょう。 詳細は以下をご参照ください。 テイクアウト・デリバリーを行っている飲食店の情報を集めているサイトが各地域の商工会議所や観光局により、続々とできています。 店舗の所在エリアの情報をぜひチェックしてみてください。 コロナウイルスの影響が色濃く出るなか、無料掲載に応じるサイト「TOKYO WINE PARTY」も。 お店のジャンル・所在地・ワインの有無は問わず掲載するとのことですので、1度ご検討ください。 コロナウイルスの影響で、外食したくてもどうしても出歩きづらいタイミング。 将来の売上を先に受け取れるこのようなサービスはありがたいですよね。 以下3社がサービスを提供しています。 ・Gigi株式会社「」 ・PREO DESIGN ・ 普段できない商品・メニュー開発に注力 人手に余裕があるタイミングは、商品開発・試作のチャンス。 お店の魅力をアップさせる商品開発に取り組むのも一手です。 人気レシピを参考に、商品開発のアイデアを得ることもできます。 Twitter上でこのような声をかけている方も。 デザートをどうにかしたい方 気軽にDM頂ければ😄 — えい@料理人の味方 a03320 営業に追われて普段では取り組めない、 重要だけど緊急性が低いことに集中するタイミングと捉えるのもひとつの選択肢です。 苦しい状態を乗り切る「資金」準備 店舗ビジネスが立ち行かなくなる決定打は赤字ではなく、運転資金が尽きてしまうこと。 「先立つもの」が無ければ経営を続けていくことはできません。 利用を検討している方は、早めに行動を。 融資や助成金についての情報は別ページにまとめていますので、ぜひご確認ください。 でも、役立つ情報をどんどん発信していきたいと思います! 飲食店のみなさま、コロナに負けるな!.

次の