インスタ ストーリー 動画 長さ調節。 【インスタグラム】ストーリー機能のまとめ

【インスタグラム】動画の制限時間や変更理由、投稿・編集方法

インスタ ストーリー 動画 長さ調節

そんなインスタストーリーに、 写真を載せたいけど・・・ やり方がわからない。 今更恥ずかしくて聞けない。 という人の為に・・・ この記事では• インスタストーリーに写真を載せる方法• 写真のサイズは?• インスタストーリーで写真を載せる方法をご紹介! インスタストーリーの投稿を見ていると 写真や動画がスライドショーのように アップされていますよね! ここでは、 インスタストーリーへ 写真を載せる方法を詳しくご紹介しますね。 まずは、 赤い矢印のところから 自分のストーリーズを開いてください。 そうすると、 撮影モードになりますので 黄色い矢印のところを押して 写真を撮影します。 もし、 カメラロールの中の写真を載せたい という時は、 下の画像の矢印のところを 押してください。 カメラロールに入っている 24時間以内に撮影された写真が 表示されます。 カメラロールに保存している 24時間前以前の 過去の写真は 選択できません。 さて、写真を選択すると画面に表示され 右上の機能を使って装飾なども 可能になります。 最後に 下のストーリーズの「+」を 押して完了です! これでインスタストーリーへ 画像を載せる事ができます。 簡単ですよね! さらに、いくつか連続で載せたい時は、 1つ写真をアップしてから 自分のストーリーを再度開きます。 下の画像のように表示されますので 自分のアイコンの「+」を押します。 そして、 次に載せたい写真を撮影 または、 カメラロールから選択します。 そして、 画面左下にある「+」を押せば 写真が追加されます。 写真は20枚以上追加できました! 複数追加できる機能で スライドショーのように楽しむと 面白いですよ! インスタストーリーの写真サイズはどのくらいがおすすめなの? インスタグラムの写真サイズは 正方形ですよね。 では インスタストーリーに載せるサイズは どのくらいが良いのでしょう? 調べてみたところ・・・• スマホを縦にしたサイズ が綺麗に表示されるサイズでした! 比率の目安は、 縦が横の1. 他のアプリで撮った写真は サイズが大きくて全体表示されない。 『写真が小さくできたらなぁ・・・』と 思いますよね? そんな時は、 写真の縮小が出来る アプリを使うと便利ですよ。 私は【SquareKit】というアプリを 使っています。 インスタストーリーで過去の写真を載せる方法はある? インスタストーリーに載せられる写真は カメラロールに 24時間以内に撮影、 保存されたもののみです。 過去に撮影した写真は 残念ながら 載せる事ができないんです。 そこで・・・ スマホで過去の写真を表示して スクリーンショットを撮ることで 解決する事ができました! 過去の写真を載せたい時は ぜひ試してみてくださいね。 まとめ いかがでしたか? この記事では・・・• インスタストーリーに 写真を載せる方法• インスタストーリーに載せれる写真の サイズはスマホを縦にしたサイズ• 写真を小さくしたい時は サイズを変更できるアプリば便利• 過去の写真を載せたい時は スクリーンショットして カメラロールに再度保存しなおす という内容をご紹介しました。 1日の出来事を 24時間の間に追加し 今日の出来事をアップしたりすると 楽しいかもしれませんね! 旅行中やイベントなどの時は 素敵な写真を連続して追加して シェアするのもよさそうです。 サイズをきちんと合わせると 綺麗に表示されるので 意識してみてくださいね。 インスタストーリーに動画を載せる 詳しい方法はこちらの記事で まとめています! ぜひ合わせてチェックしてください。

次の

【インスタグラム】動画を投稿する2つの方法と、投稿できない場合の対処法まとめ!

インスタ ストーリー 動画 長さ調節

投稿できる動画の時間の長さは、3〜60秒という枠組みの範囲内で決められており、3秒以下や60秒を超える動画の投稿はできません。 そのため、インスタグラムに動画を投稿する際には、動画がどれぐらいの長さになっているのかを確認してください。 3秒以下には中々ならないでしょうから、 60秒を超えていないかだけでも注意深く見ておくようにしましょう。 2.インスタグラムの動画の投稿できる時間が見直された理由 インスタグラムに投稿できる動画は、元々 最大でも15秒という制限が課されていました。 サーバーへの負荷などを考えてのことだと言われていますが、当時はまだ動画を情報発信のツールという点では定着していなかったのです。 ところが、インスタグラムを利用する者が動画再生をする時間が長くなり、インスタグラムへの滞在時間も長くなっていることを確認。 他のアプリなどに流出するのを防ぐ狙いで、動画の時間を15秒から60秒に変更したんですね。 でも、 「どうして60秒という短さなんだろう」という疑問は、払拭されないままでしょう。 Youtubeなどでは60秒を超える動画をアップロードできるため、 60秒は短すぎると考える人は多いです。 インスタグラムによれば、60秒に制限した理由は長い動画を最後まで視聴する人は少ないので、長くする必要はないとのこと。 それでも 60秒では伝えたい情報がまとめられないとの意見も多いので、その声がより大きくなれば再び動画時間の見直しがあるかもしれません。 3.インスタグラムの動画の視聴回数がカウントされるタイミング インスタグラムでアップロードされた動画には、 「再生回数」が用意されており、どれだけの人が閲覧してくれたのかが分かります。 ただし、「誰が視聴した」という具体的な情報が表示されるのではなく、あくまでも 「再生回数」のみです。 気になるのは、動画の再生回数がカウントされるタイミングですよね? ストーリーに投稿できる動画の時間は、通常の投稿とは異なる最大でも15秒となります。 かなり短い時間しか用意されていないので、最低限の情報を発信する際などにのみ使える程度と考えるのが良いでしょう。 5.インスタグラムに投稿できる動画の時間を調整する方法 インスタグラムにアップロードできる動画の時間は最大でも60秒です。 カメラロール内にある動画を投稿しようと考えたとき、 60秒を超えているのであれば残念ながら投稿することは出来ません。 それでも、「どうしてもその動画を使いたい」という時もあるでしょうから、インスタグラムには動画を60秒に調整できる機能が備わっています。 単純にそれを使うと、スタートから60秒後のところで強制的に切れてしまうというものです。 60秒を超える動画で、「ここだけは見せたい」という部分を手動で調整して60秒にまとめる必要が出てきます。 以下から、動画の時間を調整する方法について紹介しますね。 すると撮影モードに切り替わるので、スマホ端末に保存されている 投稿したい動画を選択します。 動画が画面に大きく表示されるようになったら、画面右上にある 「次へ」をタップ。 動画編集モードに画面が切り替わるので、画面下部にある 「長さ調整」という項目を選択しましょう。 そうしたら、もう一度動画をタップ。 すると、 長さを調整できる画面になるので、画面下部にあるタイムラインを左右に動かすなどして、動画の開始部分を変更できます。 調整が完了しましたら、画面下部にある 「完了」を選択してください。 最後に、画面右上にある 「次へ」を選択したら、あとはいつも通り投稿すれば完成です。 また、インスタグラムの編集機能を使わずとも、iPhoneに備わっている編集機能またはストアにあるアプリなどを使って編集も可能です。 はこちらの記事で書いています。 6.インスタグラムの動画が時間内なのに投稿できない場合の対処法 インスタグラムで便利な動画の投稿ですが、時間内でまとまっているのに何故かアップロードできない…。 動画で情報を発信したいのに、出来ないこともあります。 考えられる原因と対処法は次の通りなので、一つずつ確認してみてくださいね。 何度も投稿に失敗する、以前は問題なかったのに急に投稿ができなくなった。 こうした状況に陥っているのであれば、 インスタグラムのアプリあるいはスマホを再起動してみましょう。 まずはインスタグラムが、最新バージョンになっているかをチェックし、バージョンが古ければアップデートしてみてください。 次に、スマートフォンが古いバージョンで使用していたら、アプリの起動や操作面で 不具合が起こる可能性があります。 こちらも確認してみて、新しい更新プログラムなどがあるならば、更新してみましょう。 インスタグラムの動画時間まとめ ここでは、 インスタグラムにアップロードできる動画の時間の長さや変更理由、投稿や編集方法などについて紹介していきました。 元々、投稿できる動画は15秒でしたが、需要が増えてきたことを見越して60秒に伸ばした経緯があります。 それでも60秒という長さは、ユーザーにとっては短いと感じる部分でもあるので、時間に関しては 今後長くなる可能性があるでしょう。 動画の時間を調整する方法は色々あるので、自分に合った方法を選びインスタグラムで楽しく情報を発信したいですね! インスタグラムが提供する動画アプリ。

次の

スマホで簡単にインスタ動画投稿 3つのポイント。投稿できない時の対処方法も!

インスタ ストーリー 動画 長さ調節

もくじ• インスタのフィードに投稿できる動画は60秒(1分)! インスタは、機能によってアップロードできる動画の長さが違います。 サービス 動画の長さ インスタのフィード 3秒〜60秒【中】 インスタのストーリーズ 1秒〜15秒【短い】 関連アプリIGTV 一般ユーザー:15秒~15分【長い】 (認証済みアカウントの場合:15秒〜60分) インスタの フィードに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 フィードに投稿の場合に最低が3秒という制限があるのは、 3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるためです。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのですね。 またフィードの場合は投稿する前の編集画面で60秒以内になるように調節する必要が出てきます。 これは 感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、長すぎず短すぎずという長さで投稿する必要があるためでしょう。 なので、 1秒〜15秒の短い動画の場合はストーリーに、 3秒〜60秒の動画はフィードに、それ以上の 長い動画の場合にはIGTVに投稿する、といった具合に使い分けるのがベストな使い方になります! フィード投稿の動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタのフィードの動画の長さ調整や編集の方法を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 動画を選ぶと最初は正方形になっているので、動画をダブルタップするか左にある「 」をタップして長方形に編集して見やすくしましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 2分の動画を複数に分け、時間調整して投稿する方法 フィードの動画は ひとつ1分以内と制限されていますので、1分を超えると途中で途切れてしまいます。 投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときは 複数の動画に分けて投稿するか、もしくは後述するIGTVへ投稿するのがおすすめです。 アプリ「MixChannel」を使えば便利 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelというアプリを使うと1本の動画を簡単に分割して編集できますよ。 動画を複数選ぶ そのまま投稿すれば、インスタには1分の動画が2つ投稿されたことになります。 繋がった動画を分割し2つにして投稿する形なので、ユーザーは合計2分の動画を見ることができるのです。 数分の動画なら、IGTVへ投稿するという方法も!【長い動画】 インスタのフィードに投稿する動画は最長1分。 それ以上の長さの動画を途切れさせずに投稿するにはIGTVという方法もあります。 IGTVのチャンネルを開設すると、投稿した動画がインスタのフィードにも載ります。 また、インスタのプロフィールページからIGTVへのリンクも設置されますよ! フィードに比べて数分の長い動画を投稿したり、ストーリーと違って 投稿した動画に外部リンクを設置したりできます。 このような動画を投稿したい場合にはIGTVを利用してみましょう! 反対に、 15秒未満の短い動画の場合にはIGTVへの投稿ができませんので、ストーリーズへの投稿がおすすめです。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのフィードへの投稿は最低でも3秒以上と決まっていて、それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、 3秒以下の動画を投稿したいときはストーリー機能を使うのがおすすめです! ストーリーなら1秒や2秒の動画でも投稿できます。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように フィードに1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることやエラーで投稿できないのが気になる人は、ひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、 ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 この記事ではインスタの動画投稿の時間の長さについて解説してきました。 投稿できる動画の長さをしっかり把握してインスタを使いこなし、発信力を育てていってくださいね! 詳細 最近のインスタアップデートでは動画コンテンツに力を入れてきました。 ストーリーに新機能を追加したり、動画のサイズを正方形から長方形に変更したり、投稿できる長さを伸ばしたり・・・。 今回はインスタユーザーのみなさんにインスタの動画投稿を活用してもらうため動画の時間制限について解説していきます。 何秒まで投稿できるのか、時間調整のやり方や複数投稿する方法までまとめました! インスタに投稿できる動画は60秒(1分)以上だと途切れる インスタに投稿できる動画の時間は3秒~60秒までという制限があります。 以前は15秒まででしたが、アップデートにより60秒まで引き伸ばされました。 最低が3秒という制限があるのは、インスタに投稿された動画は3秒以上の再生で再生回数が1回カウントされるため。 3秒以下だと再生回数のカウントができなくなってしまうのです。 そして60秒(1分)を超える長さになると、動画が途中で切れてしまいます。 これは投稿する前の編集画面で、60秒以上の動画でも60秒以内になるよう、自分の好きな位置で調節できますよ。 インスタは感覚的に写真や動画をみて「いいね!」を押したり、コメントをしたりするため、あまり長い動画を見るのもなかなかつらいもの。 実際に60秒以上になると動画からの離脱率が増えるという結果が出ているため、60秒以内がベストです。 インスタ動画の長さ調整・編集のやり方 それではインスタ動画の長さ調整や編集のやり方を解説していきます。 まずは投稿画面を開いて、カメラロールから動画を選びましょう。 60秒以内に調整するように注意書き 動画を追加したいときは前の画面で「+」となっている部分をタップします。 他の動画を選ぶと60秒を超えたので、この画像のように60秒以内に調整するように表示されます。 先ほどと同じ手順で編集したい動画をタップして、秒数の調整をしましょう。 インスタで2分の動画を投稿するなら複数に分けて時間調整しよう 動画はひとつ1分以内と制限されていますが、投稿したい動画が1分以上や2分以上になるときってありますよね。 ですが1分を超えると途中で途切れてしまうので、複数の動画に分けて投稿するのがおすすめです。 例えば2分の動画を投稿したいなら、1分以内に編集したものを2つカメラロールに保存しておきます。 MixChannelやインスタサイズというアプリを使うと簡単に編集できますよ。 投稿完了までに時間がかかる 前の項目で解説したように1分の動画を複数投稿すると、投稿完了までかなり時間がかかることに!しかもエラーが出て投稿に失敗することもあるので注意してください。 投稿までに時間がかかることや、エラーで投稿できないのが気になる人はひとつの投稿に複数の動画を選ぶ方法よりも、ひとつの投稿にひとつの動画にして、複数の投稿に分けるほうがいいかもしれませんね。 インスタで3秒以下の時間の動画を投稿したいならストーリーで インスタのギャラリーへの投稿は最低でも3秒以上と決まっています。 それ以下の秒数だと投稿ができない仕様です。 ほとんど機会はないかもしれませんが、3秒以下の動画を投稿したいときもあるでしょう。

次の