日本 郵政 の 株価。 日本郵政・ゆうちょ銀行・かんぽ生命の株の売り出し価格と、現在の株価を教え...

日本郵政(株)【6178】:株式/株価

日本 郵政 の 株価

日本郵政の事業内容と株価指標 はじめに日本郵政の事業内容と株価指標を確認していきます。 日本郵政 6178 とは 日本郵政株式会社は日本郵政グループの持株会社である。 子会社として日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵政スタッフ、日本郵政インフォメーションテクノロジーを持つ。 総務省所管の特殊会社である。 公共企業体の日本郵政公社が前身。 wikipediaより抜粋 現在、日本郵政の柱の事業は 「日本郵便」、 「ゆうちょ銀行 7182 」、 「かんぽ生命保険 7181 」の3つですが、どの事業も人口減少・低金利で収益の先細りが懸念されています。 また、日本郵政は「ゆうちょ銀行株の74%」、「かんぽ生命保険株の60%」を保有し、そこから利益の多くを生み出しています。 将来的には両社の株を売却することが決まっているため新たな収入源の確保を急いでいます。 当初の予定では2017年9月30日までに両株式を全て売却する予定でしたが、現在は具体的な株式売却期限は決まっていません。 また、日本郵政は上場前の2015年2月にオーストラリアの物流会社「トール・ホールディングス」を買収しましたが、2017年3月期に巨額の損失を計上しています。 株価指標と配当利回り 現在の株価:914. 9円 予定年間配当:50円 年間配当利回り:約5. 4% 予想PER:8. 8倍、PBR:0. 年間の配当利回りは株価が下落したこともありかなり高いです。 日本郵政の業績推移と株価チャート・配当推移 次に日本郵政の業績推移と株価チャート・配当推移を確認していきます。 売上高と経常利益について 売上・利益ともに右肩下がりで推移しています。 なかなか厳しいのがうかがえます。 参考: 株価チャートの推移 下記は上場以降の日本郵政の週足株価チャートです。 日本郵政株は政府が100%保有していましたが2015年11月、民営化に伴い保有株の一部をIPOで 1株1,400円で第1次売り出しを行いました。 その後、2017年10月に第2次の売り出しを1株1,322円で行いました。 株価は上場以降、長期的な下降トレンドで推移しています。 配当金の推移 下記は日本郵政の配当金の推移です。 年2回、中間配当 9月 と期末配当 3月 を実施しています。 日本郵政株を保有するメリット・デメリット 次に日本郵政株を保有するメリット・デメリットを確認していきます。 保有するメリット 「政府保有株」というのは最低限の安心感があります(もちろん、絶対安全というわけではないですが)。 しばらくは厳しいかもしれませんが、いい意味でも悪い意味でも5年、10年後はどうなるかわからないです。 現在の株価は安く買えるチャンスかもしれません。 もちろん、先の不透明感が強いので株価が安いです。 また、現状の郵便事業には大きな伸びしろは無いですが、企業もそれを把握しています。 そのため、新たな収入源確保を急いでいます。 その一つがアフラックとの業務提携ですし、これからもさまざまな手を打つでしょう。 もちろん新事業はリスクがありますが、改善される可能性もあります。 保有するデメリット リスク まず一つ目は、かんぽ生命の不正販売問題です。 この影響がどこまで広がるかまだまだ不明です。 この問題はかんぽ生命保険だけの問題ではなく、販売委託を受ける日本郵便、そして日本郵政グループに問題があります。 過去、このような出来事は「事件は売り」と呼ばれるように他にも問題が見つかることもあります。 二つ目は 2022年度までに日本郵政株の第3次売り出し(PO)を行うことになっており、そこで政府の持ち株比率が約33. 4%になる予定です(現在は約57%保有)。 過去の売り出しを見ると業績が軟調な影響もありますが、株価が下落する傾向にあるため、売り出しまで待つ方が安全策ともいえます。 あまりに相場環境が厳しい場合は売り出しが延長される可能性もありそうですが。 日本郵政の今後について 最後に日本郵政の今後について考えてみます。 今後の動きについて 日本郵政のシナリオとしては「かんぽ生命」と「ゆうちょ銀行」の株式を売却して、そこで得たお金を「政府が売り出した日本郵政株の自社株買い」と「企業の買収」などに充てることが想定されます。 日本郵政として「かんぽ生命」、「ゆうちょ銀行」を手放すと、その手放した代わりとなる 新たな収入源を確保できないと、さらに厳しい状況が予測されます。 政府保有という「安心+比較的高配当」という点は良いですが、現時点ではかんぽ生命の問題もあり、日本郵政の先行きはかなり不透明です。 現在、「長期的に見れば安い」、「配当利回りが高い」、「政府保有だから大丈夫」。 ということで保有する人が増えているようですが、株の基本はその会社が何を行い、どのように利益を上げるか、自分が応援することが出来るかだと考えています。

次の

6178

日本 郵政 の 株価

2015年秋の新規上場から約1年が経過しようとしている今、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の郵政グループ3社の株価は初値や上場来高値はもちろん、公開価格よりも大幅に下落した水準で推移している。 日本銀行によりマイナス金利の導入など予想外の事態があったとは言え、この水準で株価が推移するとは誰もが予想していなかったはずだ。 このまま郵政3社の株を保有し続けていいのか。 過去1年間を振り返りつつ、郵政3社ホルダーの今後の正しい対応策を考えてみよう。 上場直後は好調だった郵政3社の株が今年に入って急落。 マイナス金利の影響で株価は下げ止まらない展開に…… 、、の郵政グループ3社が同時に上場したのは2015年11月4日のこと。 とは公開価格からそれぞれ16%、に至っては77%も上昇する好調な滑り出しだった。 はじり高、は横ばいで推移し、それぞれ公開価格より約40%、約20%も高い株価を維持していた。 ところが年明けとともに、郵政3社の株価は雪崩を打ったように急落してしまう。 郵政3社は時価総額が大きいため、TOPIX(東証株価指数)などの指数に連動する投資信託は郵政3社の株を組み入れる必要がある。 その投資信託による「買い」が年末までに一巡した結果、大きな「売り」だけが残り、株価が下落することになったのだ。 さらに、、に追い打ちを掛けたのが、日本銀行が2016年1月29日に決定したマイナス金利の導入だ。 は預かった貯金額の大半を、も保険金支払い原資のかなりの部分を国債で運用しているが、マイナス金利が導入されれば国債の金利も下がるために運用成績が悪化し、業績も低迷する。 それが嫌気されて、とは売りの勢いがさらに強まり、2社の持ち株会社であるの株価も下落したのだ。 その後、3社の株価はやや持ち直したが、4月末から5月初めにかけて再び大きく崩れた。 これは株式公開後、大株主(郵政3社の場合は日本政府)が保有株を市場売却することを180日間にわたって禁じていた「ロックアップ」が5月2日に解除されることを受け、国が保有株を大量放出するとの懸念が強まったことにあるとみられる。 自分が買った株価と現値を比較して 配当も考慮に入れ売るかどうかの判断を! このように郵政3社は幾度ものショックを受け、との2社は上場から11カ月が経過した2016年10月5日時点の株価は大幅に下落している。 は公開価格1400円と比較すると9%安の1272円、に至っては公開価格1450円と比較すると16%安の1217円だ。 唯一、だけが公開価格2200円に対し、10月5日時点の株価は2184円と、ぎりぎりの水準で踏みとどまっているが、上場直後の高値4120円で買った人は5割近い含み損を抱えていることになる。 日銀がマイナス金利の深掘りを見送った9月21日、郵政3社の株価は多少上がったが、深掘りは先送りされたにすぎないとの見方もある。 しかも今後、公募での売り出しなどが行なわれるようなことがあれば、需給が崩れて3社の株価は一段と下がることになる可能性もある。 「損切りすべきか? 配当狙いで持ち続けるか?」 と迷っている個人投資家は、まずは今後の業績や配当の見通しを探り、自分が買った時点の株価水準に基づいて判断すべきだろう。 【2020年6月1日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ編集部(2020. 29)• ザイ別冊編集部(2017. 藤井 英敏(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• 頼藤 太希(2020. 13)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2020. 13)• ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 12)• ポイ探ニュース(2020. 13).

次の

6178 日本郵政は株価急落中 直近高値からー20%で買い、リバウンドを狙う

日本 郵政 の 株価

6178 日本郵政の株価が急落してきた ここ1週間ほどで、あれよあれよという間に日本郵政の株価が急落してきました。 私はいつも大引け後、ポートフォリオに組み込んでる約100銘柄を日足チャートで株価の動向をチェックしてます。 各銘柄様々な動きをしてますが、日本郵政の急な下げの形は非常に珍しく 「明確な意図を持った下げ」の形を呈したパターンと言えます。 6178 日本郵政 日足チャート チャート的には7月から上げに転じそうな雰囲気でしたが、裏をかいて下落してます。 それもかなりキツい暴落で。 1200円より上を推移してる移動平均線からも、かなり乖離してきました。 日本郵政の暴落は「かんぽ生命の不正販売問題」に起因 先程 「明確な意図を持った下げ」という表現をしましたが、このチャートの形は何か悪材料が出た時しか基本的に出ませんが、今回は日本郵政にとって大きなトラブルが発生したので、このチャートを形成しました。 私は普段ファンダメンタルの部分は重視しませんが深刻な問題が起きた時は別で、今から日本郵政の株を買うのは疑ってかかるくらいの気構えです。 今回の急落は、かんぽ生命の不正販売問題が発覚して暴落したかんぽ生命の株を64%も保有する日本郵政が巻き添えを喰らった格好になります。 かんぽ生命内では職員への過剰なノルマが背景にあり、それにより保険料の二重払いをさせてた事が問題となりました。 そのノルマとは、普通ならまず達成できない目標を押し付けられ、達成できなかったらパワハラ研修に行かされるというものです。 ホワイト企業に見えても、内部は意外にブラックです。 肝心の騙された被害者は膨大な数で、2900万件以上の全契約者への意向確認をするとの事です。 途方もない数で手間とコストが掛かり、失った信用回復のメドが立たず投資家から不安視されてます。 株価の安全圏は、直近高値から【ー20%】 ここ数日で日本郵政の株は売られまくってますが、更に大きく下げる最後の投げ売りが来て、ブン投げ祭が近々開催されそうな気がします。 私はこういう時、いつもどこまで暴落するか予め予想しときます。 直近高値を使って計算をしますが、直近高値からー20%~25%ほどのゾーンが一時的なリバウンドを起こす位置だと思ってます。 今回の日本郵政の件だと1248円が直近高値なので、そこから20%を引いた株価が、反転するかもしれない自律反発ゾーンです。 8=998. 4なので、大きな節目という事もあり株価が1000円を割る辺りがアツいです。 そこまでの株価に短い日数で到達できれば、買いの大チャンス到来です。 過去の経験則からー20%という数字を出しましたが、当然銘柄によって個体差が有り、中には30%以上暴落する銘柄もあるので全力買いするのは危険です。 短期間による急角度の暴落は、短期間でリバウンドしやすい ブラックホールに吸い込まれる様な形の急落は底値を掴むのが難しいですが、上手く行けば短期間でリバウンドしてくれるので挑戦する価値はあります。 だらだら20%下がった銘柄と 短期間で20%下がった銘柄を比較すると、同じ下落率でもリバウンドする戻しの早さは、当然後者の方が早いです。 ですから時間効率よく利益を得るには、今回の日本郵政は美味しいチャンスです。 ただ悪材料による急落なので、下手すれば儲けるどころか損してしまう危険もありますが、資金管理を厳重に注意して臨めば、普通に勝てる相場だと思います。 日本郵政はあくまで 短期目線でリバウンド 政府が日本郵政株の持ち株を比率は現在57%ですが、郵政民営化法が定める下限の「3分の1超」まで下げるという発表が既にされてるので、中長期的にはダウントレンドなのでリバウンドをある程度取れたら、即刻全部売るのがベストです。 株の買いを段階的に増やしてくのが低リスク 安全を期して株を買うには、買うタイミングをずらして分散するのが効果的です。 ドルコスト平均法の短期間版という感じです。 これをやるメリットは、平均約定単価をコントロール出来る事と株価の変動についていける点です。 いっぺんに予定買い付け量を買ってしまうのは、ただのギャンブルです。 YOUTUBEに株動画をアップするとかなら面白そうですが、個人的なトレードなら丁半勝負は避けて、ちゃんと資金管理して勝ちに行きましょう。 日本郵政の株を買うのに1千万の投資資金があるとすれば、株価を1100円として計算した場合【9千株】買えます。 この9千株を、何回にも分けて買うのが安全策ではないでしょうか。 日本郵政の株は7月中に1000円辺りまで更に下がりそうですが、ホントに下がってきたら大チャンスです。 含み損に耐えながら少しずつ日本郵政の株を買ってけば、リバウンドをがっぽり取れると思います。 以上、私見ながら思うことを書きました。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の