ネット麻雀 無料。 無料で遊べるオンライン麻雀ゲームのオススメ!人気ランキング

有名ネット麻雀の特徴とおすすめポイント

ネット麻雀 無料

オンライン麻雀ゲームで下記の条件に当てはまるものを探しています。 いろいろ過去の回答等もみましたが完全にマッチするものがなかったので質問させていただきました。 条件1 無料であること。 ただしメンバー登録とかくらいは問題ないですしソフトのインストールが必要なのもOKです。 条件2 オンラインのもの。 ネット越しでの対戦になる為オンラインで4人打ちが出来るのが条件になります。 条件3 仲間内だけでやれること。 フリーのロビーで混戦するのではなく、仲間内だけで集まれることが条件です。 この条件を満たしているものが見つからなかったので質問させていただきました。 ちなみに募集をかけて他人が入ってこれてしまうようなシステムは不可とさせてください。 許可した人のみ卓にはいれるようなものがいいです。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー ハンゲームや東風荘などのサイトでは対人戦が前提になっていると思うので、そのようなサイトを見つけることは不可能でしょう。 よって、そういった場合は自分で用意するしかありません。 私は「まうじゃん」というフリーの麻雀ソフトを利用しています。 amy. hi-ho. ただ、ネット対戦をするにはそれなりの知識が必要です。 ルータのポートを開いたりだとか、ファイアウォールを許可したりだとか… 調べてもわからなければ、あきらめるしかありません。 c-egg. 何より簡単にプレイできるのがいいです。 A ベストアンサー 「タテチン」は他の方のおっしゃるとおりメンゼンのチンイツのことです。 チーポンする=牌を倒して他に見えるようにすることがなく、手牌13枚を立てたままあがるのでこう呼びます。 「バンバン」についてもNo. 3の方の説明どおりなのですが、ちょっと補足します。 かつては麻雀の点数はもっと低いもので、点棒の単位は今の10分の1でした(たとえば現在の百点棒は十点棒でした)。 しかし戦後になって点数のインフレ化が始まり、そのひとつが「バンバン」でした。 これは、牌の取り出し位置を決めるためにサイコロを振ったとき、1・1や2・2などのいわゆるゾロ目が出た場合はあがりに2翻加わり、大きな点数獲得のチャンスになるというものでした。 「ゾロゾロ」「ドンドン」などとも呼ばれます。 このルールからいつの間にか、どんな場合でもバンバンが加わるようになり、現在の麻雀の点数はほぼバンバン付きで計算されるようになっています。 たとえばバンバンのなかった頃のあがり点は以下のとおりでした。 こうすると、ピンフロンは1000点、ピンフツモは400点・700点という現在の麻雀そのままの点数になります。 『哲也』は読んでいないのですが、わざわざ「バンバン」と口に出して言っているところ、ドラ1枚が1翻となっているところ(ドラも割りと新しく生まれたもので、翻数でなく1枚=100符となっていた頃もあるそうです)など、だいぶ時代が限定されそうで興味深いシーンです。 「タテチン」は他の方のおっしゃるとおりメンゼンのチンイツのことです。 チーポンする=牌を倒して他に見えるようにすることがなく、手牌13枚を立てたままあがるのでこう呼びます。 「バンバン」についてもNo. 3の方の説明どおりなのですが、ちょっと補足します。 かつては麻雀の点数はもっと低いもので、点棒の単位は今の10分の1でした(たとえば現在の百点棒は十点棒でした)。 しかし戦後になって点数のインフレ化が始まり、そのひとつが「バンバン」でした。 これは、牌の取り出し位置を決めるためにサ...

次の

●オンライン麻雀●ネット麻雀・雀荘(対戦型/無料で遊べる)

ネット麻雀 無料

無料で遊べるオンライン麻雀ゲームのオススメ!人気ランキング オンラインゲーム麻雀のオススメ!人気ランキング 麻雀のルールが分からない方はこちら> オンラインゲーム麻雀を選ぶポイントとは? オンラインゲーム麻雀といえば初期のころは東風荘が有名だったが、 今はリアルで演出も凝ったグラフィカルな麻雀ゲームが増えている。 どのメーカーもユーザーを取り入れるために様々な工夫を凝らしているようだ。 その中でオンラインゲーム麻雀を選ぶときに基準とするべきものは何だろうか。 1、無料で遊べるか。 基本的に無料で遊びたいというのはユーザーの本音だろう。 中には有料会員になると思考時間が増えたりデータが豊富に取れたりといった特典があるサイトもあるので 場合によっては目的に応じて課金するのもいいだろう。 2、ユーザー数が多いか。 ユーザー数が多ければ待ち時間が少なくストレスなしで遊べるし 人の比較的少ない朝も卓が立たないといった煩わしさも解消できる。 3、臨場感。 最近のオンライン麻雀は牌や卓などが3D表記でリアルにできている。 またキャラクターも用意されているのでコミュニケーションをとりたい方は アバターを搭載したゲームで遊ぶのもいいだろう。 3、チャット機能の有無。 チャット機能があればユーザーとのコミュニケーションが取れる。 麻雀という共通の話題で盛り上がることができるし、 グループを作って待ち合わせをして遊んだりといった事も可能だ。 しかし中には一人で黙々と打ちたいという人もいるはずで そういった方にはチャット機能は不要になるので目的に応じて選ぶといいだろう。 オンラインゲーム麻雀のオススメ人気ランキング それではオンラインゲーム麻雀をオススメ人気順に見ていこう。 3D視点と2D視点から選択可能。 昇段に伴い選択できるキャラが増える等、やり込み要素や交流要素のある麻雀ゲームです。 ・Flash Player9以上のインストールが必要です。 ・「対局開始」を押すとゲームがスタートします。 ・鳴きやアガリをキャンセルする場合は画面をクリックして下さい。 ・イカサマは一切ありません。 基本ルール ・東風戦の一般的なアリアリルールです。 ・赤牌がマンズ、ピンズ、ソーズに各1枚ありドラになります。 ・喰い替えを認めます。 ・複数ロンなし。 頭ハネとなります。 ・流局時ノーテンは親流れとなります。 ・四家立直、四風子連打、九種九牌は流局となります。 ・リーチ後の暗カンは待ちが変わらない限り有効。 ・カンドラは暗カン、明カン成立時に即乗りとします。 ・オーラスでトップの場合は自動的に終局となります。

次の

無料で遊べるオンライン麻雀ゲームのオススメ!人気ランキング

ネット麻雀 無料

牌の質感が良く大きくて見やすいですし、卓の感じも好きですね。 闘争心をそそられるイベントも多いので打ち甲斐が高く、雀力を上げようと思って登録しているユーザーも多いのでかなりやりがいもあります。 と同時に途中抜けするプレイヤーが非常に少ない印象ですね。 卓はNINJAを研究して再現しており、 混ざり方や積み方の法則・クセを再現しています。 なので上下で同じ牌が積まれていたりってのを読んで単騎でリーチ、一発ロン!とかもハマります。 またガチ対局データをベースにした級・段位システムや、客観的な麻力数値も見ることができます。 更に更に、 フリーと同じ感覚でポイントを0. 5レートで賭けることができる卓もありますので、 ネット上だけではなく対人として強くなる要素を一番持っているオンライン麻雀だと確信しています。 直観的で且つリアルなので打つのが楽しいですし、雀荘的なわくわく感もものすごいです。 追記:2017年に会員数が100万人を超えたそうです! なので深夜帯でも普通に卓が立ちますし、打ちたい時に打てるのもストレスフリーで非常におすすめな要素となっています。 ゲームセンターでの麻雀で人気になったMJ。 こういう実況麻雀が好きな方は良いと思いますが、人によっては演出が過ぎる、と逆に嫌な場合も。 全てはそこだと思います。 リアル感はMaru-Janと比較してしまうとやや下がりますが合格ラインは十分に満たしてしますし、ゲームとしての機能等は一級品でありオンライン麻雀としては申し分ないでしょう。 一応無料でも打てるという触れ込みですが、その場合は東南戦が打てないので実質的には有料と考えていいです。 アーケード版でのアカウントとネット上でのゲームのアカウントを連動させることも可能なので、 ゲームセンターに通いながらオンライン上でも楽しみたいという方にはいいと思います。 (無料ユーザーは1日1回しか打てないようになっています) プレイヤーと同じレベル(現在の段位)の相手を自動で見つけて同卓にするので均衡したゲームになりやすいです。 段位を上げれば更に上の卓で打てるようになりますし、 有料ですが必ずプロ雀士(70名以上登録)と打てるモードも存在します。 但し 東風戦が多くその分運の要素も強くなりやすいです。 とは言え無料である程度打てるのでそれでいい方は良いかと。 かなりシンプルで派手な演出がないのは逆に好感が持てますし、牌も大きくて見やすいですね。 尚、 有料会員はプレミアム会員と言って月に540円です。 これを払うといろんな機能が追加されたり、対局によって得られるポイントがアップしたりします。 特に 牌譜再生や戦績表示は有料でも活用して雀力アップに繋げたいところです。 ただし何かを賭けて戦うわけではないので各ユーザーの本気度や熱量には差があるかもしれません。 PCでオンライン上にいる誰か(あくまで人間)と、低価格で、でもちゃんとデータも取りながら麻雀力上げながら打ちたいという方におすすめのネット麻雀かと思います。 また近代麻雀とか各種プロ団体とイベントをやっていたりもするのでその辺は評価できます。 尚、本気で打つならやっぱり有料課金ですね。 月540円か720円で牌譜保存や鳳凰卓での対局ができるようになります。 ただこれも雀REVO同様、何かが賭かっているわけではないのでそこでのガチ度はMaru-janほどではないかと。 結局のところ、アプリでの無料対局(暇つぶし)として利用しているユーザーが一番多いでしょう。 ・お金を賭けられるオンライン麻雀はあるのか? まず 日本国内ではお金を賭けるオンライン、ネット麻雀はありません。 もしそういうのがあれば確実に法律に違反してしまうためですね。 厳密にいうとフリー麻雀も違反となりますが、雀荘は基本人目にそんなには触れませんしよほどのことが無いと摘発されませんからね。 ですがオンライン麻雀となると不特定多数のプレイヤーに賭けをさせてしまうのでアウトです。 目立ってしまってすぐに当局にやられるのは間違いなさそうです。 ですが 海外にサーバーを持つ国外企業で、日本向けに賭け麻雀ができる遊びもあります。 いわゆるオンラインカジノの類ですが、これを日本でやっても実は逮捕されることがあるので絶対に手を出さないようにしましょう。 せいぜい、日本のオンライン麻雀のようにトップでゲーム代免除!くらいにしておくべきです。 このサイトを読んでいる方の中にも賭け麻雀がオンラインで出来るのでは?と期待している方もいるかもしれませんが、それは出来ないですし絶対に止めたほうがいい、と箴言しておきます。 リアルマネーでじゃないと興奮しない!という方もいるかもしれませんが、ゲーム内で使えるポイントなら賭けの対象にできます。 マルジャンで言えばトップでゲーム代が無料になりますし、フリー麻雀で言うところの点5レートでポイントそのもののやりとりができるイベントもあります。 この場合トップを取ると2500ポイントほどゲットできますし、これは東南戦1ゲーム 150P の16半荘に相当するわけです。 逆に負ければ2500ポイントほど失いますが。 ポイントは最初は円で買うわけですからまさに仮想マネーとして考え方もできます。 それが牌効率計算や待ちを一瞬でわかる技術、そしてもう1つが勘の領域です。 前者については本でもネットでも何でもいいので日々の勉強が必要ですよね。 実際に打つだけではなく、事前の学習が必須なのでそれありきの問題。 ですがそれを勉強してオンライン麻雀でできるようになれば当然それがスキルアップにつながったと言っていいと思います。 後者については対戦相手の癖を見抜いたり、牌の偏りを察知したりするなど総合的な部分ですし第六感が求められる部分でもあります。 これはもう対局を重ねて養うしかないのですが、オンライン麻雀でもある程度は可能だと思いますね。 但し条件としてはできるだけガチがプレイヤーが多く登録しており、ジャン卓のクセなどがちゃんと再現されているものに限られるでしょう。 そういう意味では最もの適しているのがMaru-Janだと思います。 あとは仲間内であったりフリーで打つリアル麻雀のために普段から腕を鈍らせない、もしくは調整の為にこういうゲームを利用する、という考え方も成立します。 何でもそうですが練習しないと腕は落ちるだけになりますが、こうやって麻雀を打っておくだけでも腕が劣化しないというメリットがありますよね。 これはけっこう大きなポイントだと私も感じます。 ・相手の癖、タイプが分からないネット麻雀だけど… 麻雀で勝つには相手の癖やタイプを知っているかどうかでだいぶ結果が違います。 例えばセットでよく打つ4人だったらそれぞれの打ち筋は大体わかってそれに応じた対応や戦略ができますし、プロの方でも対戦相手のことは事前に調べたり過去の同卓の時の様子からタイプはわかっているはずなんです。 でもネット麻雀ではこれができない、、、 のですが!! 実はMaru-janでは各プレーヤーのうち筋から6タイプの動物に分類をし、その打ち手がどういう麻雀を打っているのかという傾向がざっくり分かります。 これにより半荘(メンツ)によってこちらの攻め方や守り方も変えたりと、よりリアルに即した牌効率だけではない麻雀が打てるようになるんですね。 ちなみに私は放銃率が低い【馬】タイプであると認定されています。 麻雀は全ての情報を総合的に分析して勝つものです。 無料でできるオンライン麻雀でおすすめのもの お小遣いが厳しいからまずは無料のもので、、、という方もいると思いますが、その場合には有料サービスの無料版ではなく、最初から最後まで無料で打てる麻雀ゲームが良いです。 結局、元が有料サービスだと満足に遊べずにストレスが溜まる要因にもなりますし意味がありません。 それであれば完全無料のものに絞り、 ・暇つぶし ・スキルアップ(点数計算、ルールを憶える、など) という感じで目的意識を持ってやったほうが遥かにいいでしょうし。 なので私は無料のオンライン麻雀も捨てたものではないと思っています。 (暇つぶしも立派な目的の1つに入ると思います) 尚、私自身は昔から無料の麻雀は「麻雀 Flash」というゲームでプレイしています。 フラッシュが入っていればブラウザでサクサクと遊べるので便利ですしストレスがありません。 ・麻雀 Flash かなりシンプルですが遊びやすくて良いです。 IDなどを登録する必要もなく、サイトにアクセスしたら即プレイできる手軽さが良いですよね! 牌効率を考えた打牌、頭の中での点数計算の練習には持ってこいです。 当然ですが対戦者はコンピュータ。 でも人みたいにひっかけ待ちによく突っ込んできたりと、筋とかは考慮しているように見受けられます。 その他、日本には似たような無料のフラッシュ麻雀ゲームがいくつかあるので 代表的なものをサクッとまとめましたのでこういうのがお好きであればぜひどうぞ!.

次の