大阪 地検。 検察官の官僚化が招いた大阪地検の不祥事 《五十嵐紀男・元東京地検特捜部長》

大阪地検特捜部主任検事証拠改ざん事件

大阪 地検

「森友問題」に係る疑惑で,財務省が公文書の「書き換え」=「改ざん」を認めた。 周知のとおり, 事の発端は,先の3月2日の朝日新聞のスクープ記事だった。 具体的には,森友学園に対する国有地売却の経緯を記載した決裁文書の内容のうち, 契約当時(平成28年6月当時)には記載のあった 「安倍昭恵」氏の関与部分等の, 重要部分(安倍氏にとっての不都合部分)が尽く 「抹消」=改変されたうえで, 国会議員に交付されていた疑いが濃厚にある,という記事であった。 そして,昨晩の一面(前掲)でも,朝日新聞は 「昭恵氏の名前削除」の大見出しを置き, 「森友疑惑の核心」にメスを入れているのであって,一連の朝日新聞の記事は, ある方向性をもっていることが明らかだ。 そして,このような 「強固な独裁政権」を揺るがす重大記事(3月2日)は, 財務省が「自白」する前段階で公表され,かつ,財務省も,その後に「万事休す」とばかりに「白旗」を挙げているのであって(つまり,結果として,朝日新聞のスクープ記事は,「問題の核心」を突いていたことになる。 ), 朝日新聞といえども,よほどの確信・確証と覚悟がないと書けない。 マスコミを使った世論操作をするとすれば,誰か? ひょっとして, 大阪地検・特捜部ではないか? というのが過去の経験則からくる私の直感(「読み」)であった(客観的な根拠はないが)。 と思っていたところで, 週刊朝日(朝日新聞に関連し,ネタのオコボレにあずかれる地位にある。 )の記事において,さりげなく,大阪地検特捜部の動きに言及されてるところをみると,上記直感は,ほぼ「確信」に変わってきた。 週刊朝日(3月23日増大号)の記事では, 山本真千子・特捜部長(大阪地検)の捜査指揮に触れ, それを後押しするかのごとくに, 上野友慈・大阪高検検事長(特捜部でお経験あり)が, 人事異動でこの2月に着任し,捜査を進める方向にある旨の記事を報じていた。 上野検事長(大阪高検)は,林眞琴検事長(名古屋高検)と同期・同年齢。 かつて,東京地検特捜部が,吉永裕介検事の現役時代に次々と大物政治家の疑獄事件を摘発した際,「検察ファッショ」といった批判を浴びた時期がある。 検察の強権発動に対する如上の感情論的な批判をかわしつつ,マスコミを通じて,世論の「反アベ」的な「空気」の醸成という形での「地ならし」をしておいて, 佐川元理財局長の摘発から,おもむろに,一挙に官邸に「メス」が入れば,大阪地検・大阪高検は,かつての「汚名」を晴らし,名声を挙げることも十分に可能であろう。 (平成19年版「司法大観」より) いずれにしても ,「アベ1強政権の驕り・歪み」を正せるかどうか, 山本・特捜部長と,上野・検事長の二人の采配がカギを握っているといっても, 過言ではない。 「敵」は「アベ政権=『 悪 』 (立憲主義破壊者にして,平和主義憲法・反対者)」。 kitaguchilaw. kitaguchilaw.

次の

大阪地検

大阪 地検

大阪地検岸和田支部(大阪府岸和田市)で収容予定だった女が、男の運転する車で逃走した事件で、大阪地検は1日、女の身柄を同府和泉市内で確保した。 一緒に逃げた男も、公務執行妨害と傷害の疑いで逮捕した。 女は住所・職業不詳、野口公栄(きみえ)被告(49)。 男は同府泉南市、建築業、野口仁(じん)容疑者(30)。 地検は1日午前11時16分ごろ、岸和田市と隣接する和泉市内で公栄被告を確保し、約30分後に同じ場所にいた仁容疑者も逮捕した。 捜査関係者によると2人は親子。 仁容疑者の逮捕容疑は、公栄被告と共謀し、10月30日午前10時50分ごろ、地検岸和田支部前の路上で、公栄被告を乗せた車を急発進させ、男性検察事務官をはねて負傷させたとしている。 地検は認否を明らかにしていない。 地検によると、公栄被告は自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)の罪などで起訴され公判中。 公判への不出頭などを理由に保釈が取り消され、10月30日に収容される予定だった。 公栄被告は同日午前、地検岸和田支部に出頭。 検察官の収容手続きの説明中に「車に荷物を取りに行きたい」と伝え、4人の検察事務官らと敷地外へ出た際に、仁容疑者が運転する車の助手席に乗り込み逃走した。 地検が逃走の事実を公表したのは発生から約5時間後。 近隣自治体にも事件を伝えていなかった。 地検の畝本(うねもと)毅・次席検事は「岸和田市をはじめ、近隣住民に不安を覚えさせる結果になった点について重く受け止めている」とコメントした。

次の

大阪地検特捜部「政治的な影響はございません」枝野氏「検察の一部には忖度する傾向が強いとわかっていた」志位氏「佐川氏の証人喚問をもう一回要求します」

大阪 地検

検察は忖度した 佐川前理財局長ら不起訴処分 大阪地検特捜部・山本真千子部長 「十分な捜査を尽くしてこのような結果になった。 それを忖度だなどと、枝野氏の言いがかりも甚だしい。 ・左系野党の大物センセイ方って体は大人でも心は子供のように見えますね。 これではまともな議論にはならないでしょうね。 ・元々は怪しい左翼の市民グループが提訴したもの。 それに野党がただ乗りして沈没。 当初から法曹界の一部から付帯説明部分が変えられても決裁書の鏡の部分の根幹に影響が無ければ改竄とは言えないと意見も出ていた。 それに元々左翼の特捜部が忖度などする意味はない。 ・思いどおりに行かないと「忖度」。 便利な言葉だな。 自民党に投票したら日本国民の「忖度」とか言いそうな勢いだ。 それにしても山本真千子さんテレビデビューか。 仲間割れかな? ・江田憲司どうした?? ・自分たちの理想の結論にならないと難癖をつけるのは、訴訟に敗訴した側の弁護士の言い訳にそっくり。 検察や裁判官を納得させるだけの証拠を積み上げて理論武装することが出来なかっただけの話。 参考 国家公務員法に反して捜査中の情報を漏洩した疑いのある大阪地検の山本真千子「江田さんのコメントはこちらには関係ない」.

次の