インディ ペン デント シアター 2nd。 ヨーロッパ企画「サマータイムマシン・ワンスモア」

自主映画

インディ ペン デント シアター 2nd

キーニョ:リリカルなヴォイス、センシティヴなセッションで 「今」のブラジリアン・スピリットを自在に綴るニュー・ジェネレーション。 マルチナリアもゲスト。 コンポーザー/ギタリスト/シンガーのキーニョは、21世紀のブラジルが生んだハイセンスな語り部である。 2004年頃よりバンドを組みサンパウロで活躍。 インディペンデンデントでアルバムをリリースする傍ら、アドリアーナ・カルカニョット、ルイス・メロヂア、ジャルズ・マカレー、ホジェー、マルチナリア、イルドンといったMPBやサンバ・カリオカの実力者と共演し注目を集めていく存在へと成長。 そのキャリア中でも常に創作意欲を漲らせ、完成させた傑作、この「O TEMPO SOA」だ。 北東部の象徴的女性シンガー、エルバ・ハマーリョが参加したゴンザギーニャのリメイクM4を除き、すべてキーニョの楽曲。 メロディーの中に独特の「溜め」を作り、より柔らかくヴィヴィッドな印象を植え付けるいずれも好旋律なのも然ることながら、その洗練されたアレンジも心躍る。 アモーラ・ペラをフィーチュアした混声の妖艶さとエレピのメロウネスを解析させたファンク・ナンバーM2へ移行。 そしてジャズ志向のブルージー・チューンM3へと至るクダリだけでも、このキーニョという才能の高さを思い知る。 タイトル・トラックM5は、根底にある浮遊感とヘヴィ・ロックを交錯させ、そのテンションを中和させるようなしめやかなトラックM6、コーラスの妙でディープな世界を演出するM7の中盤も引き込まれる。 そして、兼ねてより親交のあるマルチナリアをフィーチュアしたM8は、エレトロ・ボッサを基調にブレイクを効果的に配し、俄かに揺れ動くハイライト・トラック。 ラストM10では、ロックに感化された自身のルーツの一端を、斜に構えたスタンスで演出し不可思議な余韻を残してくれる。 アンニュイは表情で佇むアートワークが語るものは、ブラジルのSSWに受け継がれる感性と揺るぎないポリシー。 魅惑の才能がここにまた一つ静かに開花する。 (メーカー資料より).

次の

O Tempo Soa : Qinho

インディ ペン デント シアター 2nd

イレギュラーな劇場の、挑発的な闘い... 可能性が満ちる場所 1st・2ndに関わらず、インディペンデントシアターは、常に良い意味で創り手を、観客を、そして他の劇場を挑発する劇場で有りたい。 その中心にあるのがインディペンデント達の存在だ。 我々が言うインディペンデントとは、単なるアーティストやクリエイターでは無い。 エンターテイメントだとか、アートだとかアングラだとか、そういうくだらない括りは必要ない。 既存の価値観・表現手法・社会通念に疑問をもち、それらに縛られ流されること無く、自らの独自性を磨き信念をもって作品を創り続ける者たち・・・。 2ndは、彼らインディペンデントの為に建てられた。 彼らの自由な創造を阻害しない、圧倒的に自由な空間設計。 全てが創り手の意思に委ねられる空間。 全ての要求に応えられる訳ではない、しかし応える意思を持った劇場。 ここは可能性が満ちる場所・・・。 「都市ニ事件ヲ」おこす第二の拠点 1stを、演劇をはじめとするクリエイターたちに解放する時、劇場の紹介文には「いつしか日本橋には、モノと情報だけではなく、エンターテインメント 文化 を求めて人々が集まるようになる。 ジャングル・インディペンデントシアターは、その最初の拠点なのだ。 」と書いた。 それは今でも使い続けられ、そして現実になった。 2ndは「都市ニ事件ヲ」おこし、街を変える第二のより大きな拠点だ。 1st柿落としの時「最初の拠点」と大見得を切った時から、この劇場が2ndを名乗ることは決まっていたといえる。 日本橋の街はいま急速に変わりつつある。 経済の論理で街が変わるのではなく、我々の試みが、インディペンデント達の作品創りが次第に街を変えていく・・・。 侵食するように街を占領し、いつか「日本橋が電気の街」だったとは誰も思わなくなる。 そんな日を目指して。 不可能ではない。 アメ村も堀江も、そして下北沢もかつては・・・ 期待されていない存在が歴史を創る 2ndは2004年当時、全くその誕生を期待、予想されていない劇場だった。 関西において扇町ミュージアムスクエアや近鉄劇場の閉館以降、それに代わる存在への期待を受けて登場した訳では無い。 ゆえにその誕生・存在を疑問視する声も多かった。 だがそれで構わない。 我々は自覚と自信を持ってこの劇場を建てた。 歴史に名を残してきた者たちには、全く期待されていなかった存在も多い。 その存在、スタート自体が挑戦的だった2ndは、期待されないまま、しかし確実に演劇史に名前を残す... 連動する2劇場 1stに加えて規模の大きな2ndを獲得したことは、我々劇場にとっても表現者にとってもプラスとして働くはずだ。 1stが生み出し、2ndが育てる。 あるいは1stと2ndの2館を同時に利用した公演。 さらに2ndの空間を最大限に活かせば、企画の誕生から創作・稽古・公演まで全てを一貫して行う事のできる[創庫]として機能する。 上演だけでなく創る空間。 それが2ndの魅力。

次の

インドネシア語翻訳について

インディ ペン デント シアター 2nd

』 (監督 比嘉 一志) 『Share the Pain』 (監督 中嶋駿介) 『凪の憂鬱』 (監督 磯部鉄平) 『ウイッシュ・フォー・ユー』 (監督 大川祥吾) 『VR職場』 (監督 高島優毅) 『あるいは、とても小さな戦争の音』 (監督 村口知巳) 『憧憬を食らう』 (監督 ワタナベカズキ) 『わたしのヒーロー』 (監督 佐藤陽子) 『腐葉之春』 (監督 久保裕章) 『ASTRO AGE』 (監督 小川貴之) 『万置き姉弟』 (監督 佃 尚能) 『One Cut in the Life』 (監督 発智新太郎) 『おべんとう』 (監督 矢野数馬) 『ちっぽけな衝動』 (監督 佐藤悠玄) 『審判』 (監督 船曳真珠) 『あの子の秘密』 (監督 片岡けんた) 『昨日はすべて返される』 (監督 さとうゆか) 【福岡インディペンデント映画祭2020 作品総評】 福岡インディペンデント映画祭(以下、fidff)に、心血を注いだ大切な作品を送り出してくださった出品者の皆様に、心から感謝申し上げます。 まず、今年の映画祭の開催予定に関して改めてお知らせいたします。 現在、11月19日(木)~11月23日(月・祝)での開催を予定しておりますが、この5日間・2スクリーンでの開催が可能となれば、ご応募いただいた全作品を上映いたします。 しかし、COVID-19禍により状況は流動的であり、3日間・1スクリーン、あるいは5日間・1スクリーンでの開催なども念頭にプログラムを複数案考えております。 開催時期に緊急事態宣言が再び出た場合は、全面中止になるかもしれません。 今後もあらゆる可能性を考慮し、皆様と連絡を取り合いながら開催に向けて準備を進める所存です。 さて、今年の作品審査について記します。 今年は132作品の応募があり、総上映時間は約72時間となりました。 そのうち約100本が授賞・優秀作品の候補に上がるほど非常にハイレベルな作品が集まり、慎重に選定・絞り込みを行いました。 最終的には、各メンバーの「これは絶対に入れたい」という気持ちの強さで決まったほど審査会は白熱し、個性的かつ力強い作品が出揃ったように思います。 まず、グランプリ作品『グラフィティ・グラフィティ!』(監督:松尾豪)。 ジャンルは違えど映画を志す人にもグッと来るであろうストーリーをテンポよく、楽しくかつ切なく描き、登場人物たちの言葉を超えたコミュニケーションに目が釘付けになる素晴らしい作品です。 もちろん、グラフィティの見せ方もカッコいい。 準グランプリの『そしてまた私たちはのぼってゆく』(監督:磯部鉄平)は、映画を構成するどの要素においても設計力の高さと緻密さに秀でており、観ているこちら側も画面の中に迷い込んでしまうような感覚を与えてくれます。 20分部門最優秀作品『Blumen und Funken』(監督:鬼木幸治)は「思い切った加工と飛躍があるショートフィルムを観たい」という気持ちに応えてくれる、突き抜けた一作です。 ウェルメイドなドラマもいいけれど、こういう短編がもっとあって良いのでは…と改めて思わせてくれました。 40分部門最優秀作品『ファミリーファミリー』(監督:大川裕明)は、本当に近くに居そうな家族が様々な感情を引き出し、どこに着地するんだろう…とドキドキしながら観てしまう、家族映画の秀作です。 意表を突かれる印象的なカット、音楽、演者のコンビネーションも良く、この兄弟・家族をもっと見ていたくなります。 60分部門最優秀作品『子供は天使ですか』(監督:川西薫)は、デコボコな主人公ふたりの掛け合いが楽しくも身につまされる、シナリオの力を実感できる作品です。 「夏」「こども」の組み合わせは映画の定番のひとつですが、陳腐にならず、かつ大人も子どもも楽しめる作品として抜きん出ていました。 100分部門最優秀作品『はい、ええ転です』(監督:上野祐嗣)は、タイトルと作品スチールで「これはダメなんじゃ…」と思って観たら、その先入観を完全に引っ繰り返され…。 主演の平野高資さんが映画をしっかり背負い、その周辺で多数の登場人物がいい具合にカオスを生み出し、新喜劇ばりに笑わせ泣かせる「なにわの人情ドラマ」に没頭してしまいました。 最優秀ドキュメンタリー賞『ダイオウイカ大解剖』(監督:元木伸一)は、これこそ大スクリーンで観るべき、迫力の作品です。 海を泳ぐダイオウイカ、解体されるダイオウイカ、どちらも愛おしくて、見ているだけで幸せな気持ちになれる科学映画の王道です。 最優秀アニメーション賞は『蘆屋家の末裔』が勝ち取りました。 様々な技法を組み合わせ、湿り気のある不思議さ、荒々しさ、禍々しさが強い余韻を残してくれます。 今回はアニメーションの秀作が多く集まり、『乙姫二万年』(監督:にいやなおゆき)は美術賞、『けせんっこ』(監督:さゆり)は九州在住の応募者を対象とした新設の「九州クリエイター賞」、『昨日はすべて返される』(監督:さとうゆか)『たらら』(監督:滝澤弘志)は優秀作品に選定しました。 また、優秀作品に漏れた中でも特に強い支持があったのは、『東京葬華』『平らな和』『AIM POINT』『蛋ヵ岳学会事件』『あくまのきゅうさい』『はらい』『量子の夏』『半径3メートル以内の片隅で』『カセットテープ』『地元ピース!』『グラデーション』『つどうものたち』『ヒロイン』『私の神様』『山田』『ラウンドアバウト』『そろそろ音楽をやめようと思う』『MIX』『こんがり』『本番中に彼女が来た件』『トーク』『堀川記念水族館』『Super Paraiso』『POUR』『待つには遠すぎた初恋』などです。 好評だったにも関わらずピックアップできなかったお詫びを込めて、タイトルだけでもここに記させてください(もちろん、上映予定です)。 うち、計画通り5日間の開催が可能な場合は、加藤允哉監督の『東京葬華』『業の階段』をオープニング作品に、鈴木貴士監督の『POUR』をクロージング作品とする予定です。 優秀作品は11月20日(金)の夜から23日(月・祝)の夕方にかけてメイン会場で上映し、うち授賞作品は11月21日・22日の土日に集中上映いたします。 末筆となりますが、11月に映画祭でお会いできますよう、皆様の健康、そして社会の安定を心からお祈り申し上げます。 出品者、観客の皆さまのご来場を、心から楽しみにしております。 福岡インディペンデント映画祭 実行委員 大塚 大輔 前回のニュースはへ Schedule! 2019年1月26日 土 27日 日 Rising Filmmakers Project ライジング・フィルムメイカーズ・プロジェクト 2019年8月30日 金 31日 土 9月1日 日 福岡インディペンデント映画祭2019 2019年11月11日 福岡インディペンデント映画祭2020 コンペティション応募作品募集受付開始 2020年1月11日 福岡インディペンデント映画祭2020 コンペティション応募作品締切 2020年6月上旬(予定) fidff2020受賞結果発表 2020年11月19日 木 ~23日 月 福岡インディペンデント映画祭2020 開催 @福岡市科学館 サイエンスホール 『福岡インディペンデント映画祭2020』コンペティションのグランプリ・準グランプリ・各部門賞受賞作品をご紹介をいたします。 エントリー受付順に掲載 グラフィティ・グラフィティ! 松尾豪 30. 上野祐嗣 96. さゆり 7. エントリー受付順に掲載 テロルンとルンルン 宮川 博至 49. 比嘉 一志 36. 案内掲示板に「六本松」と書かれたバスにご乗車ください。 車 駐車場案内 専用駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。

次の